finalventの日記

2005-06-30

そういえば親鸞は自らを愚禿と称した

 ここに西田幾多郎先生の名文がある。

 ⇒西田幾多郎 愚禿親鸞

 名文過ぎてなんかよーわからんかもしれない。

 それはさておき。

 愚禿というのは、「愚か禿げ」と読み下してしまいがちだが、禿げと「禿(トク)」は歴史的にはちょっと意味が違う。じゃ、禿げてねーのかよというと、あれだ、白頭掻短 渾欲不勝簪であり、ま、禿げは禿げかもしれないが、老いて零落しているという意味があり、今日的な、禿、というものでもない。

 今日の罵倒者もだが、よく会ったこともない人に禿げ禿げと言われ、そしてそれは罵倒の文脈に置かれる。

 ま、この歳だし、テストステロンも高そうだし(テストステロン自体は禿げの原因ではない)、そう見られるのもむべなるかだし、いや、ふさふさだよとも言わない。

 単純にあまり身体的な特徴をここで語らないというだけだ。

 と、言っても、納得されぬむきは多かろうし、ネジ巻き鳥クロニクルにあるように、禿げには、衰滅していく暗示はある。

 しかし、な、人は、みな、死ぬ。

 衰滅は、死のメタファーでもある。

 どう死を向かい入れるかというのをきちんとレギュレートして考えさせるものでもある。

 禿げとは、竹内久美子も考察しつつ結論が出てないようだが、死の明快な受容でないか。

 ま、たぶん、違うか。

 禿げはもてない。禿げはかっこわるい。ま、それは現実。

 だから、罵倒にもなるのであろうな。

 で?

 いや、オチはないよ。

インターネットの時代は変わる

 昔といっても10年くらい前までは、インターネットはダイヤルアップのゲートウェイでしか使えなかった。それでもLynxで表示されるHPからメールを辿って世界の人といろいろ文通ができた。いつからか、それがスパムにかき消えた。

 ブログのコメントもそうなるだろうなと思ったが、なった。

 次はどうなるのか。

 今回罵倒者が得たものは、この日記のコラム欄を一般ユーザーに開く可能性を潰すことだった。もちろん、そう決定したのは私だから、罵倒者のせいにできないとも言える。

 それが罵倒者の欲しかったものだったのだろうか。

 罵倒者が欲しかったものは、私の日記を潰すことだったのだろうか。

 あまっちょろかったかな、finalventさん。IDも幼稚だしね。

はてなのコメント欄でIP規制ができていたらなと…

 と思う。

 もっとも、プロクシを使えばそんな規制はどって意味もないのだろうけど。

ブログ炎上だが、語り合うことで対応はできるか?

 できなかったなというのが実感。

 対話できなかったという敗北感はあり。

 手のつけようがない、とっかかりがないという感じ。

 こうした事態は想定していたのだけど、来たかと。

 できるだけ語り合うことはできないかと努力したみたつもりだったが、落ち度はあったのかもしれない。

 私としてはそれは誤解だよ、私が差別意識を持っているかもしれないから指摘してください、というスタンスをなるべくフェアに開きたかった。

 だめだったな。

 私の力量はここまでです。

コメント欄をはてなユーザー限定に閉じます

 いわゆる炎上もあるのですが、罵倒者がkagamiを称し、はてなユーザーさんのid:kagamiさんと区別が付かず、不用意な誤解になってこまっている面もあります。

 ま、潮時かなということもあります。

 できるだけ多くのかたにコメント欄を開いておきたいと思ったのですが、実名想定の訴訟マターを意図的されているので編集の手間に音を上げました。

 これまではてなユーザーさん以外で多くのコメントを戴いた方に申し訳なく思います。

コリアン系の想定はたとえばドイツ系の想定以上のものはないです

 ちょっと誤解されているなと思うし、誤解が解けそうにもないですが。

この罵倒者さんは、コリアン系なのではないかと思う

 kagamiと名乗る罵倒者さんは、コリアン系なのではないかと思う。問題の関心事が、2chでひろってきたようなうわさ話ネタによる罵倒以外は、私が純ジャパということでコリアン系を差別しているかのように受け止めたことが罵倒のもとの怒りなのではないかと思う。

 「子孫がどう思うか」という罵倒は中華的な極めてコリアン的な発想だし、「亀の涙(それは産みの苦しみに流す涙)」という言葉が想起されるものは、現代のぬぼぼんとした日本人には少ないと思うからだ。

 しかし、kagamiと名乗る罵倒者さんは、コリアン系ではないのかもしれない。

 私はわからない。

 ただ、そうであってもいいのではないか。私の本名想定を書き散らすのであれば、堂々と自己の出目を語ってみてはどうか。いや、純ジャパだよというなら、なぜそのコリアン系に関心を持つのか語ってみたいと思う。

 誤解をされるのかもしれないけど、コリアン系であれば、そのことに誇りをもってはどうか。この日記コメントの常連であるKagamiさんを擬して語っているのは、純ジャパの心情としては、この卑怯者と思う。しかし、それもこの日記の仕様でありその上で使っていることだから許容のうちだ。

 私は日本人であることに誇りを持つ。コリアン系の日本人がコリアン系であることに誇りを持つことに私はむしろすがすがしい好感を持つ。「いやまだ日本国籍がもてない」というなら、日本人として不便をかけてすまないと思うし、「日本国籍などとりたくない」というならそれも認めたいと思う。日本国もそうしている。

 しかし、たぶん、問題はそうでなく、ネットの社会などがそうだが、自分がコリアン系だなと堂々と言うこと自体がとても危険であり、そうした苦しみを純ジャパなどとぬかしているfinalventなどにわかるものか。だから苦しめ、というのなら、それは、ある意味、正当だと思う。

追記

 本人はコリアン系ではないと言明されました。

 了解しました。

私は人種差別をさらに増長するような話を書いているか

 あまり思い当たることがない。それこそがまさに人種差別的な無意識の問題である可能性はある。

 今日のエントリでいえば、以下の部分が相当するのだろう。

 町山さんがコリアン系であるかというのは本人の意識にしてみればたまたまそうと以上ではなかろうし、他人からそう言われても返す言葉もないだろう。それはそこまでだ。

 私の場合は、純ジャパであり父方祖母の系統は近衛兵の家柄でもあり父方家系も武家、母方は土豪でありどうもこれも武家の土着のようでもある。そういう感触は奇妙に自分が生きつつフィードバックを受けてしまう。そういうフィードバックの有無にどんな意味があるのかわからないが、そのあたりは微妙だ。ある意味、私は個人としては自由には生きていない。というか武家の生き様には腹かっぁばく以外の自由なんかないという逆説でもある。困ったものだ。

 町山さんがコリアン系であり、私が純日本系であるとする。そのことは人種差別でもなんでもないだろうと思う。

 そしてそのことはどうかと問われても、町山さんも私も答えられるものではない、と、私は言いたいのだ、それが、そういう部分で、個人で自由に生きていないということだ。私は純日本系としているのは私の選択ではない。

 そういう選択ではないものが理由で私は天皇に敬慕の念を持つ。コリアン系のかたと限らずそういうふうに天皇に敬慕の念を持たない人もいるかもしれないが、そのことは日本人でえあることの条件には関係ない。自由の範囲だ。むしろ、天皇に敬慕をもち、純日本系だという自己認識というのは不自由なものだと思う。

亀の涙…

 なんか心にひっかるなと思ったら、「亀の涙」だった。

 罵倒者は「しかし禿げで法螺吹きの※※※に純ジャパと主張することに欠けられた亀の涙ほどのウンコ魂とは如何なるものなのか」というのだけど、なぜ亀の涙なのだろう?

 なぜ、亀の涙という表現を想起したのだろう。

 亀の涙がウンコ魂と結びつけられているところを見るとそれほどの意味はないのかもしれないし、もしかすると、亀の涙の意味を知らないのかもしれない。

 知っていたとしたら、私は、この罵倒者を充分に理解してなかったかもしれないと思う。

 亀の涙は、悲しみではない。しかし、そこに悲しみを人は読むのであり、そのような悲しみを読むなかから罵倒の思いが湧いたとすれば、私の理解の至らなさはあろう。

南の島暮らし

 ⇒[R30]: 南の島についてのブンガク

 もう10日近く前になるけど、isologueの磯崎さんのブログを読んでいて、「将来は南の島で暮らしたい」って書いてあるのを発見。いいですよね、南の島って。僕もあこがれます、南の島暮らし。とか言うと、ご自身はナイチャーなはずなのにウチナー暮らしについて滔々と語るfinalvent氏に「ふーん」とか鼻で笑われそうですが。ま、笑われてもいいので、少し南の島ネタでエントリを書いてみようかな。

 ふーん。

 ま、お約束、と。

 「南の島」と「沖縄」というのは違うのかもしれない。

 ウブドのコテージを借りて半月暮らしたことがあった。つてがあったので、けっこうディープなウブドの生活を見せてもらったし、神事にも参加させてもらった。

 どっかで、バリと沖縄は似ている面あるのだろうなとは思う。

 沖縄が好きか嫌いかというと、どっちかというなら好きだ。でも、もう暮らせないとも思うし、好き嫌いという次元ではないものになってしまっている。

 8年の沖縄暮らしが自分の人生に意味があったか、というと、意味を越えて、人生そのものになっている。

 ま、滔々と語るしかないので、滔々とかたっているわけだよ。

finalvent日記および極東ブログ炎上時、終了手順

できるだけ人的に対処できるところは対処
実名想定は訴訟マターなので伏せ字編集します。他は、言論の自由というか、私が罵倒されたと感じるかという感性の問題なのでそのあたりはその時の感じで決めます。現状では2chとかgoogleで拾ったようなネタしか出てこない感じです。
人的対処できなくなったら
できるだけコメント規制します。この日記はIP規制できないのではてなユーザーに限定するでしょう。
それでも対処できない(切込隊長への攻撃レベル)
コメント、トラバを閉じます。応答はmixiへ。というわけでmixiユーザーに限定することになります。
コメント、トラバを閉じてもだめだめ
事態の想定はむずかしいのですが、そのレベルであれば、さっさと日記とブログを終了するしかないでしょう。本当なら、こういう社会による市民の攻撃は国家が守ってくれないと困るのですが、それがダメってことなんですから。

日記内で受ける私への罵倒

 まず、実名想定は訴訟マターなのでやめてくださいね。

 で、この日記内での範囲での罵倒はこんな感じですか。

  • 法螺吹き
  • すべてを知ったかぶりして自己満足する神経症
  • 似非キリスト教徒
  • 暗い部屋で一日ブログに下痢糞を垂れ流す心が病気
  • 将来子供にこのブログを見られて恥ずかしい思いをさせるであろう

 そう見られることは、了解しますよ。そっかなとも思いますし。

 意図的に法螺を吹くことはないし、実際、法螺の該当箇所はそうないのではなと思います。ブログサバトでぶくましてたのはいかんかったなと思うけど、法螺しているつもりではなかったですよ。

 すべてを知ったかぶりはしてないと思います。自己満足と神経症はそうかも。神経症って古い言葉なので、罵倒は年配のかたかな。

 似非キリスト教徒については、けっこうキリスト教徒ぽいこと書いているからそう見えるのでしょうね。これはしかたないなと思います。

 「暗い部屋」は落としてもいいかな(暗くないです。マシンの都合で遮光することはあるけど)。「ブログに下痢糞を垂れ流す心が病気」はそうだと思います。心病んでいるなという感じです。ま、これはいつも書いているから。

 「将来子供にこのブログを見られて恥ずかしい思いをさせるであろう」…、ちょっと思ったのだけど、子孫に誇りをという発想はもしかして…みたく思いました。私に子孫がいて私をどう思うか。まかせますよ。子孫というなら、私がいてはじめて存在しえた人でしょうから、まかせますよ。

ネタナシ

 ないな。

 そういえば、昨日のネタというかホゲというか

 ⇒ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

 を早々にぶくましたもののこっちにはリストしなかった。ど忘れもあるが、ちょっと微妙な話題だなと思った。が、その後、ちらちらと拾うブログあり。

 ま、微妙。

 ひごとでねーよ的な部分もあるにはある。

 筆禍ゾーンにズドーンというよりも、国松様のお通りだい的な元気さは、祭はどこでつか羊を集めやすい。ま、それ自体がネタというわけで、そのあたりのネタと、つまんねブログはバーターなんで、オモスレー度を意図的に下げるのが防衛策でもある。

 私は町山さんという人にそれほど関心なくて、というか、有名なのは知っているし、米大統領選ではがんばってんなとも思ったが、ま、知らないもんは知らんだけなのが、今回の騒動で実父が朝鮮人という話を知った。本人としてはそう言われても的であるだろうし、私もそういう人にわけあって交流をもったこともある。ま、それだけで朝鮮系というのはどうかとは思う。が、このあたりは、なかなか微妙なものはある。

 DNAがとかアホーなことは言いたいわけではないし。

 基本的に1000年スパンで見れば、日本人と朝鮮人と山東人は同じだろうし、そのちょっと下の層では、ベトナム(越人)もあるだろう(現代ベトナミーとは違うかも)。人種だの議論はくだらない。

 といいつつ、48歳まで生きて奇妙に思うのは、よくわからないのだが、私などは、気取るわけでも威張るわけでもないが奇妙なところに武家の気風が残っている。意識のある根底もそうだ。父方の曾祖父は神官の家系からの養子でもあったらしい。どうもこの歳になってみて初めて奇妙に深いところの神道にうちあたいするものはある。

 町山さんがコリアン系であるかというのは本人の意識にしてみればたまたまそうと以上ではなかろうし、他人からそう言われても返す言葉もないだろう。それはそこまでだ。

 私の場合は、純ジャパであり父方祖母の系統は近衛兵の家柄でもあり父方家系も武家、母方は土豪でありどうもこれも武家の土着のようでもある。そういう感触は奇妙に自分が生きつつフィードバックを受けてしまう。そういうフィードバックの有無にどんな意味があるのかわからないが、そのあたりは微妙だ。ある意味、私は個人としては自由には生きていない。というか武家の生き様には腹かっぁばく以外の自由なんかないという逆説でもある。困ったものだ。

イチホゲ

 ちょっと真相がわからないのだが

 ⇒Sankei Web 国際 自衛隊標的か「確認できず」 豪軍報道官(06/29 21:22)

 この話、どうも、変だと思ったのだが、豪軍の見解が妥当なら、なんだったんでしょ。

 現状はよくわからない。

 量子的ホゲともいうべきか。ホゲの味わいを深める一品です。

今朝になってぶくまのCSSがおかしい

 究極の原因はInternet ExplorerのCSSのバグにある(marginとwidth)にあるのだが、なんか、はてな側でいじったのではないか。というわけで、暫定的なデザインに戻した。とほほ。

追記

 午後になったら治っていた。ので、元のデザインに戻した。

今日の新聞各紙社説は…

 郵政民営化の修正案だが、本質的な部分での修正ではないと思う。自民党の爺たちは二十九年までにリカバーできると思っているトチ狂いが悲劇を通り越して惨劇を通り越してこっちまで鬱になってくる。この狂った爺たちをどうしたらいいのだろうか。

 このまま進めば、小泉は勝ったのだと思う。そういう歴史的な瞬間とまではいえないが、転機に日本人が向き合っている。それがいいことか悪いことかはわからないが、それがサバイブの道であり、次善の道ではあっただろう。ウォルフレンが示唆していたように、日本は変わることができない強固なシステムがある、が、少し崩れた。

 橋梁談合については朝日のところでふれたが、シカケ側の権力の全体構図を描く必要がある。

 放言だが、日本の社会権力は2つの柱があると思う。閨閥と暴力団だ。もう一つあるがモロに筆禍なので言わない。どちらも歴史的に形成されたものでなんともいいがたい。閨閥については、岸から今の安倍ちゃんを見ていると崩れつつはある。官僚と産業界は娘を交換しあって権力を形成してきた。ちょっと筆禍につっこむが、近代日本史というかそれ以前からそうだが日本は実際には女の交換が家名を通して実質の権力を維持するようになっていた。ある意味で外部の精子人材を家名に取り込む優れたシステムであった。

 なにが壊れたのだろうか? 案外女の権力コントロールではないだろうか。女の権力はオモテに出ることがなかった。そこにはセレブなんて憧れえない修羅があるのだが、ある意味、そこで女たちは権力に倫理的だった。

 それがくずれたのだろう。

 と、だけ書くと奇矯な議論になってしまうのだろうか。

 上流階級を覗いたこともなければ、そうした権力の娘たちにふれたことのないお芋が自由にネットに正論が書けるスバライ時代になった。

日経社説 西武の再建を原点に戻せ

 西武が戻るべき原点はこの時代にはもうないよ。

●日経社説 発注側も加担していたか?橋梁談合

 書生爺その2。

産経社説 道路公団捜索 「官製談合」の徹底解明を

 他紙に同じ。

●産経社説 郵政民営化 発足に向け果敢に見直せ

 修正のポイントは、民営各社の資本関係と郵便局網維持への配慮の二点だ。資本関係では、持ち株会社は二十九年までに郵貯銀と保険会社の株をすべて売却するとしていたが、両社の経営に影響力を及ぼす議決権を継続して持ち続けられるようにした。また国会答弁で郵貯銀・保険会社と窓口会社の持ち合いも認めることにしている。

 これらは民営会社を政府の影響下におき、四社一体経営を維持する手立てだ。約三百四十兆円、日本の個人金融資産の四分の一に上る資金を市場の力学が及ばぬ状態に置く。しかも環境が厳しい郵便、窓口両社が郵貯、生保の経営を悪化させるリスクもはらむ。

 やはり問題ないと思う。

●毎日社説 橋梁談合事件 天下り禁止して汚職を防げ

 朝日と同じ。書生爺。

●毎日社説 郵政法案修正劇 「責任は取る」も方便だった

 修正のポイントは、(1)完全民営化後も持ち株会社が郵貯銀行、保険両社の株を連続的に保有できる規定を置く(2)郵便局網を引き継ぐ窓口会社の業務として銀行、保険の代理業務を明記する(3)民営化の進ちょく状況について「3年ごとに検証」を「3年ごとに見直す」に変更する−−などだ。

 つまり、民営化が完了するという2017年以降も郵便、貯金、保険3事業を完全に分離せず、一体的経営をしやすくするというものだ。持ち株会社には政府が3分の1を超える出資を続けるから、一体的経営が維持できれば、政府の影響力は貯金、保険にも残る。

 問題ないと思うな。

 自民党の爺たちいつまで生きていられると思っているのだろうか。

読売社説 [橋梁談合事件]「道路公団の癒着構造が露呈した」

 朝日よりトーンは弱いが同じ。

●読売社説 [郵政民営化法案]「多くの問題点を残した修正協議」

 持ち株会社が貯金と保険の両金融会社の株式をいったん完全に処分した後、買い戻して「連続的保有」ができる措置を盛り込んだ。郵便局会社の代理店業務として郵便事業だけでなく、貯金や保険の両金融サービスも明記した。

 とのことだが。

 問題ないではないか。「できる」未来なんて来やしないのだから。

 システム的に国家と断絶していればいいだけのこと。

●朝日社説 法案修正 ようやく器はできたが

 私はこの修正案の意味がよくわからない。

 朝日の記事は状況をなぞっているだけで考察はゼロ。

●朝日社説 橋梁談合 「官製」を洗い出せ

 一見正論だが、どうも後味が悪い。まず、この事実を今更のごとく言う了見が好きではない。それと結果として朝日の正義は今回のシカケ側の権力の走狗となりはてている。シカケ側の権力の構図の全体を描く必要があるだろうとは思う。

[] 桜木の古木の幹を濡らす雨 終風

popopopo 2005/06/30 11:29 今朝の社説でアスベストの問題をどこも取り上げていなかったのが不思議です。けっこう、この問題シャレになっていないと思いますよ。ちょっとネットで調べてみましたが、多分これから大きく社会問題化しそうな感じです。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/30 12:06 んー、町山氏のは昔隊長のところでリンクされてたのを覚えてるだけですが、在日コリアン一般の問題として、自分達を「正しく認識できない」ということではないかと。普通ならは時間がたてば問題は矮小化されるはずなのに、時間が立てばたつほど問題が熟成される。まるで赤い爆弾みたい。

http://sekifusha.com/e/e/sinse3.html
>私が、俳句で在日の姿を綴るということは、俳句という 名の短刀(どす)を逆手にとって日本人の胸元に突きつけることなのである。

お前の心はその短い日本刀で既に一度貫かれてしまったんだよ。だからもはやウリナラには戻れないのだ。それを認めたくなくてのた打ち回るしかない哀れなデラシネ達よ。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/hyogen/0504/hg_504_050424.htm
>でも、人間性が育つには、自分のルーツをしっかり持つことが必要」と思う。

韓国人なら韓国人でいい。韓国人なのに日本人として生きようとするから軋轢が生じるだけのこと。

RepulseRepulse 2005/06/30 12:44 ええと、一般論ですよね?>■□ Neon □■
町山氏は在日じゃなくて日本人だし。

papepopapepo 2005/06/30 12:44 町山さんのはバカ映画の話が好きだったので残念です。というか初めはルーツがなんだとかのフレームじゃなかったんですが。タダのインネン仕合になったので距離をとったのではないでしょうか。最後のほうの成り行きは知りませんが。
ここだけに限らず訳の分からないフレームの因縁をつける側の動機は主張だとか政治とか論理的なもので無いんだと思います。言葉の意味で解釈すると分からなくなってしまう、強い奴がいるから倒しに行くみたいな男の子の衝動というか。普通、利害でもないかぎり意見が違うぐらいで人格攻撃だとか手段を選ばぬ戦術なんかとらない訳ですよ。これって父親の代替なんだろうかと思ってみたり。
ここで町山アニキは向かってくる子を完全にノシに行ってしまったんですが父ならばどうすべきだったんでしょうね。私には分からないですが。

AppleApple 2005/06/30 12:52 基本的に在日問題って俳句を読もうが小説書こうがただのヌルいゴネゴネ問題だと思うので、あまり興味がありません。要するに浅薄な自己陶酔であり、そういうのを日本人は面白がってるから、ダラダラと続いている。2ちゃんねるじゃありませんが、「帰れ」っていうのは実はとっても明快なソリューションだと思う。一回本気で帰ってみたらどうか。数万円くらいでいけるところに住んで「つれてこられたとか」グチグチ言われてもって感じ。

AppleApple 2005/06/30 12:55 僕も町山氏のバカ映画関連は好きですねぇ。ただ、ムーアに入れ込んでから、ぶっちゃけちょっと引いた。

ところで、3番目の権力は女ということでいいのでしょうか? それだといろいろ思い当たる節があります。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:18 popoさん、ども。アスベストはけっこう洒落にならないです。記憶ですが、都庁はけっこうアスベストでできている(丹下がよぉ)。

kagamikagami 2005/06/30 13:21 しかし禿げで法螺吹きの※※※に純ジャパと主張することに欠けられた亀の涙ほどのウンコ魂とは如何なるものなのか。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:22 Neonさん、Repulseさん、ども。ま、この問題にはいろいろな様相がありますね。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/30 13:23 >Repulse さん
そうですか?まぁ、町山氏が在日かどうかは直接関係なくて、在日論でフレームになってたのを見た記憶があったので。

>Apple さん
「生まれ出ずる悩み」という「パターン」はメディア的には美味しいわけです。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:24 papepoさん、ども。そういう面(父)はあるでしょうね。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:25 Appleさん、ども。ま、ちょっと話が逸れるみたいだけど、日本の表向きのぬるさと裏の非情さみたいのにタ対する感性というのは置かれた状況でいろいろ変わるとは想います。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:28 kagamiさん、ども(いつもKagamiさんではないようですが)。実名想定のところは伏せ字としました。訴訟マターは避けたいだけです。私のことを「禿げで法螺吹き」というわけですよね。

kagamikagami 2005/06/30 13:30 しかし純ジャパと表示することで守られたこの男のアイデンティティ、禿げで法螺吹き、すべてを知ったかぶりして自己満足する神経症、国際キリスト教大学全卒業生のネット上での恥さらし、似非キリスト教徒、暗い部屋で一日ブログに下痢糞を垂れ流す心が病気の健康ライター、将来子供にこのブログを見られて恥ずかしい思いをさせるであろう※※※のアイデンティティ。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:39 kagamiさん、ども。バージョンアップしたみたいですね。で、私のアイデンティをかく評される。訴訟マターは洒落にならないので伏せ字としましたが、あとの罵倒部分はこの日記外のことのように思えるので、この日記の範囲内では、「法螺吹き、すべてを知ったかぶりして自己満足する神経症、似非キリスト教徒、暗い部屋で一日ブログに下痢糞を垂れ流す心が病気、将来子供にこのブログを見られて恥ずかしい思いをさせるであろう」というあたりですね。

AppleApple 2005/06/30 13:43 >finalventさん
表のヌルさ裏の非常さというのは、日本社会の特徴としてあると思います。
しかし、なんていうか在日アイデンティティ問題って物凄く茶番臭く感じるんですよ。

※梅雨だけになんか沸いてるみたいですね。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:50 Appleさん、ども。ま、そのあたりが、ブログ筆禍ゾーンにふれたので罵倒されているだと思います。つまり、そのあたりに筆禍ゾーンがある警告なんですよ。でなければ、申し合わせたように出てこないですよ。と、思います。

R30R30 2005/06/30 13:52 こちらも梅雨ですか。じめじめしますね。

finalventfinalvent 2005/06/30 13:57 R30さん、ども。「けなされる技術」帯「あなたのブログが炎上した!さあどうする」出たら即買いたいです。実際のところ炎上しそうになったら、コメントとトラバを閉じます。そうなることが罵倒者の目的だろうからそれに屈するのはやだなとは思いますが、しかたがないの領域かなと思います。でもま、ネット社会の言論がどうあるべきか、にも関わるので、できるだけふんばってから倒れるようにしたいなと思います。

oohooh 2005/06/30 13:59 こんにちは。>知ったかぶりはしてないと・・・でつが、なんかこう“知ったかぶり”という言葉がずーっと嫌いなんです。なんというか意味するところはわかるんですけど正式な言葉というか大人の言葉じゃないんじゃねーの?と。こどもの言葉だろーって思っているんですがちゃんとした言葉が思い当たらないのでとほほずぼぼぼーんです。しったかぶり というのはちゃんとした大人言葉なんでしょうか。 あと>ひごとでねーよ的な部分も・・・は ひとごと では?

AppleApple 2005/06/30 14:02 「申し合わせたように」というかプログラムですから。
ところで、finalventさんは社会権力として閨閥と暴力団を挙げられてますが、もう一つを是非、ヒントだけでも。

finalventfinalvent 2005/06/30 14:09 oohさん、ども。実生活ではあまり「知ったかぶり」と言われたことはないんですよ。あと、誤字脱字、ご指摘部分直しました。ありがとう。

finalventfinalvent 2005/06/30 14:11 Appkeさん、ども。いや、もう一つが筆禍ゾーンであり、そこに接近したら罵倒者が出てきたのかもと思うのです。というあたりがヒントです。罵倒者は、禿げとか神経症とかのクリシェを除くと、明確にあることにこだわっているでしょ。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/30 14:54 んー、blog主の方に矛先が行っちゃいますか?

kagamikagami 2005/06/30 15:01 ブロガーで国際キリスト教大学出身の※※※さんという方がはてな内の町山さんという方のブログで起きた人種差別荒らしの一件をネタにしつつ嘲笑し、人種差別をさらに増長するような話を書いていると聞きました。finalventさんは、その※※※さんという、たぶん実在しているのかどうかもよくわからない人のあり方についてどう思いますか?

finalventfinalvent 2005/06/30 15:05 kagamiさん、ども。レトリックの部分を外すと、finalventが「はてな内の町山さんという人種差別荒らしの一件をネタにしつつ嘲笑し、人種差別をさらに増長するような話を書いている」のが問題だとおっしゃりたいのですか。であれば、その問題にしましょう。もう少し建設的に歩み寄りましょう。いかがですか。私に人種差別を増長する発言があれば、その批判はきちんと受け、そしてそれに応えたいと思います。

AppleApple 2005/06/30 15:14 人種差別してるのはFinalventさんじゃなくて、たぶん、僕じゃないかな?
そのつもりはないけど。
批判なら別の場所で甘んじて受けますよ。
ちなみにICU落ちました(笑)

summercontrailsummercontrail 2005/06/30 15:16 finalventさんこんにちは。finalventさんは部屋に何か植物を置かれてるかと思うのですが、何を置かれてますか?私は家にサンセベリアを置いているのですが、もっと何か増やしたくて。レスはずっと後回しでもぜんぜんかまいません。

kagamikagami 2005/06/30 15:26 finalventさんはIPでお分かりかなと思うのですが、上段のkagamiさんは、ID:kagamiのはてなユーザーの私とは別人ですので…。

finalventfinalvent 2005/06/30 15:32 kagamiさん、ご迷惑をかけます。日記の仕様上、こうした用例を認めざるをえません。ただ、お名前に日記へのリンクができるので、これまで有益なコメント多くいただいたkagamiさんが誰であるかはわかります。

synonymoussynonymous 2005/06/30 15:35 うむ。不自由ですなぁ。普遍性に通じる回路が絶たれているような気持ちになることがあるのです。

SoredaSoreda 2005/06/30 15:37 kagamiさんが登場してほっとしました。絶対これはkagamiさんじゃないと断固書き込もうと身構えてました。なんででしょう。別にkagamiさんをかばう(?)理由はないわけですが(失礼)、文から立ち上がる人物が捏造されているのがたまらなくイヤみたいでした。どうでもいいことで失礼しますが、ありがとう、なんていいたいので書いちゃいました。

SoredaSoreda 2005/06/30 15:41 そういうわけでfinalventさん。そう多くの人があやふやな腹で生きてるってもんでもないと思うのです。上の手順了解しました。ご武運をお祈りします。

giraudgiraud 2005/06/30 15:42 確かにID:kagamiさんは災難ですよね。ダイアリへのリンクが無いので、あ、詐称だなと思ってましたけど。

finalventfinalvent 2005/06/30 15:50 Soredaさん、ども。ええ武運というか運はあるでしょう。私は別にネットから消えてもいいなと思っています。特にこの日記は私的なもので気になる人だけが見てくれればいい。極東ブログのほうは、しかし、そうでありません。私を潰すことは私のあの言説を潰すことです。私がこの程度の罵倒をうけてへこむことで極東ブログで書いてきた問題意識をバーターでつぶされるのは理不尽な思いがします。問題は「私」ではありません。私が提起したいような問題をブログを通じて充分共有し逢える情報の基礎ができれば、私も、極東ブログも終わりでいいのです。率直にいうと、まだそうではないなと思っています。できれば、極東ブログなんて面白くもね、とスルーされ、自然消滅されるなら、いいのかもしれないとも思います。(実際そうなってきているのでしょうけど。)

naozanenaozane 2005/06/30 15:59 アウフベーヘン?

kagamikagami 2005/06/30 16:04 残念ながらコリアンじゃないんだが(もっとも何代か遡れば混じっているのかもしれないが知らない)、※※※という性質が悪いブロガーが我々が愛読している町山氏のブログでの一件をネタにし、人種差別を煽動するような発言を繰り返す、たとえばkagamiがコリアン系だと反応してしまうのもそうだが。そういう発言をウェブに流し煽る※※※という人物の人格についてfinalventなる幼稚な名称のIDをはてなで保持しているfinalventに問うているのである。なお太鼓持ちたちはfinalventの発言を注意して読むように

giraudgiraud 2005/06/30 16:07 すんません、ID:kagamiさんに非ざるkagamiさん、一つだけ教えていただけませんか。
>我々が愛読している
これは、kagamiさんと、後どなたですか?
不躾な質問かも知れませんが、お答え頂ければ幸いです。

kagamikagami 2005/06/30 16:13 また※※※なる人物について問うているのであって、finalventなるIDの人物について問いているのではないということに注意いただきたい。あくまでICU出身の健康ライター※※※という人物があからさまな人種差別荒らしの事件をネタにしながら、人種差別のニュアンスを持つ発言を繰り返えし、その後相も変わらず後付けで動機を説明して居直る、そういった様子がこの人物のいかがわしい人格について意味するところを参考としてfinalventに意見を求めているのである。なおkagamiなる文字配列が登録商標にでもなっているのならお知らせ願いたい(私の苗字が※※だとしても※※※ではない)。

横レス横レス 2005/06/30 16:18 clawのあたりの、とりまきっぽいなあ。
>なお太鼓持ちたちはfinalventの発言を注意して読むように
とかが

finalventfinalvent 2005/06/30 16:38 kagami(リンクなし)さん、ども。kagami(リンクなし)さんが、「人種差別のニュアンスを持つ発言を繰り返えし、その後相も変わらず後付けで動機を説明して居直る」はfinalventがこの日記でしていることではないのですか。であれば、finalventで閉じる問題ではないのでしょうか。実名想定で訴訟マターを繰り返す議論上の意味はないのではないですか。

UG35UG35 2005/06/30 16:56 kagami(リンクなし)さんは罵倒だけが目的と見受けられ、大変残念です。色々な意味で。

SundalandSundaland 2005/06/30 17:29 いわずもがなですが、聞きたくない見たくない言説を抹殺するというのは、それが有益か正当か高徳か愛かにかかわらず、なのでしょう。そのすべてを越えた冒涜と破壊と悪意と憎悪がある。ま、哀しい現実ですが、それでもなお人はその淵を乗り越え、求め語り合う、ということで。決めすぎですね。反省。

finalventfinalvent 2005/06/30 17:37 UG35さん、Sundalandさん、ども。結果からすると、私がkagami(リンクなし)さんの発言を抹殺したとも言えます、他のユーザーさんのコメントの可能性とともに。ギルティ感はありますし、対話できなかった敗北感はあります。なぜ実名想定にそれだけこだわるのか、その必要性がまるで理解できず、とっかかりがもうないという感じでした。

finalventfinalvent 2005/06/30 17:39 yhleeさん、ども。自分の経験の範囲だけなのですが、コリアンであるというだけで嫌な思いをしている人を何名か知っています。カミングアウトにとても苦悩した人も知っています。いろいろな事情はあるだろうし、まさにその事情こそわかりづらいものがあるのだろうなと思います。そういう事情を抱えているかたからの罵倒であれば、それはある程度は受けなくてはいけないとも思っていました。

yhleeyhlee 2005/06/30 17:50 さっそくお返事ありがとうございます。エントリーにぜんぜん関係ない悪罵をコメント欄で受けるということはよくあるので、そういう部分が「危険」といえば、確かにそのとおりですね。
それと、在日としての苦悩があるからといって、日本人にいいがかりをつけていいということはないと思います。「こういう苦悩がある」ということを説明するというのであれば、少し話は別ですが。今回は、災難でしたね。。。。

isuzukiisuzuki 2005/06/30 18:13 http://i.hatena.ne.jp/idea/3441 たまたま提案していたので。

odakinodakin 2005/06/30 18:17 「炎上」という言い方に含まれる、なんかブログの方も悪い、みたいな「とにかく場をおさめることだけが大事」な感覚ってやな意味で日本的できらい。(マスコミが、株主総会が荒れたとき総会屋じゃなくて「火のないところに煙は立たない」とばかりに会社の方を叩く事で、総会屋を利してるのと似てる。)
今回の件でfinalventさんにまったく非はないと思う。IDなしkagamiさんは、NeonさんAppleさんのカキコへのfinalventさんの対応が気に入らなかったのではないかという気もするけど、仮にそうだとしてもそんなの直接言えよ女々しいな(おっと非ポリコレ)って話だし。自分が、町山さんに粘着してた嫌韓厨と全く同じことしてるの分かってたのかな。
IPで弾けるようになるといいですね。
(なんか単なる煽りになっちゃってるような気もするので、そう判断されたら遠慮なく削除してください。御手数をかけてすみません。)

eternalwindeternalwind 2005/06/30 18:36 >finalventさんはIPでお分かりかなと思うのですが、上段のkagamiさんは、ID:kagamiのはてなユーザーの私とは別人で>すので…。』

はてなって、コメントに書き込んだ人のIP見えたっけ?

>finalvent様

本日はご愁傷様です。

finalventfinalvent 2005/06/30 21:14 isuzukiさん、ども。このIPブロックがないのはちょっと現代では機能不足かもしれません。うまくアイディアが通るといいのだけど。

finalventfinalvent 2005/06/30 21:15 odakinさん、ども。そうですね、その場を繕って済むならそれでいいかなと思います。今回の罵倒者さんはたぶん以前と同じかたでしょうから、そのあたりそれなりにわきまえてくれるのかとちょっと期待してました。

finalventfinalvent 2005/06/30 21:18 eternalwindさん、ども。いや、率直なところ、コリアン系のかたなら正面から問題に向き合えばなんとなるかなと思ったのですが、ダメでした。直感点には非は私にもあるように思いますが、とにかくとっかりがまるでなかったですよ。

finalventfinalvent 2005/06/30 22:12 t_utsumiさん、ども。ええ、残念です。散人先生からも代案をいただいのですが、現実のはてなの構造にはあわないし…。批判や罵倒が、テーマ性を持っているならそれが議論のテーマになるのですが、今日の罵倒者さんのテーマは結局テーマはなかったように思いました。個人攻撃というのでしょうか。どう対応したらいいのか…自分の拙さはあるのでしょうが。ま、制限は制限、そのなかでまたお気楽に進めたいし、笑いが好きなんですよ、お笑いネタが今日は少なくて、がっかりしました。炎上がお笑いというのはあまり健康的ではないし。

finalventfinalvent 2005/06/30 23:46 Apploodさん、と、お呼びしましょう。どもです。ま、はてな制限というのも拙いなと思うし、その拙さはみなさんごめんなさいです、私から。ま、結果的には、他人の目からは面白いログになったのではないでしょうか。自分自身はけっこう痛かったなぁと思っています。罵倒自体とか実名想定とかは、ま、理解されないかもしれないけど、どってことはないのだけど、どっかでテーマ的に語れないものか、その結果、finalventボロボロというのはいいザマだと思うのだけど、問われていたのは、テーマではなかった。ある意味で「私」であったろうし、その痛みはうけるべきだろうなと思う。そういう痛みでしか、うまく、理解しえない領域に近いのではないかとも思うし。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/07/01 00:08 空気を読まずにカキコ。で、本日のhogeネタ。あ、もう翌日だ。
小泉首相、「独島パンティー」の受け取りを拒否
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1120083417/

hidekihhidekih 2005/07/01 00:22 finalventさん、こんばんわ。「いつからか、それがスパムにかき消えた。」私も多少海外の友達がいたのですが、すっかり縁遠くなってしまいました。ひどいものです。今日は、本当にお疲れ様でした。

h8161h8161 2005/07/01 01:11 何度か読み返したものの状況が把握しきれず、おまけに世間知らずで恐縮なのですが、話題のアングラ権力がなぜかくもパワフルなのかを知る格好のケースとして、良い勉強をさせていただきました。思うに正規軍同士、空母同士で戦うなら語り合い的なソリューションは成立しえた。でも正規軍vsゲリラ、航空母艦vs国籍不明の潜水艦などの非対称戦ではルールやモラルに縛られる前者が圧倒的に不利ですね。三国系の不審船に対峙した海上保安庁の人々も似たようなジレンマに直面したのだろうか、とふと思った。そしてネット規制をしたい人々が、こういう事例をスタディしている絵図と思うと少々寒い。

summercontrailsummercontrail 2005/07/01 02:33 >正規軍vsゲリラ、航空母艦vs国籍不明の潜水艦などの非対称戦ではルールやモラルに縛られる前者が圧倒的に不利ですね
 まったくです。だからこそ、ゲリラ側であれ正規軍であれ「それでも自分はルールやモラルを守る」という姿勢の意義は大きいのでしょう。finalventさん、どんまいです。うまく通じないそんなときもあるさ、ですよ。志村けんのだいじょぶだーです。

finalventfinalvent 2005/07/01 09:23 enemyoffreedomさん、ども。というわけで、ホゲもらいました。あんがと。

finalventfinalvent 2005/07/01 09:24 hidekihさん、ども。時の流れには逆らえません。ま、私なんかはとくにそ。

finalventfinalvent 2005/07/01 09:26 h8161さん、ども。問題を私がこじらせた面はあります。ちょっと自分の力量(対話能力)を過信したかなというのあります。

finalventfinalvent 2005/07/01 09:34 summercontrailさん、ども。禿増…ちがう…はげましありがとう。個人的にはきちんと自分の痛みを受けておくことが大切かなと思っています。罵倒者の罵倒のエネルギーに対するある種の礼儀のような感じです。それと、ネットの場合、局所戦の勝利は実際にはあまり意味はありません。将棋の棋譜のようにこのプロセスがどういつか読まれるかです。もちろん、読まれない可能性はありありでしょうけど、基本的な態度としてはそういう感じです。

2005-06-29

あー今日は

 暑かった。

 また、ヤマモリのトムヤム・ラーメンを食った。はまった。今日はポーク味だ。トムヤム・ラーメンでどうしてポーク味なのかとか問うな。人生とはそんなものなだから。にしても、きっちし、タイの味だった。鍋が臭くなって洗うのに難儀した。

 で、で、それからどうした、オレ?

 ま、いろいろというかなんもないというかいろいろというか。疲れた。

 水曜日なのか、Newsweekが来ていた。パラッとみたがデルバートの漫画以外記憶にねーぞ、と。

 アマゾンに頼んだ本がきた。内緒。エロではないよ。っていうか、エロが楽しめるお歳でもないんだよね、これが、って日経爺さんは連載エロを楽しみにしているのでしょうから、ただ歳ってものでもないがってなんの話か。

 やっぱよさげな本なのできっちし読みたいなと思い、そう思うと、引く。いかんのだが、きんとしたことをしなくてはというと引く。なにが、ドン引くのである。なぜか。どうでもいいが。

 あちー。

 独製の寒暖計、気圧計、湿度計をマシンの近くにおいてモニターすることにした。これは独製であるからして、ノット・エレトリック。他に、私のデスクには、電動のサーモメタや脈拍計や、おっと、血圧測定器まである。なぜか。わかんね。血圧はいったって正常。タイマーもある。なにを計るのだ。こもの類はなんだか自己嫌悪になりそうだ。

 おしまひ。

 っていうか、iPodのメンテして、少しビールを飲んで、寝ようというか、寝れないので、暗闇でぼーっとしてよ。

 私はけっこう暗闇でぼーっとしていることが多い。死体のように。ハイデガーの言うところの死の先駆形態としてのずぼぼぼんなのだろうか。

はてなQ はてな サプリメントを個人輸入のWEBサイトで購入する場合の基準は?

 ブランドで決めるといいよ。そしてそのブランドを基準にコストパフォーマンスを見る。

 普及しているのはショップブランドでいい。というかショップブランドはコストパフォーマンスのいいクオリティでもある。

 しかし、現状、海外から購入すべきサプリメントは、あまりない。

 (あれと、これと、あれと、これと、もひとつそれと、あれと、これくらいしかない。)

はてな全体をオントロジカルにまとめることは可能なわけだよな…

 とこれを見て思った。

 これ⇒[hatena]「はてなカテゴリ」構想(まとめ前)

 問題はそのオントロジーのフォルマリゼーションがわからない、インタフェースがわからない。

 いやぁ、なんだか、ぜんぜんわかんないっぽっていうあたりでしょう。

 と、お茶はさておき。

 もともと、「はてな」は「はてなQ」がベースなんだから、ようするに、自然言語で問いかけたときのアンサーとしての「はてな君」が自然言語で答えられるようなふうなインタフェースでよいと思う。

 というあたりから、オントロギーを形成していけばいい。

 現状はただキーワードサーチだけというネアンデルタール人状態なわけだよ。

 普通のオントロギーで考えれば、キーワードをまさに意味論的に組織すればいいのだが、このあたりはけっこう汎用。

 むしろ、ヒューリスティックというか、ヒストリカルというか、ヒストリカル・オントロジーというかなんだかわかんえーぞこのぉというか、ま、これまでにどのように知識が蓄積されたかという関連のヒストリーそれ自体が組織になるのではないか。

 ま、むずかしすぎるか。

 はてなQとはてなDがうまくインテリジェンスとして連携していないのもなんだしな。これにぶくまが

あるわけだし。

 むしろ、ぶくまのほうが自動的にキーワードを出すわけだから、現状ぶくまされたはてなDのキーワードがぶくまのキーワードからどう見えるかというのは、比較的マシン処理しやすいはず。なので、そこから着手したどうでしょね。

 って、集まる知識はメタブログばっかしという…オチだったりして。

はてなQ ノンカフェインの紅茶を買えるところを探しています。出来ればダージリンかアールグレイがいいです。宜しくお願いします。

 ちょっとマジレスしときますか。

 カフェインレスの紅茶は日本ではあまり見かけないけど、けっこう普通です。

 で、大手小町とかの回答でちょっとなと思ったのだけど、コーヒーデカフェと紅茶のデカフェはやりかたが違うのですよ。というと不正確だけど。

 コーヒーのほうはそこで言われているように、溶剤抽出だと、あまり健康によくないのだけど、紅茶のほうは超臨界炭酸ガスなので健康の害はないです。味や香りもそれほど劣化しません。(コーヒーでも超臨界炭酸ガスがあるが)。

 紅茶自体の質はたいしたことないけど、以下がお薦め。結果的に国内ショップで買うより廉くなると思うよ。というか、この質でも国内の普通の紅茶より美味しいですよ。

なんかオオニシって壺

 ⇒A War Shrine, for a Japan Seeking a Not Guilty Verdict

 コメント欄で教えてもろた。

だめだめスパム

Subject: 大特集! セフレとセレブの違いを徹底検証!

この夏!大注目の無料サイト☆

今ならまだフリーの相手を見つけるチャンス

メールで盛り上がってさぁ!そのまま二人で、ゴム本番!!

ゴム本番に嫌気がさしたなら、このサイト!

君とだったら怖いものは何も無い!

さぁ、生本番で、この夏、猛暑宣言!!

 恐いよいろんな意味で。

 それと、ゴム本番って、ど・う・よ。

 (ゴムじゃないだろと小声で)

小ホゲ峠

 ⇒おもいこみっくす IE6のJavaScriptで関数名all()が使えない

 ⇒日本語ラップ問題と音節構造 [絵文録ことのは]2005/06/29

 これ、ホゲとか言うとイヤミにとられてしまうでしょうか。しかし、マジレスする話題でもないし、な、なやましぃ、ってやつですよ。

 古典的ホゲ⇒日本語のイタリア語化は可能か?

ホゲ大漁

 ま、なにはさておき大漁だ・ぜ、野郎ども。

 ⇒経済学がこの世から消えたら…

 ダイジェスト

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 11:04:19 ID:HcvWjPej

焚書坑経以来、ユダヤの手先であるWTOや国際金融資本、石油資本に良いようにもてあそばれてきたが、苦難の日々ももついに終わるときがやってきた!! 反撃の時がくるのだ。この間の葉闇元総裁の法事が、事実上の日本政府・日銀の肝いりで行われたを注目していたが、やはり裏があったんだ。

 

今日の総理の所信表明演説は「日本国民に訴う」と題されていたが、そのなかで首相は、まるで獅子のたてがみのように、あるいはこれまで耐えてきた怒りをぶちまける、そう「怒髪天をつく」ばかりに吠えたんだ。

 

そう、金本位制への移行だ。これまで、日本経済は一産業一企業制で効率 改善に勤めてきたのに、なぜか貿易黒字はちっとも増えてこなかった。経済力・国際競争力の象徴である黒字が、効率化の進展にも関わらず増えないのはなぜかといぶかしく思っていたが、実は日本郵貯銀行(株)をダミーにして日本貿易(株)に融資したお金で、金を買いまくっていたんだ。凄いね!!!

 

首相に寄れば、この金は昨日づけで日本政府に所有権が移転しており、外国為替特別会計の外貨準備に積まれることになった。もう、金の保有量では、憎きアメリカを追い抜いているらしい!!

 

来年の1月4日付けで金兌換が始まるそうだ。そう、ついに、円は世界で唯一の「尊敬される通貨」へ、名実ともに移行することになるんだ。これで、円売りで儲けていた国際金融資本は致命的な打撃をうけることになるだろう。

 

もちろん一部の歴史家は、1930年の金本位制復帰によって昭和恐慌に突っ込んだことを強調し、首相の方針に反対意見を述べている。馬鹿じゃないか? あれは、たまたまニューヨーク市場が大暴落し、世界恐慌が始まるときに金本位制に復帰したから、見かけは「金本位制復帰が昭和恐慌を招いた」ように見えるだけなのは常識じゃないか。今や、アメリカは日本を食い物にしてますます繁栄を貪っているし、中国も、本当は日本のODAのおかげなのに、市場経済の成果だと嘘を吐きながら、経済成長を誇示しまくりだ。条件がまるで違うんだよ。歴史や国際情勢を無視して、まるで物理法則のように経済学の公式が 適用できるなんてのは、腐れ経済学者どもの妄言に過ぎない。

 

それに、ユダヤの手先ではない、WASPのアメリカ人の実務家たちは、日本の金本位制移行を絶賛している。さっきネットのウォールストリートジャーナルの一面には、「日本の劇的な転換と経済大国の復活」という大見出しが躍っているW

 

さあ、日本経済の全面的で徹底的な反撃の時がやってきたぞ。これに勝利して、世界に はびこる経済学者どもを根絶やしにしてくれる。がんばれ、榊原大臣!!!

ネタなし

 うーん、ないなぁ、そんなわけないとなんとなく思うだけど。

今日の新聞各紙社説は…

 個人的にはヒ素カレー高裁が気になる。どう気になるかは朝日のところに書いた。この事件でお亡くなりなったかたを思うと奇妙に被告を弁護しているかに聞こえるだろうと思うが、私の感覚ではこの判決はおかしい。

 核融合炉建設は今朝のテーマでもあるが、よくわからない。所詮こんな技術は成功しないでしょという思いはある。

 高松塚古墳については今となってはなんとも言えるという以上の社説がない。

 総じて、なんか、新聞社説の感性が微妙にシフト始めているように思う。そして、そのシフトは私の感触だけなのだが、頭の悪ぃ全共闘世代がいよいよ老人になってきたのかという感じだ。

日経社説 核融合炉建設、原点を見失うな

核融合の実現は人類の悲願である。世界的なエネルギー需要の高まりで石油資源をめぐる覇権争いが強まり、紛争の火種になる恐れも高まっている。これをしのぐには当面は原子力、それに太陽や風力など自然エネルギーの開発・利用しかないが、代替エネルギーの本命は海水中に無尽蔵にある燃料を利用できる核融合だろう。もめ続けた立地問題が決着したのだから、参加国は目の前の国益や打算にとらわれずに悲願達成に向けて一致協力するよう望みたい。

 駄文。

●日経社説 手続き前進、内容後退の「郵政」修正案

 要点がわかんないんだよね。

 問題はシステムの問題であって、爺の息巻きなんかあと数年で消える。残されたシステムは生きる。問題はそのポテンシャリティだけなのだが。わかんね。

産経社説 核融合実験炉 誘致失敗は失敗ではない

 標題に惹かれたが内容なしのレトリック

●産経社説 サイパンご訪問 慰霊の意義を考え直そう

 遺族をはじめ関係者が、いかに天皇の慰霊を待ち望んでいたかを示しているといえる。サイパンばかりでなく、中部太平洋に散った戦没者の霊は、この慰霊によって初めて安らぎを得たであろう。遺族たちも胸のつかえがおりたはずである。

 こうした「慰霊」のもつ意味を、日本人は深く心に刻むべきである。

 論議を呼んでいる首相の靖国神社参拝問題も、政治的ではなく戦没者への慰霊という観点からまず考えなければならない。

 そのことがいかに大切かを考えれば、他国への配慮で参拝中止を求める論議がいかに愚かであるか、おのずとわかるはずである。

 ちゃんのなんでそうなるのっ、ってな趣向。

●毎日社説 ITER断念 経過を検証し今後に生かせ

 なんかおもろいことを言っている。それも毎日クオリティか。

●毎日社説 明石歩道橋判決 雑踏警備は警察の責務だ

 ま、一応はそう。

 でも施策の問題でしょ。つまり、システムの。

読売社説 [高松塚石室解体]「遅すぎた?壁画の保存修復策」

 どってことないというか私も他に言いようがない。しいていうと、高松塚は研究が恐かったのではないか、なにかと。壊れやすいだろうからテッテ的には研究できないだろうし、結果はどうせ学会に受け入れるかのフィルターがきついだろうし。ま、ざっくり放言すると天武天皇の墓でしょ。そして天武天皇は高句麗あたりと関係があるのではないか。その先は愉快な古代史学になるので今日はつっこまない。

●読売社説 [ITER]「誘致断念でも重要な日本の貢献」

 くだらね、でいいでしょ。

 二日酔いになるをわかっていて酒の趣味の悪い友だちと梯子する気分。

●朝日社説 高松塚解体 文化庁は何をしていた

 水に落ちた犬は叩け叩け。

●朝日社説 毒カレー判決 心の底が見たかった

 いきなり筆禍ゾーン突入なのだが、この社説は本当に嘆かわしい。まいど朝日反米ですか馬鹿の罵倒はご愛敬の部類だが、この社説はマジ問題なのだ。

 どこが?

 判決は、被告が自分に都合のいいように事実を捏造(ねつぞう)していると断じ、「これまで誠実に事実を語ったことのない被告が、突然、真相を吐露し始めたとは考えられない」ときびしく批判した。

 合理的な判断だろう。

 とはいえ、被告と事件を直接結びつける証拠はない。自白もない。にもかかわらず、なぜ死刑という究極の刑罰が導き出されたのか。理屈はこうだ。

 そして理屈のあとで。

 したがって、被告がカレー事件の犯人であることは疑いがない。

 自白に頼らず、客観的な証拠を積み重ねることで有罪に結びつけるのは裁判本来の姿だとも言える。

 いえ、それは裁判の「本来の姿」でないと思う。

 私の知っているオールドファッションドな朝日の良心はこう言わなかったと思う。

 どこにも「客観的な証拠はないのだが」という心のひっかかりが、朝日から消えてしまった。

 本当の意味で朝日なるものが終わりになりつつあるだと思う。

 そして、それは、嘆かわしい。

[] 松の葉を濡らす静かな雨の朝 終風

oohooh 2005/06/29 09:29 状況証拠のみというのが増えてるような気がしますね。被害者が言うなら判らないでもないですが。ともかく刑の執行後に真犯人というのはやめてもらいたいもんです。

ペペロンチーノペペロンチーノ 2005/06/29 10:29 http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050628STXKC095728062005.html
>天皇が慰霊する戦死者は「靖国神社の戦犯と同じ穴のむじなだ」
「A級戦犯」云々という話が、そろそろ違う話にすり替わりそうです。

finalventfinalvent 2005/06/29 10:35 oohさん、ども。裁判というのが変質しているのかもしれないのですがね。あるいはただ自分が古い人になりつつあるのか。

finalventfinalvent 2005/06/29 10:37 ペペロンチーノさん、ども。ま、このあたりは小ネタの類というか脊髄反射なのでしょうね。日本と天皇を舐めてかかるところがとても中国人ぽくてナイスという次元ですね。

commutercommuter 2005/06/29 10:44 http://www.nytimes.com/2005/06/22/international/asia/22letter.html

大西さんです。

matsunagamatsunaga 2005/06/29 11:03 ほげの意味がわからん(´ー`)y-~~

ペペロンチーノペペロンチーノ 2005/06/29 11:10 >matsunagaさん
→http://d.hatena.ne.jp/keyword/hoge
→http://d.hatena.ne.jp/finalvent/archive?word=hoge

finalventfinalvent 2005/06/29 11:33 commuterさん、ども。なんかいいっすね。これ。オオニシは今日も元気に浮いている。

finalventfinalvent 2005/06/29 11:34 matsunagaさん、ペペロンチーノさん、ども。あと、これ。
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050628/1119919311

BaatarismBaatarism 2005/06/29 12:37 ペペロンチーノさん紹介の記事で気になるのは、中国が「悪いのは一部の軍国主義者で、一般の日本人民は戦争の被害者である」という日中国交回復以来の主張を否定しようとしているのではないかということでしょうね。少なくとも権力層の一部にそのような主張がないと、こんな記事は出ないでしょうから。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/29 13:45 中国としては、過去の経緯はオマエラの一部の軍国主義者のせいにしてやるから自分達の言うこと聞くアル、なのであって、中国の言うこと聞かなくなったら、オマエラ皆悪人アル、になるのは少しも不思議ではありません。

bowwhobowwho 2005/06/29 13:54 ここ数年(?)、「被害者感情」という言葉が、随分独り歩きしているように思います。「疑わしきは罰せず」と言う裁判の基本原則まで揺らいだら、どうしようも無いと思うのですが。

papepopapepo 2005/06/29 14:15 というか裁判所は事実を判じるところであったかということなのでは。利害とその見解の対立の調停者なんじゃないかとか。林さんはアレですけど検察もどうなんですかと。

finalventfinalvent 2005/06/29 14:37 Baatarismさん、Neonさん、ども。こうして表面に出てくる主張だけが中国ではないし、いずれ解体する国家という想定で見てかないとという面もあるかと思います。ま、しかし、芸のない一点張りは中国の強みかも。

finalventfinalvent 2005/06/29 14:38 bowwhoさん、papepoさん、ども。いわゆる法理としてこれでいいのかなというテクニカルな疑問もありますが。

odakinodakin 2005/06/29 18:39 ×欣ちゃん○欽ちゃん
のような

kagamikagami 2005/06/29 18:45 「核融合の実現は人類の悲願である。」って日経の方は本気なのでしょうか(^^;核融合の史歴を鑑みるに「核融合のネタは山師の切札である。」とでも云った感じなのですが…。数百年スパンならともかく、現状、日本に核融合設備なんて出来ないことの方がめでたいことと感じます。

finalventfinalvent 2005/06/29 18:50 odakinさん、ども。修正しときました。

finalventfinalvent 2005/06/29 18:51 kagamiさん、ども。理論的には面白いのでしょうけどね。無理でしょうね。

ハリーハリー 2005/06/29 22:50 カレー事件、判決文やこういった社説のクオリティーをみるかぎり、陪審員制に向けた地ならしが始まったのではないか?と感じました。オチのところでライター自身が、裁判にさらなる工夫や配慮が必要、もしも自分が裁判員だったら・・・と誠実に心情を吐露しているわけですし。

summercontrailsummercontrail 2005/06/29 23:22 あ、裁判員制度の導入を念頭に置いて考えると、状況証拠の積み重ね(だけ)で死刑にすることの怖ろしさをますます強く感じます。最悪の場合、「国民感情」の暴走による根拠薄弱な公認リンチになりますね。ってニュース類最近触れてなくて、その社説そのものすら読んでないんですが…orz ディルバート毎週笑えますが今週まだ読んでないし。
 邱先生のページのhttp://www.9393.co.jp/toyooka/kako_toyooka/2005/05_0601_toyooka.htmlをさっき読んだんですが、寝るときは電磁波発しそうな小物類は一切身近においてはイクナイそうですよ。お爺・おずぼぼぼーん。

こなきじじいこなきじじい 2005/06/30 01:36 http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20050629/eve_____kok_____002.shtml
これと同じ様なことを他の外資系の会社にやってるんですよね、
ロシアは。領土問題がなくても日本企業の進出は難しいでしょう。
トヨタは大丈夫か?

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/30 02:22 中国の場合、主張はあくまで「そのときの」主張であって言葉が実体を示すわけでも何かを確約するものでもないです。結局力関係が全て。逆に、相手の優位を確定させるような言質は巧みに与えないですね。鷹揚というのは下手に出ることとは違います。日本はそこがわかってないヒト多すぎ。鷹揚のつもりで下手に出て自爆。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/30 02:44 中国人が一枚岩でないのはわかりきったことで、だからこそ同調メカニズムとしての靖国や天皇崇拝は怖いのです。そういう恐怖は全ての華僑が共有してるため、反共産党の在米華僑が同時に反日、反靖国であったりするのは、つまり日本人の協同能力を恐れているからですね。
昔から、一人の日本人は怖くないが・・・というのは朝鮮人韓国人も中国人も同じく良く言う台詞です。

jazjaz 2005/06/30 04:32 なんだか暑そうですね。こちらは昨日、今日割りと涼しくて気持ちいいです。雨も降ったし。
午後、アメリカ人とイラン、北朝鮮の話をしたのですが、イラン人は北のようにホゲホゲじゃないよ、というところで意見が一致しました。ふにゃ。けど、つくづく、アメリカ人て、何であんなにハイなんだろう…。うらやましくてアメリカ行きたくなりましたよ。
そうそう、さっき始めて気が付いたのですけど、finalventさんはエントリ、改行するごとに文の頭を一文字分下げて書いていらっしゃるのですね。ネットでもそういうことするものなのですか? ま、それはどうでも…、summercontrailさんではありませんが、身近に置いてイクナイものは置かない方がいいのではないですか? 健康にお気をつけ下さいね。(^^)

jazjaz 2005/06/30 04:36 Dear Nenoko,
Hello!
I’m sending you one more message as I’m not sure how you are doing these days.
Please get in touch as we’d all like to hear from you.
Very best wishes.

finalventfinalvent 2005/06/30 10:54 ハリーさん、summercontrailさん、ども。ええ、そういう含み(新制度)もありますね。自分がこの裁判に絡んでいたらかなり消耗するでしょうが、批判の立場に立つでしょう。(電磁波は要注意かなとは思いますよ。)

finalventfinalvent 2005/06/30 10:56 こなきじじいさん、ども。この件は知ってます。サハリンプロジェクト関係のも。トヨタの件では、だから、プーチンが同席してその保障になったわけですよ。このあたりのロシアの問題ですが、私はプーチンを支援したい。ロシアの下賤なやからと目下の計算でひるむようなのはニッポンの商人じゃないって感じです。

finalventfinalvent 2005/06/30 10:58 Neonさん、ども。江沢民の反日はちょっと精神病理ゾーンかなという感じはしますが、基本的に中国共産党はその存立が反日なんで一種のトラウマでしょうね。個人としてみたら、中国人のスケールには圧倒されるものがありますよ。

finalventfinalvent 2005/06/30 11:00 jazさん、ども。アメリカ人は実際に我々がふれることが多い人たちはリベラルなんで、そういう印象はありますね。エントリの書き方ですが、本来は(W3C的)字下げをしないのですが、はてなも他のCMSもまるで日本語がわかっていません。じゃ、しかたないやという便法です。(字下げ行間はCSSコントロールすべき)。

2005-06-28

そういえば石けん

 サンダルウッドのを買った。けっこうよい。香りも。

 シャナーズ アーユルヴェーダとかいうやつ。

 調子にのって米国経由でインドのものをいくつかオーダーした。しばらくすると来るかな。

酒はほとんどもないしビールは嫌いだけど…

 ⇒キリン 豊潤

 ひょんなきっかけで飲んだらこれは飲めるので、最近、少し飲む。

 3本買ったらグラスがついてくるというのでそのグラスで飲んだが、なかなかよい。鮮度もある。

 上面発酵のビールなら小量は飲める。

 蒸留酒はだめ。日本酒紹興酒もだめ。ワインはものによっては少し。

 ま、ぜんぜん酒だめから、ほんの少しということにはなった。

愛玉果

 が好きなのだが、ないね、ちゃんとしたのが。

 台湾でもなかった。え?とか言われそうだけど。

 缶詰はだめだめだし。

 まいったなぁ。

ジャンクといえば

 ⇒Yahoo!ショッピング - トムヤムラーメン エビ味

 これがうまかった。

 いや、ほんとおいしいんだよ。まいった。アフィリエイトリンクじゃないよ、と。

 エスニック料理店とかで飲む変なトムヤムクンより美味しいので呆れた。(ヤマモリのレトルトのトムヤムクンはそれほどでもないけど。)

 もっともヤマモリのタイカレーもけっこううまい。(蟹と卵はいまいち)。

 具がないのがさみしいので、なんかアメ横で買って冷凍しておくかなとか思う。

コカコーラレモン

 飲んだ。C2は結局のまなかった。

 で、コカコーラレモンだがそんなにまずくない。飲んでてものたりないので、レモンを足した。

 コーラにレモンを入れることはよくある。というほどにコーラは飲まないのだが。

 午後の紅茶 氷結レモンとかいうのもまあまあうまかった。

 これ⇒キリンビバレッジ | 午後の紅茶

自分にとって自分の人生とはこれっきりだったのだが

 ま、世間的にはハズレでした。

 48歳にもなり、なんの才能みたいなものの結局なかったのだな、オレは無能だなと思う。

 朝日新聞だのに馬鹿だのくさしているのは、そういう劣等感の裏返しかというと、いえいえ、どっちかというとただのエンタだろうと思う。

 人生に意味がなかったかと問いつめると、ま、そうでもなかった。

 ここで人生が終わりということでもないことを祈りたいが、こっそりいうとよい人生であったなとも思う。

 もっと自然や人間にふれあうようなチャンスがあればよかったかとも思うが、なかなか人生というはそういう思いのままになることではない。地球にははっと息をのむほどの美しいなにかがある。眼前に広がる暗い大海におちる雷は美しかった。鏡のように静寂な海にきっちりと登りだす太陽は神秘的だった。そういう限りない美はこの地球にある。

 人もすばらしい人がたくさんいる。

 しかし、そうすべてがうまく行くものでもない。

 ネット?

 なんだろね。こんなものに20年振り回されてきた。という言い方はないか。

無痛文明論

著者:森岡 正博

販売:トランスビュー

価格:\3,990

媒体:単行本


通常24時間以内に発送

 読んだ。お薦めしない。

 たぶん、かなりの人にとって、つまんないんじゃないだろうか。

 私はどうであったか。というと、微妙。

 障害や人生の理不尽さ、自分は天才ではないかという思い込み、死の恐怖…こういった感性は、ちょっと驚くほど自分に似ているし、この日記などに書き散らした断片は、この著者、森岡正博に似ているふうに見られるだろうなと思った。年代的にも1つ違いだし。

 いや、似ているのだろうなとも思う。

 ただ、読み進めつつ、なにかが決定的に違う、そのなにかがもどかしかった。

 私は、例えば、宗教に救いなど求めない。私にとって宗教とは…なんだろ?なにも信じてないような、それでいて、ま、こっそり言うのだが、私は、ふっと神を感じることがある。当たり前なのか奇怪なのか、別に多重人格でもない。ただ、こうした感覚は文章にするとご覧の通り奇矯だし、また、私の書くことは多分に奇矯だ。

 「自分は天才ではないか?」的な内的な了解は、その面では森岡と似ているようにも思うが、私は、自分が優れた人間だとはまるで思っていない。このあたり、たぶん、言うだけ無駄なので言わないのだと言いつつ言うと誤解されるだけかもだが、誤解されても意味もないのだが、自分の思索や感覚のコアはなにか自分に所属してないような感じがある。なんか、糸のようなふーっと流れてくるような。外来性というのか。脳のなかに扉のようなものがある感じといいうか。しかし、現実的にはそこから出てくるものがなんらか世の中で役立つわけでもなく、社会的な意味で天才どころか、むしろ欠陥人間のようでもある。ADHDとか自閉症とかなんかそういうのに近いのではないかなオレはとも思う。

 死の恐怖はいまだ絶叫することがある。まったくな。

 森岡は身体とか生命とかそういうタームをこの本で散らしているが、なんかあまり実感がない。なんか、それってうもない、みたいな感じだ。彼より私とかいうつもりはさらさらないが、私はけっこう官能的な人間(エロっていうこっちゃないっす)じゃないかと思う。現実にはただのつまんない現実主義者でもあるし。ま、自己規定など面白くもない。

 くだくだくだと。しかし、そうしたなんかドツボリそうな循環というのはあるにはあるのであって、そういうのを奇妙に刺激する本でもあるように思う。

はてなQ バチカンとかイタリアの教会では、タンクトップとかハーフパンツ(膝丈)はダメだと聞きました。本当でしょうか?

URLはなくても結構なので一般常識ではなく最近行ったという方経験談(「この位の丈なら大丈夫だった」とか)を教えて下さい。

 Q自体はあまり関心はないし、この手のことはごく常識で足りるのだが、ふと思ったのは、サンダル。イエスご自身というか使徒もみなサンダルを履いていた。だけど、サンダルでバチカンに入るのはダメヨというのはよいな。そんなものであろう。

今上陛下の徳に心を打たれる

 ⇒Sankei Web 社会 両陛下、慰霊の祈り サイパン(06/28 15:12)

 また、当初の予定になかった沖縄出身者の慰霊碑「おきなわの塔」と朝鮮半島出身者の慰霊碑「韓国平和記念塔」にも立ち寄り、拝礼された。宮内庁によると、礼を尽くしたいという両陛下のお気持ちから実現したという。

 左の馬鹿者⇒はてなブックマーク - 両陛下きょうサイパン訪問『韓国人犠牲者も慰霊して』

 右の馬鹿者⇒はてなブックマーク - さるさる日記 - 勝谷誠彦のחな日々。2005/06/28 (火) 日韓冷却のおかげで陛下の訪韓絶望的なのはめでたい。

 今上陛下の思いを察することができなかった勝谷だがかく反省しているだけまし。

■2005/06/28 (火) 号外。天皇皇后両陛下韓国人慰霊碑に拝礼の恐懼。

感動を押さえきれずに号外を書く。官邸にも外務省にもできないことを、鮮やかといか言いようのない美しさで天皇皇后両陛下がサイパンでやってのけられた。「中部太平洋戦没者の碑」に参られた両陛下はその足で「おきなわの塔」と「太平洋韓国人追念平和塔」にも拝礼なされたのである。更には現地島民の「マリアナ記念碑」と米軍戦死者の「第2次世界大戦慰霊碑」にも花輪を捧げられた。

はてなQ 世界を記述する方法は、古典力学から相対論、量子論と進んできたわけですが、新たな理論の研究は行われていますか?

 うーむ。なぜこの問いが出てしまうのだろうか。

 ってか、クーンとかちゃんとは読まれてないのか。

イチネタ

 ⇒PJが招待されて、M氏がソウルに飛んだ。

 そのとき、一羽のカモメが飛んだ…飛んで飛んで…。

イチホゲ

 ホゲはZENである。活人剣でにあり、灰頭土面でもある。

 ⇒硬くなったハムは

 禅師曰く、言え言え。

 終風答えて申さく、残余牛乳如何。

 師答えて曰く、百尺竿頭、躊躇無く飲め。

暑い…

 ネットを見ても暑いという声をあまり聞かない。なぜなんだろ。

今日の新聞各紙社説は…

 鳥インフルエンザが主要なテーマだが、どれも内容なし。資料にあたるとか、現場の記者に訊くとか、専門家に訊くとかなんかして一ひねりだせないものか。

 たとえば⇒http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050518/1116422901

 他は話はまばら。そして、特に気になる話題もない。

 話がそれるけど、最近、なんかまじめくさった学者ぶった左翼の馬鹿文章を見る機会が多い。なんか学問的な装丁をしてまじめな文体で書けば真面目な議論になると思っているのだろうか。ファクツから出発し、ファクツが寄せる疑問にできるだけ地べたで考えるってことしないでどうすんだろ。

 そういえば、ラムちゃん負け負け発言を取り上げた社説はなかった。なぜ?

 そういえば、ユノカルもちゃんと取り上げられてない。なぜ?

日経社説 今度はGMが自助努力を

 こんなこと日本の社説に書くこっちゃないよ。

●日経社説 世界との協調が課題に・イラン新政権

 内容なし。

産経社説 経産省疑惑 不審な点があまりに多い

 そんなたいしたカネではないと思うが。

●産経社説 鳥インフルエンザ 早期察知の体制を整えよ

 っていうか、WHOのニュースを執筆爺さんたちは知らなかったのか。

●毎日社説 サイパン慰霊 平和を祈り 誓い新たに

 ちょっと思うことがあるけど、書かない。

 こうした問題は理念を先行させてそこで上滑りさせるとろくでもない。平和の礎も私はなんどなくて足を運んでわかったことがいくつかある。

●毎日社説 米国BSE リスク評価に日米協力を

 うーむ、馬鹿じゃなかろか。日米協力っていう枠組みの問題ではないのに。

読売社説 [イラク再建]「まだ必要な国際社会の支援」

 昨日のラムちゃん負け負け発言を受けているのか。

 にしても、なんか内容なし。

●読売社説 [鳥の感染症再発]「弱毒性でも油断はできない」

 内容なし。

●朝日社説 日韓歴史研究 難しいからこそ

 この執筆者はちゃんと大学を出ているのか。ま、高卒でもいいから、ちょっと現場を取材してはどうか。

●朝日社説 鶏感染 警戒を緩めるな

 内容なし。

[] くちなしの香りに暑く暗い町 終風

uiui_2chuiui_2ch 2005/06/28 11:44 こんにちは。
PJの件について、本人も認めているのでコメントしますが、PJシステムへの、内部からの批判の原動力になっているのが、他記者への嫉妬というのは、いかんせん痛いw。まぁ体制の改革とかは、そんなに高尚なものではなくて、結構人間臭いところから始まるのかもしれませんが…(;´Д`)
あと、他所からのネタの受け売りですが、この↓CMを想いだしましたw
http://www.hotpepper.jp/doc/cm/movie/103.wmv

finalventfinalvent 2005/06/28 12:39 uiuiさん、ども。ま、こういうどたばたの兆しはよいと思いますよ、ジャーナリズムって感じがして。CMうけました。サリエリ?

synonymoussynonymous 2005/06/28 14:31 「まだ伴奏です」はなんとなく変だ。「まだ前奏です」の方が良いのではないだろうか。などと間奏を述べてみる。

finalventfinalvent 2005/06/28 14:44 synonymousさん、ども。細かい。

jazjaz 2005/06/28 15:26 ブックマーク。「彗星衝突探査」わくわくします。

今回はマジレスで今回はマジレスで 2005/06/28 15:30 天皇、皇后両陛下:
バンザイクリフなどで黙礼、平和へ祈り
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20050628k0000e040032000c.html
>当初予定になかった沖縄出身者と朝鮮半島(韓国)出身者の慰霊碑にも立ち寄った。両陛下は、慰霊目的での初の海外訪問先から同日夜、帰国する。

グッジョブです。

自由の敵自由の敵 2005/06/28 16:20 クーンとかポパーとか、村上陽一郎@キリスト者 経由でしか触れたことないです。科学史や科学論って面白いけど、まさに教養の類なので人気がないのかもしれません。
「全ての犠牲者に哀悼の念を…」と事前にアナウンスがあったので当然韓国人慰霊碑にも立ち寄られると思ってました。具体的な行事日程に出さなかったのは安全対策でしょうね。

synonymoussynonymous 2005/06/28 16:29 陛下にGJとはね…

BaatarismBaatarism 2005/06/28 16:37 この話もホゲですねえ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050628-00000000-san-int
そして日本政府の対応もホゲ。
http://www.sankei.co.jp/news/050628/sei050.htm

今回はマジレスで今回はマジレスで 2005/06/28 16:43 >synonymousさん
なにか?

synonymoussynonymous 2005/06/28 17:01 GJに問題がないとお感じになるのでしたら、言挙いたしましたことをお詫び申し上げます。私はただ、陛下に対しては畏れ多い気持ちを抱いておりますのみです。

finalventfinalvent 2005/06/28 17:19 jazさん、ども。ええ、こういう科学の話題というのはわくわくします。先日極東ブログに書いた台風とオゾンの話とかも個人的に好きなんですよ。

finalventfinalvent 2005/06/28 17:21 今回はマジレスでさん、synonymousさん、ども。世代によっていろいろ受け止め方はあるかと思いますが、皇室に誇りを覚えます。ただ、誇りというより、昭和天皇もですが、それだけ強く罪責の思いを秘めていることに国民は思いを致すべきかなとも。

finalventfinalvent 2005/06/28 17:22 自由の敵さん、ども。クーンなどの場合、ポパー流の真理の判定はなく、ただ、理論は理論で対等なだけのパラダイムの差と見ていたと思います。つまり、理論自体はそのスコープとの相関なのですから、どうでもありうるわけです。

finalventfinalvent 2005/06/28 17:23 Baatarismさん、ども。ええ、こんなものかなと思います。自由のある日本はそれだけで恩恵でもあるのですし、多少は我慢というか融通はあってもいいのかもしれません。

今回はマジレスで今回はマジレスで 2005/06/28 20:14 >synonymousさん
今日の行動は素晴らしく、賞賛に値するとは思います。
しかし、天皇に対して「畏れ多い」感情は持ち合わせていないです。

synonymoussynonymous 2005/06/28 20:34 そうか、なるほど。これは一種の信心に関わる問題のようでした。言挙げいたしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。

jazjaz 2005/06/28 22:13   ■ Missing Cat ■
可愛がっていた猫がいなくなりました
探すのを手伝って下さい
名前:野猫・noneko・nenoko
種類:Japanese female humanoid cat (rare)
見かけ:ロングヘア、色白、エキゾチックな美人猫
特長:くすぐると笑う(例 あはは)
********
もしかすると日本文学サイト辺りで迷子になっているかもしれません。
見つけた方は、捕獲しないで家(Finalventley家)に帰るように優しく声をかけて下さい。
よろしくお願いします。

summercontrailsummercontrail 2005/06/28 23:54 >uiui_2chさん
 PJのお話は全然知りませんが、
>まぁ体制の改革とかは、そんなに高尚なものではなくて、結構人間臭いところから始まるのかも
 ディープスロートがまさにそうだと言われてますよね。
>jazさん
 noneko・nenokoさんは絵がたしかにhumanoid catっぽいですね。デジタルサバトというかデジタルラマダーン中(その期間は日中は食事せず夜にはおいしいものを食べる→ペースを落としているだけ)ではないかと。あんまり心配してません。

jazjaz 2005/06/29 01:03 >summercontrailさん、
こんばんは。いつもさっと手を差し伸べていただいてありがとうございます。^^
デジタルラマダンであればいいと思います。ですが、早く帰って来てほしいな、という気持ちです。

2005-06-27

はてなQ 「もったいない」という考え方が、いま見直されていますが、みなさんは好きですか?

あまり好きではありませんか?

嫌いですか?

その理由を教えてください。

 好きだよ。

 歳を取るにつれてそ。

 なんかもったいないが趣味の領域になりつつある。

 食い物の残すやつとか無駄な包装の物とかみると、むかむかしてくる。アマゾンもなんか馬鹿な包装するし。

 とま、半分は洒落ですけどね。

そういえばシュパーゲル…

 先週だったか…すべり込みで喰った。

 っていうか、チリ産?だったかなんか南米産のだった。

 あまりうもない。季節のせいもあるのかな。

 国産のはさらにうもないんだよね、高いのに。

 って、なにもシュパーゲルなんぞ喰わなくてもいいのにと思いつつ。

そういえば…ポンギで

 ポンギとか今では言わないか。

 飯が高い。無駄に高い。

 ショバが高いからか。

 6000円とかだと素材が2000円。2000円だとまともな魚が買えるかなというくらいだ。

 やっぱそれだと1500円くらいの魚をさばいてもろて自分で調理したほうがうまいのは当然だよね。

 あー、けちくさ。

料理…

 たいした食材でもなく、とりあえずの食材で、そそそっとうまいものを作り出す一群の人々がいる。

 これが料理人でもなく、普通の生活のなかで普通に存在していることがある。

 ある意味で不幸なのは、そういう母親(父親)をもった子どもで、世の中に出るにつれ、浮いてしまう。というか、ま、とりあえずなんでも喰うのだが違和感だけは残るのだろう。

 私の母(父)はあまり味覚のいい人ではなかったと思う。

 自分もそれほどではないのだろうが、親から離れていちばんホッとしたのは、自分の味付けで喰うことだ。

 話を戻す。

 たいした食材がなくてもうまいものはできるのか?

 結論はわかっていて、そこそこにできるというべきなのだろう。

 味噌汁とか、味噌がダメだと、どうしようもない。

 そして、その味噌がたいていはダメダメだと思うのだが…。ま、しかたないのか。

カネも甲斐性もないが…

 それにアコージングリー光り物とかもダメダメだが…。

 うまいものを喰わせる能力のある男というのはもてないものかね。

 料理人とかでもなく、また、男にありがちな自己満でもなく。

 ま、そのあたりは女の側の問題もあるだろう。

 もともと男女の仲などよくわからないし、あまり、そうした領域に関わる人生でもなかったが(なんかすでに死んでるが)、味覚というのはよくわからない。

 歳を取るにつれて、味覚というのはよくわからないということがよくわかってきてしまって困る。

 うまいものがなんだかわかる男と女というのはいったいなんなのだろう。

 もちろん、料理の種類とかにもよるのだが。

 考えこんでしまいそうなので、おしまい。

はてなQ ワインの葡萄で「ピノノワール 」という品種を探しています。

ピノノワール の詳しい品種内容や日本で栽培している所を知っている方は教えて下さい。

 苦笑しちゃ、いけないんだろうな、たぶん、きっと。

 ま、野暮なことは書くまいて。

 ピノノワールは、ブルゴーニュというイメージだが、意外にカリフォルニアがよい。パライソ・スプリングスのをよく飲んだ。

 ⇒http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20050110/paraiso

 ただ、ピノノワールのほんとに好きなのとなるとやはりブルゴーニュになるのだろうか。そのあたりがよくわからない。ピノノワールは寝せると随分違うので、そこを意識した造りというのが重要だろうか。

 あれなんだよね、もっとも媚薬的なワインは、寝せたピノノワールなんですけどね。

はてなQ 関西弁や京都弁を、東京圏内の人が流暢にしゃべる様にできるような方法が書いてるHPを紹介してください。

 これはありえないんじゃないだろうか。

 まず、大阪弁と京都弁と、奈良の言葉はぜんぜん違う。そのあたりの微妙さが微妙じゃすまされない。

はてなQ お相手がたばこを吸う人だったとしたら

男性にも女性にもうかがってみたいのですが、ご自分がつきあおうとする、あるいは結婚しようとする場合、お相手がたばこを吸う人だったとしたら、他のすべての点が自分のタイプだったとしても、絶対につきあわない、結婚しないという人は、いまの世の中どのくらいいらっしゃるものなのでしょうか。

 回答ずばりでなくても、関連する情報であるならご回答いただいてかまいませんので、よろしくお願い申し上げます。

 どうなんでしょね。

 それほど女性と付き合った経験はないが、思い返すにタバコを吸うのはいなかった。ま、時代かも。

 タバコは今は大嫌いで、吸ってる人の体臭すらダメで、エレベーターのような密室すらこわいよというナーバスになってしまって、それもどうかなとは思うが、ま、こうした問題は難しいのかもしれない。

 そういえば、タバコの臭いというのは、女の髪に残る。あれはなんというのだろ、ただ、いやだというだけでもないが、奇妙なものだ。

 というあたりで、誰かを思い出そうとしているのだが誰かわからない。

酸梅湯

 が好きで、いやまったくお子ちゃま趣味でもあるが、好きなんだもの。というわけで、先日中華街に行ってもそそっと買って飲む。

 台北コンビニではどこでも売っているのに日本にはないよね、って普通か。

 そういうえば、黒酢飲料とか飲んで、あれこれは自分で作ればいいじゃんと、黒酢に蜂蜜入れて薄めてみた。なかなかよい。カルピスと定番になりそうだ。というわけで、カルピスが好きだ。いやまったくお子ちゃま趣味でもあるが、好きなんだもの。というわけで再帰呼び出し。

 これに梅のエキスとか入れたら酸梅湯もどきにならないかとか、ラプサンスーチョン入れたらどうとか思うが…なに呑気なこと言っていんだか。

 Loop

昼は冷やし中華だった

 麺は手打ち。なんか、もう、我ながらプロ級の麺打ち、ってことはないけど、そそっと、うどん蕎麦パスタ、中華麺などそそっとうつ。慣れるとどってこともない。

 冷やし中華のタレがよくわからないので市販のものを買ったというか、そんなものが売っているので買ってみた。

 黒酢と蜂蜜でどうだろうとも思うがまだやっていない。

 なに呑気なこと言っていんだか。

暑かった

 沖縄にいたときのことを思えばどうということもないのだが、残念ながら、昔の自分ではない。暑さはかなりこたえる。エアコンを軽く入れた。

 頭があまりさえないが、いつもさえないので、つまり、とてもさえないということだ。

 夏のスケジュールを大雑把に立てるが、ま、どってことはない。そうこうしているうちに秋になるのだろうか、とか、言ってる場合じゃないよ、と。

 ブログはなんとなく一段落ついたような感じもしないではない。惰性のように続けている面もあるが、ま、それがブログっていうものかもしれないと思う。

 かく言う自分もあまり人のブログを読まなくなったような気もしないではない。

 RSSで情報はゲットしやすいのだが、ネタははっきりいってどうでもいいし、ネタを転がしているだけのブログにも、ブログをテーマにしているブログにも関心が向かない。ま、自分はそうというだけで、人と自分は違うのかもしれない。

 というか、あまり面白いネタとか狙ってもしかたない。が、消化不良みたいなネタはあかんなとも思うのだが、なかなか裏を取るのがむずかしい。裏というか、背景の全体知識みたいなものだ。

おっと外側のコースからイチホゲが現れました

 ⇒朝鮮戦争開戦年 半数知らず 韓国の20代

調査結果によると、開戦年を1950年と正確に答えた人は66%。20代では46%にとどまった。「朝鮮戦争を起こした国は」との質問に「北朝鮮」と回答した人は66%。年齢層が低くなるにつれて「北朝鮮とソ連」「米国とソ連」などの回答が増えた。

 駄目杉。

ネタナシ・ホゲナシ

 小ネタホゲでいうと⇒Diarynote: BMWせんべい

今日の新聞各紙社説は…

 話題は天皇サイパン訪問か。読売の社説はふーんだが、朝日のこれはなんか裏がありそうな気もしないではないが、よくわからない。

 あとは特に話題もなしかな。

日経社説 株主の時代を開く株主総会の変化

 そうなのかもしれないが、退屈なお話。

産経社説 原発情報流出 まだまだ甘い管理の認識

 後出しのボケ。

●産経社説 巨大津波 避難意識の向上がカギだ

 これはこの方面のこと少し調べた人間なら常識かなとは思う。

●毎日社説 不動産取引価格 公表に取引当事者も協力を

 ま、これは大筋では正しいだろうし、毎日の社説もよいのではないか。

 よくわからない分野でもあるのだが。

●毎日社説 視点・小泉政権 潮目は変わった次なる一手は

 そうかね? というくらいなもの。空気を読んでいけそうなら解散するのではないか。ま、民主がダメだからそれはなしか。

●読売社説 [サイパン訪問]「慰霊の願いを果たされる両陛下」

 読売が書くぶんにはどってことない。

●読売社説 [国民投票法案]「国会はまだ不作為を続けるのか」

 正論ではあるのだけどね。虚しいね。

 過ぎ去ったことは過ぎ去ったことして、現行憲法は歴史文書扱いでいいのではないか。憲法学的には戦後の判例をすべて含めて憲法であると思うし。

 ま、それでは曖昧だが、日本とはそんな国。

●朝日社説 捕鯨論争 いつまで座礁したままか

 これは一見よさげだがへたれ。この問題はへたれないほうがいいと思う。

●朝日社説 天皇の慰霊 戦禍に思いを寄せて

 ちょっとよくわからん。

 裏はこれか。

 ⇒両陛下きょうサイパン訪問『韓国人犠牲者も慰霊して』

[] 雑草の雑なる様の興がよし 終風

マジレスもなんですがマジレスもなんですが 2005/06/27 15:02 >⇒両陛下きょうサイパン訪問『韓国人犠牲者も慰霊して』
謝罪と慰霊って勿論違いますよね?
なんか自信無くなってきた・・・・

finalventfinalvent 2005/06/27 15:37 マジレスもなんですがさん、ども。ええ、違いますよ。

マジレスもなんですがマジレスもなんですが 2005/06/27 16:34 >finalventさん
ありがとうございます。

finalventfinalvent 2005/06/27 17:05 マジレスもなんですがさん、ども。まさに、ネタニマジレスっぽいのですが、当時「韓国人」というのは建前上はいなかったわけです。そのあたりのごちゃごちゃした問題をまたぞろ左翼さんたちがひっぱりだすのかなと。しかし、報道では天皇やよく配慮されていたように感じました。

eternalwndeternalwnd 2005/06/27 18:45 遠山 茂樹 , 藤原 彰 , 今井 清一共著の岩波新書 「昭和史」
でも朝鮮戦争を始めたのはアメリカということになってるので、あまり日本も韓国のことを笑えないでしょう 。少なくともいわゆる386世代が台頭するまでは、韓国ではずっと朝鮮戦争は北朝鮮の侵略という批判を堅持してきたわけで。日本では、和田春樹先生をはじめとする進歩的文化人が朝鮮戦争はアメリカの侵略という陰謀論をずっと続けていたわけですから。

finalventfinalvent 2005/06/27 19:07 eternalwndさん、ども。朝鮮戦争の問題は結局ロシアが崩壊して決定的な資料が出るまでバックレが続いてましたね。盧溝橋も同じですが。ところで、極東ブログの中国原潜のコメントありがとうございました。もうちょっと深く知りたいのと、結果として、しかし米国はナーバスに動いているのではないかという印象もありますが。

jazjaz 2005/06/27 19:48 あづい〜〜。暑くて何も考えられない〜。そのせいかPCの調子も良くないです。なので、ブックマークのネタにマジレス^^  (いつもでしょうか…)
>大金持ちと結婚したい
最初にすること:日本を出る。
次にすること:方法はなんでもいいので、大金持ちの旦那様を持つ奥さんと仲良しになる。
そして:かな〜り仲良くなったころ「私もケッコン、しよっかな」とポツっと言ってみる。
結果:誰それさんと、あそこも、ここも相手いないよ〜、紹介してあげる。と言われる。
未来:大金持ちの奥さんにおさまっている。
心得その一:年齢、かなり高い。***に期待しないこと。
心得その二:大金持ちだからといって贅沢させてくれるとは限らない。
心得その三:旦那の死後、親族との遺産争いに克ち得る精神の強靭さを鍛えておく。
実行する前に考えること:後悔。

finalventfinalvent 2005/06/27 20:56 jazさん、ども。「大金持ちだからといって…」というあたりがあまり日本人は知らない感じしますね。彼らはけっこう、ど・け・ち。

AppleApple 2005/06/27 21:52 追加で、日本人の大金持ちは、パワーはあれど、個人資産を持っているとは限らない。というか持ってない場合がほとんど。

しましま 2005/06/27 21:53 味噌ですか。実家では自家製の味噌でみそ汁を作っておりました。そんなに難しくもないと思うのですが、なかなか自分では作る気になれませんね。

finalventfinalvent 2005/06/27 22:08 Appleさん、ども。あ、そうそう個人資産っていうのはもてないようになってますね。相続で消えるし。

finalventfinalvent 2005/06/27 22:08 しまさん、ども。ええ、私も作ったことあるんですけどね(作り方は知っている)。なんか置き場とか…めんどくさくて。

jazjaz 2005/06/27 22:28 >オリーブ
おまかせ下さい。ものすごく簡単です。
1)種を取ってあるグリーン・オリーブを買ってくる。缶入りでもビン入りでもどちらでもいいです。
2)ご飯を炊いておきます。こがさないように。
3)オリーブ、好みによりますが、適当に取り出してスライスします。
4)炊いておいたご飯に混ぜる。味付け必要なし。あ、少量のツナを入れてもいけます。
おいしいですよ。チルドの白ワインがあると夏っぽいです。(^_^)

jazjaz 2005/06/27 22:32 ↑ あれ? なんか違う?
あ、オリーブの加工の仕方? ごめん。っていうか、そのまま塩水につけとけば?

bowwhobowwho 2005/06/27 23:18 昔、庭で実ったオリーブを塩漬けにしたことがありますが、随分漬けても苦くて食えたものではありませんでした。その時調べた記憶では、アク抜きをしなければならないとか。詳しいことは忘れましたが。

きんぎんすなごきんぎんすなご 2005/06/28 00:49 世間知らずな若かりし頃、京都出身な女性に「関西人」と
言ったところ豪い剣幕で否定されたっけ…
東北生まれなオラには、軽いカルチャーショックでした(笑

odakinodakin 2005/06/28 01:24 大阪弁と京都弁と、奈良の言葉はぜんぜん違う、とはいえ、父が奈良母が京都で自分は関東弁だが大阪にも住んだことがある私から見ても、「標準関西弁」といったようなものがウッスラあるような気がいたしますです。だいたい奈良弁なんかは大阪弁をゆっくり喋れば、とか暴言を吐いてみたり(^^;; いやまぁそれは置いといても、関西語圏共通のアクセント体系は、関東系と別のものとしてある程度定式化できると思います。
それを身につければ警察の職質@大阪で「いや私は引っ越してきた人間でしてこの自転車は引っ越す前に東京で買ったのです」と言ったときに「おまえ関西弁じゃないか」と突っ込まれるぐらいにはなります。(実話)

jazjaz 2005/06/28 05:14 >nenokoさん
Hi, how are you?
私は元気、と言いたいところですがちっとも。花粉症でちょっと睡眠不足気味です。
セメント、まだやってません。やろうとすると、やっぱりちょっと面倒、とか思ってしまって^^;
また、声聞かせて下さい(寂)。。。(>_<)。。。

西方の人西方の人 2005/06/28 09:24 いけるクチでもないのにずるずるずるずるタバコを吸っていた時期があった(数ヶ月吸っては数ヶ月止めるという感じでかなり長期間にわたった。なぜか1mgが好き。本数は1日せいぜい7本くらい)のですが、他人の煙が嫌いな上に自分の部屋や体に臭いが付くのが嫌で、外ではあまり吸わず自分の部屋でもトイレで換気扇回しながら吸っていたために、結果的に周囲の人に喫煙を内緒にしているような状態になり、何だか未成年が隠れてトイレで吸っているような気分になってかなり情けなかったです。(ちなみに今は吸ってないですが。)

finalventfinalvent 2005/06/28 09:48 jazさん、ども。そのレシピ、いいですよね。ガーリックローストとかレーズンとかいろいろバリエーションあり。そして、Chardonnay!!

finalventfinalvent 2005/06/28 09:49 bowwhoさん、ども。ええ、あく抜きがポイントみたいですね。私も生囓ったことあるけど、すごかった。

finalventfinalvent 2005/06/28 09:50 きんぎんすなごさん、ども。カルチャーショッーク察するに余りありすぎ(参照)。←ダミーです。

finalventfinalvent 2005/06/28 09:51 odakinさん、ども。あと、なんか、精神構造っていうか、なんか抜本的に違う、「おしえたろか、ほな、300円」とかどういう思考から出てくる発言か?みたいな。

finalventfinalvent 2005/06/28 09:52 西方の人さん、ども。なんとなくわかります。私も2年くらい吸ってたかな。私は結局葉巻、パイプってなって消滅したけど。

tt 2005/06/28 12:52 >たいした食材でもなく、とりあえずの食材で、そそそっとうまいものを作り出す一群の人々がいる。
>ある意味で不幸なのは、そういう母親(父親)をもった子どもで、世の中に出るにつれ、浮いてしまう。というか、>ま、とりあえずなんでも喰うのだが違和感だけは残るのだろう。
これ私が正にそうです。すごくぜいたくしていた訳ではないのですが。
外では何も言わないようにしていますが(言い出すと本当に細かくなるので)、「おいしい店」の話とかすごく困ります。特に和食、居酒屋方面。

jazjaz 2005/06/28 14:28 finalventさん、chardonnayって酸っぱくないですか? 私の場合最近はもう白はJacob’s Creekっていうのしかのまないのですが(飲めないの)^^; rieslingとかの方がなんとなく好きです。キンキンに冷えたのが夏向けで、もうたまりません(アル中にならないかと心配)。けど、ここのワイン、最近コルクをやめてスクリュー・キャップに代えたボトルがあるんですよ、chardonnayのだったかな…。この方が安くつくんだろうか…。

finalventfinalvent 2005/06/28 14:41 tさん、ども。そ、言うだけ無駄ですよ。この変な甘みはなんだろとか、醤油の変な臭いはなんだろとか、現実には不幸そうですね。

finalventfinalvent 2005/06/28 14:44 jazさん、ども。えっ、chardonnayが苦手ですか。chardonnayはいろいろなタイプがあります。カリフォルニアので、酸味がよわく樽香の甘いのだったら合いそうですね。私自身は酸味のあるフルーティなのが好きなんですよ。ドライなのだとシャブリとか、ソービニヨンブランですが、こちらのほうが癖があるのでどうでしょ。スペインのカヴァとか冷やして飲むのもいいですよ。スパークリングってけっこうなんにでも合うし。あと、酸っぱい感じのワインって水や氷を入れてもいいんですよ。

jazjaz 2005/06/28 14:57 ↑ ふ〜ん…そうなんですかぁ。いろいろ学ばせていただいてます。cavaとかスパークリングワインの類はあまり飲んでなかったです。すぐ酔っ払ってしまうんですけどシャンペンの方がおいしいと思えるせいでしょうか…。酸っぱい感じのワインに氷、今度試してみますね。

giraudgiraud 2005/06/29 22:55 確かにピノはある程度寝てからが本領発揮すると思います(その分価格が)。カリフォルニアでしたらカレラの(単一畑でない)ピノが良さげな気がしますが、飲んでないので何とも。こう書きつつジンファンデルも好きな私ではありますが。
>jazさん
もうお飲みかも知れませんが、Jacob’s Creekのスパークリングは美味ですよ。あれはCP高いです。あとchardonnayでもv.v.の類いはしっかりしていてそれはそれは(v.v.はよろず好きですが)。また、酸っぱい感じのワインに氷でしたら、ソーダを入れてスプリッツァーもお勧めです。ごくごく飲んでしまうのが問題と言えなくもないですが。それとこの頃でしたらソアーヴェなどもよく飲んでます。安いので。

finalventfinalvent 2005/06/30 11:02 giraudさん、ども。おおっ。ワインが楽しめそうでいいですね。独系の甘白ワインもいいですよね。

2005-06-26

はてなQ あなたが興味のある本のジャンルはなんですか?

 奇書。

 なんでこんな本が存在するのかというような本。いわゆる、トンデモ本はパス。

はてなQ 「これは美味しかった!」というお肉の購入ページを紹介してください。

お肉がなによりも好きなのですが、「これは美味しかった!」というお肉の購入ページを紹介してください。

実際に食べた方に限らせていただきます。

出来れば、楽天市場内の店でお願いします。ポイントを貯めてるんで…。

お肉の種類は問いません。

 これ⇒【楽天市場】特上バラ:癒しのキムチ

街を歩いていると外人(白人)がタバコ吸ってしかもポイ捨てしやがったので

 怒って、喧嘩を売った。

 最初は日本語で。

 日本語わかりませんみてーな顔しやがって。

 それから英語で。

今日の新聞各紙社説は…

 手間を省いて読みが甘いかもしれない。

 イランの件については、どいつもこいつも後出しじゃんけんやりやがってではあるが、ま、それはそれでどうということでもない。私も、完全にこの結果を読み切ったわけではないが、ま、想定の範囲内ではあった。

 問題は米国が珍妙な手に出ないかなのだが、ま、ないだろう。イラク、アフガンの手痛い目はけっこう深刻だ。で、けっこう問題なのが日本でもあるのだが、ま、日本はこの問題を扱うだけのインテリジェンスはないでしょう。

 困った問題ではある。EUも転けてしまったし。

 少年事件にはあまり関心がない。世間で騒いでいるのはパティキュラな事例でしかないだろうと思う。

日経社説 サミットで温暖化と原油高に歯止めを

 ぼよよ〜ん。

産経社説 15歳の親殺し 家族の役割を考え直そう

 パス。その頃の年代はかなり人が親を殺したいものですよ。次。

●産経社説 イラン新大統領 核疑惑の解消を出発点に

 はいはい。次。

●毎日社説 少年事件と法改正 厳罰化では子供を救えない

 もういいよ、その話。

 子どもだ子どもだっていうけど、そんなもんでもないよという社会の側の危機感をまずどう受け止めるか、という課題が前面になってしまっているのが世相。

●毎日社説 イラン大統領選 対米改善の努力を忘れずに

 ま、穏当と言えばそうか。

 ま、毎日のこのイラン報道の一連は読みを外していたように思うけど。

読売社説 [イラン大統領選]「『核』の不安を一層深める結果だ」

 で? みたいな内容だな。

 問題は当面は米国の迷走。たぶん、ないんじゃないかとは思うが。

●読売社説 [米BSE2頭目]「輸入再開の議論は粛々と進めよ」

 あーこの「粛々」が気に入らねーと放言。

 台湾まで中止したのだから、少し空気を嫁。

●朝日社説 劉さん敗訴 裁判任せにしておけぬ

 中国様のご意向でもありますし。

●朝日社説 イラン大統領 振り子が揺れたのか

 はて? で、なにをおっしゃりたいのか朝日さん。反米ですか。

[] 酷暑なり坂の上にて振り返る 終風

ネタ無しなら・・ネタ無しなら・・ 2005/06/26 19:31 http://www.athill.com/INFO/NEWS/main_041222.html こーんな

あらあら 2005/06/26 19:33 去年のでした(ノД`)

finalventfinalvent 2005/06/26 19:40 ネタ無しなら・・さん、ども。ああ、それはわかる気がしますね。ただ、彼ら認識できるのは40歳までなのでしょうけど。実際、人間、歳を取るとけっこう不幸です。

finalventfinalvent 2005/06/26 19:40 あらさん、ども。はて?

saconsacon 2005/06/26 19:46 >怒って、喧嘩を売った
 ナイス頑固オヤジ!英語が活きますね。通じなかったら、最後に肩をすくめるポーズを先にとってぽかんとさせちゃったりして。

finalventfinalvent 2005/06/26 19:57 saconさん、ども。ま、腕っ節はかなわないですからね。しかし、くそ、日本を汚すんじゃねーとか思う。

jazjaz 2005/06/26 20:14 finalventさん、ブックマークに載ってる地図情報ありがとうございます。お役立ち(!)。
ライブラリをさわってみました。使い方が今ひとつ分かりませんが、状況、環境をピックアップするのにいいです^^
あ、喧嘩はほどほどがいいですよ^^; いきなりパンチを飛ばすどこかの国の閣僚もいますし、まずは見た目で判断した方がいいかと^^; たばこのポイ捨ては警察に逮捕してもらわないといけないですね。それか、その場で罰金とか。

kurimaxkurimax 2005/06/26 21:16 id:nenokoさんがネット絶ちしたようですよ。
ここはひとつ先生が「ローンブロゾ」並みの特大フォントでシェーンカムバックならぬ野猫カムバックと叫んでいただければと思います。

nenokonenoko 2005/06/26 22:04 もー

西方の人西方の人 2005/06/26 22:15 アメリカの(比較的)田舎在住ですが、タバコ喫いが灰や吸殻をポイポイ捨てるので時々嫌になります。車の窓から捨てるのをよく見かけるのでひやひやしてしょうがない。
映画もポイ捨てシーンが気になるんですよね。昨日観たのもそうでした。映画の中ではアメリカの田舎町にやってきたイギリス人女性がパカパカ喫ってポイポイ捨ててましたが、アメリカでは至るところで禁煙だと言われるので嫌になっちゃうという設定でした。
でもアメリカの田舎って喫煙率低くないと思うんですが。(男性が高くて女性は低いのか。)まあ、旅行者としてきてホテルとかモーテルに泊まって、外食して、観光してお店回って・・・という生活になるとそう言えば禁煙ゾーンばっかりかも。

jazjaz 2005/06/26 22:51 >kulimaxさん、
ナイス(^_^)v

mokochinmokochin 2005/06/26 23:49 バラ肉ありがとうございます。
今終了したとこなので、やっと見れました。

finalventfinalvent 2005/06/27 09:50 jazさん、ども。地図はGoogleのかな。あれは角度が変えられないのですね、スチルだから。その点、World Windは角度が変わって面白い面もあります、マシンに負担だけど。あと、喧嘩売るのは…次回はやめるかも。

finalventfinalvent 2005/06/27 09:51 kurimaxさん、nonekoさん、ども。夏安居で尼寺に籠もっている…ではないよで、もー。

finalventfinalvent 2005/06/27 09:52 西方の人さん、ども。あまりタバコバッシングもどうかと思うのだけど、なんかひどすぎな人が多くて。

finalventfinalvent 2005/06/27 09:53 mokochinさん、ども。いろいろインフォがあつまったようで、どれか美味しいといいですね。ちなみに、私勧めたとこはタレもいいですよ。

2005-06-25

こどもとメガネ…

 気のせいか、小学生くらいの子のメガネが増えてないだろうか。どっかに資料があるか。

 メガネの人はどうしてもある種の運動能力ががとんと落ちるし、その結果は腰に出ると思うが…ま、そう思うだけだが。

そういえば、腰、

 人が歩くときどう腰を動かすかというのを私はよく見ている。見ている理由はとくにない。人間の運動というものに関心をなんとなく持ち続けているだけのこと。

 で、昨今の人の腰はかなり変だなと思う。無理な動きが多い。

 年代にもよるのだろうが、腰痛はどのくらいか、また、たぶん、痔も関連するのではないか。

 足腰の筋力がないせいもあるのだろうか。

 いわゆるスポーツマン的な人は、かたい、という印象を受ける。あれは歳をとるに無理になるだろうなという気がする。

 腰がなめらかにきれいに運動しないと、あれだ、※※※がうまくできないと思うのだが、そのあたり、どうなのかなとも思う。

 ま、かく言う自分も背筋と肺の筋肉になにか問題があるようだ。腰はそれほどでもないではと思うが。

そういえば、

 先日スタバでくだばって、ぼんやり若げな人を見ながら、若い人には夢もあろうなと思ったとき、ふと、奇妙なことに気が付いた。私にも夢があった……が、夢は私を呪縛していただけだったのではないか。私はクズのような人間になってしまった。若い日の夢はかなうことはなかった。何事もなしうるものではなかった。クズはクズなりにつつましく生きるべきだとは思うがかく雑文を書き散らすに得心にはいたらぬ。が、それでも、そのおり、ふと、もう夢から解放されてもいいのだ、夢から自由になってもいいのだという感じがした。

 かくあるべしという、サルトルなら投企というか、そういう実存のありようとは、実は実存のありようではなく、存在を擬態にする呪縛ではないのか。ハイデガーのいう世人への頽落も、吾がごとくクズに堕ちてしまえば頽落も糞もなくただ孤独であるしかあるまい。して、最後に夢からも逃れるのだ。

 かつて夢があった。夢はむなしかった。私の人生は失敗だった。そう、それは、そのとおり。もう、だから、そういう私の夢に呪縛された人生は終わりだし、ま、生きることがのこれば、ただ流されて生きるだけだなと思う。

ひょんなことからNHKの少子化ドラマを見た…

 ま、それなりによくできたお話ではあった。

 介護サービスに外人が投入されるという図も映像的には描かれていた。

 が、結局、日本のローカルなものへの心性に収斂させてしまっていた。ふるさとの海、山、お盆の心みたいなものは日本的な郷愁を誘うものだが、残念ながら、そんなものに未来はない。

 俺もあと十二年も生きたら六〇歳になる。別段、恐くもないし、そこまで生きられるなら生きてみたいなと思う。幸いにして、パウロの祈りのように、神が存在するなら、私への恵みは充分であった。未来というのがありうるなら、神がありうるなら、そうしたなにかに、そしてどうせ死ぬ身でもあろうし、委ねてるように流されてもいいのであろう。

 私が喰えなくなる、のたれ死ぬ…そういうこともあるのかもしれないが、どうすることもできはしないのだし、二十五歳のころ四〇過ぎまで生きるとも思っていなかったものがもう四八にもならんとしている。

 啄木や賢治が死んだ歳を越えたとき思うことはあった。太宰や三島が死んだ歳も越えてしまった。次は漱石だなとじわじわと漱石の思いが伝わってくる。先日、漱石の「思い出すことなど」を読みながら、いろいろうちあたいすることも多かった。

 自分の歳に小林秀雄がどんな仕事をしていたのかもなんとなくわかるようにも思う。

 生きて老いていくことでしかわかり得ぬものはあるにはある。

そういえば…フォルメン

 を子どもたちを集めて教えようかと思うことがある。自分がまともにフォルメンを学んでもいないし、そこからオイリュトミーに移せる力量もないので、結局、だめかと思うのだが。

 昨今街中で子どもたちを見るに、手が、全然だめだ。手の動きがまるでなってない。かく言う私も悪筆の極みなのでしかたないのだが、それにしても手が死んでいるな今の子はと思う。書の訓練がないというのは大きいだろう。また、喰っているものがそれなりの所作を必要としないものでもあるからだ。豆を食えば豆がつまめるようなろうものを。

 もう随分前だが、学生に初等数学を教えているころ、ちょっとしたいたづらごころで、7で割るという循環小数がエニアグラムを描き出すことをちょっと説明した。そこに神秘性のようなものを感じる子はあまりなかった。

 1/7=0.14285714285714285714285714285714

 2/7=0.28571428571428571428571428571429

 3/7=0.42857142857142857142857142857143

 というように、循環があり(あたりまえだが)、そしてそれはエニアグラムを描く。

f:id:finalvent:20060712215817g:image

 これにオクターブの神秘性が重なる…。

 というあたりをマジに神秘学に持っていく必要などはさらさらさないが、数と素数とエニアグラムの関連の直感は脳の深いところに呼応するものだと思うが、そうした感覚とふれることのない学問も虚しいのではないか。

そうえばひらがな…

 あまり批判めいたことを書く気はないし、どっかのどなた様とかを暗に念頭に置いている気はさらさらにない、誤解無きようであるが、いわゆる仮名の議論というのは、すでに活版をベースとしていて、版木ですらない。まして手書きですらない。

 以前、いやいやけっこう前のことになるか、ひらながについて少し調べたことがあって、近代以前にはけっこう、いわゆる変体仮名というのか多いことを知った。仮名というのはまさに仮名であればよいのであって、その本質は活版印刷的なものではなかった。もっと、生成的な何者かでり、その言語活動のある有り様に心うたれた。

 考えてみえば、日本語がこうして、ころころと兎の糞を一列にしたように書けるというのは、それが現代仮名遣いであれ旧仮名遣いであり、すでに出版文化の派生という意味ではたいして変わるものではないし、そして出版文化の派生というのは、オリジナルとコピーの不可分性でもあろう。良寛の書などそのグラフィカルな属性というか総合をそのオリジナルを出版文化に移し替えたとき、近代のテキストに変わるのであり、あるなにかは決定的に失われてしまう。そして失われた一部が「書」としてまた分化されるのだが、それは、たぶん、むなしい所業でもあるのだろう。

ちょこっと仮名遣い…

 ぶくまに仮名遣い云々の話があった。私はごらんのとおり、現代表記しか使わない。それも滅法めちゃくちゃな代物で、ま、そんなところだ。日本語は変わるし、表記も変わる。変わらないものがなにかあるかもしれないが、それはまさに日本語という言語が生き生きと生きているその運動のさなかのなかにある。ま、そんなところだ^2。(江戸の言語活動を見ればそこに生き生きとしてなにかを感じうるしそれがむしろ、明治以降途絶えてしまっていることに気が付く。明治時代の日本があるしゃっちょこばった奇怪なプライドのようなものを言葉に担わせて実際は人間生活の言葉を覆ってしまった面がある。すべてとは言わないが。)

 いわゆる旧かなのルールはそう簡単でもないが、そう難しくもないのではないか。畢竟、それが音声として語りうるならその音価をピヴォットにすれば可換ではあるだろう。その程度のものだろうとは思う。

 が、個人的には、高校生くらいできっちり、旧かなと旧字を教えるべきかなとも思う。それが読めることは、人生の後半に豊かなものをもたらす、と信じるからだ。私は歳を深めるにつれ、ある時代の文書はその時代のまま読むべきではないかと思うし、この乱れきったかに見えるような現代日本語だがきちんと千年を越える根を持っているのであって、日本語に向き合ってさえれば、千年前の日本の先達の残した文書は読めるものだ。というか、それが文化とういものだろう。

 ただ、自分でなさけないなと思うのは、きちんと漢文が読めないことと候文が読み書きできないことだ。これだけはもうダメだろう。道元の書き残されたものを読みながら、そこに漢文的な素養の深さを感じる。ま、仏典ということもあろうが。

 候文については、本当はそれこそが生活の言葉でもあったものだ。宣長先生も、れいの凝った擬古文より候文のほうがある面では直截にその精神を表している。

 ま、言葉というのは、心であり、心というのは言葉の形を取るのだが、言葉の形とは、表記というルールだけもないが、その手のことは言うに虚しかろう。

 あー、庶民の言葉は、落語にきちんと残されている。落語こそ、ことば音声であることを如実に示すものではあるな。昭和30年代くらいまでの江戸の落語(レコードもの)だと、きちんと江戸の言葉のなにかが残っている。

それほど勧めるものではないけど…

 これは意外と便利。昭和30年代の家庭料理っていう感じ。

こんな料理で男はまいる。

著者:大竹 まこと

販売:角川書店

価格:\1,575

媒体:単行本


 私自身はこの手の料理にアンビバランス。しかし、喰うには喰う。私より年代が上のオヤジはなんだかんだいってもこの手のものを喰わせておくと幸せ。

 私より下の世代は…よくわからない。

 現在の20代はもしかすると、ここに記載されている料理はある種のエスニックかもしれない。

 でも、ま、この手の料理は、きちんとつくると、それなりに美味しいこともたしか。

 というか、お子様料理。

出ましたイチホゲ

 ⇒【ピープル】「韓半島の国籍が欲しい」 ソウルに来た在日同胞3世記者

 現実は、キョッポ(僑胞)の差別は厳しいので、そうした実情をもって読むと…か、感動の物語かも…。っていうか、日本に帰化しても半島の統一を願うことはできるし、そこまでナショナリティにこだわる必要があるのかないのかあるのかときかれたらこたえてあげるがよのなさけ。

ホゲナシ

 しいていうと手前みそですが

 ⇒極東ブログ: くじらバーガーの伝言ゲーム

イチネタでもないが

 ⇒イラン大統領にアフマディネジャド氏が当選 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 想定の範囲内ではあったけど、まいったね、こりゃ、っていうかめんどくさいことになりそうだ。

 ⇒極東ブログ: イラン大統領選挙雑感

今日の新聞各紙社説は…

 サマワの問題はよくわからないところがある。が、とりあえず、社説レベルではそうしたところに斬り込んでいないので、なんとも言いようもない。

 毎日のウィニー記事だが、毎日の内部には詳しい人もいるだろうになんでこんなものが社説に出てくるのか。

 朝日がひどいというかエンタのクオリティとして最高というか。

日経社説 JR西の安全体制は十分か

 大ハズシ。よくわかんないけど、体制を論じて事故を科学的に見ないというのは、ほとんど原始宗教

●日経社説 行政への信頼傷つけた経産省不祥事

 お役人なんてそんなもの。些細なカネじゃないか。

産経社説 家族会座り込み 拉致の原点を思い出そう

 言及を控える。

●産経社説 サマワ自衛隊 安全確保して任務再開を

 ま、政府見解的。

●毎日社説 原発情報流出 人ごとでは片付けられない

  ァ  ∧_∧ ァ,、 
 ,、'` ( ´∀`) ,、'` 
  '`  ( ⊃ ⊂)  '` 

●毎日社説 サマワの自衛隊 危機管理のあり方総点検を

 朝日よりはちとまとも。ちと、という程度。ちなみにチトーなきユーゴは分裂した。

読売社説 [保護観察]「制度疲労を修復し再生図れ」

 上っ面な感じはするがとりあえずは正論か。読売的というか。

●読売社説 [株主総会]「企業統治の革新は時代の流れだ」

 社説の意味があるのだろうか。べた記事に近い気がするが。

●朝日社説 都議選 有権者がうらやましい

 くだらね。石原憎しだけ。もっと困ったヤツがいるに。

●朝日社説 イラク駐留 撤退への道すじを描け

 悪意か馬鹿か。後者でしょうね。事情を知らないみたいだし。

[] 空グラスその向こうには朧月 終風

ログイン

 ざっとニュースを見たが、世の中なんかあったか、よくわからん。

 ちょっと極東ブログを先にしていた。

oohooh 2005/06/25 13:38 イランの大統領選は、なんというかいわゆる民主的なちゃんとした選挙だったんですかね?あの、ソビエトじゃ反対票の人だけ記入室へ行ったとかありましたけど(つまり丸わかり)。決戦投票の投票率低かったらしいですけどこういうの聞くと結構自由な感じもうけるんですけど。ま、こまったことになりそうなのはいずれにしても同じですが。

finalventfinalvent 2005/06/25 13:58 oohさん、ども。いや、正当な選挙ではないと思いますよ。というか、これで米国ががたがた騒ぎという連鎖が始まるわけです。

i-330i-330 2005/06/25 17:31  投票率の低さ(49%程度?)がなんとなく気になります。都市層・若年層がラフサンジャニを見限って足を運ばなかった結果かなぁ、という見方は安易でしょうか。投票そのものの自由さ加減は都市−地方で偏差があるような気もしますね。地域社会と宗教的保守派の関わり具合が違っていそう・・・。
 いずれにせよ、結局また戦争かよ、と短絡思考してしまうほどにめんどくさい展開に思えます。

finalventfinalvent 2005/06/25 18:39 i-330さん、ども。投票ボイコットが成立しているとなるとそれなりにイランの市民社会への期待が持てます。ただ、なにかとむずかしいでしょうね。アメリカが馬鹿な対応しないといいのですが。

BaatarismBaatarism 2005/06/25 22:30 イランの大統領選は、選挙自体はそれなりに民主的だけど、大統領の上に宗教的指導者が居て、大統領といえども大きな権限を持ってるわけではないということでしょう。ハタミが限界に突き当たったのもそのせいだろうし。
それにしてもイランは何故あんなに核開発にこだわるんでしょうね?核開発をあきらめれば、欧州や日本との連携も可能になり、アメリカを牽制することもできると思うのですが。核にこだわる理由がよく分からないです。ナショナリズムなのか、それとも何か宗教的な事情があるのか。

エフエフ 2005/06/26 00:01 イランが核開発にこだわるのは、アメリカに対抗する(別に張り合うわけではなく、孤立路線を選ぶにしても)為には核しかないということでは無いでしょうか。現状、軍事力ではアメリカは圧倒的で軍事的には核武装以外にはアメリカに対抗する方法はありません。
宗教的なイデオロギーが違いすぎて政治的なオプションでイランなどのアラブ諸国が欧州や日本並連帯するのが難しい以上、核武装に邁進するのはある意味当然なのかも知れません。それと、アラブ諸国にとってはイスラエルの保有する核の問題もありますし。

西方の人西方の人 2005/06/26 03:06 落語はいいですよね。
本格的に聞き始めたのは最近なので今のところ古今亭志ん生の「名選集」(1〜4)しか聞いていませんが。(嗚呼、これだけでも全41巻あるよ・・・。)
落語の日本語を聞くと、私は却って日本語の自由さを感じます。(とは言え、所々わからない部分があるのでもどかしいですが。)
あと、志ん生落語に登場する夫婦のやり取りが時々自分の両親を髣髴とさせるのでちょっと泣けてきます。でも私のパートナーは仕事でぐたぐたに疲れて帰ってきて「落語は心が休まらない」と私が聞いていたのを消してしまう。がっくり・・・。

synonymoussynonymous 2005/06/26 11:40 もともと運動に興味がなかった私は、小学4年生の夏にメガネをかけるようになって、決定的な運痴になりました。

style_bluestyle_blue 2005/06/26 11:53 メガネ君はどうしようもなくビリヤードが下手くそです。距離感がうまく掴めないんです。ビミョーに歪んでるし…

i-330i-330 2005/06/26 13:01 イラン大統領選挙決選投票の投票率の件ですが、日本語のサイトを斜め読みする限り、まだ各メディアで数字がバラバラの状態でした。CNN.co.jp:49%,Reuter.co.jp:56%,産経(共同):59%。不確実な情報を元に書き込みしてしまい、失礼いたしました。しかし、第1回投票が63%で、第2回がこんな感じ(50%台?)というのはずいぶん低いもんだなという印象です。これが候補者大量排除の結果としても、少なくとも棄権の自由みたいなもの(および低投票率そのものを公式発表するということ)それ自体は担保されている、と見ていいのかどうか、証拠不十分ですが興味をそそられるところです。また、当選した保守強硬派の大統領が「軍務の経験がある(CNN)」「世俗政治家(ロイター)」であるというあたりにへぇ、という感じのひっかかりを覚えます。

finalventfinalvent 2005/06/26 17:28 Baatarismさん、ども。大筋ではパキスタンと似たような常識みたいなものはあるでしょう。日本人は核兵器を忌避してますがこれは世界の常識ではないですし。それとシーア派というスタンスはあるでしょうね。日本ではあまり報道されないように思うけど、サウジなんかシーアを目の敵にしてますし。それとちょっとわかりづらいのがユダヤ問題でしょうか。

finalventfinalvent 2005/06/26 17:29 エフさん、ども。ええ、大筋でそうだと思います。が、どうもなんか利害の伏線はありそうな気がしています。EUとか日本とか裏でなにやってんだか。

finalventfinalvent 2005/06/26 17:30 西方の人さん、ども。ちょっとお下品かもですが、あの時代の落語の艶話というのはなかなかいいですよ。ああいうユーモアとエロスみたいなものが現代の日本にうまく復権しないものかと思いますが。

finalventfinalvent 2005/06/26 17:32 synonymousさん、sky_blueさん、ども。私も眼はなにかとダメダメですが、ぼわわんとした世界でも距離感覚はメガネがないほうがいいので…。あー、昔は2.0だったのに。

finalventfinalvent 2005/06/26 17:35 i-330さん、ども。ちょっと手前みそかもですが、どうしても後進国のインテリ層というのは政治の読みが甘いというか日本のインテリもそうだしという感じがします。くさしているわけでもないですが、ブッシュ再選、EU憲法沈没あたり、冷徹に大衆を見てないというか。イランについても、インテリに近い層から出る言葉など上滑りという感じがします。むしろ、こうした後進国家の理性は軍政にあるので、イランのそのあたりが気になります。(イラクと限らずバース党というのは近代理性的でもあったのですが)。

2005-06-24

つうわけでログアウト

 街中に熱中症の人が出ませんように。

イチネタ

 なし。

 ま、ネタ的にはこれなんだけどね。

 ⇒切込隊長BLOG(ブログ) 〜俺様キングダム casTY本店 :最近どうも不思議な話が多い

 解説を要するわけで、その解説がモロ筆禍ゾーンなわけで。

 ま、しばらくするとその「津波」でもくるのでしょうから、その後で。

イチホゲ

 該当作なし。

 ほのぼのとした味わいのなかに、小姑精神のきらめきが感じられるこれを推す選者も見られた。

 ⇒はてな 洗い物にものすごく時間がかかるのですが、何が悪いんでしょうか?妻が妊娠したため、洗い物などを手伝うようになったのですが、なぜか、ものすごく時・・

今日の新聞各紙社説は…

 特にどってことない。読んでいて飽きる飽きる。なかなか読み込めない。当方の問題もあろうが。

 産経の慰霊話がむかついた。産経にしてみれば、沖縄県民など日本人ではないのだろう。沖縄県民かく闘えりの意味もわかってないとは。

 読売架空請求詐欺の話だが、裏にあるのは、ヤの世界ではないのか。そこをちゃんとジャーナリズムなり警察はやる気があるのかね。

日経社説 G4案基本に粘り強く

 これは賛成。ここできちんと中国と対立しておくことが、中国が倒れたときの予備にもなる。

●日経社説 所得税増税の前にやることがある

 なんだかな。そういう問題じゃないだろ。

●産経社説 介護保険 制度持続へ透明な議論を

 後出し低レベル。

●産経社説 沖縄戦終結60年 慰霊の中心はやはり靖国

 愚劣。

●毎日社説 ODA増額方針 常任理入り超える論理を

 なんか古い時代の正論だよなと思う。

 ODAというわけではないが、日本はスーダンにどかんと援助している。それでいいのかという問題はあるにせよ、極悪政府はさておくとしても援助が必要なのはたしかだが、ドイツなどしみったれたなかで日本の態度は欧米では際立っている。そういう面もある。

●毎日社説 セ・パ交流戦 ドン復帰で改革は大丈夫か

 パス。

●読売社説 [架空請求詐欺]「徹底壊滅へ全容の解明が必要だ」

 これね。社説の威勢はいいわけですよ。

 でも、オレオレのときも実際は「ヤ」の世界だったわけですよね。

●読売社説 [原発情報漏出]「機密の管理体制を強化せよ」

 またまたキンタマなのだがそういう社説の話題なのか。管理体制よりレベルの問題だと思うが。

●朝日社説 萩国際大学 淘汰の嵐の前触れだ

 どうということではないが。

 大学のホームページを見たり、問い合わせたりする。それに対し、情報を隠す大学は敬遠した方がいい。それくらいの自衛策が求められる時代である。

 「それくらい」ってどうよとツッコミ。

●朝日社説 小さな政府 身を切らずして増税なし

 昨日のコメント欄の話題でもあったが、小泉の「小さな政府」ってどうよ?、と。原則からすれば小さな政府が正しいとは思う。ところで朝日のこの社説だが、難癖という域を出ない。

[] 大蜘蛛に喰わるる夢の目覚めかな 終風

eternalwindeternalwind 2005/06/24 13:21 萩国際大学破綻に対する朝日の社説ですが、応募者が多かった学校が、実は乱脈で破綻したとか言うならともかく、そもそも就労ビザ狙いの中国人以外は、ほとんど受験しなかったからつぶれたわけで、何で結論がきちんと調べて自衛しろという、受験生に対する説教になってるのか理解できませんね。

あと、いまさらですが、「ホームページ」という誤用は完全に定着してしまいました。

jazjaz 2005/06/24 18:23 最近、エキサイトブログニュースに「極東ブログ」が見当たらないのですが何かあったのでしょうか? (私がちゃんと見ていないだけ…?)

finalventfinalvent 2005/06/25 14:02 eternalwindさん、ども。あ、そうですよね。就労ビザ周りは日本側も問題多すぎに思いますが…ま、朝日のこのスジではないですね。

finalventfinalvent 2005/06/25 14:02 jazさん、ども。最近、あのリスト見てないんですが、もしかすると、「これダメ」になってるのかも。

jazjaz 2005/06/25 22:05 ↑ なんですけど、
「極東ブログ」はエキサイトで集客率悪かった、ということですかね(…?)
それとも、エキサイト社長のお話をこの「日記」でしたから? (まさかぁ。かちん、とくることなんて書いてないですもんね^^)
それとも、ナマ扉に行っちゃったからでしょうか…。 (と言いつつ、私はそちらを見ていないのですが…)

jazjaz 2005/06/25 22:17 ↑ あ、ありました。
今、見に行ってみたら、おばあちゃん細胞のが2ページ目出てました。
忘れてただけなんでしょうね。きっと。(^^)

finalventfinalvent 2005/06/26 17:26 jazさん、ども。よかったというべきなのか。ま、あまり人気はないんですよ。

2005-06-23

ぶくま燃え尽き…

 ⇒はてなブックマーク - Moleskin Diary - はてなブックマーク燃え尽き症候群

 ま、なんとなくわかる。

 もともとこの日記自体ぶくまのようなものでもあった。

 ぶくまと日記の意外に本質的な違いは、ぶくまはコメント欄が短いことだろう。でも、それが長いとしても、たいていのクリップのコメントに長い話なんかないんだよね。

 それと、ネタの共有みたいのが、いゆるソーシャルブックマークとは違って、掲示板みたいに面白いのだろうし、真ピキさんとか言うように、こっそり陰口・悪口みたいなノリもあるのだろう。

 ま、こうした傾向はどうよとは思う。

 情報に振り回されているというかだね。

 どうしようもないんじゃないかとは思う。

 なるようになって消えるとか燃え尽きとかならそれはそれまで。

 というか、いわゆるブログの世界はけっこう寂しい風が吹いているようにも思う。

 ま、そんなものさ。

 ぁっそだそだ。ちょっとメッセージの出し方が変わったかな。どう変わったかはあまり書く気はないけど。

ビールはとーんと飲めないのだが…

 これだけは少し飲めた。

 これって上面発酵じゃないのかと思ったら、そうだった。

 ⇒キリン 豊潤

 上面発酵のビールじゃないと受け付けないみたい。

 もっとも、アルコールは少ししか飲めない。

あーそれは…

 ⇒歴史を引き受けて自分が変わるということ

 参考⇒「帝都物語〈第壱番〉」

 って、巻1だけではないのだけど。「魔王篇」なんだけど。

 あー、なんというか、下手な歴史とか司馬遼太郎とか読まなくていいから、もっと帝都物語がきちんと読まれていいのではないか、高校生とか。

突然ですが、グラムロックの徒花、マリリン伝二郎…

ボーン・トゥ・ブギ

著者:

販売:テイチクエンタテインメント

価格:\9,660

媒体:DVD


流星課長

著者:しりあがり 寿

販売:竹書房

価格:\999

媒体:コミック


昼、はじめて幸楽苑ラーメンを食う…

 しょっぱい。

 麺はいまいち。

 でも、ま、なんかなつかしい味でした。(餃子が安いというので買った。)

 丸福のラーメンがまた食いたいなぁ。

はてなQ イギリス土産を何にするか迷ってます。

これは珍しい、お土産によろこばれる、というものを紹介してあるURLはありませんか?

アストニッシュ|Sony Plaza

イチネタ

 ホゲかぶりなんだけど。

 これ⇒Yes, bigger brains mean higher IQ, on average - Yahoo! News

 そのうち、翻訳もでるでしょ。

 話は、頭のでかい香具師は頭も良い。

 

ローンブロゾォォぉぉぉ

 

ルチ将軍もお忘れなく

今日の新聞各紙社説は…

 カード話だが、どうしてこう素っ頓狂なのだろう。使ってないのか、爺。

 慰霊の日だの沖縄戦だの、取って付けただけの小話すんじゃねー。

 と。

 で、介護保険と税制だが、ま、漸進するしかないのではないか。できるだけ、新聞は地べたの声を聞くようにというか、生活感なさすぎ、お前ら。

 と、放言で終わるのもなんだが、アホネタはあほ過ぎるし、考えるべき問題は難しい。

日経社説 米越新時代の光と影

 この筆者は戦後生まれか。

 もうちょっと陰翳があろうものを。ボートピープルは華僑だよとか。

●日経社説 沖縄戦の教訓をどう生かすか

 この執筆者は馬鹿か。

現実の国際政治のなかで平和を維持するために戦後の日本が選択したのは日米安保体制だった。自衛隊が創設され50年以上過ぎたが、ひとりの戦死者も出していないし、相手を殺傷もしていない。それが戦後日本の選択の結果なのだろう。

 その安保で沖縄は苦しめられてたのだよ。

 沖縄の基地は、安保によって本土から外国である沖縄に戦後移転したのを知らないのか。

 戦争と現在の二項を連結してしまってその間の沖縄史のことをなんも知らない馬鹿が多すぎ。

 読めや⇒「沖縄戦後史」

産経社説 カード情報流出 利用者自身も防衛意識を

 特になし。

●産経社説 所得課税 二兎追う者は一兎も得ず

 ま、よいのではないか。面白くはないけど。

●毎日社説 介護保険法改正 不断の見直しで財政の改善を

 読売よりはましかな。

 現場感がないなと思う。

●毎日社説 カード情報流出 管理が甘かったではすまない

 ありゃ、ここもか。

 クレジットというのは素朴に「信頼」なわけですよ。「こんなものは買ってませんよ」「そうですか、了解しました。これからはもっとご安心してご利用いただけるようにします」という会社だけ生き残ればいいだけのこと。というか、そういう利用者に限定してもよい。

●読売社説 [カード情報流出]「不正利用の防止へ総点検せよ」

 他紙に遅れて書いてみましたネタ。

 取材するか現場の記者の話を聞いてごらん。

●読売社説 [介護保険改革]「『予防給付』で肥大化が防げるか」

 だめでしょ。

 で、どうするかはもっと問題が深刻になってから考えるわけですよ。

 しかたないでしょ。

●朝日社説 沖縄戦60年 この地獄を忘れまい

 ⇒極東ブログ: 「慰霊の日」に思う雑感

●朝日社説 所得課税 引き上げを考えるなら

 これはネタか。

 たしかに所得税のあり方を考え直す根拠はある。

 日本では所得税による税収が欧米に比べて低い。課税の対象となる所得に対して10%から37%まで4段階の税率がかかるが、所得税を支払っているサラリーマンの8割以上が10%のグループである。「配偶者」や「扶養」「給与所得」といった控除制度があり、課税所得が小さくなるからだ。

 収入の格差が拡大してきたといわれる。消費税と違って所得税は高収入の層から、より多く徴収する原則があり、所得を国民の間に再配分する性格を持つ。この機能を生かしたいなら、控除の整理は避けられないだろう。

 共働き世帯の増加や少子化で、「夫婦子供2人」を基本にした所得控除は社会の実態にそぐわなくなった面もある。その一方で子育て家庭については、政策面での支援策と歩調を合わせて税額を控除するなどの配慮が欠かせない。生活の変化に合わせた制度が求められている。

 そうした理屈は分かっても、納税者の多くを占めるサラリーマン層はどこまで納得するだろうか。

[] 何用か問うてもみたいテントウ虫 終風

jazjaz 2005/06/23 10:16 ブックマークにあったシュレッダーの記事、私信じません、よ♪ クロスカットのを使ってますけど、ぐるぐる混ぜて、いくつかの袋に分けて入れて、リサイクル場に持って行きますから、絶対再生不可能です。以前、ごみを袋ごと盗まれていやな経験をしましたから、シュレッダーは必須アイテムです。あの記事、シュレッダーを売らせまいとする陰謀では?
問題は、「紙」でななくて「CD」と「PC」だと思う。「CD」はシュレッダーで切れないし、「PC」は、もうどうしていいか分かりませんものね? 捨てたいなあ、と思うのが1台あるのですが、ハード・ドライブを取り出して壊してリサイクルに持っていけばいいのかな?

kagamikagami 2005/06/23 10:33 「ローンボロゾォォぉぉぉ」 モニタの前で激しく爆笑しました。手相とかよりも遥かに占い精度が低そうですね(笑)

finalventfinalvent 2005/06/23 10:34 kagamiさん、ども。ボをブになおしちゃいました。すんません。ネタわかる人にはわかるのでしょうね。

finalventfinalvent 2005/06/23 10:35 jazさん、ども。ハードディスクは中がガラスみたいなものなので、叩いて割ってふつうのゴミ扱いでいいと思いますよ。シュレッダーは…ですね。

BaatarismBaatarism 2005/06/23 11:21 Exciteの世界びっくりニュースはロイターが集めてるんでしょうか?
ガードレールの金属片もニートも、ロイターではびっくりニュース扱いなんでしょうね。

synonymoussynonymous 2005/06/23 11:22 大物を育てるには、天井を高くすると良い。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:24 Baatarismさん、ども。ネタ元はロイターです。びっくり分類はエキサイトですが。訳は意訳ですね。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:24 synonymousさん、ども。深いですね。

BaatarismBaatarism 2005/06/23 11:44 凍ったキャベツのニュースの訳者を見てみたら、海外ボツ!Newsの人ですね。
記事の選定も訳者が行っているのかな。だったら納得できそうです。w

oohooh 2005/06/23 12:14 バットにプリンプリンはさすがに世代が違うのでわからんです。僕は頭でかい(帽子は4Lサイズ)ですがIQは高くないですねぇ。まったく重いだけ。首痛いし。頭蓋骨がすんごい分厚いだけだったりするのかと思うとしょぼーん。

くれふくれふ 2005/06/23 15:12 沖縄では毎年恒例の慰霊の日特別番組の放送ラッシュ。
今年は戦争体験を語り継ごうとする若者のことが取り上げられていた。
ガマの中で涙を流し、ひめゆりの語り部達のことを「人生の師匠」と呼び、彼女らの思いを継ぐことが重要だと語る。
平和教育に携わる私も、恐らくは齢的にその「戦争体験を語り継ごうとする若者」の1人としてカウントされるのであろうが、なんというか、やはり毎度感じる違和感を払拭する事が出来なかった。
戦争を語る語り部と、そして何も語ろうとはしないその他大勢のおじぃおばぁ達、なぜ彼らは何も語らないのか、語りたくないのか。
その心情の中にこそ沖縄住民の視点での「沖縄戦」が眠っているはずなのに、そこには目が向かない若者達。
語る人を否定する訳ではなく、彼女達も大切な戦争経験者なんだろうけど、沖縄中を子どもをつれてはだしで逃げ惑った、軍人でも軍属でもない、その他大勢の人の心の中に傷として残る世界観そのものが、沖縄戦の本質なんじゃないだろうか、それを感じずにひめゆりの語り部を「人生の師匠」と崇める事が、本当に戦争を語り継ぎ、平和を唱える事と言えるのだろうか。
これも異質を極めた(いや、本来沖縄戦のような姿こそが戦争の王道であり、決して異質ではないはずだが)沖縄戦の引力であり、それに魂が囚われてしまった未体験者の末路という事なのだろうか。
大学で教えた学生達、現在進行形で教えている学生達が、テレビの前でつむぎ出す発言1つ1つに違和感を感じ、彼らを導けない自分が恥ずかしくなった。
平和ネットワークや県高教組、平和ガイドのボランティアグループの上層部から「あいつはおかしい、あいつは間違っている」と批判されるのには何も感じないが、教え子達にそれを吹き込まれ、彼らが向こうの世界にさらわれていくのは、身を切り裂くように痛い。

jazjaz 2005/06/23 16:15 >sさん、 rkoさん、
わ〜、CDの裁断ができるシュレッダーなんてあるんですね〜。知りませんでした。私が探した時はそういうのが全然なくて、切れるものといえばせいぜいホッチキスか、カードくらいでした。うらやましいです。今使っているのが早く壊れたらいいのにとか思ってしまいました(笑)。けど、CDは傷がついていれば捨てることが出来ると分かりました。なかなか傷ついてくれないのでまいってたんですよ。がんばります。ありがとうございました。
>finalventさん、
PCの捨て方、ありがとうございました。
あと、ブックマークのグラムロックのMarc Bolan、年代に関係なくいつも人気ありますよ。ってあんまり若い世代は違うかも知れませんが、豪華でいいですよね。あー、ロックだなあ、と私は思ってしまいます。私、この人のDVD1本持ってます(笑)。そういえば、映画「Billy Elliot」でMarc Bolanの曲が流れていたような気がします。

finalventfinalvent 2005/06/23 17:10 oohさん、ども。さっき、ライスのアナウンスを聞きながら、この人、頭でけーかもとか思いました。ま、その程度の関連でしょ。

finalventfinalvent 2005/06/23 17:12 くれふさん、ども。たしか、そういうインタビューテープとかあっても書き起こししてないという話を聞いたことがあります。新報の「オバーが笑ってV」も読みようによってはすごいものでした。自分がないちゃーでいうのはなんだけど、内地の沖縄戦報道はがっくしきます。

finalventfinalvent 2005/06/23 17:13 jazさん、ども。Children of the revolution〜♪、おーーーとか。

BaatarismBaatarism 2005/06/24 01:18 やはりスーツの下にはロンドンブーツですか?(謎)

粘着電脳研究家粘着電脳研究家 2005/06/24 02:49 確か、シャーロック・ホームズも大きな帽子の持ち主は頭が良いと推理したいたはず(松井とか)。「ローンブロゾォォぉぉぉ」(そんな爺が「ルチ将軍」とは如何?はっ!やはり、、、)

finalventfinalvent 2005/06/24 11:20 Baatarismさん、ども。いやま、そのぉ。ちなみに、ボーランみたいな感じなときもありましたが。

finalventfinalvent 2005/06/24 11:21 粘着電脳研究家さん、ども。いたるところに陰謀ありですよ。

2005-06-22

はてなアイディアとは違うが…

 ぶくまを日記に融合してしまうなんか方法がありそうな気がする。

 単純なところでは、ぶくまのコメント欄を拡張してしまえばいいのだし、さらにそれを日記にリンケージしてしまえばいいのだが。

 それと、結局、ぶくまというのは掲示板化してているので、それの補助的な仕組みはあってもいいのではないか。

 ちなみに、日記とぶくまの構造をみていたのだが、CGIの都合かダミーページができて、そこにぶくまが可能なのな。バグともいえないのだろうが、ぶくまはかならずしもリンク先を必要としていない。

 なんかツールができそうな気がするのだが。

大筋ではちょっと粗いけどこういうこと

 ⇒中国企業、北米で買収攻勢・エネルギーや家電に照準

北米中国企業による企業買収、提携が活発になってきた。中国海洋石油(CNOOC)が米石油大手ユノカル買収に再び名乗りを上げる見通しとなるなど、原油需要の急増を背景にエネルギー分野での動きが目立つ。一方、家電の海爾集団(ハイアール)は米投資会社と組んで、米の大手家電メーカー、メイタグを12億8000万ドルで買収する提案を出した。

 個別にはこれはちょっと驚き。

大量の重質原油の埋蔵が見込まれるカナダのオイルサンド事業には4月以降、中国の大手3社が相次ぎ参入を決めた。CNOOC、中国石油(ペトロチャイナ)に続き、中国石油化工(シノペック)が5月末、アルバータ州で日量10万バレルのオイルサンドの掘削、精製事業への参加で合意した。 (13:49)

 オイルサンドはカネがかかるはず。

中国海洋石油(CNOOC)とユノカル

中国海洋石油のユノカル買収提案報道で、米議員が政府に調査要求=WSJ

ロイター2005.6.20

 中国石油大手、中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>が米石油大手ユノカルに買収提案する、と報じられていることをめぐり、米議会の共和党議員2人が、ブッシュ政権に差し止めも視野に置いた調査を要請した。米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が19日、伝えた。

 CNOOCは、米メジャー(国際石油資本)のシェブロンテキサコに対抗してユノカルに買収提案しようとしている、と報道されている。

China oil firm 'eyes Unocal bid'

BBC2005.6.21

 Shares in US oil firm Unocal have risen on reports that China's biggest offshore oil and gas producer may be poised to begin a bidding war for it.

 China National Offshore Oil Corporation (CNOOC) is deliberating whether to make a cash offer of $20bn (£11bn) for Unocal, Bloomberg news agency reported.

中国海洋石油のユノカル買収案、米議会は干渉すべきでない=エクソン

ロイター2005.6.22

 米石油大手エクソンモービルのレイモンド会長兼最高経営責任者(CEO)はロイター・エネルギーサミットで、中国国営の中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>による米石油大手ユノカル買収案に米議会が干渉するのは、「大きな誤りだ」との見解を示した。

 ユノカルに対しては既に米シェブロン が160億ドルの買収案を示していたが、CNOOCは対抗買収案を検討中と発表。

No decision made on Unocal bid-CNOOC exec

ロイター2005.6.22

HONG KONG (Reuters) - A top executive at CNOOC Ltd., China's largest offshore oil and gas producer, said on Wednesday that the company's board had not decided whether to make a counteroffer to Chevron's $16 billion bid for Unocal.

 The executive, referring to market worries over the potential cost of such a bid, emphasized that CNOOC looked after the interests of all its shareholders -- not just the majority shareholder, the Chinese government.

春暁ガス田とユノカル

東シナ海中国ガス田 欧米2社が開発撤退 「境界問題」で日本に配慮か

読売2004.9.30

日本が東シナ海の排他的経済水域(EEZ)の境界として主張している「日中中間線」近くで中国が進める天然ガス田(春暁ガス田群)の開発に関して、プロジェクトに参加していた英・オランダ系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルと、米石油大手のユノカルは二十九日、天然ガスの開発プロジェクトへの参加を打ち切ると発表した。

 二社は昨年八月、中国国有会社の中国海洋石油総公司、中国石油化工集団公司と、春暁ガス田群の探鉱、開発、販売などの契約を結び、一年間の評価・分析の後に本格参入するかどうかを決めることにしていた。

中国企業、米石油大手の買収検討 海洋探査・採掘技術獲得へ

読売2005.1.8

英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙アジア版は七日、中国の国有石油大手、中国海洋石油が130億ドル(約1兆3600億円)以上を投じ、米石油大手ユノカルを買収することを検討していると報じた。

 FT紙によると、中国海洋石油はユノカルを買収後、米国内の事業は売却し、海外事業を傘下に収める方向で検討中という。アジアでの権益や海洋探査・採掘技術などの獲得が狙いとみられる。

米石油大手シェブロンのユノカル買収 M&Aで資源量拡大狙う

読売2005.4.6

米石油2位のシェブロン・テキサコが、9位のユノカルを買収するのは、時間がかかり、リスクも大きい新たな油田・ガス田の開発より、資源量の拡大や地域基盤の多様化を一気に実現できる買収の方が得策と判断したためだ。

ほぉ…

 スパムメール

「結婚して4年の29歳の既婚者です。夫婦生活も4年も経つとドキドキすることがなくなってきまた・・・ もちろん夫には不満はないし、不幸ではないけど、何か『このまま30代になる』って言うことに焦っています。というような気持ちを理解してくれますか?ドキドキさせてくれるような人がいないかと思って貴方にメールしてみました。見た目は悪くないはずです・・・芸能人並とは嘘つきませんけど(^^ゞ こんな感じなのでメールなんて来ないかもしれませんけど、気長に待ってますのでよろしくお願いします。私の写真を一応見たら安心かなって思って、ドキドキして公開してしまったぁ。長々ですいません。」

 ちょっと思ったのだけど、私の同級生とかは、当然、「このまま50代になる」みたいです。

イチネタ見落とし

 ⇒中国:新型SLBM発射実験に成功 香港2紙報道

20日付の中国香港紙「商報」と同「文匯報」はそろって中国が16日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する実験に成功し、核を使った先制攻撃に対する反撃能力を高めたと報じた。海外メディアを引用する形だが、中国当局の意向が強く反映される中国系紙の報道は、間接的に実験の事実を確認するとともに、台湾問題への米国の介入をけん制する狙いがあるとみられる。

 現実的にはどうよなんだが。

 それにしてもこのフカシ・パワーはなにが元気の元なのやら。

紅茶(続)

 ま、どうでもいい話ですが。

 CEYLON VITHANAKANDE FBOPF (EX)

 微妙にセイロンでした。茶葉はちょっと高級キーマンっぽい感じもあり、キーマン的なノートやアッサム的なノートもあるのだけど、ベースはセイロンという感じ。扱いがちょっと難しい。スティープはやや長めにとるといいけど、長いと苦みが出る。総じて、苦みはなく、チョコフレーバーということもないけど、ややあり。フラワリーさは少ない。ディンブラとかヌワラエリアっぽい感じはない。けど、ま、飲みやすい。

 DARJ GOOMTEE FTGFOP1 1ST FLUSH

 いや、グムティです。鉄板というか。1STもとてもダーリンっぽい。茶葉がきれいな緑色。中国茶っぽい最近の流行からするとクラシックな感じ。茶碗の残り香も少ない。キャッスルトンとかバラスンとかシンブリ、サングマとかちょっと飽きた感じはあるのだけど。

  

はてなQ お茶や牛乳の変わりに豆乳(無調整)を一日1リットル飲もうと考えています。

大した質問ではないのですがお願いします・

お茶や牛乳の変わりに豆乳(無調整)を一日1リットル飲もうと考えています。

ダイエットの為ではないんですが体重にどんな変化が考えられますか?

 体重は、他のカロリーを調整しなければ、太る。

 問題は、リノール酸の摂りすぎなんだけどね。

ホゲナシ・ネタナシ

 ま、ないよ。

 しいていうと

 韓国東亜日報[社説]「大きく非効率的な政府」どこまで行くのか

 まったく、困ったことがさらに進みそうだ。

 的はずれかもしれないが、あれかな、「野」というものが朝鮮の歴史にはないからか。日本の場合は、江戸時代がいい例だが、知性は「野」の側にあった。

今日の新聞各紙社説は…

 韓国問題はもういいでしょ。朝日って朝鮮・日本新聞の略かね、という感じだ。レバノン情勢くらい書いてみてはどうかって、私も書いてないけど。

 骨太については、重要だが、できることとできないことがあり、できない理想は無意味だ。

日経社説 大学倒産時代を招いたもの

 あまり言及したくないなと思うのは、ネットの社会というか、ちょっと一般社会からかけ離れている。

 ブログは書生社会なのか、あれと思うような人がふつうの社会では通じないようなことをさらっと言ってのけることがある。とかいうと、おめーだよとか返されるかもしれないけどね。

 どんなへんな理屈をつけてみても、つまんねーよりおもしろければいいとか言っても、社会というのの基本原則があるのだから、その原則を外れたネタは無意味、っていうのが通じないフェイクさがある。

●日経社説 肉付けどこまで?5度目の骨太方針

 ま、このあたり。

 だが、その具体策は秋から年末にかけて決めるという。どの程度の内容になるのか、全く見えない。

 役所が実施している仕事を官民の競争入札にかけ勝った方に任せる「市場化テスト」はコストを下げ、サービスを改善する。その準拠法の制定が急がれるが、官僚の反発から法案の名称が公共サービス効率化法(市場化テスト法)案となったうえ、原案で今年度中に国会提出とあった部分も「今年度中に国会に提出すべく速やかに準備」と変わった。

 このあたりのにぶさが現実というもの。

産経社説 日韓国交40年 「発展した韓国」に感謝を

 どうでもいいや。

●産経社説 骨太方針2005 強固な改革のレール敷け

 ちょっとメタな言い方だが、産経というのは本来的な意味で保守ではないわけだよね。日本ではハイエクばりの保守というのはあるのだろうか。

 簡単にいえば、産経のこの改革論は現実的ではないよ。

●毎日社説 骨太方針第5弾 財政再建の初心忘れるな

 これはパスでいいでしょ。

●毎日社説 個人所得課税 サラリーマンも申告の時代に

 重税はだめとか毎日に言っても通じるものでもないから、それはさておくとして、一般論としてはそれほどバランスが悪いものでもない。

 申告制は空論ではないかなとは思うし、自営が優遇されているというのも偏った議論には思う。

読売社説 [所得課税改革]「消費税と重なれば超重税になる」

 読み進むにつれ空論というか空想になってくる。

 とにかく今の状況で重税はあかんよというだけで抑えるべきではないのか。

●読売社説 [骨太方針2005]「医療費抑制に欠かせぬ数値目標」

 無意味な反論でないだけいいのだろうが、ちょっとぼけてる。

 だが、給与の具体的な削減策が見えない。検討中の国家公務員給与体系の見直しも、内容が甘い。地方公務員も合わせ、削減への道筋を明確にすべきだ。

 そんなに急いだ改革はできないよ。

●朝日社説 日韓国交正常化40年 たまには嵐もあるさ

 パス。どこの国の新聞だ、これ。

[] 雨音に目覚める寂しい夢終えて 終風

SundalandSundaland 2005/06/22 10:20 昨日ネタですが、魚は文化と流通ルートみたいです。誰が買い付けて誰がさばいて誰が食べるのかということです。魚がおいしいとされる地域でも、県境を越えるあるいは市町村境を超える(実感としては旧藩境)と味が変わります。回転寿司チェーンですら同様。

シャコタン王シャコタン王 2005/06/22 10:43 骨太の方針で、「小さな政府」が明記されましたが、疑問を感じます。


http://www.adpweb.com/eco/eco246.html


かなり前ですが、一部にはこういう意見もある。あの御用学者の竹中というのは本当にろくでもない。市場万能主義など、絵に描いたもちに過ぎないでしょう。
しかし、日本のサッカーの最近のお粗末さには、気分が本当に萎えます。時々単発的にいいゲームをすることはあるのですが。小さな政府論者のキムタケがサッカー協会に噛んでいるらしいが、最近のクラブ経営も、いわば「小さな政府路線」。この「小さな政府」路線が、Jをどれだけ面白くしてるんですかね。来日する外国人選手も随分小粒になりましたね。まあ、フリューゲルスが破綻する前の一部Jクラブの放漫経営への逆バネは強すぎたのかも知れませんが。

finalventfinalvent 2005/06/22 11:08 Sundalandさん、ども。あ、それは思いますね。東京はよいです。

finalventfinalvent 2005/06/22 11:09 シャコタン王さん、ども。現実的には政府は無い袖は振れぬ状態ではあるみたいですが。

matsunagamatsunaga 2005/06/22 13:06 毎日豆乳500cc飲んでて、「いくら食べても太れない体質」の俺が来たよ(´ー`)ノ

BaatarismBaatarism 2005/06/22 13:35 >finalventさん
そんな無い袖でも振れるのがシニョレッジというのが、経済コラムマガジンの人の主張ですね。(本人はセイニアーリッジと発音してますが)
僕はリフレ派としての立場から、シニョレッジ政策賛成派なんですが。

finalventfinalvent 2005/06/22 13:59 matsunagaさん、ども。考えてみたら、北京の人はそのくらい飲んでますよね。

finalventfinalvent 2005/06/22 14:01 Baatarismさん、ども。ああ、なるほど。このあたり、どうよ?と問われると、なかなか私はリフレ・マンセーっていかないですね。ま、とりあえず(強い意見ではなく)。

isuzukiisuzuki 2005/06/22 14:49 管理行政(大きな政府)から監視行政(小さな政府)に移行しなくてはいけないというのが近年の課題であるとは思うのですが、実際には下のような問題があって

小さな政府=コストが掛かる(規制がない分、監視に人員を割かなくてはいけないため)
大きな政府=コストが安い(規制があるので、監視に人員を割かなくても済むため)

例えば、大蔵省が銀行監督を行っていた人数 < 金融庁が銀行監督に割く人員

大蔵省(管理行政)の場合は規制でがんじがらめにする分、監視に割く人数は少なくてもよい。(新規参入がないため)
金融庁(監視行政)の場合は規制がゆるいので、監視に割く人数は多くないといけない。(新規参入があるので、どこの馬の骨か分からない新規参入企業を監視しないといけないため)

人件費のみのベースで言えば小さな政府(監視行政)は大きな政府(管理行政)よりもコストが掛かるということはあまり意識されてないのかなと思います。

小泉の言っていることがおかしいのは、小泉は規制緩和を進めて小さな政府を目指していることになっているのに、同時に公務員数を削減しようとしているところです。

規制緩和を進める=監視人員の増大 を意味するのですが。。。 小泉がやっているのは
規制緩和を進める=監視人員の減少 と壮大な矛盾になっています。 規制がなくなる上に監視人員を削減すれば、結果的に生じる混乱は言うまでもないことで。。。

kemurin01kemurin01 2005/06/22 14:50 今日は。今、ルフトハンザドイツ航空のファーストクラス、ロシア上空から書き込みしています。
恐らく、三年後には当たり前のことになっているのでしょうが、こういう時代が来たんですね。
なんというか、人間は愚かしいながらも自分たちの出来る範囲で精一杯歩を進めているような気がして、
なんだか感慨深いです。

finalventfinalvent 2005/06/22 15:08 isuzukiさん、こんにちは。ほぉ、それはありそうな話です。啓蒙されます。地方だとやや違ったトーンはあるかもしれないなとも思いますが。

finalventfinalvent 2005/06/22 15:09 kemurinさん、こんにちは。へー、頭では理解できますが、実感としては不思議ですね。進歩というのは蛇行するのかもしれません。ただ、尖端は面白い光景がいつもありますね。

シャコタン王シャコタン王 2005/06/22 17:35 ああやはり、今の政府が推し進めようとしている「小さな政府」路線に懐疑的な方は多いのですね。なんだかほっとします。

kemurin01kemurin01 2005/06/22 22:12 finalventさん、レスありがとうございます。

>進歩というのは蛇行するのかもしれません
な、なるほど。
気を悪くされないと良いのですが、上手な言い回しだなと唸らされました。

今回は、フランクフルト経由での南イタリア旅行なのですが 
仰る「進歩の蛇行」をポンペイの遺跡で感じることになるような気がします。

きんぎんすなごきんぎんすなご 2005/06/23 06:12 まるで買物依存症になった女性のような中国の資源買付け。
皆高値掴みだし…お前等もう少し落着けと小一時間
と言っても目一杯なペダル漕ぎ状態では無理か…

jiangminjiangmin 2005/06/23 07:26 http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.invalid/notexist/gebo.html
などとRefererにつけてそこら中のtDiaryサイトを絨毯爆撃するスパマーのクローラーガ出現したらいやだなと思いました。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:21 シャコタン王さん、ども。そ、みたいですね。私は大筋では小さい政府でいいと思うのですが、小泉の…というのはよくわかんないです。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:22 kemurinさん、ども。ポンペイは行ってみたいですね。ある日、文明が途絶える…そういうことがあったわけです。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:22 きんぎんすなごさん、ども。なんなんでしょうね、中国。わかんないです。

finalventfinalvent 2005/06/23 11:23 jiangminさん、ども。ええ、というわけで、問題になるのでしょうかね。ぶくまのキャッシュとかも問題にされれば問題かもでしょうし。

2005-06-21

はてなQ マルコによる福音書の大まかなあらすじ簡単にがわかるサイトを教えて下さい。

 はてなQを見ていて、ときおり、どきっとするほど独創的な質問に出会うことがある。

 これとか。

プログラマーって

 ま、なんというか、あのですね、プログラマというのは、代替可能であるべきだと思うわけですよ。誰がやっても同じということは重要。

 仕様どおりにきちんと作るわけですよ。

 しかも、誰が見ても(ある水準のプログラマなら誰が見ても)わかるソースを書くべきなんですよ。

 三年後にインド人がみてもデバッグしやすいように書けと。

 なんかニヒっているわけでもないんだけど。

魚屋…

 板橋で暮らしていたころ近所によい魚屋があった。

 なにがよいかというと、通っていくうちに、こちらを覚えてくれた。ま、そうお大名というわけでもないが、魚を買うカネをけちらなかったからかもしれない。

 で、今日はこれがうまいよ、というのである。ほう、そうか、それくれ。

 で、これはこうして喰うとうまいよともいうのである。ほう、そうか、そうしよ。

 という具合である。

 魚のことは魚屋がよく知っている。

 で、私としては、そうか魚屋というのが重要なのだと思った。

 魚というのは、プロが見ると、ぜんぜん違うなにかなのだ。

 これは沖縄で暮らしても、役だった。

 海人は魚にブライドを持っているのだ。というか、うまい魚を知っている。

 沖縄の魚は、あれだ、ハタ(ミーバイ)がうまかった。ああいう魚をこんとこ喰ってない。

 話はずっこけるが。

 総合的にうまい魚は鯛だ。困ったことにというか、養殖物でもそれなりにうまい。

 他に手がないときは、鯛にするのが安全牌だ。

はてなQ 男でも出来る簡単な料理を紹介してるサイトってありますか?

 回答にはならないのだが。

 あれだ、魚屋を探せだよ。けっこうデパチカがよい。

 で、いい魚を見つけたら、鱗をひいて、わたをとってもらえばいい。あとはどう料理してもいい。

 最近は魚屋で丁寧なとこもあるので、お造りまでやってくれる。

 魚はけちらないことだが、今時分は魚は安い。鰺がうまいぞ。500円くらでけっこうふっくら脂が乗っている。塩して焼いくだけで、男でもできる簡単な料理だ。

 切り身も選べばうまい。かじきなんかも脂ののったのなんかうまいもんだよ。焼くだけでいい。

 ムニエルにしてもいい。

そういえば食い物の本…

日本の味醤油の歴史

著者:林 玲子 他

販売:吉川弘文館

価格:\1,785

媒体:単行本


 なんか醤油のことがわかってない歴史家が書いたような印象。史学的にはパティキュラな事例はそれなりのレベルなんだろうが、なんせつまらない。とはいえ、個々には面白い知識も得た。

 醤油にしても味噌にしても、お茶にしても、なんというか、実は日本の日常生活の歴史は意外にわかってないことが多いように思う。

 

蕎麦屋の系図

著者:岩 信也

販売:光文社

価格:\756

媒体:新書


 これはけっこう良書だし、筆者蕎麦がよくわかっている。

 昨今の石引だの手打ちだの、私は批判的だが、そのあたりのバランスはいい。

 つゆをけっこう重視しているし、江戸の蕎麦はそういうところがある。

 ああ、旨い御殿蕎麦ってないかなと思うがそれは本書とは関係ない。

スタバ

 こんとこふとスタバに寄ることが多い。

 学生とか勉強しているのをなんとなく見て、ちょっとうらやましい。

 頼むのは、たいては、エスプレッソのダブル。

 スタバのふつうのコーヒーは量が多すぎて、ちょっと苦手。

 スナックの類はあまり好きではない。

 そういえば、沖縄に暮らしているころ、ときおり東京に出ては、スタバで奇妙な感じがしたのだ。なんというか、そこの東京がある、というか。

 私は、私自身は根っからの東京の人、という感じもする。親は信州人だから根っからでもないのだろうが。

 なんかまとまらない。

 まとめる意味もないが。

 スタバの店員の女の子とかが親切に微笑まれるというのが、今もって苦手だ。自分ににっこりと罪もないような微笑みを返す少女というのが苦手だ。

船…

 先日東京湾でちょっと船に乗った。もうちょっと待って日が暮れてミニクルーズなんてのもいいかもしれないなとも思ったが、やめた。

 船に乗ったのは久しぶりだ。よく乗ったものだったとも思うのだが、思い出して、変な感じがする。

 晴海は今では展示場とかやってないのだろうか。ああいうのにもあまり行かなくなった。ま、あれだ、ディズニーランドのほうのなんだっけ、ま、あっちになったわけか。晴海に行くはちょいと船に乗るのが好きだった。

 木更津浜金谷の港もなんとなく好きだった。

 船の長旅はしたことがない。川崎から九州に行ったくらい。

 寝台列車もあまりない。

 夜のバスもそれほどない。あ、そうでもないか。

 と、書きながら、スーパーの買い物のように総額だといろいろなりそうでもある。

 いろんな記憶がごちゃごちゃになっている。

先日、鉛筆というか…

 鉛筆芯フォルダーというか買った。あとはノートが欲しいなと思っている。

 なんか書きたいのだ、白い紙に、自由に。

 こういうパソコンは嫌なのだ。

 矛盾しているが。

 そういえば、最近、外出ではiPodを持たないことにした。

 外出では退屈することにした。

 家でぼんやり聞いているほうが多い。

森有正だったか、

 どんなときに幸せかという問いで、パリの雨の薄暗い日にじっとしているのがいい、とか書いていた。

 あれはなんなのだろう、というか、直感的にはわかる。

 私は、自分の人生などにはさして意味もないだろうが、なぜか私に当てられている人生はこれだけなのでそこからしか考えられないのだが、若いときはなにか欧米の文化に圧倒された。そのままそこで適合するような人生に進むのかと思ったが、そうでもなかった。沖縄で八年暮らした。そこで死ぬつもりでもあった。沖縄もある圧倒的な何かだった。

 そして、また、ぽつんと東京にいる。

 率直にいうと、欧米の文化にも直面したくはないし、沖縄や、アジアアフリカ的な世界に直面したくもない。

 こうしてネットを使っていながら、矛盾するようだが、私はメディアも嫌いだ。テレビは特に嫌いだ。私の脳味噌のなかに映像だの言葉だの注入するやつは全部きらいだ。

 自然が好きなわけでもない。

 ひどいもんだ。最低だと思う。

 ちょっと鬱かもしれないのだが。

 そして鬱だとしたら、全然そういう理由でもないのだが。

 (ちなみに、そんな鬱でもありません。)

本屋に行ったら…

 もう出ていた。

新ゴーマニズム宣言SPECIAL沖縄論

著者:小林 よしのり

販売:小学館

価格:\1,680

媒体:単行本


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

 分厚いのでその場で買うのはパス。あらかたはSAPIOで読んでいる。

 エピローグみたいな漫画で4.28の話があった。ふーん、小林も少しは成長したか、みたいな感じはした。日本の問題はその近代史を含めてある意味で沖縄に集約されるものがある。ここを踏まえないで日本を論じることはできないと思うが…そう言うことは虚しい。小林はそこにきちんとぶつかったのだのなとは思うし、そのぶつかり方は、正攻法だろうとは思う。

 ただ…。

 そこで私は言葉に詰まるのだ。

 筑紫哲也池澤夏樹もある類型として沖縄にふれた。

 ある意味では小林よしのりも類型ではある。

 というのは、うまく言えないのだが、沖縄はなにかしら人生の全てを要求するように思う。くどいが、例だが、筑紫哲也も池澤夏樹も小林よしのりも、そのなにかに直面しただろうが、そこで引いている。怯えているという印象も受ける。彼らは、いやある意味で私もだが、自己をナイチャーという橋頭堡に置いて、そしてその関係として沖縄を考えている。しかし、たぶん、それは、だめなのだ。ナイチャーを完全に捨てるようなある狂気のような巻き込みのなかでしか見えてこない沖縄というものがある。それは沖縄が好きとか嫌いとか論じるとかいうものでもない。そこがうまく言えないのだ。

 私は、なんども灼熱の沖縄の国道に立ちながら、自我が溶解していくようななにかを感じた。ナイチャーであることなどどうでもいいという意識にまである抵抗はあったが、それ自体もその熱気のなかで解けていくような感じがした。自分は沖縄に同化することなど所詮はできないし、その意味もないが、そこでなにかの近代自我が溶解していくあるなにかを感じた。熱帯雨林の夜のような漆黒のなかでじっと沖縄を感じつつ、なにかが壊れていくのも感じた。

 しかし、体験を問いたいのではない。

 うまく言えないが、私たちが自明で日本人であることのある根幹の小さな揺らぎ・あるいは大きなゆらぎが、沖縄のなにか狂気めいた力によって圧倒されることがある。

 言葉はちょっと虚しいし、なにか沖縄それ自体に価値があるとも思えないのだけど。

 ただ、そのある越えらがたい溶解や崩壊のようななにかに、沖縄があるのだろうなと思うし、それはある客体化を許すようなものでもない。

紅茶が届く

 最近紅茶店を覗くのだが、ろくなのがない、とまでは言わないけど、コストパフォーマンス悪すぎ。で、また通販。

 今回の注文はこんなの。

DARJ MAKAIBARI SILVER TIPS

DARJ GOOMTEE FTGFOP1 1ST FLUSH

CEYLON VITHANAKANDE FBOPF (EX)

CHINA GOLDEN MONKEY

ASSAM HAJUA TGFBOP

FINE IRISH BREAKFAST

 特に目立ったものはない。初めてのはVITHANAKANDE FBOPFがどんな感じかなというくらい。EXはExtra Special とのこと。ミルクが合うかな。

はてなQ 31歳、引きこもり、男性、一人が、レクレーションする良い場所ありますか?

数年、引きこもりしていて、家にばかりいたので、外の世界で同世代が何をしているか疎いんです。

 

最近、出かけたのは、韓国式垢すり、漫画喫茶動物園新宿の街の散歩とかです。

その他、浅草桟橋からの遊覧船、ディズニーランドなどが性に合う感じですが、

同世代の人は、他にどんな所に行ってるんでしょうか?

 

通常に行くのは東京23区になると思うので、この辺りを中心にお願いします。

東京都内、東京近郊、遠出についても、良い場所があったらご紹介下さい。

 レクにはならんかもだけど、一人だったら、渋谷のハチコーとやモアイ近くで人を待っているげな雰囲気で座って、行き交う庶民をぼけっと見ているとおもろいよ。世の中って、そゆものなのかと得心することはあると思うよ。

はてなQ 結婚とは何か?

以下の3点、いずれかの観点から解説してください。

1、社会制度

2、男女間の愛情

3、家族の問題

※200字以上でお願いします。(URLはダミーでも可。)

※質問の背景は、英語の宿題のネタ探しですので気楽に答えていただいて結構です。

 うーむ、そういう時代か。

 英語で「 be married 」と受け身で使う用例が多い感覚はまるで日本にはないのだろうか。

 当然、impediment もないというか。

 ま、それは西洋の「結婚」であって、日本とか関係ないよいえばそうか。つまり、法的な問題だけに捨象するわけだが。

 しかし、西洋の文明には、そういう根っこがあるのだけど。そしてその根には知恵もあるのだど。

散人先生の今日のこの日なんだけど

 ⇒6/21 Today 沖縄地上部隊全滅 (1945)……そのとき内地では

牛島司令官以下の日本軍は上陸した米軍に頑強に抵抗したが、ついにこの日、司令官以下ほとんどの将兵は自決し部隊は全滅した。

 ちょっと失礼なもの言いになるけど、端的に言うと、というか、正誤で言うなら、これは間違い。

 組織的戦闘の終結いうだけで、実は日時も問題。

 その他いろいろややこしい問題もある。

 ⇒極東ブログ: 「慰霊の日」に思う雑感

 ⇒極東ブログ: 終戦記念日の誤解

組織文化かぁ

 ⇒[R30]: 初めての360度評価

 どんな経営ツールも同じだけど、そのツールが大きな効果を上げるだけの組織文化を作りあげることの方が、ツールを導入するよりもずっとずっと難しい。だけど、ツールを入れるのにはお金がかかるけど、組織文化を変えるのにはお金はかからない。C/Pで言うと組織文化を変える方が安上がりなはずなんだが、世の中の経営者でそれに気がついている人というのは本当に少ない。僕がこれまで会った中でも、指折り数えるほどしかいないかも。

 あと、「そういう組織文化をまず変えなきゃね」と言われて、二言目に「そんなこと無理だ。議論するだけムダだ…」と言う人は、結局のところ自分は、あるいは企業は何も変えられないよ、と言っているに等しいのかも知れない。

 ひどく率直に言うと、私は「議論するだけムダ」と考える人です。

 組織文化というのは、何に対する機能を持つのかもとも考えますね。というのは、機能を考えるなら、システムの構築を合理化すべき。昨今の日本企業のトラブルを組織文化に帰着する議論は私は本質的な間違いだと思う。

 で、組織文化なんかいらね、とも思わない。

 じゃ、どうよなのだが。

 組織文化というは、組織の使命に従属だと思いますよ。

 素で言ってしまうと、企業は社会に奉仕するために存在しているので、では、どの分野で奉仕しますか、ということだと思う。これがテッテ的に経営者に理解され(知的でくてもよろし)、カリスマ的であれば企業文化はできると思う。人間というのはそういう価値性に無頓着ではない。

 単純な話、その企業はなにを持って社会に奉仕するのですか?と問うてぼよよんとした答えしかでなければ組織文化も糞もない。

 じゃ、そういう奉仕精神があればいいかというと、(1)そうでなくても企業はありえる(まさにそのあたりがシステムの優位性)、(2)言葉でタレた精神じゃないというあたりで「精神」の問題でもある。

 ま、その先は、プロ倫を嫁。

 でもあるが、プロ倫はむしろ、そういう企業をどう労働者が受け止めるかというか、労働者のエートスの問題でもある。

 話がすごく飛躍するが、ヴェーバー読みならわかってもらえるかもしれないが、これって実は「来世」の問題でもある…このあたり、質問、ツッコミ禁止ね。曰く、プロ倫を嫁、と。

イチネタはこれ

 ⇒Britain, UK news from The Times and The Sunday Times - Times Online

 解説はなし。

 そのうち日本語訳もでるでしょうし、出なければ…。

 オリジナル近くはこれ⇒New Scientist Breaking News - Orgasms: a real ‘turn-off’ for women

今日の新聞各紙社説は…

 日韓会談だが、どの社説もなんか引いているのはなぜなんだ。朝日なんか墓穴を掘っているけど、要するに盧武鉉馬鹿杉以外なにがあるのか。っていうか、今回のお膳立ては米国なのにその言及もなし。なにが本音で語り合う必要だよ、馬鹿、と、つい思う。

 カード問題だけど、朝日といい日経といい、おまえさんら、カード不正の経験はないのかね。オレはあるよ。要点はカード会社との対処のディテールだよ。取材しろよと思う。

 毎日の原油高騰の話もひどかった。

 なんか、よってたかって、現実の代替を言葉で作ろうとしているような気持ち悪さを感じる。

 どんなにダメダメでもそれが現実なら現実。

●日経社説 カード社会の落とし穴

 社説になってね。

●日経社説 対話継続が救いの日韓首脳会談

 小泉首相は昨年末の指宿会談で合意した経済連携協定交渉の年内妥結に向けて交渉再開を求めたが、盧大統領からは明確な言及がなかったもようだ。歴史問題の対立によって、経済問題を十分議論できる環境が整わなかったとすれば残念だ。

 「残念だ」じゃねーだろと小一時間

産経社説 戦争の真実 常に実証的な目で検証を

 『戦艦大和ノ最期』は昭和二十一年に原文が書かれたが、GHQ(連合国軍総司令部)から「軍国主義的だ」として発禁処分を受け、後に吉田氏が改稿して出版した経緯がある。問題とされる部分は原文になく、吉田氏が書き加えた可能性が強い。

 その信憑性に疑問が提起されたとはいえ、戦記文学としての価値が下がるわけではない。

 下がると思うよ。

●産経社説 日韓首脳会談 追悼新施設の検討は遺憾

 これは事実誤認では。追悼新施設は日本の政策として決まっていたのでは。

●毎日社説 日韓首脳会談 相違踏まえて対話継続を

 どうでもいいけど、他報道にもあるけど。

 異様だったのは、両首脳の共同記者発表で記者団の質問を受け付けなかったことだ。細田博之官房長官の説明では、韓国側の要望だったという。溝の深さを際立たせたくないという思いがあってのことだろうが、国民への説明責任を果たし理解を得なければ、真の信頼関係は生まれない。

 韓国おかしいよ。しかし、今回は米国の面子という外交でもあるのでしかたないか。

●毎日社説 原油価格急騰 省エネ技術を戦略的に使え

 放言になりますがね、ふざけてんのか毎日。

原油価格が再び最高値更新を続けている。石油輸出国機構(OPEC)が増産を決めたものの、増産余力が少ないことを背景に、ナイジェリアの政情や冬場に向けた在庫積み増しの遅れなどが材料となって相場を引き上げている。投機筋の資金流入も再び加速しているようだ。

 違うだろ。闇生産をどうにかせいとなぜ言わん。米国メジャーが精製設備をリニューしない理由をなぜ言わん。

読売社説 [科学技術立国]「もっと育てたい女性の研究者」

 くだらね。

 既婚者・育児後の女性を登用するようにアファーマティブな政策を課せばいい。

 ああ、放言ばかりだが、研究者の社会のほうが一般社会より…あ、やめとこ。

●読売社説 [日韓首脳会談]「対話継続の形だけは整えたが」

新たな追悼施設については、2002年に当時の福田官房長官の私的懇談会が報告をまとめている。どういう施設にすべきか、早急に検討を進めるべきだ。

 先日の社説は気の迷いではなかったのか。

●朝日社説 カード事件 明細を見て身を守ろう

 ああ、放言続きますが、ばかでなくては書けない社説だな。

 カードの持ち主には毎月、どこでどれだけ使ったかの明細書が送られてくる。覚えのない買い物が入っていれば、すぐにカード会社に連絡することだ。

 連絡が早ければ、銀行口座からの引き落としを止めることができる。引き落とされてからでは、取り戻すのに手間がかかる。利用明細をしっかりと読むのが、自分を守る第一歩だ。

●朝日社説 日韓会談 これで打開できるのか

「私の任期中は歴史問題を争点として公式に提起しない」と昨年表明した盧武鉉大統領は、きのうの小泉首相との2時間余りの会談では「1時間50分は歴史問題だった」と語った。

 それだけで盧武鉉無能証明。

[] ヨコハマの海の近くの薔薇の園 終風

soulhacksoulhack 2005/06/21 08:10 盧武鉉大統領はなんのためにそこまで歴史問題に力を入れるんでしょうね。
日韓友好のためと言われればまあ納得できるんですがそんな事はないようでw
単に国内の支持を得るためでしょうか。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:29 soulhackさん、ども。国内への見せかけかなとも思います。大統領が飾りの国というのもあるのでそういう国になるのかも。

eternalwindeternalwind 2005/06/21 10:43 「戦艦大和ノ最後」についてですが、たぶんFINALVENTさんはご存知かもと思うんですが、今日の産経社説の裏も合わせて、ちょっと追記させてください。「戦艦大和ノ最後」は大和乗組員だった吉田満氏が敗戦直後の一日で書き上げたものですが、初稿はすぐに発禁を食らいました。7年後、めでたく出版の運びとなったのですが、そっちの項には初稿とは違った内容がいくつか追記されています。そしてそのうちのひとつが手首切りの記述で、吉田氏はコレを「伝聞」と断って書いているのですが、四月七日付の朝日新聞「天声人語」で、天声人語子がまた例によって「伝聞」の部分をばっさりと切って、さも事実のように取り上げたコラムを書いたわけです。そして、産経新聞が朝日新聞叩きのために、6月20日付で「海軍士官の談話」の形をとる形で、手首切りが史実でないと批判する記事を載せました。
つまり、南京大虐殺をめぐる一連の騒動と酷似しているのですが、南京大虐殺と違って、今回は攻め手の産経側にもひとつ困ったことがあります。「原文」が「戦艦大和ノ最後」から引用されているわけです。南京大虐殺証言の「マギー神父」も伝聞と断って証言してるわけですが、それに対しては産経は「伝聞でしかないものを軽佻に証言に使うなんてひどい糞野郎だ。」で切り捨てることができるわけです。
しかし「戦艦大和ノ最後」はそうは行きません。江藤淳、三島由紀夫、阿川弘之絶賛ですから(藁
つまり、今日の産経の社説はその苦悩がにじみ出ているわけですね。最終的にはあわよくば、「戦後統制下でGHQの顔色をうかがっている出版本より、初稿本のほうに真髄があるのではないか。」とどちらかというと右翼的にはもっと都合のいい初稿本のほうが真であるというほうに持っていきたいのかもしれません。

こつこつカルシウムこつこつカルシウム 2005/06/21 12:34 たんに読売はナベツネ〜中曽根の線で転向したんでは?

finalventfinalvent 2005/06/21 16:18 eternalwindさん、ども。「戦艦大和ノ最後」出版の経緯は知っているのですが、この部分の経緯は知りませんでした。なるほどと思います。ただ、ちょっとあえて率直に言うと、「江藤淳、三島由紀夫、阿川弘之絶賛」というあたりもけっこう引くものがありました。それもまた戦争神話のように思えるわけです。

finalventfinalvent 2005/06/21 16:18 こつこつカルシウムさん、ども。考えてみるに、この件では最初にへたれた日和をやった中曽根がサイテーかもですね。

jazjaz 2005/06/21 17:07 紅茶で思い出しました。先日、お茶を買いに行ってつくづくと、もう飽きたな、と感じました。相も変わらずセイロンのブレンドばっかり…。飲まなきゃいいじゃん、とか思うのですが今回も2種類そんなののブレンド買ってしまって。ああ、凹む。なんか、変えたいなぁ……。
アメリカ通販かぁ…。何をオーダーしていいのか分からないからいやになっちゃうんですよね。ぼやいてm(__)m

finalventfinalvent 2005/06/21 17:11 jazさん、ども。キーマンとかどうですか。ミルクにもあって、なかなか深みがあっていいですよ。ダージリン1st、ダージリンsilver tips、キーマン、アッサムまたはブレックファスト・ブレンド、あたりは私の定番です。ダージリンは1stと2nd、それとオータムでけっこう違います。日本とかだと2ndが好きな人が多いのですけど、いわゆるマスカットフレバーというのですね。私は1stとかシルバーティップスとかが結局好みでした。

jazjaz 2005/06/21 19:15 ありがとうございます。キーマン、あとで買いに行ってきます。DARJ MAKAIBARI SILVER TIPS…、はそのお店にはなかったような気がするのですが、ネットで探して今度出かけた時に買ってみます。何か試してみなくては、ね。
上のエントリを読んでて、私の幸せな時っていつかなあ、とか考えてみるとありました。土日の朝、ゆっくり朝食の支度をしながら音楽を聴いている時。スローで軽いジャズを聴きながら、フレンチプレスでコーヒーを入れている間の時間は、いいですね^^

finalventfinalvent 2005/06/21 19:24 jazさん、ども。ダージリンのsilver tipsはちょっと通向けなところがあります。Makaibariのふつうの1stのほうが最初はいいかも。keemunはHao Yaというのがちょっと高いですが、スタンダードです。できたら、Hao Ya Aがいいです。ほかにCongouというのもKeemunと似ています。茶商にお薦めを訊くといいかも。Yunnamはちょっと通向けです。通向けというのは、ちょっと慣れてないとなんだこれ?みたいな感じがします。慣れるとはまるのですが。

oohooh 2005/06/21 20:00 こんばんは。お蕎麦がむしょうに食べたいです。実家の近く(でもないか)に出石というところがあってどうやら信州から殿様が移ってきたというので蕎麦が盛んで、というか大杉。そこのやつが田舎そばというのか、いろいろ混ぜてずるずる食うんですけど旨いです。うー。ところで
>自分ににっこりと罪もないような微笑みを返す少女というのが苦手だ。
古谷→レオンでいいですかw

finalventfinalvent 2005/06/21 20:25 oohさん、ども。なかなかいい蕎麦は食えないよね。というわけで、最近は自分で打ってますよ。

eternalwindeternalwind 2005/06/21 21:24 代替可能なのは理想なんですが、日本の企業社会で生きるためには、代替不可能であることが絶対条件なのだと社会人三年目ぐらいで気がついて、プログラマよりからシス管よりに人生を転換しました。
数日前に、これから来る言語云々という話で盛り上がっていたときもそう思ったんですけど、プログラマとして探すべきなのはこれから主流になる言語ではなく、誰も学ばないけど、需要は一定にある言語なのではないかと・・

ハリーハリー 2005/06/21 22:48 精製設備を更新しない理由、たしかに不思議ですね。先ほどぐぐって少し勉強してきました。条件反射的に環境規制とアラスカ開発が思いつくのですが、知られざる理由があるのでしょうか。差し支えなければヒントだけでもいただけたら幸いです。開発や採掘でお金をケチりつつ増産圧力をかけるのはキリスト教徒vsイスラム教徒の対立を視野に見る必要があるのでしょうか。うーん・・・。

jazjaz 2005/06/21 22:50 ブックマーク関連で。LAタイムズのWikitorial、さっそく休止ですね。これ、英系ブログで始まることを知っていたのですけど、面白そうという反応以上に上手くいかないと思うよ的な意見が目に付いていました。新聞社じゃ大きすぎっていうか、あんまり宣伝しないで小さく始めてじわじわ広がるようにすればよかったのに、と思いました。

FeanorFeanor 2005/06/22 00:06 私は石首魚が好きで、デパ地下にある時は必ず買って塩焼きにして食べます。( ゜Д゜)ウマー
蕎麦はアレルギーで受け付けません。アレルギーさえなければ自分で打つほどはまっていたことが容易に想像されるだけに余計残念です。

dekodekodekodeko 2005/06/22 01:27  誰が読んでもわかるソースを誰もがかける訳ではない。むしろ、そんなプログラマはほとんどいません。いれば、ぜひいっしょに働きたい。

jazjaz 2005/06/22 08:22 finalventさん、昨日のお茶屋さんは空振りでした。キーマンのHao Ya Aなんてなければ、ダージリンの1st Flushもないし、誰もなんにも知りません。ただ売ってるだけの人たちみたいでした。で、ネットの通販で両方見つけたので(ダージリン、Makaibariかどうか分かりません…。でも、いいかなと思って)、入荷次第(ただ今、売り切れ状態)オーダーするつもりです。それまではセイロンのブレンドでも飲んで待ってます(中国からすぐ来るのかしら。ちょっと気になりますが)。

synonymoussynonymous 2005/06/22 08:38 プログラム自体のISO規格とかがありうるんではないかと、夢想することあり。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:41 eternalwindさん、ども。それはわかります。自分で矛盾してますが。「誰も学ばないけど、需要は一定にある言語」どのあたりかな。画像処理とかは違うか。特定分野のシミュレーションとかはそうかも。

synonymoussynonymous 2005/06/22 08:41 安いレンコ鯛でも、塩して焼くだけであんなに旨くなるのはなぜだろう。鯛を食うたびに、慶事に鯛を持ち出す日本人の心に触れる気がします。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:43 ハリーさん、ども。ええ、不思議でしょ。ずばり回答はないのですよ。表向きにはメジャーは過去の歴史に懲りているから、なのですが、ようするに、採算割れのシミュレーションが存在しているということです。あるいは、別に現状がホクホクというのもあるかもしれません。後者は資料で裏付けできるかもですが、見かけません(ま、ロシアがそれという端的な例がありますが)。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:45 jazさん、ども。LAならやりそうという感じはありました。もしかしてうまくいくと思っているのかとも注目していたのですが、ダメはダメですね。紅茶の件、あれま、という感じです。いわゆる高級紅茶は農園が限定されるので、そのなかならだいたい同じです。農園の癖とかあるのですが、はまるとわかってきます。プッタボンかナムリンなんかも好きです。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:46 Feanorさん、ども。蕎麦アレルギーですか。ちょっと残念。意外と穀物アレルギーは他にもあるものですが。とりあえず魚がうまいと幸せですよね。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:48 dekodekoさん、ども。ええ、ま、それはそうなんですよね。次善の策はドキュメントというか、しつこい仕様書でしょうか。変数とかプログラマが決めるなくらいのがいいのかも。と、書きながら、最近の現場がよくわかってないのでぼけぼけかも。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:49 synonymousさん、ども。どうでしょかね。そういえば、最近、プログラムのマナー書なんかを見かけました。変数名にローマ字使うなよとかいうレベルまで書いてあった。

finalventfinalvent 2005/06/22 08:50 synonymousさん、ども。ええ、ふつうの鯛でもうまいですよね。日本人だなと思います。

2005-06-20

下から続き(ブログにオリジナル無断翻訳はあり?)

 ⇒翻訳恐怖症 続き(パクリの非難基準)  備忘録ことのはインフォーマル

 ということで、返信ありがとうございました。

 というわけで、ご関心あるかたは上リンクから。

 で、私の考えなのですが、以下の基準は、私の感覚では、おかしい(正しくない)と思います。

 

  • 全文の場合は、外国語からの翻訳など、新たな著作権が生まれるだけの充分な価値創造を行なっている。

 

 もちろん、全文翻訳はそれ自体で翻訳著作権が生じるわけで、たとえば、翻訳されたエッセイを全部ブログにコピペしたら、翻訳著作権の侵害になるわけです。

 が、それ以前の部分なのです。

 翻訳というのは、「誤訳」という言葉があるように、オリジナル・メッセージが意識されるわけです。誤訳とは何が「誤」りかというと、語学的な問題よりも、オリジナル・メッセージが誤って伝えられることが問題です。で、ですね、ということは、オリジナル・メッセージのまさにオリジナリティこそは著作権ではないでしょうか?

 そこで、

 パクリとして非難すべきではないと自分が判断するもの、あるいは自分の記事におけるパクリ基準(仮に著作権的にグレーであっても)

 全文翻訳をブログに公開するのは、著作権的には、クロではないかと私は考えます。

 この分野の法律に詳しいかたの言及があれば、以後参考にしたいと思います。

 それまでは、私のほうも、「finalventが茶々」と言われるのもなんなので、以後、松永さんのブログについてだけは、言及を控えるようにします。

翻訳権とブログ

 ⇒ 翻訳恐怖症 備忘録ことのはインフォーマル

とあって、また全訳してみようかなと思ったが、またid:finalventの人とかid:ululunの人に翻訳権云々と言われるのかなあと思うと憂鬱になったので、自分一人で読んでおいて他人には共有しないことにした。はっきりいって、こういうの興味ある人が多いかなあとか役に立つ人がいるかなあと思ってやったことに対してこういう茶々が入ると、激しく意欲が萎える。いいよ、そんなこと言うならやめといてやるよ、という感じ。Independentからは返事来ないし。

 「茶々」と言われてしまったのだが、単純に疑問に思うだけです。

 というわけで、その疑問がどうクリアされるか?というのが私の関心事で、それを茶々と受け止められると…というわけです。

 ブログ界のことが私はよくわかってないのですが、以前、知識の泉さん?だったか、どうも、エントリがパクリ?というのを問題にしていたのもことのはさんだったのではないかと記憶しているのですが、そのあたりの著作権の考えかたがよくわからないのですよ。

 翻訳うんぬんはちょっと置くとしても、全訳っていうことは、コンテンツとしてはかなり等価なわけですよね。だからそれを全文自分のブログにぺとっと貼ってしまうのは…私は変じゃないかと思うのだけど。引用にもならないのでは。

帰宅…今日はなんか「認知症」と思われる人を数名見掛けた…

 電車を待っていると、「※※に行きたいのですが…」と、こぎれいな女性のお年寄りが問う。それは線が全然違うのですよ、と説明すると……どうも変だ。話が全然噛み合わない。や、や、こ、こ、これは。丁重に最悪の事態にならないように示唆する。

 別ケース。電車を待っていると、列の横から割り込むお年寄りまた女性。その割り込みかたが、なにか怒っているふうでもある。傘を持ってるのだが、その風体がおかしい。どうもやばい。引く。

 世の中なにが起きている見回すのだが、なんかやたらと老人が多い。子細に見ると、ある一定の割合でちょっとやばいのではと思える人がいる。

 昼飯、官庁系のレストランで喰っていると、爺がどーっと入ってくるのだがもう雰囲気がドン引き。隣の中国人かみたいなファッションの老人(男)がいきなりでかい声で携帯。お、おまえ大丈夫か。ま、これは認知症ではないのだろうが…。

 …もしかして、これが日本の未来ってやつ。

で、急遽外出

 レス、ブログなど夜かも。

今朝のイチネタは

 ちょっと微妙なんだが

 これ⇒FujiSankei Business i. 国際/原油落ち込み露経済減速、成長見通し5.5%に下方修正(2005/6/20)

 産経ロシアものは、すげー色眼鏡だし、この記事もけっこうツッコミがいがある。

 欧米のロシア叩きにポチ産経は噛んでいるのは当然だが、問題はそのボスの意向。れいのロシアをはずしたパイプラインがまた微妙。

 この記事にはないが、これに中国が乗り込んでいる。中国は日本が思っているより馬鹿じゃないし、日本は中国が思っているような馬鹿でもある。困ったもんだ。

 いずれにせよ、このあたりがなにかと騒動の震源になる。

 石油精製について日本がもっと手を出してやれとも思うが、ちと、そう言うには当方の裏なさすぎ。

今朝のいちホゲは

 なし。

 なので昨日の午後便で⇒Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - ヒヅメガニ コアラそっくりで人気 神奈川の水族館

 ようするに、人面魚。

今日の新聞各紙社説は…

 新聞社でいえば、読売がまとも。あとはなんか、ざけんじゃねーとか言いそう。とくに朝日と産経ってスペフィックな素材がないとどうしてこう崩壊してしまうのだろうか。

 読売の中教審の話だが、さて、じゃ、とこれを受けた地方はどうするべきかという視点に立つと、困惑するだけ。悪口言っちゃうというとき、地方の大学が役立たないというか、地方の大学のセンセがすっかり都市指向なんだよね、クチではいろいろいうけど(あと県立はもうもろ地方の権力闘争)。というか、それって現地で実際的なのかという素っ頓狂な提言しかしない。センセはさておき、じゃ、村落レベルの教育委員会はというとこれが酸鼻。そういう構図のなかで読売の正論というのは、ただの地方切り捨てという趣向でしかない。あ、まいどの読売じゃんというだけ。さて、どうしたものか。ぐだぐだいっても、やっぱり大学のセンセか。

 香港行政長官の話もちょっとあっちで書こうか悩んではいたけど、ざっと見るに香港ってダメダメなんだね。問題はやはり規模というか国家の適正サイズ要因のようにも思う。香港、シンガポール、そしてたぶん台湾は沈むのだろうと思う。

 知的財産政策もこれも現場を踏まえると様相は変わる。さて、現場を周りますかというジャーナリストがいるか。

日経社説 日韓新パートナーシップの原点に戻れ

 ご冗談でしょ。

 竹島うんぬんはどうでもいいというか、あの問題は海洋資源なわけで、そうした次元の国策、農政だね、そこが日本はダメダメでどうやってFTAをせいと。

●産経社説 道路公団民営化 カギ握る経営規律の確立

 これは間違った社説というべきかな。

 今回の公団改革で一番求められるのは、野放図な道路建設を食い止めるなどの経営規律の確立である。新経営陣が公団とは異なる経営をどう貫くかが問われる。

 「経営規律」とかいう言葉に産経とか酔ってしまうのだろうな。これこそ、まさにシステム的な対応が必要。つまり、情報の開示とフィードバックのシステムが必要。

●産経社説 総会ラッシュ 中身充実へ株主の責任も

 ま、つまんね、と言っていいでしょ。

●毎日社説 行政の熱意と創意工夫が鍵だ

 まじめくさった無内容…という感じなので、どこにツッコミ入れるか?

担当者次第で自治体の「減災力」に格差が生じる、という。「国民運動」よりも自治体間の「減災」競争を促すべきではないか。

 洒落がお上手。

●毎日社説 知的財産政策 日本を強くする戦略明確に

 これも悪くないか。

この基本的な方向は間違っていないだろう。これまで赤字だった技術貿易収支は03年に黒字転換し、04年は2432億円の輸出超となっている。また、武田薬品439億円(02年度)、キヤノン224億円(04年度)などの知財収支黒字を出している技術力の強い企業も出てきている。

 とりあえずはそうなんだよね。武田はちょっと…でもあるが。

 ただ、この分野はよくわからない点も多い。

 特許出願にともなう技術流出問題は企業側と現在の法制の双方に問題がある。もともと審査請求を行う意思のない出願も情報が公開されるため、全世界にその技術がただで流出してしまう。

 そこで、企業に求められることは出願は本当に特許取得を目指す案件に限ることである。それにより、審査の遅延も防ぐことが出来る。また、企業が特許として出願するか、公開しないノウハウとして営業秘密化するかの選択が可能になるような法的対応も必要であろう。

 もう随分前の現場感覚だが、このあたりは苦笑する。特許出願がノルマになっているのだし。

●読売社説 [香港行政長官]「形骸化が進む『高度な自治』」

 これはよく書けている社説かな。

 中国国内ではこの数年、農民や失業者などの暴動が頻発している。香港と隣接する広東省は、暴動の多発地帯だ。

 天安門事件の記念日にあたる6月4日前後には、活動家らの拘束が相次いだ。香港在住の著名ジャーナリストもスパイ活動を行ったとして拘束された。

 「高度な自治」を形骸化し、「安定」を優先する中国の姿勢は、香港の新たな混乱の火種となるかもしれない。

 このあたりの朝日ばりのレトリックには苦笑するが。

●読売社説 [中教審]「地方も義務教育のビジョン示せ」

義務教育費国庫負担制度は堅持する、という方向性は揺るぎそうもない。税源の移譲を求める首長ら地方代表が、説得力ある教育ビジョンを出せずにいるのが、要因だ。

 そういうことなんだろと思う。地方の側にそういうインテリジェンスがないのだと思う。

 ただ、

フランスなど先進国の中には、教職員の地位を国家公務員とし、国が義務教育費全額を負担しているところも多い。

 これはいただけないね。じゃ、米国はとかツッコミするのも野暮だけど。

●朝日社説 セパ交流戦 上出来ではあったけど

 読売憎しということか? つまらん社説。

●朝日社説 JR西日本 見切り発車は許されぬ

 放言でいうのだが、もうファ○ズムという文体(○のなかは…「び」ということでよろしく)。

[] 忘れらるる身のひとつなり露草の 終風

popopopo 2005/06/20 09:17 義務教育の話は金の問題よりも教職員が終身雇用制だというのが一番の問題だと思いますね。組織の硬直化による現場の疲弊が甚だしいという話を多く聞きますし。英語とかは全員外国人教師を採用すれば日本人の英語コミュニケーション能力もかなりアップするだろうが、まず無理でしょうしね。
知財の話では、特許単体での利益を議論しても何の意味もなし。特許はあくまで経営戦略上での一つの手段に過ぎないと思いますので。要は独占排他権、他人の行動を制約するのが特許のそもそもの役割であって、日亜化学みたいな他社に全くライセンスを与えず自社のみで莫大な利益を挙げるのが本来の使い方。特許で稼ごうとすると松下のようになってしまう罠。
特許の法上の趣旨は万国共通で「技術内容を公開する代わりに独占排他権を与えますよ」というものなので、最近の「特許の技術内容を公開すると中国あたりに情報を盗まれるから公開するのはおかしい」という議論には非常に違和感を感じます。現在でも、知財戦略のまともな会社は「特許出願」すべきか「ノウハウとして秘匿」すべきかの選択はちゃんと行っているし。まあ、自分だけが発見したと思いこんでいる事項はえてして他人も思いついたりしているので、よっぽど画期的なものでない限りノウハウとして秘匿するリスクは高いわけですが。まあ、早急に対処すべきは特許の問題よりも中国の模造品対策でしょうね。総花的な知財政策を打ち出すよりもこれに全力をつぎ込んだほうがいいと思います。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/20 09:35 中国は馬鹿じゃないというより、手段を選ばないというべきでしょうね。で、逆に日本は手段を選びたがるというか、コレしちゃ駄目よ、といわれたら素直に従うどころか、いつまでも従う。よーするに、日本のエリートというのはひ弱なんで、一度駄目出しされたら逆らえないんでしょうね。

ゆーきゆーき 2005/06/20 10:40 単純な話、毎日特許実務わかってねー、と。
特許が公開になることで、その後の他者の特許出願は無効にすることができるので、他者からの特許実施料の請求はのけられるし、また公開にすることで他者はその技術開発への投資をやめることができるんですけどね。
あと特許出願と特許審査請求は別物であって、出願後に特許庁に審査請求することによってはじめて特許審査がはじまります。したがって特許出願件数=特許審査件数にはなりません。もっとも前者が40万件、後者が20万件で、現行の特許審査官の人数から言って一人一日一件の割合で処理してる状態です。(蛇足)

popopopo 2005/06/20 15:25 finalventさんに代わって、今日の一押しホゲ。
日経新聞5面のコラムニスト田勢康弘氏の論説の冒頭
「いまこの国の外交もニート症候群におかされつつある。日本の近隣諸国、とりわけ極東アジア地域では中国はもちろん、韓国とも北朝鮮とも、それにロシアともうまくいかない。(後略)」
ニートという言葉がいかに流行りでも、コラムニストが大新聞でこういう言葉遣いをするようじゃ、ニッポンジンの国語力が落ちたと批判されても仕方ないですねー。

jazjaz 2005/06/20 15:40 ブックマーク関連です。『ホテル・ルワンダ』のあらすじが以下のサイトにありました。
ダルフールに関心をお持ちのブロガーさんです。
http://d.hatena.ne.jp/cameracamera/20050616/p2

eternalwindeternalwind 2005/06/20 16:04 日本のマスコミで当たり前の前提のように語られる資源外交ですが、戦後の歴史で
軍事的圧力なしの平和的外交手段のみで、ある特定の資源国から
国際市場とは無関係に有利に資源調達できた例って、日本に限らず存在するんでしょうかねえ?
ロシアと東欧の関係のように軍事的支配下にあったり、英仏とアフリカのように旧植民地からの結びつきで、旧宗主国出身者が経済を牛耳っていたりする場合は別として、ぶっちゃけないんじゃないでしょうかね?
資源外交なるものは、パイプを作った政治家自身の個人的な利権にはなっても、国家全体の利益には
なりえないと思うんですけどね。日本の例で言えば、例外的にイランとは、それに近い関係だったとは聞いておりますが、それでもせいぜいペルシャ湾の安全航海に便益があったぐらいで、金銭的な利益をもたらすような結果は得られなかったからアラビア石油は破綻したんじゃないんでしょうか?あまり詳しくないんですけど・・・

くりAくりA 2005/06/20 17:33 finalventさん、今日Cnetのイベント行ってたんですか?

matsunagamatsunaga 2005/06/20 19:21 一回書いたけど長くなったのでトラックバックにして削除します

くれふくれふ 2005/06/20 19:31 日本では米国式の教育方法論を研究している方が多いせいで幻想化してますけど、アメリカの公教育レベルはかなり酷いですし、教師の質も恐ろしく悪いですよ。
教職員給与完全国庫負担によって質の向上が100%図れる訳ではありませんが、少なくともそうでない国は尽く質が低下しています。
日本は折衷制ではあるものの、コストパフォーマンス的には世界で最も教育の質が高いですよ。
教育の質的向上は養成機関と免許制度の正常化が基本ですが、呼び水としての国庫完全負担は、避けられない施策であると思います。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:44 popoさん、ども。教員については、自分が僻地に暮らした感じからすると、ま、総じてよい制度かなとは思います。でも、それですまないのはディテールとバランスの議論が難しいところです。特許については、popoさんのご指摘が基本ですね。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:45 ゆーきさん、ども。その蛇足がなかなか真実味がありました。どうなっていくのかな、現状はと思うけど。けっこうIT化もしているのは私も知っているのですが。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:47 popoさん、こっちも。田勢康弘も田村秀男もなんかエンタの人かも。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:48 jazさん、ども。こうした問題に関心を向ける人が増えることを期待しますね。あと、この映画ですが、making ofみたいなのはTVで見たのですよ。あと、ダルフールとちょっと違う側面もあるのですが。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:51 eternalwindさん、ども。なるほどですね。日本人には自由市場というのは空気というか米国の当たりまえの恩恵でもあるのでしょうけど…ま、それなりの対価は払ったか?…総じて言えば、日本は得意にラッキーだったで終わりそうですが。

sandersander 2005/06/20 19:51 乱暴な言い方になりますけど、有能な人材を揃えるにはそれなりの対価を払う必要があるわけで、公立でそれをやるためには国庫負担もやむなしかなぁ、と思っています。もしくは予算Over分は保護者(というか養育者)で負担するか。
後、生徒が減るからといって先生を安易に減らすのもどうかなぁ、と。現状で決して足りているわけでもないのに。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:51 くりAさん、ども。CNETってあれですよね、ブログなんとかとか。いえそれじゃないんです。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:52 matsunagaさん、ども。あとでエントリのほうでまた扱います。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:53 くれふさん、ども。ええ、これだけの国家サイズで公教育が成立しているのは日本っていうのはちょっと奇跡的ですね。ただ、それが過去のものになるかですが。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:54 sanderさん、ども。ある意味、ちょっとノー天気な期待だけど、退職老人が地域の教育にボランティアでかかわってくれるといいと思う。音楽とか科学とか有能な市民は多いのですし。

eternalwindeternalwind 2005/06/20 20:09 翻訳権についてですが、無断の全訳は明らかに引用の範囲を超えるので著作権侵害なはずです。判例も出てるでよ。http://www.netlaw.co.jp/chosaku/
ただ、全訳やっちゃうのはよくある話だし、個人的には単発的な全訳は逆に応援したいぐらいです。
ただ、それを批判されたからってぶーたれるのはどうなんですかねって感じ。
批判されてぶーたれてやらねって言うなら、最初からやるなって。
ブログをみると、もしかしたら彼はクネクネの人なのかもしれません。(違ったらすまんが)
僕はネットで俺様ルールで突っ走ってるやつは大好きなんですが、クネクネの連中は、自分たちの閉鎖的な
俺様ルールを勝手に人に押し付けるので大っ嫌いなんですね。

finalventfinalvent 2005/06/20 20:13 eternalwindさん、ども。ま、そゆことですね。

synonymoussynonymous 2005/06/21 00:14 日本みたいな国が教育を捨てたらあとがないでしょう。なくなっても良いや、って方は他所に行って頂きたい。

synonymoussynonymous 2005/06/21 00:53 他所ってのは他国ってことです。

unkounko 2005/06/21 04:24 id:matsunagaの方でコメント禁止を喰らったのでこちらにレス。どうせ見てるよね?

>違法行為というほどのものでもない

その根拠は?

Independent紙のTerm of useを見ると、明らかに無断のtranslateを禁じてますよね。

http://www.independent.co.uk/story.jsp?story=55087

で、id:matsunagaの人はここで「返事がない」と言ってますが、それは何の言い訳にもなりませんね。「問い合わせて返事がないから勝手に無断掲載した」そんな言い訳が成り立つならば、著作権法なんて何の意味もないですよね。

>それだったら先にもっと役立たない著作権法違反行為を摘発するべき

分かってると思うけど、そういう問題じゃないでしょ。

で、また逃げるの?

kemurin01kemurin01 2005/06/21 06:15 今日は、お久しぶりです。お元気ですか。

認知症に関するエントリより引用
> …もしかして、これが日本の未来ってやつ。

つうか、このエントリを読んで繋がったのですが、海外に一年ほど住んでこの三月に帰ってきてすごい違和感を感じたのが、高速道路の追い越し車線で道を譲ってくれない人が極端に増えたこと。非力な車であっても全然お構いなし。ありえない、フランスの高速道路だったら絶対ありえない。後ろからの車に気配りできない極端に視野が狭くなっている人もいれば、気づいているのに他人の利益がこれ以上増えるのが嫌だと思っているような人もかなりいる。なんか、すごく怖いです。一億総中流の幻想の崩壊現場に立ち会っているようで。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:30 synonymousさん、ども。ええ、でも、なんか日本の文化っていうのはそれ自体で強さもあるように思えてきました。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:31 anonymousさん、ども。なにかきちんとした合意というか基礎ができればいいのですけどね。私はどちらかというとそう考えるけどそうは受け止めてもらないし。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:32 unkoさん、ども。ここだけの話ですが、Independentの記事は数日のみ無料で基本は有料です。つまり、他に転載しちゃだめというのが前提なんですが。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:34 kemurin01さん、ども。ええ、なんとなく元気の部類です。この問題、一面ではでしょうが、本当に戦争が終わったみたいな感じがします。戦前の日本はろくでもなかったけど、そう悪い面だけでもなかった。その悪くもない面も消えてしまった感じがします。

finalventfinalvent 2005/06/21 08:34 kyoumoeさん、ども。(それは大人の事情ってやつです。)

UG35UG35 2005/06/21 09:11 >…もしかして、これが日本の未来ってやつ。
なんだかSFショートショート読ませていただいたみたいで得した気分です。30年くらい前の“ソイレントグリーン”という映画を思い出しました。実態はといえば、従来隔離されてきた人達が、この10年くらいで開放されてきたのかとも思うのですが。

kemurin01kemurin01 2005/06/21 12:02 うん、正にそういう感じです。戦争が終わったという面においては、そういう意味合いにおいてももう少し前に終わっていたのであり、それが益々顕在化してきている、というある種の退屈さを帯びた規定路線なのですが、少なくとも、その変化に以前から準備してきた層と、びっくりしてやるかたなく慌てふためいている層とに、「日本」とか「日本人」というカテゴリーを分類しなくては、あらゆる議論が機能しなくなっているのではないでしょうか。私は、前者に類する層のなかで「日本的なもの」は継続していくのだと思います。あと、海外に脱出した日本人たちのなかで。

finalventfinalvent 2005/06/21 16:12 UG35さん、ども。今日も気にしてみるとそういう感じかなと思う人がちらほら。でも、自分がいずれそうなるのでしょうね。

finalventfinalvent 2005/06/21 16:14 kemurinさん、ども。あまり「日本人は…」と考えるものどうかと思うことはあるのですが、やはりそれは一つの明確な文明と民族の刻印のようには思いますね。血統は日本人であれ、そこから文化的には離れた人も増えるのでしょうが。

2005-06-19

ああ、なんか勉強しなおしたい気もするが…

 これ⇒お気楽 Standard ML of New Jersey 入門

 しかし、なんとなく、しないのだろうな。

 30年若かったらなんかこういうのやっているような気がする。

悪口じゃぜんないのだけど、これ、まったくわからんのですよ

 これ⇒はてなブックマーク - ウェブ社会[本当の大変化]はこれから始まる - シリコンバレーからの手紙・特別篇105

 と間接リンク。

 もちろん、表層的に理解はできるので、現代国語の試験だったら、けっこう点は取れるかも。

 で、反論とかあるわけでもない。

 ただ、なんかわからない。

 ちょこちょこと疑問があって、ま、それはたいしたことないっしょ、と思いつつ、読み進むに進めなくなる。

 たとえば、Google

 ざっくばらんにいうと、Googleってうざいんですよね。それがなくちゃやっていけないのに、うざい、と。簡単な例だと、アフィリエイトがけっこう既存の企業の審判性そのまま。つまり、Googleってぜんぶがぜんぶそうだとはいわないけど、けっこう資本主義ハーネスなんですよね。なんか、それって違うんでね、とか思うのだけど。

 この問題パティキュラに言えば、アフィリエイトしなきゃいいんじゃないの、と、それはそう。でも、それもなんか違うよね感はある。

 理想的な解は、アフィリエイトの側は進化してくれることだし、Googleがそれに最適によりそってもらう。つまり、市民社会の言論から資本主義をハーネスするようなね。

 ただ、どうなんだろ。

 あーつまり、10年後はわかんないけど、基本にあるのは、ムーアの法則げなものではなく、マネーがメタ化したメタマネーゲームとしてのITという標識なんじゃないだろか。

 って、私の意見もわかりづらいですよね。

 まとまってないし。

NC追悼…

 で、思ったのだが、ゲームなんかも最初からNC指向にしておけば課金とか楽だったのにね。

 総じてNC指向ならなんでも課金は楽ちん。

 それを最大限阻んだのは実はWindowsだった、と。(だいたいこんなものクライアント側に持つ必要ないじゃん。)

 実はビル・ゲイツ三世は、コンピューターがネットワーク支配されることをもっとも防ぐツールを与えてくれたのだと…洒落がきもい。

ひつこくぶくまの相関だが

 それができれば結局ユーザの関心指向がなんつうかクラス分けできるわけで、そうしたクラスに特定のプロパティとメソッドを組み込んだ計算可能な「もの」を作れば、擬似的に思考させるってことは可能なんじゃないか。

 ちょっと、なんか、あれだけど、たとえば、リフレ派というのはクラスなわけだね。プロパティを持ち、メソッドを持っているわけで、それになんか突っ込めば出てくる、と。で、オメーはリフレ派を理解していない云々っていうのは、つまり、クラスの仕様がわかんねということであって、実際には、リフレ派云々はどうでもよい、と。なんか例が筆禍か。ま、そうでなくてもいいのだが。

 ま、いずれにせよ、はてななんかだとクラスができそうな気がする。なんか、出来そうな気がするんだけど。

そういえば/2 logoという言語があった

 なんとなくタートルグラフィックスくらいしか注目されんかったが、あれは、けっこう文字列処理の可能性を秘めたというか、比較的、簡易にAIアプリケーションを作れる発展性がうかがえたが…あれに今のATOKの言語処理能力とかを遠隔でサポートしてやれば、知的処理のプロセッサというかできないではないんでないのかと思うというか、もっとやさしい正規表現みたいなと含めて。

 うまくぶんぶん回せば、ブログ時評AI版とかできそうな気がするが。ま、最初は団藤テンプレでしょうが。ってネタになっちゃうのだが。

そういえば^2 Flipcastはどこに消えた?

 ⇒Flipcast main page

 なにかに発展的解消したのだろうか?

 Telescriptが現在のRSSの起源?だからそれでいいのか。

 なんか、それって、退化の形態じゃないのか。

 なんで、RSSってインテリジェントじゃないのか? って、うざいだけか。ってか、セマンティックであろうとするのが問題の元か。

そういえばNC(ネットワーク・コンピューター)はどこに消えた?

 どこどこどこ?

 今こそ、インフラはありげなのに。

 ⇒注目のNC(ネットワークコンピューター)の裏側

はてなQ Windows 上に フォルダを9999個簡単につくる方法を教えてください。

フォルダ名称のフォーマットは 0001+英字5文字 から999+英字5文字 です。 たとえば 0001ABCDEから 9999ABCDE の9999を 簡単に作る方法です。

 なんかこの手の質問が多いような気がする。

 で、回答は…。

 こりゃ、しょこっとプログラムを書けばいいように思うが、カウンタ回してダミーを吐けばいいのだろうけど。

 もっと簡単な方法があるよと思ったのだけど、連番がABCD0001だと楽なんだけどね。

 で、回答は…。

 ダミファールを倍々でコピペして(14回)

 ⇒Flexible Renamer

 かな。

 最初にベタ連番作って9999までよりわけて、もいっかいリネームするといいでしょ。

はてなQ これから来そうなプログラミング言語

現役SEさんやプログラマさんへ質問です

皆さんの長年の勘や、市場の動向から、これから来そうなプログラミング言語を、理由を添えて紹介してください

まあ、今はプログラミング云々ではなくなってきてると聞いたことがありますが、ちょっと知りたいので、よろしくお願いします

 現在まだ回答受付中。

 これから来そうなということでは市場の問題ですよね。

 .NET Frameworkが浸透するかJavaかとかは、市場の問題。そして、どっちも、あんまり言語っていう問題じゃないし。

 LAMPとかもようするにサーバーの普及の問題で、これも言語っていうことかいなとは思う。

 個人的にはPascalでしょとか思うけど、自分がこれをまともに使えるわけないし、もはやまともなものはこれではできないし。

 あ、そういえば、FlashEclipseベースか? つまり、開発環境だよなというのもある。

 プログラムがつまらない時代になったなとも思う。

 J言語とかどうなったのか。個人的にはAPL系も壺だが。

 あ、意外に、なでしこ、だったりして(洒落です)。

この分野は大漁

 ⇒図録▽離婚件数の推移と景気との相関

 女性特有の動物的なカンが景気を予知し、子供の養育費、慰謝料、離婚後の就職可能性などを考慮し早め早めに手を打つのではないかなど、仮説はいろいろ立てられようが、詳細は不明である。

 ⇒離婚が一時的に減少したと言っても

そこで、法律を改正し、離婚時には、年金を分割することができるようにすることとなっています。これが平成19年4月から施行される予定だそうです。

 そこで、これまで20数年も我慢してきたのだから、あと数年くらい我慢してみるかということかもしれないのです。

 もしそうだとすると、平成19年4月以降は、いわゆる熟年離婚が再び急増するかもしれません。

 ま、しかし、ネタはネタなんだけど、離婚しても喰えるという社会状況が最大の要因というあたりがネタにマジレスでしょうかね。

ゲームをやめたのはいつだっただろう…

 グラディウスか、ハイドライドか。イースはやり通さなかった。

 ジェネシス?(敵と味方にわかれてわーわー闘うやつ)は三日で飽きた。

 ダンジョンものは買ったけど、やらなかった。

 いつだろう。

 というか、その前はゲーマーだったのか、オレ?

 疎遠になった知人が、オメーとあったころはいつもゲームの話しかしてなかったよと寂しげに言った。

 しかたない、そうなんだ。

 オチゲーとかもよくやった。Macのコラムスは神業級だった…ってこともないか。

 ナツゲーとかもやりたくね。

 インベーダーもパックマンももういいや。

 3Dで体感的なパクマンがあったら、ちょっと、やってみたい。

そういえば…

 お前はキチガイだと言われたことはなんどもある。

 今でも馬鹿だと言われる。そりゃご明察。

 精神疾患だからこうしなさいとアドバイスされたこともある。

 若い頃、そういえばカウンセラーに、ちょうど精神医学の専門家のかたがいらっしゃるから面談してみると言われてあったことがある。動物のように見られた。その間、彼はパイプタバコを吹かし続けていた。今、思うと、おめーのほうが相当に変だよとか思うが。で、結論は異常なし。

 そういえば、離人症っぽいというかそのもだったかの状態でもあったな。

 見当識に問題があるといわれたこともある。思い出すと、ネットだ。ネットに関わってから、とくに、その手の反応が多い。どいつもこいつも匿名なんだけどね。

 以前にも書いたかもだが、私は、けっこう人の批判とか罵倒は真に受ける。あー、そーゆー可能性もあるかなと思う。罵倒者はどこかしら私の無意識でもあり、無意識という他者は非常に狡猾なものだ。

 そして、私は、そうした批判なりが正しいか、時間をかけて検証する。こっそり、じっくり。

 あまり嘘でもないと思うが、そうした批判仮説はあまりあたっていない。

 けっこう人の言うことって変なだけという結論に落ち着くことは多い。

 自分が他人にホゲとかいっているのとおなじくらいの精度だろう。

 仕事をするようになって…と言い出してみて、私は今でいう典型的な引き籠もりでもあったか…、わかったのだが、意外に大人というのはまともに仕事ができない。驚いたのだが、責任感というものがない。劣悪な職場にいたのかもしれないのだが、これは驚きだった。

 いつもジョブは人が放り出したのを引き受けた。技術的に難しいのもあり、クライアントが難しいのもあった(台風の日でも大雪の日でも、交通機関が止まって3時間歩いても、クライアントに叱られに行ったな)。どんなにきつくてもジョブを投げ出すことはなかった…と言いたいが、そうでもない数例はある。悔やむ。そして、歳を取るにつれ、案外若い日に見た無責任オヤジの一人になっているのかもしれないとも思う。

 ま、社会に出てみたら、私のようなダメ人間が最後までジョブに噛みついていた。もちろん、そういう仕事はきついからボロボロにもなった。

 人間というのは変なものだなとも思った。

 というか、自分がどっか異星から来たような感じでもあった。

 話が循環するが、なんとなくだが、それでも、自分はどっか狂っているだろうなとは思う。ま、社会に害を与えない程度だろうし、ネットの書き散らしについていえば、嫌なら見ない自由は保障されているし、ま、法的にも問題ない範囲ではあろうし…ま、そんなとこ。

孤独というか…

 二十代の中頃、なにもかもダメで(その後もなにもかもダメではあるが)、機会あってカウンセリングに通った。結論をいうと、カウンセリングというのは、理論などどうでもよく、カウンセラーの人間的な力量それだけがある。幾人かのカウンセラーはまるでダメだった。率直にいうと、たぶん、当時の私は、甘っちょろいカウンセラーを見透かしていただろうし、それは傲慢というより、正確なものだったのではないか。

 幸い一人のおばさんカウンセラーが続いた。彼女は当時何歳だっただろう。40歳半ばだったか、30代ということはなかったか、未婚の人生を続けていて、そのころ結婚した。相手には子どもがいた。いきなり少年・少女の母になったと言っていた。

 彼女は、後に、私について、なんて元気な子なんでしょ、と思ったと言っていた。そういうものか、と思った。死にそうに思っていたのだ、自分では。

 それから彼女は、私の話を理解しようとした。これは、自分には驚くべき体験で、自分の話を理解しえる可能性というのは常になく、ある意味なげやりだったし、多くの人は私に対して、人の話を聞かない、なに言っているのかわからない、論理飛躍が多すぎ…などなどであった。

 だが、たぶん、私は、今思うと、理路整然と話したのではないかと思う。だが、こちこちの孤独のなかの思考は奇妙な造語などもあり、変な表現が多かった。

 若いころ人と話ながら、その人の、「心の透明性」というのが気になった。この概念は当時の私には一義的な概念だが、まるでなにを言っているのか通じなかった。私としても、そこを一義に考えるようになりつつあったので、他人とはコミュニケーションができなかった。

 「思いが折り重なる」みたいな表現もあった。たしかに、今思い出すと、奇妙な表現が多い。

 今も、そうなのかもしれない。

 話がずっこける。

 はてなでもう一つIDが取れると聞いて、ふと、日記でも書こうかと思った。自分だけの日記。なんだか笑ってしまうが。

 ここなど日記にすらなってない。

 自分はあまり嘘をつかないとかいっているが、自分を巧妙に統制はしているように思う(そうでもないか)。

 話にオチはないです。

孤独というか…

 幼い頃、ある意味で、ひでー孤独におかれつづけたせいか、20代になるまでも、そのあたりは一種の精神疾患的なものがあったかと思う。

 20代後半にパソコン通信というができて、奇妙に心の通じる人はいるものだと、はしゃいだ。それが5年くらい続いただろうか。そしてあと5年はなんとはなしの惰性だった。

 世の中広ければ、孤立した精神的な傾向というもの、それなりに類似な人はいる。

 そして、孤独は孤独だというか、それはそういうもので、どってことないなと思うようになる。

 ま、そんなことはどうでもいいかというふうにもなるし、生きていると、社会というのはそれなりの役目を課すわけで、孤独とかぬかしている余裕はない。

 ただ、なんとなくだが、孤独というの癒すのは正義への希求ではないかとなんとなく思う。

 正義への希求というのは、ださいし、それ自体が間違いの元ともいえるのだが、それでも、この世界をよくすべく自分になにが貢献できるだろうかというドライブというのは、ある程度素朴にあるだろうし、それは孤独のバーターでもあるように思う。

 大人というのは、正しく正義が希求できる社会の可能性を作らなくていけないのだろうと思う。

 問題は、正義そのものの希求ではなく、その可能性の側なのだろう。

 なにが正しいかはわからない。正しいことなどなにもないのかもしれない。しかし、正しいことはなんだろうと社会問いかける余地の可能性は、ある種心の健康のようなものでもあるだろう。

 ま、そんなことをちと思う。

今朝のイチオシ…

 なし。

今朝のイチホゲ…

 これに決まり⇒離婚の減少はサッカーW杯から始まった [ブログ時評26]

 いや、エンタのクオリティとして最高です。

 まじで批判する気力がアナタにはあるか、ドーン!(喪黒福造

今日の新聞各紙社説は…

 日曜日だからなのか、私の側のせいか、読むに耐えないようなのばっかしに思った。ので、なんか、一言バッサリばかりになってしまった。しかし、再読するに苦痛。

日経社説 介護”肥大”への予防が大切だ

 これは難しい問題だな。わたくし的にはこの分野の技術の問題があると思うが。

●日経社説 新たな統合ビジョン迫られるEU

 無内容。

産経社説 JR西運行再開 安全最優先の風土を築け

 自分はどっちかというと文系的な人間に見られるようだが、ついてけん。いや、理系の人間がこう発想するのか。わからん。

●産経社説 ODA戦略 財政も外交も工夫が必要

 あほか。ODAは濃淡あるべし。

●毎日社説 日韓首脳会談 あいまいな言葉で誤解生むな

会談は緊迫したやり取りになる可能性がある。小泉首相に気をつけてもらいたいのは、韓国側に誤解を与えないようにすることだ。

 些末。

●毎日社説 寄付金税制 税金の使途を自分で決めよう

 なんだこれ。寄付って喜捨と勘違いしてねか。

 寄付というのは自律的に運用すべきもの。ゲイツはよいかみさんをもろた。

読売社説 [福知山線再開]「安全の追求に終着点はない」

 ついてけん。

●読売社説 [EU首脳会議]「さらに深まった欧州の混迷」

 その英国が、来月からEU議長国となる。持ち越しとなった中期財政計画策定など重要課題の解決に糸口を見いだせないようなら、EUは、長期停滞も覚悟しなければなるまい。

 いまさら。

●朝日社説 一票の格差 もう第三者に任せよう

 参院不要。

●朝日社説 金正日発言 変化の機運を生かせもう

 ひどすぎ。

[] 呼び出しで起床か梅雨の日曜日 終風

morimori 2005/06/19 09:55 >俳句
おすもうの始まる時間までねていたのなら面白いと思いました。
>寄付
寄付したことありませんが、日本のお金持ちはどう思っているのでしょう。やきもきしているのでしょうかね。
>時評
「ただちに新聞記事にも出来ない」とかいっているので、ブログはネタと割り切っているのかもですが。喪黒福造でいうなら、私たちの心の隙間は広がり続けているのではないでしょうか。あの破滅的な各ラストがハッピーエンドに思えるくらいに、閉塞感を嫌っているのではないでしょうか。(悲劇でも、主人公になりたい?炎上しても、注目される管理人でありたい?)

finalventfinalvent 2005/06/19 10:18 moriさん、ども。案外これから寄付は増えるかもしれません。良いことをしたいと思う金持ち老人は増えるような気がします。「時評」…おもろいですよ。なんか陰口悪口みたいでちゃんと批判したほうがいいのかもだけど、やるだけネタにはまりそうで…。

finalventfinalvent 2005/06/19 10:41 catfrogさん、ども。あー洒落にマジレスって通じないと怒られるんですよぉ、桑原桑原です。

eternalwindeternalwind 2005/06/19 11:13 団藤さんの離婚のエントリーですが、エンターテイメントとしては切り口が最高だと思います。
なんか、「男AERA」というフレーズがふっと浮かびました。
「AERA」がデーターを思いっきり恣意的に引用して「離婚」だの「女の自立」をあおるじゃないですか。
あれの逆バージョンをやる雑誌を、熟年男向けに創刊するって言うのは、実際いけるかもね。
『「AERA」が成功したのは、インテリ女なんていっても所詮女はバカが多いから、データーの恣意的な引用も見抜けないからだよ』というのは単なる女性差別で、『男インテリにもそういうバカが多い』のはパオロ・マッツァリーノ『反社会学講座』を読めばよくわかるわけで・・・

eternalwindeternalwind 2005/06/19 11:41 敵と味方に分かれてワーワー戦うやつってもしかしてポピュラスですか?

finalventfinalvent 2005/06/19 12:38 eternalwindさん、ども。団藤さんのはほんといいとこ突いてますっていうか、発想が。あ、ゲームですが、そう、ポピュラスです。あれはけっこう面白かった(指が疲れたけど)。

finalventfinalvent 2005/06/19 12:39 Iwaseさん、ども。ええ、なんかバックスリーンとかから〜〜がぶっつと。

jazjaz 2005/06/19 14:49 私もネタにマジレスしてみよう。「離婚が一時的に減少した」→実は不倫が増加した→夫(または妻)に面白みがなくなって、結局離婚が増加する。
不倫のデータはないのでしょうか?

AppleApple 2005/06/19 15:12 プレイステーション2の「サイレン」とかGCの「バイオハザード4」なんかいかがでしょうか?
ホラーゲームは大人がやっても面白いですよ。

finalventfinalvent 2005/06/19 15:40 jazさん、ども。信頼にたる統計はないと思うけど、不倫は多いみたいなんだけど、どうも不倫自体は長続きしないみたい。日本の場合、男性の風俗が不倫には入らないみたいだし。なんだかよくわからない世界。

finalventfinalvent 2005/06/19 15:41 Appleさん、ども。あー、むしろピクミン2みたいのが壺かも。

finalventfinalvent 2005/06/19 15:42 hubrisさん、ども。タグの処理は正規表現でやると信じられないバグが出やすいと思うんだけど。っていうか、この処理はDOMインタフェースを使うほうがいいのではと。

hubrishubris 2005/06/19 16:02 うーん。文脈自由文法(まともなタグの包含関係のチェック)は簡単だよ、という挑発かと思ってヒートしちゃいました、まあ私の答案の方向で汎用性を追及するとDOMを再実装するはめになるのは目に見えているしなぁ。

二ィト二ィト 2005/06/19 16:09 批判というか罵倒中傷とかの本気の生の言葉って、言った自分自身に向けられてることが多いような。
2chなんかの口喧嘩とか見てても突然何の事だ?って単語が出てくることがあるんですよね。
怒り心頭前後不覚状態で相手を傷つけようと思って、結果的に自分が言われて一番傷つく言葉をポロっとやっちゃってるような気がします。

finalventfinalvent 2005/06/19 16:11 hubrisさん、ども。なんか熱意に打たれますね。実際にはHTMLのタグなんてぐちゃぐちゃだから、予めInternet Explorerにもかからないのは捨ててみたいな前処理がある、と、すると、結局、MSXMLのDOMを使うほうがいいでは、と。なんか、つまんないですよね。ところで、質問を読み直すと、CSVでどうせいというのかいまひとつわかんない。要素をベタでカンマで切るわけでもないだろうし、総エレメントでRowをまとめるわけでもないだろうし。

finalventfinalvent 2005/06/19 16:15 二ィトさん、ども。ええ、そのあたりの感情のありかたっていうがの無意識だと思うのですよ。私の場合、馬鹿とかハゲとか爺とか推定本名とかなんかパターンだよねみたいな。と、書いてて思ったのだけど、罵倒者が匿名だから本名推定とかが嬉しいのか…。なるほど。ま、訴訟マターは避けたい、というくらいなんで、ハゲ、ちび、でぶ、いんぽ、とかウェルカムですよ。

自由の敵自由の敵 2005/06/19 16:28 そこで関数型言語のLISPですよ!(注:絶対来ない)
>>jazさん
キリスト教国ですら子供の10人に1人は不倫の子という話をどこかで聞いたことがありますが、まさにパンドラの箱でしょうね、そのへんの話は。

finalventfinalvent 2005/06/19 16:37 自由の敵さん、ども。あははLispはないない(こともないか、マクロとか)。関数言語ってなんかすごいのが昔あったと思ったがなんだったっけ?

hubrishubris 2005/06/19 16:41 確かに元質問は解釈がむつかしいですね。CSV 自体、改行入りだったりすると excel 以外には結構扱いづらいフォーマットだし。
昨今の NC はこんな方向らしいですが、「マザーコンピュータ」のお守りをする情報システム部門がリストラに晒されているから当分このまんま、でしょうね → http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/ha/prod/cb/florabd100/concept.html

finalventfinalvent 2005/06/19 17:05 hubrisさん、ども。あ、これ、なんかセキュリティ関連で見たことありますね。っていうか、そういう売りにされていたけどNCだったのか。なるほど…なんか泣けます。

finalventfinalvent 2005/06/19 18:14 rkoさん、ども。そうだ、思い出した、MLです。今じゃMLっていうと…さておき。MLって今でもあるのかぁ。なんか感慨。

oohooh 2005/06/19 19:11 重箱の隅ばっか見てるのでスマソ。木も見ず森も見ず葉っぱだけです。functional prgromming あきらめるのはまだ早いっ!です。僕はしませんけどw

eternalwindeternalwind 2005/06/19 19:13 ついこないだ読んだ日刊工業新聞によるとNCというかディスクレスのシステムを導入する企業は、個人情報保護法との絡みで増えてるそうですよ。成功かというとそうでもなくやっぱり遅いという苦情が社内から殺到するそうです。記事によるとボトルネックはネットワークのトラフィックとのことですが、個人的には
サーバーのディスク周りがボトルネックなんじゃないかなって思ってます。シス官もどきとしてはパフォーマンスチューニングされずに放置されたSQLはいやというほど見てるわけで・・・

finalventfinalvent 2005/06/19 19:58 oohさん、ども。いえいえ、try&errorというかヒューリスティックな性格なんで、間違ったら、直す。気が付かなかったらスルー。

finalventfinalvent 2005/06/19 20:01 eternalwindさん、ども。ええ、hubrisさんのコメントで思い出しました。それはさておき、こういうシステムで遅いのはディスクは大きいでしょうね。単純にHDDの問題だけでなく。SQLのクエリー自体はトラフィックは少ない…あ、帰りは大きいことがあるか…。うーむ、そのあたりは手薄になりそうです。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/19 22:25 html tag の件、メジャーな script 言語なら HTML parsser が、CPAN などで公開されてます。python は標準で HTML parser module 持ってます。

: 2005/06/19 23:50 意思疎通が出来る間はキチ外とは呼べない。
回路が壊れたらそんなどころではナイ。

SE側の人間は最近はまたCOBOLだと言い始めたので
この分野の言語は進んでいるのか退がっているのかよくわからない。

BaatarismBaatarism 2005/06/20 01:07 >それを最大限阻んだのは実はWindowsだった、と。
Windowsじゃなくて、”Personal Computer”という概念が阻んだと言えるのではないでしょうか?
”Perssonal Computer”という概念は誰か一人が作り上げたものではなく、ゲイツやジョブズやウォズニアクやアラン・ケイなど、70年代から80年代にかけてPCに関わった多くの人々が作り上げたものでしょう。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/20 02:02 えー、ワタシは JavaVM 上で走る軽量言語が有望じゃないかと。
Java のフレームワーク使えて、コード書くのはスクリプト言語の簡易さってのは美味しいのでは。
もっと具体的に言えば Jython(Python の JavaVM 版)が一押しじゃないかと思うのですが、ただこれ、開発者が M$ にリクルートされて .Net 版 Python の IronPython に専念、ということで、どうも更新が止まってるみたいですね。とりあえず CPython は Mac 版もあるし、私は Jython インストールしただけで使ってないですが。

papepopapepo 2005/06/20 03:15 梅田望夫氏は恣意性の無い洗練された多数決機構によってGoogleは最も適切にコンセンサスを形成する。よって社会は既存の権威や政治力に束縛されない情報の共有とそれに伴う権利行使(ex.消費)の判断を行う。これがIT共産革命だ、だからググれ万国の労働者、と言いたいのでしょうか。
しかし広告費のITシフトがそれを裏打ちしますなんて王権と貴族制が人類の平等を実現しますみたいな話でそれは無いだろうと突っ込んでしまう訳で。
単純に広告費の使途はテレビからwebに移ります、世の中のパワー分布は変わりません、貧乏人は貧乏人のままなのでご安心くださいとしかならないように思うのですが。
なんてことは賢明なGoogleの中の人は気づいているので遠からず広告を切ると思います。Google様がフォースと共にあらんことを。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:38 Neonさん、ども。CPANのモジュール、自サーバーに入れるのは楽なんだけど…外部サーバーだと全部自分で管理できないし…と。便利でもつい後方互換になりがちです。話変わってCOBOLなんだけど、最近、よく見かけるように思います。なぜなんでしょ。私はけっこうCOBOL使えますよ、言ってて萎えますけど。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:40 Baatarismさん、ども。そうですね、ま、にしても、Windows XPとか内部を覗くたびに、こ、これがPCかよとか思います。

finalventfinalvent 2005/06/20 19:41 papepoさん、ども。ええ、私もそんなふうに思います、つまり、Googleにそれほど本質的な変化はないんじゃないかと。ただ、日本で、広告がWebにシフトしても、全体的には、蚤がかゆいくらいかなとも思います。

2005-06-18

EUのお陀仏はわかっていたがブレアの復活は…

 そう来たか。

 ⇒英仏の主導権争い激化へ、再分裂の懸念も

ただ、ブレア首相が外交戦略の柱とする「米国欧州の懸け橋」も、欧州が分裂を抱えては絵に描いた餅だ。英仏対立をどう緩和し、予算の落としどころを探るのか。道筋は容易ではない。

 これは話が逆ではないのか。

 結局、米国がとてもshrewdだったというか。

 どうもこのところの米国を見ていると、ライスさんだてにIQ200じゃないなという感じがする。

 ただ、よく見えないといえば見えない。

 ロシアと原油も???なところは多い。

 レバノンについては、結局、なんだったのだろう?

 ウォルホウィッツもよく仕事しているし、してみるに、「ネオコン」っていう発想は思考停止マークか。

 米韓も表面的にはまとめたし。

 なにが進行しているのか、よく見えない。

 このところの英米紙の論調もなんかやけにフラットというかベタな感じはする。

はてなQ RSS対応のページを開こうとすると「選択されたファイルの処理方法が不明です。」、

XMLの解析中にエラーが発生しました。」等のエラーが発生してページが見れません。原因は何でしょうか?私の使用PCはMacOSXです。ブラウザIEを使用しています。

 これ、起きますよ。理由がよくわからない。

 へたなぶくまのRSSでよく起きる。

 なぜなんだろ。

 たとえば、現在の「最近の人気エントリー」の

<title>屁理屈抜きで面白い小説</title>

<link>http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2564/herikutu.html</link>

<description>【 宮部みゆき 】は発売されてるのは全て読んだけど、はずれがひとつもなかったなぁ。 火車:::→普通に面白かった。評価がぶっちぎりだったのでちょっと期待しすぎた。 ●●●●●●●●●●●●●◎◎○○○○○○○○ 模倣犯:::ようこそ模倣犯の世界へ!! http://isweb42.infoseek.co.jp/novel/mohouhan/ ●●●◎◎◎◎○ ●●●●●○○ 魔術はささやく:::は、スイスイ一氮..</description>

 ここで落ちる。

 ちなみに、最近の人気エントリーのRSSボタンを素のInternet Explorerに喰わせても落ちる。

ま、なんというか…

 ネットを離れてきつく考えている分野があり、なんかこんなに考えたのは久しぶりというか、思考に疲れた。って、たいして考えているわけでもないのかもしれないのだが。

 疲れて、ぶらっと、本屋に行く。あれです、郊外店みたいなやつ。別に雑誌でもあればいいやくらいの本屋。

 いろいろざらっと見回してみて、なんかよくわかんないや。いろいろ本が出ているのだけど。

 ちょっとプログラムの入門書みたいのはあるかと思ったが、わかんなかった。昔は、プログラムっていうのはパソコン利用者にとっては楽しみの領域だったのだけど。

今日のイチオシ…

 ま、どってことないといえば全然どってことないのだけど。

 ⇒FujiSankei Business i. 中国/人民元切り上げで自衛策、日系企業がリスク回避に動く(2005/6/18)

 ま、そういうことでよろしく。

 こういうのも結果的に機能的に通貨バスケットみたいなものか。

今日のイチホゲ…

 ⇒中国の幼稚園で『軍艦マーチ』 

 ま、ストレートに。

ココログが壊れている

 ちょっとエントリに手を入れたいのだが困ったなぁ。

今日の新聞各紙社説は…

 朝日の原油高騰話はけっこうトンデモだが、きちんと批判する気力にもならない。ま、気力という意味では当方の問題でもある。

 郵政国会に難癖という趣向もあるが、郵政にきちんとケリをつけなくてどうするというのだろうと私は思う。

 あとは、なんかよくわかんない社説だったなという感じ。

 クルド問題とかハマスの問題とか論じる社説はないのだろうし。ま、それを論じるべきとも思わないが。

日経社説 寄付文化、税制改革で育てよ

 これは賛成。

●日経社説 研究開発戦略、バブルの風潮を断て

第二期は、どんな研究でも重点施策にかこつけるという悪しき風潮がまん延し、研究費が乏しい時代の研究の工夫や「考える」という良き風習がなおざりになったのではないか。

 そういう印象は受けるがネットで語るとやばそ。

産経社説 社会保障給付 骨太の医療費抑制目標を

 当の問題が考察されていないのだが。

●産経社説 対中外交 民主党議連に期待したい

 これは悪い洒落?

●毎日社説 国会延長 大事なのは今や郵政以外だ

 読売にほぼ同じ。

●毎日社説 国連常任理入り 「友情と打算」の小泉流がいい

 これもなにが言いたいのかよくわからない。皮肉のつもりなのか。

●読売社説 [安保理改革]「困難な局面を迎えた日本の立場」

 なにが言いたいのか率直にわからん。

●読売社説 [国会会期延長]「『郵政』だけに終始してはならない」

 いや郵政だけに終始してもいいと思う。ここが関ヶ原だ。

●朝日社説 原油高騰 視野の広い資源戦略を

 あほくさ。

●朝日社説 野茂200勝 開拓者精神をこれからも

 パス。

[] 問わるるに蠅捕り草とその理由と 終風

jazjaz 2005/06/18 17:33 こんにちは。ブックマークを読んでて先日友人と話していたことを思い出しました。
>「欧州は深刻な危機」
その友人は、払い戻してくれないお金なら最初っから出さなきゃいいでしょ、と言うのですが…。私は、それってどういう意味よ?どうすればいいの?ってカンジですが…。

それと、軍艦マーチのピアノ演奏が入っているサイトがありました。はてなの一番下の回答者の欄の中にです。
http://www.hatena.ne.jp/1055225331

finalventfinalvent 2005/06/18 19:47 jazさん、ども。今回の一連で英国って英国なんだなとしみじみ思います。ちょっと唖然とするのだけど、これでブレアが盛り返しそう。ま、偏見かもと思いますが、こういうところに国民性が出るのかも。軍艦マーチとか個人的には拷問。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/18 20:25 うちは親爺が予科練ですから好き嫌い以前の問題ですねー>軍艦マーチ
ただ、あれは一般に聞くのはアレンジがかなりお粗末なのでは。

ワタシも紀伊国屋やジュンク堂に行かなくなって久しいですが、郊外書店でもXOOPの本とか、あんまり一般受けしないような本が配本されたりしますと、まぁ、買うほどのことはない(既にインストールしてみたことある)けど、実績作っておかないと次回、類書が配本されないからなー、と思って付き合いで買うこともあります。確かに買った書店では続刊が配本されるんですよね。でもワタシごときで左右される取次の配本システムが凄いというべきか、そういう本買う奴他におらんのか(大学生協を持たない大学の近所デシ)、と言うべきか。

最近Java本が一頃より減ってCの入門書の新しいのが出てきたような気がします。スクリプト言語の本はPHP以外消えたなぁ。

ひできひでき 2005/06/18 20:56 finalventさん、こんばんわ。いままでBasicしかプログラムできなかった私が、Pythonをいじって、生まれてはじめえオブジェクト志向を理解しつつあります。結構うれしいです。複雑ネットワークのシミュレーションを組めそうです。

finalventfinalvent 2005/06/18 21:00 Neonさん、ども。Javaとか.NETとか実際にどのくらいプログラマがいるのか不思議な気がしますね。日本だと仕様を作って英訳しておけばインドとかで作ってくれそう。PHPはライブラリがいろいろ出ているみたいで、昔みたいにシンプルじゃなさげです。

finalventfinalvent 2005/06/18 21:02 ひできさん、ども。Pythonってコンパイラですよね。というか実行前コンパイル?オブジェクト志向はなんというかスクラッチからだとよくわかんないです。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/18 23:43 Java は専門学校や大学で最初に教えてるみたいです。Python は米で中・高辺りで教えてるとか。

PHP は ver5 でかなり変わりましたね。でも Toy スクリプトしか書いたことないです。

Python は普通はインタープリターですね。まだ始めたばかりでこれも Toy スクリプトしか書いてないけどワタシは Ruby より好きになれそうです。Perl より抜群にいいです。だから Windows 版の Python IDE 入れて立ち上げっぱなしにしてます。

オブジェクト指向とは結局クラスライブラリを使う、ということでしょうね。
古手のプログラマで、自分でかっちりライブラリ作ってるので今更お仕着せのクラスライブラリなんかに移行するかよ、といって OOPS に手を出さなかった人が居ましたが。

jazjaz 2005/06/19 01:47 う〜ん…。嵐が去ったら、みんなで仕組んだお芝居だったとか…。拡大憲法も通ってたりして…。違うでしょうけど…。私の想像だし…。

あ、地図、全然よくなかったです。O文社の、州とか県とかかなり細部も載ってそうだったのですが、開けてみるとというか、調べると、調べたかった場所は一つとして載ってませんでした。役にたちませ〜ん。結局、finalventさんがおっしゃてたように英語の地図から訳語を探すしかなさそうです(ホゲ)。

eternalwindeternalwind 2005/06/19 02:09 EUの内紛は本質的には通貨主権の問題ですね。毎日の記事ははずしまくってます。
明日の読売を読みましょう(藁。
フリードマンではないですがユーロは絶対に失敗するということです。
何で毎日が、今回の内紛を権力闘争として捉えたか?リーダーシップ云々という権力史観は
おバカな毎日記者にも理解しやすく、経済は理解できないというだけでしょう。
自国中心主義にどっぷりとつかってる、おフランスはアメリカの対抗軸としての政治大国を志向してるかもしれませんが、ブレアはそんなことに興味なんてないというのが事実でしょうな。

ひできひでき 2005/06/19 07:32 私もPythonはかなり学習しやすい言語だと思います。Toy以前のコードしかかけていませんが、やっていて「楽しい」、「理解しやすい」、「合理的」と感じられます。

finalventfinalvent 2005/06/19 08:11 eternalwindさん、ども。あー、通貨か、そのあたりはなんとなく私は考えまいとしてた面はありますね。

finalventfinalvent 2005/06/19 08:13 jazさん、ども。地図、そうでしたか。こういうと悪いけど、植民地を持った国のほうが世界をよく知っている感じはします。あと、問題は、英名地名をどう日本語にするかなんですよ。英名地名は癖があって。地名ではないけど、Ivory coastとか。

finalventfinalvent 2005/06/19 08:13 ひできさん、ども。とっつきやすいですか、Python。なんか私はRubyがダメで。

finalventfinalvent 2005/06/19 08:16 Neonさん、ども。あーそれわかります、って、ライブラリ関連。昔、アセンブラで喰っていたとき、Cコンパイラの吐くソースを逆アセンブルして怒ったことがあります。ライブラリとか信用できないし、とか。でも、今のWindowsってあれですね、まさにC#あたりがインタフェースといってもいいくらいのクラスのお化けみたいに見える(他言語でもいいのだけど)。いったいみなさん、あのクラスからどうやって目的のものを見つけているのでしょうかね。Macのツールボックスの比ではないのに。

jazjaz 2005/06/20 01:05 日本は梅雨、雨降りの毎日でしょうか。こちらは、雨の無いほんとに暑い日が続いています。今日は特にでした(”でした”といってもまだ夕方近い午後で、外はじりじりの暑さですが)。
上の私の発言中の「ホゲ」は、楽しみにしていた地図が役に立たないと分かった期待はずれ感を表したつもりだったのですが、書いた箇所が適切ではなかったようです。finalventさんを指して言ったのではありませんが、無礼な奴だと思われたらお許し下さい。とりあえず言い訳を書いておきます^^;

finalventfinalvent 2005/06/20 19:57 jazさん、ども。いえいえ、よくわかってますよ。

2005-06-17

ログアウト サバト

 なんかWebの情報のごちゃごちゃした一週間だったと思う。

 ネタに振り回されるというか。

 中国子どもたちに豊かな未来の可能性がありますように。

今朝のネタ…これもたいしたことない

 が、個人的にこのあたりがツボ⇒CNN.com - Brazilians crack Michelangelo's 'code' - Jun 16, 2005

 似たような印象のは⇒ラファエロの秘密結婚、真珠のブローチで謎解き (ロイター) - goo ニュース

 余計な説教をたれると、欧米人はある程度の知識人でなくても中流な人は、科学知識と歴史知識の最新情報を知っておかなくては恥ずかしいという意識がある。日本人というか、東洋人には少ないように思う、っていうか、日本人の場合は、二極化してしまっているのかもしれないが。

今朝のホゲ…あまりない

 がしいていえば⇒反日デモ「謝罪問題は存在しない」…中国外務省

 日本も同じ論法でいいのではないかと思わせるものがある。

今日の新聞各紙社説は…

 テーマは、郵政国会、野茂、石油高騰というあたりか。あまり関心が向かない。読みが粗くていかんのだが、同じところをぐるぐるまわっているような気がする。トラバターはもうできているのに。

 ペテルブルグ・トヨタと日露のエネルギー問題とかに触れてもよいのではないかと思うが、なぜかそこにはふれない。

 そして黙々とサハリンプロジェクトは進み、どうも韓国人が大変に貢献しているふうでもある。

日経社説 警戒圏に入った原油需給

 うーむ。ほげ、と言いたいところだが、実際どのような経済になっているのかよくわからんところがある。理性的に考えれば、今の投機のゲームは狂気だ。が、まだ続くと言われても言下に否定しづらい。

●日経社説 企業の責任重く見た橋梁談合の起訴

 ああ、日経がこう言うのか。という感慨のみ。

産経社説 会期延長 「低調国会」を繰り返すな

 毎日に同じ。

●産経社説 野茂、日米200勝 “開拓者”の偉業を称える

 毎日に同じ。

●毎日社説 郵政民営化審議 改革の核心外しは許されぬ

小泉首相は国営金融事業をどうするつもりなのか、国民にわかりやすく語る義務がある。

 それこそ核心ないと思う。

●毎日社説 野茂200勝 まだまだ続きを見たいぞ

 ラジオでも「野茂、37歳、これからがまだまだ期待できますね」と言っていた。よくわからん。

 野茂という人は以前文春で手記を読んだがとても理系的な人だった。好感を持った。自分のありかたをある種冷徹にメカニカルに見ることのできる人は強い。

読売社説 [OPEC総会]「足元を見られた2段階増産」

 これはなんだ? 昨今のスコープで言えば、問題は石油の精製能力ということで落ち着いている。それを産出と搦めてごちゃごちゃにしてなにが言いたいのか。

●読売社説 [情報漏洩罪]「過剰規制にならぬ配慮が必要だ」

 これはとりあえず読売が正しいと思う。というのは、日本の社会処罰は裁量が大きく恣意的なので具体性のなくシステム性のものはあまり進めないほうがいい。

●朝日社説 会期延長 だらだら国会はご免だ

 民主主義というのはこういうものだ。そして、だが、この件について、対話の余地もなかったように思う。朝日も責任ある正論になっていない。

●朝日社説 航空トラブル 安心して乗れない

 溺れた犬は叩くっていう趣味には付き合いきれない。

[] 紫陽花のただ青くあるが良し 終風

BaatarismBaatarism 2005/06/17 09:58 同じ論法で、靖国問題は存在しないとか、教科書問題は存在しないとか、尖閣諸島問題は存在しないとか…確かに言ってみたくなりますね。w

OoTDMOoTDM 2005/06/17 23:18 > 溺れた犬は叩く
で、叩かれた犬は下請けを叩くわけですよ。そして叩かれた下請けは...
叩きの裾野は広いのです。

MM 2005/06/18 02:17 >欧米人はある程度の知識人でなくても中流な人は、科学知識と歴史知識の最新情報を知っておかなくては>>恥ずかしいという意識がある。日本人というか、東洋人には少ないように思う

そんなん知らなくたっていいと思いますよ。
それより、今、目のまえにいる人に対して節度をもって接する、そうした日常における感受性を
はぐくむほうがよっぽど大事だと思います。

finalventfinalvent 2005/06/18 14:08 Baatarismさん、ども。案外、そう言ってもいいのかもしれませんね。洒落じゃなくて。

finalventfinalvent 2005/06/18 14:09 OoTDMさん、ども。ああ、そういう面はありそうです。でも、最近は下請けのほうでも自立を深めるケースもあると聞きますが。

finalventfinalvent 2005/06/18 14:09 Mさん、ども。ちょっと誤解されるかもしれませんが、私は、やはり最新科学・文化知識は重要だと思いますよ。

2005-06-16

はてなで複数アカウントが可

 ⇒はてなダイアリー日記 - 複数アカウント機能の追加について

 へぇ。

 先日なんかのもうひとつアカウントできたらいいと思ったのだが、なんだたっか、わすれた。現状でもグループで代用できないでもない。ま、用途が違う、と。

 で、もうひとつアカウントがあって、どうする? mixiの日記もまばら。

 もともと、ここもただのジャンクな場だし。

 あ、思い出した。非公開系の情報の溜め込みにするかと思ったのだった。さて。

ちょっと悪趣味:女バトン(Woman Baton

 id:kurimax:20050616:1118890548

あなたの心に残り続ける女は?
難しいなぁ。ある意味でそれが青春そのものであるとすれば、学部のときの一人と院のときの一人かな。自分も傷つけたのかもしれないがその後十年はボロボロに傷ついた。自分がクラタマのだめんずの男と変わりないと自覚した。結局女恐怖症になった。恐怖症には母親とかも入るが。そういえば、ふと思い出したのだが、とある飲み屋で出会って小林秀雄の話で盛り上がった女のことを思い出す。五つくらい若いのか、なぜ女で小林秀雄とか長谷川泰子とか詳しいのか。あまり盛り上がって、恐くなって二人とも引いてそれから会ったこともない。こーゆーのは恋愛とかにはならない。あ、初恋の子がいる。秋山莉奈に似ているように思ったが記憶のデフォルメだろう。
半年以上付き合った人数とその思い出は?
ちょっと水増しっぽいが五人になるのかな。先の二人。あとは淡いものだが、仕事の二人、そして二人。あれ?六人か。あと二人足すか?京都の子も学部時代だったか。思い出はすでにみんなフェイドアウト。
震え上がった女は?
これは付き合った女という意味なら、いない。そうでなければ、世の中恐ぇぇ女はたーんといた。思い出したくもねぇ。
最後にひとりに「Woman Baton」を渡してください
悪意にとらんでくださいid:kagamiさん。

はてなQ ポイントランキングシステムはあることより害の方が大きいからなくすべきだ…

http://www.hatena.ne.jp/1118902107

この質問への回答の中に、ポイントランキングシステムはあることより害の方が大きいからなくすべきだという意見が多数ありました。

私もなくしてほしいです。ランキングがなかったら、私の変な回答はずっと少なく、ここまで誹謗中傷されなくて済んだと思います。

皆様の意見をお聞かせください。「はてな?」をよりよくするために。

 ま、かくしてid:sasadaさんとかid:finalventさんという回答者は消えた。他も、けっこう、消えた。一種の淘汰システムといてよいのかもしれない。

finalvent's Muscial Baton

 from id:kagami:20050616#p2

Total volume of music files on my computer(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
13GB(iPod)
Song playing right now
(今聞いている曲):我願意(許景淳)
The last CD I bought(最後に買ったCD)
Best Wishes II〜Next Door(千住明
Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
Starless(King Crimson), ハルジョオンヒメジョオン(松任谷由実), Ave verum corpus(Wolfgang Amadeus Mozart), Prelude, Fugue and Variation, Opus 18(Cesar Franck), Piano Concertos No.3 (Sergey Rachmaninov)
Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)
id:Baatarism, id:nenoko, id:summercontrail, id:synonymous, id:ooh (敬称略のみなさま、よろしければ)

韓国語は読めないし、メークだというのもわかるが…

 オリビア・ハッセー⇒Cre-Inside

はてなQ あなたが知っている一番まともなダジャレは?

 まとも?

 以前も書いたが、どうもオブセッシブな駄洒落はこれだ。

 

ふくらんでる交差点

 

 なぜふくらんでいるのかと考えては眠れない40年近い日々。

夢の木坂分岐点

著者:筒井 康隆

販売:新潮社

価格:\500

媒体:文庫


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

 に出てきそうなふくらんでる交差点。

はてなQ スカートめくりという行為はなんのために行われるのでしょうか?

またその歴史等も知りたいです。経験者の御意見等もお待ちしています。

 回答はパスして、と。

 今朝、コンビニの前に、ありげな女子高校生(やや太め)が自転車が降りるおり、なんとなくスカートがめくれたように見えた。と、よくわかんないのだが、スカートの下には、紺色か黒の短パンを履いていたいたようだった。

 以前も電車で似たようなものを見たのだが、ようするにスカートの下は、普通のというか短パンなのではないか、というか、スカートってなんの意味もないのではないか。

 と、思った。

はてなQ もう一度、妻にどきどきしたいんですが、どうしたらいいでしょうか?結婚10年目の32歳です。

 私に回答などないが。

 っていうことは、22歳で結婚したのか。

 私がその頃結婚して、翌年娘でもあろうものなら、今25歳。

 25歳の女に「パパー」とか言われたら…頓死かも(妄想)。

はてなQ iPodの「オーディオブック」にスピーチや音声CDを入れたいのですが、どうすればいいのでしょう?

環境はWindowsXP、iTune4.8.0.31、iPod Photo 30GB v1.1 (2005-3-23アップデータ適用済)です。

 ちょっと質問を理解しそこねるが、一般的な回答なら、ちょっと書くのがたるい。

 このまま無回答だったら、なんか書きます予定地。

追記

 ⇒[教えて!goo] ipod iTunes での目的にあった再生方法。

 これでわかる?

 つまりフツーにAACエンコードすると拡張子m4aになるのだけど、これをm4bにする。それからiPodへ転送。

はてなQ WEBデザイナーかライターになりたい…

吾妻ひでおの「失踪日記」を読んで人間なんでもやろうと思えばできるんだなと思いました。そこで、WEBデザイナーかライターになりたいのですが、必要とするスキルの優先順位を決めてください。ソフトDREAMWEAVER FLASH PERL JAVASCRIPT、ほかにあったら教えてください。

 いい回答というのじゃないので、日記のネタにするよ。

 その順できちんとした技術があれば充分だと思うけど、Webデザイナーというか、ま、その分野は。

 っていうか、中に入ると、Webデザインのワークフローとか見るからそれからでいいよ。

 Perlがきちんとオブジェクト指向で扱えるだけでもすごいと思うし。

 Dreamweaverをきちんと使いこなせるってことはHTML+CSSの深い知識が必要だし。

 というか、ベースの技術は、デザイン系ならデザインの基礎というのは確立しているわけで、カラーリングとかレイアウトとかフォントの扱いとか、こういうのは基礎の基礎だし。

 たとえば。

7日間でマスターするレイアウト基礎講座

著者:視覚デザイン研究所

販売:視覚デザイン研究所

価格:\1,890

媒体:単行本


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

7日間でマスターする配色基礎講座

著者:視覚デザイン研究所

販売:視覚デザイン研究所

価格:\2,625

媒体:単行本(ソフトカバー


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

タイポグラフィの読み方

著者:小泉 均

販売:美術出版社

価格:\2,625

媒体:単行本(ソフトカバー)


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

 プログラミング的な部分についても、基礎の基礎はきまっているわけで、アルゴリズムとかオブジェクトの扱い方とかデバッグのフローとか。

プログラム書法

著者:Brian W.Kernighan 他

販売:共立出版

価格:\3,150

媒体:単行本


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

改訂C言語によるはじめてのアルゴリズム入門

著者:河西 朝雄

販売:技術評論社

価格:\2,604

媒体:単行本


このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

 っていうか、目先の技術というかだけで運がいいだけでは5年も喰えないと思う。

で、今朝のイチオシは…

 ま、日本語で読みやすいベタから。

 共同で⇒クルド民兵がアラブ人拘束

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は15日、米国務省の秘密公電を基に、イラク北部キルクークで最近、クルド人政党の民兵組織や警察のクルド人部隊が、多数のアラブ人トルクメン人を拘束してクルド人自治区に連行していると報じた。

 で、もとネタのワシントンポストはこれ。

 ⇒Kurdish Officials Sanction Abductions in Kirkuk

 それと⇒U.S. Examining Reports of Abuses in Iraq

 NYTも扱ってますよ。

 ⇒U.S. Says Kurdish Forces Seized Arabs and Turkmen in Kirkuk - New York Times

 というわけで、これが非常に大きな問題なのだが、日本国内のメディアだの識者だのは、昔のスンニ派のお友達ばかりなので、スンニ派の利権ばかりを報道したがる彼らがこのあたりをどう扱うかがちょっと見もの。単に叩いたらそれはそれでお見事。

 しかし、これこそがまさにイラク問題。

 英米の石油利権はこの地域に固まっているし。

 というわけで、これを知ってから今朝の毎日社説をみるとじつにほのぼのとしている。社説子がWPを読むに間に合わなかったというのはあるかもだけど、それ以前からクルドが問題だったのに。

追記

 ⇒イラク・クルド人の少数派弾圧疑惑に懸念表明

今朝のイチホゲ

 ブログネタ的には⇒ITmediaニュース:“ライブドラ”大好きホリエモン?

 しかし、これってあれ、ニフティでやっているネタサイトのネタみたいで、いかにもネタでこんなのぶくましたら知性たらんみたいで(すでにしちゃったけど)。

 で、イチホゲはこれでしょう。

 ⇒活字文化振興法案、議連が了承…今国会に提出へ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 このあたりも芳ばしいです。

すでに、自民、民主、公明の各党は法案に賛成することで党内手続きを終えた。共産、社民両党も賛成の方向で、近く党内手続きを終える見通しだ。

 さて今後の展開ですが。

 法律が成立した後は、いかに実効性ある施策を展開していくかが課題となる。

 ご勝手に。

いやなものを読んでしまいました…

 これだよ危険⇒春秋(6/16)

 でも引用しちゃうよ。

東京都千葉埼玉神奈川の3県が加わり、首都圏でスタートした規制は、いずれ全国に広がる。DPFは将来性も高い。いち早く開発競争に参入して、子会社もつくった三井物産の読みは間違ってはいなかったが、いかんせん、肝心の技術力が不足していた。

 ま、冷静にだな、肝心の技術者の言い分も聞きたいものだけど。

今日の新聞各紙社説は…

 排ガス浄化装置(DPF)まわりの三井物産不正がいちおうテーマか。のわりに、読売、毎日、産経がスルーというのはどういう裏なんだ?

 気になる話題は朝日の都市(っていうか東京)の不動産市場の話だが、もうちょっとすっきりいかないのだろうか。

 朝日の社説は酸鼻なのも多いが、今日みたいな日、産経、読売と比べると、それなりに格式みたいなものはまだあるように思う。

日経社説 「領土」含め日ロ関係前進を

 こうなるとあほを通り過ぎて邪悪。

 せめて奥田の心情も察せよ、大人なら。

●日経社説 会期延長で民営化法案の審議を尽くせ

 あほ。

●産経社説 マイケル評決 これが裁判員制だったら

 論旨はどこに行った?

●産経社説 空の安全 人為ミスの連鎖断ち切れ

 ま、も、いいでしょ。

 なんか、でも、こうした文章のトーンに悪魔的なもの(惨事を待つ)心性が感じられて私はいやだな。

●毎日社説 航空機の安全 ああよかった、では済まぬ

 これもあまり言及せぬがよいのだけど、またJR西みたいに叩きたいわけだよ。そういう問題かというとそういう問題な面はたしかにあるしね。しかし…。

●毎日社説 イラクと米世論 本気で米軍撤退を望むのか

 これが、ね、お馬鹿な社説なんですよ。

 なぜかはあとで別エントリでちょっとふれます。

●読売社説 [大阪市ヤミ専従」「ゆがんだ労使関係を早急に正せ」

 これはこんなレベルでいいんでねーの。

 もっと他もつついて欲しいけど。

 ってこれ以上言うとまた筆禍だが。

●読売社説 [金大中訪朝5年」「変わったのは韓国の方だけだ」

 ま、そうなんだけど、なんかもうなにをか言わんでもあるな。言わん、言わんの馬鹿ぁとか(オヤジ入り杉)。

●朝日社説 不動産市場 神話が崩れたあとで

 後半からオチのところでヘタレたが、問題提起はこれでいいんじゃないかって、バブルだぞぉ狼老人というわけではないが。

 だれだったか、このマーケットのプレヤーが若くて困るんだよと言っていたが、そういう面がある。

 古典近代的な世界でいえば、ホリエモンなどは中江滋樹化というかたちかもっとやばげな形で淘汰される。のだが、そうならない。

 ま、ちょっと問題がそれた。

 当方も朝日以上のオチがないのでしまらん。

●朝日社説 三井物産 ごまかしの被害は甚大だ

 テーマはこれね⇒finalventの日記 - 今日のイチオシのネタはとくになしかな

 R30さんもこれとか⇒[R30]: コンプライアンスで問題を起こす企業の特徴

 でだね。

 私は、問題はこーゆーことじゃないと思うのだよね。もちろん、三井物産がぁというが違うよというのではないけど。っていうか、それって、書きやすいわけじゃん。ってか、JR西問題と同じフレームで、実は、このプロブレマティックスというのがそれ自体思考停止っぽい。

 じゃ、どうよ、なんだけど、問題は、時間が限定されているともあるのだが技術的にむりげというのと、もう一点、こんな技術ってどうよ、というのがあるのではないか、と。

 おめーがちゃんと書けよと言われるとギャフンなんだけどね。

 この問題は、いろいろ裏があるだろうけど、技術的な部分がまず鉄板だと思うのだが、むしろ、報道だの論評はそれを隠蔽するように機能しているのが、ナイスです。

[] 緑濃きバティックのシャツ梅雨の朝 終風

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/16 10:26 プログラマなら機能を実現するかどうかで比較的ゴールが見えやすいというか、誰が作っても同じでOKですが、Webデザインはある水準をクリアして、なおかつオリジナリティがあって、やっぱどっかのお手本みたいにしてよ、と言われちゃったりする世界じゃないのですかね?

そーゆーのが一番苦手。しかもバックワードコンパチブルとか互換性とか泥臭いし。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/16 10:34 それから吾妻ひでおは少年漫画誌〜アニメ化も経験した、漫画家としてもかなりのキャリアがあり、その上オタク、特にロリコンマニアを創造したエポックメーキングなカルト作家である、とうことに留意する必要があると思うのですよ。
東京ガスの広報誌かなんかで採用されたのも、単に元プロというより、ロリコン漫画の元祖だからこそ、キャラが一般受けしやすいということで、これがつげだったらどうか、とか蛭子だったらどうか、とか。

finalventfinalvent 2005/06/16 13:17 Neonさん、maroyakasaさん、ども。吾妻ひでおがあるフラットな受け止めかたされているのかもしれませんね。それと、私のエントリもボケボケかも。

oohooh 2005/06/16 13:56 にちは。>ふくらんでる交差点 でつか。膨れた地下鉄が核心へ乗り込む(ドリカム)もよく判らんフレーズですねー。しかし筒井康隆をお読みになるとはちっと意外です。

てけてけてけてけ 2005/06/16 13:59 そういえば昔、柏原芳江が「紅茶のおいしい交差点っ」って唄っていて
なんという危険な交差点なんだろう、と子供ごころに思いつづけていた
オブセッシブな記憶があります。

finalventfinalvent 2005/06/16 14:52 oohさん、てけてけさん、ども。交差点ってなんか怪しいですよね。

papepopapepo 2005/06/16 15:18 吾妻氏から三井の件。もし吾妻氏がもう少しタフならホームレスにもアル中にもならなかったかもしれないとは思うのですが、じゃあ、ある閾値を超えた社会性を持っていればいかなる困難も乗り越えられるかといえばそんなわけは無く、みんな危ない橋は渡らないように緩々と回避しているわけですよね。
そこで三井物産のコスモクリーナーなんですが、経緯を新聞で見ていて常に成果が向上する前提って怖いなあと。開発目処が立つ前に受注まで取ってきて。でもそんな事は世間で珍しいことでもなく、マンガ家も原稿が白紙の段階でもう〆切が決まっていて数百万読者が待っていたりする。なんかそんな相似を思ったり。
成果主義と効率化の圧力の下で仕組みに限界を見出す方法ではなく正しくなかったと責めるだけであれば、危ういバランスを前提としたプロセスがストールした時のペナルティを強化しているだけで、むしろいつか必ず起こる問題にしてしまっているのではないかと。
個別には悲劇でも全体から見れば上手く淘汰されていてそれでも良いんでしょうかね。だから交差点では悪魔と契約した方が良い、と。

popopopo 2005/06/16 15:53 papepoさんに横レス。そのあたりの話に関連することだけど、利益追求と安全性の兼ね合いについての切隊さんの今月の中央公論の論文が秀でているので一読だと思いますよ。で、目下の懸念事項はJALになるのかなあ。

kagamikagami 2005/06/16 16:46 このたび、はてなダイアリーのMusical Batonが回ってきましたので、バトンの受け渡しを尊敬するfinalventさんにお願いできないかと思うのですが、よろしければ受けて頂けませんでしょうか。(ぺこりっ)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton
http://d.hatena.ne.jp/kagami/20050616#p2

finalventfinalvent 2005/06/16 18:08 papepoさん、ども。文体が、オマージュですね。

finalventfinalvent 2005/06/16 18:09 kagamiさん、ども。了解。

summercontrailsummercontrail 2005/06/16 18:16 finalventさんこんにちは。ここ数日、なんかそういうバトンってあるみたいだなと思ってたらなんとfinalventさんから!!とっても光栄です、喜んでお受けします。
 これってルールがよくわからないんですが、私が渡す相手がいるかどうか心配です…(^^;私で止まっちゃうかも。

finalventfinalvent 2005/06/16 18:38 summercontrailさん、ども。チェーンメールなんでなんですがよろしくお願いします。そろそろ熱死なんで終端でもいいと思いますよ(と無責任)。

papepopapepo 2005/06/16 18:43 >popo
中央公論見てきました。なるほどスッキリ。でも今後ノルマ社会になるしかないと書かれてあってそうなのかと消沈しました。
>finalvend
グダグダとすみません。感化されやすいので自分では分からなかったりします。

finalventfinalvent 2005/06/16 18:48 papepoさん、ども。いえいえ、悪い意味でなく面白いと思いました。切隊さんのそっちは読んでません。

finalventfinalvent 2005/06/16 19:29 synonymousさん、ども。ありがとう。これ、私のエントリのほうにリフォームして移していい? Ave verum corpus はもうもう天国ですよね。

synonymoussynonymous 2005/06/16 19:31 あわわ、それじゃ上のコメントは消します。申し訳ありません。あと、チェインメール状態になっているので、ここで断ちます。

synonymoussynonymous 2005/06/16 19:36 よろしければ、http://d.hatena.ne.jp/synonymous/20050616 から、移してください。

kagamikagami 2005/06/16 19:47 Musical Batonを受けて頂き、ほんとうにありがとうございました。これをきっかけに色々新しい音楽に挑戦してみようと思います。

finalventfinalvent 2005/06/16 19:55 kagamiさん、ども。というわけで、ちょっと趣味の悪いものを…すみません。

finalventfinalvent 2005/06/16 19:56 synonymousさん、ども。お手数かけました。いえ、synonymousさんの日記にあるべきです。そして、それは価値があります。

synonymoussynonymous 2005/06/16 20:18 というわけで、id:kagamiさん、および終風さんからバトンを渡された皆様に、恥を晒すことに致しました。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/16 20:30 maroyakasa さん
あー、ワタシは吾妻ひでおは少年誌からの読者で、彼が漫画家の不遇な時代とかも知ってるため、ホームレスというのは意外感なくてそういう視点は気がつきませんでした、なるほど。

吾妻ひでおはもはや売れる売れないの問題ではないんですよね。そもそも第二の失踪も、ファンだった編集者が無理に復活させようとしたのが原因かと。つまり配管工は、生きてくためというより逃走過程そのもので、そういう意味で質問者はなんか勘違いしてると感じたのです。

誰と無く
昔物産の仕事したことあります。バブルの頃だったので結果オーライでしたけど。
物産といえばMKIがイラン石化でネガティブなレポートだしたのに、トップが暴走したことがありますが、平将門も祟りのせいにされてご立腹だったのでは。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/16 20:35 ×つまり配管工は
○つまりホームレスや配管工は

もはや売れる売れないの問題じゃない、というのは、コミケあたりでも十分稼げるというか、実際今もやってるようで。

kagamikagami 2005/06/16 20:38 Woman Batonにお答えしました。女性とのことは、音楽と違って辛いですね…。勿論、辛いだけではありませんが…。
http://d.hatena.ne.jp/kagami/20050616#p3

kagamikagami 2005/06/16 22:22 すみません、やはりどうも、このWoman Batonは送りづらくて…。私の方はお答えさせて頂きましたが、他の方にバトンを送るのはfinalventさんにお任せしてよろしいでしょうか…。私の方はリレーカットということで。

summercontrailsummercontrail 2005/06/16 22:57 synonymousさん、読ませてくださってありがとうございました。そちらにはコメントがつけづらかったので、finalventさんのコメント欄を勝手にお借りして書いちゃいます。

BaatarismBaatarism 2005/06/17 00:06 私もMusical Batonに答えてみました。
若い頃はよくライブハウスに行ってたのですが、最近はCDを聞くこともあまりなくなってしまったので、古い曲が多いです。
今度、久しぶりにヌスラットでも聴いてみようかなあ。

BaatarismBaatarism 2005/06/17 00:35 Musical Batonを書いた後に崔健(ツイ・ジェン)でぐぐってみたら、なんと新作アルバムが出てるではありませんか。
あの中国孤高のロックミュージシャンが復活したとは喜ばしいことです。

style_bluestyle_blue 2005/06/17 02:36 失踪日記のナニを読んでそう感じたかは置いておくとして、元Web屋としては何よりかにより仕様書や技術関係の英文を読むスキルがなかった事がたいへん悔やまれました。かといってそこから勉強を始めるほど根性もなかったので廃業した訳ですが…ともあれWebデザインとはコンテンツの構造をデザインする事だと思いまする。狭い自分の周りだけの話ですが、グラフィックデザイナー上がりでまともにこれを出来る人を見たことがありませんでした。

finalventfinalvent 2005/06/17 09:44 kagamiさん、ども。ありがとう。話、面白かったですというといけないかも。そしてご負担をかけてしまいました。

finalventfinalvent 2005/06/17 09:45 Baatarismさん、ども。ありがとう。へぇとか思いました。音楽には思いがありますね、みなさん。

finalventfinalvent 2005/06/17 09:46 style_blueさん、ども。ああ、それはそうなんですが、そこは難しすぎるように思います。W3C関連なんかでも決着の付かない議論なども多いし。というか、もっと単純なレベルできちんと仕様書を読めなんですけど。

Manami2005Manami2005 2005/06/20 11:35 良質なトラックバックありがとうございます。
勉強になりました、しかしこの手の本って値がはりますね…

finalventfinalvent 2005/06/20 19:56 Manami2005さん、ども。上記の本は基本なんで、書店とかで覗いてみてください。あと実践では細かい話がいろいろあるのでしょうが。

2005-06-15

最近iPodでなんとなくよく聞く(CM聞いているみたいだが)…

Best WishesII~Next Door

著者:

販売:東芝EMI

価格:\2,800

媒体:CD


 ⇒千住 明

 大貫妙子ってあまり好きではなかったけど、いや、よいんでないの。Lyricoも。

というわけで、赤飯。

f:id:finalvent:20060712214319j:image

中国インテリジェンスの一端

 ⇒中国は豪州の植民地化を画策=4人目の亡命者・元北京大教授語る

 多少フカシが入っているのだろうと思うが、その全貌が見えない。

豪州の拘留センターに収容されている中国人たちを中国当局者が尋問するのを豪州が認めた事実も明るみに出され、問題化している。

 この真偽とレベルがもう少し知りたい。

元教授によれば、中国共産党は工作員たちを使って豪州の政治に影響力を及ぼし、豪州を自由と民主主義の基本原則から徐々に離れさせることを目指すだろうと述べた。

 これはレトリックと見てもいいだろう。

 先日の北京上海の反日でも操作は米国からなされていたふうでもあった。ま、以前から米国にはこうした組織があるというか、普通のロビー活動にすぎないともいえる。

うへぇ経済学は難しいと思ったらほんとに難しい

 コメントもろた⇒極東ブログ: グリーンスパンの難問(Greenspan's conundrum)

セントルイス連銀のプール総裁が日銀レポートと同様の主旨の講演を行っていますよ。

http://www.stlouisfed.org/news/speeches/2005/6_14_05.html

これ⇒Understanding the Term Structure of Interest Rates - Poole Speech - St. Louis Fed

 

The expectations theory

The expectations theory of the term structure has been severely criticized on a number of grounds, but for the problem at hand I believe that the theory tells the basic story correctly.

 

The argument I am making is not a new one. There is a huge literature on the expectations theory of the term structure of interest rates, and policymakers have long been aware of the basic ideas.

 だ、そうで。ほいで、こう。

Historically, expected future nominal short rates have often fluctuated in response to changes in inflation expectations. Over the past year, distant inflation expectations, as measured by the spread between conventional and inflation-protected bonds, have not changed markedly. Thus, we can proceed by assuming that that long-term expectations of inflation have remained roughly constant in the past year because of confidence in Federal Reserve policies and, in the absence of information to the contrary, that there is no new information about far-off real rates. With these assumptions, the change in the long rate is driven by new information about the medium-term path of short-term real interest rates.

As another example, the oil price spike on March 9, 2005 was associated with an increase in the bond rate of 14 basis points. Such bond rate increases can be interpreted two ways. One interpretation is that markets did not revise upward their expectations of future inflation but did revise upward their expectations of the Fed monetary policy required to keep inflation stable. Alternatively, the bond-rate increase may have reflected expectations that the Fed would accommodate a temporary increase in inflation in the wake of the oil shock.

While certain data releases did surprise the market, over the period as a whole the data came in about as expected, contributing to the absence of a trend in the bond rate over the period at issue. Likely policy responses to economic data were also known in advance, and in the absence of economic surprises FOMC decisions on the funds rate were much as expected. Thus, there was no particular reason over this period for market to revise its expectations of future interest rates continuously in one direction; the bond rate fluctuated in response to arriving information, but ended up about where it started.

 なんかこれも自己言及ゲームみたいな気がするのだけど。

 これって単純に言うとこれか?

 ⇒合理的期待形成仮説(マネタリズム・マーク供

彼らは、人々が期待(予想)を形成するに当たっては、十分に情報収集をし、できるだけ合理的に形成しようとするものであると考えた。この議論に基づけば、政府の経済政策は、それが人々によって事前に予想されている限り、効果を持たないことになる。経済政策が有効になるのは、人々が予想になかった場合に限られる。

飯を食いにいったら「おめでとう」とというのでなんだというと

 てめーのぶくまを見ろよ、と。

 見ましたよ。

 ぅあ、洒落だったのに。100を越えましたよ。(赤飯蛸)

ふとエキサイトブログニュースを見てあれれ

 「知識の泉 Haru’s トリビア」って消えた? 潰れた?

 ありました⇒知識の泉 Haru’s トリビア

 しかし、なんかあったのか?

 エキサイトのブログニュースから落ちているように見えるが(勘違い?)

 ちなみに最新のネタは「マクドナルドと自家製 ポテト・バーガーの腐敗の差は歴然!!」という、あれですぶくまで過ぎ去ったネタですね、面白いのはこの写真の版権は?くらいか。と、書くとイヤミか。しかし、すでにこのまたーり、ほのぼの感はなんだろ。

ネタというのはどっかにコアを生み出すのだろうか?

 情報速度というかぶくまぶくまぶくまの世界では、一見すると、ネタ探し探検隊というか、ま、ネタが仮のテロス化される。んだから、ブログ対新聞とかメディア?、みたいな構図は消えて、ネタもとメディア〜〜→ブログっつうかぶくま、という一方通行か?

 というと、そういう単純なものでもない。

 補助線的にいうと、ちょっと前までというかすごい前のようにも思うのだけど、世の中のというかブログっぽい世界の話題といえば、エキサイトのブログニュースのランキングとか見たわけだね。ああ、この手のネタが受けるとかね。

 しっかし、RSS+ぶくまの世界で、あんなの見ている香具師なんかいないよ。

 っていうか、あれ、つまんないじゃん。というとちょっと誤解されるかもだが。

 あれですよ、テレビのつまんなさ的世界にすでに解体されてきている。

 ま、それはそれとして。

 で、当初の問題だが、じゃ、ぶくま的ネタの世界はどっかにコアがあるのだろうか。

 簡単な問いにすると、なにがぶくまの人気?

 そして、構造は一方通行じゃないとすればどのような構造が?

 ごく単純な解(オタクだよとか、学生だよとか、プログラマだよとか)で充分にはソルブできそうな気はするのだけど、なんか、残尿感みたいのが本質なんでないのか。

 ぁぁあるぞ、つねに話題なのは、メタブログ。自己言及。

ぶくまのMSNメッセンジャーみたいな人の横に97とあるんだけど

 よろしくお願いします。100達成したおりにはぜひ北海道風食紅赤飯でロシアの発展にかけるムネオ、ムネオとご一緒にお祝いしたいと…このたび、はてなセレブに立候補したfinalventことネットのオヤジ……って洒落になりません。

 それはさておき、こんなことを書くから誤解されるかもですが、それでも、ぶくまの相関図ってどっかにないのでしょうかね。以前は、日記の相関図とか、アンテナとか、百傑アンテナとかそういう知的な生息図のマップがあったけど、ぶくまはどうなんでしょ。というか、日記の相関<アンテナ相関<ぶくま相関かという感じで、コア度があると思う。

 コア度というか速度か。いいか悪いかわからんが、ある種の情報速度がヴヴォボボボォと吹いて、いわゆるブログがなんか新聞社説的なほのぼのとしたなにかに変容しつつあるように思うのだが。

 うーむ、これをいうと誤解されるかもしれないが、れいの真性ヒキさんとか、ゲームの話はわからないが、あのてろてろ書かれる考察がどんなにレトリックでもネタでも、この情報速度ヴヴォボボボォのなかでぶくまの一行コメントで圧縮されるというか、その配列になってしまうように思う。

 これはいったいどういう現象なんだろうか?

 たとえば典型的なのがこれだね。

 ⇒はてなブックマーク - ITmedia ライフスタイル:ブログに問われる書く技術、話す技術 (1/3)

 もとネタ書いた人はこういう事態を知っているだろうか。

 これって、古い日本語で言うところの一言居士ってやつかとも思うけど、そういうのがポイントじゃなくて、なんつうか、このぶくまの配列が問題なわけだね。単純に言えば、ただ、ネタ化されているだけなんだけど。

 なんかなにを言っても一瞬のネタ、という情報の変化はなんなのだろう。

 ま、もちろん、メディアの情報がすべてそうなるわけでもない。

 ただ、なんとなく、情報の差別化って、すでに速度の一元パラメーターなのでは? なわけないか、それは返却値であって、速度を算出している実体?はあるように思う。

 それはなんだ?

 簡単な仮説はネタがそれ自体がmixi地獄の代替のようにつながりのジョイントで、つながりの不安が速度かと。…そうか?

 って、このエントリがぶくまされたらワロス

 ぁぁこれってぶくまの2ch化か? でも2chはむしろこの情報速度の差別化風圧で解体しているのではないか、あまり見てないからわからないがってか、なんか2chって覗かなくなったような。というか、ある一定のかたのまたーりの場というかほのぼのしているのでは。わからんが。

今日のイチオシ・ホゲもとくになし

 ほげな味わいが深いのはこれでしょうかね。

 ⇒郵便局長婦人会3000人がデモ行進、民営化反対訴え

 いくつか用語を置換すると戦前の光景ができそうなのがほげ。

今日のイチオシのネタはとくになしかな

 なんか見落としているような気もするが。

 しいていうと、これ裏があるんじゃないか。

 ⇒三井物産元室長ら詐欺容疑で逮捕・排ガス装置データねつ造

今日の新聞各紙社説は…

 遺族会関係はなにか裏があるのだろうが、なんかこういう政治には私は関心ないや。

 医療費削減にはある程度効果的な妙手があり関係者は知っているが、書かないよ、と、解決ゾロリ

 平成17年版防災白書ネタは今日の社説のテーマだろうが、お説教以外のものはない。そもそもが阪神大震災で村山爺の最低の対応でどれだけの国民が殺されたか。もっとも、その後の災害を見るとまったく無反省というわけでもない。国民を巻き込んでのナショナルガードの設立が必要と考える社説子はいないのだなと確認するも虚しい。

 関係ないがラジオから「ジェンキンズさん」と聞こえるが米報道はジェンキンズ元脱走兵である。

日経社説 減災を妨げるよそごと意識

 途中で寝た。

●日経社説 公務員純減でスリムな政府・自治体を

 昨日役所に行って思ったが、ざっと見るに無駄な人は多いなと思ったし、IT化はかなり進んだがそれでもまだなと思った。対応の人は有能な女性が多いとも思った。日経爺、役人のいるところをいろいろ一日散策してはどうか、机上で理屈こくより。

産経社説 防災対策 耐震強化と津波の備えを

 読売に同じ。

●産経社説 靖国参拝問題 何だったのか遺族会見解

 産経は古賀を叩く、と。古賀って野中か。

●毎日社説 女性科学者 活躍の余地はもっとある

 個人的な話だが、私は若い頃自分より知的な優位な女性ばっかの環境にけっこう置かれていたなと思う。

 こういうアナロジーはちょっと怒られるかもしれないが、数学など実際面では編み物と同じ、実験科学などお料理と同じ。理論構成はファンタジーノベルや浮気追及と同じ。ディスカッションは夫婦喧嘩と同じ。女性が理系で劣るわけがない。

 さらに怒られるかもしれないが、私は、そういう女性の知性になにか権力的な嘘を感じることが多い。

●毎日社説 医療費 小異を捨て抑制の具体策を

 で?

●読売社説 [防災白書]「『減災』を掛け声だけに終わらすな」

 掛け声声高は読売など新聞。

 ⇒極東ブログ: 「どこに日本の州兵はいるのか!」

●読売社説 [ミサイル防衛]「効果的に運用する態勢が大事だ」

ノドンミサイルはわずか10分で日本に着弾する。迅速に迎撃する、万全の態勢を構築しなければならない。

 読売まるでわかってない。MDは発射時に叩く。

●朝日社説 医療改革 納得できる抑制目標を

 この問題には今日は言及したくない。が、朝日もダメだなぁと思う。

●朝日社説 南北の5年 核の暗雲をどう払うか

韓国北朝鮮に甘すぎると日米は見ているが、韓国には事を構えるわけにはいかない地政学的な理由がある。朝鮮半島問題の戦略を改めて説明し、日米韓の連携を強めていくことが欠かせない。

 あほくさ。

[] 問うてみて柏紫陽花なるを知る 終風

kagamikagami 2005/06/15 08:25 >そういう女性の知性になにか権力的な嘘を感じることが多い。
上手く言葉に出来ないのですが、全く同感です。私も、そういった感覚を良く覚えます。それが正しいのか、私のフィルタなのかは、分からないですが…。

finalventfinalvent 2005/06/15 09:28 kagamiさん、ども。女性に対する偏見じゃいけないなと自戒はするのですが。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/15 09:51 州兵ってのは建国以来の民兵の系譜では。とか思って google ったらこんな資料が。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200307_630/063003.pdf
ミリシア(民兵)>ナショナルガード(州兵)ってことのようで。
州兵が基本的には知事の指揮下にある、というのは指揮系統に限れば海保と自衛隊の関係みたいなもんかな。

finalventfinalvent 2005/06/15 10:01 Neonさん、ども。州とか知事という日本語だと日本的には県と県知事みたいですが、これって、ステーツ=国家だし、その意味では、国軍というか人民軍、という位置づけでは。ただ、実際にはボランティア組織っぽいですね。

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/15 10:32 最初コメントを、日米関係において自衛隊は州兵か、と書こうと思ったんですが。
というか、アメリカは自衛隊を事実上の日米連邦国家における州兵だと思ってるのではないかと、ここんところずっと考えてました。先の潜水艦の特殊任務しかり。

まさくにまさくに 2005/06/15 10:35 こんにちは。ぶくま的ネタというのが何なのかよく分からないのですが、これはランキングのようなものでしょうか?何のことをおっしゃっているのかちょっと理解できないのですが、情報量がまるで「大河」みたいに流れていたら、振り落とされる部分が必然的に多くなるような・・・そして多くの人に関心をもたらすのは、スーダンでの虐殺とかではなくて、もっと俗な(言葉が悪いですが)話題に流れていくのかな、と。一般に安い商品ほど早く流通・消費されますが、売上総額ではかなりの金額になり、貴重なものは高価かもしれないが多くの人の手には入らず売上総額も安物に敵わないというような・・・でも、例えば切手蒐集マニアのような特定指向の人々にとってはそのネットワーク内では他人とは違った価値を生み出す、みたいな感じで、情報も他の多くの人にとって価値が高いものでなくとも、ある情報共有ネットワーク(の人々)内では高い価値が見出されるような気がします。情報が消費されることを防ぐのには、かつての爺さん達が「口癖のように言う」というようなことしかないのかな、と。メディアはどれくらい流通の少ない情報を入れ込めるか、商業的経営的影響を受けながらも多くの人が目に留めない高い価値の情報を提示できるか、そこにプロの意義・価値があるのかなと思います。長く書いてすみません。

finalventfinalvent 2005/06/15 10:50 まさくにさん、ども。ええ、もうちょっと丁寧に説明すべきかとも思うのですが、手間を惜しんでいるのと、それと、この情報速度を実感している人でないとちょっとわかりづらい面もあるかもしれません。

atenaten 2005/06/15 11:52 ブログとかぶくまとか
私は関心ないね。多くの人ももう関心ない。閉鎖グループの自己満につき合い切れん。勝手にしたらの話でしかない。
メタブログ論とか面白いのかね、毎日。と書くと誤解されるか。

ひがひが 2005/06/15 12:08 コメント欄で設定できるタグの数が無制限になるといいかなと思います。>はてなブックマーク

finalventfinalvent 2005/06/15 13:30 atanさん、ども。ええ、そうですよね。なんか、自分がすっかりはてなになっている…。

finalventfinalvent 2005/06/15 13:31 ひがさん、ども。あれって制限あるんでしたっけ。このあたり、ある蓄積ができたとき、タグはどういう威力になるのでしょうかね。なんかになりそうな感じ。

finalventfinalvent 2005/06/15 13:32 ハル一番さん、ども。あ、なんかそういう経緯があったのですか。知らなかった。ま、私も叩いていた部類に見られたかも(だってあれ)。

jazjaz 2005/06/15 17:00 こんにちは。
あのぉ…、ネタにつっこみ入れるわけではないのですが、理系の知的で優位な女性に私的にかこまれている私としては、どうしても言っておかなくちゃ、なのでひと言。「権力的な嘘」、感じません。逆では? というのは、地位もあがるほどに”更に”とても素朴で、知性を振りかざすタイプはいませんよ? 私はいつも尊敬しているのですが。はっきり言って大好きな人たちなのですよ。
どういう場面でそう感じられるのか分からないのですが、少し違った角度からも見て下さると嬉しいのですが…。

toto 2005/06/15 17:40 >ネタ的
長ったらしい論文よりたけしの赤信号ネタの方が情報を凝縮しているみたいな感じで誤配を受けておくです。人類の脳細胞化みたいな電波だ。
>権力的な嘘
女子のほうが世間の付き合いや身の施しは上手そうかなとかかなぁ。大和っぽいとも。

finalventfinalvent 2005/06/15 18:16 jazさん、toさん、ども。私が世界をうまく了解していないかもというのはあります。それと、「権力的」という表現が拙いのかもしれません。さらに拙い言い方になるのかもしれないのですが、あるメッセージに性的なシグナルがどこかしら混入し、ある種のダブルバインド的な状況になる感じです。というか、性的なシグナルは常に禁忌を含んでいるように感じられるのです。ある状況下の発言にそれとはダブルバインド的になるような「私は魅力的でしょ、それをあなたは認めますよね、その上で私のメッセージを受け止めてますよね」というなメッセージを感じるのです。これにたいして、「NON」といいづらいのです。なぜかというと、その「魅力的でしょ?」はOuiが前提になっているのです。女性蔑視とか差別の意図はありません。女性のかたのご気分を害してしまうような言い方になっているかもしれませんが、そういう意図でもありません。

jazjaz 2005/06/15 19:01 そうですか…。「権力的」という表現に文字通りオーソリタリアンをイメージしたので、上記のfinalventさんのお返事から、そうなのかぁ、と納得しました。
余計なお世話かもしれませんが、個人の感じ方はナルホドいろいろあるものだなあ、と実感する機会が多いせいもあり、で、思うのですが、そのようなシグナル(ということは、ほのめかされる、という意味ですね?)を感じ取った場合、「NON」を勇気を持って明示するか、若しくは明確に表現することで自分の立場が不利になりそうであれば、えん曲的に相手の意図をけん制するメッセージを投げ返すことが必要では? なにかしら”威圧的な”、”hidden message”のありそうな会話は不気味なものですが、単に相手のクセだったりすることもありますよ。「Qui」とは絶対言えない、しかし「Non」は言いづらい。理解はできますが、状況的には黙らない方がよさそうです。

2005-06-14

ココログメンテ終わりで何か変わったか?

 ところでこれサイテーなんですけど⇒ブカツブログ powered by ココログ

 部活大嫌い。

ぅぁー前世の記憶のように思い出した…

 私はASCII NETが最初じゃなくて…あれ、なんだったけと…、ぉ、ぉもぃ出しました。 JADA だ。

 JADA TELEPORT SYSTEM (日本アマチュアデータ通信協会)ですよ。

 JADAの開局は…1984年6月。

 なんか、orz

 ASCII NETは85年だったけ。青本緑本…。

 PC-VANを始めたのはずっと後だったというふうに覚えている。が、86年か。

 なんか記憶が曖昧だな。まいったな。

あるIT系の会話

 f(オヤジ)「このメールアドレスbiglobeってあるけど、これ使えるの?」

 k(30代)「使えますよ。biglobeって知りませんか?」

 f「知っているよ、あれでしょ、PC-VAN

 k「(はぁ?)」

 f「あ、以前は、PC-VANって言ってたんだよ。そういえば VAN って言葉最近聞かないね、知ってる?」

 k「(ドン引き)」

ちょっと役所によったらトッドラーが多数

 いるなあちこちちびちびがちびちび歩いていて面白い。なんか、失礼、不思議な国にいるみたいだ。

 お役所っていつからこんなにちびちびが充満するようになったのか。

 しかし、この図が案外少子化ってことなのかもね。

ココログメンテ中…

 というわけで、今日のエントリがアップロードできず。

 このところ、ココログがすげー重たいので、そういうベーシックな改善があるといいのだけど。

日本で報道されない外信にはなにかグレーディングがあるかのように

 見える。

 政治マターだけでフィルターしているわけでもない。

 ホゲ・ウィルスの支配もある(ワームという説もあり)。

 ディレイはある。れいのハゲ遺伝子だが、随分遅れた。

 産業フィルターもありげ。

今日の朝ホゲは大漁だが…

 イチオシが難しい。

 個人的にはこのあたりをイチオシにしたい⇒少子化対策:児童手当を現行の3倍に 自民党研究会が提言

 アカデミックにはこのあたりはいい味なのだが⇒新田滋「資本主義はなぜ強靱であったか。社会主義はなぜ無効になったか。」

 やっぱ、ホゲは単純なのがいいでしょは⇒ITmedia ライフスタイル:ブログに問われる書く技術、話す技術 (1/3)

 一発芸は弱い⇒はてなアイデア - ブログモードの次は日記モードを作って欲しい!

 というわけで、今日のイチオシは該当作品なしということで。

 選考委員特別推薦として朝日の靖国社説という声もあったことを添えておく。

ああ、なんてことだ

 ⇒中国の小学校を洪水が直撃、少なくとも92人が死亡

死者のうち87人が小学生、4人が大人の村民だった。このほか、数十人が病院に収容されている。

 治水こそ中国の歴史。

今日の新聞各紙社説は…

 読みが粗くてなんだが、すまそ。

 テーマはアフリカ債務帳消し問題。これはそうするしかないでしょ。

 ⇒極東ブログ: ゴードン・ブラウン、その救世主的な情熱

 ウォルフォウィッツについての言及はなぜかないのだが、なぜ。

 日韓歴史問題は四の五の言うほどのことはないよ、と。

 東証の問題はよくわからん。読売のいきり立ちの裏がわからん。基本的に日本の株式市場は外人用になるので、そうするしかないんじゃないか。

日経社説 アフリカの自立促す支援を

 他紙に同じ、に読めるが。

●日経社説 官民競争入札のルール作りを急げ

 はて?

 なんか言及を避けたい。地方自治が絡む問題はディテールが複雑。

産経社説 東証の審査機能 上場あせらず徹底議論を

 産経もこれか。

●産経社説 歴史共同研究 中国にも実証重視を貫け

 読売に同。

戦前の日本統治が戦後の韓国の経済成長に影響を与えたとする米国の学者、C・J・エッカート氏の『日本帝国の申し子』は、日本で反響を呼んでいるが、韓国語訳はない。

 戦中世代なら韓国語訳なんて不要だったのだけどね。

●毎日社説 アフリカ支援 借金棒引きで誰が得をする

 変な話。というか問題設定が間違えている、と、思うがな。

 「借金棒引きで誰が得をする」という呑気な状態ではないと思う。

 ま、この件は私はそう「思う」というくらい。

●毎日社説 靖国と遺族会 近隣諸国への配慮とは?

 こんなタメの議論どうでもいいやだが。

遺族会には、近隣諸国にどのような配慮をすれば、外交問題にならないのかを聞きたい。

 こんな馬鹿な締めはないだろと小一時間。外交がわかってないよ。

●読売社説 [東証上場問題]「公正な審判役を続けられるのか」

 日経ネタの後出し

 眼圧憎しという話なのかも。

●読売社説 [日韓歴史研究]「認識の不一致があるのは当然だ」

 歴史学というのは方法論があるので、それに準じていけばいいだけ。

●朝日社説 債務帳消し 最貧国にもチャンスを

南米ボリビアなどは、こうした失敗の典型例だろう。

 の、付け足しがおかしいが。

 全体としてはこんな主張でいいのかなとは思う。

 露骨な資源外交をやっている中国様の立ち位置はどうよと思うが、朝日としてはそこはツッコミなしよ、であろう。

●朝日社説 靖国参拝 遺族からの重い問いかけ

  ァ  ∧_∧ ァ,、 
 ,、'` ( ´∀`) ,、'` 
  '`  ( ⊃ ⊂)  '` 

[] まあ座れ水茄子も裂くお茶も出す 終風

tt 2005/06/14 11:21 はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。ためになります。
> 日本で報道されない外信にはなにかグレーディングがあるかのように
私もそんな風に感じていました。産業フィルターは間違いなくありそう。

synonymoussynonymous 2005/06/14 12:24 『あ、あの…VANって、こないだ創業者がなくなったとか言う、ファッションブランドですか…?』

自由の敵自由の敵 2005/06/14 12:33 NTTとNiftyに毎月数万円をみついだ日々を思い出しました。同じ30代なのにこうも差が…

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/14 13:22 Delphi っても ObjectPascal の方じゃなくて・・・とか言ったら両方通じてない。

finalventfinalvent 2005/06/14 13:46 tさん、ども。勘ではわかるけど、なんか仕組みがあったら知りたい感じですね。

finalventfinalvent 2005/06/14 13:47 synonymousさん、自由の敵さん、ども。ぁぁ、時代ですね。ほんところは月5万円とかも払っていたし。

finalventfinalvent 2005/06/14 13:49 Neonさん、ども。Delphi会員でしたよ。telnetで入ってlynxをよく使ってました。Netscapeがようやく話題になるころ。

synonymoussynonymous 2005/06/14 14:11 虎山とかに変に憧れてみたりして、よく通っていたのは地元の草の根でした。

finalventfinalvent 2005/06/14 14:34 synonymousさん、ども。虎山…あ、タイガー…、ありましたありました。

jazjaz 2005/06/14 15:20 ほんとですね。アフリカの債務支援というか帳消しの報道、あっさりしていますね。短いし。毎日新聞の「開発援助の目的は、産業を育て経済の自立を促すことだ。本当に必要なのは、義援や恩恵ではなく、自立に向けたプログラムなど具体策だ」なんて結論を見るとあれれな気分になりました。金(ゴールド)はほとんど支持されなかったので、っていうか、ブラウンのあの発言にみんな怖れを抱いたので一律帳消しで円満に結論がでたのでしょうか…。私は個人的には、ああいうまじめそうな政治家が好きなのですが…。

finalventfinalvent 2005/06/14 16:01 jazさん、ども。ブラウンに当初からそれだけの策略があったかわからないのですが、結果としてみると、かなりな脅しになっていたのかもしれません。というか、実務的に見ればそうするしかないでしょ、というあたりをきちんとゴリっと押したように思います。ブレアも毀誉褒貶はありますが、ゴードンもなかなかジョンブル(悪い意味ではなくすごいタフということ)な政治家だなと思います。

jazjaz 2005/06/14 16:11 あの…、毎日新聞のボリビアの記事に「死者が出たのは首都スクレ近郊で」ってあったのですが、ラパス(La pas)が首都ですよね? 検索したら、スクレは憲法上の首都ということなのですが、”普通に首都”って言う場合、ボリビアではどちらを首都って言えばいいのですか?

finalventfinalvent 2005/06/14 16:51 jazさん、ども。あ、ほんとだ。日本国外務省的にはラパスです。行政府があるからでしょうね。ただ、生活感覚や歴史からすればスークレなんでしょうね。CIA Fact bookを見ても並記でした。

oohooh 2005/06/14 17:20 >部活大嫌い。
って反語ですか? わしは本気で嫌いですじゃ。中身も嫌いだけどブカツって言葉も嫌い。うげ。
ところでチビどものあふれる役所って悪くないかも知れません。役人だってちっとはましな大人のふりくらいするでしょうし。

synonymoussynonymous 2005/06/14 17:28 化学部のブカツだけは楽しかったなぁ。怪しい実験ばかりしてた。突沸も何度もやったが、火薬は作らなかった。いっぽう、(親から強制された)運動部には良い思い出がない。

finalventfinalvent 2005/06/14 21:02 oohさん、synonymousさん、ども。ええ、部活嫌いですよ。中高ともに陸上だったけど。というか、大会めざすのが嫌でした。ひたすら自己鍛錬みたいなのはよかったのですが(修行してたのか?)。

F 2005/06/15 00:27 そういや皇帝は黄河を治める黄帝の意から始まったと歴史の時間の初めに
習ったのだねぇ。
それはここでは当たり前の知識でしょうから置いといて、
昔オレ街が水で沈んで、黄色の泥渦をみながら「ナイルの氾濫ってこうやったんけ?」
と妙に乾いた頭で考えていたことを憶い出した。

etenalwindetenalwind 2005/06/15 00:32 日本遺族会の小泉批判の件ですが、ほとんど古賀の飛ばしで実際は遺族会は小泉圧倒的支持だそうですが、なぜか「遺族会からも反対」が一人歩きして(古賀が後から私見と修正したにもかかわらず)中国の新聞もいっせいに報道したり、朝日新聞が既成の事実として社説にまで引用したりして、妙なことになってます。読売の妙な国立追悼施設の社説といい、自民党の長老連と中国で何か裏取引でも会ったのではないかと思いますね、この辺の動き・・・・

■□ Neon □■■□ Neon □■ 2005/06/15 00:32 日本で BBS 始まる前、THE SOURCE や CompuServe に KDD 経由で繋いでるヒトも結構居ました。
特に大学の研究者は留学から戻って留学当時の関係者とメールで連絡しなきゃ、とか、あるいはロッキードのダイアローグのような専門データベースサービスに接続したいとか。
当時パソコン販売に関わってたので、そういう人に音響カプラ売ったりしてましたね。

粘着電脳研究家粘着電脳研究家 2005/06/15 02:52 部活が無かったら、学校通って無かったですね。私としては(特に高校時代)。全てを肯定はしませんが。(結局、大学でも体育会系でした。自己鍛錬ってのはちょっと異論がありますが)
朝日の社説は、何処を縦読み?って優香、釣りなんでしょうか。ある意味2ch(ry

finalventfinalvent 2005/06/15 09:24 Fさん、ども。ナイルの氾濫というのはかなり予想されたものかな。このあたりの歴史ってもうちょっと読み込んでみたいと思いつつ忘れてますね。

finalventfinalvent 2005/06/15 09:25 etenalwindさん、ども。15日産経社説もなんかきな臭いですね。この手の構図は中国が主導かと思ったけど、今回は日本が逆に使っているのかなという印象です。

finalventfinalvent 2005/06/15 09:26 Neonさん、ども。あのころけっこう私はアキバに漬かっていたのでお会いしたかもねですね。

finalventfinalvent 2005/06/15 09:27 粘着電脳研究家さん、ども。…でも現代の部活は…とかちょっと思います、で・も、ないのでしょうかね。なんか人生見えないですごしたことは多いなぁと思います。

2005-06-13

沖縄が住みたい都道府県一位だとよ

 ⇒「住みたい国・都道府県」ランキング

 「甘ちょろいな」とそこに八年暮らしたfinalnet(オヤジ)は呟いた。

 「住めばみやこ、あー、みやこあらんどぉ、いちゃりばちょーでー」とfinalnetの知人(オヤジ)にして、現地嫁もろてじっくり漬け込まれた元ナイチャーは叫んだ。

はてなQ あなたが感じる角川書店の良いところ・悪いところを教えてください。

感覚的でも、具体的なソースを挙げて答えてくださってもどちらでも構いません。

 角川源義にちなんだ書籍を出したりするところ。最近はあまりそう感じなくなかったが。折口信夫の文庫なども出していた。俳句関連は充実していた。

 「帝都物語」に角川源義が出てくるのはよかった。あれは諂いではないよ。

はてなQ 過去一年以内に電子辞書を購入された方におたずねします。

その電子手帳を購入する決め手になった理由を教えてください。違うメーカーはもちろん、同じメーカーでも似たような仕様の機種が多くて、何が基準になっているのか、さっぱりわかりません。

 キーが50音配列になっていること。

 文字がでかいこと。

 …自分が使うのではなかったので。

不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不飲酒

 五戒。

 ブログだの日記だのは、妄語のごときだが、ここでいう妄語は、嘘つきということ。私はあまり嘘をつかないと思うのだが…(サバト中にぶくまは嘘という意識はなかった。まそれで免罪ってものでもないが)。

 だいたい五戒は守るようにしている。

はてなQ 【ベジタリアンの方にお聞きします】

あなたがベジタリアンになったきっかけはなんですか? どの程度厳格なベジタリアンなのでしょう(ヴィーガンとかラクトOKとか)? 私をベジタリアンになるよう説得してみていただけませんか。

 今はベジテリアンではないのだけど(ソーセージとかハムとか作って食うし)。

 ただ、実質的には、というか欧米風にみるとほとんどベジテリアンに近い(量は少ない)。

 以前は厳格なベジテリアンというかマクロバイオティクスをやっていた。

 そのきっかけは、単純。生き物を殺して喰うのがやだったのだ。一人暮らしがようやくできたので、うるさいやつがいなくなったので、さてそうするかと。

 それはもう無精卵も牛乳も飲まず。さらに砂糖もダメというやつ。

 ヴェジテリアンに説得というのなら、簡単、豚も魚も衆生なり、衆生に憐れみを持つのが慈悲というもの。

 ま、しかし、私は世俗に生きるのでそうもいかなくなった。

 それでも、自分が生きるために、できるだけ、命を殺さないこと。

 あーそうだ。命を殺さなければ、ブロイラーみたいのに無精卵を生ませればいいのかといと、あれも無慈悲なものだなとは思う。

はてなQ インドや台湾などアジア諸国にいって紅茶や中国茶の仕入れをやってみたいと思っています。

しかし仕入れの流れとか、茶園や茶商との接触の仕方など全くわからないので、紅茶や中国茶の仕入れのマニュアル本みたいなものを探しています。アジアでのお茶の仕入れに関するマニュアル本やウェブページを知っている人がいましたら教えてください。

 紅茶と中国茶は違う。

 中国茶は基本的にコネ。あるいはカネ(意味はくわしく説明しないよ)。

 紅茶も地域によって違う。ダージーリンの場合はセリに参加する。その参加権はどうだったかな。ま、そこまでしなくても現地でセリ落とされたのを買うという手がある。グロスだと交渉できるけど、上質なのを適切に買うのは大変そう。

 あと、お茶はけっこう関税が高いよ。

 仕入れ屋をやって儲かるか? 日本だとまだまだ本格的な紅茶は普及してないのと、中国茶も無意味に高いのでうまくいけるかも。

 そういえば、以前香港の知人から鉄観音をどさっと送ってもらったことがあった。仕事仲間の親が茶農だったらしい。これはフレッシュでとても美味しかった…のだが、すぐにいたんだ。そのあたり、お茶を扱うのだったら製茶技術も熟知しておく必要がある。台北の茶商など基本的に製茶技術が売り。というか、大陸でもそうか。

 そういえば、国産紅茶を作っている人から紅茶をもらったけど、そのあたりが、失礼ながら、ぜんぜんだめだった。

 中国茶は実は現在製法にある種の革命がおきているみたいだから、うまくやると安価でいいのが手に入るかもしれない…というかコープなんかでけっこういいのが売っている。

 などなど。

はてなQ 男性の方におききします。あなたは女性を選ぶ時 何を重視しますか??

顔・体系? 性格?? お金??   また 可愛い子と綺麗な子との違いを教えて下さい。

 縁。

 体系は思索する男性には重要かも。

 可愛い子と綺麗な子の違い → 保有している有害菌の数。

立花蛭子先生…

 ⇒第21回 日本経済も血を流す アメリカとの軍事同盟許すな! - nikkeibp.jp - 立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」

憲法第9条を守り抜き、アメリカが何をいってきても、「日本には憲法第9条があるので、アメリカの戦争への協力はここまでしかできません」と断りとおすのが、日本の国益というべきである。

 orz

 (補足:外交というのはいろいろありうる。)

寒天が流行しているのか

 買えとかメールが来るが。

 夏なんで心太・寒天はよく喰うが。

 がというのは、こういうのも手作りではないとうもないんだよ。

 寒天というのはとくに、歯があたった瞬