finalventの日記

2006-06-21

きっこのネタ元追跡2

 ま、たる〜っといきましょ。たいした話ではない。

 中国製スパイウエアご注意⇒きっこの日記 2006/06/21 (水) 猿と犬との監獄ロック 1

‥‥そんなワケで、ニポンと同じように、国民の命に関わるアメリカ産狂牛肉の輸入を禁止してた韓国でも、2年半ぶりに、輸入が再開されることになって、一時は、6月7日から輸入を再開するって発表された。だけど、この輸入再開に先がけて、韓国の視察チームが、2週間に渡ってアメリカの食肉処理施設を視察して回ったところ、ナナナナナント! 35ヶ所の施設のうち、7ヶ所もの施設が、最低限の安全基準すら満たしてなかったことが分かったのだ。ようするに、月齢の確認がどうだとか、危険部位の除去がどうだとか、そういったレベルの問題じゃなくて、カナダ産だとかの、産地の違う牛が、平然と混入されてたのだ。この視察チームの報告を受けて、韓国政府は、6月7日からの輸入再開をソッコーで取りやめにして、完全に安全であることが確認されるまで、輸入禁止を続行することにした。ま、当然だよね。

 ポイントは「35ヶ所の施設のうち、7ヶ所もの施設」というところ。

 このネタ元は何?

 ⇒米の対日牛肉輸出、7施設不適…韓国が現地査察 : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 米中堅食肉加工会社「クリークストーン・ファームズ」(カンザス州)のジョン・スチュワート最高経営責任者(CEO)が12日、ワシントン記者会見にて。

 韓国政府筋の情報として語った。

 同氏によると、米国産牛肉を輸入停止している韓国政府が、輸入再開前の手続きとして米国内の38施設を査察したところ、対日輸出資格も持つ7施設で、カナダ生まれの牛が米国生まれの牛に紛れ込むなどの問題が見つかったという。

 韓国政府は査察後、今月初めにも認める予定だった米国産牛肉の輸入再開を当面延期する方針を示した。

 というわけで「米国内の38施設を査察したところ、対日輸出資格も持つ7施設」

 このズレは何? というか何故?

 きっこの「35ヶ所の施設のうち、7ヶ所もの施設」という情報はどこから?

 なにか朝鮮ソースがあるのか?

 ちなみにこれは日本の話⇒asahi.com:日米、牛肉輸入再開で合意 7月にも再開へ - 政治

 米国産牛肉の輸入は昨年12月にいったん再開されたが、今年1月から停止されていた。

 今回の合意を受け、厚生労働省と農林水産省は月内にも専門家を米国に派遣35の牛肉処理施設を訪れ、BSEの原因物質が蓄積しやすい脳や脊髄(せき・ずい)といった特定危険部位を確実に除去する態勢など、日米で決めた輸入のための安全条件が守られているかどうかを詳しく調べる。

 算数に弱いきっこただの混乱?

 ついでにいえば。

 きっこでは「完全に安全であることが確認されるまで、輸入禁止を続行」。

 読売では「輸入再開を当面延期」

 ただのフカシ?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20060621/1150883487
最新コメント一覧