finalventの日記

2007-03-31

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 宮崎駿編 見たよ

 ⇒スペシャル(2007年3月27日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

 途中、ゲド戦記の初試写会のシーンがあるのだが、上映中、1時間後飛び出して、すげー不機嫌な顔で、ぼそっと、「気持ちで映画を作っちゃいけない」って言う。すげーこわぇー。

 カメラに向かって、「何がききたい?」

 で、言ったこと。

 「僕は自分の子供を見てたよ。

  大人になってない。

  それだけ。」

 

 もう小便ちびりそうなくらい怖いシーンでしたね。まあ、一種、マジで自分の生き方が問われているのでしょうがね。

 

 関連⇒宮崎駿氏“長男教育”反省し次作製作 : スポニチ Sponichi Annex ニュース 芸能

 宗介のモデルは宮崎監督の長男吾朗氏(40)。吾朗氏が昨年、「ゲド戦記」で映画監督デビューしたことを、宮崎監督は自分への反抗ととらえ、「こんなことになったのは吾朗が5歳の時、仕事ばかりで付き合っていなかったからだ。二度と吾朗みたいな子をつくらないために」と反省の気持ちを込めているという。

 これって、すげーマジな話だったとよーくわかった。

 

 で、公式には、息子に、「素直な作りでよかった」と伝えたとのこと。

 

 その後。色指定のおばさんにコーヒーを作りながら。

 「初めてにしてはよくやったというのは

  演出にとっては侮辱だからね。」

 

 「この一本で世界を変えようと思って

  やんなきゃいけないんだから。

  変わりゃしないんだけど。

  変わらないけどそう思ってやるのが

  映画を作るってことだからね。」

 

 ま、この気概っていうのがプロなんでしょうけど、そこまで仕事に思えるものかというとあたりで。

 

 関連⇒スタッフノート | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070331/1175332204
最新コメント一覧