finalventの日記

2006-07-18

はてなQ 贅沢な悩みかもしれませんが良い案があれば助けてください

 ⇒人力検索はてな - 贅沢な悩みかもしれませんが良い案があれば助けてください。30代女性ですが何事にも気力が無くて困っています。良い人にも恵まれ結婚もし、旦那も全く手がかかりません。..

 すごく、長い。

 もう一生、やる気なんかでないかもしれませんよ。

 悩みというのは、時に、些細なほうが深刻なことがある。意識がほとんど無意識を無視しているような状態とか。

 Life will knock on you.

他人事ではないんだろうが

 あまり痛くてコメントというかできないなぁと思うことが増えてきた。

 なんだかなぁ。

広告が効かなくなる世界

 発端⇒[R30]: 「メディアイン」というパラダイム

 で、広告が効かなくなる世界とやら。

 それはあるのだろう、というか、意外ときっちり数字で見えるだろう。

 というか、米国ではすでにそうだろう。

 TVが大衆・広告メディアの王様という地位や戸配新聞という広告が消えることもないだろう、というのとどう整合が付くか。付かないかも。

 結果としてはテレビがチープ化しないとダメということになるのか?

 映画的なコンテンツが作り込みの最後の砦? とか言いながら実際には映画はすでにDVD市場で保っている。

 YouTubeでもそうだが、我々が1950年以降、映像メディアを持ちすぎたということかもしれない。どっかで著作権を変化させるという必要はありそうだし、まあ、米国の自然の流れが決めるだろう。

 で、戻って。

 広告が効かなくなる世界。そこまでいかなくてとも思うが、例えば、私はすでに広告は効かない。あるいは広告の意味を変えようと思っている。

 些細なところで。

 たとえば、アマゾンアソシエイトだが、売れ筋のバナーとかブログに貼っても効果ないでしょ。あるいは効果があるのは特定のブログというかサイトに限定されるでしょ。

 アソシエイト(アフィリエイト)はもともとロングテール的なのだから、そうしたニッチをきちんと突いていくというか、信頼されるしかない。で、これが食えるラインになるのか?

 GIGAZINEが微妙な線で、あれだけ当てているからマスの土台でアフィリエイトで食えるか? ただ、実際のアフィリエイトの当て方は、ネタフルもそうだけど、信頼というよりはもっと醒めた感じだ。これ面白いんだけど君は違うならじゃ次、みたいな。たぶん、現状ではそれが一番最適ではあるのだろう。もっともこれをGIGAZINEみたいに医療分野までナイーブに出てくるあたりは困ったものだが(これははてなQも同じ)。

 れいによってまた以前の議論だが。

 新興宗教ビジネス論で、信者は500人いて年間2万円取れれば、小さく維持できる。月割りでいうと2000円くらいか。というと、あらぽく2万円の売り上げを出せばいい。

 と考えると、商品を媒介した形で2万円を出すというあたりですでに胡散臭い匂いがするあたりがいかにも新興宗教的というか、あるいは町中のおばさん向け仕立て屋的。

 むしろベタに2000円か、あるいは1000円で信者(囲い込み)を1000人に上げればいいのだろう。

 と考えると。

 実際は出版もそのビジネスモデルになっているか。違うな。売れて4000部。2000円の本で80万円。つまり、これでは食えない。

 などなど。

そういえばイスタンブルヒルトン

 ⇒GIGAZINE - とろ〜りあふれる自然な甘さの「巣みつ」を食べてみた

 こいつの巨大なものが、でーんと置かれていた。

 オスマン帝国やなぁと思ったものだった。

概念が英語の訳語の場合は、はてなキーワードにも英語を補ったほうがよさげ

 たとえば⇒再帰とは - はてな

 これって、"recursion"の一語を入れなければアカンと思う。

読売編集手帳 7月18日付・編集手帳

橋の欄干から眼下の川面に落ちていく寸秒の恐怖のなかで、彩香さんは誰に救いを求め、誰の名前を呼んだだろう。「おかあさん」、それ以外にはなかっただろうに。

 それは事実として確定していない。

 また、それが事実であれ、子は十分に母を理解することはある。

 現代人は「 遠野物語: 本: 柳田 国男」の機微をもう理解しないのか。

cover
遠野物語: 柳田 国男

日経春秋 春秋(7/18)

 野暮を承知で。

朝顔を観賞用の花としてめでるのは、朝顔学者の米田芳秋・静岡大名誉教授によると、日本だけだ。庶民も盛んに栽培した江戸時代には突然変異が集中的に発生し、花の姿がボタンやバラに似たのや、花弁が糸柳のように細く切れたのやら変わりダネの「変化朝顔」を作るのがはやり、投機の対象にもなったそうだ。

 あほか。「江戸時代には突然変異が集中的に発生」っていう日本語はないでしょ、仮面ライダーの怪人出現じゃあるまいし。変異を生み出すべく日本人が尽力したということ。これは金魚とかも同じ。

産経社説 読み書きの課題 漢字力が育てる読書好き

 馬鹿な議論だなでスルーすべき内容だが。

 日本語の漢字は、特異な省略体であって漢字とはちと言い難い。

 確かにそれで改善が望める側面もあるにはあるが、要点を「用点」、健全を「健善、賢全」と書くような誤答例をみると、言葉が漢字ではなくまず仮名で教えられている学習の欠陥が透けて見える。

 しかし、「障碍」を「障害」だの「障がい」だと書いている現状の日本語には限界がある。

 漢字には多くの場合、字形を作る構造部品に同系の字音、字義がある。例えば「券・拳・巻・倦・捲」のような字に共通する部品にケンの音が存すると理解すれば、字形が似ているからといって「挙手」をケンシュなどと読み誤る間違いなど生じない。

 これには例外が多い。また、漢字の音はそれ自体が日本歴史の語感を養う必要がある。特に呉音の響きというのを情感をもって感じなくてはならない。こうしたことができるのは大人に近くなってのことであり、初等教育はさっさと実務に専念すべきだ。

毎日社説 サミット閉幕 脱石油依存に妙案はない

 標題と内容の関係がよくわからない。

 中東情勢や北朝鮮問題に原油相場は敏感に反応している。しかし、供給が不足しているわけでもないのに価格が急騰しているのは、投機筋の役割が大きい。需給の実態を明らかにして投機筋を抑え込む必要がある。さらに、エネルギーの増産投資の拡大や、省エネの推進、原子力利用も打ち出した。

 つまり、脱石油の文脈とは違うでしょ、現状の石油高騰は。

 それと、原子力や省エネルギーというのは、それだけで十分に脱石油依存になりうる。というのは、中国の石油消費量がすでに限界に来たということは、省エネルギー対価と資源価格のバランスが始まったということだ。さらにいえば現状の高騰はそのバランスの収束に対する否定的なベットに過ぎない。

 世界が十分に日本の省エネルギー技術を取り入れれば、供給の足りている石油市場になにが起きるか。もっともその変化は瞬時には起きない。世界が日本を確信できればこの馬鹿な投機に水を掛けること可能ではないのか。

毎日社説 環境税議論 経済・社会を変える制度に

 スティグリッツ構想はいいのだが。

 スティグリッツ構想は国際的な為替取引に一律課税するトービン税構想に似ている。温暖化という問題には地球規模で取り組もうという先進的な試みは、実現性に難点はあるものの、検討に値する。

 この観点から、日本も環境省が主張する温暖化対策財源を確保するための環境税という考え方から早く抜け出し、経済、社会そのものを変える税制という発想から論議を進めるべきだ。ガソリン1リットル当たり1〜2円程度では、需要抑制効果も期待できない。

 それと、ここまで積み上げてきた京都システムとの整合はどうなるのだ?

 そこがさっぱりわからない。

 実現性のない正論(アクションプランが現実のシーンで想起できない論)というのは、いかにも、スティグリッツ的ということか。

朝日社説 ジダン退場 差別にもレッドカードを

 今回の件で、たまたまきっこを読んで唖然としたが、左翼っていうのは、こういう発想する人々か、と。

 FIFAは20日にも結論を出す。マテラッツィ選手は差別発言は否定している。必要なら他の選手からも話を聞き、サッカーを愛する子供らにも分かる丁寧な説明を心がけてもらいたい。

 そんなことは公開する必要はない。公的な問題ではない。公的な問題はジダンが処罰を受ければいいというだけのことだ。だいたい、「おまえの母は淫売だ」というのを子供らにも分かる丁寧な説明ができるのか。丁寧な説明がありうるなら、その本質は、個の名誉に賭けた怒りというものであり、ジダンは十分にそしてほぼ完璧に表現した。ジダンを愛する子供たちはジダンを信じるかどうかがだけが問われる。

 世界中のファンが目にした退場劇。その真相を解明し、毅然(きぜん)とした措置を講ずることが、FIFAの責務である。

 毅然とした態度とはFIFAという興業が成立するための前提に限界づけられる。

 たかが興業である。プロレスと同じだ。猪木に君たちは何を求めていた。

朝日社説 G8サミット 協調の次は行動だ

 まあこんなものかなという社説。

北朝鮮イラン中東と、ひとつ対処を誤れば世界中を大混乱に陥れる火種ばかりだ。サミットでの協調は本物なのか。その真価が早くも問われている。

 サミットの強調が本物であるかどうかは世界が今対処しなければならないこととは直接は関係ない。むしろ、サミットそれ自体がそうした世界の矛盾を含み込んでいることが重要だ(中露のないサミットを想起すればわかるがぞっとする本物の協調ができる)。

finalventfinalvent 2006/07/18 19:06 czy00347さん、ども。ええ基本的な性格は一緒というのはわかるのです。しかし、現実EUを中心にKYOTOを推進しているときに、その関係がわからない新提案を出してくるものなのかなと言う感じでした。あるいは、KYOTOをうまく補佐する関係にあるのかもしれませんが。

finalventfinalvent 2006/07/18 19:07 hideaさん、ども。「FIFAは20日にも結論を出す。マテラッツィ選手は差別発言は否定している。」というあたりで、マテラッツィの不適切な発言の追求は終わっているものと理解していました。どうなんでしょうか。

kmori58kmori58 2006/07/18 23:53 トービン税というより、ピグー税だと思われ >毎日社説
しかし、これだけ原油価格上がればもはや環境税なんか必要ないのでは。産業界が反対していた環境税の20倍以上価格上昇してますから。逆に、現在の石油価格でやってけるなら産業界はなんであんな少額の課税に反対したのでしょうかね。

finalventfinalvent 2006/07/19 09:23 kmori58さん、ども。ええ、そのあたり、抑制としては同じようなものですね、石油価格。課税反対は時代の空気でしょうか。

mogyamogya 2006/07/21 08:47 こんにちは。「新興宗教ビジネス論で、信者は500人いて年間2万円取れれば、小さく維持できる。」という言説に興味があるのですが、これってどこか出所のある数字でしょうか?体感的にはまあそんなものかと思うのですが、なにか本とか、これについて触れた過去の記事があるのでしたらぜひ紹介してくださいませ。

finalventfinalvent 2006/07/21 09:03 mogyaさん、ども。これは私の昔からの持論です。書籍にはないと思います。

最新コメント一覧