finalventの日記

2005-12-31

さて今年もお終い

 ま、そんなところかな。このエントリで今年も終わり…かな。たぶん。

ぶくまはどっかおかしいかもしれないというか何かキモチイイかもしれない

 ぶくまのコメントで批判するのは別に良いか悪いかわからない。だから「何故ダメか」が書かれていないから否定的なコメントなのか書かれた側からすれば判断がむずかしく厄介でわからない。ただでさえぶくまはリアクションしづらいのにそれだとリアクションのしようがないと思われているが、じっとその動向を見ている真引きさんみたいな人もいるのでなんとも言えない。理由を提示しないリスぺクトはおちょくりと取られることもあるだろう。はてなブックマークは結局「ブックマーク」だからそのおまけとしてのコメントからのリスペクトというのは議論を展開する意思というか覚悟がないということなのかなわからない(あるのならば該当エントリのコメント欄に書く、または自分の日記に書くだろうか、よくわからない)。

 じゃ、そゆことで。

ロングテイルとは

 英語で、wrong tale つまり、「間違った話」という意味。

 インターネットによって、これまで「2:8の法則」などといわれていた2割の社員が8割の売り上げを稼ぐ、という法則が成り立たなくなってきている、といった話。

 こうした間違った話が流布されてきたのは、生物学的な知識が普及してこなかったため。例えば、働き蟻を見ていると、みんな働いているように見えるが、実際は、9割は無意味な活動をしていて、捕食に関係しているのは1割。しかし、その1割を取り出すと、そのうちの9割はやはり無意味な活動になる。このように、効率性からみた非効率性の減衰が長い尻尾のように見える。なので、「2:8の法則」で割り切るのは、間違った話、ロングテイルである。

 流通コスト、在庫コストがネットビジネス、カタログビジネスでは従来のビジネスに比べて圧倒的に低く抑えることができるので、細かいニッチなアイテムを数多く集めることによって無駄な在庫がゴミ屑となることも暗示する。

ところでベジテリアンって?

 面白いと思うのだが、日本のかなりのベジテリアンって、食い物だけしか関心持ってない。

 ベジテリアンにはいろいろな派があるが、意外と重要なのが、石けん。

 普通の国内の石けんだと、かなり牛脂が入っているはずで、インド人的な伝統のベジテリアンでは論外。

嘘と事実を交ぜるのがデマの技法

 ⇒きっこのブログ: それでも食べたい人はご自由に

 ごく簡単にデマと妥当な部分を以下に切り分け。

パブリックコメントについて

 きっこの煽りはさておき、これは内閣府食品安全委員会がもう少し実態を公開すべきでしょう。

肉骨粉の混ざった飼料について

 これは問題。なので禁止するよう米国国際社会が圧力をかけるべき。

牛脂について

 きっこはこの問題をたぶん理解していないと思う。純粋の科学的な問題と食品安全の問題が混同されている。「肉骨粉と同じくらいの感染率が報告されてる牛脂」そんな報告はないと思う。EUでは危険性の指摘はある。が、あくまでプリオンの汚染の問題。ただし、これも問題ではあるので、規制は必要。

「ニワトリたちが、どんなふうに飼育されてるのか」

 これはまったく別問題。っていうか、こういうところがきっこのデマゴーグたるところ。これを言うなら、「生卵かけご飯」を食ってそうな中の中年オヤジみたいなきっこに一言あってしかるべき。

養鶏場映像例

 これでもデマゴーグ全開。こういう事例はあるだろうが、それはそれで個別に規制すべき問題。

 というか、平和問題でもそうだけど、こういう黙示録的映像で呪縛させるのがデマゴーグのやりくち。

 数値と論理と経験、証言(言葉)で考えていくことが重要。

品川森一(独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構動物衛生研究所プリオン病研究センター長)について

 彼の意見はたしかに傾聴すべき。ただし、行政の判断手順の問題はそれとは別。つまり、行政の判断基準に民主主義として問題があったかというのが問題。

 で、今回の措置に問題があったか?

 しいていえばあったと私は思う。ただ、その前提に国際ルールに対して日本がどう向き合うのかが問われなくてはならない。

 で、そこが曖昧になったのはなぜか?

 このあたりを言うと批判されるだろうが、すでにリスクの大半は排除されている現状、トリビアルな問題化したためだろう。

 基本的に、この問題の政治性は、追米批判する文脈ではなく、それによって国内の畜産が過剰に保護、猶予されることにある。

 国際的にはBSEのリスクの高い国は米国より日本だし。ピッシング依然継続。

 参考⇒BSEをめぐる最近の問題 第2回「新たに起きてきた問題」 山内一也 財団法人 日本生物科学研究所

 このリスク評価でとくに参考にされたのは,アイルランドで行われた実験成績である。そこでは頸静脈血液についてマーカーとして神経組織特有の蛋白であるsyntaxin 1-BとannexinVのレベルを調べた結果,空気注入法の場合15頭中4頭,スタンガンにピッシングを併用した場合16頭中1頭にマーカー蛋白レベルの上昇が見いだされ,スタンガンのみでは15頭いずれにも上昇は認められなかった3)。この報告が発表された翌2000年にEU科学運営委員会はピッシングの使用を禁止した。

 日本ではスタンガンとピッシングの併用が行われている。ピッシングの中止は厚生労働省から勧告されているが,作業員の安全確保のために大部分の屠畜場で続けられている。米国では空気注入法が一部で用いられていたが,BSE発生を受けて国際調査委員会からの勧告により中止された。

 っていうか、きっこがちゃんと社会問題に関心あるなら、国内の畜産・肉流通の問題を言及すべき。

 そこがすこんとシカトされているのは、耐震偽装問題で、藤田をシカト、マンション問題をホテル問題にすり替えてばっくれているのと同じ。こんなの社会派といえるようなブログじゃないよ。

以下はデマ文の例

牛病の原因の異常プリオンは、牛の脳や目や脊髄や回腸遠位部などの特定危険部位だけに蓄積されるから、そこだけを取り除けば感染牛でさえも安全に食べられるって言い張ってるのが、唐木英明や吉川泰弘などのペテン師たちで

 それを言うなら国際ルールはなくなる。っていうか、国際ルール無視のきっこ様って何様?

こうした問題を政局に結びつけるのがデマ

 そして、こうしたデマゴーグのおかげで、真面目にBSEと食の問題を考えている人の立つ瀬がなくなってくる。

イチネタ というか公式確認というだけだが

 ⇒Sankei Web 産経朝刊 拉致実行犯2人特定 地村・蓮池両氏が証言 略取容疑で捜査(12/31 05:00)

 北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(50)と蓮池薫さん(48)が福井新潟両県警に対し、自分たちを拉致した実行犯として、北朝鮮元工作員の辛光洙(シン・ガンス)容疑者(76)ら二人の名前を証言していたことが三十日、分かった。

 重要なのはむしろこっち。

 「朴」は昭和三十六年に行方不明になった北海道出身の小住健蔵さん(昭和八年生まれ)らに成りすますなどし、昭和六十年に警視庁公安部が摘発した「西新井事件」にも登場した工作員。旅券法違反容疑などで国際手配されていた。

 おまけ。

 ⇒辛光洙(シン・グァンス)「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」

春秋(12/31)

 わけあって全文引用する。

 「あさましかりつる年も暮れて、治承(じしょう)も5年になりにけり」。福原遷都、奈良焼き打ち、源頼朝が東国で挙兵、以仁(もちひと)王の乱、と多事多端の治承4年を平家物語は「あさまし」と総括した。前年、前々年は「年去り年来(きた)つて」「今年も暮れて」と淡々と書いて対照的だ。

 死者100人を超すひどい鉄道事故が起き、アスベストによる不気味な健康被害が明るみに出、いたいけな女の子が殺される無残な事件が続き、公認会計士・弁護士・建築士と重い責任を持つ専門職業人の職務違背が相次いだ、今年1年を振り返れば「あさまし」と思う。

 アナス・ホリビリスはラテン語で「あさましかりつる年」である。エリザベス英女王が十数年前に使い、世界の流行語になった。女王は先のクリスマス演説ではテリブル・イヤーと言って米国ハリケーンカシミール地震ロンドン地下鉄爆弾テロなどを挙げ「この恐ろしい年に、愛する人を失った多くの人に思いを寄せます」と述べた。

 あさましかりつる年も暮れて、平成も18年になろうとしている。英女王はこうも言う。「世界は人間が生きるのにいつも安楽で安全な場所ではないが、私たちにはこの場所しかありません。皆さんすべてが希望と自信を新たにして新年を迎えるよう願っています」。誠にその通り。来年は良い年でありますように。

 平家物語該当文脈は以下。

同じき二十九日、頭中将重衡、南都滅ぼして北京へ帰り入り給ふ。入道相国ばかりこそ、憤りはれて喜ばれけれ。中宮、一院、上皇、なのめならず御歎きあつて、「悪僧をこそ滅すとも、多くの伽藍を破滅すべしや」とぞ御歎きありける。もとは衆徒の首、大路を渡して、獄門の木にかけらる由、公卿詮議ありしかども、東大寺興福寺の滅びぬる事のあさましさに何の沙汰にも及ばず。ここやかしこの溝や、堀の中にぞ捨て置きける。 聖武皇帝宸筆の御記文には、「我が寺興福せば、天下も興福すべし。我が寺衰微せば、天下も衰微すべし」とぞ遊ばされたる。されば天下の衰微せん事、疑ひなしとぞ見えたりける。

 あさましかりつる年も暮れて、治承も五年になりにけり。

 大辞林より⇒あさまし・い【浅ましい】

(形){_シクあさま・し}〔驚きあきれる意の動詞「あさむ」の形容詞形〕[一]人間らしくないありさまで情けない。(1)(心・性質などが)いやしくて嘆かわしい。さもしい。「人のものを盗むとは―・い根性だ」

(2)(姿・外形などが)みじめで見るにたえない。見苦しい。「落ちぶれて―・い姿となる」「―・く瘁(ヤツ)れたる面(オモテ)を矚(マモ)りて/金色夜叉紅葉}」

[二](1)事の意外に驚きあっけにとられるさまを表す。思いがけないことだ。驚くばかりだ。あきれかえるばかりだ。よい場合にも悪い場合にも用いる。「かく―・しき空ごとにてありければ/竹取」「あげおとりやと疑はしく思されつるを、―・しううつくしげさ添ひ給へり/源氏{桐壺}」

(2)(「あさましくなる」の形で)死ぬ。「院の御悩み重くならせ給ひて、八月六日いと―・しうならせ給ひぬ/増鏡{藤衣}」

(3)(連用形副詞的に用いて)はなはだしく。ひどく。「むく犬の―・しく老いさらぼひて/徒然{一五二}」[派生]―が・る(動ラ五[四])―げ(形動)―さ(名)

 というわけで、「あさまし」は terrible の意味とやや違う。平家の文脈で考えると、人道(仏道)というか美学が廃れた起きた荒廃を指していてどちらかというと人災

 次に。

アナス・ホリビリスはラテン語で「あさましかりつる年」である。

 annus horribilisといったラテン語句はない。これは、女王のユーモア(1992年)。そしてこれを昨年(2004)にアナンが国連で使った。

 ラテン語的に洒落の元になったのは、annus mirabilis

annus mirabilis. The New Dictionary of Cultural Literacy, Third Edition. 2002

annus mirabilis

(AN-uhs mi-RAB-uh-lis) A Latin expression meaning “miraculous year.” The term refers to a year in which an unusual number of remarkable things occurred: “The Waste Land and Ulysses both appeared in 1922, the annus mirabilis of modern literature.” 1

‡ The reverse is an annus horribilus, or “terrible year.” Queen Elizabeth II used the term in 1992, referring to a major fire at Windsor Castle and the widely publicized marital problems of her family members.

 というわけで、日経さん、古典を扱うときは、もっと丁寧になさい。

日経社説 一歩進んだミサイル防衛

 ミサイル防衛は全体で1兆円かかるとされるプロジェクトである。安全保障上いかに必要であっても、財政事情を考えれば無駄なカネの使い方は許されない。同時にそれが実際に使われる場面を考えたうえでの準備も必要になる。米軍との一体的な運用体制は現実には不可避だろう。集団的自衛権をめぐる現行の憲法解釈との間に問題があるのかどうか、考え方を整理しておくのは当然だろう。カネをかけたシステムが完成してもそれが使えないようでは税金の無駄遣いになってしまう。

 カネをかけたら是非使ってみる、と。あほか。

毎日社説 2005年 よき節目の年にできたか

 頭悪オーラぼゎゎん。

 曲がりなりにもイラク民主化が進んでいるのをシカトするこのねじくれた左翼精神がたまらない。

朝日社説 企業不祥事 「職業人」の倫理を磨こう

 新聞社の職業人の倫理は正しい報道な。イデオロギー的に「正しい」報道じゃないよ。

[] 世の中は世の中の風大晦日 終風

madrigallmadrigall 2005/12/31 10:16 > 面白いと思うのだが、日本のかなりのベジテリアンって、食い物だけしか関心持ってない。

初めてお邪魔をいたします。おそらく、日本には宗教的な理由でのヴェジタリアンは少ないような気がいたします。確かSDAというプロテスタントの一派の方が菜食主義と思いますが。私はマクロビオティック(玄米菜食)でベジタリアンの範疇に入るかと思うのですが、アトピーとかアレルギー対策の食事療法で始める方が多いです。食事ガイドラインというのがあって、それ専門の料理学校・教室も開かれるのですが、一定以上の調理技術はあったほうがいいんです。そのため、食の”ある部分”についてはオタクになる部分があります。

nami-anami-a 2005/12/31 13:46 まだ、きっこのブログをウォッチしてるんだ(笑)右派ブロガーは、lovelovedogたんにぬすっとブログと言われた段階で、キワモノ扱い(情報源が不明確なので信じない)して無視してる人がほとんどだけどね。政局に結びつけるといっても選挙はまだ先だし、民主党が次のマニフェストに9条問題をどう書くかの方が重要じゃないの。てか、その辺を先延ばしにしたい護憲派の古左翼ががんばってるのかな?

finalventfinalvent 2005/12/31 14:24 madrigallさん、ども。そうみたいですね。私も随分前だけど、マクロバイオティクスやってました。三育フーズとかもお世話になりました。いろいろそれなりに面白いし、美味しいものでした。今でも基本はベジテリアンですが…肉も食べます。

finalventfinalvent 2005/12/31 14:26 nami-aさん、ども。ええ、ちょっと野暮かなと思ったけど、全開みたいにベタなデマじゃないので、切り分けしておいたほうがいいかもというか、メモしておこうと思って。なんというか、きっこのブログ、自分ではけっこう危険かな、と。ま、まとめてするより気が向いたときメモしておこうかと。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/31 18:53 毎日愛読者といたしましては、年末恒例の余禄「いろはカルタ」を楽しみにしているのですがまあ良くも悪くも今年の毎日社説を象徴するような出来に感心するやら呆れるやら…はっきり言って歴代の中で一番酷いかも(苦笑

hihi01hihi01 2005/12/31 19:20 finalventさん、こんばんは。今年も本当に暮れていきますね。やり残したことばかりが気にかかかっています。今年も本当にさまざまな生きていくためのヒントをいただきありがとうございました。

himorogihimorogi 2005/12/31 20:24 8:2の法則はパレート則で、元は英国の経済活動を統計分析して得られた経験則だったはず。
一方インターネットは Engelbart の Augmenting Human Intellect を実証してる、野鴨。

finalventfinalvent 2006/01/01 15:43 ---------------↓2006年--------------------------

finalventfinalvent 2006/01/01 15:44 kinginsunagoさん、ども。今年の激動は…総裁選くらいでしょうかね、わかりませんが。それにつれて世も動く、と。

finalventfinalvent 2006/01/01 15:45 hihi01さん、ども。2005年はある意味で忙しくなりだした年でした。またよろしく。

finalventfinalvent 2006/01/01 15:46 himorogiさん、ども。インフォありがとう。そんな話、聞いたことある気がします。

himorogihimorogi 2006/01/02 02:29 ロングテールというか、昔はインターネット=ラムスクープ理論といってたような希ガス。
いや、それは自分がNiftyのビジネス創造フォーラムかどっかでぶち上げたんだったかなぁ。

2005-12-30

ブログサバト

 ちょっと書きかけというか返信遅れというかあるけど、24時間、寝るよ、っていうか、年末の街でも見てくる。

 今年も私は幸せであった。感謝の意を誰に向けるべきかと空を仰ぐ。

 山辺に向いて我目を上ぐ、我が救いは何処より来たるか♪…

 それは反語だ。山に神いない。救いはどこからも来ない。

 天地の御神より救いぞ我に来たる♪と讃美歌は続くが、それもまた旧約の世界の読み違いであろう。

 しかし、それを是正なりしたいわけでもない。

 私は私でしかない。

 そしてその私は今年幸せであったと言うほかはない。

 潰えていく前に存在であることの静かな至福を覚える。

 お前は苦しむ者、病むものになにをしたかと問われるような思いがするが、率直に言えば、その問いかけに私はサタンを感じる。

 幸せとは、苦痛のないこと、一日の糧のあること。

 イエスは狐にも寝穴はあるにと言った。狐ほどに幸せあればさらになにを思うが。

Amazing grace! How sweet the sound

That saved a wretch like me!

I once was lost, but now am found;

Was blind, but now I see.

 

’Twas grace that taught my heart to fear,

And grace my fears relieved;

How precious did that grace appear

The hour I first believed!

 

Through many dangers, toils and snares,

I have already come;

’Tis grace hath brought me safe thus far,

And grace will lead me home.

 

The Lord has promised good to me,

His Word my hope secures;

He will my Shield and Portion be,

As long as life endures.

 

Yea, when this flesh and heart shall fail,

And mortal life shall cease,

I shall possess, within the veil,

A life of joy and peace.

 

The earth shall soon dissolve like snow,

The sun forbear to shine;

But God, Who called me here below,

Will be forever mine.

 

When we’ve been there ten thousand years,

Bright shining as the sun,

We’ve no less days to sing God’s praise

Than when we’d first begun.

ネタナシ 代わり凡ネタでも

 ⇒「日本3か月内に核製造可能」30年前、英政府大騒ぎ : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 同じく29日に解禁された英国のスパイ組織を束ねる統合情報委員会(JIC)の75年4月の報告でも「80年代には問題になると見ている」と分析されており、当時は日本の核武装の可能性が国際的に警戒されていたことをうかがわせる。

 ネタにならん。

ニホゲ とほほほほジャイアントロボ

 ⇒民主・岡田氏、おわび全国行脚続く

民主党の岡田克也前代表が9月の衆院選で落選した候補者の激励に全国行脚を続けている。民主の議席を64減らす惨敗から3カ月余り。表舞台にほとんど立たず、地方の支持団体へのあいさつ回りなど「敗戦処理」に汗をかいている

 「汗をかいている」の用法が違うような。ま、これでいいのか。票が狙いだし。

イチホゲ あのなぁ的

 ⇒まぶちすみおの「不易塾」日記:証人喚問打ち合わせ:まぶち すみお

小嶋さんは、いわゆるマンションルートの重要証人であるのでどちらかというとホテルルートをやってきた私の出番はわからない、と思っていたのだが理事からは、「準備しといてくれ!。」のご指示。ハイ、準備はいたしましょう。

捜査が入り、事件となっている以上、捜査機関が行う調べのようなことをやっても仕方がないのではないか?、と意見を述べる。それよりも、国会でなければできないような大きな構図を見据えるべきではないか、と偉そうなことを言ってしまった。

 

別に、何かネタがあるわけではない。これから、調査と推論の検証が必要になる。

 これがきっこ効果な。

毎日社説 視点 ES細胞ねつ造

 なんだコレ? なぜ今日出てくる。世田谷一家殺害で書け。

朝日社説 行政訴訟 住民参加を進める弾みに

 なんだコレ? なぜ今日出てくる。世田谷一家殺害で書け。

[] 長者なり箱で蜜柑を買うてみる 終風

kagamikagami 2005/12/30 11:15 ブログサバトの文章を読んで、ハイデガー狐のことを思い出しました…。現代の罠はブログかもです(笑)
http://www.polylogos.org/philosophers/arendt/heide.htm

finalventfinalvent 2005/12/31 14:26 kagamiさん、ども。ええ、ブログは現代の罠かもしれません。捕らわれている人です、私は。

2005-12-29

イーホームズ仕事納め、ならず

 ⇒2005/12/29「毎日新聞」の報道の誤りを指摘し、真実の解明に資する報道を期待します

5.毎日新聞に対して真実の解明に資する報道を期待します

日本を代表するメディアとして、毎日新聞の記者の方には、真実の解明に資する取材と報道を期待します。この事件は、1998年頃に始まったのです。事件の真相解明の為には、次のような点の解明が重要だと考えます。

1)何故、偽装を行う者達がいたのか?

2)何故、偽装が行える認定プログラムのシステムだったのか?

3)何故、偽装は今まで発覚せずに被害が拡大してしまったのか?

4)何故、アトラス設計の渡辺氏は、2年半前のグランドステージ稲城から複数棟の偽装を知りながら一級建築士として通報を行わなかったのか?

5)何故、日本ERI社は、1年半前の港区赤羽橋の物件を耐震性能がないと渡辺氏に指摘されながらも確認を取り消すという適法な手続きを踏まずに、計画変更という公文書偽造の手法を用いて処理したのか?

6)何故、平成14年10月の日本ERI社の業務停止時に行われた国土交通省の精査において、国土交通省はグランドステージ3物件とホテルの偽装を見抜き発見できなかったのか?

7)何故、11月17日に佐藤事務次官は、この事件とは因果関係がない「図書省略制度」について制度上の過失の可能性として発表したのか?(適切な報告がされていなかったものと推測されます)

8)何故、佐藤事務次官は、偽装における制度上の不備について大臣認定プログラムの性能評価上の問題をこの時指摘しなかったのか?(同じ)

9)何故、11月11日に判明していた、大臣認定プログラムが編集改ざん可能であるという事実の公表が、1ヶ月以上も遅れた12月13日に行われるのか?

10)11月24日に、平塚市が自律的に偽装物件の公表が行われるまで、イーホームズにおいてのみ偽装があったとの報道が維持されるのか?(弊社は、他の行政や機関の確認した物件でも偽装の存在を指摘していましたが公表されませんでした)

etc.

 ちなみに。

 日垣隆「ガッキィファイター」2005年12月29日号より

 構造計算ソフトSS2(定価約180万円)に、設計図などから数値を拾って入力してゆくと、部材応力、断面検査、保有水平耐力、限界耐力などの計算が自動的にできるようになっています。

 その建物に固有の数値(各階の面積や高さや部材の種類などなど)を入れ終えた段階で、「耐震強度」という項目に「1.0」を入れると、たちどころに鉄筋の本数などが出てきます。

 いいえ。こんなことに慣れなくても、要するにSS2ソフトの「耐震強度」という項目に、例えば千葉県内の13階建てマンションなら「1.0」とか「1.05」とかの数値を入れればいいだけです。

 そこに姉歯は、何と「0.6」とか「0.25」とか「0.15」を入れていただけなのでした。それが偽装工作の総て、だったのです。

 つまりイーホームズは、素人でも5秒でできるチェックをしていなかった、ということになります。

 ちなみに。

 ⇒アトラス設計の渡辺社長を応援するスレ!

252 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/12/20(火) 11:07:02 ID:???

>>250

証拠のテープがあろうと、別にイーホームズが正しい訳でもないし

渡辺の言った事は、製品を実質的に規定にそぐうように直す為のものジャンよ。

そりゃあ、確かに確認出したものに不備が有っちゃいけないだろうが、

そもそもそれはイーホームズの責だし、姉歯や平成設計の責だろ。

別に彼が直接設計したものでもないから、彼の責というのは有り得ない。

奴の言っている事は、不正って言えば不正なのかもしれないが、

設計図書に不備が有れば施工者がそれを指摘し、監理者に対応を仰ぐという

建築士法上の規定だってあるんだから、それの拡大解釈程度のものだろ。

そもそも彼は施工者側の依頼で、構造設計を見直したんだからな。

設計変更確認つーのは12条3項の事なんだろ。ごく普通に行われているものだ。

そもそも施工段階で新たに発見された不備を積極的に直していくのは当然の事だ。

 

渡辺をヒーロー扱いする必要は無い。奴は奴の生活と市場を守っただけ。

そして真っ当な建築士なら誰もが持っている正しい製品を作り出す使命感を守っただけだ。

誉める必要は無い。プロフェッショナルなら当然の事だ。

二つほどコメント

 ⇒日本のブログジャーナリズムの現状

 1 ある水準以上のブログをちゃんとブログとして維持するには、妨害に耐える余計な力が必要。普通それでくじける。私のような些末もこっそり半分くじけたしね。この分野では切隊さんの大技を見せてもらった(進行中らしいが)。システム的に見れば、ナイーブなコメント欄とトラバというのがある次元から不可能になりつつある。そのあたりの推移と、ブログの意味が問われるべき。つまり、コメント欄もなしトラバも受け付けないブログはブログ?とか。

 2 きっこのブログは、「その情報ページ『きっこの日記』はこの事件のはじめから登場し、終始この事件の展開をリードしてきた。」ではなく、デマを使ってミスリードしてきた。このミスリード部分が議論されなければ日本のブログジャーナリズムなんて意義ないよというのが重要な課題だと思うが。もうちょっというと、これもある水準以降の問題かもしれない。例えば率直言うが田中宇の国際評論にはけっこうデマに近いネタが含まれている。が、それは従来はお笑いくらいの意味しかなかった。

イチホゲ 四〇過ぎの入籍が騒ぎなるとはホゲ

 ⇒藤谷美和子 電撃プッツン結婚

 “元祖プッツン女優”として知られる藤谷美和子(42)が結婚したことが28日、明らかになった。お相手は、かねて交際が取りざたされていた演出家の岡村俊一氏(43)。今月はじめに婚姻届を提出した。出会ってから13年、紆(う)余曲折を経てのゴールイン。

 なにがゴールインだか。しかし、13年も続いたってすごいね、いろんな意味で。

イチネタ 大山鳴動して鼠一匹かも

 ⇒木村・ヒューザーなどの非姉歯物件、半分は偽装なし : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 ま、半分は問題なし。

 あと半分がどうなっているかだけど、いずれにせよ、全容に及ぶ組織的な犯罪はなし。きっこのブログはデマばかり認定は来年に持ち越し。

日経社説 談合告白のすすめ

 久しぶりに、ふーんと言ってみる。

日経社説 「貯蓄から投資へ」の基盤整備急げ

 個人的には違和感あるんだよね。ま、庶民感覚頭悪いの類なんだけど、ま。

毎日社説 ODA体制見直し 戦略的な姿を国民に示せ

 ええんでないの、この社説。本音は、ケチ一筋かも。

朝日社説 対テロ戦争を考える 人々の心をつかみ直せ

 こういうのを毛沢東主義とでもいうのだろうか。あほなこと書いて春。

●守るべき価値とは

 テロとの戦いとは、詰まるところ、人々の心をどれだけつかめるかの争いではないか。守るべき価値は何なのか、戦うべき敵はだれか。その認識で幅広い共感を得てこそ、国際社会の結束が生まれ、相手に打ち勝つ共同戦線を構築できる。

 日本が米国による自由主義経済の保護によって成り立っていることは失われてみないとわからないのかも。

[] 正月を待つ嬉しさを思い出す 終風

kinginsunagokinginsunago 2005/12/29 08:51 結局、偽装物件の成り立ちはコンサルや施主がソロバン勘定で設定した建築費の額に収まるように設計施工しただけのこと、大魔王な巨悪なんて存在しない有るのは小悪魔グレムリンの集団(苦笑

curefucurefu 2005/12/29 10:03 妨害に耐える余計な力が必要って、blogに限らず掲示板(2ちゃんねるとか)等、ネットで一定の論を展開する場合は必要になるものじゃないですかね?
2ちゃんねるの衰退(人的なものではなく、内容的に以前のような質の高い論戦が行われにくくなったって意味で)にしても、煽りやら自分の希望通りの結論になって欲しくて平気で嘘を主張する奴が発生しすぎたせいで、そいつらが執拗に主張者を論理的にではなく不条理的に人格攻撃し、結局はそれにほとんどの人が耐えられなくなって、マジレスはカッコ悪いだの言い逃げばかりになるなどという流れになってるのではないかな、と。通常では排除に向かう傾向にある非論理的な主張や希望的妄想に基づく誘導が排除されにくい構造が、ネットの擬似匿名空間にはあるんじゃないかと。

hihi01hihi01 2005/12/29 11:55 finalventさん、おはようございます。なんといいますか、有名な人でも有名でない人でも、訴える側でも、訴えられる側でも、主義主張が黒でも白でも、一次情報を持っている人あるいは当事者その人が直接ネットで発言できるということが、ネット・ジャーナリズムの最大の利点だと思います。この結果として、かなり複雑な空中戦、情報戦がネット上で行われているということは事実です。ハブな方々はぜひこういう状況で、複雑な空中戦の真偽、価値判断を行っていたけるようになると、一気に生態学的な、したがってべき乗分布的な、ブログ界隈のダイナミックな秩序体系が築かれるのではないでしょうか。ちなみに、複数のジャーナリストの方から、2chその他のネットのソースを参照し、裏を取り、記事にしているということを聞きました。すでに、ネットと既存のジャーナリズムの陰陽反転が起こりつつあるのではないかという印象を持っています。

nami-anami-a 2005/12/29 12:25 >つまり、コメント欄もなしトラバも受け付けないブログはブログ?とか。
ブログですよー、当然じゃないですか。コメント欄やトラバを受け付けてても、実際には「ない」という状態のブログが大半ですもん。で、そういうブログがまったく読まれてないかというと、そんなことはないわけです。リンクを貼れば相手のブログにはわかるし、トラバするかどうかは選択の自由です。リンクなしでトラバしてくる人とか、読者同士がコメント欄で中傷合戦になる方が問題です。

biaslookbiaslook 2005/12/29 12:41 田中宇って、お笑いだけじゃなかったの?あれを、誰がマジで受け取るようになったの?

nabesonabeso 2005/12/29 13:18 宇様はがんばってネタ仕入れてくるし、元ネタにリンクはるからそれなりに上等じゃないでしょうか。

sakazuusakazuu 2005/12/29 13:19 知り合いのエライ先生が田中宇宙を絶賛してました・・・
知り合いのジャーナリスト氏も田中を信頼してます・・・
「ありゃお笑いだろ?」 と言ったら口聞いてくれなくなりました・・・orz
どちらも日経系の媒体でよく長〜い論説書いてる方なんですけど・・・

finalventfinalvent 2005/12/29 15:28 kinginsunagoさん、ども。あと半月後にスジが見えるでしょうね。ちょっとヲチ続けたいです、この問題。

finalventfinalvent 2005/12/29 15:30 curefuさん、ども。ええ、それはそうなんです。つまり、そういう妨害はデフォとして見るステージなのだ、と。しかし、ちょっとそれで割り切れないものは感じるのですよ。妨害がけっこう意図的な偏向があったのではないか。このあたりも、半月以内に可視になってくるかもしれません。ちょっとフライングすれば、2ちゃんは壮大なトラップだったのかも。

finalventfinalvent 2005/12/29 15:31 nami-aさん、ども。そのあたり、今ひとつこの先が見えない感じがします。自分に即していうと、どうも日記もブログも固定化してすでに形態的にロートル化しているし。では、日本にどうブログが定着するのか? サブカルなのでしょうかね。なんか外してますが。

finalventfinalvent 2005/12/29 15:34 biaslookさん、nabesoさん、sakazuuさん、ども。ええ、ウ先生はマスメディア的にはちゃんと評価されているのだと思いますし、それもマスメディアのあり方の相対で見るならそれなりのものではないでしょうか。ただ、ネット的にはもう面白いネタという意外はなくなってきているわけで、以前の流れなら、きっこのブログ(日記)もそういう流れだったのが、あれま、という感じですね。ウ先生に戻ると、あのプロットでいつまで持つのかちょっと不安というかそこがヲチの妙味かも。

finalventfinalvent 2005/12/29 15:36 hihi01さん、ども。今回の耐震偽装とかを例すると、皆さん、姉歯ってどんなことしてたんだろとか思うわけですが、Super Build SS2の操作というだけで見るなら、すげー単純なことだし、業界的にもそういうもの、という流れだったわけで、むしろ、木村側が知らなかったのぉ、イーホームズがこれをスルー?、あ、りえないでしょ、それ、ということなのに、なんか複雑な話に、さらに陰謀論まで付いてしまった。そのあたりで、もうプロが何を言っても、もうだめだめの空気になってしまってましたね。

hihi01hihi01 2005/12/29 22:14 finalventさん、こんばんは。いま30年以上前に書かれた「建築馬鹿」(ISBN:4831600350)という本を再読しているのですが、この辺の事情は昔も今も変わらないような気がします。この本の中で、今日のこの事態につながる背景について書かれているように私には思われます。なんというか、建築の分野ほど、業界側と一般の方、あるいはお役所の側とで、もっている常識がこれだけ違う分野というのも少ないのではないかと言う気がしています。今回のことで言えば、本当に「もの言えば唇さむし」とか、「お役所が本気になるとマジでこわすぎ」とかいう感じですね。

FujisawaFujisawa 2005/12/30 07:25 どもです。
>ちょっとフライングすれば、2ちゃんは壮大なトラップだったのかも。
20日の日記を読んだとき、いつかこのことを書くんだろうなと思ってました。
んで、流れとしては、“それをふまえて日本のブログはどうあるべきか...”に進むべきなのかもしれないのですが、
うーん、もうそういう議論に興味がわかないなと思ってる自分がいたりしてね。

finalventfinalvent 2005/12/30 08:38 hihi01さん、ども。ええ、大筋ではそうかもなのですが、やはり、1998年ころの大きなシフトはあったように思います、この社会に。ちょっとそれだけではなんですが。

finalventfinalvent 2005/12/30 09:10 Fujisawaさん、ども。ええ、そうなんです。ただ、いわゆる評論というか、宮台でもいいそうな文章というかそういう文体様式自体がもうだめだめなんだと思うのですよ。これはブログ論とか非モテ論とか、いわゆる論になるにつれ、読めたもんじゃないよ、おめーら的コードになっていく。議論がそれ自体の様式によって内閉化(コード化)してしまうのですよ。いわゆる現代思想文体っていうのか。それ自体に弁証法的な広がりが想定されていない。そしてその対局に、極めてパティキュラな問題がある。ひろゆきとか切隊とかという。そしてその領域はどういう操作で問題化できるのすら外部からは皆目わからない。とりえずは壮大なとばっちりの可能性もあるわけで、引くのが常識人でしょう。が、それにしてはすでに社会インパクトが大き過ぎました。率直に言って、アレが出てきたら、ちょっと目も当てられないことになる。ES細胞偽装を笑えない状況かもしれません。仄めかしですみません。言ってて矛盾かと思うのは、こうしたパティキュラな問題なのに自分の立ち位置はそこにはない。そして、いわゆるブログ論とかメディア論とかで現代思想文体みたいなコードに逃げ込まないなら、どう語るべきか。当然、通じるように語らなくてはいけないし、そしてそこで、いきなりパティキュラなレベルの反撃が来る。ちょっとうんざりです。

2005-12-28

次なるテポドンがデマしたよ、と、さーて、MD発動?

 まさかね。

 話はこれね⇒きっこのブログ: 狂牛病界の内河健

 この話の元ネタはこのあたり。

 これとか⇒Speak Easy:唐木英明先生

 これとか⇒Speak Easy:米合衆国CJD検査への懸念 2

 で、その元はこれとか(PDF)⇒大分感染症研究会 平成16年2月 第5巻第1号 伝染性海綿状脳症にまつわる話題

 ほいで、「Speak Easy:米合衆国CJD検査への懸念 2」をあえてひく。

本文

「  散発型CJDに見えるからといってBSEと無関係だと決める訳にはいかない、と人々は気付き始めていると、Yale Universityの神経病理学講座、外科部門主任Laura Manuelidisはこのように云っている。彼女は1989年実施した研究で、アルツハイマー患者の13 %は実際はCJDに罹患していたことを見出している。

  Manuelidisの成績を含め幾つかの研究は、アルツハイマー症ないし痴呆症と診断された患者の3から13 % は、実際はCJDに罹っていたことを病理解剖の結果から明らかにしている。この数字は小さく聞こえるが、合衆国にはアルツハイマー症が4百万人、痴呆症は数10万人いるのである。これらの症例数で小さい % を使っても、埋もれて公式統計に入らないでいる120,000以上のCJD患者を加えることになる。

  国内牛にBSEを見ている英国およびスイス両国の経験は、散発型CJDの中のある症例はBSE汚染牛肉の摂食によるのでは、という懸念を強めるものである。英国の牧場でBSEが最初に見つかった1986年以降、両国とも散発型CJDの増加を報じている。スイスでは2002年のCJD罹患率は世界中の他のどの国よりも多く2倍あることを見出している。1997年から2000年までは年間8から11人であったスイスでは、以後発生は倍以上になり2001年は19 例、2002年は18例になっている。(編集委註3)

  <編集委註3:本話題誌v3n3において「CJD発症率上昇 スイス」として紹介。>」

 つまり、テンプレ

 ⇒finalventの日記 - ZAKZAKのユーモア記事「北米産牛肉輸入、ヤコブ病の恐怖」 激藁

 ま、このテンプレだね。

 トリビアだと。

Yale Universityの神経病理学講座、外科部門主任Laura Manuelidis

と、

アメリカイエール大学の神経病理学、外科部門の主任、ローラ・マヌリディス教授のチーム

 英語風に読むと、「マニューリディス」では?

 トリビアはさておき。

 でだ。

 このあたりまでの話は高校の科学だとちょっと無理かもしれないよねだが、先に進む。

 大分大のPDF資料のほうへ。

経過の概要

 我が国にも発生した「BSE」は庶民生活にもいろんな影響を与えているが、これは単なる食料問題ではない。これは世紀を跨いで“感染症学”に投げかけられた“伝染性海綿状脳症、プリオン病”なる難問題なのである。本話題誌でも過去4回話題を提供したところである。

 昨年7月23日、感染症情報速報メディアProMED上に「合衆国CJD審査への懸念」を唱えるUPI新聞の論文が現れた。この投稿の世話役(Moderator)による紹介文には、論文中にCJDとvCJDとの混同が複数あるので訂正した、という添え書きが付いている。北アメリカにはミンク脳症という奇病が過去にあり、またかなり前から野生のシカ類に “chronic wasting disease” なるプリオン病が見られ注目されている。これらとCJDとには何となく脈絡を想像させるものがあり、こんなこともUPI論説の背景に見える。

 UPI紙論文は、米国研究者の発言を通してCDCの審査に対する懸念を述べている。話題誌編集委は傍観者の立場からCDCの反応を注意していたが、反応は全くなくこれを黙殺しているように思えた。ところが5ヵ月後の昨年末12月23日、ワシントン州におけるBSE発生である。CDCはこれに対し早々と1月9日に解説論文をMMWRに出した。

 その主張を端的に云えば、米国においては国内発生のvCJDは皆無である、と要約される。しかしUPIの懸念にある米国内CJDの症例全体数ないし増加に関しては言及がない。唯一の数字は、MMWR論文の図内にあるn=1815(9年間)であるが、この数字自体は統計平均値そのものである。UPI記事に対する対応がある程度見られるが、絶対数への考察が欲しい所である。

 以上の2論文を中心に、さらに註記とした抄録を加えて本号での話題として提供したい。UPI紙論文は、大部分が研究者からの取材談話の形式なので読み難いがご寛容願いたい。

 さらに元資料がCJDとvCJDの混乱がある。

 厳密にいうと、CJDとvCJDがまったく無関係ではないかもしれないと考える学者はいる。し、研究も進んでいる。このあたりは、ちゃんと医学研究を総合的に見ること。

 たとえば⇒Sasayama’s Weblog » Blog Archive » プリオン仮説以外の仮説を検証する必要はないのか?

 でも、少なくとも、CJDとvCJDが混乱しているレベルはちょっとお困り。

 ほいで、きっこ様とその愉快な仲間達はご存じないのかもしれないけど、このネタは、UPIです。

 UPIというのは、あれです、単純に言うと、原・理・教・メディアですよ。

 使えるものならなんでも使ってバケツリレーでぱくぱくやっていると、おめーの食っているのは、文鮮明先生の○○○入りキャンディーみたいなことになりますよ。

 UPI系の情報はそれなりに注意して読まないといけないというのは、メディアのイロハです。

 テクニカルにはそんなところ。

 で、それはそれで、唐木英明教授や「ハーバードリスク分析センター」に政治的に問題点があれば、糾弾すべきだとは思う。

 でも。これは…

それで、どうもウサン臭いと思ったら、「アメリカ保存食品製造業者協会」などの生産企業団体が、この「ハーバードリスク分析センター」に資金を提供してることが分かったのだ。

 あのね。

 反戦チョムスキー先生とかね。

 ⇒finalventの日記 - チョムスキーとかチョムスキーとかとさらにしつこく引用付きで言ってみるがそれでも英語

 というわけですよ。

 同じ理屈ですよ。

 それと。

 ちょっとくどいけど、庶民の血税これ以上無駄にしねーでください。という意味で。

アメリカの精肉業界にも、全頭検査をしないで牛肉を流通させる危険性を訴えてる人たちがたくさんいるのだ。

 ⇒BSE全頭検査「限界」 食品安全委、若い牛の除外容認

 過激バージョン⇒BSE騒動の本質

 さらに。

それで今、ある人が、ケータイ端末から一発で日本フードサービス協会の加盟店すべてをチェックできるソフトを開発してくれてるので、それが完成したら、すぐに配信を始めることにした。これによって、どこにいても、ケータイから「狂牛肉を使用してる危険なお店」をチェックすることができるようになるので、10年後に狂い死にたくない人は、ぜひ利用して欲しいと思う今日この頃なのだ。

 それがどの程度の信頼性かわからないけど、がんばってください。

 でも、問題は、お店だけじゃないんだよ。加工品とか化粧品とかも。

 ⇒【安全政策推進室】日本生協連の狂牛病対策について(改訂)

 じゃ、どうするかというと、ちゃんとした科学と政治が必要になるのですよ。

 テポドンぶっぱなしていたら北朝鮮ですよ。平和が国民の民主化を基礎にできているとするなら、その条件は正しい情報と正しい科学です。

 こんな感じ⇒是々非々を貫く科学の復権を

 これも見とき⇒世界のBSE発生状況

 高校で学んだ科学を元にさらに勉強を深めましょう、私もそうしますよ。

ダイナマイトセールのネーミングがorz

 ⇒Amazon.co.jp: エレクトロニクス/エレクトロニクス/エレクトロニクススペシャルセール

2005年最後の特価品大放出!

エレクトロニクス 歳末ダイナマイトセール

期間:2005年12月26日(月)〜12月31日(土)まで

 ど、どっかーんとか。

イチネタ とくになしとしておく。

 ないことはない。

 ブログが興隆すれば荒廃もひどくなる。美しい蘭の花も湿地に醜く朽ちていく。独りのシマウマは食われ、俊足ならぬチータは飢える。自然とはそういうもの。そしてそれ自体がシステム。ブログも全体のシステムと考えるのがいいのだろう、マクロ経済学のように眺めることもできるのだろう。

 で、ミクロな自分というブロガーはどうであったか。

 勘で書いていたと思う。あまりポリシーはなかった。

 長いことネットワーカーをやっていた。八四年からだから二〇年を越えた。あらかたは経験し尽くしたかという思いと、そうでもないという思いがある。どっちか。それもよくわからない。電車内でケータイを覗き込む人々はブログなどを見ることもなく、その層はいまだに大きく、そこが全体的にシフトすることはない。ただ、少しのシフトが大きくシステムを変える。

 で、お前は? いろいろ批判もされるが、書き方が嫌ったらしくなったなというのはある。もともと下品でもあるが。思い通りに書いているわけでもない。わかる人にだけわかるように書いている部分もある。

 この日記については、結局、いわゆるブログに発展できなかった。トラバくらい受け付けるように(つまり可視に)しようかと思ったが、なんとなく安定した感じがしない。なのでしていない。トラバ受け付けませんというほどの意味はない。極東ブログのほうは古典的なブログのままにしている。しいていえば、ココログ側でもうちょっと強化してほしい。

 こうした自分のネットへの対応がどうしてこうなるのか、自分でもなぜかわからない。勘だ。荒れの強度に屈してコメント欄ははてなユーザーに閉じた。結果、それは一義には心地よい。それでいいのかとは思う。ただ、自分の対処できるキャパというものがある。組織的な工作員に対抗できるだけのキャパは私にはない。というか、自分はすでにロートルだし、小さい。しいていえば、その小ささが自分であるとして、ネットにいるべきかもしれないなとは思う。形態的な進化過程に取り残されたシーラカンスみたいに。

 匿名であることついてもあまり意図はない。誤解されるが、隠れて発言したいということはない。自分の場合は匿名というより、ただ、ネットがジョブのセクターに移行できなかったなというだけだ。もしたとえば、極東ブログ外伝のような本でも出すなら話は別だろうが、そういう気運も機会もなかった。あるわけもなかろうとは思う。

 話が少し感傷的になる。

 このところ、小林秀雄の五〇代の作品を読む。山本七平にしてもそうだが、五〇代にものすごい知力というか知性の火花のようなものを感じる。こうした文章が読めるだけで幸せでもある。あ、そう、つまり、自分が五〇歳を迎えるということ。来年四九歳になる。

 四〇歳を過ぎて、太宰治享年を越え、三島由紀夫の享年を越え、坂口安吾の享年も超えたか…してみるに、彼らの文学がとても若く感じられる。はてなにたむろう若い人のようなまぶしさというかそういう距離になってしまった。不思議なものだ。

 なんか話がおかしいな。

 ま、着実に老いていく。そして、いわゆるネットなりブログのコアな部分から自分は遠くなっていく。

 年末というわけでもないし、もうしばらくはネットのかたすみにいるのだろうが、しかし、そろそろ自然消滅に向かっている自分を感じる。

日経社説 経済大国化する中国の責任

 いろいろな意味で超大国中国というのはフィクションだなと思う。しかし、そのフィクションを一生懸命みんなで支える時代になるのだ。

朝日社説 追悼施設 世論は賛成なのに

 靖国参拝が深刻な外交問題になってしまったことへの心配は広く共有されている。なのに、打開のためにだれも動こうとしない。この不作為の責任は重い。

 いや、この問題こそ不作為でいいのかもしれない。国民は時を待っていると考えたほうがいいと私は最近思うようになった。

[] マシン等も仕事納めの夢を見る 終風

nonecononeco 2005/12/28 10:26 来年は、世界を相手に、それでも一個。ニホンのネットは、もう満足だなぁ。では、いいお年を。現世利益が、もうちょっとネットに定着することも期待して。では。

saihousaihou 2005/12/28 14:34 >シナモンロール
ローカルニュースの放送圏としては私が現在住んでいる所と同一区域なので、ええ、昨日からテレビでばんばん流れています。
おいしそうなコーヒー屋なんですが、テレビニュースに登場する、フードをかぶった常連女性のいくら何(アメリカ人)でも堂に入りすぎな女優っぷりが気になるところ。盗難後、「マザーテレサフード」をずっとかぶっていることに決めたらしく。ニュースへの登場時間、店主より長いのではなかろうか。
リンク先記事の「米南部の敬けんなキリスト教徒が多いエリア」という部分に、「ああ、道理で普段の生活の中でキリスト教についてふと考えさせられる機会が多いわけか」と納得。(しかし米のここ以外の地域を知らないので実のところ何とも言えませんが。)
でもこのニュース、店主はごく真面目にメールチェック(主に発見者からの連絡を確認)してますが、報道は笑える範囲内のイタズラとして扱っている模様。(「現時点では身代金などの要求はありません」というようなジョークを交えて。他、nunとnoneをかけたりも。)
追記:現地時間27日午後10時現在のテレビニュースでは1000ドルの報奨金がついてました・・・。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/12/28 17:23 この手の方々って、なぜかカナダ産牛肉については言及しませんね。米産と同時に輸入解禁になるのに。

finalventfinalvent 2005/12/28 18:19 nonekoさん、ども。今年はもうお終い?

finalventfinalvent 2005/12/28 18:20 saihouさん、ども。なるほど。なんとなく外信こぼれ話ふうに見てました。クリスチャンの多い地域、なんとかベルトって言ってませんでしたっけ。違うかな。

finalventfinalvent 2005/12/28 18:21 enemyoffreedomさん、ども。そうですね、カナダ産の話はあまり聞かないですね。実際のところ今回の解禁でもあまり日本市場には入らないでは。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/28 20:09 きっこ某は、さしずめブログ界の週刊金曜日ですかねェ
>ケータイ端末から一発で日本フードサービス協会の加盟店すべてをチェックできるソフトを開発してくれてる
新手の携帯用タウンページサイトだったりして(苦笑

FeanorFeanor 2005/12/28 23:42 昨日銀座のハナマサの前を通ったら、「カナダ産牛肉輸入解禁キャンペーン」と称して
トラメガ使って大音量で宣伝して試食させまくりながら売ってました。
一部ではお盛んなようです。

finalventfinalvent 2005/12/29 08:06 Feanorさん、ども。それは、率直な印象で言うと、ちょっと引きますね。

finalventfinalvent 2005/12/29 08:07 kinginsunagoさん、ども。週刊金曜日ってまだあるんですよね。社会って多層的だなと。

2005-12-27

イマサラ それはイマサラ

 ⇒Sankei Web 社会 扶桑社教科書の不採択運動 中核派、深く関与(12/27 08:17)

 警察庁は、扶桑社教科書採択阻止について、中核派が(1)イラク問題(2)「日の丸君が代」問題(3)東京都議選−の「三大闘争」と同等に重視したと分析。「『つくる会の教科書採択に反対する杉並親の会』と共闘して、市民運動を装いながら、杉並区役所の包囲行動、同区教育委員会への抗議・申し入れ、傍聴等に取り組んだ」と記述した。

 ま、mumurネタで楽しませていただきましたというか、ホゲというのは、実際には、ローカルな部分ではけっこうシーリアスな状況でもあるんだけどね。っていうか、ネットがヲチする世界ではこの手の古左翼様はもうアウチ…なんだが…リメーク古左翼がどうも跋扈しているげ。

 そのあたりはまだmumurネタにはなってないというか分野が違うか。

 来年はこのあたりがもっと激化するのか、Web2.0的なフン族のアッケラカーンに粉砕されるか。

このあたりはほぼ終了?

 ⇒伊藤元国土長官の政治団体、寄付5900万を裏金処理 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 元国土庁長官の伊藤公介衆院議員(64)の資金管理団体などが1990〜2002年、後援会から受けた寄付計5964万円を政治資金収支報告書に記載せず、裏金として処理していたことが分かった。

 古い話を掘ってみますた

イチネタ 微妙な味わいはもしかするとホゲ

 ⇒asahi.com: 郵政民営化委員、田中直毅氏ら5人?-?政治

 しかしまぁ、ええんでないのか。案外要点は海外への説明責任みたいなものでもあるし、先の長い話でもあるし。

イチホゲ 団塊世代向けポータルサイトってか

 ⇒asahi.com: 団塊世代向けポータルサイト続々 市場規模50兆円にも?-?ビジネス

 ワロタ。

 団塊世代向けポータルサイトっていうなら、「俺はだから偉い!」をコンセプトにしないとな。

日経社説 大転換期示すセブン、ミレニアム統合

 まず、昨今活発になった敵対的買収を含むM&Aへの警戒心である。ミレニアムも「安定株主対策」を重視してこれまで目標としていた株式上場を断念した。いわば、セブン&アイが救いの手をさしのべた形だ。

 問題は肝心のセブン側にこの統合でどれほどの果実が期待されるのかがはっきりしないことである。ミレニアムは銀行団から支援を受け、再建計画を前倒しで完了したとはいえ、今も3600億円の負債を抱え、営業力、ブランド力も十分に回復したとはみられていない。そういう企業を加えた新しいグループの姿については統合発表の会見でも明確なメッセージは聞けなかった。

 そのあたりだな。よくわかんなくて政治の匂いがするのは、というか、和田さんがな。

毎日社説 行革方針 深みある「小さな政府」論議を

 なんつうか、もうちょっと頭整理して書けよ、と。

 国民に負担を求めるのなら、行政の無駄を省くのは当然だ。多くの有権者が首相の路線を評価したからこそ、衆院選で自民党は圧勝したのだろう。だが、その後発覚した耐震データ偽造問題は、98年の建築基準法改正で、建築確認審査が民間に安易に開放されたことが背景の一つにあるのは疑いないところだ。ただ、単に官から民に移せばいいのか。移行の際には綿密な制度設計が必要だという重い教訓を国民も国会議員も得た。

 なんだかなぁ。とほほってことですか。イーホームズで飼っている国交省OBについてもそこは一つ。きっこもそのあたり隠蔽荷担に走り出したふうでもあるし。

毎日社説 特急転覆 安全管理で浮ついてないか

設置場所が限られた風速計に頼っているだけでは、危険を察知できはしない。五感を鋭敏にして安全を確認するのが、プロの鉄道マンらの仕事というものだ。しかも86年の山陰線余部鉄橋事故などを引き合いにするまでもなく、強風時の橋梁が危ないことは鉄道関係者の常識だ。

 「プロの鉄道マンらの仕事というものだ」の言い分は無茶苦茶でござりますがな。

読売社説 [流通大再編]「消費者が握る生存競争の行方」

 ミレニアム側にとっても、渡りに船だったとされる。ミレニアムの株式の多くは、国内の投資ファンドに所有されている。意に沿わない形で株式が売却されるより、価値を認めてくれるセブン&アイのような相手が理想的だった。

 このあたりの和田さんの心境というかルポはないのか。

 それにしても、だ、印象としては、この合併の裏には政治の匂いがする。左翼だったら、このあたりにちょっと噛みついてもいいんじゃないかと思うが、そういう左翼はいない。なってこったってことかだが、今更ということか。

読売社説  [特急脱線転覆]「強風対策は万全だったのか」

 ああ、これなら一応話にはなるな。

 沿線の気象に細心の注意を払わず、マニュアル頼みだったとすれば、刻々と変わる状況に対応できない。鉄橋上に特有の強風を計算せず、適切な指示や改善を怠った人災ということはないのか。安全運行システムや車両性能にまで踏み込んだ検証が欠かせない。

朝日社説 特急脱線 冬の強風、北国の悲劇

 この社説がなぜ書かれたのかわからない。

 今回の列車は、雪のために1時間余り遅れていたが、遅れと事故との関係は浮かんでいない。しかし、人為的な原因が潜んでいなかったかどうか。それも含めた解明が必要だろう。

 今朝言うことか?

朝日社説 流通再編 消費者の心をつかめるか

 反論とか賛成とかいう以前に、支離滅裂で文章になってないんだけど。

[] 年末の昔の市の夢を見る 終風

samayoiarukusamayoiaruku 2005/12/27 10:50 原因が不明なのに利用者への背信行為と断定できる毎日にびっくりしました。
人の命を預かる運転士はニュータイプか超能力者でないと務まらない様な言い方ですね。

curefucurefu 2005/12/27 10:58 扶操社の教科書採択周辺には、賛成派も反対派もやれ中核だのやれ統一だのやれプロ市民だのやれつくる会の自作自演だの、本当に気持ち悪くて常人には近寄りがたいものがありますね。現場では教科書なんぞもはや飾りでしかないというのに、両方とも随分と必死でお疲れ様という感じです。ネタ元が産経というのも、さらに笑わせてくれる所です。ちなみに産経さんは切り込むような記事を書く一方、取材しないで捏造記事を書く割合は、何気に朝日を上回っている気がします。どちらとも「嘘書くな」って苦情入れた後の扱いの悪さは変わらないのですけど。朝日も産経も、頼むから記事にするのなら取材に来てから書いてくれという感じです。

finalventfinalvent 2005/12/27 12:50 samayoiarukuさん、ども。記事が、事実と関係なくテンプレで出来る時代かも。

finalventfinalvent 2005/12/27 12:51 curefuさん、ども。ある意味で、局所に閉じた話になって左右自滅している感じはしますね。ある意味、ガーベッジコレクターとして有意義なのかも。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/27 22:11 今回の脱線転覆事故の記事やニュースを見ていると、原因がかなり特異な条件で発生している天災の可能性が高いのに、さっそくJR叩きやっているけどあれもなんだかなァと…まあ最近のお約束。軽量化=脆い車体というフレーズが、今回は国鉄時代の鋼鉄車輌だったからか車輌にはケチ付けていないみたいだけど(苦笑
そしてニュースでは、土盛りの上と下で風速が違う云々の検証映像を見せていたが、上と下での風速の違いの検証なのに同時に測定しない(苦笑、
しかもわざわざ風速20m越えになった映像を見せたりとか…お前ら頭使うとこが違うよと小一時間(以下略

finalventfinalvent 2005/12/28 18:23 kinginsunagoさん、ども。とりあえず、テンプレなんでしょうね。ある意味、問題の根は深いと思うけど。

2005-12-26

あと数分で…

 

白クマ・ピーーーース!!

イチホゲ 野村総合研究所って大丈夫か

 ⇒“仕事に対し無気力になる”

「野村総合研究所」は上場企業に勤める20歳代と30歳代の若手社員、あわせて1000人を対象に、インターネットを利用してアンケート調査しました。それによりますと、仕事に対して無気力になることがあるかどうかを尋ねたところ、「よくある」が16.1%、「ときどきある」が58.9%で、無気力になることがあると答えた社員は、あわせて75%に上りました。

 ネットアンケートだよorz

毎日社説 流通再編 バブル処理から世界競争へ

最大のライバルは、西友への出資を通じて日本市場への参入を本格化しようとする世界最大の小売業、米国ウォルマートである。

 その意味で今回のセブン&アイによるミレニアム株買収は、バブル経済崩壊後、破たんと混乱に陥った流通業界の戦後処理がようやく終わり、世界的な競争に向けての体制作りが始まったと考えられよう。それは、セブン&アイに限ったことではなく、百貨店やスーパー、コンビニといった業態の垣根の内にとどまるものでもない。

 なんだかなぁ、ぼけ?

 R30さんはこのネタを食うでしょうか? 食わないか。

 和田繁明はどうしているのだろう? ヲチしてなかった、今年。

読売社説 [日朝政府間協議]「国交正常化を急ぐ必要はない」

 ちょっと問題の論点が違うと思うが、いまいちよくわからん。

朝日社説 均等法改正 男女差別のない職場に

 社説は別にどうでもいいが、最近、大衆飯屋で昼飯食ってると、ナッパ服とかの若いお姉さんをよく見かける。あまりいい風景でもないなぁという感じはする。ま、感じがするというだけだど。

朝日社説 大津波1年 流した汗は生きる

 あんとき米軍はよく頑張っていた、がヌケ。

[] クリスマスツリーと疲れた立ち姿 終風

nonecononeco 2005/12/26 09:50 今日の句は、バレ句か? 何が立ったのじゃろ。くくく

chimamirepandachimamirepanda 2005/12/26 10:08 ネットアンケート、できれば回答時刻の統計なんかも出して欲しいですね。

hkt_ohkt_o 2005/12/26 13:05 通常、調査機関の「ネットアンケート」は予め何らかの方法で登録された人々に対して行われるもので、一般的な郵送式調査と比較して信頼性に差はありません。野村総研の調査も、そのようなものであろうと推察します。つまり「ネットアンケート」だからといって、例えばはてなアンケート程度の信頼性だと決め付けることはできません。

shinpshinp 2005/12/26 13:36 信頼性はともかく、「時折無気力になる」は「ほとんどの場合、気合が漲っている」と同様の意味だと解釈することも可能なのに、「75%は無気力」と報道されちまったりしてるのが問題かと。

finalventfinalvent 2005/12/26 15:37 chimamirepandaさん、ども。そのほうがもっと重要なデータかも。

finalventfinalvent 2005/12/26 15:38 hkt_oさん、ども。なるほど、そうですね。でも、だいぶ偏ったものにはなるとは思います。

finalventfinalvent 2005/12/26 15:39 shinpさん、ども。最初に結論ありきの匂いはしますね。

nami-anami-a 2005/12/26 19:33 私なんて「時々無気力になる」というのは、ごくノーマルな状態だと思ってたから、あの結果にはホゲですよ。第一、常時目一杯がんばってたら、それこそ鬱病になっちゃいます。

antiECOantiECO 2005/12/26 20:08 >調査機関の「ネットアンケート」
登録メンバーに信頼性の問題はなくても、ネットにアクセスして回答するという行動を取る、取れる、取りたがるetc.母集団の信頼性、偏向性などは大丈夫?ってことかな?街頭調査で同じことして、結果比べて見た方がいいかも。
20−30代の私だったら、調査自体がくだらんと回答しなかったと思いますね、今、そんなに暇なんですかね、「上場企業の若手社員」は。
最後に、先日は、お墓関係でのお話ありがとうございました。あれから、ちょっと興味を持っていろいろと調べてみたりしています。これに関連して、個別マンションの信頼性と和室の有無の関係、ちょっと面白かったりします、まだ、データ不足なので占いにも及ばないですけれど(笑)。

guldeenguldeen 2005/12/26 22:22 白クマ・ピースですが、クマでもけいれん発作を起こす事ってあるんですね…知らなかった。
それにしても小さい頃のピースって、もこもこして可愛いんだけどやはり野生動物であることを示すような暴れっぷりを見せるあたりのギャップが興味深い。

finalventfinalvent 2005/12/27 09:00 nonekoさん、ども。あれですな、男が立つっていうのは云々。

finalventfinalvent 2005/12/27 09:01 namiさん、ども。世の中には常時目一杯がんばる放射性物質みたいな人もいますね。

finalventfinalvent 2005/12/27 09:02 antiECOさん、ども。マンション間取りと和室というのはなんか不思議ですね。よくわからないですが、寝室?

finalventfinalvent 2005/12/27 09:02 guldeenさん、ども。ピースを見て、なんか、いろいろ考えさせられるというか、魂をゆさぶられる思いがします。愛ってなんだろな、とかとか。

2005-12-25

ZAKZAKユーモア記事「北米産牛肉輸入、ヤコブ病の恐怖」 激藁

 ⇒北米産牛肉輸入、ヤコブ病の恐怖 民主・梶原前議員が語る友人の「悲惨」

 約2年半ぶりの輸入解禁で、北米産牛肉が店頭にも並び始めたが、国民のBSE(牛海綿状脳症)に対する不安は消えない。こうしたなか、親しい友人をクロイツフェルト・ヤコブ病で亡くした民主党の梶原康弘前衆院議員が「あんな悲惨な病気はない。地獄だ。BSEとの関連を疑っている」と激白した。

 わけわかめ

 当時、英国などで変異型ヤコブ病を発症して亡くなる人が続発。亡くなった男性は仕事でヨーロッパに5年ほど滞在していたため、梶原氏は「変異型ではないか」と尋ねたが、主治医は「弧発型だ」と答えたという。

 つまり、変異型じゃないわけでしょ。BSEと関係ないじゃん。

 なのに疑っているというのは、

 

  1 誤診

  2 通常型と変異型の本質は同じという珍説

 

 というわけで、ZAKZAKはこの2つの面白ろ線で走る。

ただ、京大医学部付属病院の福島雅典教授は一般論として「変異型と診断するには、脳の生検か死亡後に患者の脳を解剖するしかない。症状としては弧発型に似ており、そう診断された中に変異型の患者がいる可能性はある」と指摘する。

 誤診というならそこを解明したほうがいいよ。

 厚生労働省によると、1999年には77例だった弧発型ヤコブ病だが、01年に120例、02年に135例、03年に107例、04年に160例と患者数は増加している。

 厳密に言うとその疑惑を持っている学者がいる。が、この文脈ではお笑いにしかならないよ。

 「日本は全頭検査などの徹底で国民の『食の安全』を守ってきた。それなのに、BSE対策に疑問や不安が多々ある米国のルールに合わせて輸入を再開した。『米国で弧発型ヤコブ病が集団発生している』との報道もある。政府は国民の生命を危険にさらして平気なのか」

 全頭検査はナンセンスって常識になってないのか。

 ⇒BSE全頭検査「限界」 食品安全委、若い牛の除外容認

 さて、それ以前にだな。

 梶原氏は「彼はスポーツマンで、発症するまで元気そのものだった。それが2カ月足らずで悲惨な死を迎えた。私は彼の死とBSEとの関連を疑っている。他にも似たようなケースがあるのではないか」といい、今回の輸入再開についてこう訴える。

 変異型でこういう急変がないから、弧発型と診断されてたんでねーの。

 こんなのが、北米産牛肉輸入反対ですか? 

 小泉支持層は馬鹿だとか言っている北米産牛肉輸入反対の方々って馬鹿ではねーの。

 ってか、この手のユーモアのテンプレ

あー、野暮を承知で明からさまに内田樹の悪口を書きますよ

注:このエントリ、ちょっと訂正・補足します。

 ⇒内田樹の研究室: 捕虜と戦陣訓

しかし、日本軍捕虜たちはそうはしなかった。

彼らは捕虜になったとたんに人格を一変させてしまったのである。

ベネディクトが驚いたのは、これほど「勝者に媚びる捕虜」たちを見たことがなかったからである。

捕虜たちは嬉々として自軍の内情、兵の配備状況をことこまかに具申し、中には米軍の偵察機に同乗して、「あそこが弾薬庫で、あそこが司令部です」と逐一報告した兵士さえあった。

この変節の理由は簡単である。

戦陣訓がいうとおりに「勝敗は皇国の隆替に関」するというのがほんとうなら、皇軍が負けるということはイコール「皇国は滅亡した」ということである。

ならば皇軍を打ち破った軍隊こそが「百戦百勝の新たなる皇軍」であることは論理の経済が私たちを導く合理的結論である(現にその論理に従って、日本は戦後60年間アメリカに仕えてきたではないか)。

 この人、本当に、馬鹿だ。

 まず、日本軍について体験者の本でも読めや。

「私の中の日本軍 (上)文春文庫 (306‐1)」

「私の中の日本軍 (下)文春文庫 (306‐2)」

「一下級将校の見た帝国陸軍(文春文庫)」

 一般論でいうと、「皇軍」とかいう表現を使うヤツは、総じて、つまり、左右ともに、馬鹿。当時はそんな言葉実際の軍では使ってなかった。ってか、「皇軍」というのは戦後の幻想に等しい。

追記

 コメント欄にてjounoさんより、できれば体験者の本を読むとどういう風に結論が違ってくるのか、たとえば、日本軍捕虜は別にそれほど欧米と比べて変節したわけではない、ということだけでも書いていただけるとありがたいです。」とコメントをいただく。

 確かに、馬鹿というだけではいかんかと思う。それと、上三冊では案外カラクリ自体はわかりづらいかもしれない。

 簡単に言うと、日本軍の軍人たちのノルム(規範)の実態は戦陣訓などではなかった。そのあたりの話は体験記を読まれると実態がわかると思う。もちろん、この体験記ですべてがわかるとは言わない。少なくとも、体験記を読むことでその実態像に迫ろうとする思考のありかたが問われる。次に、日本軍捕虜だが、ノルムを欠いているために、状況に依存し、その状況において「和」の状態を作り出そうとする。身近な人間関係のにへら笑い的状態をもって危機を遠隔化しようとする。これは現代日本人でも同じ。戦前の軍人たちと私達現代日本人のノルムなきにへら笑い的和の志向にはなんら変わることがない。

 特に捕虜軍人達は、捕虜で命を助けてもらっている恩義を感じている自分は良き人間である(だから良い人間だから殺さないでくれ)という、その証明の衝動に駆られていた。それ、つまり、自身が無私であること(ワタクシゴコロなきこと)を証明しようとして、結果的に媚びるように外人に見える。日本人の社会的な基本行動の原理となる自己が、その自身によって規定されておらず、状況の中の他者によって規定されているため。

あれってブログ時評だったけとGoogleをひいたら

 面白かったっす。

 ⇒ブログ時評 - Google 検索

イチネタ っていうかホゲかもだけど、ま、世の中クリスマスの祭だし

 ⇒特別企画「バケツでプリン」

 ⇒バケツでプリン+2 〜「増上の果て」編〜

 これ、おじゃる丸でもやってましたね。

イチホゲ それってマジっすか?

 それ⇒耐震強度50%超にも補助、ホテルは全棟

 国土交通省は、耐震強度偽装事件で強度不足が判明した建物のうち、公的支援の対象外となった耐震強度が50%超のマンションと、すべてのホテルの改修費用について、計160億円の予算が計上された「住宅・建築耐震改修等事業費」の補助対象とする方針を固めた。

 それは違うだろ、と。

 しかし。

 同事業は1981年以前に建てられた「既存不適格建築物」の耐震改修が目的だが、強度偽装により転居や改修費の捻出(ねんしゅつ)を迫られた住民やホテルオーナーから、支援を求める声が高まっており、偽装物件にも拡大適用することになった。

 という「既存不適格建築物」の耐震改修という建前ではあるのだろう。

 このあたりの裏は自公だけではないような気がするが。

日経社説 まだ序幕に過ぎない構造改革

 構造改革より先にすることがあるとは思うが。ま、私の得意とする議論域ではないが。

毎日社説 視点・官製談合続発 独禁法強化に抵抗した経済界

 まあこれは毎日らしくてよい社説ではないの。

読売社説 [06予算政府案]「岩盤に突き当たった歳出削減」

 1%金利が上昇すれば、来年度の利払い費は1・5兆円増える。景気回復は歓迎だが、金利動向に目配りした政策運営が必要なことは、言うまでもない。

 リフレーションを上手に行えばグロスで問題は解決されうるかもしれない。問題は、上手に行うのは政治の主体であること。ヘタがうたれる可能性もあること。そして、グロスで解決しても、庶民には苦渋だけかもというエンドもありうること(平均の資産額とかグロスで計算するから、全然庶民には共感できないとか)。

朝日社説 普天間移設 沖縄をどう説得するのか

 「沖縄を」という内地から対象化した問いを出された時点で朝日新聞も随分産経新聞みたいになったものだ。沖縄の米軍基地問題がそのままに本土の問題であることがわからんナイチャーになにを言うかという感じではあった。ま、それを言えば、おめーもナイチャーということだろう。

 沖縄の世論がどう形成されるか。それはとても難しい。

 でも、本当は、もっと難しいのは、本土側の世論をどう形成するかでもある。

 中共の暴発の可能性は、歴史を知るものなら、あるとしかえない。リアリストならそこに対処するしかあるまい。では、どう対処するのか。求められているのは、ファンシーではなく、具体的な政治の理路である。つまり…と。

朝日社説 特別会計改革 すき焼きの宴はお開きに

 なんかユーモアぼやき路線になってきたな。

 これは端的に小泉改革の成果でしょ。ネットでご活躍の反小泉さんは、もちろん理想論はできるでしょ(北朝鮮ですら理想社会なんだし)。でも、現実に社会をどういう理路で変革化する道筋はなかった。まあ、あるならちゃんとプランを出して、次の選挙にがんばってください。私も応援しますよ。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/25 09:40 何でもかんでも小泉の所為とお題目に唱える反小泉派は、反日を唱える特アと同じ穴の貉。結局、小泉という呪縛から逃れられない罠。
この反小泉という神輿が無いと担ぎ手がまとまらない民主党ではダメポ(苦笑

finalventfinalvent 2005/12/25 12:15 kinginsunagoさん、ども。なんか民主党支持者だと思っている人達が反小泉で目一杯民主党をダメにしている気がしますよ。対立政党なんて政策的にそんな対立してなくていいんだから、ってか、実際の行政をやってない分、ポリシーを明確にし、大衆がその政策について予見が立つようにしないと。まったく、なんだかなぁのバックラッシュばっかですね。

nami-anami-a 2005/12/25 12:21 >ネットでご活躍の反小泉
トップの部分である経済財政諮問会議の議論についていけない人は、「反小泉」で固まるしかないでしょ。今日のサンプロで森永卓郎氏が、ボロカスに言われてた。もう、エコノミストの肩書きは外した方がいいかも(笑

jounojouno 2005/12/25 12:40 できれば体験者の本を読むとどういう風に結論が違ってくるのか、たとえば、日本軍捕虜は別にそれほど欧米と比べて変節したわけではない、ということだけでも書いていただけるとありがたいです。皇軍の名称だけでは、少なくとも、ここの文面に表れているだけの論理ではよくわかりません。名称だけではなく、「陛下直属の他国とは違う特殊な軍隊」という観念も当時存在しなかった、とかんがえていいのでしょうか。
ひとり内田さんどうこうではなく、「生きて虜囚の辱めを受けず」の倫理が、「生きてこそ反抗のときもある」というような態度を導かなかった、という大戦への語り方は、それなりに広まっているように思います。

style_bluestyle_blue 2005/12/25 12:46 内田樹先生は「大脱走」でびっくりなら「ホーンブロワー 海の勇者」を見たら完全にヨーロッパ観が変わるかもしれませんねぇ。

finalventfinalvent 2005/12/25 14:19 nami-aさん、ども。ベストな政策というのはファンタジーというのを前提とすれば、経済財政諮問会議については妥当な提言をとりつつあると思います。ただ、受け入れたくないのでしょうね、ある人々は。というか、それが宗教的だから、他者を同様に宗教的に見なすのかもしれないのですが。

finalventfinalvent 2005/12/25 14:20 jounoさん、ども。野暮を買ってみるかなという思いもありましたが、少し補足しました。戦争体験記などを多角的に読み進めるのは歴史を継ぐ者のの役目です。まあ、いろいろな体験記があるのでしょうが。

finalventfinalvent 2005/12/25 14:21 style_blueさん、ども。短絡的な議論は、教える技術なのかもしれませんが。

eternalwindeternalwind 2005/12/25 14:39 戦後の言論界の状況として、左右どちらの側の人も、反対側の立場の人が書いた本を読んでもいないということがあって、内田樹の今回のエントリーなんていうのは、これを端的に示しているものでしょうね。戦陣訓など誰もまともに取り合っていなかったということは、司馬遼太郎なんかが、自らのエッセイでいやというほど口をすっぱくして説いているのに・・「インテリは(特に左)司馬遼太郎なんか読まない。」でしょうかね。ただ、捕虜云々とは無関係に、「無敵皇軍→無敵皇軍に勝ったアメリカ軍→無敵皇軍に勝ったアメリカ軍に勝ったベトナム」といった具合に、一部進歩的知識人の礼賛対象が変わって来た事を、山本七平が批判してましたので、今回の内田ブログの内容に対して、「山本七平を読め」とだけ書いても確かに読んでる人には、「山本も同じ事言ってるじゃんか。」と思ってしまってわからないかもしれませんね。

finalventfinalvent 2005/12/25 16:34 eternalwindさん、ども。さすがにこれはないだろと思ったので野暮を承知としたはずが…いや、実態はまさにご指摘の世相ですね。まいったなぁ。

nonecononeco 2005/12/25 17:00 うーむ。デカルトもニーチェも軍隊経験があるけどな。田中小実昌も軍隊行っているし。そうそう、小渕さんは、従軍看護婦を探して感謝状をだしているよね。内田さんも、軍隊を経験してみたらいいのかも。たぶん、経験を重要視する人とそうでない人の差?

castlecastle 2005/12/25 17:14 あの内田ブログはサヨクフィルターがボディブローみたいに効いてきてるってかんじですか? 感性的に。
世代的な差のようでもあったのですが、生活としてのリアルは無私のメカニズムのほうがしっくりきました。で、無私の機能的な是非と倫理としての解釈コードが今日的な課題なのかなぁみたいな。

finalventfinalvent 2005/12/25 17:24 nonekoさん、ども。ある意味単純な話、自分が戦争で捕虜になったらと想像するわけですよ。あー、俺っちもへらへらゲロしそうだなって思うじゃないですか。内田先生は、俺は違うと思っていらっしゃるからかもだけど、普通日本人として生活していたら、この手のへらへらに何度も遭遇するし、そのあたりから、日本軍捕虜もそうだなろと思う、と思うのだけど。

finalventfinalvent 2005/12/25 17:26 castleさん、ども。ああいう話を書いて通じると確信しているとしか思えない態度に、馬鹿と言ったほうがええんでないかと思ったのですが、当方も甘かったかも。

kotiqsaikotiqsai 2005/12/25 18:36 山本七平「私の中の日本軍」は軍隊生活の貴重なエピソードに溢れ、また出版当時の世相を斬るため必要な言説だったのでしょうが、私にとっては不審の残る本です。
最終章近くで、憲兵大尉の証言に関する記述があります。手許に書物がないので不確実な書き方になるけれど、捕虜となった山本少尉はかつて憲兵大尉の車に便乗したことがあり、そのこと(日時など)を戦犯裁判で証言するよう収容所内で憲兵大尉の部下に(難しい言い方だが)乞われそれを拒否し、その大尉は戦犯として処刑された(これは伝聞)と「私の中の日本軍」で記述されています。
幾つかのエクスキューズは記されていますし、その憲兵大尉は実は悪人で有罪であったかもしれないけれど、書かれてていることが事実なら証言拒否した山本七平は浅見特派員や本多勝一より倫理的に劣る人物ということになる。
でなくて、このエピソード自体が向井少尉の日付間違いイシューを補完するためのフィクションだとすればこの書物全体、眉につばをつけて読まねばならぬことになる。
当人はこの世にいないけれど、収容所の関係者などから、書物に書かれたことが事実かどうか確かめられない限り、この本に関しては保留つきで論じるべきではないでしょうか。

castlecastle 2005/12/25 18:38 >ああいう話を書いて通じると確信しているとしか思えない態度に
あ、なるほど。わかりました。

finalventfinalvent 2005/12/25 18:54 kotiqsaiさん、ども。該当箇所を読み返しましたが、私には違和感はありませんでした。これは単純な印象です。私が山本の場にあったとしても同じような行為をしたのではないかという感じもします。また、このエピソードが本書の価値を左右するとも思えませんでした。これも単純な私の評価であって裏の意図などはありません。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/25 18:54 旧日本軍捕虜が自身の身分以外に軍事情報を喋る件は、ちょっと著作は忘れましたが軍隊教育の段階で捕虜になった時の対処方法を、きちんと教えていなかったことが原因だったと読んだ記憶が…

jounojouno 2005/12/25 19:09 ありがとうございます。
いわれるようなことだとすると、ある種のストックホルム症候群的な状況があったのかもしれない、ともいえそうです。内田樹はいたずらにレトリカルな論法を用い、ファクトを軽んじている点で批判に値すると思います。神、規範、垂直の、あるいは内面化された普遍というものの故に、ではなく、その不在ゆえに、水平の、状況的、相対的な道徳・情態が上回った、ということでしょうか。ただ、そうした日本的な、相対主義、状況主義、「神の不在」という点で西欧と異なる、という点については内田さんの言説にも共通の認識があるようにも思えます。戦時のウルトラについて、そのプロパガンダを戦後、左右ともに、批判するにせよ理想化するにせよ、真に受けすぎた、ということかと思います。ナチについても、むしろナチの非効率性、官僚主義といったある種の「普通さ」が最近指摘されたりもするようです。
もちろん他方で連合軍兵士が「収容所でも軍隊であることをやめなかった」というのも図式的な話でいくらも例外がありそうですが、相対的な差異であれ、理念の内面化の度合いに違いがあったとすれば、それは何によるのか、やはりキリスト教、ということになるのか。
また捕虜になること=助けていただいた、と感じるということは、捕虜になる権利があるのだから、殺さないのは当然、という感覚が確立していない、という点で、ヨーロッパでの戦争法の概念、ゲームとしての戦争という側面という論点も、これはこれで重要な気がします。審判の不在が相対的、状況倫理ではルールそのものの不在になるのに対し、西欧的規範では、ルールの「自体的な存在」が観念されて、それがニーチェの「どこでもいつでも見ている神というのは、なんと破廉恥なのぞき屋だ」という反発につながるのですが。しかし、こういう日本特殊論にも、ちょっと疑問があるのはいちおう、東洋にも「天知る地知る」という概念はあるわけで、あれはやっぱり中国のもので日本には根付かなかった、という感じなんでしょうか。

finalventfinalvent 2005/12/26 08:45 jouneさん、ども。その「ヨーロッパでの戦争法の概念、ゲームとしての戦争という側面という論点」なのですが、これには傭兵の歴史感覚というものがあると思うのです。今回の罵倒は洒落ですが、内田さんの本当に困ったところはこういう歴史感覚の欠落というか、知識が知識として入っている感じがするところです。このあたりの問題はあまり簡単には説明できない部分があるのですが、知識が歴史感覚に根を張らないように見えること、そしてそれが語られて上滑ることには危機感を感じます。

finalventfinalvent 2005/12/26 08:47 summercontrailさん、ども。少し論点が違うのですが、日本人は、現代日本人でも、若い層でも、はてなでもそうですが、言葉というものをコミュニケーションとしてしてのみ見ているので、世界に相対になってしまう。しかし、西洋においてロゴスが世界を作ったという、絶対世界と言葉と私、という関係性がまるでわかっていない。というあたりで、証言=証、というものが、まるで日本人(東洋人がそうかも)に通じてない感じはあります。

finalventfinalvent 2005/12/26 08:48 kinginsunagoさん、ども。落選議員は大変だなぁでもありますね。

summercontrailsummercontrail 2005/12/26 19:21 finalventさんこんばんは、「水は方円に従う」という言葉も、今ふと(この文脈ではやや批判的に)思い出しました。なるほどロゴスですか。勉強になります、ありがとうございます。

2005-12-24

ふと思ったのだが、GoogleっていうかWeb2.0というのは天才を

 潰すというかそこまではないけど、手順化・標準化することで、マーケットにインタフェースするしくみなのだな。

 もちろん、特許側では天才重要だけど、それでマーケットにプロダクトとか出されると、げげっことになる。

 考えてみると、Netscape自体そうだったなと思う。アンドリーセンって別に技術的には天才とかではない。あ、しかし、Netscape自体もたいしたものでもないというのはあるか。

そういえば…孝謙天皇が…

 道鏡事件の際、父聖武天皇が娘に指示して、「王を奴と成すとも、奴を王と云ふとも、汝の為むままに」、と。

 ほいで、この事件の際でも、道鏡がダメだった理由は皇胤ではなかったということではない。八幡神がダメと言ったらダメというもの。

 もともと三種の神器があること自体、皇胤決定ではない。

 というか、大嘗祭について折口信夫が言ったことなど、誰ももう顧みられない。

 なにが保守というか歴史・伝統尊重だか。

イチネタ 志多組が自民党に献金という流れだが

 ⇒偽装物件施工会社が自民に献金

 耐震強度偽装事件で、警視庁などの合同捜査本部の家宅捜索を受けた建設会社志多組宮崎市)が98年から04年までの7年間に、自民党の政治資金団体「国民政治協会(国政協)」に計1050万円を献金していたことが23日、分かった。

 志多組は、偽装事件で告発対象となった東京都稲城市のマンションを施工。志多組の志多孝彦会長は、国政協の宮崎県支部長を務めている。政治資金収支報告書によると、志多組は7年間にわたり毎年150万円を国政協に献金。これとは別に、自民党宮崎県衆院比例区第2支部にも00年から02年まで、計108万円を献金するなどしていた。

 というわけで志多組から自民への些細だがカネの流れがあるわけな。まぁ、どのゼネコンでもあるからそこに陰謀ストーリーをくみ上げるほどのことではない。が、これが渡辺具能にはつながっているでしょ。ほいで、先日のアーホームズ、ちゃった、イーホームズの藤田の「アトラス渡辺、はめようとしやがった」の裏の志多組の線にもつながるわけだが…。

 さて、この線を藤田がきっこにタレこんだのだが、話題性ということで、きっこが出したのはいいけど、このあたりにきっこが読みを外した。その流れのストーリーが出されるときっこ系にはうざいわけな。正義を一本化したいわけよ。で、速攻で馬淵議員と連携っていう話に切り替えて、藤田タレコミを捨てたい。(あるいはイーホームズに天下っている国交省を隠蔽したいんでしょう。)

 っていうか、その守りたい一穴主義の総合経営研究所内河健の上流に黒幕がいるというストーリーだが、このあたり、なんというか、さすが俳味というか風流というか、総合経営研究所内河ってしょせんはビジネスホテル業界をたらしこんでちゅうちゅうということで、規模はでかけいけどよくある悪の構図というだけのこと。

 まぁその正義も勝手に追及してくれではある。が、耐震偽装が問題になるのは、人が住んでる民間マンションのほうなわけで、その問題のほうの黒幕っていう線の話で民主党を盛り上げようというのはムリムリ。傍流だし、自民党の悪の構造が悪みたいな無意味が落とし所になる。

 マンション住民に関連する耐震偽装問題の黒幕があるなら、ヒューザーがどう黒幕と関係するかという流れに合わないというが解決手順の条件というか、理系の人いませんか。というか、イーホームズ藤田のタレコミはむしろそちらに関係している。

 てか、きっこは志多組をスルーさせている印象はある。

 というか、藤田がなぜきっこに飛びついたかだが、きっこはすでに馬淵スタッフにくいこんでいて、その流れのなかで藤田がうろうろしていたと考えたほうが、へぇ、ブログって面白ーいっていう説よりまし。っていうか、普通の社会人はブログなんて見てないってばさ。

 さてと。

 ほいで、志多組だが、私は、藤田がいうほど大きなストーリーはここにもないと思う。というか、藤田は、はめやがってと思っているだろうけど、問題を局所化しすぎ、これが一件の物件ならそうとも言えるが、むしろこれは例外。志多組にしてみると、げ、やばい、えんがちょ触ったよ、しかも、自民党はこれを全面隠蔽するつもりじゃん、俺たちまで埋葬ってやめちくれ、という流れだったのではないか。

 とすると、ここで、志多組をもう一度取り上げるにもなにか意図はあるだろうし、この手の問題に首をつっこむとまた、うんこ飛んでくるしではあるけど。

 さて。

 たぶん、そういうマンション問題として見れば、黒幕なんかいないのな。

 悪がいないとは言えないよ。悪はいるでしょ。ヒューザーと国は途中で発覚を隠蔽しようとしていたと見るのが妥当っぽい。なので、あれこれ糾弾する意味もあると思う。皆さん勝手にいろいろな方向でやっちくれ。

 でも、一元黒幕化説は、マンション問題として見れば、無理過ぎだと思う。

 もともと法整備自体がだめだめで、だめだめ加減でうまい汁を吸おうとした一群がいて、国交省側でも把握していて、ここに飛んで陽にいる夏の虫みたいにヒューザーがマンション業界の常識を無視してというか某背景につっこんでニッチをやろうとして沈没しますた、つうこと。もともと、大手なら、耐震偽装物件が仮に明らかになっても補償する力がある。っていうか、問題にならないというセーフティ・ネットのようなものがあって、国交省のザル法でもなんとかなった。というか、検査会社もそれなりに検査するだろうという甘さがあった。ところがこのザル法、検査会社がなーんもしなくて莫大な利益を上げても別に違法でもなんでもない。藤田にしてみれば、俺、悪くないもんであろう。

 政府が側というか国交省が側ではザル法だったと言われてもなんだしなというところで、古い政治家の石原都知事がそりゃねーだろとツッコムのだが、石原とかがいくら正論を言っても聞かないよという流れなっている。

 まあ、祭をお楽しみください。

 俺は、別に、きっこ系ががんばってもいいし、馬淵議員ががんばってもいい、ブログが扇動道具になるも世の流れであるなと風流を味わうよ。俺にからむなよ。余談だが、小泉信者なんかじゃなくて、小沢信者な。郵政の問題でも私は小沢の見解から一歩も出てない。民主が小沢を立てたら自民党に投票なんかしないよ。

 さて。

 しいていえば、この問題をシステム的にみれば、理系が誰もいねーじゃんというか理系が発言してないじゃん。偽装側も糾弾側もさ。

 ちょっとフライングさしてもらうよ(無許可ごめん)。もともと、内河なんてぜんぜん構造がわかってない。ケチればコンサルというだけ。だから、リザルトの数字だけしか関心がない。どういうプロセスでリザルトが出るかというに関心を持つのが理系だけど、そうじゃない。そこはだから、経営の基本でもあるけど、数字を使ってマネッジするわけで、理系の側にそれを強いれば出ると思うわけ。というか、普通はそれで出るというか、プロセスが手順化・標準化されているなら出る。

 でも、理系の人はわかっているし、naoyaに崇拝者がいるように、理系のプロセス手順・標準化というのは、まず天才がいてその天才をまさに理系的に再組織したものなわけな。ところがその再組織がなければ天才は独走しちゃうんですよ。そして天才っていうのは自分は天才だと微塵も思ってない。フツーでしょとか。ああ、通じませんねとかいう感じで通じないことが物凄い問題を起こす可能性を知らない。これがnaoyaとかだと、まだカネの流れができてないから、誰もはてなの真似をしてIT経営をするコンサルとか出てこない。

 ところが、建設業界では飯田郁夫っていう天才がいたわけですよ。そして善意で意匠なくその工法を普及活動した。それが、手順化・標準化に見えてしまうわけです。でも、大手はそんな工法に手を出さない。もちろん、完全に手順化・標準化すれば別だけど。なので、これはニッチになる。飯田工法なら鉄筋減はマジックのようにできてしまう。その他色々。そしてnaoyaにぶくまするように、飯田工法に理想を持つ人はいても、経営はできない。そこにアンゴルモア内河みたいな経営が落ちてきたら、もう運の尽きです。政府でも理系がいて経営ができる人がいたら、やべと思うか、手順化・標準化に乗り出すでしょう。でも、それがまた政府がでもその上水ちゅうちゅうやってしまった。

 これがPerlスクリプトなら個人でもなおせる。ライブラリだってなんとかなる。はてなみたいに合宿してアプリだってできる。巨大な構造物はそうはいかない。誰も全体を見渡すことなんかできない。どこにも不正がなくても不正のようなものが出てきてしまう。まあ、建造物に限らないなこれはというか、PerlとかRubyみたいなシステムでないと同じようなことは起きる。

 とはいえ、現場の一番地べたにいたら、あれまおかしいと思うわけですよ。でも、おかしいという声は届かない。アトラスの渡辺さんで、届くかどうか疑問だったのではないかと思いますよ。

 書きすぎ。

追記

 「書きすぎ」に追記もねーもんだだが、ま、追記したほうがよさげ。

 ⇒木村建設物件の設計2社が偽装否定 塩見と中山構造研

 とても重要なのであえて全文引用しますよ。

木村建設物件の設計2社が偽装否定 塩見と中山構造研 2005年12月17日

 木村建設が手がけ、姉歯秀次建築士以外が構造設計をした建物の中に鉄筋の量が少ないホテルが14棟あり、国土交通省が調査を指示している問題で、このうち6棟を担当した広島市の設計会社「塩見」が17日に記者会見し、「不正行為は全くない」と表明した。この問題ではやはり6棟を請け負っている熊本市の中山構造研究所も朝日新聞の取材に偽造を全面的に否定している。

 14棟の構造計算を担当した設計業者は計4社。両社のほかに二つの業者が1棟ずつ構造計算している。

 塩見の難波清孝社長は同社が柱の代わりに耐震壁を使う手法を採用しているとし、「鉄筋量が少なくても安全性は保たれている」と強調した。

 中山構造研究所は偽造や耐震強度不足を文書で強く否定し、「バランスのとれたデザインにすれば耐震強度を満足する建物が(1平方メートルあたりの鉄筋量)60キロ程度でも設計できる」と説明している。姉歯元建築士については「勉強不足の建築士がきちんと検討されている合理的な設計の結果をまねしただけ」と批判した。

 木村建設が意図的に耐震偽造をさせたと仮定し、これに塩見や中山正しいが事実であるとすると、どういう結論が出るか。

イチホゲ ひさしぶりに爽やかなやつを

 これ⇒まぶちすみおの「不易塾」日記:天皇誕生日宴会の儀:まぶち すみお

 肝心の(!?)メニューは、汁物、作身(刺身)、取肴、焼物、温物、加薬飯、温酒である。汁物は白味噌の椀で具は、巻鯉と風味に柚子。作身(刺身)はヒラメにイカとからすみ。取肴の日の出かまぼこは、デ、デ、デカイ。焼物の鯛は姿焼き。鯛に箸をつけてむしゃむしゃと食べてると、斜め前の自民党の先輩令夫人から、「タイ、食べてるし。」と注意される。エッ、食べちゃダメなんか!?。

 温物は茶碗蒸し。うなぎと銀杏とたけのこが具。加薬飯は鯛ソボロご飯に錦糸玉子。

 

 量は多い。

 

終宴となると、箱が出てきて、鯛などを入れるようになっている。なーるほど、箸をつけずにこうして箱に入れて、そのまま持って帰るんか。知らんかった。やっぱ、これを地元に持って帰って奉納みたいな感じなんかな。

 なんか泣けてきそう。陰謀しこまなければ熱烈支持したいキャラなんだけどな。っていうか、その人徳に陰謀が吸いよされるわけな。そう思うと、ベイシカリーには私はこの人支持していいとは思うっていうか、私は民主党の支持者だっつうの。

日経社説 公共放送の役割の見極めを

 つうか、そんなのどうでもいいよ。NHKがみなさまのお金を巻き上げて作ったコンテンツをなんか著作権がどうたらっていって別会社に分けてぼろい商売しているのをなんとかしてくれ。

 つうか、旧左翼ってそこは叩かないのな。

毎日社説 科学技術基本計画 国民を元気づける目標を

 韓国の騒ぎのなかこれを出してくるユーモアがよろしい。

毎日社説 視点・常任理事国入り 森嶋幹夫(論説委員)

 この問題はもうちょっと日本を褒めてあげていいと思うよ。成果はあったと思う。インド人に日本人は日本人なんだと思わしめただけでもいいし、ドイツも日本に信頼を少し寄せたと思う。

読売社説 [05回顧・日本]「『安心社会』の足元が揺れた1年」

 初笑い先取りのめちゃくちゃな文章。どこにツッコミするか悩むけど、【宇宙から届いた激励】がよいな。は・や・ぶ・さ、だよね。

朝日社説 政治と金 透明度高める手立てを

 なんか話のスケールの小ささに泣けてきそう。小泉叩きにもうネタなねーのか。っていうか、橋本派潰しは小泉の手の内。

 政党交付金という名の税金が政党に配られている。昨年の総額は316億円余りで、受け取りを拒む共産党を除く各党の重要な資金源だ。自民党は約155億円と、党の収入の60%近い。民主党は約118億円で、83%を超えていた。

 それを言うならこのネタだろ。

 ⇒極東ブログ: 長谷川憲正参議院議員の反復横跳び

朝日社説 韓国ES疑惑 「対岸の火事」ではない

 な、なんだこの社説。っていうか、その蹴りは反則だろ。っていう、どこが対岸の火事ではないの論拠か皆目わからん。

 捏造問題は韓国だけの話ではない。それも政府の研究費が多くつぎ込まれているバイオの分野で目立つ。論文の取り下げが続き、日本の研究への信用が落ちたとさえいわれる。

 いうまでもないが、科学は信頼の上に成り立つ。黄教授の問題を他山の石に、日本の科学界も、研究に不正を潜り込ませない方策を真剣に考える時期だ。

 ちょっとこの社説書いた人、外したほうがいいよ。クサシじゃなくて。なんであれ全然論旨になってない。

[] 聖夜祭光届かぬ星さえも 終風

ログイン

 今日はクリスマスイブ?

himorogihimorogi 2005/12/24 11:45 >しいていえば、この問題をシステム的にみれば、理系が誰もいねーじゃんというか理系が発言してないじゃん。
ここでは「理系」というタームは相応しくないと思います。まるで非理系が物事の道理を踏まえなくても桶、といってるみたいに受け取られかねません。そうでなくても「理系」を朴念仁扱いして「非理系」であることがまるで社会の常識をわきまえた大人のようにみなす香具師多杉。それはむしろ「非道理系」。「理系」より相応しいのは「合理主義者」かな。

nami-anami-a 2005/12/24 12:39 >ちょっとこの社説書いた人、外したほうがいいよ
新聞社の社説って、何人くらいで書いてるんだろう?団藤タンの話では、論説委員を引退した人がコラムを書くらしいけど、lovelovedog情報では、天声人語を書いてた小池民男氏が社説に復活したらしいし。
あと、耐震強度偽装問題の黒幕が誰かよりも、国交省が握ってる道路特定財源を一般財源化できるかどうかの方に興味がある。てか、本当の黒幕はそっち方面だったりして(笑

nami-anami-a 2005/12/24 13:54 それから、弁当さんの提案する少子化対策の三セ運動だけど、ヨーロッパで出生率が上がってる要因は、10代の女子が子供を生んでるから。非モテの牙城はてなで、そんな提案しちゃダメじゃん。弁当さんは、どうも、この分野は弱いんだよねー(笑

finalventfinalvent 2005/12/24 16:27 himorogiさん、ども。ああ、そうですね。でも、リライトはしないでおきます。

finalventfinalvent 2005/12/24 16:28 nami-aさん、ども。いやいや、弱い分野はいろいろありますよ(って弁解にもなってないけど)。

curefucurefu 2005/12/24 16:49 やはり朝日新聞は韓国の国民行動に関して言及するつもりは無いんでしょうかね。あれこそ毎度お得意の偏狭なナショナリズムってやつだと思うんですけど。耐震偽装の件は、これ以上掘り進めると我らがミンス党の誰かさんにまで行き着いてしまうと思うんですが、きっこ&馬渕的には、菅や岡田が繰り返してきたその自爆戦法でも構わないんでしょうかね?そこまで分かっている上でやってるのならいいんですけど。

finalventfinalvent 2005/12/24 17:12 curefuさん、ども。きっこ&馬淵もちゃんとリザルト出せばそれなりなんだけど、そのためにあーするかなぁとは思いますね。

nonecononeco 2005/12/24 17:29 きっこさんの俳句は、なかなかよいぞ。きっこ&finalventの句狂くらべがいいな。煽動した未来が見えずに煽動すると、火の粉は本人にふりそそぐもんじゃがな。大丈夫なのかなぁ。

finalventfinalvent 2005/12/25 08:30 nonekoさん、ども。ええ、きっこさんは上手ですね。結社で習っていた人でしょう。ただ、歌仙は知らなそうというのと、個人的には結社俳句はもういいやという感じですよ。これは別に彼女の政治性への批判とはまるで関係なく。

guldeenguldeen 2005/12/25 12:13 耐震強度偽装問題では、具体的な黒幕がひとりいるわけではなく、強いて言えば今回槍玉に上がっている複数の人物すべてでしょうね。
「10数件(!)以上の救急病院をたらいまわしにされて、けっきょく手当ても受けられずに亡くなった交通事故被害者」の例を引くまでもなく、「その業界全体に蔓延している『効率優先目的の手抜き』と『無責任主義』」を亡くさない限り、似たような事件の再発は続くでしょう。
>>nami-aさん
個人的には、北側氏の「韓国・中国向けの対日ビザ緩和政策」は止めて欲しいものです。彼が創価学会員で(なにせ創価大→公明党ですから)特アにシンパシーを抱くのは彼の勝手ですが、それを国策として行なう事で、日本国内へ大量の「反日思想がバックにある“愛国無罪”犯罪者」を招く結果となる事にだけは、私は絶対に反対です。

finalventfinalvent 2005/12/25 12:20 guldeenさん、ども。ええ。ちょっと蛇足すると、エーホームズの後ろにいる国交省天下りをきっこ系は隠蔽しようとしているんじゃないのとか思いますが。

2005-12-23

ネタナシ とくになし

 国連の予算問題が気になるけど。

イチホゲ 偽装の理由はカネではなかった、と

 livedoor ニュース - 「偽装と報酬は無関係」 姉歯氏、1月にも立件

 耐震強度偽装事件で、姉歯秀次元1級建築士(48)は警視庁と千葉神奈川両県警の合同捜査本部の事情聴取に対し「耐震強度を偽装しても、しなくても構造計算の報酬は変わらなかった。1坪400円から450円で請け負っていた」と供述していることが22日、分かった。

 姉歯元建築士が受け取っていた構造計算の報酬は、建築士の間でも平均的な額とみられ、合同捜査本部は、姉歯元建築士が特別な報酬を得るためではなく、建築主や元請け側からの圧力を受け、仕事を確保するために偽造を続けていた可能性があるとみている。

日経社説 偽装事件に与党は本腰を

それでも民主党議員の質問で、総研幹部が鉄筋の減量にかかわった事実が明らかになるなどの成果もあった。

 え? 「総研幹部が鉄筋の減量にかかわった事実」なのか。まぁ、たしかに減量せーよと言ったのは事実か。しかし、問題は違法性を認識してそれを強要したかということじゃないのか。日経のあたま、大丈夫か?

 耐震偽装のマンションを購入した住民らは、不安な気持ちを抱えたまま年を越す。

 社会の中にはいろいろに理不尽な不運から誰に責も問えずあるいは問うても虚しく不安な気持ちを抱えたまま年を越す人々はいるのだよ。

日経社説 人口減の放置は次世代への責任放棄

 そこで提案。3せ運動、っせとっくすーよ。

毎日社説 視点05=景気絶好調 論説委員・今松英悦

加えて、バブル崩壊以降、ダメ扱いされてきた日本経済だが、毎年度500兆円もの付加価値を生み出すのだから、底力はある。それを過小評価した結果が、世の中の大勢を占めたデフレの長期化論である。それもこれも、弱気の虫の仕業に違いない。エコノミストも懲りたろう。

 うぉりゃ金子勝、毎日様のご意見が耳に入らぬか。

朝日社説 NHK改革 「私たちの公共放送」に

 公共放送は視聴者が支え育てるものだ。「みなさまのNHK」ではなく、「私たちのNHK」にするにはどうすればいいのか。政府・自民党が突っ走るのにまかせず、大いに声をあげたい。

 この朝日のユーモアセンスがたまらない。

朝日社説 人口減少 悲観ばかりではない

 ただ、人口減少社会は悲観的なことばかりではあるまい。真の豊かさという観点から見れば、拡大一辺倒できた戦後日本の価値観を見直し、新しい生活のありようを探る好機といえるかもしれない。

 日本の人口が減っても東アジアの経済が繁栄すればどうなるのだろう。人やモノはますます国境を越えて移動する。一国だけの尺度で人口を考えてもどこまで意味があるのか疑問にも思えてくる。

 豊かに成熟していく。そんな道を考えていきたい。

 まず、朝日新聞の戸配廃止からな。

[] 免れて生きてある身の冬至かな 終風

SundalandSundaland 2005/12/23 09:07 今日の一句、心に染みます。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/23 09:44 TVで金子勝を見るたびに「まんが日本昔ばなし」に出てくる貧乏神様を思い出すのは私だけ?(苦笑
そして毎日の金子は、今回も銅鑼鳴らして…
早い話が:ナショナリズムへぶれた
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/kaneko/news/20051222dde012070011000c.html

BaatarismBaatarism 2005/12/23 11:25 >kinginsunagoさん
つまり毎日新聞は、「中国の脅威」と政治家が言わなければ、台湾と軍事交流しても構わないという意見なんですね。
もし本当にそうしたら、中国の反発は前原発言の比ではないと思うけど。w

BaatarismBaatarism 2005/12/23 11:29 あと、これも今日のホゲでしょう。w
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2005/12/23/07.html

defnanadefnana 2005/12/23 23:13 あ、ザザムシですが、今週の「スベリオール」って雑誌のマンガに出てきてました。
奥本大先生のコラムも何気にクオリティが高くて好評のようです。
イナゴは良く食べてましたが、ザザムシは・・・。蚕の蛹も食えませんでしたが。
「食虫」という風習は信州いや長野県ばかりがクローズアップされてしまいますね。
さほど触手が動かないので他の地方のことを調べようとも思わないんですが。

finalventfinalvent 2005/12/24 10:38 Sundalandさん、ども。十年一日ですね。

finalventfinalvent 2005/12/24 10:38 kinginsunagoさん、ども。なんか、日本昔話のようなほのぼのと。

finalventfinalvent 2005/12/24 10:39 Baatarismさん、ども。あ、それ前日に知ってたんですけど、ま、いいかと。

finalventfinalvent 2005/12/24 10:40 defnanaさん、ども。人類学的には食虫っていうのはけっこう根が深そう。個人的トンデモの世界としてはだから人間は昆虫化した、と。

2005-12-22

イチネタ それはハバロフスクに到達

 それって有害物質。

 ⇒有害物質 ハバロフスクに到達

ロシア非常事態省によりますと、先月、中国で起きた化学工場の爆発事故に伴って大量の有害物質ニトロベンゼンが流れ出した問題で、汚染された水が、22日朝、ロシア極東のハバロフスクに到達したものとみられます。現場周辺では、アメリカなどの飲料水の安全基準の10倍を上回る1リットル当たり0.18ミリグラムと、高い濃度のニトロベンゼンが検出されています。

 ここは日本がなんとかできないものか。

イチホゲ 残念ここは牛丼でないと

 ⇒asahi.com:米国牛の安全をアピール 駐日米大使らが昼食会?-?暮らし

 輸入が再開された米国産牛肉の安全性をアピールしようと、米国食肉輸出連合会が21日、米国産牛肉をメニューに使った昼食会を東京都内のホテルで開いた。

日経社説 市場化テストを拒む理由はない

 市場化テストは単純に官業を民間委託することだけが目的ではない。官民が効率性と質を競うことで官が担い続けることになっても、お役所仕事と決別してもらい、納税者や受益者が高い満足を得るサービスを提供する体制を確かにすることにある。もちろん事前にテスト対象の仕事を明確にし、客観的な事後評価制度を整えることが前提になる。

 賛成。

読売社説 [広島女児殺害]「海外からの犯罪者入国を許すな

 広島の事件を機に日本国内の日系ペルー人などの間には、「差別や偏見が強まるのではないか」との不安があるという。実際に嫌がらせなども生じている。

 ところでヤケは本当に日系人なのかが依然わからない。

 なのに早々に日系人と断定しちゃったような社説を書いた朝日新聞社説は結果的にこうした差別を助長したことになるんだけど。

朝日社説 金融商品 消費者保護を強めたい

 しかし、セールスの現場を見ると、甘い言葉での勧誘や投資に伴う危険を十分に説明しない例が目につく。

 これはちょっと私の見える現場の感じからすると、そーかぁ?

 ただ、気がかりな点は少なくない。対象に消費者とのトラブルが多い外貨預金や変額保険を加えたのは当然の判断だが、商品先物取引が入っていないのは納得できない。

 生命保険では、主力商品である終身保険や定期保険、養老保険などが対象から外れたのも問題だ。

 すでに加入している保険から新しい保険への切り換えを勧められ、損な転換をしてしまう例があとを絶たないが、救済できない。転換によって予定利率が下がるようなケースでは、十分な説明があってしかるべきだ。消費者が知りたいのは、元本割れのリスクだけではない。

 英国の金融サービス市場法のように、保険や預金全般を対象にすべきだ。

 このあたりは多少そうかもとは思う。英国だけを比較にするのもどうかではあるが。

朝日社説 新ラウンド 先進国が負う重い責任

 いやぁこのネタ書いてて韓国人のことになにも触れないのだな。朝日ってこいうなんか滅菌というか思想タブーというかすごいものがあるな。

 ご参考までにバランスを取るために

 あえてmumurブログmumurブログ:香港で暴力デモを行い逮捕された韓国人が「警察に殴られた」と主張

[] 昔買ったコール天ズボン穿いてみる 終風

guldeenguldeen 2005/12/22 11:15 ペルーでは証明書の偽造は、もう「なんでもあり(カネさえ積めば)」という状況だそうで…。
マヌエル・ヤケ容疑者の場合は、幼少の頃から「陰で弱いものイジメ・少女レイプ歴あり」と、いわゆる「問題性格者」だったようですが、偽名でのパスポート取得をしたとなると、日本の水際で防ぐのはこりゃ厄介なことになりそうですね。

JenaJena 2005/12/22 12:29 >guldeenさん そこまでひどい状況なら「ペルーとして証明書偽造問題を解決するまで、日本への入国は制限させてもらうね」と言うしかないかと。じゃないと特アの犯罪者も日系と偽ってペルー経由で入国し放題になっちゃうし。

inspfightmaninspfightman 2005/12/22 12:31 >海外からの犯罪者入国を許すな
となると、ジェンキンス氏とか駄目ですよね。

finalventfinalvent 2005/12/22 23:07 guldeenさん、ども。ペルーも認識してはいるみたいですね。

finalventfinalvent 2005/12/22 23:07 inspfightmanさん、ども。ジェンキンズさんは日本国内法的にも犯罪者に相当するのでしたっけ?

kinginsunagokinginsunago 2005/12/23 09:56 南米からの似非日系人入国問題は、90年代中頃から言われていたんですけどね。その頃に取上げたTVマスコミはTBS報道特集ぐらいだったような記憶が…

finalventfinalvent 2005/12/24 10:40 kinginsunagoさん、ども。忘れるのか忘れることにするのか。変な感じですよね。

2005-12-21

匿名」による批判の禁止ルールを採用すべきか

 ⇒「匿名」による批判の禁止 黒木のなんでも掲示板:利用上の注意

 時たま思う。

 ところで日本ヒューレット・パッカードって今どうなってんだろ、研究とか。

なるほどそれはウケるネタ

 via[N] 「ウケるブログ」が絶版に

 そういえば⇒finalventの日記 - ウケるブログっすか

 ほいで

 出版元⇒新着ニュース

「ウケるブログ」について

 弊社の「ウケるブログ」(高瀬賢一著、2005年1月発刊)と、草思社の「人の心を動かす文章術」(樋口裕一様 著、2004年3月発刊)との間に、思想・内容において類似する箇所がありました。このため、樋口裕一様及び草思社に対しご迷惑をおかけする結果となりましたことを謝罪いたします。

 「ウケるブログ」の書籍としての独自性に疑念が生じたことは、弊社の出版倫理に反することであり、本書籍を絶版とし回収いたします。

 御本人⇒ウケるブログの書き方講座〜1からわかるおもしろ日記の書き方

謝罪文

 拙著「ウケるブログ」(株式会社技術評論社 2005年1月発刊)は、さまざまな文献を参考に書き上げたものですが、中でも草思社の「人の心を動かす文章術」(樋口裕一様 著、2004年3月発刊)に強い影響を受けました。

 そういった参考文献の文章作法のアイデアを十分にかみ砕ききれず、咀嚼できていない状態で執筆した結果、多くの点で「人の心を動かす文章術」と類似してしまいました。

 これは、著者としての私の責任です。樋口裕一様および草思社に対し、多大なるご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

 申し訳ございませんでした。

平成17年12月5日 高瀬 賢一

 アマゾン評の威力ということでしょうか。

 ちなみに、私も若い頃、この手のゲロパクリ本をめっけて告発というか関係筋に言ったらおとなげなことすんな若造ということでした。おはり。

ニューズウィーク日本版新年号

 新年号、と、だからね、と、いうわけで、とりあえず買っとけ、かな、お勧めしとく、な感じです…3.14159265

ダルフールにまた

 ⇒US warns of new rebel attacks into Chad from Sudan

WASHINGTON (Reuters) - The United States warned that Chadian rebel groups could launch new attacks against their government's forces across the Sudanese border after a clash on Sunday that the African country said killed hundreds.

 

Scores of Chadian soldiers deserted their barracks in late September before regrouping near the border to stage attacks against the government.

 

The government has accused Sudan of helping the deserters and also using them to fight Sudanese rebels in its eastern region of Darfur.

 

Chad's army said on Monday its troops had killed about 300 Chadian rebels after they launched a failed offensive on a border town in one of the worst attacks in an escalating conflict.

 チャドがやってくれましたよ。反乱勢力をダルフールに追い込んでいる。

 なんか、どうにかならないのか。

 構図がよくわからないけど、またスーダン政府かという印象。

ブッシュの勝ちというところ

 ⇒米大統領支持率、39%→47%へ…イラク政策も上昇 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 背景はイラクでの選挙の成功でしょう。なんだかんだ言っても、これで正当な政権樹立というか民主化という大きな土台に載った。

 しょっぱいニューヨークタイムスですら

 これ⇒Iraq Votes for a Third Time - New York Times

Iraq's Election Day was a glorious success. Now on to the hard part.

 

Compared with any previous Iraqi election, with any reasonable expectation and with any other recent election in the Arab Middle East, Thursday's vote for a new Iraqi Parliament was an overwhelming and heartening triumph.

 triumphですよ。ドイツ語だと魔笛でも歌ってしまいますよ。

 ってあたりが日本ではあまり報道されてなさげ。

一例だけどアレ

 アレ⇒東京都公式ホームページ/構造計算書等の偽装について(アーバン武蔵小金井)

 これ賃貸向けなんですよね。

 そのあたりの比率はどうなっているのでしょう。賃貸par購入。

 って、賃貸のマンションだと本質はビジネスホテルと同じでしょ。ってことは、粛々とやってくださいよ、ではないの?

 ってか、そのあたり、マスコミとか燃える人達まるで関心ないのな。

陰謀論「黒幕はなかった」

 を書こうかなと思ってやめた。

 志多組の裏もさしてなさげ。ババつかんだえんがちょみたい。えんがちょつけた指切ったってやつ。

 っていうか、みなさん黒幕干し過ぎ。

 利権の構造はどの業界にもあるのでそれがでかいのと無知って困るよなというのと、たまに世の中すごい設計士みたいのがいてその人は善意で有能でも普通はそうじゃないから、自分が弱かった人間は弱い、というか文学で言うところの弱さが罪なのぉぉぉでもあるが、どうもいいや、俺。

イチネタ 福田康夫の配置の意味は何?

 しょっぱい?

 ⇒自民、住宅土地調査会長に福田元長官

 自民党は、耐震強度の偽装問題をめぐり、ヒューザーの小嶋社長との関係で伊藤公介・元国土庁長官が辞任した党の住宅土地調査会長の後任に、福田康夫・元官房長官を充てることを決めました。

 わからん。向いているとは思えない。ここで潰しておくということ?

 伊藤公介関連⇒耐震偽装関係企業/自公に献金1819万円/仲介・質問…問われる関係

イチホゲ 中国児童の5人に1人が鬱

 ⇒中国:20%の児童にうつ症状、過保護・過干渉など原因 - nikkeibp.jp - 医療

 おソースはめっからず。

 ふかしでしょとは思う。

 それでも、一人っ子政策のゆがみはけっこうこれから来るだろうな。やばい隣国。

毎日社説 耐震偽造事件 「弱い自分」の裏側を暴け

 なーに言ってんだろ馬鹿と思って読み始めて、再読するに、すまん。ごく普通の意見だな。

読売社説 [06予算原案]「財政再建へのささやかな一歩」

 あー、無知を晒しておきます、私の無知ね。

 だが、これで財政再建が一気に進むと考えるのは早計だ。国債の発行額は依然として巨額だ。景気回復に伴って金利が上昇すれば、利払い費が急増する構造は変わっていない。

 <無知出悪烏賊>

 リフレすると金利はあがるんでしょ。

 でも、なんたらとかあーだこーだとかの計算でそれは大丈夫ってことっていうのは知ってますが……いずれにせよ、4%近いインフレになるわけですよね。違う?

 インフレが暴走することはないというのは、なんたらとかあーだこーだとかの計算でそれは大丈夫ってことっていうのは知ってますが……そういうことを懸念しているわけでないですよ。

 庶民にしみてみると、あー庶民というのはローンをしょった人々を指しますが、4%の物価上昇で金利もあがるとやっていけるものなんでしょうか。やっていけますよね、それだけ所得が上がるんですから…って全体像だけで、実際にはどのくらいの人が落ちこぼれるのだろう。

 っていうか、究極のシバキ主義が出現?

 以上、苦難には耐えるの戦略しかねー無知の一言でした。

 </無知出悪烏賊>

追記

 コメントもろた。そうだ。インフレのときはカネを借りるが勝ちだったな。わっははっは(笑ってごまかす)。

朝日社説 小泉予算案 これで「本懐」ですか

 あーこれもめちゃくちゃな話。っていうか、私みたいな経済素人でもこんな議論はしないよ。

朝日社説 耐震偽装捜査 だましの構造に迫れ

 誰かが薪をくべているのだろうけど、朝日さん構図がわかってないから、めちゃくちゃなものを書いている。

BaatarismBaatarism 2005/12/21 10:58 <無知派損駄代>
インフレになると借金の実質負担は減るので、ローンを抱えている家庭は楽になりますよ。金利がインフレ率だけ上がっても、元本は実質的に減りますからね。
</無知派損駄代>

finalventfinalvent 2005/12/21 11:03 Baatarismさん、ども。あ、そうでした。ほんと無知やなぁです。

R30R30 2005/12/21 13:17 ほとんどの企業の賃金がインフレ率+αのレートでベースアップしていた昔なら「インフレはローン世帯の負担軽減」というのが常識だったと思いますが、今はベアありませんからねえ。インフレって言っても所得が連動して上がらなければ、あまり関係ないんじゃないでしょうか。そゆ意味ではfilalventさんの実感も外れてはいないと思います。
むしろ、変動金利で組んだローンをいつ固定金利にシフトさせるべきか、政策金利の引き上げタイミングに目を凝らしているというのが正直なところかも>庶民な自分

finalventfinalvent 2005/12/21 13:27 R30さん、ども。賃金上昇をどう見るかというのはあるでしょうね。ま、日和った言い方だと、世間の金儲けの流れに乗るならインフレは見方、でないと…というところでしょうか。実際的には、もっと働けうりゃとシバキになるのはよいこともかも…なんか自暴自棄のような…。

synonymoussynonymous 2005/12/21 14:22 ベアなしというのがそれだけで既にシバキになりつつある昨今、いかがお過ごしでしょうか。

BaatarismBaatarism 2005/12/21 14:26 所得が上がるかどうかは、結局景気次第でしょう。
スタグフレーションならばインフレが進んでも不況のため賃金を上げられないという事態になりますが、デフレ脱却(=インフレ傾向)と景気回復が同時に起こっている今のような状況では、社会全体で所得がインフレに連動しないということはないと思います。
まあ、一部のアコギな会社が賃金をケチって社員を酷使するということはあるでしょうが、それは局所的なものでしょう。景気が良ければ、そういう会社から転職することもできますし。

finalventfinalvent 2005/12/21 15:13 synonymousさん、ども。ベアがなくてもデフレだとそれなりにやってけたりするのですけどね。

finalventfinalvent 2005/12/21 15:13 Baatarismさん、ども。ええ、マクロ的にはそうだと思います。ただ、その転職あたりが実際にはシバキになるような感じはしますね。

hihi01hihi01 2005/12/21 18:39 finalventさん、こんばんは。あー、あたりまえですがお金を借りてもそれでインフレと連動するであろう資産を買わないといけないのではないでしょうか?案外現金そのものというのは、生活の安心の材料にはなってもお金を産みません。

owuowu 2005/12/21 19:08 >なんだか人工無能の風味。
とか
>1 本当に知らないでやっているなら、馬鹿。(←これは昨日)
こういうのってただのストレス発散というか何というか…。
個人HPのタイトルに『○○のひとりごと』とか『○○のつぶやき』
というのは昔からよくあった。今も変わっていないというか
ブログだの偉そうに言っても所詮オッサンのひ・と・り・ご・と。
あと「やばすぎて書けない」とかね。ブログで何を自主規制してるのかよくわかりません。
匿名だし責任など問われないんだから書きたい放題でしょ。それとも…。

finalventfinalvent 2005/12/21 19:20 hihi01さん、ども。ああ、そうですね。

finalventfinalvent 2005/12/21 19:21 owuさん、ども。はてなには実名も住所も登録してあるので問題があったら運営に問いただされるといいですよ。

arrackarrack 2005/12/21 19:52 庶民っていうか奨学金うけてる学生(特に卒業後)にはインフレ大助かりでしょう。特に無利子貸与受けている人にとっては。インフレになれば実質的に返済分が減っていくのですから。
庶民庶民っていうけど、結局あなたたちの世代の庶民っていうことでしょ、って思ったり。

finalventfinalvent 2005/12/21 20:12 arrackさん、ども。「あなたたちの世代」は私の世代ということですか。

arrackarrack 2005/12/21 20:51 いえ、「庶民」という単語を使う人々一般ですね。
一体どのなような人を想定して「庶民」と言っているのか、ということです。
ですから、finalvent様の言っているようなニュアンスもなきにしもあらず、
っていうところですね。
現にデフレ期で泣いた人(当時の若者)が今30〜35歳ですから。

arrackarrack 2005/12/21 21:02 ですから私は適度なインフレは社会の新陳代謝に必要なものである、と思うのです。

nonecononeco 2005/12/21 21:50 ブログのコメント欄は、初めて書く人は非公開になるでも、いいかも。あと、例えば、2日後などの設定すると、2度目以上の書き込みは自動公開されるかなぁ。一番いいのは、コメントを書くには、メールアドレスを入力して送信すると、そのメールアドレスに投稿用のURLに鍵(メールアドレスとその回限りの乱数パスワード)をつけたものが届き…、投稿できるようにする。

summercontrailsummercontrail 2005/12/21 23:22 finalventさんこんばんは。今週のニューズウィーク、寄稿もそうそうたるメンバーばかりでもりだくさんでしたね。まだざっとしか全体目を通していないのですが、一つ、名前の後の(ヨルダン国王)という筆者の肩書にナヌ!?と思って読み返してみたら平易で共感できる内容でした(でも私の理解できていない裏や思惑もあるかもしれない、と肩書からつい思ってしまいますが)。ああいう当たり前の内容が新鮮に響く状況なのかなと思いました。

sokutosokuto 2005/12/22 08:01 >燗酒やストックホルムを死地とする

僕は俳句のことはよく分かりませんが、この句にはおおぉぉおと思いました。

finalventfinalvent 2005/12/22 10:06 arrackさん、ども。「庶民」には私にはうだつのあがらぬ人生を終えた父のイメージがあります。無名に、むくわれず…でも一生懸命働いていた。ま、そんな感じです。世の中はしかし、人がどうできるものでもないけど、政策はなんとかできそうな幻想を持ち、それが増幅してリフレーション…となるものなのか、実感としてはピンとこないけど、なるときはやはり「庶民」はあまり関係ないような感じがします。実感と頭での理解のズレはありますね。

finalventfinalvent 2005/12/22 10:09 nonekoさん、ども。この問題、うんこめ、だけど、もとからそういうフェアな土壌ではないのだろうと思います。ただ、自分でも敗北だなと思うのは、ここのコメント欄制限したら気持ちは楽になりましたね。というか、批判は自分のブログでされればいいのにのこのこやってくるあたりというのがorzでもあるけど、それをばさっと切っていいのか、ちょっとわからないない感じがします。私が他者に「おめー馬鹿」とかほざいているのだから、「馬鹿のおめーだろ」と言われるのはしかたない。そして、そのしかたなさに、フェアを求めるべきじゃないかもしれない。うまく言えないのは、この構図のなかで、私は強者であるかもしれないなと思うのです。ダビデが礫を投げるのを私は受けるべきかも、と。ま、自身をゴリアテだと思っているわけでもなく、こんな日記、みなさんが読む必要はないですし。

finalventfinalvent 2005/12/22 10:11 summercontrailさん、ども。ブレアも書いてますね。そしてそれがそうクリシェでもない。ビルゲイツはなんか支離滅裂な印象を受けたけど。

finalventfinalvent 2005/12/22 10:11 sokutoさん、ども。かえって句を損じるのですが、デカルトと女王のことを思って熱燗をです。

guldeenguldeen 2005/12/22 11:34 アマゾンでの評論って、好評・不評あい半ばするもの(「電車男」DVD劇場版/「嫌韓流」)はまだしも、完全に「バカ本」扱いされているもの(例:「日本人に伝えたい!」チョン・モンジュン著←W杯サッカー韓国側のトップ)のレビューの内容は、けっこう的確ですしねー。

finalventfinalvent 2005/12/22 23:09 guldeenさん、ども。評者のランクもだいたいわかるみたいですね。

2005-12-20

高校一年生のとき自由研究シベリアを調べた

 友だち三人で。

 ちょうどそのころ、後楽園でシベリア展というのがあったので、三人で行った。

 昨日のことのようにも思うが、30年も前か。

 「シベリアは石油の上に浮いている」というキャッチがあった(と記憶している)。

 そのことはずっと人生に奇妙な影を落としてきた。

 ソ連時代のシベリア上空を飛びながら、下を見ないでくださいというアナウンスをごまかして、ときたま、シベリアを眺めた。いつまでもつづく大地があった。

 ネットをみたら面白い話があった。

 ⇒銀の森のゴブリン: あの頃名画座があった(改訂版)

◆74年

 年が明けて74年になると、ようやく他の映画館にも行きはじめた。

2月15日に後楽園シネマで「バイカルの夜明け」を見た。当時後楽園で大シベリア博覧会が開かれており、それにあわせて大シベリア博記念特別番組と銘打ち、「ソビエト名作映画月間」として23本のソ連映画が上映されたのである。今では珍しくはないが、その頃はソ連映画を見る機会は極めて少なく、これだけ大規模にソ連映画を上映するのはおそらく画期的なことだったと思われる。

 そうそうそれそれ。74年かぁ。

 ⇒りす村blog館: 大黒屋光太夫

 小学生の時に、確か後楽園かどこかで「大シベリア博」っていうのをやっていた。父親と見に行って、壮大な草原やバイカル湖の景色とかに子供ながら魅せられて帰ってきた記憶がある。そういう風に記憶が残っているということは、パンフレットも買ってもらって飽きずに眺めていたのかも。

 そんな訳で、アッシにはシベリア憧れの気があるのは確か。それでも、この小説を読むと、極寒の世界の厳しさに恐れをいだく。寒さだけではない。真夏の蚊の猛威も恐ろしげだよ。

 そうそう。パンフも買った。

 ⇒民間外交 - 創価wiki

鈴木●分かりました。直接の発端は、初訪ソの前年である1973年の12月7日のことです。

 池田先生は、ソ連科学アカデミー会員のナロチニツキー氏、準会員のキム氏を創価大学に迎えて会談されました。

江藤●ちょうど、その月から、東京の後楽園技場(当時〉で「大シベリア展」が闘催されたんです。シベリアで発掘されたマンモスの完全骨格と剥製(はくせい)が、ソ連国外で初めて公開されるという展示会でした。

杉山●そうでしたね。私は小学生でしたが(笑い)、マスコミでも大変、話題になったのを覚えています。

江藤● 主催は、大シベリア博委員会と毎日新聞社でした。展示の成功のために、池田先生のリーダーシップにより、創価学会としても協力した。

 そのことが機縁となって、先生とナロチニツキー氏、キム氏の会談になったんです。

 ふーん。

 ⇒冷凍マンモスマンの巻 | HUSTLE HEYBAN

ヤドカリ四等兵 2005.08.15 23:18

ちょっとマジメな話なのですが…

この冷凍マンモスって初物って触れ込みですよね。

でも70年代前半、後楽園球場特設会場で旧ソ連全面後援で大シベリア博ってイベントがあって、

そこで凍土より発見された冷凍マンモス完全体が公開されたような記憶が…。

どなたか覚えてません?

 冷凍じゃなかったと思うよ。

イラク戦争のこと

 カワセミさんの⇒カワセミの世界情勢ブログ: ブッシュ大統領のイラク政策に関するテレビ演説

私はブッシュ大統領のイラク政策にほぼ賛同する立場だ。正確にいうと当初からではなく、イラク戦争開始時は6割の賛成だった。現実の厳しさに、クリントン大統領時のソマリアみたいに放り出すのではないかと思ったからだ。しかし、その後の対応を見ると、虐待事件や治安維持の問題などがあったが、一貫して最後まで推進するという姿勢は明確になっている。それでほぼ100%の支持をするようになった。もちろん私はアメリカ人ではないし、その政策を受け入れるかは結局はアメリカ人の判断によるものだ。無責任な部外者の見解でしかない。

 私はどうだったか。

 私は開戦に賛成していたわけではなかったし、反対もしていなかったと思う。この問題についてかつてブログなり日記で書いたことがあっただろうかとこのごろ思い出す。あるいは賛成だとか書いていただろうか。思想的には賛成に近い面はある。どちらかといえば賛成だとしていたとも思う。

 過去を忘れているのかもしれないが、あの頃問われていたのは、日本はどうするべきかということだった。その意味で、日本は明示的には参戦していなかった。以降の派兵(派遣)についてはどちらかといえば賛成だったというか、選択の余地など日本にはなかろうという立場だったと思う。

 その後の占領の不備については苦々しく思った。なんて米国はドジなことやってやがるのかと。

 しかし、なんというかこの問題は非常に錯綜しているのかもしれないとも思うようになった。日本ではあまり関心を持たれないが、対シリアの米政策の関連である。

 いろいろ言えば言えることがある。が、ブログで言いたくはないなというのが最近の心情でもある。

 なので、カワセミさんがストレートで、しかも、くっきりと述べられるとまず敬意のような思いはわく。

 ただ、私の意見はというとやはりそう単純なものでもない。

 少し話がずれるが、石油高騰とそれに続くロシアの台頭はある意味で予想外だった。これがイラク戦争後の波及なのではないかと思うのだが、そういうビジョンについて見たことはない。さらに余談だが、中韓についてはかなりどうでもいいように思うようになってきた。もちろん、中国がどうでもいいわけはないのだが。

まぁしかし、勝手にやっとくれということか

 ブログをあざとく大衆扇動に使うようになったかとむかっ腹をたてたが、考えてみれば、米国の動向に日本も少し遅れますたぁという以上の意味はないか。

 ということで、関係各位、勝手にやってとくれということか。

 国交省の暗部をこれで暴き出しておくのも小泉改革って線があったらワロス

 しかし、そこまでいくか。

 きっこ+ミンス+工作員各位は政局に持ち込みたいのだろうが、まったく、五月蠅いことするよだが、元気でよろしいということか。しかし、政局がターゲットだからイーホームズの話は終了?

2ch情報のタイムライン解明メモ 切隊さんとのコメより 

 ⇒切込隊長BLOG(ブログ) - イーホームズ藤田氏が「きっこのブログ」に情報を寄せた件

14.名無しさん(2005-12-19T18:20:47+09:00)

>>12

時間軸で見ると、内河とか朝倉とかの名前は報道や参考人招致より、きっこのブログに登場したのが早いので、他のは知らんが今回のはまともな情報だと思う。

 

15.名無しさん(2005-12-19T18:22:26+09:00)

「きっこ」情報はかなり信用できる。

 

16.名無しさん(2005-12-19T18:22:57+09:00)

>>14

その意味では、2ちゃんの建設板の方が

早かったけどな。

 

31.名無しさん(2005-12-19T22:38:17+09:00)

>>14

ttp://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/11/post_a92c.html

きっこのブログで内河が出てくるのは24日。

ttp://www.dqnplus.org/~shibu/diary/?date=20051202

ぼくらのDQN先生んとこにはられてる2chのレスによれば総研が黒幕として確定するのは23日(つまりもっと早い段階で疑われてた)

ttp://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20050622#p1

そしてきっこは過去に愛・蔵太に「他人のネタを貼りつけているだけの盗っ人ブログ」として批判されてる。

そういう電波にバカが釣られたという話でしょ。

 

33.名無しさん(2005-12-19T23:35:39+09:00)

>>31

一応言っておくと、姉さんは11月23日には日記に書いてるよ。

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20051123

 

36.名無しさん(2005-12-20T00:35:34+09:00)

2chの建設板には22日にスレが立った。

その日のうちに総研のインチキ工法のネタばらしがされた。

マスコミが追いついたのはずっと後。

 補足⇒総○経○研★所ってどうだろう

1 :(仮称)名無し邸新築工事 :2005/11/22(火) 18:39:13 ID:fn0hvpDw

大体総○経○研★所が鉄筋量を落とせって言うんだから、木○建設もつかまるだろう。悪の根源はやはり総○経○研★所だろう。どうよ!

ここはコンサルではなく、金稼ぎのフランチャイズなんだからまともな会社ではないよね!?

追記

 コメントもろた。というわけで、さらにこのネタの発生は11/20日まで訴求可能。

 ⇒http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20051220#c1135040748

 ああつまり言うまでもないけど、きっこネタはべつにリーディングでもなんでもねーのよ。

イチネタ(でしょ) おめーらグルでふかしやがってんじゃねーのか?

 ⇒きっこのブログ: 1年ぶりのテポドン大作戦

それは、今回の事件が発覚したもっとも早い時期から、ずっと連絡を取り合って来た民主党の馬淵澄夫議員の事務所だ。

 ⇒No.210 前人未到の荒野 まぶちすみお〜携帯写真日記 05/12/20 1:51

 今回の耐震偽装問題で、証人喚問によって大ブレイクとなった国会の現場。

 そして、振り返るとこれはインターネットにおける匿名情報などによって情報が先出しされ、並行して国会審議が事実を公にし、そしてそれを既存のメディアが後追いするというかつてない展開を見せてきたと言える。

 それは、あたかも「予告編つきの生中継」のような臨場感あふれる展開となって、PC(パソコン)の置いてある「書斎」(勉強部屋?)からテレビのある「お茶の間」に情報が流れるという新たな「ドラマ」として受け止められたと言ってよいのではないか。

 まったくの偶然である。

 ネットやブログとの連動で簡単に資料収集や質疑の構成が行えるわけではない。それぞれが偶然、連動しているかのような展開を見せたとしか言いようがない。

 確かに、驚くばかりの内部情報の網羅がなされるネット上のブログ。

 しかし、一方国会の現場は具体的な事実に基づいてでないと、公文書として保存される議事録に刻む発言は残せない。この、本来なら大きな溝があってもおかしくない、ブログと国会を奇しくもこの問題は結び付けてしまった。

 しかも、既存メディアを一歩も二歩も置き去りにして...。

 その意味で、メディア史においても画期的なことかもしれない。

 そして「ネット時代の発信者」という意味においては、新たな大衆をリードする「メディア」と「政治家」がクロスオーバーする瞬間を大衆に予感させたのである。

 自民党による証人喚問拒否をどう突き崩すか!?。

この新たな命題に向かって、徹底的にメディアを使ってのアピールを展開してきたこの二日間なのだが、いよいよ新たなチャレンジを試みた。

 ブログとのコラボレート(協働)である。

 多くのメールやファックスや電話でもお知らせいただいていた、ネット上のブログ、「きっこの日記」の作者との共同作業を思い立ったのである。

 国会質疑の中で、激励いただいた方々からの情報によって知ったこのブログの作者がどのような方かはまったく存じ上げない。しかし、新たな大衆の声として、大きな支持を得ていることだけは事実である(読め!との連絡ひっきりなし!)。

 全国会議員への、証人喚問の是非を問う緊急アンケートの実施要望!。「理事会が決めた」、「委員会が決めた」とは言わせない、「あなたは、どう思...

 「このブログの作者がどのような方かはまったく存じ上げない。」と宣うあたりで、おめー国会議員失格だよ。

  1 本当に知らないでやっているなら、馬鹿。

  2 裏を自分で探らないなら、馬鹿。

  3 やるならてめーのブログで勝手にやってくれ。

  4 おめーらグルなら、馬鹿、じゃすまねーぞ。

毎日社説 診療報酬 配分にメリハリをつけよ

 標題が朝日と同じなので、談合でもあったのかと。

毎日社説 ドーハ・ラウンド 日本も気合を入れる時だ

 その結果、農産品関税を一定の水準以下に抑える「上限関税」の設定や、「上限関税」の例外とする重要品目の制限といった、日本など食料輸入国グループ(G10)が強く反対していた項目も閣僚宣言では触れず、先送りされた。

 とはいえ、「無税無枠」が決まったほか、輸出補助金の撤廃の時期も13年とすることで妥協が成立した。工業分野でも、税率が高い品目ほど大幅に関税率を削減するスイス方式の採用が決まった。

 ま、よく書けているんでないの。

読売社説 [新ラウンド]「まだ開けない最終決着の展望」

 すべての関税を一定以下に抑える「上限関税」の導入は、米国や食料輸出国が強く主張していたが、日本など輸入国の抵抗もあって、宣言に盛り込まれなかった。だが米政府高官は、今後の交渉で主要な争点とすることを示唆している。

 この点は米国が正しいと思う。あまりこの問題は見かけなくなりつつあるし、ネットだと反米だけが声高。

朝日社説 診療報酬 配分にメリハリを

 診療そのものに対する報酬である本体部分が1・36%、薬や医療材料など薬価部分が1・8%の引き下げだ。これまでにない大幅な削減である。

 日本医師会は逆に3%以上の引き上げを求めていた。が、総選挙で圧勝した小泉首相が「過去最大の引き下げを」と指示し、なすすべもなく押し切られた。

 私たちは、やみくもに医療費を削ればいいとは思わない。だが、必要な医療を必要な人にという仕組みを維持するには、ムダをなくさなければいけない。

 医療機関の経営は2年前より改善しており、特に開業医は安定している。一方、高齢者を中心に患者側の自己負担は来年からまた重くなる。今回のマイナス改定は当然のことだろう。

 問題はある。でも大筋で小泉改革が正しいと朝日にも認めている人がいる。皮肉ではない。こうしてまともな新聞になってくれ。

[] クリスマス飾りがきれいに見える頃 終風

FujisawaFujisawa 2005/12/20 10:05 ども。
グルでふかすってのが、参加型ジャーナリズムの真髄ってことでしょうかね。
それから、総○スレが立つ経緯は、
【構造計算】主犯 ヒューザー【偽造】(2005/11/20(日) 00:37:33)
ですね。それらしきレスが初登場するのは、

>109 名前:(仮称)名無し邸新築工事 メール:sage 投稿日:2005/11/20(日) 22:40:19 ID:???
>木村建設で解りました!
>真の主犯が。
>
>木村建設とかって、ローコストマンション建ててのし上がってきたんだけど
>○○て言って
>建設コンサルタントが付いてるんだよ
>
>全国の地場の中堅よりも小さいくらいの会社寄せ集めて
>海外資材購入したりして
>小さい会社も集まれば大きな会社より安く資材購入できるとか
>やってて。。。
>
>ま、それは良いとして、
>そこのやり方が○○工法とか言って
>荷重とかものすごくすくなくみるんだよ

で、

>266 名前:(仮称)名無し邸新築工事 メール:age 投稿日:2005/11/21(月) 23:17:46 ID:???
>だれか総研スレ建てる??
>コストダウンと工期短縮を柱に

が直接のきっかけでした。以上、タイムラインの補完。

FujisawaFujisawa 2005/12/20 10:07 ってコメントしてみて、すごい長文ですね。
迷惑だったら削除願います。

finalventfinalvent 2005/12/20 10:09 Fujisawaさん、ども。いえいえ、資料になります。ヒューザーと木村の関係は小嶋の本でも明言しているわけで、○○工法とその派生もだいたいわかってます。ちょっと書きづらいんですが。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/20 17:03 >ブログをあざとく大衆扇動に使うようになった
仮に民主のマッチポンプとしても、煽り過ぎた挙句に飛び火で自宅が類焼っていうお約束は嫌だな(苦笑

BaatarismBaatarism 2005/12/20 17:25 それにしても、ネットほど大衆扇動に使いにくい媒体もないですねえ。
一瞬だませたと思っても、あっという間に裏の裏まで詮索されてしまうんだから。w

nami-anami-a 2005/12/20 18:29 >きっこ+ミンス+工作員各位は政局に持ち込みたいのだろうが
私から見ると、きっこは、前原民主党の足を引っ張ってるとしか思えないんだけど、でもこんな事を言うと旧左翼からネット右翼認定されそう(笑

finalventfinalvent 2005/12/20 18:46 kinginsunagoさん、ども。私はTVとかほとんど見ないのですが、この流れの騒ぎというのはなさそうな印象は受けますね。というかなぜかくも静か。

finalventfinalvent 2005/12/20 18:47 Baatarismさん、ども。今回の件、2chとかあるいは多数のブログとかあまり見てないのだけど、なんか割れている印象はありますね。というわけで、そう煽られるわけでもないのかな、というか、ネットも成長してきたということかも。

finalventfinalvent 2005/12/20 18:50 nami-aさん、ども。考えようによっては前原はよくやっているのかもしれないけど、大変そう。大連立とかいっても実際には一本釣りとかになるだろうし疑心暗鬼でしょうね。

sakazuusakazuu 2005/12/20 22:11 はじめまして。当時finalventさんがブログではなく書かれていたものを見ると、「イラク戦争に反対していたわけではない。思想的には賛成に近い面はある」という、その通りの様子がうかがえましたね。

finalventfinalvent 2005/12/20 22:52 sakazuuさん、こんにちは。ええ、ネオコン=実は特殊な左翼に共感している面はありました。割り切れなさは歴史というものの感触でしょうか。

2005-12-19

ココログ、だめかも

 ⇒ブログ(blog)サービス「ココログ」:ココフラッシュ

 どうしてこんなものを作ってしまったのだろう。

ふーんというか無難なまとめ

 ⇒ARTIFACT ―人工事実― | 「きっこの日記」がイーホームズで取り上げられる

 まあ、あまりこの問題に関心はないのでしょう。別に批判とか批難ではなく。

 話は少し変わるが、案外、きっこのブログイーホームズを出したのは、早とちりか。

 単純に言えば、きっこのブログはただの旧左翼でしょ。小泉バッシングで飯島あたりを叩きたい。まぁ、叩くなとか思わないので勝手にやってくれ。

 だが、これまでの経緯だとそういう流れがうまくついているわけではないように見える。印象だが、反小泉というオチに三題噺をつなげるべく空気を醸しているだけのように見える。

 で、その醸しの方向は内河からそしてというスジだったが、ここでイーホームズのいう、はめやがった、のスジとはうまく噛み合ってないように思う。

 なのに、イーホームズを取り上げたわけだが、次の手があるのかが、興味津々。

 イーホームズの、はめやがったな、の、アトラス設計渡辺の裏へスジがのばせるかどうか。

 そのスジが見えなければ、きっこのブログはただのbugusだろう。

 ま、お手並み拝見。

イーホームズ関連メモ

 読売新聞より。

耐震強度偽装 姉歯建築士一問一答 「コスト削減、圧力感じた」(2005.11.18)

――構造計算書の偽造を始めたのはいつか。

 「(民間の指定確認検査機関の)イーホームズに確認検査をしてもらうようになった2003年ごろ。イーホームズは検算すれば簡単に見抜ける偽造も見逃していたので、チェックが甘いと思った。イーホームズ以外の会社はチェックが厳しく数字は変えていない」

強度偽装 国交省がイーホームズに立ち入り 構造計算の違法審査、常態化の疑い(2005.11.24)

 建築基準法の省令では、「認定書」がある場合には、計算書類の検算を省略できるが、イーホームズは、「『利用許可書』で実質的には(認定書に)事足りる」などと独自に解釈し、認定書がないのに勝手に検算を省略していた。

 構造計算書の審査にかかわった同社の確認検査員全員が同様の判断をしており、同省では違法な手順が社内で常態化していた疑いがあるとみている。

耐震強度偽装 イーホームズ検査の9割、手順無視 行政OBが見逃す(2005.11.26)

 同社の構造計算担当の検査員や補助員など計6人は同省の事情聴取に対し、当初は「すべての計算過程をチェックしている」と説明していた。しかし、その後の個別の聞き取りには、いずれも「実はほとんど見ていない。1級建築士が公認プログラムを使って構造計算しているのだから、問題があるとは思わなかった」と回答。イーホームズが偽造を見逃した26棟のうち20棟は、自治体で建築主事を務めた行政OB10人が建築確認を担当していたが、偽造やミスに対するチェック機能がほとんど働いていなかった。

 同社は昨年度、構造計算が必要な建物の建築確認を約2000件行ったが、構造計算に詳しい確認検査員は本社に1人、全社でも2人しかいなかった。デザインなどを担当する検査員を合わせてもわずか22人。同省では、「正確な審査を行うには少なすぎる」としている。

 一方、同社では社内マニュアルで建築確認の手法を定めているが、一連の問題が発覚する12日前の今月5日付で、公認プログラムであることを示す「認定書」の添付の有無や、計算書の左上に印字される英数字8ケタの「認定番号」などを確認するよう定めるマニュアルを追加していたことも判明した。

強度偽装 建築確認見直し 構造計算を厳格点検、立ち入りも強化/国交省方針(2005.11.27)

 さらに、民間検査機関の確認検査員の必要数は、現行の建築基準法では、検査対象の建物の規模や数に応じて決まっているが、これに加えて、構造計算やデザインなどの業務内容別にも必要数を定める方針。イーホームズには確認検査員が計22人いるが、構造計算の担当は2人しかおらず、処理能力を超えていた可能性が指摘されていたためだ。

おまけ

 ⇒ろうきん/第106回 あなたのマンションは大丈夫?

 国がお墨付きを与えている民間の検査機関は、法人や財団法人、社団法人を合わせて122機関あります。イーホームズも、この中の一社。会社の業績を見ると、2002年にわずか3000万円だった売上げが、姉歯物件を扱い始めた2003年には1億4000万円になり、2004年には6億円、2005年には11億6000万円と、驚異的に売上げを伸ばしています。

 構造検査の担当は2名いたそうですが、通常は4〜5日かかるチェックを、1人1日4件前後こなしていたということですから、驚きます。

 この儲けのグラフはNHKあすを読むでもあったが、異様な感じではあった。

 ⇒イーホームズ社長、自民都議に400万円献金 (朝日新聞) - goo ニュース

 建築確認の審査で耐震強度偽装を見逃していた民間検査機関イーホームズ(東京都)の藤田東吾社長が、04年までの3年間に自民党都議に少なくとも401万円を献金していた。この都議は、偽装問題の渦中にあるマンション建築主ヒューザー(同)の小嶋進社長が国土交通省に公的資金の援助を求めた際に同席していた同党衆院議員の伊藤公介元国土庁長官の元秘書。

 S学会の線も案外違うのかもね。

若いときには年寄り相手で苦労をするもんだよなって…

 ちがうか。

 ⇒切込隊長BLOG(ブログ) - ”放送と通信の融合”じゃなくて”放送業界が通信技術を利用”だってばよ

 一部では常識化されている部分でもあるが。

 セルラーにおいてなぜ検索エンジンが重視されるのかと言うと、個体情報から検索内容を結びつけて広告効果を上げることができる一点にある。要するに、なぜ検索するのかという消費者の動機を一番早く察知できるのが検索サービスであるという当たり前の理屈なのだが、どういう理由かこの検索サービスで「無料で定着したらいずれ有料にしてパーソナルメディアにする」とかいうトンチキなことを言うアホが量産される結果になる。

 Google様のパーソナライズなんかケツの毛まで数えるものな。

高感度を謳えば謳うほど、ユーザーにとってのノイズが大きくなり、それであれば属人的な情報をかき集めたほうが良いだろうという話になる。

 これは変わらないだろうな。

 知識というのは、切り出して、ほいっていうものではなく、Art(技芸)を要求する面があり、技芸は関係を前提にしてしまう。

 モラルと権威について言うならば、モラルは技術者や建設業者だけのものではなく、権威はネット時代の法理で語りつくせるものでもない。地震になれば倒れるようなビルは建てないのとほぼ同義に、不況になればひっくり返る仕事は上場というEXITに相応しくないという、ビジネスマン側の哲学の不在に課題がある。この手の初芝力の欠如自体が対策されず、ただ新技術を武器にした市場主義の蔓延で右へ倣えする構造がおかしい。

 まぁ概ねそうなんだけど。Googleとかはてなとか度肝を抜くよな。技術じゃなくて、ボーナスの出し方とか。

 マイクロチップが出たとき、DOSが出たとき、ネットが商用化されたとき、HTTPプロトコルが使われだしたとき、YahooとGoogleが出たとき、ああ、世界は変わるなと想った。傍観者の私は見ているだけだが、そういうことで言えば、今そのあたりで変わろうとしているのだろうが、なんというか、世界史のもっと大きな動きというものはあるな。

 第二次大戦は悲惨なというかとんでもない戦争だったが、西洋の知の流れから見れば、第一次大戦はもう決定的なものだった。知が到達できないところに世界史っていうのは神のように動く。

R30さん、偉いよ、見直したよって褒め言葉に聞こえないだろうけどさ

 ⇒[R30]: メディアについて何となくいろいろ

 ちなみにきっこ氏の匂わせるに、ブログ上での一連のリークの裏には自民党から口封じの圧力を受けた記者連中がいるって言うらしいんだけど、加野瀬氏のそれが本当かどうか分からないが、こういうかたちで個人ブログがリークの回路に使われるのってどうよ、という気がする。

 てか、きっこ氏の言うことがもし本当だとしたら、これってメディア自殺行為だよ?ときの政権の圧力で記事に書けないようなことを、芸能界のおしゃべりヘアメークごときにばらしてどうするっつーの。本当だったらその記者が文春や新潮に原稿を持ち込むことも知らない相当なお人好しの間抜け記者か、それともその新聞の社会部デスクの目が特ダネに目をつぶってでも政治部のプレッシャーを受け入れるヘタレどあほうか、どっちかですよ。てゆーか、どっちも普通あり得ないってば。

 ただ、この運動ももう引き返せないのだろう。

 今回の問題では、かなりヒドゥンな話はある。私のほうにも入ってくるけど書けないよとかとてもじゃないけど書けない。洒落はさておき、あるスレショルドを越えれば、あちこちであふれ出すだろう。

 まあ、沈黙をしいている恐怖というものはある。それがブログとかに溢れ出ることもあるし、2chとかにもすでにちらほらあふれてはいる。ただ、情報を持っているのは、かなりまともな社会人達であり、恐怖の意味をよく知っている。

 そういう意味では、つまり、引き返せないのだなという点では、そういう方向に進むのだ。

 とはいえ、こういう、メディアが書くネタを巧妙にパクって、あたかも自分のネタのようにして世の中を煽り立てるブログの存在感が高まってる(イーホームズという、渦中の人間でさえもそれに釣られてしまう)ということは、とりも直さずマスメディアの議題設定能力を、ブログを初めとするネット陣営が着々と奪い取りつつあるということを示しているように思う。

 切隊さんなどは、今思えば、よく意図していたものだなと思う(それだけの腹も据わっていたし)。そういう意味でいえば、ブログは本当に終わっているだろうし、ブログとはそういうものではないとリビルドしていかなくては、な。

 地味にな。

イチネタ ったく話をややこしくしてくれるよなではあるがネタはネタ

 ⇒イーホームズ株式会社 偽装事件について多く寄せられるご質問への回答(事件の原因、偽造の実態、有効な再発防止対策、事件解明に資する情報提供、自己責任等)

結論として、偽造を行う人がいなく、偽造されるシステムがなく、たとえ偽造されても発見した者が公表を行えば、この偽装事件は生じず、これほどまでに拡大することはなかったのです。

 ホゲ風味。

民間の確認検査機関には、民間で設計業務や施工業務に精通した技術者が存在しますから、行政出身の経験と知識に加えてより高度な審査/評価が可能となります。一例が、性能評価やデューデリジェンス等の業務であり、これらの評価業務は特定行政庁では行えません。

 だったら…とちょっと思うが…。

 ⇒きっこのブログ: イーホームズ社長からのメール

藤田様が挙げられた例のように、日本ERIは国交省とベッタリと癒着しており、これ以上捜査が進むと、2年前の今宿ダイアパレス事件などについてもすべてが明らかになり、自民党の議員や国交省の官僚からも逮捕者が出るような事態にもなりかねません。そのために自民党は、必死になって問題を収縮させようとしているのです。

 さて、と。

 この構図に流れ込むのか。オリジナルの構図と違うようにも思うが。さて、と。

ようするに、自民党と国交省が、建築士では姉歯氏だけを、建設会社では木村建設だけを、建築主ではヒューザーだけを、検査機関ではイーホームズだけを悪者に仕立て上げ、これ以上問題が拡大しないように、自分たちに火の粉がふりかからないようにしているのです。そして、今回、自民党と国交省が絶対に守りたかった総研、内河が出て来てしまったため、今、大慌てで問題を縮小しようとしているのです。

 まぁ、そのあたりははっきりさせておいてもいいのだろうとは思う。

 ブログとしては、イーホームズという会社が、ブログでの意見開陳をどう考えているのだろう、ま、軽率なという印象は持つ。つまり、そんなこと自社ページで言えよ、と。

 が、そうではない。そうではない意図もあるのでしょう。

 そのあたりブログのややこしい問題もあるな。

 そいと。

 基本的に今回の耐震強度偽装問題だが、何が問題か。これが、ビジネスホテルに局限されているなら、実はそれほど社会問題ではない。実際現状の政府・地方の対応も、そういうことがあったら、そうするという以上ではない。つまり、補償とかの問題もない。制度上の問題はもちろんあるだろうし、背景のどろどろも問題ではあるだろうが、庶民が関わる社会問題ではない。短絡すれば、ビジネスホテル、選べよ、で終わる。(政府の責任はもちろんあるが。)

 だから、問題は、これが庶民様のマンションで起きたということ。そこが問題で、そこでイレギュラーぼこぼこになっているのはなぜか。もちろん、政府は国民の生命を守らないといけないので、今回の粗方の対処はそれほどまずいしろものではない。が、ある意味で、そこまでのことでもある。阪神大震災でも中越地震でもそう保護されたわけでもなく、それどころかの情況だった。まあ、この手の話はあまり言及するものでもない。ただ、一つ言えば、地域社会が形成される一定規模以上マンションでは起こりえない、というか、地域社会に組み込まれたマンションなり、管理組合が地域を形成するところでは起こりえない。「起こりえない」ってこたぁないだろゴルァみたいなツッコミもありそうだが、地域社会というのは強い。

 ま、そのあたりのバランスの問題でもある。3万人が自殺している日本社会のバランスが見えなくなりつつある象徴かもしれない。

日経社説 WTO、決裂は回避したが

 社説として悪くない。

 ところで韓国農民の大騒ぎは日本で報道された?

毎日社説 視点・イラク戦争 スキャンダル次々米政権

 ばかだなぁと思うがこんなもんすかね。

読売社説 [台湾情勢]「野党台頭で進む政局の流動化」

 そういう配慮も必要か。台湾人は強靱なものだと思うが。

朝日社説 美術・博物館 民の知恵どこまで

 海外ケースに触れないのはなぜ? 社内に知っている人もいるだろうに。

朝日社説 金融政策 鬼も笑う「解除」論争

 来春のことを、半年も前から大騒ぎしていることが異常である。政府と日銀とが露骨に対立し、日銀が引っ込みがつかなくなって利上げした00年の失敗を繰り返してはならない。

 いや、これはグリーンスパン・メソッドなんですよ。そんだけ。

[] 悲しみが透き通るような冬の空 終風

kinginsunagokinginsunago 2005/12/19 11:23 毎日の論説諸氏も浪花節と言うか感情論が先に出ちゃうのが玉に瑕。それさえなければそんなに悪くないのに(苦笑
中東と言えば、イスラエルのシャロンが入院したらしいですね軽い脳梗塞らしいですが…

BaatarismBaatarism 2005/12/19 12:51 日経のコラム「春秋」でイエロー教授の話題が取り上げられましたが、最後の1行がホゲですね。せめてこの話に関する朝鮮日報の記事くらい見てから書くべきかと。w

nonecononeco 2005/12/19 16:40 陰あるところに光ありと教わったなぞもし。光、プリーズ! 闇、フリーズ!

curefucurefu 2005/12/19 16:58 きっこなんかに釣られるイーホームズ藤田氏の精神状態が危ぶまれます。というか2ちゃんねらがネットに「隠された真実」を求めてきて、その延長線上で発見した、実名は角が立つので伏せるけど某氏とか某氏とかのような法螺吹きによる「謎の事情通による隠された事実」をなんの咀嚼もしないまま真に受けるというのは、まとめサイトの恐怖で語られているようなリテラシーの根本的欠如というかタダのお馬鹿さんですねという話で片付けられるところなんだろうけど、渦中の当事者が周辺状況を知りうる立場であるにもかかわらず、ここまであっさり釣られてしまうってどうよ?と。

finalventfinalvent 2005/12/19 17:14 kinginsunagoさん、ども。シャロンはとりあえず復帰のようですが、爺一人で大丈夫かみたいな感じはしますね。大人物ですよ、いずれにせよ、批判はあるにせよ。

finalventfinalvent 2005/12/19 17:14 Baatarismさん、ども。ええなんか問題を取り違えている感じはしますね。というわけで、あっちに少し書きました。

finalventfinalvent 2005/12/19 17:15 nonekoさん、ども。光と影は普通にあるのですよ。ないわけないんですよ。

finalventfinalvent 2005/12/19 17:18 curefuさん、ども。追いつめられていたのはそうでしょうし、それにしても、唖然とする出来事です(メール公開のこと)。きっこ氏には裏がありそうな感じがします。ただ、どうこうしても旧建設省住宅局がいったん膿出しはしたほうがいいかもしれません。そのあたり私なんかは政局として割り切れないところです。

ApploodApplood 2005/12/19 17:24 イエロー教授の件ですが、もはや欧米は完全に全てを疑ってかかってる感じですね。
国家的関与があったとしたら、以前の核開発疑惑と絡み、相当な事態に進展するでしょう。
これって逆に考えると、歴史認識問題、日本海呼称問題、領土問題ともに一気に日本側に流れをつくれるチャンスな気がします。ちなみに僕はこういう考え方を不謹慎とは全く思いません。

finalventfinalvent 2005/12/19 19:30 Apploodさん、ども。欧米において科学というのは実は神学みたな神聖さでしょう。また、問題がよりよってES細胞ですし。

nami-anami-a 2005/12/19 19:54 >ただ、一つ言えば、地域社会が形成される一定規模以上マンションでは起こりえない、というか、地域社会に組み込まれたマンションなり、管理組合が地域を形成するところでは起こりえない。
確かに、良質な地域社会が形成されているところでは、あんな(って失礼だけど)マンションは、地域住民が建てさせないと思います。周辺環境も含めてのマンションの資産価値というのをみんな考えてますからね。
昨日の日曜討論で、今回の政府・与党(というより公明党かも)の対応について、世論調査の結果(税金投入をどう思うか)を発表してたんですが、かなり厳しい世論になってましたね。しかも野党の社民党や共産党が「やりすぎ」と非難してたし、しかし公明党にとっては、やらなくて非難されるより、やりすぎで非難された方がマシだと思ったんじゃないでしょうか(笑

finalventfinalvent 2005/12/19 20:03 nami-aさん、ども。私もその世論調査を見て、世間というものはあるなと思いましたよ。公明党にまったくブレーンがないわけでないでしょうが…。

nami-anami-a 2005/12/19 23:30 読売新聞の記事の中のこの部分
>イーホームズが偽造を見逃した26棟のうち20棟は、自治体で建築主事を務めた行政OB10人が建築確認を担当していたが、偽造やミスに対するチェック機能がほとんど働いていなかった。
行政職員の天下り先になってて、チェックの甘い検査機関だというのは、業界内では有名だったんじゃないのかなー、あと、裏金作りの温床になってるとか、
そんな話は、行政の仕事をしてたら公然の秘密ですからね(笑

finalventfinalvent 2005/12/20 09:01 nami-aさん、ども。公然の秘密というのはそんなものでそれなりの社会システムですよ。しかし…という展開が。

nami-anami-a 2005/12/20 13:17 >それなりの社会システムですよ
それなりの社会システムとして機能するためには、モラルが必要だけど、モラルが崩れちゃってるんだから(経営者・検査機関・建築士・行政のモラル)いまや、業界の常識は、世間の非常識になっちゃってるという事じゃないかな。

giraudgiraud 2005/12/21 02:29 黄教授の件で改めて思うのですが、今の韓国(韓国人ではなく)には、
”We all stand on the shoulders of giant.”
の概念が希薄なのでしょう。
故に、今後ノーベル賞をもらうとすれば、海外在住の韓国系研究者ということになる筈です。

finalventfinalvent 2005/12/21 10:55 giraudさん、ども。この問題、韓国人というより今の韓国政府の問題かなと思うようになりました。

2005-12-18

宇多田新曲

 ⇒Utada Hikaru

 買うた。よさげ。

 でもiPodの音orz

 ⇒宇多田「音楽は休みたい」ラジオで「弱音」吐く

 そうかも。

これにはどういう裏があるのだろう?

 これ⇒夏川潤香 - Google 検索

 私は基本的にネットでは変な人はけっこう許容です。R.D.レインのひそみというか。

 ただ、毎回のコメIPが違うのは、変な人ではなく、なんか裏があるのでしょ?

これがホントなら問題はまったく次元が違うな

 これ⇒韓国政府、今年1月にES細胞汚染報告受けていた

 よくわからんが。

今更というかボケボケというか非モテ議論というのは

 フェミニズムの陰画なのな。

 つまり、議論の骨組みというか構造計算はフェミニズムなわけな。

 もちろん、フェミニズムというのは実際にはカルトみたいなものというか、多様な教義があるわけで、非モテもそうなるだろうけど云々。というか、そういう多様性は結果としてはフェイクだろというか、大衆を組み入れない思想というのはそんなもので終了。

 で、なぜフェミニズムの陰画として非モテが露出してきたのかという大衆構造の力学がきっと問題なのだろう。

 とか、言ってみる。

アルファブックマーカーというかアルファークリッパーというか

 というかはさておき。

 そういうブックマーカーというのは、どう評価されるか。

   1 人気になるネタを最初に拾ってくる

   2 価値のあるネタを拾ってくる

   3 多数の支持者(パクリッパーか?)がいる

 さて?

 と問題提起以前に、1と3は処理しやすいのだよね。ほいで、2は実際にはタメ。

 じゃ、投票でとなると、3に等しい。

 ところででもないが、1というのは、あれです、ネタになりそうなところはだいたい決まっているので、はてなQと同じで早押し大会ではある。

 というか、早押しの係数は下げるべき。

 あと、非モテとかネタの連鎖というか、ブログが話題とかぶくまが話題とかいう不毛系も下げるべき。

 それと、Google Rank的だけど、パクリッパーの勢力はRankとして含めていいだろう。

 ってなあたりで、モデル化できると思うが、そんなモデルを作ってなんか意味があるか?

日経春秋

 まあ、よいよ⇒春秋(12/18)

ロシアがいるのに米国がいないのも妙だが、全体構図を東アジアでの日本と中国の覇権争いと見て、日本の孤立を心配する人もいる。が、猪口孝中大教授が東アジアの11カ国で実施した世論調査アジアバロメーター2004年版によると各国は中国や米国よりも実は日本から「良い影響」を受けたと考えている。

日経社説 国、地方、企業こぞって子育て支援を

国はもちろん自治体や企業などすべてのセクターによる補完・協力も欠かせない。

 どうしてこんな章を書くのだろう。それじゃオピニオンじゃないよ、イロハのイがこけている。

毎日社説 民主党大会 揺さぶりの次が大事だ

 この社説はどうでもいいのだが、民主党がかつて見せたある種のイリュージョンというか、落選した議員達はどのように政治プロセスに加わっていくのだろう。

 つまり、今の民主党の議論は既存権益の延長でしかないけど、国民はそんなのに関心もっていない。

毎日社説 北朝鮮非難決議 国連巻き込み拉致調査を

日本では約30〜40年前に在日朝鮮人と日本人配偶者の計約9万3000人が北朝鮮に渡った。彼らの中の多くが政治犯として処刑されたり、収容所に送られたりした。政府はそうした人権侵害にも目を向けるべきだ。脱北し日本に戻った人はすでに約100人にのぼるが、政府は事情を聴くこともなく放置したままだ。

 この件、毎日新聞は無罪なのか?

読売社説 [前原民主党]「“抵抗勢力”との戦いはこれからだ」

 民主党の”抵抗勢力”を切るというのはどういう意味なのだろう? わかんね。つまり、そこまでして民主党の意味って何?というのが問われるわけで、そうなると、スジとしては小沢?

朝日社説 民主党 ここはしっかり論争を

 朝日新聞はなにを望んでいるのだろう。ここで前原を潰す? で? それとも前原を懐柔? で?

[] 寒き朝何故「私」がここに居る 終風

ApploodApplood 2005/12/18 11:07 イエロー教授の今回の捏造事件、どうも国策が絡んでるような・・・
いやはやです。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/18 11:30 諸悪の根源は全部「純ちゃん」と「いっちゃん」の所為。これから解脱しないと無理でしょ(苦笑
前原もここが踏ん張り所だと思うが、良い参謀に恵まれていなさげ…

nami-anami-a 2005/12/18 13:36 弁当さん、おめでとう!ついに、はてなの頂点に建ったね、はてな頂上作戦は終わった(笑

http://d.hatena.ne.jp/siken/20041015#1097822944

mtfyfmtfyf 2005/12/18 16:49 毎度毎度質問で申し訳ありません(苦笑)。純影響の件ですが、韓国は別として(笑)、タイが理解できません。
タイは歴史的にみても、日本との関係は良好だと思うのですけど・・・。
韓国については、もう、正直、呆れてものがいえません。勝手にしろ!といいたい。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:42 Apploodさん、ども。ええ、そうなると話は全然違うよと思いますね。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:43 kinginsunagoさん、ども。空気としてはやべーと思います。小沢はいちおう支えているのでしょうが。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:43 nami-aさん、ども。まったくよぉ。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:44 enemyoffreedomさん、ども。なんかこういうもの言いは嫌われるみたいですね。しかし、ルサンチマンの領域っぽいんだけどな。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:44 mtfyfさん、ども。ちょっと文脈がわからないのですが、タイはそう親日ではないと思います。実質経済は華僑が握っているでしょうし。

mtfyfmtfyf 2005/12/18 18:00 え、タイって親日国ではなかったのですか?
例えば「タイ 親日」でGOOGLE検索すると例えば
http://www.a-m-k.jp/thai.html
がヒットします(苦笑)。
私はタイは親日国の中でも最上位の国のひとつだと思っていました・・・。
うーん、東南アジアの情勢がますますわからなくなっていく今日この頃です。

finalventfinalvent 2005/12/18 18:17 mtfyfさん、ども。補足、庶民は親日ですよ。王室への敬意の共感とかもあるし。ただ、タイは存外に難しいです。部族問題などもあるし。

R30R30 2005/12/19 02:53 >mtfyfさん
横レスですみません。日経が引用してるのは、たぶんhttp://ssjda.iss.u-tokyo.ac.jp/chosa -hyo/0406k.pdf この調査の61〜62ページのデータだと思われますが、それを見ると韓国は「中国:日本:米国」が35:26:38なのに対し、タイは「76:71:70」です。つまりタイはこういう質問には常に八方美人で回答するお国柄なんですよ。

2005-12-17

ちょっと待て、なんか違うぞ、非国民

 ネタは⇒asahi.com:授業で「赤紙」配布 戦争拒んだ生徒に「非国民」 福岡 - 暮らし

 福岡県志免町の町立志免中学校(結城慎一郎校長)で10月、社会科の男性教諭(48)が授業で2年生全員に「臨時召集令状」を配り、戦争に行くか行かないかを選択させ、行かないと回答した生徒に「非国民」などと書いて返却していたことが分かった。

 こんな常識のない者が社会科教諭かよと思うがまあそれはいい。

 気になるのは、「臨時召集令状」には選択の余地はなかった。つまり、「非国民」になることはできなかったということが、この記事を書いた記者とか問題にしているやつらに、まるでわかってないのではないか。

 ついでに⇒非国民 - Wikipedia

 非国民(ひこくみん)とは、国家体制側から見て、体制に服従しない者、体制に協力しない者を指す。

 第二次世界大戦中の日本で、戦争に協力しない者、協力が不充分な者、政治を批判する者、果ては生活に不満を漏らす者にも使用された。

 しかし、非国民の烙印は、日本に固有のものではなく、第一次世界大戦に反対したアメリカ社会党にも貼られた。目前に敵がいるとき、人間には団結する本能があるが、団結を破壊する者を排除する機能と考えればいいかもしれない。

 第二次世界大戦後の日本では、「非国民」の用語は半ばタブー視されていた。しかし、現在は右翼保守派を中心に再び使われ始めている。逆に、体制に協力しないことを強調するため、敢えて非国民を自称する者もいる。

 これはまるで説明になってないのではないか。

 「人間には団結する本能があるが、団結を破壊する者を排除する機能と考えればいいかもしれない。」はちょっと論外な説明。

 この説明、意図的なのか、「誰が」という主体がわざとぼかしているのか、考えてこともないのか。

 問題は、「誰が」が、国家(政府)か、社会か、ということ。

 私は、「非国民」は社会が個人を排除した標識ではないかと思う。

 戦前の国家でも、国家は、市民を社会から守る機能を持っていたと思う。法があったのだから。つまり、社会が市民を「非国民」として排除するのを国家は禁じ、市民を国家が保護したと思う。

 戦争の是非と、国家の正当権力とは別の問題だ。

 というか、なんか、おまえら、おかしいぞと思うが、そういう私がよほどおかしいとされるのか。

イチネタ またアムール河

 ⇒中国の有害物質がアムール川に流入、非常事態宣言か : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 タス通信によると、中国吉林省で11月13日に発生した石油化学工場爆発事故で松花江に流出した有害物質が15日深夜、下流のアムール川に流入した。

 ロシア非常事態省が発表した。

 中国は奥が深い。

イチホゲ コンビネーションが醸し出すホゲ

 具その1⇒15歳女高生買春容疑、毎日新聞記者ら逮捕 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 長崎県警は16日、佐賀市神野西、毎日新聞佐賀支局記者・山下託史(32)、同県諫早市貝津町、小学校教諭堀口義行(45)ら4容疑者を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した、と発表した。

 山下容疑者は、地方紙を経て、2002年に毎日新聞に入社、佐賀支局に配属された。犯行は10月27日夜で、同日から31日まで休暇を取っていた。

 具その2⇒児童が“学校経営” 計画、資料作り…さあ職員会議−−佐賀市立兵庫小

◆名札を胸に“通学取材”、子らの目の輝きを知る

 「子どもたちの素顔に触れたい」と昨年11月、ジーンズにスニーカー姿で「6年3組 山下託史(たくし)」の名札を胸に、兵庫小に通い始めた。元PTA会長(52)宅から週1回登校し、体験は現在、佐賀面に連載している。身長183センチの体を丸めて机を並べるのは、自分でも違和感を覚える。だが子どもたちはそんな遠慮などお構いなし。「ヘイ、タクシー(託史)!」と飛びかかってくる。やっぱり子どもってこうだとうれしくなった。一方で、一人前に学校を仕切る姿に、目を見張る。「こんな学校なら、もう一回、小学生をやり直したいな」。卒業式の光景すらよく思い出せない31歳、妻子持ちの記者は子どもたちの目の輝きに、そう思う。巣立ちの日まで共に過ごす予定だ。

朝日社説 イラク選挙 「政治の季節」が来るか

 スンニ派の復帰で、イラク社会が「テロの季節」から「政治の季節」に移るきっかけはできたように見える。この流れをより確かなものにしなくてはならない。イラク分裂と内戦の危険が去ったわけではないのだから。

 その流れを作ったのは米国でしょ。

 朝日さんとしては、独裁政治を維持し国内多数派少数派を弾圧し、イスラエルを絶えず刺激し、国連を不正を放置し、石油マーケットが攪乱させるのが、ベ・ス・ト。

朝日社説 税制大綱 改革の道筋が見えない

 タメの議論としか思えないが。

[] 陽射し伸び独りの影も長くなる 終風

ログイン

 特になんもない感じ。

curefucurefu 2005/12/17 13:41 小学校に通学し、精神年齢を12才まで若返らせた山下託史君(32)はきっと、4才年上の高校生のおねいさんに激しく興味を抱いてしまったんでしょうね。幼い頃、年上のおねいさんに心惹かれてしまう、よくあることです。差し詰め2度目の童貞喪失という所でしょうか。これで性交経験年齢の低年齢化まで実体験し、教育担当記者にしては大収穫ですね。まだ記者を続けられれば、の話ですが。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:19 curefuさん、ども。なんか偉そうに言うみたく誤解されるかもですが、こういう心理がほんとわからないです。記者は続けられると思いますよ。該当記事がのうのうと公開されている状態に、毎日はなんとも思ってないわけですから。

nonecononeco 2005/12/17 19:18 教師と校長の模範解答をみたかったり。ついでに、その土地の政治家にも模擬召集令状をね。(子供たちを見下すじゃねーぞ、と、いいたいかも。)

castlecastle 2005/12/17 22:24 文法的に主体があるのにその矛盾に気づいていけないみたいな気もするし、非国民という用途がスッキリしないまま空気になって機能してる感じですか。国や社会を主体とは考えないみたいな日本教でもあるのでしょか。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:47 castleさん、ども。日本教かはわからないのですが、個人というものの実は存立位置を考えない、呑み込むようなイデオロギーこそキモイですよ。

finalventfinalvent 2005/12/18 17:47 nonecoさん、ども。模範なんてないんでしょうね。常識的に考えてもそうですよね。

castlecastle 2005/12/19 01:04 ヒステリックなイデオロギーほど呑み込みっぷりが強いような。朝日的? あそこはいつから人情派からヒステリックに呑み込まれ転向しちゃったんでしょ。

2005-12-16

ブログサバト

 安かれ。

 ちと疲れた。

 たしか、カルバンは、許すというのは忘れることだと言ってた。自然に忘れるのがよいように東洋人は思うし、oblivion には多少死のコノテーションもあるか。

 なんかのエントリに、どうやって大人になるかというのがあったが、一つは、忘れたふりをすること。些事は忘れろ、大事は忘れたことにしろ、である。

 俺は、なにかと忘れたよ。じゃ。

ホゲナシネタナシ

 ぶくまはしといたけど、特にない。

 黄禹錫(ファンウソク)教授についてはもういいでしょ。忘れましょう。

毎日社説 利益返上 「美しい」株取引って何だ?

 もうなんか藻前らむちゃくちゃな議論。

毎日社説 視点・竹島の日 日韓友情年が中韓連帯年に

 これってブラックジョークだよね。

今年最後の首脳外交は、マレーシア東アジアサミット中国韓国は日本との首脳会談を拒否した。「日韓友情年」は「中韓連帯年」で終わった。【論説委員・金子秀敏】

 はいはいここで笑ってぇ。

朝日社説 利益返上 「美しさ」と危うさと

 あまりにも馬鹿馬鹿しくてどこをどう突っ込んでいいのかわからん。

 プロなら異常が起きていたことはわかる。規範のないときの異常にどう対応するかはモラールにまかされる。

朝日社説 米大統領 開戦の誤りを認めよ

 米国の根拠が間違っていた以上、いくら合理的だったと言い訳しても判断の誤りは隠せない。独仏などは、査察を徹底すべきだと攻撃に反対した。こちらの主張の方がよほど合理的だった。

 「よほど合理的」、そりゃな。ほざけよ、中国様。

 国連疑惑に関わるフランス、その後のドイツ

 それを見て、国はいかにあるべきかをどう考えるか。

 俺はそれを見ていい勉強させてもらったよ。

 というか、選択肢なき丸腰日本はどう生き残るのか。

 と朝日に言うは無駄。

[] 時間とは流るる涙ガラス窓 終風

kinginsunagokinginsunago 2005/12/16 10:24 >これってブラックジョークだよね。
これとセットで読むとさらに…

早い話が:米中のルーズベルト参拝=金子秀敏
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/kaneko/news/20051215dde012070079000c.html

samayoiarukusamayoiaruku 2005/12/16 11:34 今日の毎日は地雷ですね。

curefucurefu 2005/12/16 13:19 美しさを規定する美意識の良し悪しは分かりませんが、朝日が持つ美意識は中共60年の歴史に通ずる事だけはよく分かります。事実の中から都合のいいパーツを抜き取り「合理的!」、武勇伝武勇伝、武勇でんでんででんででん Let’s Go!

kagamikagami 2005/12/16 13:53 人々の前にレーテーがあれば、良いですね…。レーテーは罪を洗い流すということを(ダンテの神曲)を思い出しました。

nami-anami-a 2005/12/16 15:33 >しかし、気がかりなことがある。間違った発注と知りながら株を取得するのは、「美しい話ではない」と言った与謝野金融担当相の一言が、返上への流れを作ったように見えることだ。
朝日は、2日前に天声人語で、与謝野金融担当相の発言を取り上げて流れを作ったくせに、なんで社説で否定してるのか、なんかもう社内がぐちゃぐちゃとしか思えない(笑
http://www.asahi.com/paper/column20051214.html

finalventfinalvent 2005/12/17 14:15 kinginsunagoさん、ども。なんでこうなっちゃうんでしょうね。そこまでして笑いが取りたいのか。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:16 samayoiarukuさん、ども。それが愉快ではあるのですけどね、毎日の。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:16 curefuさん、ども。朝日的には勝利なんでしょうね。なんだかなぁ。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:17 kagamiさん、ども。そうですね、現代でも、レーテはあるのかもしれません。どっかに。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:18 nami-aさん、ども。八つ当たりの意図はないけど、朝日新聞なんか根幹で変になってきている気がしますね。

2005-12-15

20年前に Excel なんてあったのかよと爺に訊く香具師がいるので答えてしんぜよう

 あった。

Google Homepage API って他には使えないのか?

 Yahoo!のみたいに(あれも常駐してうざいが)。

 ⇒Discover More Content

 ⇒Google Homepage API - Overview

Enjoy the fruits of your labor

You can then add your module to your Google homepage -- and be sure to let your friends know, so they too can benefit from your hard work and revel in your web development skills.

 ガイド⇒Google Homepage API - Developer Guide

マケドニア

 これを読んで⇒カワセミの世界情勢ブログ: EU加盟は先送りとなったマケドニア

 余談だが。

 北部ギリシアを旅したとき、アレクサンドロス関連の遺跡の土産物屋に、マケドニア4000年とかいうTシャツがあったので、おもすれーとか思って買った。そのまま、アテネで着てたらうけるだろうか、いやアテネだと洒落が通じないかもと思ってやめた。

 アレクサンドロスはマケドニア人であってギリシア人ではない…と思うがそのあたりは議論が難しい。昨今の現代史認識ではマケドニアはあのマケドニアということになっている。

 さすがWikipediaマケドニア - Wikipedia

マケドニアは

1 ヨーロッパバルカン半島中央部にある地方名

2 古代に1.を領有したマケドニア王国

3 1.の出身者が起こした東ローマ帝国王朝(マケドニア王朝 (東ローマ)を参照)。

4 マケドニア地方の一部を占める旧ユーゴの独立国については、マケドニア共和国を参照。

5 イタリア料理のデザートの一種のマチェドニア。この地域から名付けられた。マチェドニアはマケドニアのイタリア語読みである。

6 ギリシャの地方行政区分(περιφέρειες)

  中央マケドニア

  西マケドニア

  東マケドニア・トラキア

ここでは、1.について述べる。

歴史

マケドニアは、古代にアレクサンドロス大王を輩出したマケドニア王国の故地で、古くはギリシャ人が多く住んでいたが、のちにスラブ人が侵入すると、スラブ人が多数を占めるようになった。

 微妙。

 これだとアレクサンドロスがギリシア人に読める。まぁ、それでもいいのかもしれない。

 現地の遺跡を見て思ったのだが、マケドニアの墓はギリシアのそれとは異なる。墓制が違うということは文化が違うということではないかと思った。

 もちろん、彼の親族を見てもわかるがエジプトなどとの交流もあるし、ギリシア文化なるものは簡単に定義できないのかもしれない、つまり、ギリシア人とはなにかは難しい。

 単純に言えば、当時の世界観からすれば、ギリシア人はペルシア人ではないということだが。

 が、歴史の流れで見ていくと、アレクサンドロスというのはペルシアの王なのだ。

 このあたり、西洋の史観というのはだいぶ狂ってるんじゃないかと思った。

嫌なコメントをつけられたときに気持ちを落ち着けるさらに3つの方法

◆1 マントラを10回唱えよう

 自分にとって嫌なコメントを見て血圧が上がったときには、マントラを唱えて脳の思考活動をダウンしよう。そして思考できることのくだらなさ、生きることの無意味さにに感謝しよう。

 マントラはなんでもいい。「コカコーラペプシコーラインカコーラ」とか、「オンマニペメフーム」とか、「ダースベーダー、パドメアミダラ、アルファリポサンハチオクトサンダロゴルア」とか。

 マントラを終えたら亥の方角に向かって大声で3回こう言おう。

「健康の秘訣は快便だ。そして私は人間だ。それなのに私はコメントをつけてくれたは疣痔かもしれない。これはいったいどうしたことだ」

 さあ、今すぐPCの前に座って反撃を考えよう。

◆2 相手の置かれた状況を思いやってみよう

 こう考えてみよう。

 もしかしたら、こういうコメントをつけたのはわけがあるに違いない。工作員かもしれないし工作員かもしれいないし工作員かもしれいないし以下略。

◆3 自分の偉さとかヤリチンとかとかを見せつけよう

 さりげなくフカセふかそう以下略。

●事情の書き込み例:

「私はカッとなると我を見失い、見るに耐えない醜い言葉を書き連ねてしまいます。そこで恋人にお願いしてコメントをチェックしてもらっているのです。今も隣に恋人が座ってディスプレイを見ています。だから、書き直しを何回もしなければならず、コメントを返すのがどうしても遅くなってしまいます。こんなことを恋人にお願いしている自分が惨めでしようがないのですが、勇気を出して書きました。どうかご理解ください」

テンプレートの例:

「私は怒りっぽく、ちょっとした表現に敏感に反応してしまいます。また、身近に私を制止してくれる人も居らず、孤独です。あなたがコメントをつけてくれたことに感謝していますし、真摯にお付き合いしたいので、メール先を教えてください。」

ホゲかな 現場がよくわからないのでなんだが

 ⇒精神疾患の休職最多 教職員、10年前の3倍

 ⇒asahi.com: 体罰やわいせつ行為で教員588人処分 昨年度?-?社会

 よくわからんが。

 体罰のうち処分が最も重かったのは停職で、計20人だった。部活動中に男子生徒のほおをたたいて鼓膜損傷を負わせるなどした(札幌市中学教員、処分は05年3月)▽アルミ製の灰皿で生徒の頭をなぐった(東京都高校教員、同05年1月)――などの例がある。

 「アルミ製の灰皿」ってあのぺなぺなのではないか。こりゃとかあれでこつんとやるとこれだけの騒ぎになるのか。

 高校くらいの教師のわいせつは今から30年くらい前も同じ。隠蔽していただけ。

昨日の証人喚問だが…

 よくわからん。最初から姉歯がドジふみやがった…ということはないか。ないだろう。最終的に姉歯で始末をつける構図を一年掛けてねっていたかというとそれにはあまりにドジ過ぎ。ということは背景構図はけっこう頭悪い。頭悪いの筆頭はヒューザーだろうが。

 左懸かりの人はこれを自民党、そして小泉バッシングの構図にもっていきたいのだろうが、そういう絵はマジで描けるものかよくわからん。

 BSE関連の大騒ぎは騒ぐだけちょっとでも科学的な世界観を持っている人間は引く。

 もうちょっと、左懸かりバックラッシュの構図にツッコむかもしれないなという感じはする。

日経社説 「東アジア共同体」構築への重い課題

 中国の圧倒的な市場規模、成長性、迅速な自由貿易協定(FTA)戦略などの魅力で、ASEAN各国は中国の磁力に逆らい切れないでいる。仮に共同体への道が一党独裁の中国の主導で築かれるとすれば、東アジアに民主主義を根づかせ、政策の透明性を高め、国家間の信頼を醸成していく力学は働きにくい。

 もっと中国様かと思ったが。

読売社説 [東アジア協力]「日本に限らぬ『中国主導』への懸念」

 まあよい。

 中国は民主主義の国ではない。中国は軍国主義の国である(しかもシビリアンコントロールも怪しい)。中国は自由貿易の原則をなし崩しにしようとしている(資源囲い込み)…というのは誰でもわかる。

朝日社説 道路財源 利権の温床を打ち破れ

 この問題よく見えない。朝日のこの社説はそれほど変ではない。

 特にこの面で小泉を支持したいわけではないが、方向性にそう違和感はない、私は。

[] 富士を見る千年前の冬のように 終風

synonymoussynonymous 2005/12/15 12:57 もちろん Word もあった。それらはすべて、憧れのマッキントッシュ様で動いていた。その頃、DOS で動くスプレッドシートは Lotus123 が圧倒的で、MS は Multiplan だった。なお、PowerPoint と Access はなかった。

mobanamamobanama 2005/12/15 17:21 20年前?と思ったらちょうど20年なんですね。WordはDOSのが先にありませんでしたっけ?WordStartと混同してるかな?それにしても、日本では一太郎(Ver3)とドットインパクトプリンタの時代に、マックではExcel、Word、Draw、Paint+LaserWriterだったんですものねえ。下手すれば車が買える位の値段でもありましたが。

mobanamamobanama 2005/12/15 17:22 失礼。tがダブりました。WordStarですね。

synonymoussynonymous 2005/12/15 17:58 Word for Macintosh was derived from Word for DOS (http://en.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Word より)。自分がはじめてみたのは Word for Macintosh だったから勘違いしてました。Excel は Macintosh 版が早いですね。

nonecononeco 2005/12/15 18:50 嫌なコメントは、寝ている間や席をはずしている間に、ワタシに対してでなく、他の人が傷つくようなのは、とても困る。ワタシに向けてなら、ネットの中では、nonekoを演じているだけだから、ワタシ自身はあまり気にならないかも。ま、さんざんやられた経験があるから、その時は、けっこう傷ついたけどね。そんなことより、ネットでは読まれるところには現れず、その人自身が、現実の苦しみに潰れてしまっている存在があることを知ったときは、その方が、ショックが強かった。絡まれるも、幸せのうちだよね。

eternalwindeternalwind 2005/12/15 20:53 韓国のすごいところは、公史の歴史教育が偏ってるだけでなく、それを批判する側も著しいキ印というところでしょう。リンク先の朝鮮日報をチラッと見ましたが、ウンザリさせられましたね。
「親日派のための弁明。」を書いたキムワンソプも、とんでもない電波で、ああいったキチガイを持てはやす西尾幹二らに、すごく不快なものを感じたのです。

himorogihimorogi 2005/12/15 22:04 PowerPoint は MacII で ColorQuickDraw と TrueColor が実現されたことに触発されて生まれたソフトなので、登場は 1988 年頃ですね。それをすかさず MS が買収した。FoxBase 買収も同じ頃。あれはむしろボーランドの Paradox に対抗してたのだろうけど、FoxBase が MS に買収されたおかげで Mac には XBase 系の DB がほとんど無くなってしまった。

eternalwindeternalwind 2005/12/16 02:35 朝鮮人がまたやってしまいました(w
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/15/20051215000076.html
「黄禹錫教授のヒト胚性幹細胞、存在しなかった」
朝鮮人のノーベル賞コンプレックスは絶大なものがあるようですね。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:03 synonymousさん、ども。ええ、当初はMac用のブランドかと思いました。まだまだ1-2-3の時代でしたね。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:09 mobanamaさん、ども。ええ、車が買える値段でした。どうしてあんなものが買えたのか今思うと自分でも不思議です。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:11 nonecoさん、ども。言葉というのは通じないものなんだろうと思いますよ。ネットでも会っていても。ただ、会っているほうが誤解の質は違うのでしょうね。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:12 kafusanjin先生、どもです。さすがです。私もMacユーザーで、今でもいちおうMacを二台動かしているのですが、この5年はもうメインのマシンでないので感覚が離れていくばかりです。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:13 eternalwindさん、ども。韓国でも古老は普通の感覚をもっているかたは多いのですけどね。しかし、もうそうした人も少ないのでしょうか。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:14 himorogiさん、ども。そういえば、先日、実家でParadoxのパッケージを発見。とほほな気分になりました。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:14 eternalwindさん、追伸。ファン教授、なんとか面子をまもり切るのか、見ものではありますね。

2005-12-14

IBM-PCを開けたころは…88とかわかって…

 ほぉ、とか思った。バス、8ビットじゃん、やっぱし。

 いつ頃から中を見てもなんだかわかんなくなったんだろ。

 DOS/Vのころにはもうさっぱりわからなくなった。半田ごてなしでハードなのかみたいな時代に唖然とした。いつだっただろう。

 IBM-PCの回路はなんかの仕事でよく見ていた記憶があるが、仕事だったのだろうか。思い出せない。

 そういえば、DMAコントローラーを別にしないで、186でDMAをするというコーディングを数週間していたことがあった。80186とかグーグル先生は知っているだろうか。

 あった⇒80186とは ─ 意味・解説 : IT用語辞典 e-Words

 1982年か。そんな昔じゃないよなとか呟く。

 どうでもいいけど、グーグル先生と昔語りをして爺になっていくのだろうな。なーんなんでしょ、それって。

 そういえば、秀和システムトレーディングというのか社長さんとなんかの会合であったとき、まさにガレージでしかも新潟だったかマイコンの開発やっていたというような話を聞いたことがある。よく覚えてないが、一生懸命に熱意をもって語っていた。名前を忘れた(牧谷さんだ)。今でも社長さんだろうか(そうみたい)。逆アセンブルを出して訴えられたとか言ってような気もする。忘れたなぁ。

 あった⇒秀和システム 会社案内

 そういば、倉庫番のシンキングラビットの社長さんはその後どうしたのだろう。

 関節情報だけ⇒Adventure Game House 倉庫(道化師殺人事件)

 もひとつ⇒Adventure Game House ゲストルーム(今林宏行至上主義)

 そういえば、コーシングラフィックスの松田純一さんはどうしただろう。

 あった⇒MacTechnology Lab. - FAQ

 現在では講師なのだろうか。

 アスキー相関のころ松田さんが奥さんにアスキーの表紙のTシャツを着せた写真の投稿があった。1980年頃だったか。すると、あれから25年か。

そういえば小学生のころオヤジに電気磁気を教わった…

 もちろん真空管。

 四極ビーム管とかグーグル先生は知っているだろうか。

 あった⇒管球式アンプとTANNOYの競演(仙台市太白区秋保町)オーディオ訪問

 ま、オーディオ系か。

 それからトランジスタ

 思い出すと、真空管からトランジスタの切り替わり時期のアキバをうろうろしたものだった。

 抵抗が超小型土管タイプじゃなくて、色分けになったのもそのころか。

 簡単なコイルは自作していた。インダクタンスの測定器がなくて、なんか直径なんとかを何回巻いてみたいなことをしていたような記憶がある。

 なんか子供のときの記憶と渾然一体化していて思い出すと胸がきゅんとくる。

理系とかエンジニアとか…

 ネタはこれ⇒エンジニアに贈るエール、「理系思考」とは? − @IT自分戦略研究所

 エンジニアの素晴らしさはどんな困難な課題でも技術で克服することができることだ。膨大な情報量を書き込めるマイクロチップを作ったり、無駄の多い業務フローに対応する「お役立ちソフト」を開発できてしまうほど、エンジニアとは可能性と魅力にあふれた職種であると大滝氏は絶賛する。

 嘆息。

 昔は4ビットくらいのアキュムレータはラッチから設計できたというかそれからASICの設計くらいはできたし、VHDLとか、機能設計手法というかVerilogみたいので16ビットくらいのCPUの設定とかもできたし云々。しかし、今ではもう何の意味もないよ。まぁ、機能を分割してそこだけ設計せいというなら今でもできるかもしれないけど、うーむ。

 今工学出の人はどのくらい設計の演習やってんだろ。ゲートアレイ設計の演習とかしているのだろうか。

 ま、追憶はさておき、エンジニアリングというのはどんどん変わっていくし。

 そういえば、いまHDDのドライバーのデバイスとかの命令体系はどうなってんだろ。同じか。

 そういえば、今でも、インテルCPUは86モードでも動くんだよね。なんか、嬉しいような悲しいような。DOSのコールも残っているはずだし。INT21、だったよな。

 あってる⇒酒井法雄の電脳な日々

まあ、このへんはあまり大きなことは言えない。うちの会社名なんて、int21である。Microsoft社員の米国人に思いっ切り笑われたことがある。

テクノラティとかこーゆーのってなんか使えない感じ

 これ⇒BLOG360(ブログサンロクマル) ブログで話題のキーワードをチェックしよう

 ネーミングはYahooの真似?

 ブログ間のクラスターみたいなのを計算しないと、話題というセマンティクスが成立しないのではないかな。

うひゃぁアドビからメールが来たよ、しかも

 アドビシステムズ株式会社

 (旧マクロメディア株式会社)

 頭でわかっていてニュースを知っていても、さすがにこう来ると、うひゃぁという感じ。

 LiveMotionっていいっすよねとか返信したくなる。

これってgooのとどう違うのか?

 ⇒ITmediaニュース:RSSリーダー「glucose 2」β版公開

追記

 エンジン部分がOEMらしい。

 フリーソフトでビジネスというモデルになるのか。

その穴はただ押すんじゃない。細かくそっと引くんだよ 2005年12月14日

 私がいまから書こうとしている文章は、この一言をあなたに伝えるためだけに存在する。

 もしかしたらあなたは、自分のことをヤリチンじゃないと思っているかもしれない。やらなければならないことをないがしろにし、女に期待させておきながら裏切ってばかり。他の女も期待していたのに、裏切られてばかり。野望は大きいけれどたいした成果はあげていない。DOMにも軽んじられ、ぶくまで馬鹿にされ、何でこんな目にあわなくちゃいけないのか、と思っているかもしれない。自分を特別な存在として人に知らしめるために、特別なネタを書かなくてはならない、と思っているかもしれない。他の人に抜きん出て優れている何か、ぎりぎりの競争に打ち勝ってあなたが素晴らしいと認められるフード(アルギン酸飲料とか)、そういうものを求めているかもしれない。

 でも、私がいまから言おうとしているのは、そういうあなたの「ヤリチンのイメージ」とはだいぶかけ離れている。

 スタートポイントは、あなたにとって前の毛の奥にある。スタートポイントは穴の上じゃない。あなたの人生を生み出したすべて --- その中には、あなた自身が目を背けたくなるようなものや、自分にとってマイナスとしか思えないようなもの、うらみつらみや、恥ずかしい思い、他の人に対する負い目などが山ほど含まれているかもしれないけれど ---- があなたの原点なのだ。それを見て、興奮しちゃう。いくら嫌だとしても、「そ、そうだ。こんなにぼろぼろで、情けないけれど、これが、男に他ならない。少なくとも、これが、これまでの私の姿だ」と認める。吉行淳之介もよく言っていた。俺の講演会ってさ、女が多くて、あれがいっせいにこっちを向いているかと思うと以下略。

 とまれ、そこが、あなたのスタートポイントになる。人生の始まりのように。

 そこで立ったとき、もしもあなたが、「このようなわたしは、自分だけではやっていけない」と感じるなら、やばい、が、それはちょっと別分野だ。これが街金で「このわたしの負債は、自分では負いきれない」と思うなら、公的機関に相談しよう。

 狭かったりまだ濡れぼぞそってないときは、自分の力で押そうとしても開きはしない。そもそも「自分だけでやってる」、つまり、オナ●ーやりすぎ、という人には穴の微妙さなど見えやしないのだ。

 心騒がせず、落ち着いて、目の前にある穴 --- ずっとずっと昔からある穴 --- に半分入れたら、そっと、引くとよいのだ。カリを活かすのがポイントだ。力もいらず、無駄な付き押しも要らない。浅く八、深く二。呼吸も遅く。

ネタナシ ちょい古 給食でアレルギー事故

 ⇒asahi.com: 食物アレルギー事故、給食で年250件 全国の小中調査?-?健康

 小中学校の給食による食物アレルギー事故が年間250件以上起きていることが、全国学校栄養士協議会と国立病院機構相模原病院小児科の今井孝成医師による初めての本格的な調査で分かった。うち約1割は、呼吸困難などで命にかかわることもある「アナフィラキシーショック」だった。原因食材を抜く対応が不十分だった事例もあり、協議会は対策マニュアルづくりに乗り出す。

 多いとも言えるが、危機的なアナフィラキシーショックは25例と少ない。想定外のショックに対して緩和の注射の準備をしておくとすべきなのではないかと思うがそういう言及はない。

ホゲ 突き出し三品

 ⇒きっこのブログ: あたしは「すき家」を支持します!

ありとあらゆるものに恐ろしいアメリカの陰謀が隠されて、あたしたちの体内に蓄積されて行くってワケで、もはや、消費者の判断なんかじゃ対応できないのだ。

 ⇒株狂騒の裏に潜んでいた経済中枢の欠陥 [ブログ時評42]

単にコンピューターシステムの問題に止まらず、人的な問題も含めて、この国の経済運営の中枢に欠陥があったと言わざるを得ない。

 ⇒猫を償うに猫をもってせよ - 中学生は繁華街へ行くか?

異論を取り上げないのがファシズムだからだ。「全員一致の決定は、疑わしい」とは、『日本人とユダヤ人』でイザヤ・ベンダサンこと山本七平が書いたことだ。

 同書では、サンヘドリンでは無効とされる、ということ。まして、「イザヤ・ベンダサンこと山本七平」の主張ではない。ただし、このベンサンの理解は疑問もあるが(なので広義に主張としてもよいか)。

 ちなみに、民主主義では、異論を取り上げるのではなく、それを明記して記録に残す。

日経春秋

 ⇒春秋(12/14)

社会学者E・フロムは名著『自由からの逃走』で、帝国の圧政から解放され自由を得たドイツ人ナチス独裁になびいた理由を「自由は個人を孤独に陥れ、不安で無力にする。その重荷から逃れるため新しい依存と従属を求めた」と分析した。檻から出たコウノトリの行動も自由からの逃走のようだ。今日の勝ちが明日の負けにつながるのは世の習いか。自然は人間に色々と教えてくれる。

 馬鹿ですかと訊きたいのをぐっと抑えるのが大人といふもの。

産経社説 小6女児殺害 子供の安全に新たな課題

 後出しじゃんけんでも支離滅裂。

 大学生は「夏ごろから女児に恨みを持っていた」「女児がいなくならなければ、生きていけないと思った」と供述している。これまでの犯罪とは、かなり異質な犯人自身の幼児性も感じさせる。問題は、こうした新しいタイプの犯罪が増えてきたことだ。

 奈良広島の事件は、小児性愛に執着する人間の犯行だった。これらの性癖や犯罪歴の適切な情報開示を含めた社会的な防衛策が求められている。

 お手本のような悪文。

朝日社説 初サミット 日中がこれでは困る

 快く笑わせてもらいました。

[] 五十歳前しもやけもなき我が手なり 終風

kagamikagami 2005/12/14 12:23 今日のfinalventさんの穴の文章にはタオを感じました…。
「道の道たる。惟れ恍惟れ惚。恍たり惚たり、其の中に物あり。恍たり惚たり、其の中に象あり。窈たり冥たり、其の中に精あり。其の精甚だ真、真の中に信あり。」

inspfightmaninspfightman 2005/12/14 15:20 「きっこのブログ: あたしは「すき家」を支持します!」がホゲというのは内容ですか? 読んでそれほど気にならなかったので、もしよければ教えてください。

finalventfinalvent 2005/12/14 15:33 kagamiさん、ども。お下品ですみません。しかし、タオはそんな感じですよね。

finalventfinalvent 2005/12/14 15:40 inspfightmanさん、ども。いえ、この表現がというのが一義です。内容については、簡単に説明するのがむずかしいですが、以下などご参考に。
http://www.fsc.go.jp/koukan/zenkoku_risk17bse/risk_tokyo171122_kouensiryou.pdf

finalventfinalvent 2005/12/14 16:24 nurseさん、ども。まったく同じというわけではないのですね。それと、Sleipnirみたいなビジネスモデルみたいですね。

ROYGBROYGB 2005/12/14 17:10 こんにちは。「その穴はただ押すんじゃない。細かくそっと引くんだよ」にリンク先が無いようなので、参考用アドレスをかいときます。http://www.hyuki.com/d/200512.html#i20051214010000
雑文祭でもやってるのかと思いました。

finalventfinalvent 2005/12/14 19:42 ROYGBさん、ども。ちょっと下品ないたずらでした。

himorogihimorogi 2005/12/14 23:14 今ハード弄りするとなると MCU を serial port 経由で、というのが一番簡単かなー。
昔からFlash MCU やってた日立→Renesas の H8tiny が秋月通商から完成基板も出てたり書籍も揃ってますが、最近は三菱→Renesas の R8C とか NEC の 78KOS とか、PIC 対抗の石が増えて、サンハヤトから完成基板や周辺キットも売ってたり、面白い状況です。TK-80 とか H68-TR を思い出します。
最近の note はレガシーポートがありませんから当然 USB to Serial adapter は必要ですが、Cypress の USB controler + 8051 core という MCU にモルフィー企画やってた人がコードを焼いてた「汎用USB-I/O」も暇つぶしに最適かも。モルフィーは清算しちゃったので、第三者が後を引き継いでるようです。

inspfightmaninspfightman 2005/12/15 00:20 狂牛病の件、ありがとうございます。
参考になりました。

finalventfinalvent 2005/12/17 14:02 himorogiさん、ども。USBってそういえばシリアルポートですよね。通信できるのでしょうか。なんかぜんぜん回路のイメージがわきません。制御系は今どんなマシン使ってるのかもわかんないです。時代ですね。

2005-12-13

大ニュース! ジブリの新作は「ゲド戦記

 これだ⇒asahi.com: ジブリの新作は「ゲド戦記」 宮崎駿さんの長男が監督 - 文化・芸能

 本丸⇒「ゲド戦記」制作日誌

さいはての島へ―ゲド戦記 3

著者:アーシュラ・K. ル・グウィン

販売:岩波書店

価格:\1,785

媒体:単行本


通常24時間以内に発送

「普通」の国はこんなもの

 ⇒シドニーで5000人暴動、16人逮捕・民族対立が背景

 それほど広がらないのでは。

イチネタ ホゲ風味だがネタってことで

 ⇒中国、世界3位のぜいたく品消費国に

 有名な国際投資銀行である「ゴールドマン・サックス」は、このほど北京中国のぜいたく品市場に関する研究報告を発表しました。 この報告は、「去年中国の贅沢品の消費額は世界で12%を占めた。これからの4年間に中国の贅沢品消費の需要量は、毎年25%増え、2015年に世界のトップである日本を上回る」としています。

 中国人を知る3つのポイント。

  1 カネがなくても見栄っ張り。あったらすげー見栄っ張り。

  2 ちょっとしたきっかけで博打に人生をかけたりする、半面すごい節約家でもあるが。

  3 なにごとも賢いやつが正しい。賢くないやつはほっとけ。

 他もあるけどそんなところ。

産経社説 前原民主党 国益貫く路線支持したい

 美しい光景だな、自民と民主(の大半)が手を取り合って前原潰しかよ。そして潰されまいと必死。さて、この始末どうなるか。

 自民の本当の敵は小沢だろう。民主党(の大半)は小沢を西村のように葬りたい。自民党は小沢と組む気はない。小沢が立つ機会は常識的に見ればない。それだけ真の国難がないというべきか。

毎日社説 視点05=郵政造反組 論説委員・与良正男

 少々手前みそになるが、毎日新聞が「解散・総選挙があってもいい」と社説で書いたのは郵政民営化法審議が本格的に始まる前の5月20日付朝刊だった。「自民党の造反者は離党するのが筋だ」ともその時点で指摘した。朝日や読売など他紙が8月8日の衆院解散直前まで「解散は目的不明」「民営化法を通せ」とそろって反対する中、私たちは5月以降も再三、解散是認論を掲げてきた。

 なぜか。一つは同じ自民党内に与野党があるかのような対決劇が演じられ、いつしか改革が骨抜きになっていく政治は、もう限界であり、一度選挙で整理した方がいいと思ったからである。

 そうだ。

 「自分党」などと自慢していた自民党が、曲がりなりにも政策の一致をめざす党になったという点で、今も私は夏の郵政解散を評価する。しかし、勝手なものだ。首相が登壇するたび、小泉チルドレンから熱狂的な拍手が起きる状況を見ていると、「こんなはずでは」と感じるのも事実なのだ。

 後半は政治の上ではどうでもいい心情というか、私はそんな風景を見る趣味はない。

 政治はたかが政治だ。機能すればいい。

 この心情から以下の段落に流れ込む。

 「日本はみなで幸せになる共生の国だった。今や弱者は強者の繁栄のための道具だ」という亀井氏の主張に、もう少し耳を傾ける時期かもしれない。市場原理優先は手段であり、勝ち組負け組と平然と色分けされる社会が私たちの目標とは思えないからだ。

 こういう毎日の主張は愚かだと私は思う。先の心情と、この問題意識は政治の言葉ではつながっていないのだ。

 亀井のいう共生の社会とは国家を一部の特権が弱者を建てに食い物にしていく社会でしかなかった。その特権の一部に新聞もメディアもいた。

読売社説 [米牛肉輸入再開]「検査対象を国際基準に合わせよ」

 政治議論としては極めて正論。よく読売がこれだけ物が言えるものだと思う。というかどうサポートされているのかわからないが。

 国際的に見れば、国産牛のリスクのほうが高い。

朝日社説 塾の殺人 講師の採用が甘すぎる

 学生は2年前、同志社大学図書館で女子学生のカバンから財布を盗み、見つけた警備員を殴ったとして逮捕された。

 大学側は停学処分にしたうえで、今春から復学させた。ところが、停学中に大学が本人と接触したのは1回だけだったという。復学の機会を与えるのはいいことだが、それにしては、もう少しきめ細かい指導があってよかった。

 逮捕から5カ月後、塾は学生を講師として採用した。採用にあたって、教育の場にふさわしい資質かどうかを様々な角度から確かめる必要があったろう。

 その話は私は今朝になって知った。世間知としては朝日の言うとおりではあろう。

 ただ、私はこういう朝日が本当に嫌いだ。

[] 冬深夜遠くの火事の音を聞く 終風

JenaJena 2005/12/13 12:46 昨日の報ステでやってましたが、塾でのセクハラまがいの言動・他の塾女生徒にもちょっかい出してたこと・殺された子と「デートしたい」と洩らしていたこと・大学では子供達と触れ合うボランティアサークルに所属していたことなどから、犯人は真性ロリコンだったと推測します。
そして昨今の淫行事件や噂話を見るに、教育現場にロリコン教師が相当数いると思われます。
この問題はかなり根が深そうです。

eternalwindeternalwind 2005/12/13 13:39 塾講師ってすごく給料安いですからね。年収800万円貰ってる教師が淫行する時代に、時給1500円〜からの
塾講師に質を求めるのは土台無理ってモンでしょう。

finalventfinalvent 2005/12/13 14:58 Jenaさん、ども。続報だとそんな感じみたいですね。まあ、例外はあるにせよ、一概に悪いわけではないのでしょうが。

finalventfinalvent 2005/12/13 14:59 eternalwindさん、ども。2000円もいかないのですね。ちなみに専門学校の講師もとほほ。

nervenarztnervenarzt 2005/12/13 15:36 >ただ、私はこういう朝日が本当に嫌いだ。
うひゃひゃひゃひゃ。本当。ホントーに嫌い。

>犯人は真性ロリコンだったと推測します。
ペド説やメンヘル説や宇治→ウトロ→在日朝鮮人説などなどまだまだでてきますかね。

hihi01hihi01 2005/12/13 16:52 finalventさん、こんばんは。それは、本当に朗報です♪>ゲド戦記。まだ、昨年のクリスマスに公開されたらしい米国のTVシリーズを発見できていません。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/12/13 17:21 初めてのアニメ制作でいきなり監督ですか。宮崎氏の期待はそうとう大きいようですねw

finalventfinalvent 2005/12/13 17:41 nervenarztさん、ども。うひゃひゃひゃひゃですね。

finalventfinalvent 2005/12/13 17:41 hihi01さん、ども。朗報とは限らないかもですが。

finalventfinalvent 2005/12/13 17:42 enemyoffreedomさん、ども。そのあたり微妙ですね。できたものがよければいいのですが、結果論というか。

arrackarrack 2005/12/13 18:07 >その特権の一部に新聞もメディアもいた。
これって別に今もかわってないですよね。
欧米のように帯域オークション制が導入されてるわけでもないし、
警察の記者クラブもそのまんまですし。
利用するほうは変わってるでしょうけど。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/12/13 18:33 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20051213i511.htm
こちらの記事によると宮崎氏は反対していたそうです。上の皮肉は不当だったかな?

nami-anami-a 2005/12/13 18:50 >採用にあたって、教育の場にふさわしい資質かどうか
朝日の社説って、もっともらしいんだけど、よく読むとズレてる。だって、塾は教育産業(株式会社)であって、当然利潤追求があるし、文部科学省の管轄じゃないんだよ。だから、塾(会社)としては、講師(売り物)の品質をきちんとチェックしないと生徒・親(消費者)に対して信頼されませんよって事だと思う。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/13 19:53 ゲド戦記。9月頃のリーク騒ぎ通りで想定内と(笑
でも本当に息子にやらせるとは…三鷹のジブリの森とか福岡の照葉のまちとかで色々噂になった人だけに、なんか勘繰りたくなるなァ(苦笑
ゲド戦記といえば、米国のTVシリーズでは原作者と製作側の間でかなり揉めたらしいが、それを考えると御大に監督させないのは正解?

finalventfinalvent 2005/12/13 19:59 arrackさん、ども。すでにネット側の人はペーパーは読んでない感じですね。どこかで大きなクラッシュがあるのか(旧メディアのクラッシュ)。ちょっと難しいですが、予想は。

finalventfinalvent 2005/12/13 20:00 enemyoffreedomさん、ども。本丸のサイトにはごちゃごちゃ書いてありました。おもろ。

finalventfinalvent 2005/12/13 20:00 kinginsunagoさん、ども。へぇ、みなさんはご存じだったのですね。私は知らないで驚きましたよ。宮崎ならゲドの2巻をやるのがスジでしょと思うけど。

finalventfinalvent 2005/12/13 20:01 nami-aさん、ども。朝日のこれ、社会主義の強面という感じがしましたよ。

mtfyfmtfyf 2005/12/13 21:24 いつも初心者的な質問で申し訳ありません。今回の東アジア首脳会議において日本はやはり孤立しているのでしょうか?またアセアン諸国では原加盟国のインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイが完全に中国側にシフトし、新規加盟国のベトナム、ラオス、カンボジアがやや日本寄りといった理解でよろしいでしょうか?

bn2islanderbn2islander 2005/12/14 01:26 小泉さんの「大連立構想」と言うのは、民主党に揺さぶりを掛けて、前原さんを追い出して、最終的には自民党に招こうという意図の表れなのでしょうか。と言うか、個人的には前原さんは民主党を出た方がスッキリするように思いますが。

FujisawaFujisawa 2005/12/14 07:49 ども。中国語で言うところの“大人”ってのは、3つのポイントとどういう位置関係になるんでしょうか?

finalventfinalvent 2005/12/14 09:10 Fujisawaさん、ども。大人(ターレン)は、偉大な人ということでしょう。毛沢東も大人ですし、というか俗人の怪物なので、この3つの特徴はとくに変わらないと思います。ただ、中国には「読書人」というのがあって、貧しくても四書五経に通じるみたいな人がおり、そういう人はけっこう無条件に尊敬されますね。

finalventfinalvent 2005/12/14 09:11 bn2islanderさん、ども。どうなんでしょうね。前原さんて使える人かどうかがよくわからないです。

finalventfinalvent 2005/12/14 09:20 mtfyfさん、ども。経済規模で考えるなら、日本がアジアで孤立という問題提起自体意味ないと思います。世界規模でいえば、自由主義経済が維持できるかというのが諸国の関心で、そのルールから逸脱しようとしている、しかも民主主義じゃない中国は二重丸で孤立していますよ。あと、民間でいうなら、どの国民の普通の国民は国際政治とか関心ないし、個別の日本人とのつき合いは普通の外人として付き合ってくれるものです。日本人とか韓国人とか対外的な視点を気にしすぎですよ。

2005-12-12

特にびっくりする話はないが自分の対中国人感性の検証になった

 これ⇒ニャー速。:中国人だけど何か質問ある?

激OTZ

 ⇒言語としてのXML私論ー企業間、企業内でのXMLの活用についてー - 哲学するIT ITする哲学 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

L:Language(言語)

 言語の重要性は、前回にも述べた。 人間同士は、コミュニケーションするために、「自然言語」(ウィトゲンシュタインの言う Umgangssprache(独語)〔= 英:everyday language、日:日常言語〕)が必要だ。 電子データ交換においては、ウィトゲンシュタインが「記号言語(独:Zeichensprache、英:sign-language)」と呼んだ人工言語が必要となる。 その言語はウィトゲンシュタインが指摘したように、「論理的な文法−論理的な構文−に準拠した記号言語」でなければならない。

 もうだめかも。

 どこをどう説明しても通じないかも。

れいの塾の子殺しちゃったで、もろたコメントがなるほど

 ⇒もろたコメントより

nervenarzt 『>ざっくり見ると、これは塾がまずいね。

でも殺すとは思わないじゃん。

これはやはり(一方的な)痴情のもつれでわ。

「ツンデレ」かと思ったら「ツンツン」だったので切れた、とか。

 案外、そういうことなのかも。

 そうだったらなおさら救いようがないような気もするが。

 世の中わからん、教えてスクープ君(いねえ)。

ホゲなし ってかわてのほげ跡地

 消えた。

 代わりに環境映像的⇒東京都心で初雪、平年より22日も早く : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

イチネタ ええいネタにしてしまえ

 これ⇒去年今年(こぞことし)貫く棒のごときもの! : 月刊FACTA - 編集長・陣中ブログ

 参考⇒●「正義」の『選択』の裏で進行していた辣腕ビジネスの崩壊

 参考⇒特別手記

 おまけ⇒asahi.com : Be on Saturday

 おまけのおまけ⇒はてなブックマーク - asahi.com : Be on Saturday:「ブログ」の中のうじ虫

 で、感想とかコメントとか…特にナシ。ってかメモっていうか、なんかこういうごたごた古杉な感じ酢。

新聞休刊日 幸い事件はないということで

 ほんとか。

[] 雪を待つ空を見上げるここにいる 終風

bobjokerbobjoker 2005/12/12 09:27 もしかして元上司でつか。

finalventfinalvent 2005/12/12 09:32 bobjokerさん、ども。あまり倒壊もとい韜晦する気ないんだけど、すまん、一律にそういうの答えないことにさしてくださいませ。

eternalwindeternalwind 2005/12/12 11:09 塾講師と女児は最初はやたらと仲が良かったそうなので、ツンデレのカテゴリーには入らないと思われ。

himorogihimorogi 2005/12/12 12:05 >XML Schemaが好きでない理由
それは暗黙で想定してるケースが比較的クローズドな、つまり系列的な取引だからではないだろうか。
>「重い」言語にしないように、皆で気をつけていきたいものだ。
結局人間が贅沢言うのが悪い。

finalventfinalvent 2005/12/12 13:38 eternalwindさん、ども。最新ニュースだと、そうみたいですね。

finalventfinalvent 2005/12/12 13:39 eternalwindさん、ども。なんかテクノロジーというか情報技術を哲学とかに結びつけたがる人多いですよね、そして、自爆。

finalventfinalvent 2005/12/12 13:39 himorogiさん、ども。XMLは…テキストだから…とかドツボリそう。

nonecononeco 2005/12/12 16:41 学校と家庭がダメすぎるかもねー。学習塾って、異常な空間だよ。いっそ、これを機会に学習塾がなくなって、自分の力で勉強するのが当たり前になった方がいいかもねー。学歴社会と受験商売と縁を切ることができるなら話は別だけど。

curefucurefu 2005/12/12 17:58 あまり関係ないかもしれないけど、実感として。私の大学の女学生にしても附属学校の女子生徒にしても、どんなに良好な関係を作れていても、少しでもシモがかった、つまり男性的な片鱗というか、「教師と生徒」ではなく「男と女」な構造を会話や態度の中に出してしまうと、女の子は凄い勢いで引いていきます。男性教師と女子生徒の関係が悪くなるのは、十中八九コレ。教師は教師であって、生徒の前では何があっても男であってはいけないのですよ。別に容疑者の大学生が性的な不純行為を働いたとは言わないけど、ついつい、どうしても出てしまう「男としての本性」見たいなものを、殺害された女の子の前で出してしまったのかなぁと。

curefucurefu 2005/12/12 18:05 連投で何ですけど、学校と塾の指導レベルって、どう見ても大して変わらないですよ。でもなぜ塾の方が優れているように見えるのかという事について調べてみた事があるんですけど、要するに「予習の強み」なんですよ。塾で予習しちゃうから、学校の授業は分かっている・知っていることを繰り返すだけになるのでつまらなく、低レベルに思えてしまう。逆に塾は予習なので、初めて学ぶ感覚と、「学校はダメだ」という先出の心理が相まって、塾>学校の構図があるように思えてしまうと。じゃあ学校はさらに塾の先取りをすればイイジャンとすると、塾はさらに先取るし、学校には指導要領による指導制限があるため、予習の理を得る事は厳しくなってしまう。

nami-anami-a 2005/12/12 19:30 今日、週刊現代のこの記事を読んで笑った。だってこの日記のコメント欄で話してたような事が、まことしやかに書いてあるんだもん↓
小泉首相「民主党取り込んで政界大再編だッ」−大連立密使を送ってた
http://www.zasshi.com/ZASSHI_SOKUHOU/data/syuukangendai.html

finalventfinalvent 2005/12/12 19:44 nonekoさん、ども。友人が塾やったんである程度想像はつくけど…いろいろでしょうね。

finalventfinalvent 2005/12/12 19:45 curefuさん、ども。ある意味で古典的な問題でもあったのでしょうが(これも知人が女子校の先生だったので)、ただ現代的な難しさはあるでしょう。ちょっと語りづらい問題ですが。塾については、こういうとなんですが、上下様々にしわ寄せ感はあるみたいです。優れた指導者も多いのですが。

finalventfinalvent 2005/12/12 19:46 nami-aさん、ども。「諸君」の島聡の文章もなかなかいいですよ、っていうか、民主党だめかも。

kagamikagami 2005/12/12 20:31 私も塾講師のアルバイトやってましたが、やっぱり、一番大切なこととして、全員平等に扱う、仕事として公平無私に徹するというのがあって、それを徹した人は上手くいって、逆に好悪で当ってしまう講師は上手くいかないという感じでしたね。今回の犯人は後者じゃないかなという感じがします。後、塾の勉学の強味は、”それぞれをフェアに競争させる”みたいなところにあるかなと。勉強すればそれは必ず結果(テスト)に反映されるということを子供に教えると、必ず子供は伸びるものだと思います。ただ、私は教室で30〜40人ぐらいを授業してましたけど、最近は少数指導型にスイッチしてるみたいで、色々変わってきているのかも知れません。

defnanadefnana 2005/12/13 00:10 「事件当日にも二人きりの教室で『キモイ』と言われた」
・・・ま、そんなところなんでしょうね。
言われた方も自覚してる部分があったんでしょうかね。

災いの元が何であるか、をそれとなく教えるのが
「世間知」であり、最も効果的に身を守る術なんでしょうね。

finalventfinalvent 2005/12/13 09:58 kagamiさん、ども。ええ、kagamiさんの倫理性のようななにかが重要なのでしょうね。

finalventfinalvent 2005/12/13 10:00 defnanaさん、ども。世間知というなら、ある種、匂いのような感じでわかると思いますよ。

2005-12-11

言うに野暮だが、中国人

 ⇒Runaway Trip★ B-side: 鳥かご

中国人は鳥をよく飼っているようです。しかもその鳥は餌がいいのでしょうか、巨大です。

 ま、これは一例であって、その例ですべてがと言いたいわけではなくて。

 とにかく、中国人は鳥を飼うの好きですよ。

これはあまりにむごいな、塾殺人講師

 ⇒女児の母 校長にたびたび相談

先月末には、紗也乃さんと萩野容疑者、それに担任の講師の3人で面談を行い、この際、萩野容疑者がしかりつけたうえ、たくさんの課題を出したため、紗也乃さんは泣いて帰ったということです。このあと母親が萩野容疑者の国語の授業は受けさせないと塾側に申し入れ、紗也乃さんは萩野容疑者の授業を受けなくなったということです。立木社長は「塾としてもう少し異常に気づいていたらこのような事態にはならなかったと思います」と述べ、あらためて謝罪しました。

 ざっくり見ると、これは塾がまずいね。

ココログが異様に重い

 食い過ぎ?

30過ぎた男の8人に1人は童貞

 ⇒親に結婚は無理だとあきらめられた人集まれ

78 :('A`):2005/11/20(日) 19:40:08 0

30歳過ぎて童貞なんてありえないだろ?と言ってる世間知らず達へ。

まずは国立社会保障・人口問題研究所(http://www.ipss.go.jp/)が実施した

下記調査の結果報告を見ていただきたい。

『第12回出生動向基本調査 結果の概要』

(結婚と出産に関する全国調査−独身調査の結果概要/2002年6月実施)

http://www.ipss.go.jp/Japanese/doukou12_s/single12.pdf

この12頁の「図II−3−2」に、未婚者の性交経験の割合が載っている。

それによると30〜34歳の独身男性で経験済なのは71%。

つまり残り29%は未経験ということだ。

さて、では30〜34歳の男性の独身率はどれくらいなのか?

これは、2000年(平成12年)に行われた国勢調査の結果で見ることができる。

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2000/sokuhou/02.htm

表2−2「配偶関係,年齢,男女別15歳以上の人口の割合の推移」によると、

男・30〜34歳の平成12年の未婚率全国平均は42.9%

ではこれら2つの数字を掛け合わせてみよう。

・30〜34歳の男性の独身率=42.9%

・30〜34歳の独身男性の性交未経験率=29%

以上より、30〜34歳の男性の性交未経験率=0.429x0.29=0.124

12.4%…実に30過ぎた男の8人に1人は童貞なのだ。

 話の作り方はホンマかいなではあるが、自分の感覚からすると結果の数値はそんなところかなとも思う。むしろ問題はというか問題でもないが、この童貞喪失のうちどれだけが性産業か。統計はないだろうな。あれば知りたいとも思う。はてなで聞いてもネタにしかならないだろう。ざっくり見ると半数はありそうな気はする。

 ネットにありがちな分類すると

   ピュア童貞(理由の如何を問わず、自称を除く)

   童貞じゃない

     性産業ですよ

     好き同士でやった

     好きでもないけどやった

 ま、こんな図柄か。これにどうオッヅを振るか。意外に重要なのが「好きでもないけどやった」で、私の印象ではこれは女性側が多いのでそれに男が巻き込まれるというのはあると思う。巻き込まれた男が、食ったぁくらいの栗先生のようならそれもまたよしだが、童貞だと、くる。

 面倒なのは、好き同士でやったといっても、それが続くわけもないし、結果論として好きでもないけどやったと同じになる。

 童貞であるか否かの問題は経験の有無の問題ではなく、それがどのような女観を形成したかにあるとは思う。

 村上春樹のどの小説だったか、裸の女の子の記憶はどれも同じ、みたいなのはありうる。というか、求めるものが同型ならそうだ。実際は、それは、かなり、違う。その違いを嗜好するに栗先生のようならそれもまたよしだが(くどいぞ)、それはただ迷路のようになる、だろう。

 実際の問題は、童貞以降の心象にあるのだろうが、そこはあまり、ブログなどではみかけない。恋愛の問題として語られるからだろう。愛はそこでも幻想になっているのだろう。

 ブログなどでは、非モテ、童貞として語られるのが目立つように思う。不思議な光景でもあるが、女イメージの先駆的な恐怖なのではないかとも思う。すでに世相はベーシカリーに女性の裸のイメージに溢れているのと、その関係性における男の自意識だけが突出からだ。つまり、そういう大枠の構造のなかで、問題が強いられている。

 もうちょっというと、言うにやばいが、そうした問題が、つまり、自意識に還元された問題としてそれが現れるのは、母との承認の関係の反復なのだろう。ということで、広義に母子関係の問題でもあると思うが、こうした話は、嫌がられるだろうし、ムキになって反論されてもそれほど問題意識が共有できるわけでもない。なので、そのくらい、ぼちぼち、あんじょうやってください。

 ただ、もうちょっと言うと、この問題の無意識がつきつけるのは、たぶん、「母」を犯すということなのだろう。ところが自意識の承認の無意識の支えがその「母」でもあるのだ。そしてそれはもっとも失いたくない無意識の圧力でもあるのだろう。

お好きなかたはお好みでどうぞ

 このあたり(毎度のリンク先も)⇒情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ): ライブドアによる不動産会社・ダイナシティ“買収”の裏側

 特にコメントなし。

もひとつホゲ これがアラブの世界

 ⇒livedoor ニュース - 「目玉くり抜き刑」の判決=サウジは執行停止を・人権団体

 サウジは1997年に拷問禁止の条約に加盟しているが、HRWによれば、サウジの裁判所は過去1年間で3件の「目玉くり抜き刑」を出している。また、サウジの法律は手足の切断やムチ打ちの刑も認めている。

 とはいえサウジはワハブを抱えているので洒落では済みません。

 余談だが、聖書世界にも継がれるハムラビ法典の「目には目を」だが、これは「目には目で」ということ。目を害したら目で償え、命で償うべきではないという温情の正義。

イチネタ ここで取り上げるまでもないが中国暴動

 ⇒asahi.com:「死者10〜70人」報道も 中国・広東の警官発砲?-?国際

 おソース⇒Protesters Say Police in China Killed Up to 20 - New York Times

 共同⇒中国広東省、暴動鎮圧で20人死亡・米紙が報道

 同紙は、武力を伴う当局の住民弾圧としては「1989年の天安門事件以来最大」と指摘。今後、国際的な対中批判が広がる可能性が出てきた。

 同紙が伝えた住民の証言によると、6日午後7時ごろ、武装警察が抗議行動鎮圧のため催涙ガスを使用したが、収まらなかったため威嚇射撃へとエスカレート。同10時ごろに住民を狙った銃撃が始まった。

日経社説 行方あいまい道路財源

 この問題がよくわからない。単純な叩きが多すぎるようには思う。

読売社説 [地制調答申]「検討に値する教育委員会選択制」

 内容はさておき、社説に取り上げる意味はあるだろう。

 答申では、教育委員会の機能は審議会など他の方法で代替可能とした。公選の首長に教育行政を委ねた方が、住民の意向が反映され、地方自治体として一元的な教育行政が出来ると指摘している。

朝日社説 前原発言 外交センスを疑う

 ここが笑いのポイントか。

 日米同盟は何より大事。中国には毅然と対する。だから民主党が政権をとっても自民党と変わりませんよ、心配はいりません。そう米国に言いたかったのだろうか。ならば、自民党政権のままでいいではないか。

 冗談はさておき。

 前原は小沢のビジョンを遠ざけたのだな。

 これで左派のバックラッシュはさらにひどくなるだろうな。その流れに流されていいかという朝日の躊躇いも多少感じられるのが風流。

朝日社説 温風機事故 回収に全力を尽くせ

 この問題はこういう構図ではないと思う。

 問題の温風機は、設計上の耐用年数が7年で、ゴムホースについては20年の耐用年数を想定していたという。しかし、不具合さえなければ7年以上も使われ、いずれゴムホースが劣化する可能性に思い至らなかったのか。

 それは話が違うでしょう。

[] 葉を落とす木々の力を思うなり 終風

nonecononeco 2005/12/11 09:07 童貞って、修道女のことだよね。あれ?
修道女って、ほんと美しいよ。どうして、そこまで美しいのかと。
つまり、童貞というのは、美しいということだ!

kinghuradancekinghuradance 2005/12/11 10:33 寺山修司の言葉に、「初潮を迎えるまでが女の子であり、初潮を迎えてから性行為を行うまでが少女であり、性行為を行った後は女だ」というような意味のものがありました。
これを男性に当てはめると、「精通を迎えるまでが男の子であり、精通を迎えてから性行為を行うまでが少年であり、性行為を行った後は男」ということになるのでしょうか。
団塊ジュニアの世代の少なくない人間が少年=中坊=厨房の地位に留め置かれているのはある意味象徴的なものであり、いずれは年長の世代に搾取され続ける立場から室町時代の「童子」のように秩序を紊乱する立場へとなるのではないかと思われるのですが、個人的には、何とかして「男性」へと軟着陸させる方法は何とかないものかと思っているのです。
所詮は、俗にまみれることでしかないのだということも思うのですが。

nami-anami-a 2005/12/11 11:49 自民・公明の連立与党と自民・民主の連立与党と比べた時、政策的にはほとんど変わらないんじゃないかと思うんだけど。TVタックルを見てると、自民党の若手議員から「だから、一緒にやろうよ!」としょっちゅうラブコールされてるし(笑

jeffsfiajeffsfia 2005/12/11 13:39 性行為を終えても男性は少年のまま。

next49next49 2005/12/11 14:36 こんにちは。
> 童貞って、修道女のことだよね
日本の童貞(ISBN: 4166603167)によると、童貞とは性行為を行っていない男女両方を指す
言葉だったそうです。広辞苑第5版だとnonecoさんの意味ものっていますね。

kinginsunagokinginsunago 2005/12/11 16:55 >警視庁から「犯人に告ぐ」
これを女性捜査官が、青年の主張の如く読み上げるニュース映像
http://www.nhk.or.jp/news/2005/12/11/k20051211000063.html
を見ましたが、一瞬反戦集会かと思いましたよ(苦笑
つうかお前らそんな暇有ったら捜査しろと小一時間(以下略

zyugemzyugem 2005/12/11 17:20 もはや犯人に自首を呼びかけるくらいしか,やることが無くなったと言うことでしょうか。
最近マスコミに出てくる情報も「漢字が読める」とか「金目当て」とか,いまいちなものばかり。

finalventfinalvent 2005/12/11 17:20 nonekoさん、ども。修道女は美しいよりも強い!

finalventfinalvent 2005/12/11 17:23 nami-aさん、ども。自公路線などのからみあるのでしょうね。しかし、現状、小泉がいちばんリベラルというのは変な風景でもあるのだけど。

finalventfinalvent 2005/12/11 17:23 jeffsfiaさん、ども。ええ、ある意味では。女性も。変わるのはもうちょっと後でしょうね。

finalventfinalvent 2005/12/11 17:24 zyugemさん、ども。漢字が…には万感の思いはあるのでしょうけど。

finalventfinalvent 2005/12/11 17:26 kinghuradanceさん、ども。「俗にまみれることでしかないのだということも」の頭に「風」とか。洒落はさておき、ご指摘、なんとなくわかります。言われる側はいやでしょうけど。

finalventfinalvent 2005/12/11 17:27 kinginsunagoさん、ども。見てないけど、見たら萌える? なわけないですよね。

eternalwindeternalwind 2005/12/11 18:32 団塊ジュニアだと私の同世代なんですが、これが事実だとすると、もうなんともいえないですね。
宗教的禁忌もないのに、こんな現象が起きるなんて外国人には信じられないでしょうね。
北方謙三先生のように「がたがた言う前にとりあえず童貞はソープ行け。」といった、誠に為になる
アドバイスをする大人が減ったのが原因でしょうか(w
団塊ジュニアの男が、大量に性愛とか結婚から降りてしまったのは事実でしょうね。気になるのは、その分余った同世代女の悲惨な末路ですが。統一教会の餌食になって韓国にでも行くんでしょうか(w

finalventfinalvent 2005/12/11 20:29 eternalwindさん、ども。山口瞳もそう言ってました。大人は言うものですね。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/12/11 21:39 右左翼がともにバックラッシュしてるのは小泉総理のポジション取りがうますぎるからですよ、と言ってみるテスト。いろいろ煙幕をはりつつも中道右派(分類によってはリベラル?)の総理と差別化しようとすると、どうしても右/左旋回しますからね

enemyoffreedomenemyoffreedom 2005/12/11 21:41 童貞の母性幻想ですが、なるほどです。非モテおたく向けのギャルゲー(エロゲー)って、じつは恋愛以前の擬似家族形成ネタが多かったりします。

himorogihimorogi 2005/12/12 00:31 ×ヲイヲイ支離滅裂だよ。
○ヲイヲイ支那滅裂だよ。

nervenarztnervenarzt 2005/12/12 07:00 >ざっくり見ると、これは塾がまずいね。
でも殺すとは思わないじゃん。
これはやはり(一方的な)痴情のもつれでわ。
「ツンデレ」かと思ったら「ツンツン」だったので切れた、とか。

finalventfinalvent 2005/12/12 09:03 enemyoffreedomさん、ども。バックラッシュの件というか、意外と官僚の質がいいだけとか。

finalventfinalvent 2005/12/12 09:03 nervenarztさん、ども。なるほどです。

samayoiarukusamayoiaruku 2005/12/12 10:50 東証の不具合の件がだんだん出てきましたね。
http://www.asahi.com/business/update/1211/004.html?

finalventfinalvent 2005/12/12 13:41 samayoiarukuさん、ども。以前からある程度は指摘されていたみたいですが。

2005-12-10

来年はどうなるか…

 の前に今年一年はどうだったか…よく思い出せない。

 「はてな」な年ではあったか。来年はIPO取り巻きが出るか、でないだろうな。

 「はてな」自体は、こういうと悪口みたいだけど、どれも、どぜう、だし。Fotolifeなんか目一杯脱力しているし。グラフは使えねーし、リングってそんなのもあったよね若い頃…。

 Google様はポコペン侵略に乗り出しているとも言えるが、ただカネに尻つかれて盲目的に動いているだけなのかも。Google Earthもチープトリックな感じだし。というか、カネは物を言ふ、ってやつか。

 Googleがかつてもっていたあるクレージーな感じがない。ジュリアの誕生日をお祝いしてしまうというなクレージーさというか理系ファンタジーみたいのが以前はあったのだけど、どうも、昨今はビジネスの匂いとToyというか無駄な遊びっぽい。

 わかんななぁ。

 MSがどこに行くのもわからないし、こんなインフラで.NETやり続けるのか。そいともJava

 わかんないのはカネがなにを欲望しているかがわかんないからか。

 まだまだ小さき物は暴風避けて小径を行くか。

言うに野暮だが…

 なんとなく気になる。

 これのコメント⇒[R30]: マンションを買うということ

おおよそ太郎さんのご意見に同意。

金融屋やら株屋のにほひが・・・。

投稿者: 丹 (December 9, 2005 11:35 PM)

 違うんじゃないかなと言ってみるテスト

 どう違うかなんてツッコミはなし。

 もとエントリの感想はなしっていうかなし。

 うーむ、野暮だが。

 時代は新自由主義で、だからローン組まないで一括で買うというのはどうか。ってか、時代は新自由主義か。手元にキャッシュをポジションしておいて、オプションの幅を持っておくのが王道…もそうか。まぁ、そうか。ようはディレイの問題だけか。

 ネットで見かけるリフレ派さんたちは理想が高過ぎるのかもしれないが、竹中はまじでインタゲ、っていうか、先日のFTでも露骨にインタゲにせよと宣っていたので、そのあたりはみんなで合意。というか、ぼちぼちでんなでしょう。とすると、金利はちょいと上がるか。

 今のところ円安が130、140円とフカスのを見かけないが、リフレに舵を切るとそうなるか? 円は逃げないの?というか逃げ出しているか。

 マクロ経済学的には「実質金利」とか言っても実際の庶民というかローン奴隷というか円を逃がすすべもないわけで、その差分で銀行は実際には儲かる。けど、このあたりが潮目か。

 株は上がっているけど、素人さん地獄の門はこちらってな匂いもするのでだが。

 その前に、楽天終了とかシグナルが出るか。

 よくわかんないなぁ。っていうか、うーむ。

 今、中小企業の資金繰りの情況ってどうなんでしょうね。現場から離れてしまって見えないが。

みずほ証券ミス

 ⇒asahi.com: 東証、誤発注のジェイコム株売買停止に 事態収拾見えず - ビジネス

 まず、みずほ証券は法人顧客から電話で「ジェイコム株1株を61万円で売って欲しい」との注文を受け、8日午前、コンピューター端末で発注したが、その際「61万株を1円で売り」と誤って入力。端末からは市場価格との隔たりを示す警告が出たことに気付いたものの、担当者はそのまま作業を続けた。この警告については「よく出るので慣れの中で結果的に無視してしまった」という。

 発行済み株式数を大幅に超える異常な注文に気づいた東証が、みずほに電話で連絡。みずほは、あわてて売り注文を取り消す注文を出した。

 コンピューター上では、「1円」で出した売り注文の価格がストップ安となっていた市場価格「57万2000円」に自動更新されていたので、取り消し注文は「57万2000円」で出さなければならなかった。ところが、みずほ側がそれに気づかず、「1円」のまま取り消し注文を出したので、取り消しが効かなかった。このため誤発注の収拾策として買い注文を出し始めた。

 つまり、それは、ど素人。

 嘘臭い⇒みずほ証券 株誤発注のウラ

 明らかに発注ミスだと分かるのに、そこに食いつく投資家がいることも、株式市場の現実だ。インターネット上では、誤発注のうわさがすぐ飛び交った。玄関サイト「ヤフー!ジャパン」のジェイコム専用の掲示板には、誤発注が起きた四分後の八日午前九時三十一分から「何これ?」「誤発注だ。買いを入れろ」「百枚もらった。今日はパーティーです」「家が建ちます。マジで」といった書き込みがあふれた。

 個人投資家が買えるのはごくわずか。こんな話をふかすんじゃねー。

 ⇒FujiSankei Business i. 総合/“みずほ証券ショック” 儲けた!?野村・外資 “通常の取引”で株取得(2005/12/10)

 野村証券が八日に千株(発行済み株式の6・9%)取得を発表したのに続き、米投資銀行のモルガン・スタンレーは九日、四千五百二十二株(同31・1%)を八日に取得したとする報告書を関東財務局に提出した。この二社以外にも米大手銀行が数千株を取得したと市場関係者の間ではささやかれている。

 バカがヘタを打ったとわかっていて買い込む野村とモルガン。この根性こそ眞鍋。

 っていうか、尻ぬぐいの互助会だったか?

 野村とモルガンが解け合わなければ悪党。

 でも悪党はほかにいるかも。

やる前に、自分を整える

やる前には自分を整えておく必要があります。 七三とか八二とか九一とか。

 

気がかりなことはありませんか。相手のチカラのこと、場の暗さ、フカシの効き具合、時間のこと、大門のこと、その他、何でも気にかかっていることはありませんか。水虫がちょっとかゆかったりとか。相手は内※樹みたいに合気道の段持ちだだとか。自分がやることに集中できるように、前もって段取りをよくしておきましょう。事後電話が行きそうなところは口を裏を合わせておくのもいいでしょう。必要があれば、世話なる人のことを伝えてカネを預けておきましょう。

 

前の日に準備していたとしても、直前に全く他の人に漏らしてはいけません。指示された要点を暗誦したり、もう一度やる場所の情況を想像しておいたりして、それでも興奮して寝付かれないなら軽くサンドバッグを叩いてウォームアップをしておく必要があります。前の日の準備は、いわば万能ナイフのようなもの。よく手入れをしておかないと切れ味は悪いものです。ですから、せっかく入念な準備をしていても、ちゃんと両手でしっかり構えてつっこまいなと、大失敗に終わる場合だってあるのです(相撲の話ですてば)。

 

あなたがクリスチャンなら、やる直前にはよく祈りましょう。自分の我力で救われないから阿弥陀如来のお慈悲があるのです。あなたがヤクザなら、しかたねー俺は鉄砲玉かと諦めるか、ここで一発命をかけて上にのしあがるかを考えましょう。あなたがクリスチャンでやくざなら、あるいはヤクザなクリスチャンなら、過ぎゆくこの世のことは適当に済ませてあまりムキになるのはやめときましょう。

そういえばこれは面白かった

 これ⇒ニャー速。:奇形児だけど何か質問ある?

 このトーンできちんと書籍にでもできれば価値があると思うが。

この軽いフットワークがR30さんのよいところかも

 ⇒[R30]: 米Yahoo!、ソーシャルブックマーク「del.icio.us」を買収

と、表題と全然関係ないことをいろいろと妄想してみた師走の土曜の朝でした。おしまい。

 というわけで、関係ない話がテンコモリというのも風流。‥‥なんて思う今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?

 ってなこと書いても無意味なんでデリったがちょっと変えて復活。

 ちなみに

 ⇒naoyaのはてなダイアリー - del.icio.us 買収に関してのつぶやき

 ⇒naoyaのはてなダイアリー - del.icio.us に関するつぶやき - その2

 ということであとなんか言うことある?

 はてなの今後? そのあたりが来年の話題でしょ、はっくしょっ。

もろたコメントからメモ

防衛「庁」って名前だけのことちゃうかに

 ツッコミ⇒nami-aさんより

 しかし、それでも、よくわかん、こともあるぞ、インクリメンタル。

松下欠陥温風器について

 ツッコミ⇒kinginsunagoさんより

 ほぉっと思った。今回との関連がよくわからないが。

みずほのばかプルーフはシステムでしょに

 ツッコミ⇒himorogiさんより

 そりゃ、救いようがないね。

イチネタ ネタかよというのあるでしょうしコメントはなしですが

 ⇒立川反戦ビラ配布 市民運動3人に逆転有罪

 ⇒Yahoo!ブログ - ブログ版ボラログ

イチホゲ ありげですがレゴで作った東大寺

 ⇒レゴで作った東大寺

 ご本尊がないのが難点。

日経社説 サミットで経済連携深めよ

 一例として。ちなみにこの社説何が言いたいのかわからん。

 とはいえ。

 日中間では「東アジア共同体」をめぐる主導権争いも激化している。日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日本、中国韓国)に加え、インドオーストラリアニュージーランドの3カ国が当初から共同体に参加すべきだとする立場である。自由、民主主義、市場を重んじる国々を仲間に入れることで、日本と共通の価値観を地域に広げる考え方は基本的に正しい。

 このため日本は、インドなどを含めた16カ国の首脳が集まる初の「東アジアサミット」の共同宣言に、共同体を築く役割を明記すべきだと主張した。これに対し中国は、共同体を協議する舞台をASEANプラス3に限定すべきだと反発している。ライバルの新興大国インドなどが入れば、議論で主導権を握れないと判断したためとみられる。

 日本の路線でいいんでないの。

日経社説 証券誤発注事故を繰り返さぬために

 一例として。どの社の社説のこの問題の話が異様につまらない。

毎日社説 議員年金与党案 これでは廃止とは言えない

 よくわからん。そーなのか?

追記

 ⇒■[議員年金] 議員年金廃止案の論点

 ほぉと思う半面、やっぱしよくわからん。

朝日社説 ビラ配り有罪 表現の自由が心配だ

 表現の自由はそんなふうに行使せんでよろし。

朝日社説 米産牛輸入 消費者が求める情報を

 知らないことを正義面で書くと転ける見本。

 米国は輸入できる月齢を30カ月に引き上げるよう要求しているが、日本では21、23カ月の感染牛が見つかっている。認められる話ではない。

 あ・ほ・か。

 この感染検査は学術上の意味しかない。

[] 手袋を無くす我が手を無くすごとく 終風

なんとなくログイン

 まず、ぶくまだけ。

nonecononeco 2005/12/10 11:32 都市型小作人の囲い込みバブル、崩壊の兆しがマンション問題なのかなぁ。金貸しから証文とられて、年貢もとられて、小さな土地からは利益がでるわけでなく…、出稼ぎで他人の土地で小作行をしつづけなければならないような。土地が分割されすぎたら、農地だろうと宅地だろうと、差益が小さくなって負担ばかり重くなるのと違うか? それとも、本業の本質が問われだしたのか?

nonecononeco 2005/12/10 11:45 あら、R30チンのエントリーが消えた! 復活はあるのか?

nami-anami-a 2005/12/10 12:09 >日本の路線でいいんでないの
私もそう思う。マスメディアで反対してるのって朝日くらいじゃないの。多様な価値観を認めないのは、リベラルとは言い難いと思うんだけど、左派が迷走してる原因もその辺にあるのかなー

finalventfinalvent 2005/12/10 13:37 nonekoさん、ども。なにげに復活しときました。(要らんかと思って消してた。) 現状のプチバブルはむずかしいですね。

finalventfinalvent 2005/12/10 13:37 nami-aさん、ども。ほいで右派も反中というくらいしかないし。

nami-anami-a 2005/12/10 14:57 日記に、議員年金廃止案の背景を書いてみた。憶測だけどね、どう思う?

finalventfinalvent 2005/12/10 15:49 nami-aさん、ども。追記しときました。なるほど裁判だと負けかもねとは思いますね。ただ、なんか裏の動きは違う感じがします。なんなんでしょ。ま、このあたり年金問題の不気味なところです。一見すると民主党案のほうがよさげだけど、実際はナンセンスなのかみたいな。

nami-anami-a 2005/12/10 17:39 >一見すると民主党案のほうがよさげだけど、実際はナンセンスなのかみたいな。
どうも民主党の政策というのが、シロウト受けは良くても、専門家の目から見ると実行性に欠けてて、それが政権担当能力に疑問を持たれる所以じゃないかと思うんだけど。ちゃんとしたブレーンがいないという苦しさはあるんだけどね。
感じるんだよね。

finalventfinalvent 2005/12/10 19:49 nami-aさん、ども。そこで大連立ですよと言ってみるテスト…ま、小沢はしないでしょう。小泉は案外ポスト小泉は考えてないのかも。民主党はどうなるのでしょうね。

ApploodApplood 2005/12/10 22:09 2ちゃんねる発で、ES細胞新展開。
さてさて物凄いことになってきました。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1134218309/

ApploodApplood 2005/12/10 22:09 2ちゃんねる発で、ES細胞新展開。
さてさて物凄いことになってきました。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1134218309/

finalventfinalvent 2005/12/11 17:28 Apploodさん、ども。この話題、けっこう初期時点でからヲチしてきたのでまとめようかなと思ったけど、なんかやめとくって感じです。みんな燃えてるし。

2005-12-09

ブログサバト また金曜日

 今週も早かったなという感じ。ブログ界?なるものがあるのかわからんが、自分もだいぶずっこけてきた感はあるが、もともとそーだったでしょ。

 世の中は、メディアを見るになんだか騒がしい。マシンが社会に浸透するに、とほほエラーが社会システム全体に及ぶ。…問題は…たぶんマネージメント対応、つまり、人間のモラールなり対応がしっかりすればいいというのが過去だったが、ホントにそれは過去。

 60万株売りといったらルーチンでアウトにするtry catchを作るのシステム屋の使命…っていうことは、社会全体がβ版化していくのだ、はてなのようにな。

 ってなうぜーことを思うが、世に流されているからであろう。

 ま、そゆことで。

 みなさま、風邪をひかぬよう、こじらせぬよう、頭痛だったらまずアセトアミノフェン300mgを。

イチネタ 彼は「ヤケ」になっていた(オヤジギャグでスマソ)

 ⇒asahi.com: 偽名確認、本名は「トーレス・ヤケ」 広島女児殺害事件?-?社会

 うーむ、笑っていいのかわからん。これまでのどたばたはなんだったのか。特に朝日。

 NHKは今朝から「トーレス・ヤケ」だった。

 で、要するに日系人なのか、って話題は何処へ。

イチホゲ 理系エリートってこんなんすかね的にとられるかも的

 ⇒東大助教授、女子中生買春で御用!値切ったり便所でH…ケチケチ38歳

 ⇒Yuichi Takushima's homepage

 ま、これで改心してよい先生・研究者に戻って日本の技術に貢献してください。よい頭をあまり潰さないこと。

日経社説 自衛隊がイラクで有終の美を飾るには

 標題がアレだが。

 ただ実際の出口戦略は日本だけでは描けない。自衛隊が駐留するサマワの治安を担当する英国オーストラリアの動向も重要だが、日本の任務は人道復興支援である。治安任務であればイラクの治安組織が機能すれば撤退できるが、復興支援はもっと息の長い仕事である。自衛隊だけでなくNGOも含めた「オールジャパン」の取り組みが必要になる。

 このあたりは社説としてバランスがよい。

毎日社説 イラク派遣延長 陸自後の総合戦略が必要だ

 自衛隊サマワの道路や公共の建物の補修などの工事で1日あたり1000人を超える地元住民を雇用している。自衛隊の撤退で職が失われれば地元民の反発を招きかねない。

 朝日ほどお馬鹿なことは言えないものだが、それでもこの社説はイラク情勢の全体像が抜けている。

 余談だが、他国のことになるとテロの人質は話題にもならない。ああニッポン人。

 ⇒'We have killed the US hostage'

読売社説 [温風機事故]「過去の教訓を忘れた企業の責任」

 これもよくわからん事件だ。概ね水に落ちた犬は叩け以上はない。

 製造者が損害賠償義務を負う期間10年を超えているため、問題の温風機に製造物責任(PL)法は適用されない。10人の死傷者にはPL法上の補償はない。

 となると松下に大きな落ち度はないと思うのだが。

 購入者を把握し切れないことも、対策の遅れの一因だ。販売店が顧客を管理していても、他人に譲ったりすれば、商品の所在の把握はお手上げだ。官民で有効な手法を考えたい。

 かくしてまたも「官民」となる。

 すげーバックラッシュな日本だ。

読売社説 [『防衛省』昇格]「次期国会で関連法の成立を図れ」

 なぜ名前にこだわるのか理解できない。もちろん、これ読んでも。

朝日社説 自衛隊イラク派遣延長 速やかに撤退の準備を

 あはは。朝日節健在ということか。馬鹿さかげんも元気の内。あれだけ懸念材料であったスンニ派の政治統合が進んでいること、保守メディア系でも撤退の理性的な議論が進んでいることなどをすべてなかったことしにして吹く吹く朝日。でも、このぐらい元気があってよろし。

[] 眼前をみな過ぎていく十二月 終風

himorogihimorogi 2005/12/09 10:37 みずほの、というかジェイコムは初日だったので指値のチェックがスルーモードになってたらしいです。
まー、しかしそれも証券会社だから可能な技であって。

nami-anami-a 2005/12/09 10:52 >なぜ名前にこだわるのか理解できない
外局(庁)と省じゃ、組織の法律上の位置付けが違うよ
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B3%B0%B6%C9?kid=62712(国家行政組織法第3条を参考)

himorogihimorogi 2005/12/09 10:57 特定アジアニュースさんとこで知りましたが、これは笑える。
>仁なれば即ち栄え
http://www.asahi.com/business/column/TKY200512080245.html
社説ならともかく、経済コラムでこんなでたらめ書いちゃまことにイカンと存じます>朝日
社説ででたらめ書いてもいいというわけじゃないけど、いまさら朝日に逝ってモナー。

himorogihimorogi 2005/12/09 11:13 >発注ミス 損失は300億円に
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/12/09/d20051209000034.html
>端末画面には、誤った注文ではないかと警告するメッセージが出ましたが、これを無視して
ありゃりゃ。

BaatarismBaatarism 2005/12/09 11:38 朝日のあのコラムは電波ゆんゆんですから。
昨日の「いつか来た道」にも、bewaadさんが細かいツッコミを入れてますね。
http://bewaad.com/20051208.html#p02

kinginsunagokinginsunago 2005/12/09 19:58 松下電器の欠陥温風器の件は、グーグル先生に「マンデー事件」で聞くと宜しいかと…

mtfyfmtfyf 2005/12/09 22:06 しかし国連分担金ってどういう算定方法で決定されているのですか?分担金云々について議論する場合には
まず、その点についての詳しい説明があってよいと思うのですが、残念ながら、そういった議論をあまり目
にしません。朝日もそういったところから攻めていけば、面白いと思うのに・・・。

finalventfinalvent 2005/12/10 11:16 nami-aさん、kinginsunagoさん、himorogiさん、ども。明日のダイアリーにコメを。

finalventfinalvent 2005/12/10 11:17 Baatarismさん、ども。あれ、なんなんでしょう? エンタ?

finalventfinalvent 2005/12/10 11:17 mtfyfさん、ども。あれってGDP比例かなにかでは? すんません知りません。

2005-12-08

Let it be は臨終の歌でしょ、多分、あるいはそのサブリミ

Ave Maria, gratia plena,

Dominus tecum,

benedicta tu in mulieribus,

et benedictus fructus ventris tui Iesus.

Sancta Maria mater Dei,

ora pro nobis peccatoribus, nunc, et in hora mortis nostrae.

 

めでたし、聖寵みちみてるマリア、

主、御身と共にまします。

御身は女のうちにて祝せられ、御胎内の御子イエズスも祝せられたもう。

天主の御母聖マリア、

罪人なるわれらのために、

今も臨終の時も祈り給え。

 

Holy Mary, mother of God,

pray for us sinners, now, and in

the hour of our death.

 

When I find myself in times of trouble

Mother Mary comes to me

Speaking words of wisdom Let it be

And in my hour of darkness

She is standing right in front of me

Speaking words of wisdom Let it be

 

Let it be Let it be

Let it be Let it be

Whisper words of wisdom Let it be

わけわかんないほど大漁

 これ⇒はてなブックマーク - 英文メールを書くときに便利な表現集

 海流の流れに変化があったのか。

ジョン・レノンなんかなんの関心もねー

 が、明け方、Let it be の夢を見た。というのも変だが。

 Let it be ってなんて訳すんだろとかつらつら考えてもいた。

 そんだけ。

 ⇒New York Daily News - City News - Yoko meditating today

So has the couple's 30-year-old son, Sean Lennon.

 ショーンも30歳、と。

 もうひとり、Julian っていうのもいたはず。

12月8日関連の過去ログ

 二年前⇒極東ブログ: 明日は12月8日

 一年前⇒極東ブログ: 1944年12月7日マグニチュード7.9の地震が発生した

 今年はなんも書かないと思う。

そういえばクロ現で巨大スーパー=ショッピングセンターの話をしていた

 米国化みたいなものでしょとも思ったがそうでもない。NHKの視点はあいも変わらず地域住民の生活の高齢者のなんたらのかんたらのっていうクダラネーものだった。

 ただ、解説者の指摘がちょっと気になった。

  1 土地が余っているし安い(工場が消えたし)

  2 ファンドがあってカネがじゃぶじゃぶ(投資先探しの苦労がない)

  3 テナント料が入るのは美味しい(これはほぉと思った)

 リフレ政策って実際に目に見えるところではこんなものなんだろうなとも思った。カネが余ってじゃぶじゃぶとしているとこうなる、と。

日本の左翼がこれを理解できればいいのだけどね…

 ちと古いが⇒asahi.com: ヘッジファンドは米金融システムに前向きな力=バーナンキ氏 - ロイターニュース - ビジネス

 同氏は、「無関心にならないことが重要だ。FRBにとって重要なのは、マーケットで何が起きているかを認識することだ」とし、「ロング・タームキャピタルマネジメント(LTCM)が破たんして以降、ヘッジファンド業界は、より高度となり多様化した一方で、レバレッジは弱まり、柔軟性が増している」と述べた。

 これもちょい古だが⇒ヘッジファンドについてより高い透明性が必要=バーゼル委員会議長

 カルアナ総裁は、ヘッジファンドが金融市場の「潤滑油」として機能し、効率性の向上につながっていると指摘。ただ、銀行のように当局の厳格な監督下にある金融機関から債務などのリスク資産を買い取ることによって、金融システム全体のリスクを増幅させる可能性があるとの見解を示した。

 チョムスキー先生の大枚もそんなあたりで舞っているのでしょう。

予想されていたという以上はないんでないの

 ⇒asahi.com: いつか来た道 - 経済気象台 - ビジネス

 政府一体となった「リフレ策」への傾斜がはっきりしてきた。日銀の超金融緩和を利用して、デフレからの脱却、更には株価や地価の上昇、名目成長率の押し上げをはかろうというものだ。ここには政治的な思惑や外国資本の圧力が見え隠れする。

 物は言い方というだけではないのか。

イチネタ というべきではないのだろうが…少年の、追いつめられた自殺

 ⇒信濃毎日新聞 丸子実高の1年生自殺 母「いじめ」学校側は否定

母親によると、高山君は所属していた運動部内でいじめがあったことを苦にしていたという。高校側は「いじめとは考えていない」としている。

 ⇒=田中県政追撃コラム&取材メモ=:自殺した、高山裕太君の遺書

 BMP画像だが⇒裕太くんの手紙 12/2

 イジメの有無、その背景の政治…と考えていくべき側面もあるだろう。そして多分この問題はクローズアップされることもなく消えてしまうだろう。

 私にとって思うことは、少年が一人自殺したという重みだけである。自分もよく思い出せないが、ティーンエージのころ自死に近かった。通り過ぎる電車の轟音のイメージだけがなんとなくある。死ぬか生きるかはごくわずかの差であろうが、その差がなによるのかわからない。今も。

イチホゲ 浅田彰先生も参加した?

 ⇒livedoor ニュース - "よさこい"もほっとけない!

 「よさこい」の衣装は、ホワイトバンドをイメージした特別仕様のもので、「白いものを身につけることで、貧困撲滅のメッセージを発信しよう」というホワイトバンドの本来の意味も表現しているという。

日経社説 行政訴訟の門戸を広げた最高裁判決

 しかし行政訴訟制度の実態は貧弱だった。一連の司法改革の青写真になった司法制度改革審議会の意見書は「司法の行政に対するチェック機能の強化」の項で行政訴訟の機能不全を指摘し、制度の見直しを要請した。訴訟法の改正は改革審の議論に基づいており、中で原告適格の拡大は「改正の中核」とされた。

 ただし原告適格を広げるだけで行政訴訟制度は本当に使いやすくはならない。裁判所には行政のチェック機能を果たす積極的な姿勢が要るし、行政側は従来の「門前払い判決を狙う」訴訟戦術を改めるべきだ。弁護士も国民の権利・利益を守るために訴訟制度を活用する法技術を磨く必要がある。改正訴訟法の付則は、施行状況の検討を政府に義務づけた。改正法に不十分な部分があれば、再改正もためらうべきではない。

 こういう社説をコンスタントに読めないものかな。その分、金払ってもいいよ。

 司法が大きく変わっていく現状に、うまくジャーナリズムがついてこれてない。

 あたりちらしにとらないで欲しいのだが、ブログの世界は、法学者さんや経済学者さんのタマゴがいっぱいいて教科書的ないっぱしの議論をするし、教科書的な知の垂直性というものは世間知によって否定されるものではない。私なんぞもネットの世界では馬鹿とみられているのだろうが欧風のアカデミズムの世界を見てきた。

 問題は本当に世間=世界と向き合う実務家の苦労というかそれをどう大衆と結びつけていくかだ。古典的な解答は啓蒙であろうし、昨今の解答はマーケティングであろう。そして歴史においてそれは「信」というものだった。

 そうではない道はあるのか。あると思う。手間をかけて人の心のなかに一つ一つ魂を育ていくことだ。二十年をかけ、三十年をかけて理解される言葉とその活動をつむいでいくことだ。つまり、即効性はない。