finalventの日記

2006-07-17

ゲド戦記 下馬評 案外よく出来ているのかも。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

原作通りに出来てます。これなら世界中の原作ファンは文句言わないだろう非常に堅実な仕事です。

初監督という事もあり父と違って演出で暴走できなかったのでしょうし、

皆が言うほど悪いとは思いません。

欧米での評価は違ってくるかもしれませんので日本の興行だけで全てを語る事はできない。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

内容を見ていて、不思議に思う部分も多かったので、

もう少しわかりやすくストーリーに組み込んでほしかったです。

終わった後に心に残るものがなくて、残念でした。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

結構辛辣な評価を下してる方も多いですが、そこまでとは思いません。

確かに、原作を読んでいても分かりにくいところはありました。が、壮大な物語をよくあそこまでまとめられたと思います。少々説明不足は否めませんでしたが(テルーことや、生死両界の扉の件は原作全巻読んでいないと分かりませんし)。

それでも、最近の映画には無い、ストレートに答えを出さない(出せない)物語は普遍的な「生と死とは」というテーマを持っていますし、今の時代によく合う内容だったのではないでしょうか。…子が親を、親が子を殺すような時代ですから。

「分かりにくい」という評価は、映画を真剣に見ての結果だと思います。真剣に見てつまらないと思われたのなら仕方が無いことです。けれど、これから本公開に合わせて見る方たちは、他の方の意見に惑わされず、素直に映画を見てほしいです。「分からない」というのであれば何が分からないのか、考えてみるのもいいのかもしれませんね。

 つうかなぜ、テルーが3巻に出てくるのか?

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

先日、試写会に行って参りました。私は原作を全て読んでいるのですが、あの内容をここまで分かりやすくしただけでも凄いと思いましたが・・・ただ、皆さんがテナーの存在やテルーの存在が?って思うのも仕方ないなとも思いました。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

個人的には、影が実は光であり、自分自身が影になっていた、という

設定が良かったです。

 それって1巻でしょ?

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

私は原作を全く読んでいません。何の前知識もなく作品を見て、まず何故アレンは父親を殺さなければならなかったのか、そもそものストーリーの発端からわかりませんでした。

帰宅後いろいろ調べましたが、外伝を含めて6巻構成の原作の、3巻だけを切り取って突然見せられても、わかるわけがありません。

アレンの影の部分は1巻のゲドの若き日と通じるものがあるし、テナーというゲドが心を許している女性については2巻を読まないと関わりがわからなそうだし・・・。

 アレンの父殺し? なぜ3巻にテナー? アレンの影?

 わからんことばっか。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

全6部からなる原作のうち3作目を映画化したのが今回の映画なのですが、あまりに説明不足で、原作を読んでいない人には楽しめません。

 

なぜアレンは父を殺したの?

なぜテルーは○なの?

なぜ賢者は・・・なの?

なぜこの世界には名前が2つあるの?

 

というように、謎が多くて理解できません。

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

しかし、何はなくとも、少女テルーのあのアカペラの歌は心に染み渡る。なんとも心が和む。素敵な歌声。最近歌が良くてヒットする映画が多い!!黄泉がえりや、タイヨウのうたなど。

 テルーの歌?(声もまともに出ないのに?)

 ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

テルーが突然 ドラゴンになったところなど、映画上映中にも関わらず、隣の友人と「なんで?」と顔を見合わせてしまいました。

 それは5巻。

 もうわけわかめ

 ⇒ ⇒Yahoo!ムービー - ゲド戦記

何が酷いって、そりゃもうストーリーが破綻していますがな。

そもそもゲドの舞台を2時間やそこらでまとめよう、しかも掘↓犬魄貊錣法△箸いΔ里土台無理な話。

英雄活劇、恋愛活劇という路線に無理やり乗せようとし、レバンネンの性格はねじまげられ(レバンネンはI部のゲドみたいな状態になってるし)、テルーは恋愛路線に乗せるために著しく美化されています(片手つぶれてないしね)

 テヌハーテハヌーのイメージが。

マルクスの労働価値説

 あるいは剰余価値説とすべきか。まあ、きちんとした議論はさておき。

 私はポスト全共闘世代だし、出発点からしてアンチ・マルクスだった。最初からスラファ(Piero Sraffa)があるわけで。その後も森嶋とか読むに、マル経、ダメじゃんとかとか。

 ネットをひくとこんなものがある⇒ピエロ・スラッファ (Piero SRAFFA)

 あまりスラファの解説になってような。

 その後、全然関係ないスジから吉本隆明を読み出し、彼のマルクス理解に滑り込んだ。吉本はマルクスの大筋をけっこうきちんと捉えているものだと思った。ただ、依然、経済学としてのマルクスはもうどうでもいいでしょとも思った。

 ちなみに、ふとウィキを引くと。

 ⇒価値 - Wikipedia

交換価値

 交換(こうかん)は、経済活動の最も基本的な行動である。すなわち、物々交換も貨幣による売買も交換である。マルクス経済学では、交換される二財には、二つを釣り合わせる何かがあると考え、これを価値と呼んだ。交換は価値の等しい二財間で行われることになる。等しくなければ、どちらかが一方的に損をすることになり、いずれは交換が成立しなくなってしまうからである(等価交換の原則)。そして、これらの価値を測る絶対的尺度が、商品に投下された「労働量」である。価値は、抽象的人間労働によって生み出されるものであり、希少性や一時的な需要によるものでないとマルクス経済学では考える。(労働価値説)

 しかし、近代経済学から、労働価値説は資源配分をうまく説明できないことが批判された。例えば、熊が鹿の2倍の価格であったとき、労働価値説は、次のように説明する。すなわち、狩人が熊を一匹獲るのに6時間、鹿を一匹獲るのに3時間かかったからだと。しかし、この説明には大きな欠点がある、と近代経済学は指摘する。なぜ、狩人は鹿の2倍の時間をかけてまで、熊を捕らえたのだろうか。それは熊が鹿の2倍の価格だからではないか。もし、熊の価格が鹿の2倍を超えるのであれば、全ての狩人は熊を狩り、熊の価格が鹿の2倍を下回るのであれば、全ての狩人は鹿を狩るのではないか。つまり、各財への資源配分(ここでは労働量)の大小によって各財の価格が決まるのではなく、各財の価格が先に決まって、それに沿って各財へ資源配分がなされるのではないか、というのが近代経済学からの批判であった。

 まあ、私が勉強してころとさして変わらん与太っぽい。

 むしろ、森嶋のモデルのほうが致命的だったわけだが。サミュエルソンが言うように、剰余価値は利潤と同じことになる。

 まあ、そんなこんな。

 これも与太っぽいが⇒労働価値説 - Wikipedia

労働価値説の限界

 労働価値説については、オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルクによるマルクス批判がある(「カール・マルクスとその体系の終結」1896年)。

 また、近年の第三次産業の発達により、生産物を生み出さない産業が増えてしまった。例えば、歌手やプロスポーツ選手が価値を生み出すのか。これについて労働価値説は経済学的に適切な答えを出しにくい。

 で。

使用価値と効用

 一方、近代経済学では、価値の根源を人間の欲求・欲望に求める。欲求は主観的なものであり、異なる個人間での比較のための絶対的尺度とはなり得ない。交換が行われるのは、相互の欲求に差異があるからであり、交換により双方が利益を得て(消費者余剰、生産者余剰)、パレート効率を達成する。

 近代経済学では、価値を商品固有の属性とは見なさないため、価値という用語の代わりに効用(こうよう)を用いる。効用は個人に特有で主観的なものであり、異なる個人の効用を比較することさえできない。そして、取引成立のための最終交換単位による効用の増加分(限界効用)が価値(価格)決定に大きな役割を果たすことを明らかにすることで、使用価値と交換価値を統一的に説明した。(効用価値説)

 価値の起源に関する新しい発見により、近代経済学は従来の経済学から独立し、発展することとなったのである。

 とかいうのだが。

 私は、しかし、大筋ではマルクスの考え方でよいのではないかというふうに、近年ぼんやり思う。もちろん、それがすでに「経済学」の文脈には載らないだろうが。

 労働≒搾取、というのは、他者への欲望とその介入の権限・権力≒汎用権力、という構図なのではないかと思う。もちろん、それが貨幣現象として現れ、それは近経のように振る舞うのだろうが。

 他者・欲望というものの交換の背後にある汎用権力というものが、貨幣と国家とどう結びつくのか。

 詩的に言えば、リンゴの価値とは、古典的にはリンゴを取ってくるまでの労働であったが、それはたぶん、リンゴを取らせるように人間をし向ける権力と欲望の対価なのだろうと思う。その意味で、リンゴもまた貨幣として現れうるのに、貨幣がまさに貨幣として露わうる権力の構図が本質的に埋め込まれているのだろうと思う。

 吉本は、国家権力の呪術性を共同幻想のなかに捉えた。それが間違いとか合っているとかいうのはさておき、私はそれは汎用権力というものの必然的な現れではないかとも思う。

 まあ、このあたりの考察については、栗本さんもすっかりあっちに行ってしまったし、ポランニも読みづらいしということで、時折ぼんやり考えるだけだが。

議論がきちんと噛み合えば面白いのだろうなとはちと思う

 1⇒池田信夫 blog:マルクスとロングテール

 2⇒[R30]: 悪夢のロングテール考

 3⇒池田信夫 blog:マルクスとロングテール(その2)

 で。

 それはそれとして。1の。

必要を超えた過剰な資源が利用可能になる社会というのは、非現実的に聞こえるが、半導体の世界では(ムーアの法則によれば)性能が40年間で1億倍になる「爆発的な富の拡大」が生じ、コンピュータは「必要に応じて使える」状態になっている。これによってITの世界では、資本家と労働者を区別していた「資本」の意味がなくなり、だれもが情報生産を行うことができるようになった。

 このあたりが面白い。

 批判とかではなく、この部分は、資本論を逸脱していると思う。

 アウトラインだけいえば、資源=リソースの問題ではなく、サービスの問題だろうし、サービスであれば、マーケットがその価値を定位する。

 ところがここではリソースが一億倍という話になり、それによって資本の意味がなくなるという話に展開する。

 わけわかめといえばそうなのだし、「富」概念が曖昧だから議論が曖昧ではないかとも言えないこともない。ま、そんなことが言いたいわけではない。

 富を裏打ちするのはサービスであり、それはニアイコール労働としていいだろう。どこかでサービスが搾取される必然的な変化をITが担っていたと考えるほうがよりマルクス的だろうと私は思う。

 ただ、そう言っても池田氏と議論が噛み合うものでもない。

 で。

 私のこの問題のマルクス的なフレームワークに引き取る。

 たとえば、米国の衣料産業を事実上潰したのはなにか? ITと言えるか。このあたり、経済学者とかエコノミストの意見を聞かない。愚問だからとも思えるが。直接的に衣料産業をITが潰すわけはない。

 だが、国際貿易の比較優位のように、産業セクター間の比較優位のようなことが起こり、ITが富≒サービス≒労働となるとき、労働者をITが吸収する一方、この産業セクターを対外的に移動させる。

 粗っぽい言い方が続くが、これは簡単に言えば、中国人とかの労働の搾取の構造でもあるが、マルクスがよく見ていたように、この運動は搾取という一方的な問題ではない。というか、こうした弁証法的な運動こそが本来の帝国主義論となるべき萌芽であった。

 すこし話を戻す。

 富が膨れたのではなくサービスを吸収するシステムが膨れたのだろう。そして、資本というのはいわゆる富に裏打ちされたものというより、よりシンボリックななにかになった。あまり突っつくのもなんだが国家が通貨をいじるということが大きな意味をもったのはこのシンボルと国家の関係だろう。

 というか、超国家と米国とドルとは基本的には同じなのだろう。といえば曖昧すぎる。

 まあ、議論のうまいフレームワークが見えない。

 で。

アナロジーがここから先も続くとすれば、マルクスが予告したように「物質的生産の領域のかなた」にあるサイバースペースでは「貨幣の消滅」が起こるかもしれない。

 これも面白い指摘だが、たぶん逆の意味だろう。現在ですら巨大なマネーはシンボルであって貨幣的でない。

 話が錯乱するが、もう一つのファクターは農業だろう。ITによって農業が構造的に搾取されるようになったというか過剰な生産性が結果的に農業的な農業(これは非貨幣経済的という意味)を潰した。

 人類の大半はその人生を貨幣と関わりなく幸せに生きられるはずだった。そうした農民の存在をマルクスは憎みスターリンは意図的に殲滅した。スターリンの誤解は悪夢のようだが、マルクスの理念はそれが先進国において必然的に起こるとした、が、それはローカルに閉じていたというのが前提だろう。国家は貿易や戦争など結びついていたとしても依然ジオポリティックなものだっただろう。

 今我々が直面するのは、そういう世界ではなく、人生を貨幣なく幸せに生きられた人々をねこそぎ世界の運動に巻き込むようななにかだ。

はてなQより パイオニアという会社

 ⇒人力検索はてな - パイオニアってどんな会社ですか? wikipediaとか、会社のホームページを読んで基本的なことは分かりましたが、どのような特色があるのか、また沿革や特徴的なイベント、そ..

 私が知っているのは10年前まで。VHDかLDかといった時代はもっと古いか。私はLDだぁとか思っていたっけな。

 目黒の本社には骨董品みたいな音響関係の展示物があって面白かった。あれが今でもあるなら見学に行きたい。

 工場なんかも見たが忘れた。若い人たちはけっこう仕事に熱心だったし、女性が特にそうだった、というあたりに社風を感じた、ので、こんな思い出話を書いている。

 そういえば、インクリメントPがパイオニアから立ち上げたころも熱気が感じられたものだった。

 ⇒Q & A

Q インクリメントPの現時点での最大の弱みは何ですか?

A 社員の年齢が若いこと――というのは冗談ですが、製品の知名度と比較し、社名の認知度が今ひとつ十分ではないことでしょうか。

「MapFan Web使っています」とは言われますが、「インクリメントPで制作・運用しているんですか?」と続くことが多いので、会社そのものの知名度を上げるべく広報に力を入れるなど努力を重ねているところです。

 

Q どのような時、インクリメントPの社員でよかったと実感できるでしょう?

A 新卒定期採用で入社した若手社員に聞いてみました。

その結果、「自由な雰囲気の中で責任のある仕事を任せてもらった時」、「新入社員の意見でも上司や先輩が真剣に議論してくれて、その意見が製品に反映された時」、「製品がエンドユーザーの手に届き、反応が返って来た時」というような回答が返って来ました。これからインクリメントPに入社される方たちにも、それぞれの「インクリメントPの価値」を見つけていただきたいと思います。

 そんな感じでしたね。

北朝鮮ミサイル発射を非難する決議だが

 社説では中露ばかりが浮き立つのだが、問題は米国でしょ。米国が強気には回らなかった。また日本も事実上それに従った。というか、素朴に言えば、みんななかよく美しいインチキをしていたわけで、北の金さんにしてみるとそのあたりの米国の意図は通じたでしょ、というのが最大の成果ではないか。

 制裁は事実上は無意味だ。が。金さんのマカオ・ポケット・マネーを締め上げるだけでこれだけじたばたする国家というのは、国家の体をなしていないなんか悲惨なギャグのようにも見える。

 いったいどれほどの北朝鮮の国民が実質殺されているのだろうか。いつの日かその失われた日々を韓国民はきちんと受容できるのだろうか。

 と考えながら、韓国は長期的には中国に併合されるのだろうなと思う。

日経社説 中東の「戦火」を早急に鎮めよ

 これがただの愚論でしかないのに気が付かないのだろうな。

産経社説 外来生物法 新法を生態系の防波堤に

 この問題、私はちと考えが変わってきた。

 どうやっても日本の過去を保持できるわけでもない。妥当な生態系の変化を受け入れるように考えたほうがいいと思う。

毎日社説 全国知事会 国のかたち変える気概を

 人口が縮退すれば地方は必然的に変わらないといけない。

 ただ、なんつうか、「地方」っていう意味は「田舎」ではないのであって、行政体なんですよね。だから、気概を持てとかじゃなくて、地方行政とはどうあるかという原則がより市民に密着して考えられなくてはいけない。

 きっことか馬鹿左翼が国家を批判しているけど、こういうのは地方が行政体であるということ、市民が責務を負うということが根本的にわかってないのだと思う。

読売社説 [対「北」決議]「単なる非難に終わらせるな」

 今回の決議を、単なる非難に終わらせてはならない。

 しかし、これが国際社会の現実というもの。そして日本も現実に向き合うべき。

 現実とは……⇒finalventの日記 - カワセミがゆく: 鏡の法則(ハンカチを用意して読め!)

朝日社説 豪雨対策 あふれる川を前提に

 ほぉという感じ。

 国土交通省にも動きがある。豪雨対策を考えていた審議会が昨春、流域を平等に守る考えを改める提言を出した。途切れなく堤防をつくるのではなく、住宅や農地など洪水から守るべき対象を絞り込もうというのだ。

 場所によっては、反発があるかもしれない。だが、いくらダムを築いても、どれだけ堤防を強固にしても、それで人の命や財産を完全に守れるかどうか。はなはだ疑わしい。

 洪水への有効な手立てとは何か。豪雨の頻発や財政事情を考えると、審議会の提言は現実的な判断と言える。

 川はあふれるもの。その前提に立ち、行政も住民も対策を考えていきたい。

 科学的に考えるとそういう結論、つまり、河川は氾濫するもの、ということになるのだと思う。地球温暖化に結びつける問題とは違うが。

 ただ、こういう提言を朝日はどう考えてしたのだろうか。反ダム気分だったのだろうか。

 というのは、同じ事が先日の沖縄の豪雨でも言えた。

 このことは、本当のエコロジーがなんであるか、大きな難問でもある。

朝日社説 安保理決議 北朝鮮への重い警告

 なんか、こー、日本語で毎朝、中国様のご意向が伺えるというのもそれなりのメリットはあるのものか、と。

castlecastle 2006/07/17 07:45 北朝鮮は証明したのは叩く価値のない軍事独裁は最強の要塞ということですか。レバノンには何の価値があるんでしょうね。
韓国、吸収されるならどの中国かで一悶着ありそうな気もしたり。

finalventfinalvent 2006/07/17 11:10 castleさん、ども。レバノンは、シリア問題だけだと思いますよ。

guldeenguldeen 2006/07/17 14:41 45分で北朝鮮大使が退席したあたりを見ると、精神的に相当こたえているのは間違いないでしょう。さらに『将軍様』は地下施設にヒキコモリっきりだそうで、まさに「四面楚歌」。

kinginsunagokinginsunago 2006/07/17 18:24 >豪雨対策 あふれる川を前提に
社説子は、北上川遊水地事業とか知らないか…まあ単純に、脱ダム論を宣伝するのに「川はあふれるもの」と言いたいだけかもね(苦笑

finalventfinalvent 2006/07/17 18:51 guldeenさん、ども。金さんが隠れるときはそれなりの意味があるので、追ってなんか動きがあるでしょうね。基本的には王朝の問題のように思えますが。

finalventfinalvent 2006/07/17 18:52 kinginsunagoさん、ども。結論先ありきっぽいですね。ただ、最近の説だと氾濫させたほうがいいというもありそう。

kechidakechida 2006/07/17 20:44 こんばんは。
国なり地方自治体が、流域住民を守るために河川改修工事や治山工事をして、それでも河川が氾濫したとき、例えば国とか地方自治体なりの事業主体はどういう責任を取るのだろう、と思います。受託業者に責任をおっ被せるのでしょうか? それとも事業主体として一定の責任をとって賠償などに応じるのでしょうか? それとも知らんぷり?

finalventfinalvent 2006/07/17 21:26 kechidaさん、ども。事業主体が賠償に応じるべきだと思います。ただ、それを国と地方自治体と一緒くたな議論にはできないようには思いますが。

shindorishindori 2006/07/17 22:26 kechidaさん横からすいません。
自然災害に対しては程度自己責任がでてくるわけですよ。治水治山にかかわらず地震津波などもそうですね。人間が自然を制御できる範囲というのは限られているという前提があるゆえに、だから地域のハザードマップは必須ですよ。また昨年の災害後のようにフォロー等はあるはずです。決して知らんぷりというふうにはならないかと。
災害に会われた方にとってはそれが100年に1度の洪水だったのか、300年に一度の洪水だったのか?は関係ないと思いますが、事業を行うには予算規模を考えないといけないわけで、また事業を行った後にその地域の重要度が変わることも考えられるのでやっぱり住んでいる場所のハザードマップは必須でしょう。

picagoropicagoro 2006/07/17 22:56 テヌハー > テハヌーっす。
予告編を見たときから悪い予感がしてたのですけど、この感想を見た限りでは全て的中です。

finalventfinalvent 2006/07/17 23:14 picagoroさん、ども。あんがと。間違えた。どうも、3巻と5巻までを一緒にやろうとしているみたいですね、ジブリ。しかし……というか。

himorogihimorogi 2006/07/18 00:34 福音電気=パイオニア。

raijinraijin 2006/07/18 00:53 amazonの梨木香歩、「裏庭」の評価とか読んでいて思ったんですが、最近の人たちは物語の重層的な構造を理解する能力がかなり劣っているのではないでしょうか。

enemyoffreedomenemyoffreedom 2006/07/18 06:53 前評判がここまでひどいと、かえって自分の目で確かめたくなったりw 何の因果か「ハウル」を降板した細田さんの「時をかける少女」も同時期公開なので、見比べるのもいいかも

picagoropicagoro 2006/07/18 07:23 3巻から5巻まで一緒にやれと言われても、ゲドもテナーも心の準備が出来なさそうですが。
劇場へ行って、きっちり金を払ってから罵倒すべきかどうか、悩みます。

kinginsunagokinginsunago 2006/07/18 08:49 個人的には、ゲド戦記より前評判が良すぎる「時をかける少女」の方が見ようかどうか悩みます。でも一番気になっているのはB級?映画「日本以外全部沈没」http://www.all-chinbotsu.com/だったりして(笑

finalventfinalvent 2006/07/18 09:33 himorogiさん、ども。山水とか懐かしいですね。

finalventfinalvent 2006/07/18 09:33 raijinさん、ども。そう思うんですが、私が言うと、またいろいろブーイングでしょう(けろよんさんでしたっけとか)。

finalventfinalvent 2006/07/18 09:34 enemyoffreedomさん、ども。これは新種のプロモーションかもですね。

finalventfinalvent 2006/07/18 09:35 picagoroさん、ども。微妙ですよね。もともと3巻と5巻では本質的な相克がある。というか、5巻でゲド自体が間違いとされているとも読めるわけですよ。

finalventfinalvent 2006/07/18 09:36 kinginsunagoさん、ども。今でもB級ってあるのかなぁとか思います。あるんでしょうね。

finalventfinalvent 2006/07/18 12:03 散人先生、どもです。菱山泉ですか、正統派ですね。私の場合は、マル経というのはそんなに確固としたものか、という斜めの関心でした。Marx After Sraffaの上澄みだけです。

最新コメント一覧