finalventの日記

2007-07-14

社会に出た後で学んでおくべき12のこと

  1. 社会に出て3年以内に貰えるおカネでバイト料より多い分は会社側の失費だということ
  2. 年上で無能に見える人はあなたより生存適応能力が高いということ
  3. 社会というのはサービスの関係だけどなんとなく心の関係のフリをするところだということ
  4. 貰ったカネを全部使わないこと、貯めたカネの使い道を考えておくこと
  5. マジで悪人や不運にぶつかっても最終的に助けてくれる人はいないということ
  6. つらいことをやっていてもそれに慣れてしまうものだということ(いい悪いなしで)
  7. 病気になったら社会から放り出されるということ
  8. コミュニケーションは技術より人柄とモラルだということ
  9. 会議を効率的にやる必要はなしだということ(それなりの理由があってそうなっているのであってあなたは基本的に招かれざるお客さん)
  10. 異性との距離の取り方を自分なりに覚えること、もっと言うとフツーの人は清潔っぽくて普通に話せるならそれで十分
  11. 人があなたに話しかけやすくしたり、からかっていいくらいの隙を作っておくこと(はいそこでボケて)
  12. 結婚、出産、親の葬式という人生イベントをどう社会との関係でこなすかを学ぶこと

ユネスコのこと

 ちょっとだけ個人的に関わったことがある。

 ⇒国際連合教育科学文化機関 - Wikipedia

1980年代には、放漫財政等のマネージメントの問題に加え、活動が「政治化」していることのほか、当時のムボウ事務局長が提唱した「新世界情報秩序」がジャーナリストの認可制を導入し報道の自由を制限するものだとして、アメリカ英国などの大国が相次いで脱退し、ユネスコの存続は危機に立たされた。この間、ユネスコにとどまり分担金の約4分の1近くを担う最大の拠出国として日本がユネスコの存続に大きな役割を果たした。結局、政治的偏向や報道の自由に対する問題を解消したマヨール事務局長につづき、松浦事務局長のもと管理運営についても全般的な改革がなされ、米国・英国のユネスコ復帰が果たされた(それぞれ2003年10月、1997年7月に復帰)。

 ネットをちと見渡したら。

 ⇒ユネスコの巨大権益、職員の既得権益になってるんでしょうね。 - 地球の歩き方 海外旅行クチコミ情報掲示板

 一連のやり取りが面白かった。

 ちょっとワロタ世界遺産をめざす日本遺産

 これはいい⇒玉川上水を世界遺産に

 太宰治がここで入水とかもお忘れ無く。

「世界遺産」を含む日記の真実

 ⇒「世界遺産」を含む日記 : 2007-07-13 - はてなダイアリー

2007-07-13

akisan0413 akisanの日記

frhdtrhdtr 若槻千夏の変態ハメ撮り動画流出!!

gfhftyhthgr 華原朋美に新たな事実!引退理由はあの過激映像・・・

drgrdgdrgs 加藤ローサ「女帝」で大胆濡れ場に挑戦!

kawasusu ナンダロウアヤシゲな日々

trhgdtrghgrsd 奥菜恵フェラチオ動画発見!

gfhthhdtr 【画像】後藤真希がヌードをラマンで公開

athsrd714 ▽▼奥菜恵のフェラチオ動画をついに発見!!

loisil-space loisir-spaceの日記

feihfncjj713 後藤真希ラマンでフルヌードG乳披露!【画像】

kloknno713 沢尻エリカ クラブで片乳出してシェイク!

ja1bui ja1buiの日記

dxodeko でらっくす登頂記

reexamine reexamineの日記

mitdiary MITの日記

 はてなスターなんかどうでもいいから、こういうのこそどうにかならないんだろうか。

そういえばブロガー意識

 ⇒俺のブログ論2007 :Heartlogic

こうした意識との関連で、最近気になっているのが、30代になって会社である程度まとまった仕事を任されるような立場になり、2004年前後あたりのブログブームで初めてネットデビューした、という世代の人たちだ。

 2つ思う。その年代、30代ちょいくらいが一番ネットが面白い時期なんだよ。ネットを介して出会う人間が男女とも生き生きしているし(当然生臭い問題もおきるわけだけど)。

 もう一つはこのエントリにあるように、この帯域のブロガーがブロガーっぽいのかな。ちょっとずれのだが、例えば、切込さんとか、ま、私とはニフではすれ違いっぽいが、ニフの人という感じはする。他にもあの人とかあの人とかニフの人というか。

 似たようなのでいえばfjの人というのがある。

 私からすると、ニフというのは、結局深く関わったようでもあるけど、自分の意識としてはパソ通が大衆化して、なんか終わった感で始めたところがあり、かなりしばらく、大手パソ通は面白くないなと思っていた。

 つうわけで、そのあたりは、アスキーネットの人となるのだろうか。そこから各種自立BBS化したわけだが。

 で、自分のネットでの重心というか由来を考えてみると、案外ブロガーという感じでもないような気はする。というか、ブログのようなCGIをこさえてちょっと書いていたことがあった。

 ああ、でも、ブログって実際のところけっこうなコミュ・ツールなんでそういう面では新しいか。ただ、なんかもう自分はマジ終わっているなと思うで、ひっそりしていた感じはあるし云々。

日経 春秋(7/14)

3次元画像の中を自分の分身が動き回る仮想空間「セカンドライフ」が面白い。公示前に分身が演説会を開いた政治家もいる。ネット利用解禁を訴え、分身が居座りを続ける候補者もいる。静止した画像なら「更新」に相当しないからだ。公職選挙法が施行されたのは昭和25年。テレビ放送開始の3年前である。

 「セカンドライフ」が面白い……そうかぁ?

追記

 そういうことでしたか⇒Second Life日本語版、ついに登場--メニュー日本語化で使いやすく:ニュース - CNET Japan

毎日社説 参院選・教育 真の改革への道筋を語れ

 この社説には関係ないのだが、最近、教育問題関連の意見を聞いていると、ようするにカネだなと思うことが多い。そして、ようするにカネクレ、と。で、問題原因はカネがないよとか。あるいは現状のステークホルダーの利権。

 で、私はできるだけ教育の問題というのは問題それ自体を小さくしていくべきだと思う。べたにいえば、公教育をできるだけ小さくして地域ボランティアで教育を補完すべきだろう。無料で教える爺や婆もいるだろうし。

朝日社説 石見銀山―歴史と世界に心をはせて

 今回の世界遺産への登録は、諮問機関が否定的な見解を示し、曲折をたどった。登録にあたっても、ユネスコ世界遺産委員会から、地下の遺構を保護するために発掘を進めるよう勧告された。

 この問題ここが要点だと思うのだけどね。日本のゴネが通ってしまって他の国がどう思っているかとか少し考えたほうがいいと思うのだが。

 というか、朝日もこの問題のステークホルダーなのか。

朝日社説 政治とカネ―おかしいぞ、首相の理屈

 「光熱水費は月800円ですよ。月800円で辞任を要求するんですか」

 赤城農水相が、両親の住む実家を主な事務所とする後援会に、巨額の事務所経費を計上していた。不自然極まるこの経理処理を、安倍首相はどうしても「問題ない」と言い張りたいようだ。

 05年の政治資金収支報告書をめくってみると、光熱水費は9660円だ。確かに月にならせば805円だ。だが、だからといって、10年間で9045万円にものぼる支出がすべて「適正だった」と言われて納得する人はいまい。

 いやいや私としてはそんな程度の問題なんじゃないかと思う。というか、べたな参院選祭りはうんざり。

 梅雨らしい日が続く。そういえばパリ祭か。

 雨音を聞きながら、その雨粒を思いながら、小さな変化が積み重なって時の経過ができるのだとは思う。が、その積み重なりはその時々の思いの大きさや遠近感を伴ってこない。記憶は感情でできているからだろうか。記憶の風景は、なにか間違った美術館の中をさまよっているように感じられる。

 昨日も以前に比べればけっこうな距離を泳いだし、その疲れも残っているのだが、以前のような疲労の蓄積感は少ない。そういえば50mも泳ぐと少し息があがるのだが、それもリカバーが速くなったようでもある。体力が回復しているのならいいというか、自分に期待したい面もあるが、こうした期待は若い時の肉体への期待とは違ったものとなるだろう。

 50歳にならんとする。かつの自分の意識から考えれば、小汚い存在のようにそして遠いものに思えたが、実際それが近づくとそうでもない。もちろん、認識の歪みはあり、身体意識とのズレが社会に迷惑にならないように、ある程度行動様式を変えないといけないのだろう。

 というか、こうしたネットでの活動でもそうかと先日思った。もともと、私は、今の言葉でいえば厨房みたいなところがあるが、そうとばかりもしていられない。

 昨晩、ぼんやりネットと自分の関わりを思った。たぶん、この思考領域からはあるいは思考過程からは何にも出てこない。むしろ、関わり方の具体的なありかた、行動を変える時期もあるのだろう。それが何か。

 「はてな」についてはそれをどう考えるか。それほど大きなものと考えなくていいだろうというのと、関わりの部分をどう考えるかが難しい。これもまた遠近法の狂った絵を見ているようだ。

 ようするにネットとは言っても人との関わりなのだ、と、そう言い切りたいところもあるし、そういうふうに軸を据えて考えたほうがいいのかもしれないのだが、そこが常に微妙だ。

 関わる人という側面でも、なかなか一律には見えない。

shindorishindori 2007/07/14 09:58 石見銀山の世界遺産入りはゴネというより日本の貢献を一定評価してのことだと思います。個人的には富士山にしてもらえばよかったのではないかと思うのですが、あそこはいまだにゴミだらけなんでしょう。

finalventfinalvent 2007/07/14 10:02 shindoriさん、ども。異論ではないし、「日本の貢献」は日本とユネスコの長く深い関係を思えば当然とも思うのですが、それが諸外国にどう見えるだろうか、そのあたり、関係者はどう考えていたのだろうかと気になります。もうちょっと強くいうと、世界というか世界の識者をきちんと説得させただろうか、そうではないんじゃないか、とも。もうちょっと言うと、この事態が次に引き起こすトレンドに日本はきちんと関わっていけるのだろうかとも心配です。

shindorishindori 2007/07/14 10:29 ガッカリ感、たしかに漂っています。田舎ですし。でも元はそんなに悪い物件ではないのですが・・・
>この事態が次に引き起こすトレンド
コメ欄で申し訳ですが、分からないのでおしえてください。

finalventfinalvent 2007/07/14 10:35 shindoriさん、ども。トレンドですが、今後、世界遺産をこの方向でこの決定手順で増やすということになります。それがもたらす未来の世界遺産カタログとはなんだろう?というあたりです。別の言い方をすると「世界」遺産の合意性がセカンダリーになっていくのではないかという懸念です。

shindorishindori 2007/07/14 11:38 地球の歩き方掲示板はいいですね。そのままずばり。何か問題が?というところですが、たしかに欧米の人はこういうの嫌がりますね。なんかロマンが、とか、でもこの方向は日本人の得意分野のような・・・。いやですねミーハーって。

godmothergodmother 2007/07/14 18:04 「世界遺産」を含む日記の真実> finalventさまのコメントで、「はてな世代」と、私にとってはチョッと抽象的で、つかみきれないでいました。これも一つの方法と、百聞は一見に如かずで見て参りました。これも、言われる一部でしょうか。あ、質問では有りません。自分なりに消化してみたいと思います。

全く記事に関係ないことですが、サイドバーの項目にポインターを当てると、内容がポップアップしていますが、“これ”私のブログで採用したくて、やり方を探しています。何処を見たらタグの書き込み方が調べられるか教えてもらえますか?それと、プロフィールのメールで問い合わせしようと試みたのですが、リンクされていませんね。私のIEが不安定なのでしょうかね?すみません、こちらに書き込みして。

finalventfinalvent 2007/07/14 18:26 godmotherさん、ども。サイドバーのポップアップはtitle属性が指定されています。title属性によるポップアップはブラウザーによっては違うので(Firefoxだと一部表示だけ)ご注意。

healaehealae 2007/07/14 18:50 学んでおくべき12のこと とかって書きためていたりするのを書いてくれるわけですか?
なかなかパッと出せるもんではないと思ったので……

itfitf 2007/07/14 20:39 ネットで人気を集めてる糞テクニック集より渡部昇一とか言う人が訳した本を読めば良い、とか言ってみる。

finalventfinalvent 2007/07/14 22:15 healaeさん、ども。いえただの思いつきでした。

finalventfinalvent 2007/07/14 22:16 itfさん、ども。訳本が実は抄訳だったりしているので困ったりもしますが、渡部先生の。

finalventfinalvent 2007/07/14 22:18 asahara-shouさん、ども。そちらの側に立ったことはないので、思い至りませんでした。

tennteketennteke 2007/07/15 06:25 >>マジで悪人や不運にぶつかっても最終的に助けてくれる人はいないということ

マジで悪人や不運にぶつかって、
「誰か取り除いてくれないかなぁ」という人にとって
藝術とは「そんなもんに関わって、腹が膨れるのか?」あるいは現実に対する麻酔薬という存在ですが
「自分の力で克服してやる!」という主人公タイプにとっては、とても心強い存在です。
日本流社会強調関係→他者依存体質にどっぷり浸かっている人は前者に多いような気がします。
それでは藝術家が両者にアナウンスを使い分けているかといえば、使い分けてはいるんですけど、
前者に対しては「藝術は敷居が高いと思われていますが〜」とか「誰でも楽しめるものです」の類が多いです。「困難に立ち向かいましょう、自立しましょう」なんて言わない。
何故か。
面倒な啓蒙をしないのは「金には人格がない」からだと思います。誰から貰っても一円は一円。

ところで民主党長島議員がまた香ばしいエントリを書きましたね。
旧社会党って市民派が「私たちの主張で票が取れたのよ!」と言ってしまったばかりに
労働組合派が「俺たちが地道な努力したんじゃないか!」と反発したために
組合派が民主党に大量移籍してしまった歴史もあるというのに、
自分の知らないところでも世話になってなんかいない!なんて、まだ懲りてないんでしょうか。
こういった類のエントリを書き続けたせいでコメント欄も閉じざるを得なくなったわけですし。

finalventfinalvent 2007/07/15 08:41 yamafbaさん、ども。「いったん書いた標語はすぐ撤回すること」もすぐに撤回して今に至る……とか。

finalventfinalvent 2007/07/15 08:42 tenntekeさん、ども。ちょっとずれるかもしれないけど、一度窮地に落ちたことある人はそれなりの優しさがありますよ。でと、長島議員、うーむ、この脇甘さというか軽さはなんとかならんかとか思いますね。自分もそのタイプなんだけど。

kinginsunagokinginsunago 2007/07/15 11:47 >組合派が民主党に大量移籍してしまった歴史
で移籍先では、労働組合派が協調どころか我が物顔で仕切り始めて元自民の民主党議員支援者達が半ば呆れ顔で(以下略

最新コメント一覧