finalventの日記

2005-02-08

ビタミンサプリは DHCやファンケル、大塚製薬 など色々ありますが、どれがより良いでしょうか。

効能的違いがわかりません。比較した説明を探しています。

対象はマルチビタミン系です。

マルチビタミン - ファンケル

DHCの健康食品 マルチビタミン 20日分 20粒 【ケンコーコム】

ネイチャーメイド マルチビタミン

 ざっと見直してみると、DHCがいちばんコストパフォーマンスがよさそうだな。

 ただ、DHCは海外から買い付けてパッケージしているだけだと思う。品質は悪いわけではないが、自社ブランドではないと思う。

 他も基本的には同じで、安いのを買い付けているだけではある。

 ま、品質的にはマルチビタミンだとどってことないか。

 βカロチンなどをマルチビタミンで取ってもしかたないようにも思う。

 ところで、ビタミンが足りないと思ってマルチビタミンを飲むのだろうか? とすると、けっこう無駄だと思うが。というのは、マルチビタミンは、古い時代の栄養学的な微量栄養素について所要量を補うだけなので、各成分は少なすぎて、このくらいなら食事でとったほうがいい。っていうか、所要量という点で微量栄養素はそれほど健康に影響はないと思う。

 年代や性別にもよるが、もっと、そういうのにカスタマイズして、選んだほうがいいと思うが。

 現代人の場合、免疫調整のほうが重要ではないのか。

ニッポン放送とフジテレビ「想定外の事態」

ところが、ライブドアの買い付けが株価値上がりを誘発すれば、公開買い付け価格を市価が上回り、TOBの成否すら危ぶまれかねない。フジは公開買い付け価格の引き上げや、ニッポン放送保有の自社株買いなどを含めて今後の対応を検討しているが、公開買い付け期間が終了する21日に向け、し烈な駆け引きが続くのは必至だ。【中島みゆき

 ⇒正体を現せ、中島みゆき。

ニッポン放送株急騰、フジ株も上昇 ライブドア報道後

 予想できないことではないけど、こんなのあり、なんだろうか。

Marijuana sends blood rushing to brain

 へぇ。

 と、最近こと手のネタが書きづらい。

走り続けた「オヤジギャル」 中尊寺ゆつこさんを悼む=香山リカ

 香山リカって、精神科医、帝塚山学院大教授…ってことは、なにか学業があって、なにか教えているのか。知らなかった(という私はほんとに無知でした)。

 ところで

オヤジギャルには、“あがり”もなければ敗北宣言もない。中尊寺さんは身をもってそのことを示し続けた。それがどこかで無理につながっていたのではないだろうか、と今になってふと思ったりもする。あくまで明るく前向きにそして軽やかに進み続けるオヤジギャルの更年期や老年を、中尊寺さんといっしょに体験したかった。ただただ悔しい。

 ふつー、ボツでしょ、これだと? っていうか、その「無理」の部分の感触を書き込んでこそ文章でしょ、と思うのだけど。

「すらすら読める」 全編新訳マルクス・コレクション刊行−−筑摩書房から

今村教授は「現代の資本主義社会を見ていると、マルクスが描いた世界と重なる。そういう印象を持った人が多いからでは」と話している。

 orz

日弁連:精神的自由を考えるシンポ 15日に開催

 っぅ。

 世の中すごい人たちがいるものです。

 「精神的自由を考えるシンポ」…英語でいうと、The Symposium for Spiritual Liberty.....

 なんつうか、and Acts of the Holy Spirit と続くのでしょうか。

牧太郎のここだけの話:エッ、受信料に消費税?

 天然でんがな、天然記念物や、なんちゅうもん食わしてくれはったんや…、つい、このネタがまた出てしまいました。

クルーグマン Spearing the Beast

 クルーグマンって、経済学の学者以外は、だめ鴨。

WSJ The Cows Come Home

Suddenly, France and Germany support democracy in Iraq.

 すげー物の言い方。

 しかし、ライス、すげー。

問題は広告だよな…つまり

 現在のTVやラジオのようなCMが無意味になるわけだ。

 方向としてはAdSenseのようになるというか、Cookieで個人の嗜好をすべてDB化してその時折のPTOで広告が欲望の形式で情報投下されるようになるわけだ。SFみたいだな。

っていうか、iPodCastまじか

 まじかよ。

朝日新聞 国連、疑惑の2人を停職処分 石油と食糧の交換計画

 朝日新聞でこれが読める時が来ようとは…感慨。

それはどうかな

 via R30

インターネットはまだ15%を超えたばかりの普及率で、これからクリティカルマスを超えてのびていくところなんです。そのときにフジテレビやNHがポータルサイトを持っていれば、リーチ100%とかなわけですから、もっと伸びるんじゃないですかと言いたいんです。そういう、膨大なリーチがある放送局が、ウェブサイトヤフーみたいにかえたら、相当大きなことができるんではないかなと思うんです。我々がこれまで作ってきたサイトの機能を、それと合体させれば、緩やかなグループというか、その価値は大きく上がるんではないかと思うんです。

 ここは、私は、違うと思うな。

 と、クリティカルマスの認識は正鵠。

 違うなぁは、放送局がポータルを抱えてどうよの部分。

 話は違うが、NHKは国民のカネを使って作ったアーカイブで今後も食うつもり。それはひどいよなと思う。著作権はありとしても、オンディマンドにせい。って、そういう要求が通ると願うほど当方狂人でもないが。

やるなぁ、ホリエモン

 via R30

(NH、フジテレビの番組そのものへの影響を及ぼすことは?)動画コンテンツも音声コンテンツもそんなに詳しいわけじゃないので、今やられている方がいい方法を考えているんじゃないかと思うんですね。ただ、インターネットというメディアが、新聞にしろ雑誌にしろいろいろと変えていっているんじゃないかと思うわけです。人々のライフスタイルが、時間の使い方が変わっていると。HDDレコーダーはインターネットが作り出した製品だと思うんですよ。あれは中身、PCですからね。最近ソニーさんが面白い商品を多数出されてますけれど、ああいうテクノロジーはインターネットが育んできた、インターネットなしに生まれ得なかった機器なわけです。それがテレビに大きな影響を与えているんですよ。もう1週間分のテレビを全局分録画できるわけです。それってテレビの根底を揺るがす事態じゃないですか。今はいいですけど、それにあわせたコンテンツ作りの方法を考えていかないと、彼らは5万円で1週間分のテレビが全部録画できる機械が出たら、それを買って、ビジネスモデルは崩れちゃうじゃないですか。ミニFM局だって、今までは数百メートル範囲内しか聞いてもらえなかったのが、今や全世界の人たちに聞いてもらえるわけじゃないですか。そうすると、安いハードが買える時代になれば、我々が助言して行かなきゃいけないところが出てくるんじゃないかと思います。

 ⇒極東ブログiPodで笠碁を聞きつつメディアの将来を憂う

ライブドアでは、8日16時30分から記者会見を行なう予定だ。

 ⇒ライブドア、ニッポン放送株の35%取得 大株主に

 フジテレビとニッポン放送を巡っては、規模が小さいニッポン放送を買収すればフジテレビの経営権も掌握できる「親子逆転」関係が続いている。

新町名は「八重瀬」 東風平・具志頭合併協が決定

 そりゃよかった…って、そんな規模の合併に意味があるのか。

邱先生 では円と人民元とどちらが強い通貨なのでしょうか。

日本人はつい中国を貧乏国と思いがちですが、どちらの政府が貧乏かということになったら疑いもなく日本政府です。700兆円以上にも及ぶ借金を抱えているし、赤字財政で借金は増える一方です。中国の場合は土地が全部国有ですから高速道路をつくるのにも大してお金がかからないし不良債権の肩代わりをしようとすれば、駄目になった企業を払い下げればすぐにも片がついてしまいます。

 これこそユーモア

コータリ 涙が出た。日本人は、土地にしがみつくのだ。それは、リスクや投資ではない。確率でなく、人生なのだ。

 最初読んだときは、ま、そういう締めかと思ったが、っていうか、売文的な締めだな、こりゃとも思ったが、ま、そんなもの。で、さきほど、「あすを読む」で島の映像を見た。唖然とした。被災についてはなんどなくその手の映像を見ているのだが、唖然は木々の立ち枯れだった。こりゃ、ほんとに毒性のガスだ。なんとか居住できても、木々は戻らないだろう。生き物の生息が変わったとき、それはしがみつく「土地」なんだろうかと思った。コータリは島に行くだろうか。

[木村剛のコラム] 整合性欠く日銀の量的緩和

 orz

 そもそもゼロ金利というのは、おカネに値段がないという異常な状況のことを指す。この異常な金融環境を正常化できるのか否か、それがいま日銀に問われているのではないか。

 タリラリラーン♪ なのだ。

散人先生 2/8 Today 針供養……お裁縫仕事の休養日だった

 事八日なんですが…

 ⇒極東ブログむーちー

 批判というのではないのだけど、現在の60歳、70歳のかたは、若い人から見ると、老人に見えるので、日本の伝統などを知っているかというと、そうではなく、この年代が一番欧米化した世代なので、一番日本の伝統・歴史から切り離されている。

 日本の心みたいなのは、うまく見つけ直さないとわかりづらくなっている。通常の伝統社会なら、老人が歴史の心や伝統を維持しているのだが、日本では、そうではないのだ。もちろん、世間のなかを長く生きてきた人間には基本的な敬意をもって接するべきではある。その意味で、歴史の心をきちんと耳を澄ます努力は、本当に日本を愛するなら、今、若い世代に求められる。

 で、どうしろと…それはむずかしいのだが、庶民というのは、知識人なんかにへこたれない存在なのだから、そういう庶民の生活のなかに静かに生きている知恵を見るべきだろう。ま、先のむーちーの記事でも読んでみてくださいな。

 余談だが、小林よしのりの一連の沖縄物をときたま見る…率直にいうと苦笑する。私もないちゃーだが、あそこまでないちゃーではない。日本人と沖縄人には深い共通性がある。それは、深い歴史・文化の内省のうちに育まれるものだろう。理念と言葉を先行して得られるものではない。

 小林よしのりは古事記を日本の民話としているが、あの偽書が日本に現れたのは実質近世である。宣長先生の読み下し創作があまりにすばらしいので、古代とはこのようなものかという幻想を得ただけだ。しかし、日本の古代とは不思議な世界なのである。基本的に道教である。そこには、東アジアと通底するものがあり、そのなかで、日本人が、沖縄人がどのように民族性に目覚めたのかというその庶民の意識の隔世を、まさに現代の庶民の生き様のなかに見て行かなくてはならない。

 宮本常一などはそのことがはっきりわかっていた。

はてなQ いちどやるとくせになる「五・七・五」 今度は1週前ということで ”バレンタイン”でいきますか

俳句でも川柳でもない単なる語呂合わせです

  ギリギリで 義理がもらえて ひと安心

  6歳の 坊主に負ける ボウズかな

 友チョコの日に騒ぐっていいお歳

今日の新聞各紙社説は…

 北朝鮮サッカーなどどうでもいい。くだらん社説書くんじゃねー。っていうか、たかがサッカー(たかがサッカーであることが大変に良い、政治まぜんな)に偉そうな変なスジ入れるな…と思いました。

 さてもんじゅ、だが、産経の次の暴言をご鑑賞あれ。

 ようするに、黙れってこと。というわけで、沈黙するしかないというか、それにしても、社説でこう言うかね。

高速増殖炉の実用化は難しいとか、開発の意義が薄れたなどという非科学的な評論家の言に惑わされることなく、開発は冷静に進めるべきだ。

 問題はこれか。

 高速増殖炉は使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムを主燃料とする原子炉で、資源小国のわが国では避けて通れない選択だ。また実験炉ではあるが同じ方式の「常陽」(茨城県大洗町)は昭和五十二年四月の臨界以来大きなトラブルもなく正常に運転されている。

 問題はこの「常陽」の評価でもあるのだが、どうなのか。

 ⇒原子力Q&A 〜放射線って何?〜

 電力会社は、原子力発電所で使うウラン燃料を、成型加工工場から購入しています。JCOでは、この成型加工工場が使うウランと、実験炉「常陽」※のウランの加工を行っていました。

※高速増殖炉の実験炉。通常の高速増殖炉では必要ありませんが、「常陽」は実験炉なので、濃縮度の高い特殊なウランを使います。

 実用性という意味では無意味だと思うが、「常陽」。

 さて、社説だが、読売はひたすらにスカ。

 研究開発に「もんじゅ」を徹底的に活用し、将来の実用化に生かせるような体制を一歩一歩、築きたい。

 日経は奥歯に物が…。

 巨額の開発費を投じたもんじゅを放棄するのは難しく、とりあえずは改造して運転を再開しデータを集めるというのが国や核燃料サイクル開発機構の考えだが、もんじゅの位置づけはいつまでもあいまいなままにはできない。エネルギー戦略や核不拡散などの観点から日本のプルトニウム利用計画をどう考え、高速増殖炉の開発をどうするのか。政府、電力業界、原子力委員会はもっと議論を深めるべきではないか。

 でも、これがいちばんまとも。

 やめろよ、もんじゅ、と私は思うのだけど、ようするにプルトニウム国策先にありきなので、産経とかもそのあたりバックレやがってことなんじゃないか。

 日本国民ってなんなのだろ。

日経社説 もんじゅ改造後の展望示せ

 後回し、ではあるが、これがまともか。

日経社説 さらに遠のく「まっとうな郵政民営化」

 この問題、当方、絶望。ま、政府の思惑もあるだろうし、代替論もないのだから、しかたないんじゃないか。経世会も死んだし、民主党、死んでるし。

産経社説 政府系金融機関 縮小・廃止前提に改革を

 何が言いたいのかわからない。っていうか、ダメな総論っていうやつか。

毎日社説 W杯北朝鮮戦 節度ある応援でさわやかに

 朝日もだけど、この話題、なにか面白いのか。

 っていうか、北朝鮮コケ負けでしょ。試合としてまず面白くもなんもないじゃん。

毎日社説 ODAの新展開 ODAの新展開

 まじめくさったスカ。ほんとスカなんだものコメントしようがない。

読売社説 [警察の若返り]「治安回復への弾みとしたい」 

 使命感に燃えた、若さあふれる警察官が、さらに犯罪を減らし、事件に強い警察にしていく力ともなり得る。大量採用時代の、そんな効果にも期待したい。

 泣いたらいいのか笑うべきか…まよったときは笑っちゃおぉ進めぇひょこり瓢箪島。

朝日社説 国庫の悲鳴――大増税がお待ちです

 愚劣。ですます体の気持ち悪ぃこと限りなし。しかし、朝日新聞って昔からこの手のことを書くという意味ではどってことない。

 っていうか、リフレ派はなんか言わないのだろうか。この赤字っていうのは、そんな問題なのか。

朝日社説 日朝戦――熱く、だがクールに

 くだらない。日本のサッカーファンは世界最高だよ。彼らを見た世界は驚愕しているのだ。試合後ゴミ拾いなんかしている。欧米人が思わず合掌してしまうほど。

SundalandSundaland 2005/02/08 09:16 若い人のブログ読んでると、逝ってよし団塊世代、語らない戦争世代、既に鬼籍の戦前世代の彼方を模索する記述をよく目にします。でえらそに言うのも何ですが、大抵は擬古とか似非に引っかかる。いつの世もそんなものなのかもしれませんが。隣の国の歴史捏造を笑うんだったら、日本のそれに気付よ、とかじじいむさいことコメントしたくなります(しませんが)。

BaatarismBaatarism 2005/02/08 10:18 サッカーは今回は問題ないけど、北朝鮮のアウェー戦はどうなるんでしょうね。
日本が経済制裁したら平壌で試合できるんでしょうか?

synonymoussynonymous 2005/02/08 10:45 アジアの中の日本、ってのを体制左翼が強調しすぎたから、オリジナルなものを求め、擬古に引っかかっちゃう人も多いでしょう。

synonymoussynonymous 2005/02/08 10:58 ついでですが、今の60歳台がやたら欧米化しちゃっているのも、日本の歴史がなせる業ではあるわけで、きちんと耳を澄ます努力は彼らに対しても必要であると感じています。

finalventfinalvent 2005/02/08 11:37 Sundalandさん、ども。ええそうですね。ま、自分なんかも、全共闘世代とかその上の戦後世代、野坂昭如みたいなのの反発もあるわけですが。国というものの感触が、言葉が先行するからでしょうね。感触というのはまず物ですよ。物がどう語るかをじっと見る、触れるというか。ああ、ジジムサイです。

finalventfinalvent 2005/02/08 11:38 Baatarismさん、ども。あ、そう。それが重要ですね。平壌の試合っていいですね。制裁は…とほほ。

finalventfinalvent 2005/02/08 11:39 synonymousさん、ども。そうですね。またサヨクとか書くと変な弾が来そうだけど、戦前の日本とアジアというのは子細にみると面白いですよ。現代でも多少は河口慧海とか読まれているみたいだし。

giraudgiraud 2005/02/08 12:55 >基本的に道教
そこをはっきりという人をあまり見かけないのがずっと不思議に思っていまして。
可能なら義務教育でもそこのところをもっと表に出してもらいたいな、と玄武の置物をいじりながら私は思います。
あと古事記といえば、少彦名が切込隊長っぽくてお気に入りです。

finalventfinalvent 2005/02/08 13:17 giraudさん、ども。ええ、そうなんですよね。そんなのちょっと中華圏の常識があればわかるというか、古事記とか読んでもわかると思うのですが…。逆に現代の中国人が日本に来ると、唐代を思うらしいですよ。

スープスープ 2005/02/08 14:48 ライブドアの件は相手企業のミスにつけこんで転売利益を得るためじゃないでしょうか。
この逆転現象が有名な話にも関わらず、今まで他企業がそれをやらなかったのは恐らくは道義的問題でしょうと思うのですが。

スープスープ 2005/02/08 15:01 他企業がやらなかった……とも言えない状況のようです。失礼しました。

dekaningendekaningen 2005/02/08 15:02 どうも、はじめまして。デカ人間です。
ブログ内をパトロールしていたら
目に付いたので補導しました。
コメントを入れておきますので
よかったら見に来てください。
参加してみて

finalventfinalvent 2005/02/08 15:29 スープさん、ども。これ、話題みたいですね。転売なのでしょうか、単純に疑問です。

finalventfinalvent 2005/02/08 15:30 dekaningenさん、ども。次は、マジ人間ですね。

nmuyunmuyu 2005/02/08 16:05 ニッポン放送の筆頭株主になって、ライブドアがフジを傘下にしたいらしいよ
フジは視聴率トップで、新聞社を持っているからね
これで、ラジオ、テレビ、新聞とメディアが持てる

finalventfinalvent 2005/02/08 16:23 nmuyuさん、ども。げっ、それはすごいですね。ラジオがそれほどのメディアかなとは思うけど、フジがホリエモンっていう社会になるのかぁ。

AppleApple 2005/02/08 18:05 ホリエモン、もうだめかもわからんね。

BaatarismBaatarism 2005/02/08 18:14 ホリエモンは以前から報道に参入しようとしてましたからね。
成功するか失敗するか、しばらくは見物です。

finalventfinalvent 2005/02/08 18:23 Appleさん、Baatarismさん、ども。なんか、こう男が本気っていう気迫はわくわくするものがありますが、ま、所詮は他人事というか、これは、ホリエモンまた転けるに私はベット(賭ける)です。フジサンケイはなんぼよとも思うけど、あのメディアを失うなぁという巨大な黒い物がぞわっと動くのでは…と予感。

kagamikagami 2005/02/08 21:15 香山リカは「西田幾多郎−善の研究」などの本を著していますが、これが善の研究に香山の読書感想文をくっつけたという代物で…その感想文が小学生レベルだったのに大爆笑です。トンデモ哲学書の世界とかあれば真っ先にノミネートされるべき逸材で、こんなんで教授になれる日本の大学機構って一体と思いました…(^^;finalventさんなら間違いなく楽しく笑える本なので、ある意味お勧めの本です(笑)

しましま 2005/02/08 22:21 堀江さんは世の中を引っかき回してくれるので目が離せませんね。停滞しているよりは混乱した方が、少なくとも観ている分には楽しいですからね。NHKアーカイブがほとんど公開されていないのは、著作権処理が原因だという話を聞いたことがあります。なんでも、一、二回の再放送を前提として出演者と契約したために、ブロードバンドやソフト化する際にはあらためて契約をし直さなければならないと。

けむりんけむりん 2005/02/08 23:24 こんにちは。各種逸品に詳しいfinalventさんですが、「メイソン・ピアソン(mason pearson)」のヘアブラシはお試しなったことがありますか。良かったですよ、これ。インプレッションをエントリしましたので、お時間がありましたらご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/kemurin1/

yajunyajun 2005/02/09 00:27 「Marijuana sends blood rushing to brain」
さきほどCNNで同旨の報道がありました。
米国における最近の事情について手短に書いていますので、よろしければのぞいてみて下さい。finalventさんがBAをとられたときとあまり変わってないかもしれませんが。
http://blog.goo.ne.jp/junyastone/e/9f4b22811041bd06879dae18a3403b57
http://blog.goo.ne.jp/junyastone/e/62191a87cd3754bc3fa130c76e321592

finalventfinalvent 2005/02/09 10:27 kagamiさん、ども。実は、香山リカが本出しているとか教授だとかまるで知らなかったのですよ。ちょっとびっくりしました。

finalventfinalvent 2005/02/09 10:28 しまさん、ども。なるほど、それでDVDとかでは高くなるのでしょうかね。ある意味でやっかいだけど、ある意味一元管理されているからそれでいいのかな。そう思うと、ますますNHKを保護しなくてはとも思うのですが。

finalventfinalvent 2005/02/09 10:29 てけてけさん、ども。あれ、ありましたか。面白かったでしょ? 折に触れて読み返すとまた味わいがありますよ。

finalventfinalvent 2005/02/09 10:31 けむりんさん、ども。いえ、私は趣味悪いんですよ。ノーマンマーカスのカタログ送ってもらっているほど(苦笑)。メイソン・ピアソン(mason pearson)」のヘアブラシはよさげですねというか、別の用途にも使えそう。

finalventfinalvent 2005/02/09 10:34 yajunさん、ども。リンク、へぇという感じでした。たしかに昔と変わってないのかも。そういえば、性行動とかはかなり違うという話も聞きますね、Under graduates。マリファナは医療応用研究が進んでいて、今回もそうした流れあるかなとも思いました。

BaatarismBaatarism 2005/02/09 10:35 財政赤字に対するリフレ派の見解としては、このBewaadさんの記事が参考になると思います。
http://bewaad.com/20050204.html#p02
結局、財政再建のためにもリフレ政策が必要という結論になるんですよね。

finalventfinalvent 2005/02/09 15:23 Baatarismさん、ども。ええ、Bewaadさんの言っていることはわかるんですよ。このあたり、リフレ派の人に勘違いされるけど、頭ではわかる。でもぜんぜん実感がない。そのあたりがうまく言えないので、言おうと努力すると誤解される…ループなんで黙ってしまうのですが、そうですね、このモデルが成立するには民間と公的機関が分離している必要があるけど、日本ってその分離はないんですよね。

こちかめこちかめ 2005/02/09 20:18 香山さんは、素直な感想を素直に、無防備に書く人だと思います。香山さんが書いたものを読んで大学教授のレベルに達していないとか、いろいろ言うべきではないのではないか。本人もそんなだいそれたことは考えていません。私も香山さんの文章を読んで感心したことはほとんどないけれど、なんとなく腹がたってきました。こういうところに書いている人は皆、知識や見識をひけらかしているけれど、そんなにみなさんえらいのか。

finalventfinalvent 2005/02/09 21:27 こちかめさん、こんにちは。誤解されている面があると思いますよ。よろしかったら該当のエントリを再読してください。ただ、およそお金を取る文章であのレベルを出してしまうのは、編集者がプロなら恥ずかしいことだと思います。「素直な感想を素直に、無防備に書く」としても、商品の文章にはそれなりのクオリティが求められます。もちろん、あのレベルでいいのだ、あの文章でいいのだという意見もあるでしょう。人それぞれです。その意味で「いろいろ言うべきではないのではないか」には賛成できません。

最新コメント一覧