finalventの日記

2008-02-29

ブログサバト

 もう金曜日。

 2月も終わり。

 速いなあ。

増田手塚論

 ⇒

手塚のいくつかの作品はあれってところも多いし、「海のトリトン」なんてもう人間の悪意丸出しで、うわぁきもちわるい、というくらい暗いんだけど、そういう暗さが手塚の本質の一部である気がしてるし、その反面もあるし、だから描き続けられたんじゃないかと思う。ブラックジャックは、今は認められない描写があちこちにあるけど、思春期に読んだときは感動したし。

まあうまくは言えないのだけどそういうもんだよなと。

 まあうまくは言えないのだけどそういうもんだよなと。

 トリトン以外も暗いよ。ジャングル大帝とかオリジナルなんかすげーもん。

 ⇒ジャングル大帝 3

 バンパイヤもそうかな。

今日の大手紙社説

 特になし。というか政局に関心ない。この政局では日本の重要な問題への解決の糸口がないように思える。というか、むしろ現状では中川秀直元幹事長を支援したい。

 中国毒入り餃子については、産経だけが言及した。たぶん、朝日、毎日はなにも言わないだろうし、読売もそうだろう。日経もそうかもしれない。明日社説で言及しなければ、日本のジャーナリズムなんてその程度のものなのだ。

  リベラルニューヨークタイムズにはきんたまがあり⇒極東ブログ: ニューヨーク・タイムズが報道した中国薬剤問題について

日経春秋 春秋(2/29)

 「浦じまい」という言葉があるのを初めて知った。海難事故で行方の知れぬ家族や漁師仲間の捜索に区切りをつけ、海の安全を祈る儀式だという。海上自衛隊のイージス艦と衝突した漁船の母港でも、人々はこの悲しい習わしに耐えた。

 しょこたんバッシングは浦じまい違反だったか。

 私は芸能的なニュースには関心ないが、このバッシングで思ったことは、彼女が幼くして父を失ったことの心の傷のようなものだった。

 ⇒中川翔子 - Wikipedia

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は日本の女性アイドルマルチタレントブロガー、歌手、タレント、グラビアアイドル、声優漫画家イラストレーター、女優)である。

 ⇒中川勝彦 - Wikipedia

中川 勝彦(なかがわ かつひこ、1962年7月20日 - 1994年9月17日)

 しょこたんの父は32歳で9歳の娘を残して死んだ。

 今回のバッシング元発言のオリジナルは以下だろうか。

「絶対に避けられるべき事故ですよね…。死ななくてすんだはずなのに、こんなことになるなんて…まだ23歳でね…これからの希望の光だったはずなのに…」

 彼女は「…まだ23歳でね…これからの希望の光だったはずなのに…」で父を想起したのだろうと私は思った。

 ま、そうでないにしても。

 私の父は私が31歳で死んだ。私は幼稚な人だったので、そのことでショックを受けた。だが世の中で若くして親を亡くす人はたくさんいる。そしてそういう人たちが受けた運命の傷のようなものに、世間はそれとなく配慮しているものだった。

産経社説 【主張】毒物ギョーザ事件 曖昧な決着は許されない

 結論からいうと政治が介入するから曖昧な決着になるというか、ようするに政治の問題でしょう。

 日本の警察庁はすでに、(1)検出されたメタミドホスは不純物が多く含まれ、日本で流通している高純度のものとは違う(2)工場内で密封された包装の内側からも検出された−などの事実から「中国国内で入った可能性が高い」との見方を示している。

 これこそ、疑似科学とか似非科学とかの問題ではないかな。あるいは中国のこの表明も科学的とか言うのだろうか。

 疑似科学・似非科学批判とかする人はこういう場合、どういう科学的立場に立つかというと、たぶん、中国からみになると黙ってしまうのではないか。BSEやタミフルのバカ騒ぎでも黙っていた。

 科学はイデオロギーに中立であるべきなのだが、そこは偽装されやすい傾向にある。

 参考⇒ギョーザ事件 中国「実験」一点張り (1/2ページ) - MSN産経ニュース

 中国側の説明によると実験はマイナス18度の条件下(ギョーザの倉庫保存、輸送、販売時の冷蔵温度)で行われ、1%、10%、30%、60%と濃度の異なるメタミドホスに袋を浸したところ、いずれも10時間以内に袋の内側に浸透したという。

 しかし、実験結果の具体的な数値は明らかにされずじまい。袋の内側に浸透したとしても、日本で検出されたほどの高濃度の成分がギョーザの具にまで染み込むものなのか、その点も明らかにはされなかった。

晴れ

 今日は春の季節になるらしい。富士山は一層霞む。夢はごちゃとちゃとした青春がらみのようだったが忘れた。

 2月29日というのはいつも変な感じがするな。四年前はどうだったかと思ったか。あれ、三つもエントリ書いたら。

 ⇒極東ブログ: 育児休業法もだがサービス産業主体の行政が必要

 ⇒極東ブログ: 造悪論ノート

 ⇒極東ブログ: aとtheの話

 この4年の間に自分は成長したか? 老いた感じはする。老いない部分もあるのだろうけど。ネットの向き合い方、ブログの書き方は変わった気はする。

 あらかた言い尽くした感はある。

 あと、これだけは書いておこうという話はなかなか書きづらい。

tennteketennteke 2008/02/29 09:09 >>増田的手塚論
BSマンガ夜話では黒手塚白手塚と命名してましたが、
finalventさんは「変ドラページ「なんだこりゃ?」はご覧になったことありますか?
ttp://www.hendora.com/
マンガって恐怖と大爆笑を同時に表現できるんだなぁと考察しています。

antonianantonian 2008/02/29 16:53 黒手塚 笑)
「ばるぼら」とか「奇子」とか暗いですね。
まぁ、そういう時代だったからかな。70年代の映画ってのがこれまたなんとなくどこか暗いですよね。

kagamikagami 2008/02/29 17:25 代表作と目される「火の鳥」もとても暗いところがありますね…。戦争体験が影を落としているのではないか、ということは手塚治虫論においてはよく云われております…。ひどくニヒリスティックな冷たく暗い部分と、人間を信頼しようとする明るい暖かい部分の激しい葛藤があって、そこがまた手塚作品の魅力であると思います。「アドルフに告ぐ」とかも、私は好きな作品ですが、全く救いがないまま終わりますね…。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/29 17:36 自分はどっちかと言うと「鳥山世代」ということになるんだろうと思うんですが、手塚の「時計仕掛けのりんご」というオムニバスものを持ってます。1話から実在のドイツの連続殺人犯の話で、まさに黒手塚の聖典みたいな感じなんですが、その中に影武者にされた男の凄惨な話があるんですが、話それ自体よりこの男と妻の名前が「うんこ」と「しょんべ」だったことに、背筋を凍らせるものがありましたね。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/29 20:05 学校の図書館で読める漫画が、はだしのゲンと手塚作品というのが三十代以降のお約束?
我が母校では「ブラックジャック」はまあ判るとしても「七色いんこ」ってそれってどうよ?…と思っていた中学時代(苦笑
今は、手塚の全集をそろえているのが普通?のようですが…

finalventfinalvent 2008/03/01 09:21 tenntekeさん、ども。変ドラ面白かったですね。ちょっと誤解されるかもしれないけど、見せ物小屋があった時代の感覚というか。

finalventfinalvent 2008/03/01 09:22 antonianさん、ども。70年代はまだ街中にSM映画のポスターが溢れている時代でしたよね。今思うとありえないけど。

finalventfinalvent 2008/03/01 09:23 kagamiさん、ども。それわかる感じがします。731的な世界というか。

finalventfinalvent 2008/03/01 09:25 nomurayamansukeさん、ども。どこかで手塚を見る目が歴史の薄皮を通して評価が先行するようになった印象もあります。そこを抜けると、なんだこりゃ、かもですよ。

finalventfinalvent 2008/03/01 09:26 kinginsunagoさん、ども。手塚全集をもっている人、私も少し知ってます。やりけない感じです。終わったものは終わった世界なのに。

junmykjunmyk 2008/03/02 17:29 中川翔子さんは、生と死の想いにちかいタレントさんだとおもいました。
ところで、墓場鬼太郎 第5話の寝子さんですがこの視点でなかなかに面白いです。
子供のころの日本という娑婆の不条理観も、あー、こーだったなと思います。
不条理だったが、今のようには閉塞してなかった。
もっともこの言が正しいかは子供に聞かねばなりませんが、経験を共有していないので何とも…

finalventfinalvent 2008/03/02 18:04 junmykさん、ども。墓場鬼太郎、見てないんですよ。鉄人28号なんかのリメークノリは同じかなと思うけど、なんかうまく受け入れられない。ま、そんな感じです。しょこたんは、父親からゲゲゲの鬼太郎を読めと言われて育ったようですよ。

2008-02-28

元気あるなあ

 J魂君⇒下げてから上げるネット世論 - jkondoの日記

くだらない話を書けば、「下げ」たあとに誰も「上げ」るエントリーなど書いてくれない。単純な批判のあとに、理性的な批評が生まれるようなものを書こう、そういう事がブログのひとつのあり方なのではないか。

 ま、私はできるだけ理性的な批評のようなものを書くよう心がけましょう。

今日のヒッキー(鮪編)

 ⇒聞いてください私の人生 : U3MUSIC INC

 転がるのってコツがあるんですよね。

釣りだろうけど増田

 ⇒ぼくらのブクマ・ゲーム

俺にとってのはてブは競馬なんかと似てる。

要は「どの馬(記事)が勝つ(『最新の人気記事』に載るか)賭けるゲーム」であって、

そこには「騎手(話題の属性)があいつなら間違いないだろう」とか

「あそこの牧場(ブログ主)のはとりあえず印つけとけ」みたいな加味すべき要素がいくつもある。

そーゆーのをまとめけば、大抵『本命』や『大穴』の目星はつく。

ぶっちゃけ『本命』は難易度の低い早押しクイズみたいなもので、

てきとーなブログに絞って張り込んどけば、勝てる。

 釣りだろうけど、そういう面もありそう。というか、スレショルド5だけど、上位常連はフィックス20くらいのゲタがある。

 ただ、本当にブログをヲチしている人はあまりそういう投票ブクマはしない傾向はある。GIGAZINEなんかもぶくまと内部のPVはかなりズレてきているだろうし、分裂君はたぶんぶくまとPVの相関は弱いだろう。弾さんところが現状ではそのあたりの最適化最強位置にあるというかYahoo!で上がり状態にはあるんだけど、ブログというのは個人の資質に折っているし、弾さんは弾さんでなかなか傍から見るほどステレオタイプの人ではないので、微妙な屈曲はあるでしょうね。

2ちゃん増田

 ⇒確かに

増田を覚えると、2ちゃんねるが薄く感じてどうでもよくなる気がする。何が「確かに」なのか分からないが。

 薄いというのともちょっと違うのだろうけど。

 2ちゃんもいろいろあるのだろうけど、基本的にファスというか、偽装化された琴線のコミュというのがある(もともとあれは耕作ファームだし)。増田はその偽装化度が低いように思う。それに、いわゆる匿名を批判隠れ蓑的に使うと奇妙な臭みが出てきてそれほどは読まれないし、自然にスルーされる増田カルチャーはありそう。

 おまけ⇒はてなーの一生。

 あはは。

形式と様式というか増田

 ⇒昨日の朝に萩尾望都の絵が古臭いって書いてた人へ

 絵だと直裁にわかる部分があるから、古いと感じたら受け入れられないかもしれないし、萩尾望都とか私もそれほど読んでないけどプロットとかでも

 ⇒「 百億の昼と千億の夜 (秋田文庫): 光瀬 龍,萩尾 望都: 本」

 とか、今見直すと、ちょっとなというのはありそう。

 ただ、これが言葉の古典だと、年を取ると古語がわかるようになるかもしれない。

 私は40歳過ぎて、室町時代くらいまでの日本語は自分の普通の言葉としてのレンジに入ってきた。徒然草はてダのように読める(もちろん、難しい部分はあるけどね)。

手塚とか増田

 ⇒そういえば手塚治虫の良さがわからない

単に手塚信者が嫌いなだけだった俺。

 気持ちはわからないでもないな。

 私は手塚漫画の世代に埋め込まれているのでしかたないなと思うし、だからわかる部分はあるけど、上の世代や下の世代の手塚ファンとか違和感感じるし。

 最近、「ブッダ」はなかなかよかったんじゃないかと思い返すことがある。つまり、宗教とか思想とかじゃなくて、物語として。

cover
ブッダ全12巻漫画文庫: 手塚 治虫

今日の大手紙社説

 特に共通の話題といったものはない。

日経春秋 春秋

逮捕状に記された容疑事実はロサンゼルス市警が考えた「真実」に基づくが、その核心部分を日本の確定裁判は「真実とするには疑いが残る」と判断ずみだ。市警の思惑どおり、二つの国をまたいだ“再審裁判”が行われるならば、どんな「真実」が認定されるのだろう。ちなみに巌窟王事件の顛末記の題は『真実は生きている』である。

 そう考える日本人も多いと思うが、今回の問題は、いわゆる新証拠=真実、という枠組みの他に、「共謀」についての司法のあり方の差異がある。日経社内に法に詳しい人もいると思うで、お茶を濁して終わりのコラムではなく、きちんと再考してみてもよいのではないか。

日経社説 ミャンマー軍政のおごり

 民主化デモを武力弾圧し国際社会から非難を受けて約5カ月。ミャンマーの軍事政権は何も反省せず独裁を続ける意向のようである。

 それは予想されたこと。そしてこの社説にも「中国」というキーワードはない。

産経社説 【主張】イージス艦衝突 緩みを正す改革実現こそ - MSN産経ニュース

 これまでにあたごの不十分な監視や連絡ミスなどが判明した。危機意識の薄さに唖然(あぜん)とするばかりだ。加えて、乗組員が漁船を視認した時間が衝突の2分前ではなく「12分前」だったとの情報を約20時間公表しなかったことや、防衛省が海上保安庁の捜査前にあたごの航海長をヘリコプターで呼びつけたこともわかった。

 産経も援護白旗というところだろうか。

毎日社説 社説:日本版SWF 年金・特会運用から改善を - 毎日jp(毎日新聞)

 これもクリップ程度。

 第三に外貨準備高の水準を考える機会になるからだ。昨年の日本の輸入金額は約67兆円だ。円換算で100兆円を超す外貨準備が過大なことは明らかだ。しかも、そのほとんどは米国債で、取り崩すことが困難である。ドル建て資産はドル安が進めば、円建てで目減りする。

 そこで、満期の来た米国債から為券を償還する原資にし、外為資金特会の圧縮を図ることなどを検討してみてはどうか。円安時の円買い介入にも躊躇(ちゅうちょ)してはならない。いずれも、外貨準備の圧縮に寄与する。

 逆のようにも思うがこの問題は簡単ではない。

読売社説 暴対法改正案 資金源の封じ込めに生かせ

 気になるのでメモという程度。

 暴対法が施行されて16年になるが、暴力団関係者は8万人台で推移し、変化がない。取り締まりを強化し、法律も常に見直していく必要がある。今回の改正案も、警察が行政機関や関係業界と緊密に連携し、新たな仕組みをフルに活用していくことができれば、意義は大きい。

 こういう接面での法の見直しは原則としては必要だが、社会の悪というのは社会そのものであり、そこだけ取り出して根絶できるものでもない。

快晴

 少しずつ春という感じか。昨日は気落ちすることが二、三あった。これからも増えるのだろう。夢は青春の残骸のようなものだった。自分の抱えた嘘というか行方のない過去の期待がねじれた夢になるものだ。

 今日も富士山はきれいだ。

rice_showerrice_shower 2008/02/28 09:36 >ロス疑惑
http://tbs954.cocolog-nifty.com/st/files/st20080227.mp3
勝谷さん、爆走です。 面白すぎる!

finalventfinalvent 2008/02/28 11:10 rice_showerさん、ども。話芸の部分を除くと、今回はごく妥当な推理のように思いますというか、私とそれほど変わらないような。

himorogihimorogi 2008/02/28 12:01 あたごの海難は、漫然と漁船群に接近したと点で海自側にも責任はありますが、全体としてはどうみても漁船の方が責任重いと思います。小型船舶の方が小回り効くので法令以前に漁船側が回避するのが暗黙のルール。しかも今回は漁船の方が優速で突っ込んできてますし、直前に拡散展開するカタチで回避してますので、あたごはどうしようもなかった。漁船群が同じ方向に舵切ってれば、あたごが回避しなかったと糾弾できるでしょうが、漁船側の対応は最悪すぎる。
自動操舵を云々するのは、触れば解除されるものなので、針路維持という以上の意味はないから全くの馬鹿騒ぎだし。

uiui_hermitageuiui_hermitage 2008/02/28 15:14 >産経
社説は白旗でも一面トップはZ旗でしたw
>萩尾望都
古臭いと言った増田の人は、三原順を読んだらどう思うか興味あるところ…。
「百億の昼と千億の夜」の阿修羅王のキャラは、ハードSF(笑)界の生んだ
至宝だと思うですが…。
あと作中のプラトンの現身は、実はfinalventさん説…A^_^;)

finalventfinalvent 2008/02/28 16:29 himorogiさん、ども。「暗黙ルール」は通じない世の中なんですよ、たぶん。

finalventfinalvent 2008/02/28 16:30 uiui_hermitageさん、ども。ボケですが、阿修羅のあれは興福寺のあれが元で、元もけっこうエロい感じありますよね。

kagamikagami 2008/02/28 16:50 「プラトンの現身は、実はfinalventさん説」
そ、そうだったんですね…!!(^^;ギリシアのソクラテス門下生では感覚的快楽主義者アリスティッポスが好きなんですが、人気なくて悲しかったり…。
手塚治虫は作品の出来不出来が激しくて、その辺は手塚ファンの筆頭的存在の二階堂黎人さんとかも少し批判気味ですね…。私は、そういうとこもひっくるめて手塚作品好きです…。ブッダは去年出たブッダの名シーン集「手塚治虫のブッダ救われる言葉」がとても良かったです。ブッダを先に読んでいないと何が何だか分からないとは思いますが、私にとってはブッダの記憶が想起されて、あらためてブッダを楽しめました。
http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334784591
手塚作品では、陰惨かつ暗い話で評価も低くみられることが多い「アラバスター」とかとても好きだったりします。二階堂さんご指摘の「妖刀籠釣瓶」の話が元ネタみたいです。
http://www.koalanet.ne.jp/~jawa/kabuki/enmoku/kagoturube.html

himorogihimorogi 2008/02/28 17:36 >「暗黙ルール」は通じない

ルールはあるんですが、漁船が全然守らないので徹底できないんですねぇ。
海運というのはヨットのような、帆走船から、プッシャーパージのようなかなり操船の難しいもの、大型タンカー、高速艇と、様々な操舵性能、様々な速度特性の乗り物が同じ海域を行き交うわけで、一番単純なルール守るだけでは安全に航海できないんですよねぇ。

finalventfinalvent 2008/02/28 19:39 kagamiさん、ども。ここだけの話ですが私はプラトン主義なんですよ。あはは。手塚はどうしても自分の父と重ねて見てしまうところがあります。

mahalmahal 2008/02/28 23:12 himorogiさま>
つか、陸上においては「歩いてる人を轢いたらどんな状況でも100%車の責任」みたいなルールがあるんで、普通にその感覚が敷衍されがちなのかも。
#あれは、ガイジンにはよく分からんルールみたいですが。

2008-02-27

修辞的な疑問なんだろうと思うけど増田

 ⇒教えて!終風先生!

山本七平を理解するとその反射でわかるのでしょうか?

 修辞的な疑問なんだろうと思うので間接的に答えさせてくださいな。

 「山本七平を理解する」とはどういうことか?

 彼の息子さんはこう、父、七平を理解している。

 ⇒「 父と息子の往復書簡―東京…ニューヨーク: 山本 七平,山本 良樹: 本」

 父よ。あなたも私には、敗戦後の日本から出発した「失われた日本の子ら」の代表である。あなたがその「ありのまま」を語らないなら、私がそれを語ろう。

 「ありのまま」の父。それは、私がまだ日本にいた頃見たあなたの姿だ。父上。あなたはある晩、麹町のマンションのソファーの上で泥酔し、泣いていた。あなたの行った、否、行かされた戦争のために、白髪を震わせて泣いていた。「あの時、部下が言ったんだ。少尉殿は休んでいて下さい。私達が行きますから……。それで……部下達は皆、射たれてしまった。あの時、少尉殿って、少尉ド……ノは、休んでいて下さいって」

 私は現在でも、父上が「少尉ド……ノ」と言う時の震える語尾を忘れることは出来ない。私の耳朶の奥に、沁み込んで離れない。父上、なぜ私がこのように生きて来たと思う? あの「ド……ノ」のためなのだ。それに比べれば、あなたの書いた幾巻もの書さえ重要ではない。「評論家」としてのあなたは、重要な問題ではない。

そういう考えもある増田

 そういう⇒日本語は素晴らしい

日本語は速読しやすい。

漢字とカタカナだけをピックアップして読めばだいたい文意は掴める。

英語だと副詞と名詞の区別を目を流しただけでは選び取りづらいだろう。中国語も同様。

この利点を生かすためにも、副詞は平仮名で書こうと思った。今

大体→だいたい

 そういう考えもありますよ。

 あと脳に後天的に障害が起きると、このプロセスが複雑に作用するので、欧米圏または中国圏の人とは違ったことになる。

 中国語は漢字を使っているけど、日本人とは違って、音に直してから理解しているので、それほどには表意文字の特性を生かしていない。

ごく簡単に

 ⇒日本語と韓国語〜言語年代学 - 犬鍋の韓国漫談

 日本の代表的な言語学者,服部四郎氏は,「言語年代学」の方法を日本語に試みました。

 これなんですが、以前指摘したことがあります。ちょっと書き方が下品なんで今ならこう書かないでしょうし、与太も入ってますが、基本的にはこういうこと。

 ⇒極東ブログ: 日本語の数詞に潜む謎

 今の自分からすると皆さんいろいろお考えになればいいのではないでしょうかくらいです。特に批判的意見と読まないでください。

今日の大手紙社説

 いまだに防衛省問題。そしてカストロ引退。特に読むべき社説もないように思えた。

 キューバの問題は、米国の亡命民との関わりから見ていくと難しい。

産経社説 【主張】内閣支持率下落 先手を打つ積極さ見せよ - MSN産経ニュース

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が23、24の両日に行った合同世論調査で、福田康夫内閣の支持率が30%を切った。

 これは安倍ボクちゃんより低い数字だっただろうか。いずれ底辺なんでそれほどの差はないはずだ。だが、安倍政権の時の叩きようはむごかったように思える、別に安倍を支持するわけではないが。

朝日社説 カストロ氏引退 真の世代交代で改革を : asahi.com:朝日新聞社説

 基本的にはカストロはすでに引退しているも同じだったわけで昨今の変化は象徴的でしかない。そしてその象徴性はキューバ内や関連する人にとっても意味でしかない。

 ロス疑惑もすでにはてな世代にはなんのことか通じない。通じなくてもいいにはいい。同じようにキューバとカストロが団塊世代にどういう響きをもっていたかも、おそらく通じない。これも通じなくてもいいことには違いない。

朝日社説 イージス艦事故 防衛相は何をしている : asahi.com:朝日新聞社説

 朝日の言い分は正論は正論だが。

 海上自衛隊が防衛相にも情報を隠しているのか。それとも海上自衛隊のあいまいな対応に防衛相がつきあっているのか。石破防衛相は国民の疑念を早急に晴らさなければならない

 そのどちらかが見えない現状、石破防衛相を叩けばいいものでもないだろう。いずれ国防は無用というわけにはいかない。どう責任ある防衛省に組み上げるかという点で最適解を見ていかないと。

晴れ

 風が強い。天気図的には冬に戻る。

 富士山も見える。夢はごちゃごちゃとしていたが忘れた。

kumakuma1967kumakuma1967 2008/02/27 11:29 >数詞の話
些末な指摘ですがリンク先で「1000がyorodu」になってますね。

ziomziom 2008/02/27 11:53 膠着語の場合、語順は容易に文化的優勢な言語に同化してしまひます。日朝の文化交流史は複雑なので長期的にどうかう言ふ気はありませんが、少なくとも、現代日本語と現代韓国語の語順や助詞の使ひ方が類似してゐるのは、単純に朝鮮総督府の教科書が日本語からの翻訳物が主流だっただけだと思ひます。この件では祖語の手掛かりにはならないと思ひます。余談ですが、日本人英作文と韓国人英作文も、語順がそっくりで、しかも、間違ひまでもそっくりだといふのは、海外留学経験のある英語教師から聞きました。
では、日本語の語順が固有のものであるかと言はれれば、多分、万葉集の頃に、文献として残すために、ポリネシア系の語彙に強引に渡来人(百済系)の文法を適用した可能性も当然あるわけで、結局、文法構造は祖語の追跡に使えさうもない要素かも。語彙は借入が多いし、一番の手掛かりは音韻かと。といっても、私自身は祖語探索に関心がないので、どんな「と」説でも、楽しく読んでゐるはうです。

finalventfinalvent 2008/02/27 16:34 kumakuma1967さん、ども。あ、ほんと。でも、ま、わかるでしょってことでとりあえずこのまま。

finalventfinalvent 2008/02/27 16:37 ziomさん、ども。「単純に朝鮮総督府の教科書が日本語からの翻訳物が主流だっただけ」というのはありそうなんですが、ただ、基本的に膠着言語というのは変わらないかと(ただし朝鮮には訓はなさそう)。奈良時代など王宮では百済民がそのまま入っているので、そのあたりも。こうした問題は「と」としか言えない部分があり、適当でいいのでは。

junmykjunmyk 2008/02/27 21:54 いつもROMってます。終風さんより1歳若いですが、おっしゃることは半分以下しかわかりません。終風さんに比べて、だいぶ馬鹿ですが、それなりに読み心地がよいです。
>修辞的な疑問なんだろうと思うけど増田
抑制された書き直しを見てしまいました…
わたしも、突っかかっても詮無いことが分かる年になってきてます…
なんだかこんなことを書き記したく

ziomziom 2008/02/27 22:39 比較言語学は、日本語に関して「確率的に借入関係が予測できる」以上のことは進展しないと思ってゐるので、モゴモゴ。それと、無文字社会では、三世代ごとに、孤立語・膠着語・屈折語が循環してゐたりして、こちら方面でも期待薄と。

himorogihimorogi 2008/02/28 05:59 >変な男がつかないように女子高に入れたのに…

敗因はこれじゃないでしょうか。
近所に、名門女子高在学中に池面の禁治産者に引っかかり、卒業即懐妊しちゃった娘がいました。親が金持ちならまだしも、親は脱サラ失敗・・・
女子高ってガッコの中では異性と交流ないから、逆に歯止めが効かないというか、加減が身に付かない場合も結構あるみたいですねぇ。まぁサカリのついてる年頃でもあるし。

finalventfinalvent 2008/02/28 08:04 junmykさん、ども。ええ、そういうことです。通じる相手ならもうちょっと微妙なシグナルがあるでしょう。ダメなんだろうな何を言ってもと思いました、と、私も老いました、そういうことろ。

finalventfinalvent 2008/02/28 08:06 ziomさん、ども。この問題は、以前の極東ブログに与太を書いたのですが、無文字社会という一般性ではなく、縄文人=商人、というスキームで考えると、言語=商取引のプロトコルという別の面が見えるかと思います。まあ、期待薄ではあるのでしょうが、そう考えたほうが愉快です。エンタかよですが。

finalventfinalvent 2008/02/28 08:11 himorogiさん、ども。与太なんですが、名門女子校というは、基本的に妾の子の学校で、そのあたりをいわゆる上流階級は、「お父様」の関係で含むものです。ま、今はかなり変わっているだろうし、そういう女子校は少ないですけど。

2008-02-26

今日の大手紙社説

 韓国大統領とロス疑惑が話題と言えば話題だが特に読むべき内容はない。

日経春秋 春秋(2/26)

 温暖化というのが理解されてないっぽい。生活感覚の気温の上下でどうこういう問題ではないのに。

ことしは京都議定書の第一約束期間の最初の年。いよいよ温暖化ガスを減らす正念場にさしかかり、とっくに退場したはずの温暖化歓迎論などが、本や雑誌でひょっこり頭をもたげてきた。平均の気温や水温が1度上がったら生態系はどれほど変容するか、農業漁業がどれほど打撃を受けるか、科学的検証抜きで、食糧増産を語る。

▼エコだエコだとあまりかまびすしいのに少々うんざりした、という程度の話なら、正直にそういえばいい。天の邪鬼(あまのじゃく)や逆張りには、的を射ていれば小気味よさがある。あまり前のめりにならずに、温暖化を考える足しになったかもしれない。要は論の中身、である。

 そういう問題じゃなくて国際公約

日経社説 李明博大統領が背負う北朝鮮とEPA

 韓国米国との自由貿易協定(FTA)で先行したが、農民の反対などもあって国会での批准ができていない。李大統領の内政の最重要課題は経済再生で「市場開放は避けられない大きな流れだ」とも表明した。日韓双方とも大局的見地に立ったEPA交渉を進めるよう望みたい。

 これがどうなりますかね。

毎日社説 社説:基本情報開示 ソフト開発を魅力ある仕事に

 なんなんでしょこれ。

 デジタル家電や自動車などに搭載されている組み込み型のソフトでは、競争力を維持しているものの、パソコンだけでなく、データベース経営管理なども含め、コンピューター用ソフトで日本は劣勢だ。

 恒常的に人手不足で、労働環境は厳しい。しかし、開発費用は、プログラムに要した人数と時間で決まるなど、プログラマーの能力が評価されないといった問題が指摘されている。

 こうした問題を解決してプログラマーに優秀な人材が集まるようにし、日本のソフトウエア産業の競争力強化につなげたい。

 ソフト開発の現場というか皆目わかってないような感じ。

朝日社説 韓国新大統領―期待の風圧に負けぬよう : asahi.com:朝日新聞社説

 経済問題、EPA問題、米軍問題にはなにも触れていない。

朝日社説 ロス疑惑再燃―「新証拠」とは何なのか : asahi.com:朝日新聞社説

 内容は特にない。

 今朝のロス市警の発表も事実上の示唆はなかった。

 ただ、この社説もそうだが日本の報道はどうも変だなという印象がある。

曇り

 夜には雨になりそうだ。富士山は見えない。夢も朝の喧噪で忘れた。

 昨日の水泳の疲れが腕に薄らとある。春になったなあという感じがする。

rice_showerrice_shower 2008/02/26 09:52 >ロス疑惑
一事不再理については丁寧に説明されているが、推定無罪はどうなった?といつもながらの法理を無視した馬鹿騒ぎ。 成長が無い、メディアも国民も。  よしんば三浦が殺っていたとして、日本の捜査当局は当時有罪に出来なかった無能を、名誉毀損裁判で全敗を喫したメディアはその不甲斐なさを恥じ入り、事の推移を黙って見ていれば宜しい。

ところでWOWOWでやっている『コールドケース』という米ドラマは素晴らしく良く出来ていて(色々な意味でアメリカの懐の深さを感じる)、また私は今この主演女優さん(キャスリン・モリス)に夢中です。
スイマセン。 関係有りませんでした。

BaatarismBaatarism 2008/02/26 10:15 >rice_showerさん
>名誉毀損裁判で全敗を喫したメディア
あれ、東スポは?と思ったんですが、あそこも地裁では勝っても高裁では負けてたんですね。isologueにありました。
http://www.tez.com/blog/archives/000957.html

finalventfinalvent 2008/02/26 10:21 rice_showerさん、Baatarismさん、ども。ちょっと手抜きなんですが、関連のエントリをあっちに書きました。新証拠の有無がポイントなんですが現状わかりません。ただ、欧米報道と比べると日本はかなりこの件にはナーバスな印象です。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/26 11:18 キャサリン・モリスはアメリカ人にしてはフェミニンで可愛い女優さんですね。インタビューがとても良かった。彼女を主役に据えるのを製作陣はかなり迷ったみたいですが、ジェリー・ブラッカイマーは大当たりを引いたんじゃないですか。

himorogihimorogi 2008/02/26 13:53 プログラマの問題、インハウスでの仕事が減ってるのが一番の理由でしょう。つまりユーザーサイドが丸投げ体制なので、マトモな要求出せないし、一番業務を知ってる人間がちゃんと開発にコミットできない。
結局無駄ばかり増えて開発のパフォーマンス悪くなり、コスト圧縮の要求はますます強まる。

tom-kuritom-kuri 2008/02/26 14:08 温暖化対策は国際公約。そそ、結局「南北問題」なんですね。なので、南が協力的な態度のうちに「地球みんなで省エネ・省資源」をオーソライズしないと大変なことに。東京商工会議所認定「eco検定」合格(95点/100点満点:平均80点)のわたくしが言うんですから間違いありません。ええ、懐疑派ですけど(笑)
でもー、人類発展のためにはやっぱり「増えすぎた人口を宇宙に移民させるように」しないとダメだと思うんですけど〜^^

rice_showerrice_shower 2008/02/26 15:17 >nomurayamansukeさん、
分かってくれる人が居て嬉しい! 映画化が決まる前にT.ハリスの『羊達の沈黙』を読んでいたのですが、彼女こそが私の思い描いていたクラリス捜査官のイメージだったんですよ。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/26 15:34 いかにも熟女然としたジュリアン・ムーアが登場した時には自分ひっくり返りましたよ。あの映画はレイ・リオッタが怪演してました。心配しなくてもモリスは我々の手の届かない所へ上りつめることでしょう。

kagamikagami 2008/02/26 17:08 私もキャサリン・モリス大好きです。コールドケースはみてると涙でちゃいますね…。とてもいいドラマなので、finalventさん、もしご機会ありましたらぜひ視聴お勧めです。アメリカのドラマは、rice_showerさんの仰る通り、吃驚するほど質のいいドラマにときどき巡り会えます…。finalventさんはアメリカのドラマとか、ご覧になったりはなされますでしょうか。お勧めの作品とかあったら、ぜひ知りたいな、なんて(^^;

ziomziom 2008/02/26 18:42 業界ネタなんで、駄文を書いておきます。
1、中小企業:そもそも業務ソフトがなくても経営・人事管理ができる。エクセルのエキスパートがゐれば十分。
2、大企業:海外展開も含めて、日本だけに特化した業務ソフトは要らない。
結論:日本人エンジニアが業務ソフトのコア工程を作る場はない。
結論2:そもそも、この分野はアメリカの一人勝ちなので、日本だけの問題ではない。
結論3:アメリカ人以外のエンジニアは、ネズミになるか鳥になって小回りの利く技術に特化して、環境激変で恐竜がゐなくなるまで待つこと。生きてゐる間に恐竜が絶滅しなくても文句は言はないこと。さういふ運命だと。

finalventfinalvent 2008/02/26 18:50 nomurayamansukeさん、kagamiさん、ども。最近、洋物のドラマ見てないんですよ。アリーを2シリーズくらいまでかな。子供時代はよく見たのですけど。外国人がちょっと苦手になりつつあるのかも、というか吹き替えがけっこう好きです。

finalventfinalvent 2008/02/26 18:51 himorogiさん、ども。ある意味癒着というか、でもしかたないですよね的なものをけっこう見ましたね。ソフトってカネかかるのですから。

finalventfinalvent 2008/02/26 18:52 tom-kuriさん、ども。先進国ほどこの問題は矛盾だろうし、その内、日本が世界から突き上げくらって清貧の道を説くんですよ。ああ。

finalventfinalvent 2008/02/26 18:53 ziomさん、ども。組み込み系やでも国産になるのでしょうね。別にこれも国産にすることはないのでしょうが。

2008-02-25

三寒四温で思いついたビジュアルでアフィリなダジャレについて

covercover

一部でありがちな増田

 ⇒そんな技術力は誰も持ってないけど

 この手の幻想、フランスのカルトなんかも主張してたな。

 「私」というのは、道元の言う有時の存在なんですよ。今、ここにのみあり、全体とともにある。

うを水をゆくに、ゆけども水のきはなく、鳥そらをとぶに、とぶといへどもそらのきはなし。しかあれども、うをとり、いまだむかしよりみづそらをはなれず。只用大のときは使大なり。要小のときは使小なり。かくのごとくして、頭頭に邊際をつくさずといふ事なく、處處に踏せずといふことなしといへども、鳥もしそらをいづればたちまちに死す、魚もし水をいづればたちまちに死す。以水爲命しりぬべし、以空爲命しりぬべし。以鳥爲命あり、以魚爲命あり。以命爲鳥なるべし、以命爲魚なるべし。このほかさらに進歩あるべし。修證あり、その壽者命者あること、かくのごとし。

 つうわけで、「私」というのはこの有時そのものなんですよ。コピーできないのな。

これはそんな感じ

 ⇒はてなはなぜ潰れないのか? - 萌え理論Blog

はてなは全然変な会社ではなくて、収益構造が分かりやすいし、美味しいビジネスモデルだと言えます。はてなはSEOが強いので、検索上位にいます。はてなキーワードWikipediaの次、はてなブックマークが元ページの次に、二番手の位置を確保していれば、アドセンスアソシエイトを通じて収益化されます。要するに、Web立地の良さで喰えている。

 

それは喩えて言うとこうです。近藤社長はてな村を開拓するときに、Google駅の近くに作ったために、Google駅の交通量が増えて、土地価格(広告収入)が上昇し続ければ、はてなも右肩上がりになるんです*1。はてなはGoogle様様な訳です。

 概ねそんな感じ。

 ちょっと違った印象をいうと、上場しないのは意図的だし、そのあたり梅田さんも本で指摘していたはず。

 で、萌理さんはSEOとして一般化しているし、それで間違いということではないんだけど、ちょっと私は違った印象をもっていて、つまり、被リンク的なそういう表層的な構造ではなくて、どうやらGoogle様、最近、文章を読んでいるみたいなんですよ。

 Googleがオントロギーを組み込んでいるのか結果的にオントロギーに見えるのかよくわからないのだけど、Google様は文章の緻密性というかメッセージ性を算出しはじめていて、それと人的リソースの評価性を高めている。

 つまり、はてなーズみたいに読まれもしないのに文章を書く書く書く集団がGoogleは大好きなんですよ。

 っていうか、それがGoogleがWeb2.0に意図的にコミットしていて、へっへっへおれたちが世界にインターネットの民主主義を構築してやるぜ、ということなんですよ。

 どうも、この傾向は極東ブログへのGoogle様への評価を見ていても、ありゃりゃという感じです。こんなこと書いていたら人気が落ちるだろうし、冷酷にGoogle様が人気がないもの切っちゃうぴょん、かというと微妙にそうではない。

 ただ、このあたりは、じゃ、文章で読ませる上質な内容を継続的に続けていけばいいのかというとそれとも微妙に違っていて、やはり人の動向は見ているっぽい。(人からタギングするのはオントロギーの王道かもですよ。)

 よく、ブログはテーマ性に絞ったほうがいいみたく言われるし、そんな感じもするけど、どうも、Google的な新未来のSEOというのは、ブログを読む人間の集団に着目しているっぽいので、テーマ性より、人柄とかライフスタイル的なものが上位に来そうな雰囲気。(おれっちについていうとどうもfeecleまでGoogle様は関連付けているっぽい。)

 それ、結果的にイデオロギーとか工作の排除にもなりそうな雰囲気。

 別な言い方をすると、Googleっていうのは、ブロガーに向けて、もっと世界構築にコミットしてくれよ、応援するぜの暗黙のメッセージを投げかけている。

昨日の増田のこれだけど

 大漁⇒はてなブックマーク - 古書についたにおいを消す方法

 マイナスイオンって効果はあるのかも。←HTMLコメントもよろしく。

 重曹の消臭効果は知っていたけど、書籍へのアプライは思いつかなかったので即、やってみた。古本屋で買ったキモイのがあるので。

 まだ一日は経過してないけど、へぇ、かなり臭いは抜けている。

 と、くんくんやったら気持ち悪くなった。臭いは抜けても、キモイ物質は抜けてないのかな。

 ま、それなりに効果はありそう。

今日の大手紙社説

 特に話題はなしかな。

産経社説 【主張】事前対応ワクチン 早期接種の検討を始めよ

 嘆息。何を言っても通じないんだろうな。俺の生きている内に死体の山を見るのだろうか。というか俺がその山の礎石かな。

毎日社説 社説:盧前大統領 理念に埋没し現実から乖離

 これは絶妙に違っている。ので、どう違うのか説明するのがめんどくさい。

 小泉純一郎首相時代に靖国神社への首相参拝問題や竹島韓国名、独島)領有権問題で対立した。これには、日本側のナショナリズムにも一因があろう。

 これは毎日新聞だからしかたないでしょ。でも竹島は日本の領土であり、領土主張をナショナリズムとか言われても。ただ、状況に応じて言い方を変えることはあるだろうけど。

 盧氏の歴史認識はナショナリズムと裏表だ。日本統治時代にさかのぼって「親日派韓国人を糾弾した。反日というより、親日派がいなければ韓国は日本の植民地にならなかったという、屈折した自尊心の表現だ。日本海を「東海」と変えるよう各国に働きかけたのも同じ発想だろう。

 問題はこの「親日派」なのだが、これは字義通りの親日ということではなく、日本のある勢力を使って私財・私的な権力を形成した一派みたいな意味合いがあり、ここはとても難しい。単純なナショナリズムの問題とはいえない。このあたり、右派・左派もまるでわかってないっぽいし、私も難しくて立ち入れないが。

 米国に対しては在韓米軍の戦時指揮権を回収した。民族的自尊心による判断だったろうが、イラク派兵で米国に協力し、米韓自由貿易協定(FTA)締結に踏み切っても、信頼関係は築けなかった。

 これもそう単純なことではない。というか、「民族的自尊心」とか社説に書いちゃうセンスもどうかなとは思うけど。

 なにかと微妙に韓国への配慮が日本には歴史的な経緯があって必要なのはわかるけど、少なくとも戦後史における米韓の問題というのはもうちょっとひんやり知っておいてもいいというか、執筆子、意外に若いのかな。済州島事件とか知っているかな。

だが、去りゆく盧氏の理想主義が韓国の世論から消えたわけではない。それを見落としてはならない。

 理想主義というよりもうちょっと別のものがありそう(依然熱心な信奉者がいる)。あと、地域の問題がある。李朝(朝貢国)で統一したけど、彼らは高麗物を好むように三韓の歴史にまつわる微妙な歴史統一に齟齬の感覚がありこれは地域的に分裂している。また都市化がそれを融和していない。その上昨今の様子では高麗に国家起源幻想を持ち出しているようで、長白山問題もやっかいだが、そのあたりは中国様がゴリっとやってくれている。

 韓国料理とかいうと焼き肉とか連想するけどあれは在日文化っぽい。韓国人は普通に漢人や琉球人と同じで豚を食うし、鶏を食う。牛肉を食うというかそういう食文化遊牧系の影響があるというか、ハングルを含めモンゴル下の歴史の名残だろう。ブランコもそうかな。そのあたりは確かに伝統文化ともいえるが被征服文化でもあり、微妙な部分がある。あまり研究されてないっぽいが。

 朝鮮族の問題とかスターリンの傷跡とか、いろいろ朝鮮人は苦難の歴史もあり、日本人にもいろいろあるし関与もあるのだけど、民族的には苦難だろうなと思う。

 あまり知られてないっぽいけど⇒極東ブログ: [書評]沿海州・サハリン近い昔の話―翻弄された朝鮮人の歴史

 単純な嫌韓みたいな対日の二項ではなくもっと大陸に付属しちゃった朝鮮というものの、外側からの歴史描写が必要なのだろうけど、それこそ嫌韓より一番嫌われそうだし。

毎日社説 社説:ロス疑惑 2国間捜査のルールを明確に - 毎日jp(毎日新聞)

 陰謀論というわけではないが、これはあれかな、米国のルール変更のお知らせっていうことかな。とはいえ連邦でもないか。

読売社説 ロス疑惑 27年前の事件に米当局が動いた

 この手の話題には関心をもたないことにしているのだが、さすがにこれには関心をもつ。あのときの文春もそれなりにひどいもんだったなと思うし、最高裁まで行ったのだから市民としては何も言えないということでエンディングかと思ったものだが。

快晴

 富士山がきれいだ。このところ砂塵が舞っていたというのに空気は澄んでいる。

 夢は、年上のいとこ(女性)の家に泊まって彼女とピアノの話などをする。それから本屋に行ったのだが店のなかで迷っているうちに腹痛。

himorogihimorogi 2008/02/25 10:14 >最後まで北朝鮮に融和政策を捨てなかったのは盧氏のナショナリズム体質によるものだった。

そうじゃない、義父(嫁父)とか思想信条、つまり盧の体質は根っからの北シンパ。毎日は知ってて書かないなら悪質。盧政権時代、日本は実質的に北朝鮮と、北朝鮮の傀儡を相手にしていたようなもの。

himorogihimorogi 2008/02/25 10:30 >どんどんとコモディティ化が進むブラウザー
http://satoshi.blogs.com/life/2008/02/post-15.html

IE のシェアが大きいのは企業や B2B で他に選択できない縛りが結構あるから。
自分で好きなモノ使うなら IE のシェアが下がるのは当然のことで、むしろ企業で IE を使わされるがため、そのメモリーリークの激しさ故に能率下がってる部分も大きかった(IE 7 については使用禁止のとこもまだ多いのでどうかわかんないけど)。

kerodonkerodon 2008/02/25 12:01 こんにちは。
>くんくんやったら気持ち悪くなった。
>臭いは抜けても、キモイ物質は抜けてないのかな。
ん?エロ本とかじゃないですよね・・・。

というのは冗談で、
古本の臭いを気にする人が、
とても多いことに私はビックリしてしまいました。

himorogihimorogi 2008/02/25 12:45 >古本の臭いを気にする人が

かび臭いとか埃臭いとか藁臭いとか加齢臭っぽいやつなら平気ですけど、なんかそういうのとは違う生ゴミ臭いのとかは・・・ね。

summercontrailsummercontrail 2008/02/25 14:01 こんにちは。元ネタの増田読みましたが、タバコくさい古本ってけっこうあるんでしょうか。私もたまたま今日届いた古本がそうでした。むせました。ビニールの包装を開けるまで考えもせんかった……。かびっぽいのなら慣れてるんですけどね。重曹、私も試してみます。

finalventfinalvent 2008/02/25 14:22 himorogiさん、ども。盧大統領は一つのブレとしてしかたなかったのかも。IE7はいろいろ制約が多いですよね。実際シェアはまだみたいだし。

finalventfinalvent 2008/02/25 14:23 kerodonさん、ども。ビジュアル系のエロ本ってもってないんですよ。あと本の臭いはけっこうフェチなくらい。

finalventfinalvent 2008/02/25 14:24 summercontrailさん、ども。私は一時代前の本を古書店で買うことがあるので、タバコ臭い率は高いような気がします。買うとき悩むんですけどね。

finalventfinalvent 2008/02/26 10:22 kinginsunagoさん、ども。ええ、そのあたりも古書のお値段の内でしょうね。

2008-02-24

NHK 「断崖の祈り〜ミレニアムを迎えるエチオピア〜」見たよ

 正月にやっていたもの。昨年はエチオピアの暦ではミレニアムだった。

 断崖教会には関心があったので見た。面白いといえば面白かった。もうちょっと信仰の内部が知りたいなという印象はあったが、反面、断崖下の村民との交流というか共存の関係は興味深かった。

昨日書いてデリったけどまた書いてみ増田

1203760425*特にないけど

 ⇒30歳から34歳が受けた心の傷

どうしたらいいの? おしえて、ダンコーガイ!

 ダンコーガイ!なら、なんか教えてくれるかも。すでにあるのかな。

 よくわかんないけど。

 そして世代論的な問題もあるんだろうけど。

 でも、そうでなくても、30から34歳っていうと、仕事の先行きとか結婚とか離婚とか育児とかいろいろ重なって、けっこうドラスティックに変わってくる時期なんで、そういうのは結局自分で引き受けていくしかない。

 まあ、あと10年くらいして40半ばになると諦めがつくかも。

 合理的に考えると、諦めるくらいの選択しかないのだから、さっさと諦めてしまって、世界観というか人生観を変えたほうが楽かも。

 っていうか。

 ライフスタイルみたいのを作っていくといいのではないかな。

 自分探しとかめんどっちいのではなく。

 うまい物食って、適度にスポーツとかゲームとか旅とかして、面白い本読んで、適当に飲んでみたいな。それぞれにちょっとしたコツっていうか習得したらいい技術みたいのもあるからそういう細部をきっちりつめていくと年が取りやすい。

 あと、前にも紹介したけど。

cover
四十歳からでは遅すぎる―野心家のための方法論 (PHP文庫): 邱 永漢

一生をただのサラリーマンとして終わりたくないなら、勝負時は二十歳から四十歳。独立自営のスタートをきるのは、この気力も体力も充実した二十年間をおいて他にない。「最初の職場は一生を決める重要な分岐点」「銀行に信用されるには自分の仕事を約束通りにこなすこと」「大きくなる可能性のある小さな商売を選べ」etc.若き野心家たちに、邱永漢が送るとっておき成功のノウハウ&人生論。

 実際は30歳まで学校や仕事を覚える時期だからその後の10年が勝負。

汗とアルでひど

 ⇒404 Blog Not Found:「報われる」って誰が報いるの?

だからイッてもいないのに、「熟柿(じゅくし)臭い息」で「イってる」と言われてしまうのだ。

熟柿臭い息をふっかけられて当然である。

 ⇒アセトアルデヒド - Wikipedia

また、飲酒後に体内でエタノールの中間代謝物として生成されるアセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因となる。

 それだけではないんでしょうけどね。

情報を減らすコツ増田

 ⇒http://anond.hatelabo.jp/20080224113746

摂取する情報量が多すぎて、脳みそのメモリがオーバーフローしてるんでは。

ネットやケータイ、テレビ、音楽、読書の時間をちょっと減らしてみるといいと思うよ。

かなりラクになるはず。

 ご参考までに、finalvent流情報を減らすコツ

  • ニュースは基本的に映像・画像を見ない
  • 時間のかかるネタで時間を潰さない
  • ネットでサーチするより適切な新書を読め
  • 読書の時間をむしろエンタの時間と考える
  • テレビは録画で見る(必要なのだけ、仮面ライダーキバとか)
  • ケータイはメールとか簡素な情報だけ
  • 音楽はITMSとかCDで買って放送メディアを使わない

 

 ついでに

 ⇒なりたくない人間に自分がなりはじめている事実に愕然。

 物忘れが増えてきたような気がする。歳のせいにするには早いんだろうけど、なぜそうなっているのか閃いたので忘れないうちにメモしておく。

他にあったら皆様教えてください。

 これ⇒極東ブログ: [書評]脳を鍛える!(シンシア・R・グリーン)

こりゃ増田

 ⇒当方プログラマ志望

cから入ろうかと思っている。いろんな言語の根っこにあるという話を聞くし、俺が社会人になるころにも消えていないだろうし、cで苦労しておくと他の言語を覚えるとき楽だと聞いたので。

 ぁぁぁ。

しかし

 ⇒表 : U3MUSIC INC

私、浮き過ぎ

。・゜・(ノ∀`)・゜・。

何者だよ

。・゜・(ノ∀`)・゜・。

 Heart Stationのプロモーションビデオっていうのか、地下鉄の駅のなかのアレ。あの浮いた感じの、誰もヒッキーっていわなければわからなそうなヒッキーが、よいなあと思いますよ。

ありがちな増田

 ⇒彼女と別れそうだ

お互い歩み寄らなきゃいけない部分があると思う。

でも彼女は、自分はこれ以上歩み寄れない、と言っている。

もう無理なのかなあ。結婚してもいいかもって、思っていたのにな。

 これね。すごい人生の深淵だったりしてね。

 わかる人にはわかることだし。

 ありがちに言うと増田君の近未来にはけっこうつらい現実があるよ。しかたないよ。

 どうしようもない問題だよ。

 よかったらこれ勧めるけどね⇒極東ブログ: [書評]「ビルとアンの愛の法則」(ウィリアム・ナーグラー&アン・アンドロフ)

田舎の増田

 ⇒http://anond.hatelabo.jp/20080224061458

整備された交通網の中で豊かな生活を享受している都会人が「地方はこれ以上道路なんて不要でしょ」と言ってるのを見るの何だかね・・・

 実際にはそう。

漢字というのはそのためにある

 ⇒北京語と広東語 - 犬鍋の韓国漫談

 けれども,広東語北京語は,書き言葉は(字体は別にして)同じなんだそうです。つまり,同じ中国語の文章を,北京の人と香港の人は,まったく違う発音で読む。香港人の頭の中で鳴っているのは広東語の発音。

 実は近世まで日本もそうだった。

 候文に返り点とかついているのがその名残り。

 十七条憲法とか聖徳太子の心とか勘違いしている人がいるけど、あれ、漢文

 ついでに。

 日本の沖縄方言は,歴史的に日本語と同一の祖語から枝分かれした,日本語の方言だということが証明されていますが,別言語といってもいいほどにかけ離れていて,通じない。文字に書いたところで,わからなさ加減は同じです。

 ところがこれは平安時代あたりの民衆の言葉が音声変化しただけで、実はけっこうそういう意味で日本語だった。

 日本祖語から分かれた説は、違うと思いますよ。

 

追記

 これはちょっと追記したほうがいいかな。

 ⇒はてなブックマーク - 漢字というのはそのためにある - finalventの日記

2008年02月24日 mobanama 言語, 歴史 近世まで日本の書き言葉が中国語と同じってのは無茶だろう。せいぜい公式文書が和臭ぷんぷんの漢文ライクなものだっただけで。過度な一般化はイクナイ。

 書き言葉が同じというわけではなくて、中国語は漢文という形態でそう日本人に読まれていたということ。そのあたりは、朝鮮通信使の歴史とかご参照あれ。

 逆に候文(日本語)は漢文ではないから中国人は読めない。でも、まったく理解でないわけでもなさそうだった。

 少なくとも五山文化までは中国語というのはけっこうそのまま日本語に流れ込んでいたしし、明朝の亡命人もそれなりに筆談でなんとかなった。その後、江戸中期になって、朱子学知識人が北京語風の発言をやって庶民からバカじゃねみたく思われていた。「あんぽんたん」とか「素敵」とか案外その名残かも(これは不正確)。

 あと、中国では漢字は地方によって発音が違うが地域に限定すれば音は一つしかない。なので、日本人みたいに漢字にいろいろな音や読みをあてる文化ではその一つのセットに現地音を当てれば、そのまま読み下せる。字面から意味もわかる。この便宜に実は千字文の文選読みが使われていたし、状況は朝鮮も同じ。もっとも文選読みで中国語になったという意味ではなく、そういう学習の原理性が日本文化に埋め込まれていたということ。日本文化とういのは広義に中華周辺文化という骨格をもっている。

 この状態は明治時代でもまだ生き残っていて、孫文とか蒋介石なんかも日本でそのまま勉強できるのはそういうこと。これは朝鮮語でも同じで、朝鮮語の場合は漢字で表記しちゃうとテニヲハが違うだけでそのまま読める。

 戦後、中共が漢字を変更し、朝鮮がハングルになって、日本のそういう影響を脱そうとした。まあ、それだけが国字の理由ではないのだけど。

 さらに脱線。

 いわゆる四書五経みたいなのは漢字で書いてあるけど、あれ、中国人なら音として読めるけど中国語にはならない。いわゆる古典の漢文というのは中国人にとっても外国語。このあたりは、古典ギリシア語と現代ギリシア語でもそうだし、そもそも源氏物語とか日本人が読めないのとも似ている。

ぁぁぁはぁ

cover
HEART STATION / Stay Gold: 宇多田ヒカル: 音楽

 ヒッキーはどうしてこうもエロくて切ないのだろう。

HEART STATION

心の電波 届いてますか?

罪びとたちのHeart Station

神様だけが知っている

I miss you

 

忘れなきゃいけない

そう思うほどに どうして

いい思い出たちばかりが残るの?

 

Stay Gold

変わりゆくのが 人の

こころの常だと言いますが

ねえダーリン your soul

優しく輝きつづけるわ

 

ついでに。

 願う所は幽儀疾く九品の蓮台に登り

 速やかに心月の慧光を輝かさんことを

 南無阿弥陀仏

 南無阿弥陀仏

今日の大手紙社説

 特になし。

日経社説 転換迫られたマイクロソフト

 ありゃ、日経も。間違ってはいないけど、マイクロソフトの現状というか開発の最前線とかわかってないっぽい。

産経社説 【主張】ウィンドウズ 情報開示は時代の流れだ - MSN産経ニュース

 うーむ、絶妙に外しているんだけど。基本はEU対処。で、今回の対応EUはダメぴょんなんだからダメなんだよ。っていうか、EUと米国どないすんのとか、どじょうな日本は思うのであった。まあ、そんなのどーでもいいよ大中国がある限り大丈夫。

毎日社説 社説:覚せい剤 少年にも広がる汚染の一掃を - 毎日jp(毎日新聞)

 これ大半はエクスタシーじゃないの。シャブじゃなくて。シャブもあるだろうけど。

中高生らには折に触れ、覚せい剤の恐ろしさを教える必要がありそうだ。

 っていう対処がもうだめぴょんなんだというのが現実。

 これ、広義にはコミュニケーションの問題だと思いますね。ただ、ネットがどうこうじゃなくて、もっと見えづらいケータイの。

 で、中高生といってもやらない子はやらないし、背後には奇妙な知的格差があるんだと思うけど、なんだかとばっちり受けそうでどうでもいいや。

毎日社説 社説:ギョーザ事件 対症療法では再発防げない

 だが、いま現実に、将来も、中国産品とは絶縁するという選択肢はありえない。問題解決で信頼関係を修復するとともに、安全確保を相手に強く求め、私たちも自らを守るという構えが不可欠だ。

 その時、効率的な体制づくりも有用だが、何より不可欠なのは当事者の問題認識と責任感だ。今回の発生から1カ月余にも及んだ情報遅滞の問題も従来の体制が必ずしもネックになったのではなく、運用、行動に大きな抜かりがあった。

 その検証と反省がなければ、防止策も再び「形」だけにとどまりかねない。

 笑った。嘲笑とかじゃなくて、そんな正論で中国人と渡り歩こうなんて無理無理。

 中国もいつまでも「小日本、大中国」とか言ってないで合理的になれというか北京側は合理的なんだけどね。

読売社説 東ティモール 安定になお国際的支援が必要だ

 自給自足農業が主体で、主要な産業が少ない中、ティモール海での豪州と共同開発の石油・天然ガスの採掘が軌道に乗っているのは明るい材料だ。社会安定のためには経済発展が必要だが、課題は人材や技術の不足にある。日本も豪州などと協力し、積極的に支援すべきだ。

 そんな簡単な話でもないと思う。石油利権の根深い問題がある。

晴れ

 昨日の暴風が春一番とのことだが天気図は冬型。寒い。っていうか今日も暴風。

 夢はなにか教育研修みたいなこと。ヒッキーの歌を聴いているうちに忘れてしまった。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/24 08:46 >中国もいつまでも「小日本、大中国」とか言ってないで合理的になれ
それが無くなったら中国じゃないと言ってみるテスト
良くも悪くも一党独裁政権でしか維持出来ない国だし…

finalventfinalvent 2008/02/24 10:17 kinginsunagoさん、ども。民衆を拘束している実際上の権力は地方であったり、共産党だったり、その融合だったりと、ようするにそういう妥協なんですよね。

mtfyfmtfyf 2008/02/24 10:48 先週話題になっていた「結婚しよう」みてきました。両親が拓郎世代の家族のホームドラマです。全編拓郎の歌が流れている、でもやっぱり松竹映画といった内容でしょうか(笑)。佐々部監督お得意のあざとい演出をこんなにも楽しめたのは初めてでした(笑)。拓郎世代の観客がほとんどで、結構泣いている人が多かったです。中ノ森BAND、良かったです。たまにはこういう大衆映画も劇場でご覧になっては如何?http://jp.youtube.com/watch?v=B5LrN5IIHRY

kinghuradancekinghuradance 2008/02/24 12:09 「ありがちな増田」の人の元のエントリーを読んで、以前にこの人の彼女と同じ理由で好きだった人の縁を切ってしまったなあ。ということを思い出しました。

ただその人は、「できるだけ時間を作って会おうとした」という訳ではなく、一回もまともに会う約束を守ったことがなかったし、メールにも返信をくれたことがなかったし、人の話もまともに聞こうとしなかったのですが。
ただ「会いたい」と一方的に言うばかりで、こちらの仕事の都合や予定は全く聞こうともしないし、私からのメールは「仕事が忙しい」ということで読まずにそのまま消去したり、約束をしても一方的にドタキャンを繰り返しているくせに、私がその人が何か伝えたがっていることに気づかなかったりすると烈火のごとく怒り出して嫌がらせのメールを送りつけたり私のパソコンにブラウザクラッシャーを仕掛けたりするので、心底から嫌になってしまいました。

たぶん元増田の人も、彼女からのメールにまともに返事をしなかったり、携帯電話に電話がかかってきても着信拒否にしていたり、彼女が伝えようとしていることにまともに耳を傾けようとはしてなかったりするのではないかな?と思ってしまいます。例えば「バレンタインデーチョコを渡したい」と言われているのに未だに取りに行っていないとか。

finalventfinalvent 2008/02/24 12:28 mtfyfさん、ども。「全編拓郎の歌が流れている」というあたりでちょっと鳥肌なんですけど、そう言わずに見聞広げたほうがいいかもですね。

finalventfinalvent 2008/02/24 12:32 kinghuradanceさん、ども。こんなことを言うといろいろ批判されるかもだけど、というわけで与太モードで言うのですが、男女関係で男っていうのはなんか「女にしてやった加点クーポン券」思想を持っているのですよ。これは女には通じません。「あれもこれもしてやったじゃないか」という感じで仕事のノリですね。だめだめ。半面、女はというと「男にしてやられた減点クーポン券」思想がある。
 でもなんつうか、そのあたりをさらりとこなせる大人にならないとですね。男女間でイヤミとか出てきたら、ちょっとなです。

finalventfinalvent 2008/02/24 12:36 widtariaさん、ども。通説はそうかな。祖語論とかもまだ生き残っていているのでは。私個人としては奈良・平安初期というのはむしろ沖縄に伝搬した本土側のバリエーションの状況ではないかなと思っています。あと、沖縄語が独立言語かというのは政治というか歴史観によるでしょうね。面白いことに琉球の王府の言語は和語というか沖縄語なんですよ。日本みたいに疑似漢文や候文みたいなものはないんです。言語と政治の機能が違うというあたりで、王権的な違いがあり、じゃ、別言語でもいいかというのはあるかと思います。ただ、これも王府というのは実際には東南アジアの王権にありがちの華僑のフェイクっぽいので、民衆側は普通に日本語のバリエーションでよいのかなとは思いますが。

KlousKlous 2008/02/24 17:29 http://guideline.livedoor.biz/archives/51040621.html
増田の取り上げ方を拝見させていただくと、こういったスレも琴線に触れますでしょうか。

iori3iori3 2008/02/24 17:31 finalventさんが、拙blogのイカ天ネタをはてブしてくださったら、なんとそこからマルハの中の人が複数やってきました。ある意味、はてブすげーと感心。

finalventfinalvent 2008/02/24 18:59 why-newtonさん、ども。遺伝はあるでしょうね。三代かも。実際のレコーディングとかは父親の采配かな。

finalventfinalvent 2008/02/24 19:00 Klousさん、ども。そうですね。諸所共感する意見もありますね。青春って結局どう過ぎ去ってもそれなりに青春なんですが。

finalventfinalvent 2008/02/24 19:01 iori3さん、ども。ありゃ、ご迷惑かけてしまったかな。ごく個人的な関心で他のぶくまーもないのかなと思っていたので。でも、そういうこっちゃないですよね。

iori3iori3 2008/02/24 19:22 finalventさん、いえいえ、お気になさらずに。マルハの製品なのに、生協の方ばかりクローズアップされてたので、書いた記事なので、当該企業が来るのはしょうがないです。ただ、はてブ経由というのはあまり経験がなかったので。マルハの広報ははてブに張り付いてるんでしょうかね。

KlousKlous 2008/02/24 20:05 >青春って結局どう過ぎ去ってもそれなりに青春なんですが。
ありがたく頂戴させていただきます。
やっぱり、隣の芝は青く見えてしまうもの、ということなのでしょうか。過ぎた時間の中から、いいところをもっと思い出すべきなのか、そんなことに費やす時間をこれからの自分のために使うべきなのか。
追伸 超訳、素晴らしかったです。(笑) 元作品は手に入れられるかなぁ。

finalventfinalvent 2008/02/25 09:57 iori3さん、ども。そう言っていただけると。企業も大変なのはわからないでもないです。

finalventfinalvent 2008/02/25 09:58 Klousさん、ども。あまり言うのもなんだけど、棺桶が見えてくるころ、若いころのつらさは別の意味を持つ感じはしますね。ただ、それはすべて大切になったというのではなくて、つらいものになんで俺しがみつているんだろう、もう終わりぃみたいな。話変わって、あれ、女の子のキャラが増えたときどう文章で描かれるかはwktkです。

odakinodakin 2008/02/26 04:46 彼女と別れそうな増田の話、なんかくたびれた色々修復中のおじさんの身につまされました。昔は僕も増田と似たようなもんだったけど「細かい約束(今度○○食べよう、とか)を忘れがち」「会う予定が直前でだめに」これ超NGですよね。でも何書いても自分で痛い目見ないと増田には絶対通じないと思うw
「ビルとアン」図書館でネット予約シマスタ

finalventfinalvent 2008/02/26 10:25 odakinさん、ども。たぶん、「ビルとアン」、すごい短い本だけど、えええええ!と思われるのでは。こんなもんすよ。

2008-02-23

これが春一番でしたか

 ⇒関東地方に春一番 都心で風速15・9メートル - MSN産経ニュース

 春一番は、立春から春分の間に風速8メートル以上の強い南風が吹き、前日より気温が上がるなどの条件を満たしたときに気象庁が認定する。 

へぇこれはぶこめの本質がよくわかるトリックだなとか

 ⇒はてブちゃんねる@人気スレッド一覧

よくわかんないけど

 ⇒何故、親は勉強しろしろと言う??:アルファルファモザイク

 親がきちんと勉強したことないからじゃないか。

 それなりの勉強をした人は自然に教えるもんだと思うし、勉強の本質はそういうことから得られないのを知っているはず。

ひどく遅くなって追悼、varisさん

 うかつにも、昨日全然違う件でというかちょっと昔のリンク集を整理していてvarisさんのリンクを辿ってないからどっかに移転したのかと思ったら、二年近く前に亡くなったことを知り、衝撃を受けてしまった。しばらく動揺しましたね。暁ちゃんのこととかも思い出した。そして残された若い後妻さんもつらいだろうなと思った。人生ってなんだろ。

 キリコ事件で文春の手記を読み、それから数年ずっとvarisさんの日記(掲示板形式)は読んでいた。彼は昭和33年生まれで私より一つ年下。またいわゆるアカデミックな経歴はないのだが、Verilog-HDLとかの仕事をしていたので関心を持っていた。こっちからは知人のような気持ちでいたが、対話したことはなかった。もう10年近く経つな。俺も死にかけていたなあのころ。

 死因は心筋梗塞らしい。47歳か。過労が祟ったのでないだろうか。一時期死にかねないような日々だった、その後後妻と安定しているのかと思っていた。

今日の大手紙社説

 特にまとまった話題はない。それと今朝の朝日新聞社説は積極的に、スルー、ってことで。

毎日社説 社説:パキスタン 長期安定へ真剣な模索を

 昨日の読売よりはましかなとは思うけど、シャリフの過去を書かないのはどういう了見なんだろ。そしてシャリフの後にはサウジ

読売社説 陵墓調査 古代史解明への新たな一歩に

 これは背後に現天皇家の尽力があるのではないかな。なにか王家断絶の決めのようなものでも出てくるといいのだが、がというのは、考古学というのは本質的にそういう学問でもないし。

ログイン・晴れ

 天気図を見ると等圧線が混んでいる。風がきつくなりそうだ。

 夢は、千と千尋の物語の屋敷のような世界。ディテールは忘れた。

2008-02-22

ブログサバト

 金曜日。

 早かったな。

ブロガーの失格

 inspired by ブロガーの資格(まなめはうすより - 踊る肉とパイナップル

  1. ブログを書くのが楽しい、ま、そうかな
  2. 文章を書くのが好きだは微妙
  3. 他人の意見や他の人が書いた記事に興味があるわけでもない、っていうか他人って不思議だなと観測窓
  4. より多くの人に影響を与えたいはないない
  5. 自分の意見や知識を広めたいは微量
  6. 他人に嘲笑されても罵倒されても平気であることはないな、うるさいなあ、道にウンコすんなよとか思う
  7. 人に褒められたいや賛同者が欲しいことはない。どんな人でもいつか私を去っていくし、唾棄して去っていくかもしれない存在だろうなと思っている
  8. 自分の書いた文章が好きであるとか考えことないや。
  9. 人と知り合いになりたいこともない。通じない人と知り合っても意味ないし。適度でいいし、そもそもブログはそういう狭隘接面
  10. 記事によって生計を立てられるほどのdankogaiさんとかすごいと思うけど、彼は別にそれでカネを得る必要はないのだから世の中というものは略

まあそれはあるかな

 ⇒ネットは炎上より積雪の重みで潰される - 萌え理論Blog

 あと、うぁー通じてないなとか。

 おまえ読むなよとか。

 でもま、なんとなくまだやっていたりしますね。

中国、始まったな鴨

 ⇒China says 41-year-old man dies from bird flu | Reuters

 ⇒時事ドットコム:鳥インフル死者19人に=中国

北京21日時事】中国衛生省は21日、広西チワン族自治区南寧市で20日に死亡した男性(41)が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたと発表した。男性は発病前に、病死した家禽(かきん)と接触していたという。中国での鳥インフルエンザによる死者は19人目。

まそうかな増田

 ⇒何してんだって話だけど

 そういえば最近の子ってライフゲームとかプログラムしたことないんじゃないかな。

 ⇒ライフゲーム - Wikipedia

 ⇒Conway's Game of Life - Wikipedia, the free encyclopedia

 ライフの生存についてはunpredictableではなかったっけ? 

 曖昧⇒Life game

シミュレーションを実行してみると、適当な初期配置から上記のような単純な規則を適用することで予測不可能ほど複雑な現象が現われることに驚かされる。ライフゲームには何らのランダムさもなく決定論的に進行する。このような例から類推が許されるならば、自然現象は複雑であるがその奥には簡単なルール(自然法則)が隠されているのかも知れない。さらに言えば、自然は、生命現象も含め、セル・オートマトンでかなりの程度表現できるのでないだろうか。

 その単純なルールの数学的な限定性が議論できそうなんだけどね。

 ⇒ライフゲームの話にしてみる : 2006-12-19 - NaokiTakahashiの日記

ライフゲームの状態を保存するのは簡単だ。素子のふるまいも全部分かる。ライフゲームは完全に記述できる。しかし、だからといって系全体のふるまいを予測したり分析したりできるわけではない(ライフゲームはそれでもかなり単純なので、いくつかの有名なパターンを組み合わせることで予測可能な系を作り上げることは可能だが、任意の初期条件の長期予測を立てられるような一般理論はまだ無い)。

 私の記憶でもそこまで。

そうとも思わないけど増田

 ⇒近藤さん、あなたは社長をやめるべきだ

 私は単純に京都移転は育児だと思っているけど。

 で、育児するはてなが、はてな世代をまた変えていくんだと思う。

 ついでなんで露骨に言うとジェコンとレイコンが一つの家族モデルになるような、なんというのでしょうかね、「肝っ玉母さん」ミレニアムでいいんじゃないでしょうか。

 つうか、はてな庵。

 資本を入れるとそういかなくなっちゃうわけだし。

 そろそろカネが人生でもないなというのがわかる年頃だろうし。

RSSが普及しない理由

  • 使い勝手が悪い(遅延とストック性が配慮されたものがない。マジやるなら自鯖立てるきゃない)
  • 普通の人は情報についてもジラール的欲望の構図にあって、単独情報を好まない
  • 実は十分普及している

今日の大手紙社説

 特になしかな。もうちょっと社説に手間をかけてもいいのにという印象。

日経春秋 春秋(2/22)

 うーむ、春秋子、ムンクのことそれほど知らないでしょ?

 

f:id:finalvent:20080222084357j:image

 ⇒ムンクのマドンナについて - 教えて!goo

日経社説 「石原銀行」は幕を閉じる時だ

 設立当初の理念は評価するが、新銀行の現状を見る限り、延命策は問題の先送りにしかならない。厳格な資産査定を改めて実施したうえで損失分を処理し、預金者と善良な借入先に最大限配慮しながら、他行への事業譲渡などで撤退するしか道はあるまい。石原知事のメンツよりも都民の税金の方が大事である。

 この問題はそう断じていいのかいまひとつわからない。

産経社説 【主張】ギョーザ事件捜査 日中が全情報を出し合え - MSN産経ニュース

 タメで書いているのだろうけど、そんなの通じる相手じゃないし、中国側もそれは通じないのをわかれKYということなのに。

毎日社説 社説:給油再開 期限切れにらみ慎重論議を

 これはでも来年の日和見でいいよ。世界の構図が変わるんだし。というか日本は米国のケツ舐め路線が基本。ケツの具合を見てからでよい。

読売社説 パキスタン情勢 安定への道筋を早くつけねば

 普通レベルにパキスタンに詳しい人は社内にいるのではないか。ちょっとヒアリングというかブリーフしてもらえばいいのに。

 人民党は、与党との連携を必ずしも排除せず、ブット元首相の夫で人民党総裁代行のザルダリ氏が大勢判明直後に大統領側近と会談したという。人民党は、ブット元首相の生前、同じく世俗主義を奉じるムシャラフ政権と「政権の共同運営」を協議した経緯もあるからだろう。

 ザルダリとシャリフの過去の経歴くらい説明を受けてから書いたほうがよいのでは。

読売社説 海自給油再開 アフガン支援にも力を入れたい

 これままずNATO問題が先決にあるので、日本が息巻いてもしかたがない。

朝日社説 盧大統領 庶民派の寂しい幕引き : asahi.com:朝日新聞社説

 意外と韓国通が朝日にはいないのかな。もう2年くらい前から盧武鉉は韓国人にとって(すべての韓国人がとはいわないが当然)、お笑いの対象で、そうした「アサヒる」みたいな揶揄の言い回しもあった。

 小泉元首相靖国参拝が大きかったのは確かだが、竹島問題では盧氏も「外交戦争」と激しかった。日韓ともに指導者がナショナリズムをあおることの愚かしさを思い知らせてもくれた。

 これも短絡。というか、対米国、対北朝鮮の問題があり、そして対中国のややこしい問題があり、実際には対日はそれに継ぐ。

 繰り返すけど、朝日はもうちょっと韓国の実態をしらないとまずいんじゃないか。

朝日社説 イージス艦 責任逃れをするな : asahi.com:朝日新聞社説

 艦内で何が起きたのかをつかめないというのなら、まったく統制がとれていないことになる。こうした組織に日本の安全保障を委ねることができるのか。

 ちょっと飛躍しすぎ。座間の問題とかもっと上位に存在する諸問題がある。

快晴

 今日は暖かくなるらしい。夢は、インド博物館を訪問をする話。自分はインド人とのコネがあるでVIP待遇で見せてもらったが云々。

TheIneleganceTheInelegance 2008/02/22 11:55 表に持ち出して全員がよってたかって議論したところで効果的なことは何も起きない類の案件ですからね。これで大臣の進退問題になるとか典型で。それだけ首都が超平和だからなんでしょうけど。>イージス艦の件

himorogihimorogi 2008/02/22 13:49 また一人、魔法使いが消えてしまった・・・
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2008/02/post_8dbe.html#more

kingatekingate 2008/02/22 15:53 >>ブロガーの失格
ども、お久しぶりです。最近は出向先で文章を書くのが多いですw
文章書くのは楽しいのですが、言説でどーこーとか思ったりしないし、序でに批判されるのは、ちっとも嬉しくないし(特に! 事実に反することだとを指摘しても「ソースを出せ!」と。出せば業界の流儀に反するコト&お里が知れるだったりなんかして。出せるわけの無いことにウンコぶつけられるとか。金とかコネクションとかその辺。そこで生きてる癖に、そのネタも知っている癖に、ネットではいい子ぶりやがってチクショーとかw)。
あと、9.とかメッチャ当てはまるですよ。でも、ここにはたまに顔を出したい。忙しくなければ。何かそんな気分。

ああ、自分の文章は好き。大好き。ナルシシズム万歳。

godmothergodmother 2008/02/22 19:12 どんな人でもいつか私を去っていくし、唾棄して去っていくかもしれない存在だろうなと思っている》 こんばんは。サバトってあるから今までコメントするのを気兼ねしていました。けどね、表記のこれ、本心かとも思うのですけど、「去っていくし」という認識は何処か、何時か私の知らないところの話だと思った時に、こんな冷たいのってないよな。書く瞬間や、それが心の琴線に触れるようなことだったりすると、だんだん居心地のいい場所になりますし。私は、Netで共感できる人物に始めて出合ったと思っています。なんか、元気出してよって思います(元気がないわけじゃなくてね)。

kurosiosadakitikurosiosadakiti 2008/02/23 01:57 >>また一人、魔法使いが消えてしまった・・・
マジかよ、緑の人結婚か。
イージス艦についてこれってどうなのかなって思ってかるくぐぐってみたのさ
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008021900249
とりあえずまっちーは言及?してるけど
自爆テロじゃなくても漁船大のミサイルとかっだったりするとどうなのかね。
漁船もぱっと見鯖船くらいの大きさだったし。

jiangmin-altjiangmin-alt 2008/02/23 03:52 今日の極東ブログ、要するに一言で纏めると、石垣先生ははてな村の小林秀雄だ、ということでいいですか。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:14 TheIneleganceさん、ども。昨日、食事のときニュースを聞いたらこればっかで呆れました。なんか日本ってこんな国でしたっけみたいな。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:14 himorogiさん、ども。猫の写真が今回は無しみたいですね。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:15 kingateさん、ども。ネットの付き合いの微妙な部分ですよね。昨日、私は昔よく日記を読んでいたvarisさんが死んでいたことを知って衝撃を受けましたよ。本人と対話したことはなかったんだけど。これもネットの縁かな。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:17 godmotherさん、ども。そうですね、なんか、結果的にネットとかの世界に長くいて、いろんなパターンが読めてしまうんですよね。言葉というのはそれなりの幻影をもちやすい。でも、人間と向き合って生きるというのはしんどいもんです。とか、爺臭いけど。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:18 kurosiosadakitiさん、ども。緑さんは家買ったときに気づけよかも。イージス艦というのがこんなにもろいというのは今後問題ですね。

finalventfinalvent 2008/02/23 09:20 jiangmin-altさん、ども。冗談モードでいうけど、小林はある意味確信と自分の死を描いた。私はとてもやだなという感じです。ただ、小林も本当は最後まで疑念はあったと思う。そこがやっぱり自分と小林と似てしまうところでしょうね。あと、浮世離れしたところは似てますね。

jiangmin-altjiangmin-alt 2008/02/23 23:32 ところで、『小林秀雄の恵み』のあとがきで、「小林秀雄を必要とした日本人」云々とあるのは、「橋本治を必要とする日本人」へのメッセージという意味になるんでしょうか。

finalventfinalvent 2008/02/24 06:52 jiangmin-altさん、ども。ちょっと踏み出していうと、「橋本治を必要とする団塊の世代」というのはあると思う。結局、橋本さんが、団塊世代の知的空白を埋めてきたし、埋めていくというか。でも、それがすごく大きくねじれていくのもあの本でわかった気がしましたよ。ある意味、団塊世代以下の日本人は日本的美に本気っていうか、恋愛の質が変わってしまいました。どこに現代日本人に恋愛なんかあるのかよとか団塊世代的には思うかもしれないけど、ありますよ。すごい国民です、日本人、というとすごい誤解されるだろうけど、これは多民族との比較ということではないんです。っていう発想が、どっか本居宣長的でしょ。小林秀雄の呪いってやつです。

2008-02-21

それはなあ増田

 ⇒http://anond.hatelabo.jp/20080221133601

すし食いたいですよね。うまい奴。しめ鯖のキリッとした奴なんかいいですよね本当に。

トロなんかは妙に珍重されて、高くなり過ぎていますね。

その分うまいものが安めで買えるのは幸せですー。

 鮨は職人の技で、安く食うというのは無理がある。ま、ミシュランとかのアレはどうかと思うけど。トロもきちんとしたのはさすがにうまかった。高くてもしかたない。で、しめ鯖だけどある程度自分で作れるしそのほうがけっこううまい。作ってみるといいよ。

今日の増田小町

 ⇒好きな人ができてしまった。

 ほいで⇒http://anond.hatelabo.jp/20080221035120

恋愛関係のごたごたは、節操のないヤツが一番悪い。

 つうか、節操がないのが恋愛だと思っている一群の人々がいる。

そうなんだろうか

 ⇒解説委員室ブログ:NHKブログ | おはよう日本「おはようコラム」 | おはようコラム 「パキスタン総選挙、大統領 窮地に」

今回の選挙パキスタンの政治地図が一変したのは確かで、多くの専門家が大統領の早期退陣は避けられないと予測しています。そうした中で、新政権にまず求められるのは民主化と安定を実現することです。またアメリカと協調してテロとの戦いをいかに進めていくのかも大きな課題です。「民主主義が独裁を打ち破った」とされる今回の選挙。その歴史的なチャンスをどのように生かしていくのか、野党勢力の力量が問われています。

 そうなんだろうか。

 シャリフもブット派もスネに傷があるし連携も難しい。それ以前に最大の問題は軍。

はてな記法多過ぎね? その2

 承前⇒はてな記法多過ぎね? - finalventの日記

 参考⇒はてなブックマーク - はてな記法多過ぎね? - finalventの日記

  • エーリアスがあればいい(UNIXコマンドなんか多くても困らんし)
  • はてな記法に原理性がない(覚えにくい)
  • キーワードとの連携があればいい(っていうかはてなキーワードの関連がわからん)。
  • 汎用の記法があればいい

今日の大手紙社説

 日銀総裁パキスタン、カストロあたりの話題がぱらぱら。特段に予想外の展開も主張もないように思えた。というか、私も特にこの時点ではコメントもない。

産経社説 【主張】パキスタン情勢 世界の懸念と期待に耳を - MSN産経ニュース

 テロとの戦いでムシャラフ政権を支援してきた国際社会は、政権与党敗北の要因を分析することも必要だ。テロとの戦いや安定した核管理を続けるには、国民の支持を得られるような支援が不可欠だからである。

 あらためて言われることでもなく、ブット生存してたらありそうな道だったのだが。

毎日社説 社説:平成版前川報告 家計を元気づける計画作れ

 同専門調査会に向け内閣府が示している問題設定は基本的に正しい。企業と家計の好循環が形成されるための成果配分、格差のひずみの小さい経済構造などの検討だ。

 そこで、何よりも重視しなければならないのは、経済の土台である家計が強くなるような構造に作り替えていく施策である。端的には賃金水準のかさ上げや安定的雇用の創出、中堅・中小企業の活性化であろう。これは格差問題の打開にも役立つ。日本経済の国際競争力回復も大企業だけですむわけでない。経済全体のかさ上げこそが、最大の対策だ。

 それも家計が元気であればこそ可能だ。内需主導の経済とはそういうことだ。

 めちゃくちゃなことを宣っているような。

快晴

 富士山は少し霞む。夢は教育議論みたいなこと忘れた。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/21 14:47 毎日は無茶苦茶だとは思ってませんよ、多分。政府も雇主も限界まで節約して労働者のために金を吐き出せば家計は潤い、消費は回復する、というシナリオを考えてるはず。そこに健全なインセンティブ構造はありませんから、当初は崇高なビジョンと盛り上げて、失敗しそうになったら英雄美談で自分達の立場を補強することくらいしか出来ないでしょう。最後にはこの立場って多分宗教に接続するしかないんじゃないですか。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:01 nomurayamansukeさん、ども。すでに宗教にプラグしていると考えると自然ですね、ポン! ってなんだかなあ。

2008-02-20

はてな記法多過ぎね?

 ⇒Wikipediaの記事にリンクできる「wikipedia記法」を追加しました - はてなダイアリー日記

 という記法のメリットがよくわからない。(Wikipediaの場合、項目名はパーマリンクURIエンコードでベタで入っているだけだし)。

 昔は、はてな記法を使ったことあるけど、最近はほとんど使わない。べたなHTMLタグでよいのではないかと思う。

 便利なのか、理解できない。

 fotoとかだと画像とリンクがいっしょにできていいというのはあるかもだけど、でもぉ……みたいな。

そりゃね

 ⇒[N] ダスキンの掃除サービスはすごくキレイになるらしい

 そりゃね⇒イエローハットvsダスキン|イタスパは飲み物です。

トイレ掃除といえばダスキンの社長・鈴木清一氏じゃーないか!!!

初期の電波少年で、松村がダスキンの社長に自宅のトイレ掃除してもらっていたのを覚えている人も多いだろう

鈴木社長は「一燈園」なる新興宗教の信者なのだが、その一燈園こそがそもそもトイレ掃除をありがたってやる団体なのだ(宗教といっても宗教色の強い「財団法人」であって倫理法人会などと同じく宗教法人というわけではない)

 ⇒ダスキン - Wikipedia

2007年 - 6月27日、上場後初の株主総会が大阪リーガロイヤルホテルにて開催され、約1時間15分で終了した。なお、開始前には般若心経を唱和した。

cover
ダスキン 祈りの経営―鈴木清一のことば (Chichi‐select): 鈴木 清一,浅野 喜起

塩卵の食べ方

 フォークの背で崩して木綿豆腐のやっこにまぜて食う。香菜があればなお吉。

 

 ちなみに。

ピータンの食べ方。

  フォークの背で崩して木綿豆腐のやっこにまぜて食う。ゴマ油ピーナッツ油とかたらしても吉。

そういえばニンニク

 ⇒ニンニクの衝撃 - 梶ピエールの備忘録。

 昼飯買いにコンビニに行って、ついでに夕食の仕込み(キチンのトマト煮込み)をスーパーに買いに行ったら、3個100円の中国産ニンニク売ってましたよ。大丈夫なんじゃないか、というか、価格差ありすぎで中国産が支持されるのでは。

Windows XPが起動しない!困ったときにまず試せることは10個ある

 

  1. マイクロソフトを呪うかEUに訴える
  2. 消費者センターとかに苦情を聞いてもらう
  3. 神田大明神のお札を貼ってみる
  4. 同じ立ち位置の目線でやさしく語りかける
  5. とりあえずカロリーを気にせず歌舞伎揚げをかじる
  6. 福田政権だってこんなものさと達観する
  7. 直ったらメモリーを増強してあげるよ〜んと甘く説得する
  8. サポートセンターのお姉さんが中国人なのを確かめてみる
  9. これでパソコンとの生活にキリをつけてフィリピンに移住する
  10. Vistaに買い換える

 

inspired by Windows XPが起動しない!困ったときにまず試せることはたくさんある - builder by ZDNet Japan

○の毛などが込み入った背景を削除する方法

 マジックで黒塗りする。

 

inspired by 髪の毛などが込み入った背景を削除する方法 / ウェブデザインライブラリー

今日の大手紙社説

 HD―DVDとイージス艦衝突が話題。後者はよくわからない。前者もわからないといえばわからないのだが、どの規格であれ現在のプレイヤー性能から考えれば対応はそれほど難しくない。昔のVHSやベータの問題とは違うと思うが、そういう意見もあまり聞かない。

産経社説 【主張】イージス艦衝突 海自は緊張感欠いている - MSN産経ニュース

 この問題も、問題の所在がよくわからないのだが。

 イージス艦側が緊張感を欠いていたと断じることはできないが、海自にそうした批判を受けざるを得ない事件、事故が続発しているのも事実だ。

 昨年12月には海自のイージス艦情報流出事件で、海自艦艇開発隊に属していた3佐が日米相互防衛援助協定に伴う秘密保護法違反容疑で逮捕された。この事件での事情聴取は延べ約800人に及んだ。浮き彫りになったのは、米国が提供したイージス情報が重要機密であることへの意識の希薄さであり、情報管理のずさんさだった。

 同時期には、横須賀基地に停泊中の護衛艦「しらね」で射撃管制を担う最重要区画の戦闘指揮所から出火し、指揮所が全焼している。海幕の内部調査によると、隊員が缶入り飲料などを冷やしたり温めたりする「保冷温庫」を無許可で持ち込み、これが異常過熱した可能性が高いという。

 このところ静かだが以前の化学プラント火災のような背景があるようにも思える。

朝日社説 HD−DVD 教訓生きたスピード決着 : asahi.com:朝日新聞社説

 今回の騒動はやはり東芝本社側からだろうか。変な情報リークだったような気がする。

 朝日社説の論点は特にどうということもない。というか、私よりわかってないような。

 東芝の西田厚聡社長はワーナーの決定を「寝耳に水だった」とくやしがったが、「もはや勝ち目はない」という判断は冷静で、決断は素早かった。

 それはそうだが、もうちょっと裏はあるだろう。

快晴

 富士山が少し霞んで見える。夢は覚えていない。

 疲労感が出るというわけではないが、ちょっと無理がたたっている感があり、自分がマジ爺さんになったような感じだ。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/20 08:46 パキスタン下院の選挙結果とカストロ引退の記事は朝刊に間に合わなかったみたいですね。

finalventfinalvent 2008/02/20 09:13 nomurayamansukeさん、ども。あ、それ私も見てないです。カストロのほうはオンスケでそう。パキスタンは下院結果より軍の動きでしょうね。

himorogihimorogi 2008/02/20 10:11 漁船団のど真ん中に突っ込んだみたいなので、多分複数の漁船の航海灯を視認して見張りの報告が錯綜してしまい、一瞬ブリッジが混乱したんだと思いますね。だから目前の漁船に対応するのが遅れたんじゃないかな。
海自の艦はどれも大きくなってしまい、隻数が減って、常にフネに乗らずに昇格してしまい、結果的に操船能力に問題がある幹部が乗っちゃってるということもあるとは思いますが。

kagamikagami 2008/02/20 12:24 昨日のクローズアップ現代によると、東芝は40兆円産業の原発事業で好受注が続きノリノリみたいなので、原発に力を注ぎたいからいつまでも次世代DVD事業で消耗戦はやってられない、という感じなのでしょうか…。原発事業でも精密機器の開発が必要(配線チェックに)みたいなことも放映していました。

finalventfinalvent 2008/02/20 12:51 himorogiさん、ども。この事件、よくわからないです。タイミングよすぎるし。

finalventfinalvent 2008/02/20 12:52 kagamiさん、ども。クロ現は録画してあるのですが、まだ見てません。そうなんでしょうね。逆にいうとそいう企業なのかとも。

himorogihimorogi 2008/02/20 13:55 >タイミングよすぎるし。

事故に至らないものはしょっちゅうあります。漁船も暴走族みたいなのがいっぱいいますし。
ただ、海自の癖として、人間の眼に頼る(基本ではあるけど)傾向が強いので、もっと電子光学的センサーなんか活用するようにすべきだと思うんですけどねぇ。あたごはその手の装備充実してるはずだし。

これが自爆ボートだったらコールの二の舞になってたわけです。

finalventfinalvent 2008/02/20 17:51 himorogiさん、ども。ええ、というかどうも自衛隊というのは不思議な感じがしますね。奇妙な脆弱さがあるというか。

godmothergodmother 2008/02/20 18:34 流石ですね。私が塩卵の事を知ったのは一昨年です。それ以来切らすことなく作りおいています。でも、お豆腐に混ぜてという食べ方は初耳だったので先ほど食べてみました。黄身についた塩味と香りがお豆腐と混ざると甘くなって、食感も優しい感じになりますね(=^・^=)。でも、白身は塩辛くて残ってしまいます。中国の知り合いに、白身を使うといいよと言われちゃうんですけどね。
美味しかったです。

finalventfinalvent 2008/02/20 19:17 godmotherさん、ども。一番ベタな食べ方なんです。私も塩卵はストックしてあります(買ったものだけど)。

godmothergodmother 2008/02/20 21:26 塩卵の話、もうちょっと。市販で売っているのは中華街辺りでですか?
あの、生ですよね?ちょっと意外です。
ぁ、中国製が大丈夫かどうかではなくて、同じ市販でもピータンとは違う感じなので。
何でも揃うのですね。東京という町は。
って、急に田舎者モードですけど。

OohOoh 2008/02/20 22:19 こんばんは。
タイミングがよすぎる、ということですが、事故自体や報道のあり方のどこかに陰謀がありそうということですか?
にしては人死には行きすぎだと思うんですが。

himorogihimorogi 2008/02/20 23:46 NHK の 9時のニュースみて思ったんですが finalvent さんの感じたであろう違和感をなんとなく理解できた感じがします。
ただまぁ、漁船側もあたごを視認した時点で驚愕の事態だったのだろうと思います。イージス艦はステルス艦でもありますので、図体のわりにレーダー反射能がかなり小さく、漁船側は多分独行漁船が反航してくると予想してたはず。ところが接近したらいきなり大型艦がぬっとでてきてかなり錯乱してしまったんじゃないでしょうか。
アサヒのサイトの記事<http://www.asahi.com/special/080219/TKY200802200006.html>みると漁船団はまさに右往左往してしまったため、あたご側が回避できる状況じゃなくなって、フルリバースかけるしかなかったんではないですかねぇ。
そういう自分たちの失態を転嫁するカタチで海自に対する反感を強く表出しちゃってるんじゃないかなぁ、という気がします。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/21 08:10 トイレ掃除といえば、学校の掃除を生徒がするのは日本だけって聞いたんですが如何なんでしょう?台湾や韓国ではやっているいようだけどそうなると統治時代に日本の学校教育が入った所為と思うし…

TheIneleganceTheInelegance 2008/02/21 10:23 毎日は当初からとにかく衝突防止法の方向から突き続けてますね。

You-meYou-me 2008/02/21 11:13 >kinginsunagoさん
こんな話が
http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51399438.html

finalventfinalvent 2008/02/21 15:03 nabezo-rさん、ども。時間が経ち少しずつ実態がわかってきそうですね。人命救助は早急でも、他の議論は、それからでも。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:04 godmotherさん、ども。中華食材屋ならけっこうどこにもであると思いますよ、っていうのが東京かな。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:04 Oohさん、ども。いえ、陰謀論は考えてないです。こういうタイミングってあるんだろうな。これで消えた話題がなんだか催眠状態的な報道は気が付かないんだろうな的。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:06 himorogiさん、ども。今回の事件と限らず、どうも、情報を受けとめるバランスがメディアやネットが不安定な気がします。すぐに手が届く正義が欲しいんでしょうかね。問題は正義ではなく、社会の対応への合意の道筋だと思うのですが。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:08 kinginsunagoさん、ども。軍隊の影響でしょうかね。いまだに中学生に軍服(詰め襟)なところあるし。

finalventfinalvent 2008/02/21 15:08 TheIneleganceさん、ども。そこはそれでいいのか自分にはわからないなという感じです。空論臭い印象は受けますが。

2008-02-19

ミーティングで使えるちょっとしたダークな話法いろいろ

  • 「結論は今ここで出さなくてもよいので前向きに検討しておいてください」
  • コーヒーでも淹れましょう。みなさんお疲れだから甘いケーキなんかもどうですか」
  • 「その議題については、すみません、ちょっと後回しにさせてください」
  • 「今のご発言を私なりに整理させてください」
  • 「んたらんたらうんたらと※※さんの貴重なご意見いただき、ありがとうざいました。うんたらうんたらうんたら。では次に」
  • 「その資料だけど全員にコピーしたほうがいいな、※※君ちょっとコピーしてください。その間、では、議題のん番目……」
  • 「(小声でしかしみんなに聞こえるように)あー※※君、この部屋何時までリザーブしてあるんだっけ?」
  • 「了解しました。その件については特に異論もないと思われますので次の項目に移ります」
  • 「ではこれまでの意見を、3点ほどにまとめてみますと(と立ち上がりホワイトボードに書きながら)、いち……」
  • 「期限の調整については関連部署と話し合いの後、では次回に確認するということにしましょう」

 

inspired by ミーティングで使えるちょっとした話法いろいろ | IDEA*IDEA

これはひどい

 釣られるよ。

 ⇒カースト - Wikipedia

カースト(caste)、あるいはカースト制、カースト制度は、ヒンドゥー教にまつわる身分制度である。紀元前13世紀頃に、アーリア人インド支配に伴い、バラモン教の一部として作られた。カースト制度によって定められる個々の身分もカーストという。

 ぉぃぉぃ。

 参考。

 ⇒アーリアン学説による歴史事実の歪曲 - るいネット

 ⇒「 アーリアンとは何か―その虚構と真実: 本: 津田 元一郎」

デキないオトコは遅い・高い・まずい!

 inspiered by デキるオトコは早い・安い・うまい! - べにぢょのらぶこーる

 もちろん、ネタです。

 でも。

 遅いというのは男にとってけっこう重要ですよ。何に重要かというのは縷説できませんが。

 高いは、ぅぅむ、安いがフレンドリーっつうと、フレンドリーじゃないってことでしょうか。あれです、なかなか誘っても一線を越えてこないじれったい男ってやつでしょうか。

 まずい男。顔がまずい男とかだと……、でも、オリジナルコンテクストだと聞き上手じゃないってことでしょうね。

 男女限らず聞き上手というのは重要なことですが、ということになっているけど、聞き上手というのは、相手に自己完結させるテクなんですよ。つまり実は関わらないテク。本当に対人的に難しいのは、interventionなんですが。というか、そこがむずかしいか。

 参考⇒Intervention (counseling) - Wikipedia, the free encyclopedia

 日本のカウンセリングはモデレートなロジャーズ系が多いのか、あまりInterventionは語られないというか、危機介入くらいになっている。そんなこんな。

 あ、そうでもなさげ。

 ⇒「 学校で役立つブリーフセラピー: 本: J.J. マーフィ,B.L. ダンカン,John J. Murphy,Barry L. Duncan,市川 千秋,長谷川 博一,金井 篤子,宇田 光,伊藤 篤」

うぁあ、なんか言葉にならないな

 ⇒はてなブックマーク - 【MacBook Air分解その5】「外は無駄なし,中身は無駄だらけ」 - モバイル - Tech-On!

 技術者一同を驚かせたのは,非常にコストのかかる作りになっていたことである。例えば,部品を固定するネジの本数が極めて多い。キーボードを据え付けるものだけで,30本ほどもある。「全体のネジの本数は,うちの会社が作る場合と比べて数倍」(技術者の一人)。上下の筐体をつなぐヒンジや外装部品の内面を見た技術者たちは,後から切削加工を施している可能性を指摘した。

 こうした構造に技術者たちは一様に首をひねった。キーボードを固定するネジなどは,上から押したときにたわまないようにするといった効果があるのかもしれない。それにしても,もっといい方法があるのでは。「私がこんな設計をしたら,社内で絶対通らないですよ」(技術者の一人)。「技術的にすごいと感じるところは一つもない。我々ならもっと安く作れる」(ある技術者)。MacBook Airの内部構成は,設計の未熟さを表しているのだろうか。

 ぶくま⇒はてなブックマーク - 【MacBook Air分解その5】「外は無駄なし,中身は無駄だらけ」 - モバイル - Tech-On!

 まあ、その技術者の感想のとおりなのかもしれない。

 昔からのMacユーザーの私というか、昔からジョブズヲチしてきた私からすると、ジョブズがネジにこだわらないわけないと思うのだけどね。

 そういえばMacOpenerまだあるかな。

 なつかしい⇒MacOpener | 周辺機器 | Macテクノロジー研究所

これもね

 ⇒「異常性欲大学」と勘違い、近畿大学が英語表記の変更を検討 - GIGAZINE

 ぶくま⇒はてなブックマーク - 「異常性欲大学」と勘違い、近畿大学が英語表記の変更を検討 - GIGAZINE

 kinkyという言葉の語感が今一つわかってなげな感じがするけど、解説するのもなんだしな的。

 英語のGoogleの画像サーチでフィルターオフにするとイメージがつかめると思うけど。じゃ。

藤原正彦先生の本だけど

  1. 数学関係は普通に読めるよ。「遥かなるケンブリッジ」「若き数学者のアメリカ 」は読まないと損。
  2. 国粋主義っぽいのは与太扱いでいいよ。「国家の品格」は与太。
  3. ご母堂や妹さんなど藤原家の歴史はきっちり読んだほうがいい。

うーみゅ(古)これなあ

 ⇒米Microsoftがついに,バイナリ形式のOffice文書仕様を公開:ITpro

 ぶくま⇒はてなブックマーク - 米Microsoftがついに,バイナリ形式のOffice文書仕様を公開:ITpro

 もう覚えている人少ないかもしれないけど、10年くらい前だったか、VBAウイルスとか全盛だったころそれを追跡するのにマイクロの独自コードが使われていたっぽい。つまり、文書にGUIDみたいのが入っているっぽい。米国では何やってんだマイクロという話題があった。

 今回の公開でそういうのが、ありませんでした、になるのか、もうないよん、なのか、そのあたりはどうなんでしょね。

デマな増田

 無視していいんだけどというか無視したほうがいいんだけど、ちょっとだけ釣られとく。

 これは悪質⇒インドの階級が絶対無くならない理由

 でも、こうしたデマ情報は目くじらを立てるより、広範囲な知識や教養を身につけていくほうがよいと思う。一般的に偏見とかもっている人をバッシングするより、そういう人がきちんと広範囲な知識や教養を身につけて自然な対応を取れるほうがいいと思うので。

 ま、このあたりから……本当に最上位カーストにいたラマヌジャン英国でどう暮らしたか読んで味噌。

cover
心は孤独な数学者 (新潮文庫): 藤原 正彦

 

 それとカーストは格差とは違う⇒そりゃ、「真の格差社会」から這い上がってきた人たちだもん。

 その説明はすごく難しいんだけど。もちろん、カーストはよくないんだけど、それをどういう立ち位置で言うかも難しい。

 インドコミュニティと長期接触してみるといろいろわかるかも。

今日の大手紙社説

 コソボ独立が共通的なテーマだがどれも食い足りない感じ。

 ちなみに⇒極東ブログ: コソボ独立宣言、迫る

読売社説 コソボ独立宣言 バルカンの混乱をどう避ける

日本としても、何らかの支援の方途を探りたい。

 で、それって何?

読売社説 情報通信法制 拙速な議論では禍根を残す

 単純に何を言っているかわからない。気になるのでクリップ。

朝日社説 コソボ独立 安定への第一歩にしたい : asahi.com:朝日新聞社説

 台湾についてもよろしく。

 というか、台独は現実的ではないけど、せめてWHO支援くらいなんとかしてほしい。

快晴

 富士山はぼんやりとしている。夢は朝の喧噪で忘れた。

e_p_ie_p_i 2008/02/19 09:12 藤原ていは神でしたね。
一時期新聞の人生相談やってたけど、毎回実に面白かった…。
しかし、何故あの母の子からあの与太が出て来るのか謎

finalventfinalvent 2008/02/19 09:20 e_p_iさん、ども。藤原家の戦後の歴史を見ていくと、わからないでもないんですけど、説明するのが難しところです。でも、出版社も売れるからって出すもんじゃないよなとかは思いますね。

satohhidesatohhide 2008/02/19 10:56 >これはひどい

両方読み比べて結局どこがひどいのか分からなかった。

finalventfinalvent 2008/02/19 11:01 satohhideさん、ども。そういうこともあるかもしれませんね。

himorogihimorogi 2008/02/19 13:54 AppleII だったか、Jobs が PCB の配線引き回しの見た目にしょーもない注文つけるので Woz がアホくさいと思いつつも無駄に引き回してみせたら OK 出したという。

rice_showerrice_shower 2008/02/20 01:49 『国家の〜』は読んでませんが(読むに値しない)、イギリス好きの私、『遥かなるケンブリッジ』を早速注文しました。

finalventfinalvent 2008/02/20 08:01 rice_showerさん、ども。本、ちょっと時代が古いのと、藤原先生が国家主義っぽくなっちゃう萌芽のようなものはあるにはあるんですが、総じて、楽しめると思いますが、そうでなかったら、すみません。

finalventfinalvent 2008/02/20 08:01 himorogiさん、ども。ああ懐かしい。でも、ジョブズのマーケット感覚だったかも。

2008-02-18

そろそろはてな京都移転について一言いっておくか(戦国編)

 

         敵は本能寺にあり!

         

増田の問い掛けに頓珍漢な答えをしてみるの巻

 増田⇒

ところで中庸は好きですか?

 けっこう好きだったりする。

天の命ずるをこれ性と謂う。性に率うをこれ道と謂う。道を修むるをこれ教えと謂う。道なる者は、須臾も離るべからざるなり。離るべきは道に非らざるなり。是の故に君子その賭ざる所を戒慎し、その聞かざる所を恐欋す。隠れたるより見は莫く、微かなるより顕なるは莫し。是の故に君子その独を慎むなり。

cover
大学・中庸: 金谷 治

あまっている時間があれば、全てボーっとした時間に費やしたいと思っているfinalvetです。こんばんは。

 inspired by ⇒当たり前すぎるけど、8時間と3時間の睡眠時間では、1年で75日間も差が出来る*ホームページを作る人のネタ帳

 歳かなとは思うけど。

 ボーッとしているのが苦でないのね。

 あるいは沖縄生活の結果かも。

 比較的いらちな性格なんだけど。ちょっと矛盾しているけど。(っていうか、ブログとか時間をかけているのがそもそも矛盾か。)

 パソコンの前にもあんまりいたくなかったりする、とか言っても嘘みたいでしょうけど。

 このところ睡眠時間を減らすネタをぶくまで見かけるけど。

 そう寝られるものでもないし、そう寝られないというものでもない、というか、寝る時間は、向こうの人の都合というか、夢の側の人生の自分の問題のような気がしている。

 人生、寝ている時間が1/3とかいうけど、それはあっちの人の時間で、この私の時間は2/3、かというと、違うと思う。

 食べたりなんたらという生理的な部分というか、そういう部分は、あっちの人との共有時間みたいなものでそれが1/3くらいあるような気がする。

 というわけで、1/3くらいが自分のような気がしてますね。

 あと。

 死んだ時間というのは、寝ている側の人の時間に近いと思うので、寝る時間を惜しんでも、死は永遠に続く。

私の心に残る5人のハッカー

 ゲイリー・キルドール ⇒ゲイリー・キルドール - Wikipedia

  彼がいなかったら今日のDOSベースのパソコンは存在しなかった。不可解に死んだ。

 ビル・アトキンソン ⇒ビル・アトキンソン - Wikipedia

  実際上、Macintoshとその理念を娘のためにプログラミングした人。写真家になった。

 ビル・ゲイツ ⇒ビル・ゲイツ - Wikipedia

  ゲイツは私の時代のベタなハッカーだった。人の運があって成功して慈善家になった。

 嶋正利 ⇒嶋正利 - Wikipedia

  彼がいなかったらインテル系のCPU体系は存在しなかった。もうカレセン。

 フィリップ・カーン ⇒フィリップ・カーン - Wikipedia

  ただの音楽家デブだと思うなよ。彼をなんて言ってかわからない。

個人ブログを破滅から防ぐ1のtip

  1. 注目されそうなネタを書かない

今日の大手紙社説

 少年審判傍聴が話題といえば話題だが他、まるで関心が向かない。

 昨晩はコソボ独立の動きが気になったが、サングリアを飲んで寝てしまった。

快晴

 富士山がなんというか笑ってしまいそうなほどきれいに見える。連休で空気が澄んでいたのだろうか。

 夢は、ごちゃごちゃとしていてほとんど忘れた。いつの時代の母親かわからないが、近所の人かわからないが創価学会ではないかと思われる集会に行くのを、困ったなと私が見送っている(ちなみに私の実家はまるで創価学会とは関係ない)。私は誰か大切な人と一緒にいるのだが誰だかわからない。

himorogihimorogi 2008/02/18 11:09 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

Stallman って LMI と Symbolics の抗争なんかで名前を知ってたからもっと歳食ってると思ったらそうでもないですね。

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/LISP%A5%DE%A5%B7%A5%F3/detail.html?LINK=1&kind=epedia&kind=epedia&LINK=1

AppleCenter で Mac 売ってたとき、TI が LispEngine(MicroExplorer)の NuBusCard 売り出してて、あぁこれが LMI の成れの果てか、と感慨深かったですが。

ziomziom 2008/02/18 13:43 コンピュータネタが続いてゐますね。アイデア(日本)、ライセンス(アメリカ)、製造(中国インド)分業体制の萌芽は、Windows3.1日本語版発売日から始まったと後知恵で思ったりします。Worldwideのエンドユースで共通化されたソフトはあれが初めてですから。それ以前はOSはハードのおまけで、アプリは国内市場だけを相手にすれば良かった。原価計算は国内市場で見積もり、国外で売れた分はボーナスです。あれ以後、国際分業体制はMSの競争力を急速に高め、各国でローカルベンダーが苦境に陥りました。この構図はソフトの主戦場に依存しません。PCでもWebでも同じです。アイデアは、人口比に依存するので中印からも良いものがでますが、日本の貢献は低くない。むしろ国際化の仕様は、日本人技術者がリードしてゐました(日本はこの分野で血を吐いて倒れた無名の技術者が多くゐたので当たり前です)。XMLでもJavaでも。

ハードはライセンスを押さえられても、製造ラインと高品質化、低価格化の戦場がまだありますが、ソフトはライセンスを押さえられたらお終いです。MSの躍進をOS独占に矮小化する人が多いことか。

これも時代の必然なのでせうね。自動車メーカーのやうに再編されても生き残りは無理だったでせう。自動車産業は戦前の軍事産業の名残があったので再編のグランドデザインができたけど、ソフトはないですからね。

finalventfinalvent 2008/02/18 14:27 himorogiさん、ども。そういえばTIってどうなったんでしょうね。電卓とかやってるみたいだけどPC系はないっぽいですね。あたりまえですが。

finalventfinalvent 2008/02/18 14:29 ziomさん、ども。ぶくまに5人のハッカーとかいうネタがあって、ちょっとそーかなと。ソフトはもう日本は無理かな……そういうとなんですが。日本の自動車というのは米国の飛行機禁止と軍事品作れのバーターだったんじゃないかなとか。

odakinodakin 2008/02/18 14:59 今朝羽田空港から驚く程大きく見えました。>富士山

himorogihimorogi 2008/02/18 17:20 TI は DSP の覇者です。
携帯プロセッサは ARM が一番使われてるけど自分で製造してないで IP 提供してるだけですが、TI はその ARM のライセンスのプロセッサコアと伝統の DSP 組み込んだ携帯用プロセッサで世界シェアトップだったと思います。
いつもあちこちで言ってるんですが、NEC ももうちょっと賢ければ DSP で地位保ててたのにねぇ。

finalventfinalvent 2008/02/18 21:04 odakinさん、ども。東京って富士山近いんですよね。

finalventfinalvent 2008/02/18 21:04 himorogiさん、ども。ああ、そう、NECも作っていたんでしたよね。

hihi01hihi01 2008/02/18 23:56 finalventさん、こんばんは。ある会社の独身寮に「慎独寮」という名前がついていました。昔の方は学があったのだなぁ、しゃれがきいていたなぁと感心しました。

chanmchanm 2008/02/19 00:17 フェリシモ(通販)のhaco.ってカタログに載ってた吉本ばななさんのインタビューをたまたま今日読んだんですけど、こんな感じでした。
―ばななさんの小説の主人公のほとんどが若者ですが、ばななさんの若い頃はどんなでしたか?
「軽度の引きこもりという感じでした。ふりかえってみると特に引きこもっていたわけじゃないんだけど、自分の心の中では引きこもっていたなあと。よく憶えてもいないんですよ。」
―憶えていないんですか。寝ていたのですか?
「夢うつつ。でも大学のときにそれにも飽きて、外に出て行った感じです。なんにでも時間が掛かるんです。亀は午前中起きてて、午後はずっと寝てるんですよ。亀、飼ってるんですけど。時間のスパンがすごく長い人生なんです。」
―たしかに、亀みたいですねえ。
「長生きかなあ。」
―さあ。夢うつつの時代はもう書いてましたか?
「書いてましたよ。」

このインタビュアーの人もなんかちょっとおかしいんですけど(笑)、ばななさん、「向こうの人」との連携がとてもうまくいっている人なのだなあという印象を持ちました。小説、まだ一冊も読んだことないのですが(汗)、読もうっと。

finalventfinalvent 2008/02/19 08:37 hihi01さん、ども。大正時代くらいまでは論語を読むなら大学・中庸は読まれていたという感じのようですよ。けっこう普通かも。

finalventfinalvent 2008/02/19 08:40 chanmさん、ども(よろしかったら気長に)。吉本ばなな(よしもとばなな)はちょっと嘘かなと思うところあるんですよ。嘘っていうのじゃないけど。ただ、あのなんというか、自意識じゃないものをきちんと信じられるというのは吉本家の基礎かも。話がそれちゃいますが、ばななのおかあさんがお婆ちゃんになったという話を聞いて、それもけっこう感慨深かったです。

2008-02-17

ちょっと補足

 竹熊先生のこれ⇒たけくまメモ : 70年代は変な時代だった

ソーダ水の中を貨物船が通る(「海を見ていた午後」)なんて、それ以前のポップスや歌謡曲にはなかった種類の歌詞で、今聴いても確かに天才だと思いますけどね。「60年代的なるもの」が、ここでは見事に断ち切られている。あの、現代の日本を舞台にしているのに、いつの時代のどこの世界を歌っているのかよくわからない生活感のないフワフワした感じは、まさしく70年代でしたね。

 うまく言えないので、それは違う、というのでもないけど。

 ユーミンにはユーミンの60年代的なものがあるんですよ。

 もしかして竹熊先生は地方出身者かなと思ったら、世田谷でしたか。するとやはり、57年生まれの私と60年生まれの竹熊先生とでは差があるのかな。

 ユーミンの60年代は、アメリカン・カルチャーというか、進駐軍の香りを残しているんですよ。

 ある意味決定的なのは『Laundry Gateの想い出』です。

 ⇒圏外 紅雀 - finalventの日記

 あの金網の向こうの米軍が60年代だった。でそれは。

cover
限りなく透明に近いブルー (講談社文庫 む 3-1): 村上 龍

 あのプレ的な世界のもう一つなんですよ。

 ユーミンに戻ると

ソーダ水の中を貨物船が通る(「海を見ていた午後」)なんて、それ以前のポップスや歌謡曲にはなかった種類の歌詞で、今聴いても確かに天才だと思いますけどね。「60年代的なるもの」が、ここでは見事に断ち切られている。

 それは60年代の米軍文化の影をひいて、最近の『哀しみのルート16』とかにもつながっていくんですよ。

灯台の光の帯が もう 白む空に消えてゆく頃

思い出に耳を澄まして ただ 車のドアにもたれかかった

この先は何もないから もう 何かを選ぶ哀しさもない

波音に沈黙だけが ただ 残された思いを叫んでた

 

未来はいつも後から来ては全てをさらってゆく

 「未来は霧の中」だったその未来は、過去に奪われていく。

ああ竹熊先生もちょい若い

 ⇒たけくまメモ : 70年代は変な時代だった

 そうなんだけど、私(S32)だともうちょっとデープな感覚がある、あの時代。

 拓郎が「結婚しようよ」を歌ったとき、オワタと思った。こんな糞歌ありえないと思った。

今日の大手紙社説

 特になし。日本的には事件もないということだろうか。

日経春秋 春秋(2/17)

 へえ、これは面白い。

この雑誌が今年6月号で姿を消す。大昔の誌面はどうだったのかと39年3月号を眺めてみた。料理や編み物などの実用記事は満載、加えて従軍看護婦の「殉職美談」あり、珍記録ホルダーの座談会あり、10本に及ぶ売れっ子作家の小説あり。平沼騏一郎首相の特別談話も見える。まさに何でもござれの総合誌だ。

 なんでもござれじゃなくてそれって……という感じ。

 平沼騏一郎首相の裏については⇒極東ブログ: [書評]「昭和東京ものがたり2」(山本七平)

日経社説 米モノラインの危機を直視せよ

 このテーマの社説を書く気になるくらいだから私より知識があると思うのだけど。

 生命や財産への危険には保険をかける。保険は安心の源だ。かけたはずの保険が利かなかったとするとどうだろう。不安が募るはずだ。そんな事態が米国で進行中である。

 信頼が揺らいでいる保険会社モノライン金融保証会社)という。米地方債を保証するモノラインへの不信は募り、格付け会社による格下げが相次ぐ。モノラインが保証した証券も連動し格下げに遭っている。

 「米地方債」とあって間違いではないけど、モノラインのメインの仕事は州債なんですよ、だから州知事が騒いでいる。で、この問題は連邦とはちょっと切り離されている(関係ないわけではないんだけど)。そのあたりの感覚がどうも社説子にはなさげな雰囲気。

産経社説 【主張】「日本史」必修 歴史が好きになる教育を - MSN産経ニュース

 歴史なんて若い人が面白いはずはないよ。小林秀雄も言っていたけど、通史ではなく、ある特定の歴史の掘り下げみたいのが歴史の感覚を養う。

 あと、年寄りの話を聞いてみるといい。年寄りは歴史だから。

朝日社説 豪首相の謝罪 過去と向き合う勇気 : asahi.com:朝日新聞社説

 もしかすると朝日は知らないかもしれないけど、米国でもこの手の謝罪は州単位だけど黒人対象に行われている。そしてそれに対する保証の動きもある。

 これとか読むと⇒極東ブログ: [書評]さまよう魂(ジョナサン・コット)

 米国の黒人差別とかの別の一端がわかって面白い。しかもこの黒人差別というか、異人種間結婚の法的禁止みたいのは1960年代くらいまであった。

 朝日はなにかと日本のために他山の石にしたいのだろうどけど、もちろんそれで日本の問題が免れるわけではないけど、世界はものすごいよ。

 この中の「黒いスイス」とかも⇒極東ブログ: [書評]スイス探訪(国松孝次)

晴れ

 冬型の天気、そして富士山はきれい。

 世間の情報がなんだかとてもうざったく思えてくる。隠棲の欲求だろうか。

 夢はごちゃごちゃとしていた。大きな洋館の少し暗い感じ洋間で男のいとこと女のいとこと三人でいる(実際にはそんないとこはいない)。みなハイティーンから二十代前半くらい。女が私の横でソファーに座って岩波の「世界」かなんか読んでいる。私はこいつもべたな知識人サヨクになるのかとちらと見ると、それをとがめるように彼女は見返す。あなたは日本の侵略を肯定しているのよと言う。うひゃ来た。くだらねと思って洋間を出る。次の洋間ではテレビがついていて、なにかきゃーきゃー女子アナが実況レポートをしている。ちらと見ると、これから潜りますとか言っている。地底に水中茶室があるというのだ。江戸時代初期に作られたらしい。国宝級の茶室が水に輝いてみえますとか言っている。そんなのあるかよ、くだらねと思って通り過ぎる。廊下に鏡があり、自分の顔を見ると、おやこれ俺の顔?太っている。これって松坂投手の顔じゃね? 変だなと思っている。

iori3iori3 2008/02/17 09:02 「結婚しようよ」というと71年ですね。『深夜放送ファン』と『新譜ジャーナル』を定期購読していた小学生としては、70年代というとNHKの「70年代われらの世界」が印象的です。大阪万博のノリでNHKが未来志向を煽った1時間番組。竹熊さんの感想はよくわかります。あのあたりって「シラケ世代」とか言われていたわけで、学園闘争の後始末フェイズで、価値観がむちゃくちゃになってるところに、思春期ですから。全校集会で、生徒会長が話し始めると「シー」とかみんなでいうわけ。すぐカエレコールとかしちゃうし。カエレコールは拓郎も日比谷野音でやられたそうですから、70年代前半の見慣れた光景なのかも知れません。クイーンとベイシティローラーズで、いわゆる70年代は終わっちゃってる気がします。日本だとニューミュージック系(嬬恋)台頭がその嚆矢かな。五輪真弓、荒井由美あたりですかね。同時に遠藤賢司とかチューリップとかサディスティックミカバンドとかフラワートラベリングバンドとかあったわけで、ある意味とんでもない時期だったのかも。

satohhidesatohhide 2008/02/17 09:28 >拓郎が「結婚しようよ」を歌ったとき、オワタと思った。

映画の上映に合わせてドサクサまぎれに言ってません?

finalventfinalvent 2008/02/17 09:31 iori3さん、ども。「70年代われらの世界」はほとんど全部見てます。青い地球は誰のものぉ〜♪ そしてやはり竹熊さんの感慨のもうちょっと古い世代の自分だと、違うもんだなという印象は深いです。

finalventfinalvent 2008/02/17 09:32 satohhideさん、ども。ご指摘が理解できませんでした。

satohhidesatohhide 2008/02/17 10:22 いや、それ以上の意味ありませんので。

iori3iori3 2008/02/17 10:54 finalventさん、もちろん生まれた時代の雰囲気の違いもあると思うのですが、教育課程や制度の違いも大きいかも。竹熊さんは恐らく「共通一次」初代です。高校の数学で極座標の代わりに行列一次変換とベクトル、集合論が入った世代。小学校だとちょっとだけ「神話」が6年生の日本の歴史に混じったりします。「旧課程」と「新課程」って、どの場合も断絶があります。

vdnavdna 2008/02/17 11:03 私もsatohhideさんのコメントの意味がわからなかったのですが、ググったら、へー、「結婚しようよ」という映画があるのですね。きっとfinalventさんもご存じなくて「理解できませんでした」だったのですね。
http://www.kekkon-movie.com/

kskmeukkskmeuk 2008/02/17 11:24 > 歴史なんて若い人が面白いはずはないよ 。... [中略]. .. . 特定の歴史の掘り下げみたいのが歴史の感覚を養う。
 歴史って「線」をなぞるよりも、人やものや言葉の「点」に興味を持って、調べるにつれて広がっていったり、点と点の関連が見えたりするときが楽しいですよね。はじめから、俯瞰で広くあまねくで見てしまうと、その感動が薄れてしまうと思います。トップダウンよりボトムアップが向いているというか...。
> あと、年寄りの話を聞いてみるといい。年寄りは歴史だから。
 背が高くても痩せていた祖父は、検査で体重が足りなくて徴兵されなかったと夏に聞いた話は、実感として未だに心に残っています。

antonianantonian 2008/02/17 11:58 わたくしはたけくまセンセの更に2年下で、物心ついたら貧乏臭いおにーさん、おねーさんたちが歌を歌っていた。フォークが嫌いなのはその貧乏臭い感覚と馴れ合いの空気か。
でもだからといってユーミンには行かなかったです。ユーミンもまた前世代的だなと。その「本牧」的なものとか横須賀的な空気が前世代の体験でしかなかったといいますか。知っているのはその残滓だけで、その残滓を懐かしがるってものでもなかったですね。思春期に山手にある学校で過ごしながらドルフィンには興味なかったし、行ったこともなかったです。吉田秋生なんかもたぶんユーミン世代ですね。
ただ、ユーミンがおされなお店の名を出すとか具体的な場の名を出すとか、そういうのはバブルカタログ文化的な田中康夫方向に受け継がれていったという点でユーミンは80年代的でもあったかもです。で、わたくしはその辺りは実は苦手だった。
で、わたくしは洋楽馬鹿だったんで70年代半ばに登場したピストルズに刺激されて出てきた英国ニューウェイブと派生文化を個人史的に「80年代的」だなどと感じてしまいます。
iori3様>
サディスティック・ミカ・バンドは尖鋭的でしたね。まぁ、60年代の現代美術方向から出てきたような印象なんで、出自としてはベルベットアンダーグラウンド&ニコ的か。60年代のあのハプニング文化はとんでもない才能を生んだなとは思ってます。60年代前半から70年代前半までというのはげいじつ家としてはある意味羨ましい風通しのよさがあったかもです。

himorogihimorogi 2008/02/17 12:33 福岡の60年代だと、高橋真理子や甲斐よしひろの親はいわゆる上海バンスキングの連中で戦後引き揚げ地の福岡に残って活動してたりしする中から彼らは育ってるんですね。
一方でロイヤルみたいに米軍基地の中で学んで起業するやつもいる。
かと思うと石炭成金の御殿跡があちこちに残ってたり(家の向かいにもバブル前まで残ってました)、大正の残滓っぽくて、気分はもうドグラマグラ。
そういう大正からのハイカラと、戦後アメリカのハイカラと、ドメスティックな何か(博多だったら山笠だったり)がドカンとぶつかってたのが60年代のような気がする。50年代だとまだ敗戦意識濃厚でバランス悪いような。

iori3iori3 2008/02/17 13:50 antonianさん、60年代末〜70年代初めって変な時代でした。文化の僻地北海道にいましたが、伯父夫妻がもともと東京で舞台関係の仕事(美術と衣裳)をやってたので、友達の芸術系の人たちがしょっちゅうやってきていて、当時の変な感じは、わりと身近でした。ああいう人たちは結構子どもを構って遊んでくれました。そこらに『ガロ』や『美術手帖』などが転がってましたが、『ガロ』は小学生が読んでもわかんないし。大阪万博では、実験的というか芸術家のパワー爆発って感じに好きにやらせたパビリオンなどあって、愛知万博のつまらなさとは隔絶したものを感じます。その後、大正ロマンに待避する小ブーム(林静一とかあがた森魚とか)が商業的にもてはやされたりして、いままた「和物」とか「昭和モダン」とか言われると「それは70年代に平凡社の『太陽』が嵐山光三郎編集長のもとにやり尽くしたネタだろう」と思っちゃいます。『太陽』は70年代のいつだったかな、ユーミン母子を1コーナーで取り上げたりしてました。まだ荒井由美の時代だったんじゃないかな。

finalventfinalvent 2008/02/17 15:12 vdnaさん、satohhideさん、ども。ああ、そういう映画あるんですか。星里もちる原作?

finalventfinalvent 2008/02/17 15:14 kskmeukさん、ども。学校の歴史の勉強って歴史学のパロディなんですよ。そのあたり(近代以前の産業制度史とか)はざっくり削ってもいいんじゃないかって思いますね。

finalventfinalvent 2008/02/17 15:18 iori3さん、ども。共通一次っていうのは経験ないんですよ。そこはなんか大きい感じしますね。私の一学年上までは中学校で複素数やってましたね。

finalventfinalvent 2008/02/17 15:19 antonianさん、ども。そのあたりは自分とやっぱり感性が違いますね、いい悪いとかではなく。そして、こそっりいうと私はフォークが好きだったりします。バエズとか。

finalventfinalvent 2008/02/17 15:47 himorogiさん、ども。あのあたりはまた異質な感じはしますね(沖縄はまた別の意味で異質でしたが)。

2008-02-16

ATOKの困った点

 ATOKはMS IMEとか比べものにならないくらいインテリジェントなんだけど、微妙に言語学的というか試行錯誤的というかいろいろ思想性にごちゃっとしたところがあって、そのあたりを単純にいうと、実はこいつ文章指向になっていること。漢字変換というか日本語入力というより文章の知的解析になっているから、誤変換はその知的レベルという上位で起きている。その意味で、実はもっと一太郎と一体化したほうがいいけど、マーケット的にはべたな変換ツールとして認識されているという点で、そのベタ性に特化した別の変換ツールに負けてしまう潜在性はある。

はてな雑感

 ⇒はてなには感謝してるけど

 はてなに求められているのは、ぶくまのオントロギーですよ。

 でも、そう言っても通じないんじゃないかというあたりが、私がはてなの限界を感じているところ。

 でも、ぶくまのオントロギーですよ、とだけ言われてもわからんと言われそう。

 説明するのがめんどくさいけど。

 ぶくまというのは現状3つの局面にある、これがごく客観的に。

  1. ストックがある
  2. 人気投票になっている
  3. ぶこめがミニブログ化してブログのメタ位置にある

 3についてはいわゆるネガコメ問題だけど、これはスターが解決していない。方向性としてわからないではないのだけど。

 問題はむしろ1と2。

 別の言い方をすると、ぶくまが人気投票化していてストック性が薄れている。

 たぶん、「はてな」の原点である人力解答の方向性でいうなら、はてながこれまでためた解答やぶくまのストックをセマンティックに処理してそこから情報整理のためのインタフェースを提供することだと思う。

 これにははてなというユーザーもまたストック化していることをパラメーターに入れたほうがいい。

 簡単にはこれは広告に利用できると思うというか、はてなは情報をベタ漏れしているので第三者がはてなの過去資産をオントロギーで整理可能。

 ただ。

 この方向、Googleの潜在性にあっても、まだまだオモテにでてこない。

 もうちょっと別の言い方をすると。

 SNS的なべたな人間が潜む実体モデルのコミュじゃなくて、各言説の集合体が語りかけているような知的インタフェースがあればいい。

 たとえば、あるテーマでエントリを書くとそれに自動的にコメントになるようなエントリ群の再構成は可能だろう。

こういうの中国の基本認識

 香織丹⇒食の安全学再び:徳島生協のワキの甘さがやっかいな状況に…。:イザ!

■忘れていたよ。実は中国のネットユーザーは、文章を精読することになれていないのだ。パソコン使えても、漢字をあまり読めない書けない、タイピングもできない、そういうレベルの人はいっぱいいる。実際、テープ起こしなども、パソコンを持っているふつうの中国人に頼もうとすると、できないという事実が発覚して唖然とすることしばしば。パソコンでネットサーフィンやゲームはできても、長い整った文章を作成するだけの漢字を知らない。読めないという人はいるよ。なんて、思われてもしかたない、記事の誤読である。

 そんなもの。昔からずーーーとそう。

 で、と。

■これは、実は非常にやっかいな状況だ。当局の政策方針をも左右するほど影響力を持つようになった中国ネット世論の脳内で毒ギョーザ事件は解決済み!で、ともすると賠償請求を言いかねない状況なのだ。中国政府としては、今更、じつは中国側に原因がありました、てへっ!などとは口が裂けても言えないだろう。これによって、中国政府にとって、この事件のエンディングは‘本に責任があったとして解決、でも中国人は寛容だから賠償も謝罪も要求しない。迷宮入りで手打ち。日中双方で、食の安全を仲良く築いてゆこう! の二者択一しかなくなってしまった。

 

■日本の捜査当局が日本側に責任がないと立証できたとしても、中国側に責任があるとも立証できないわけだから△侶誅澄しかし、中国人の脳内では、この事件は全面的に日本側が悪かったものとしてとうに解決ずみ、になるわけだ。

 私は最初からそう思っていましたよ。

■日本人が、実は飽きっぽいこと、あっさり淡泊な性格であること、おそらく見透かされていると思う。今、チャイナ・フリーと今騒いでいても、そのうち、冷凍ギョーザが恋しくなって、食べ始める、と絶対思っている、と思うよ。桜の咲く胡錦涛主席訪日のころはみんな忘れているさ。それどころか、日本人は、中国が養ってやらないと、生きてゆけない、思っているかもしれない。実際、それは事実かもしれないし。

 事実ですよ。単純に。

今日の大手紙社説

 学習指導要領には関心がない。教育の基本は私的なセクターだと思うから。あるいは義務教育は地域の問題。そうした関連の話題でもなさそう。

 他、あまり関心が向かない。

日経社説 安定へ苦闘する東ティモール(2/16)

 東ティモール問題を取り上げるのは他紙に比べてよいのだけど、肝心の石油問題が語られていない。

日経社説 相次ぐ値上げに日本はどう向き合うか(2/16)

 足元でも値上げ発表が目白押しだ。農林水産省は政府が輸入する小麦の国内売り渡し価格を4月から30%引き上げる。昨年10月に10%引き上げたが、今回はさらに大幅になる。大豆など他の一次産品も高騰し、食品メーカーは次々と値上げを打ち出している。即席めん、食用油などで2ケタの値上げも珍しくない。

 実際に小麦がどのくらい上がるだろうか。私は粉食な人なので少し気になった。

ログイン

 晴れ。今朝も富士山はきれいだ。

 朝一番の知らせがバッドでへこむ。

 夢は、災害時の訓練というのだが、駅構内階段で人が崩れ落ちる訓練。なんでこんな危ない馬鹿げた訓練をするのか私は呆れて見ている。そのうち訓練が始まり、人がきゃーきゃー言いながらくずれ落ちる。怪我はしないのかと気になっていると子供に怪我人が出たらしい。よくわからないがこの子を背負って病院に連れて行けと言われる。病院? 駅を出て海岸に沿っていけばわかりますとのこと。しかたがないので海岸を子供を背負って歩く。病院に渡して、ベンチに腰をかけて海を見ていると隣にコラムニスト神足裕司がいる。コータリさんですかというと、ええと答える。立派な鞄を持っているので鞄のことを聞くと、いろいろ鞄の美学のような話をしてくれた。

rice_showerrice_shower 2008/02/16 09:45 >香織丹、再び
日本側、特にメディアにとって、「手持ちの切り札が何時の間にやらジョーカーに変わっていた」的状況に陥りつつあるのではないか。 ゴリン、ゴリンは、日本のメディア、そしてそのスポンサーたる関連企業にとっても負け戦の許されぬ商戦。  柔ちゃんの“「母でも金」の至福”を超える、ミュンヘンも9.11も凌駕する、垂涎の“華々しい出来事”につながらない様なら、そろそろ手仕舞いするべかな、電通の圧力も尋常じゃないし.....。
それならそれで構わないが、私自身は本件、中国側の、恐らくは日本側の入知恵をも加味した物語の結末を受容する気はさらさらなく、“企画立案者”の内在心理を読みきりたいと思う。 香織丹には大人の都合(フジサンケイを含め)の前に蹉跌することなく、Float like a butterfly, Sting like a beeを期待。

mtfyfmtfyf 2008/02/16 10:33 私も子供の頃母の婦人雑誌(「婦人倶楽部」?)をよく盗み見してました。特に袋とじはされておらず、普通に性行為に関することが書かれてました。小学生が読んでも違和感のないノーマルな内容でしたね(笑)。一方「中一コース」「中一時代」は兄のを読んでましたが、毎号のごとくオナニー特集が掲載されてました。「オナニーをしても頭は悪くならない。身長が伸びなくなったりすることはない。オナニーは自然な行為です。さあやりましょう!」的な内容が、これでもかという位毎号載っていて、天使が羽ばたくような挿絵もおきまり(笑)。当時はそんなに自慰行為がタブーだったんでしょうか?今となっては謎です。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/16 13:51 >ATOK
Win98の頃に両方使ってみてATOKの変換に違和感感じて以来IME使ってます。といってもIME2002のままだけど(苦笑
本当は、親指シフターではないけどオアシスの変換が一番好みだったのですが…

himorogihimorogi 2008/02/16 15:12 >ATOKはMS IMEとか比べものにならないくらいインテリジェント

ちょっと余計なお世話っぽいのもあって、アップデートしないままもう久しいです。単漢字変換から使ってるから(最初は PC-100)IME の能力に依存しない使い方の方が身についちゃってるので、実は MS IME でもそんなに困らない(というより誤変換を気にしないだけか)。

ssh が無い PowerShell は所詮コマンドプロンプトに毛が生えただけではないですかねぇ。
なんやかんやで cygwin 入れるなら別に PowerShell なくても良いような。.Net は Iron なんチャラで。

finalventfinalvent 2008/02/16 15:25 rice_showerさん、ども。中国毒入り餃子だけど、たぶん、と留保するけど、対外的な部分は国家の体面だけど、実際には中国内の地域の利害対立と権力抗争になっていると思うんですよ、だから、日本人はあまり暢気に正義を主張するのもなみたいな感じはあります。

finalventfinalvent 2008/02/16 15:26 kinginsunagoさん、ども。ええ、いわゆる文節変換だったら、ATOKである必要はないんですよ。IMEでもそれなりの使い方はあるし、古川さんがおもしろ過ぎ。

finalventfinalvent 2008/02/16 15:27 himorogiさん、ども。PowerShellはマーケット的にはこけたけど、サーバメンテナンス上はあれでアプリケーションを書くと楽っぽいです。.Netは3.5あたりからよさげですよ。

finalventfinalvent 2008/02/16 15:32 mtfyfさん、ども。ええ、性についての情報というのが変なというか、ある時代だったんだなという感じはします。自慰については、それ以前の世代的なものがあったのかも。とはいえ団塊世代で自慰の罪悪感はなさそうだし。たしかに変な感じですよね。

ziomziom 2008/02/16 21:07 古川さんが嘆いてゐるのは、MS-IMEの性能が悪くなったことでなく、日本のソフトウェア産業の空洞化だと思ひます。当時の関係者は、国の無策がソフトウェア産業を潰したと思ってゐますし、ジャストの浮川専務は、競合会社の垣根を越えて業界のカリスマだったりします。Gates at Sasazuka on 05/18/1993 は日本のソフトウェア産業が終った事件でもありますね。今でも若き日の Gates が目に浮かびます。

finalventfinalvent 2008/02/17 08:34 ziomさん、ども。ああ、それもわかります。でも時代かなという感じもしますね。Webアプリがアプリっぽくなってしまった時代もあるかも。余談めくと、古川さんのIMEですがあれ彼のが独自に壊れているだけなんだと思いますよ。そのあたりわからないっぽいのも面白い。

nitianyouyenitianyouye 2008/02/17 10:37 英語出来たらdiggとかデリシャスでも情報ゲット出来るし、日本語だけに閉じてる情報にそもそもアテンション割けませんッス。はてなはもっと日本に特化したサービスすべきッス。なんつーか新潟の地場産業(ステンレス)とかのすべらない話とか。ただ、現状はてなな及び日本のネットに漂う生温い空気が商売になるか、ッす。

finalventfinalvent 2008/02/18 08:55 nitianyouyeさん、ども。ええ、日本に特化するほうがむしろグローバルなインパクトがあるかもですよ。あと、この生ぬるさは生存戦略かも。

2008-02-15

はてな村パラドックス

 

はてな村の内部にいる人ははてな村がどこにあるのかわからず、

はてな村の外部にいる人ははてな村の住人とコミュニケーションができない。

今日の大手紙社説

 鳩山法曹叩きは単純に関心ない。適任者ではないとは思うが、それほど深刻な事態ではない。死刑についてはむしろこのアホっぽいおっさんには無理な課題だろうという感じもする。

毎日社説 社説:個人消費低迷 賃上げが最大の経済対策だ - 毎日jp(毎日新聞)

 広義にはそう思うといってみて、違うかなと思う。

 まず、個人消費は裕福な層からは始まるがそこを事実上禁じ手にしている。いわゆる労働問題的な部分はすでに労働者マジョリティを覆っていない。比喩的に言えば労働問題の問題化が一定層の利権の構造になりつつあるかのようだ。

 重要なのは長期の消費というか、住居関連、つまりローンができるということ。その保証性みたいなもの。だけど、その問題より年金に注視している状態がある。昨今の年金はむしろ、結果的には、また全体的には富裕な高齢者支出に関連するだけで、若い人のローンのサポート的にはならない。

 まあ、この問題は、やはり世代間格差の暗い問題を引きずっているようだし、老齢化しているジャーナリズムからは見えない。

読売社説 GDP速報 “高成長”の足元で増す不透明感 : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

国内景気は、底堅く推移しているようだ。だが、世界経済の減速が懸念される中で、先行きは決して楽観できない。

 それでも今年は日本は昨年より成長するはず。

 つまり、そういう問題ではないというか、このデフレ基調の経済をどう考えるかということ。

朝日社説 空港外資規制 排除の論理は通らない : asahi.com:朝日新聞社説

 海外では空港へ外資規制をしている国もあり、米国は空港を州公社などが管理している。フランスドイツは政府が空港会社の株式を保有する方式だ。政府のかかわり方はさまざまである。

 もし政府の関与を残さないとどうしても心配なら、これから民営化する成田などは段階的に政府保有株を放出したらどうか。大丈夫と判断できるまで一定の株を保有すればいい

 その手法もだけどこれは原則論だろうと思う。

 余談だが。

 雪斎さんの⇒雪斎の随想録: 空港外資規制は是か非か

 雪斎の感覚からすれば、「外資」であれ「内資」であれ、「どのような株主か」が問題である。

 カネに色は付かないし、カネとはそういうものなので、私はその意見も違うと思う。

朝日社説 法相冤罪発言 仏の顔も三度だ : asahi.com:朝日新聞社説

鳩山氏は安倍前首相によって法相に任命された。福田首相がそのまま再任した。しかし、ここにいたっては、福田首相の任命責任が問われている。

 ようするに政局か。

 冤罪についていうのであれば今疑われているものに新聞社が取り組んではどうだろうか。

 たとえば⇒極東ブログ: 筋弛緩剤事件は冤罪ではないのか

 これもまいどながら⇒極東ブログ: 東電OL殺害事件被告は冤罪である

快晴

 富士山もきれいだ。喧噪に起きたせいで夢を忘れた。

 昨晩は簡単なプラナヤマをして寝た。簡単でよく知っているかと思ったがプラナヤマは難しい。プラナヤマも難しいというべきか。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/15 08:25 鳩山のオサーン個人と言うより自分的には「鳩山家」に萎えですね。鳩山と昭和史とか並べて考えると、鳩山家の男達ってのはトリックスター的と言うのか、周りが収拾に追われるような事態ばかり作り出す奴らという感じが。家訓は「とにかく人目につくこと」だったりして。法相ぐらいで良かったですよ。でも意外に死刑廃止とか突然ブチ上げるかも知れませんよ。

finalventfinalvent 2008/02/15 08:46 nomurayamansukeさん、ども。病理現象とまではいえないけど、鳩山家の問題というのがありそうな漢字はしますね。堤家なんかもそうですが。ただ、意外とこの雰囲気が延々と続くのかも。

kyo_jukyo_ju 2008/02/15 10:04 >鳩山家
威一郎はまともそうですが。突然変異ですかね?

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/15 11:34 威一郎は官僚経験が無かったらもっと地の「鳩山シチナ」が出たかも知れませんよ。少なくとも、孫の太郎には鳩山シチナが濃厚ですから。

rice_showerrice_shower 2008/02/15 12:54 >香織丹
中国側は五輪、五輪の連発、本件の拡散、拡大を心底びびっている。
最もadvantageousな落とし所を探っているが、未だ各省庁の、即ちはその背後の政治勢力の利害の一致する物語が書けないでいる。 そんな感じでしょうか。
それにしても、「日本農林水産省の2年に一回、非常に厳しい検査を実施しています。 完全に農林水産省の要求に従った非常に厳格なものです。毎回の検査で、同工場は高い評価を得ています」とされる民族系優良企業と生協-JT-双日(更には農水省)連合の組み合わせという絶妙なtargeting。
実行犯はいざ知らず、“企画立案者”は相当の知恵者と見た。

himorogihimorogi 2008/02/15 12:56 http://furukawablog.spaces.live.com/blog/cns!156823E649BD3714!9079.entry
>某MS社員に、「MS IME最近どうなっているのよ?」と先週聞いた答えが...「IME開発の主体が、中国にシフトしまっていて我々も手を出せない......個人的にはATOKに切り替えようと思っている」と言う現役開発系社員の発言に絶句!!! 

アッチョンプリケ。

himorogihimorogi 2008/02/15 14:38 http://news.google.co.jp/nwshp?hl=ja&tab=wn&ncl=1113488783&topic=t
よくわかんないけど、一見朝日の記事が一番レベル高いように見えますね。

sakaepikurosusakaepikurosu 2008/02/16 07:39 鳩山法相かなり頭良いらしいですけどね・・・。

finalventfinalvent 2008/02/16 08:44 kyo_juさん、nomurayamansukeさん、ども。鳩山威一郎は鳩山家の重荷かも。

finalventfinalvent 2008/02/16 08:45 rice_showerさん、ども。中国当局としては基本的に日本をなめてもやっていけるという自信もあるのでしょうが、どのあたりでうまく折り合いをつけるでしょうかね。

finalventfinalvent 2008/02/16 08:45 himorogiさん、ども。MS IMEを使っているというのが素人というか略。

finalventfinalvent 2008/02/16 08:46 sakaepikurosuさん、ども。そうなのかも知れませんね。あまりフォローしてないのでわからないところで表層的に見るのもどうかなとは思いますし。

2008-02-14

Googleはセンスいいよね

Happy Valentine’s Day

本当に睡眠時間を短くする確かな一つの方法

  1. 歳を取ること。

 

 inspired by 本当に睡眠時間を短くする方法 - ノッフ!

読んでもらうためにときたま気をつけること

 読んでもらうために気をつけること - 北の大地から送る物欲日記を読んで。

 いいことが書いてあるんだけど、見た瞬間に読み終わるブログがたまにあります。それは文章が短いブログ。

 読もうと思ってリンク先に飛んだ瞬間に、改行ばかりで、しかも1ページ分だけ。見ただけでわかるようなエントリで読んだという満腹感に浸れる人ってどれくらいいるでしょうか。

 短い文章がすべてダメだとは言いませんけど、読む人がもういらんこれ以上読めないというくらいお腹いっぱいですになるような配慮をしておくと、次回も読んでもらえる確率が上がります。飯屋のどんぶりご飯と同じです。お代わり自由です。

 私がブログを書くときに気をつけているのは、

  • 段落はポトフのお肉のようにきちんとブロックの形が見えるようにする。
  • 段落が少なくなるようだったら、関連資料をたくさん引用する。
  • 文章中で使う用語・表記はなるべくバラエティを富ませて、読者が微妙な比喩の関係に飽きないようにする。
  • 主張が複数になってしまうように見せる場合、記事にちょっと本音がどこにあるかがわかるような仕込みを入れることを考える。
  • 箇条書きにできる部分でも文章できちんと展開する。
  • 書いてる内容を知らない人でも10年後には分かるようにきちんと話を構成しておく。

辺りでしょうか。

 書き方のスタイルはいろいろあって、いろんなブログを読んでいて「あ、このスタイルはいいな」と感じても、人は人です。自分のブログのスタイルとは関係ありません。

 せっかく書くのだからブコメ一行でまとまるような内容では物足りません。

愛とか恋とか

 この手の話はこってりお好きな人がいるので、そのまねごとはパスって。ようするに、英語だとloveなのが日本語だと「愛」と「恋」に分かれる。

 で、「愛」も「恋」も近代日本語で、伝統の語感はない。

 特に「愛」のLoveの語感は明治にできたっぽいようだが、ところが、伊藤仁斎は「仁」を「愛」としているし、西郷南洲も「愛」といっている。というわけで、江戸後期くらいからの「愛」はむしろ英語のloveに近い。もっとも、「愛」自体は仏教用語

 庶民の恋愛はというと、恋歌のようなものはあるので、じゃ「恋」かというと、その語感がよくわからない。

 懸想がそれに近いようでもある。というか、源氏にも懸想がよく出てくる。

 ただ、では、源氏物語のloveみたいなのが懸想かというと、懸想と恋とはちょっと違うっぽい。このあたりは色好み論とかになるのでうざい。

 「慕う」というのも明治以降臭いというか翻訳語っぽい。

 うちなーぐちに日本の古語の「かなし」が残っているが、これは現代の「萌え」に近い感じはする。

 「情」に恋に近い語感があるが、これはおセックス含み。というあたりで、英語のloveにその語感があるのと近い。

 というか、英語のloveというのはけっこう変な言葉。

 たぶん、私の感じだけど、英語のloveは巣ごもりの語感があるように思う。

 うざったい⇒Love - Wikipedia, the free encyclopedia

 そういえば今道友信を思い出した。

 ⇒今道友信 - Wikipedia

 そういえば⇒いまみちともたか - Wikipedia

 で、これはけっこう古風だけどそれなりに名著ですよ。

cover
愛について (中公文庫): 今道 友信

しないことリスト

  1. 無理はしない
  2. ガラでもないことはしない
  3. 西アジアアラビア半島アフリカ大陸北東部の間にある半島

ダルフール危機、混迷深まる

 ⇒New wave of Darfur refugees flees into Chad - CNN.com

The U.N. High Commissioner for Refugees said on Monday that more than 12,000 people have fled militia attacks over the last few days from Sudan's Darfur region to neighboring Chad, still recovering from a recent attempt by rebels there to topple the government.

 ⇒VOA News - UNHCR: 12,000 Flee Darfur to Chad after Gov't Air Strike

The United Nations says about 12,000 refugees from Sudan's conflict-ridden Darfur Province have fled across the border into eastern Chad since Friday to escape deadly attacks by the Sudanese-backed janjaweed militia. The U.N. refugee agency says thousands of other refugees reportedly are en route to Chad. Lisa Schlein reports for VOA from UNHCR headquarters in Geneva.

 スーダン側の言い分⇒Sudan condemns Chad threat on Darfur refugees : News | Africa - Reuters.com

El-GENEINA, Sudan (Reuters) - Sudan condemned a threat by neighbouring Chad on Tuesday to expel around 250,000 Darfuri refugees who have fled to Chad's eastern deserts because of a five-year conflict in Sudan's west.

今日の大手紙社説

 特に話題はなさそう、ということはないか。中医協答申が話題か。これは難しくてわからないなというか、もっと大枠の世代問題が関連しているような気がするが。

日経春秋 春秋(2/14)

 厳寒のいまごろに、なぜ恋人に愛を誓う日が設定されたのだろうか。ローマ皇帝キリスト教司教ウァレンティヌスを処刑するのに、女神に愛と豊穣(ほうじょう)を願う土着の祭りの日、2月14日を選んだ。この殉教がバレンタインデーの起源だとされている。

 ( ゚д゚) と思ったら。

 ⇒バレンタインデー - Wikipedia

バレンタインデー あるいはセントバレンタインデー(St. Valentine's Day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であるとされている。

 ( ゚д゚)

 ちなみに⇒Valentine's Day - Wikipedia, the free encyclopedia

Valentine's Day is a holiday celebrated on February 14. In North America, it is the traditional day on which lovers express their love for each other by sending Valentine's cards, presenting flowers, or offering confectionery.

 ところで。

 「愛を誓う」って英語でなんていうのか思いつかない。英辞郎をみたら、「変わらぬ愛を誓う swear eternal love」と「永遠の愛を誓う vow eternal love」があった。異教のファンタジーノベルかなんかだろうか。

産経社説 【主張】教材差し押さえ 中国は国際ルール尊重を - MSN産経ニュース

 これ対台湾でも同じかな。そのルールが適用されているのか気になった。

毎日社説 社説:診療報酬改定 意気込みが腰砕けではないか - 毎日jp(毎日新聞)

 開業医といっても、ひとくくりするわけにいかない。夜間や休日に診療する「赤ひげ医師」がいる一方で、都心のビルで昼間しか患者を受け付けない診療所もある。

 ぞっとするようなもの言いだなと思う。夜間や休日に診療する「赤ひげ医師」がいるようではいけないし、都心のビルで昼間しか患者を受け付けない診療所があってもいい。

読売社説 沖縄米兵暴行 実効性ある再発防止策を : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 読売は一日遅れ。特に読むべき内容はなさそう。

 事故防止のための安全対策、騒音被害の軽減、米兵と周辺住民との交流を通じた相互理解の促進など、様々な角度から日米双方が努力することが重要だ。

 地位協定のことを知らないわけもないだろうに。

朝日社説 南大門炎上―韓国の悲しみを思う : asahi.com:朝日新聞社説

 執筆子は親韓のつもりなのだろう。私が韓国人ならこう日本人に言われてるとその傲慢さのようなものに少し失礼な感じをうけないもでない、と思うが。

朝日社説 米大統領選―政治への熱気がまぶしい : asahi.com:朝日新聞社説

 ネタといっていいと思うけど、もう少しファクトベースで書いたほうがいいようにも思った。民主党はこのまま行けばけっこうひどい教訓になるし、マケインは「これも「変化」を求める米国民の思いの表れ」というだけのことでもない。

 だが、この大統領選の熱気はどうだろう。異例の大接戦に専門家の予測も外れがちだ。従来の枠組みではとらえきれない、新たなうねりが米国社会で台頭しつつあるのかもしれない。

 執筆子、私より年上かな。ベイビーブーマーとミレニアル・ジェネレーションのギャップとかに目を向けたほうがいいと思う。というか、現地なら感じているはずなので、執筆子、机上でお作文を練るより、現場のヒアリングしたほうがいい。

晴れ

 富士山がきれいだ。昨晩はヤリイカのファルシがうまくて白ワインが進み、ちょっと酔ってしまった。酔うまで飲むことはしないのだけど、すーっと入って気持ちよかった。が、覚めるころに気分が悪くなりまいった。

 夢はなにか昆虫がいっぱい出てきた。が、そのあと英語を聞いていてなんとなく忘れてしまった。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/14 11:30 なんか毎日は相変わらずすね。皆で貧乏になって疲弊して、そんなカツカツで頑張ってる俺たちって美しい、みたいな社会モデルが透けて見えると言うか。

kagamikagami 2008/02/14 12:09 萌えは作り事性とお約束(様式)を前提としている点で「粋(いき)」かなという感じがします。粋(すい)だと情の感覚が抜けている感じでまたちょっと違うかなという感じですが…。すいはなくなっちゃったように思えますね…。

finalventfinalvent 2008/02/14 16:57 nomurayamansukeさん、ども。こういう意見は意見として増えるのでしょうね。鬱。

finalventfinalvent 2008/02/14 16:57 kagamiさん、ども。ああ、粋が萌えというのはありそうですね。

inspfightmaninspfightman 2008/02/14 21:07 「様式」を重視する点で「萌え」と「粋(いき)」は近いかもしれませんね。凝った裏地をチラッと見せて人を「おおっ」と思わせたり、人とは違う信念や行動を以って感動を受けたりなど。
ただ「お、萌えだね」とか「萌えな計らい」とは言わない点を見ると、「粋」と違って「萌え」は対象に対する褒め言葉にならない点で相違があるかと。将来変わるかもしれませんが。

源氏物語では夕顔に対する評価が「萌え」に近いかも知れません。「幸薄そう」というのが女性の良さのように書かれていたり、「病弱」「しとやか」「下ぶくれ」「痩せている」「奥手」と言った評価基準など。
ついでに葵の上は「ツンデレ」ですか。

「あはれ」はどうですかね。紫の上のような可愛らしい子供を評価するのに使われていたような。

yura-o-3711yura-o-3711 2008/02/14 22:00 こんばんは。
記事愉しく読ませていただきました。
百科事典を読んでるみたいで、勉強になります。
そういえば、「愛する」と表記しても、動詞ではなく、名詞なんですよね。
面白いですよね。
でも、finalventさんご自身が、1番関心を持っておられるのは何なのか、
それがぼやけてしまっているのが残念です。
飽きられない文章というは、文章量の多い、少ないではなく、
中身の濃い、薄いに関係してくるものなのかもしれませんね。
私も、この問題にはまだ答えを出せずにいます。
ただ、私の文章や短歌や写真で、たった1人でもいいから心を動かす事が出来たなら、と日々願っています。

mahalmahal 2008/02/14 22:22 大事なのが抜けてます。
4.剣術の練習に使う竹製の棒。

mb101boldmb101bold 2008/02/14 23:23 finalventさん、こんばんわ。
Googleのトップページいいですね。
ブログに書こうかな、と思ってたら先超されちゃいました。

finalventfinalvent 2008/02/15 07:58 inspfightmanさん、ども。この問題は意外と難しいなとあらためて思いました。「あわれ」というのは滅びがあるかな、では少女? と思って、考えてみると少女ほど滅びに近いものはありませんね。

finalventfinalvent 2008/02/15 07:59 yura-o-3711さん、ども。そうですね、私が一番関心を持っているのは、慈愛というかアガペーとかそういうものです。でもそれをそう直裁に語ればいいのではなく、むしろティンダルのように世俗のなかに語る意義を思ったのでした。

finalventfinalvent 2008/02/15 08:00 mahalさん、ども。それ、ちょっと思ったのですよ。個人的に武士道なんてでかい包丁で一刀両断と思っているので軽いのはなあみたいな。

finalventfinalvent 2008/02/15 08:00 mb101boldさん、ども。これ、googleのこれですが、life on the iceという裏があるのかちょっとそこは気になりました。

mb101boldmb101bold 2008/02/15 09:56 そういわれてみれば、確かに老夫婦が水際ですね。なんか不思議な絵ですね。

2008-02-13

Windowsの素人と玄人を見分けるネタ

  • ファイル保存でUTF-8をそのまま選ぶのが素人、保存後BOMのバイナリチェックするのが玄人
  • MS IMEを使っているのが素人、ATOKの最新版を使っているのが玄人
  • 半角スペースっていうか0x20を入力するとき英文字モードにするのが素人、Shift+Spaceが玄人
  • Windows Vistaの高速化Tips(Aeroを切るとか)を試してしまうのが素人、最初からハードを装備しておくのが玄人
  • レジストリエディタでいじくるのが素人、適切な有償ソフトを使うのが玄人
  • Eclipse 3.2にVisutal Editorを入れているのが素人、NetBeans 6をさりげなく使っているのが玄人
  • Excelでxlsxの互換性を気にしている人が素人、そのまま平気で使っているのが玄人(「ではxls形式で再送します」とかさらりと言う)。
  • バッチ処理にbatとかcmdを使っている人が素人、PowerShellを使っている人が玄人
  • XP対応プログラムをProgram Filesにインストールしている人が素人、Dドラ切って分けているのが玄人
  • 日本語テキストファイルの編集に秀丸を使うのが素人、Wz(5.03)を使うのが玄人

 

 inspired by ⇒Windowsの素人と玄人を見分ける方法 - 雑種路線でいこう

ダルフール危機、関連

 ⇒CNN.co.jp:スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問を辞任

 スピルバーグ氏は声明で、「現在起きている(ダルフール)危機の責任の大半はスーダン政府にあるが、国際社会、特に中国はもっと努力するべきだ」と述べ、経済・軍事・外交面でスーダン政府とつながりを持つ中国が、危機解決に向けて影響力行使を継続する必要性を指摘した。

 一方、米女優ミア・ファローさんと水泳の元五輪選手シャノン・シェイクスピアさん、ニッキ・ドライデンさん(ともにカナダ)も、ニューヨーク市内の国連本部で中国側に胡錦涛国家主席への公開書簡を届け、ダルフール紛争終結への一層の努力を中国政府に求めた。書簡にはノーベル平和賞受賞者や著名人、元五輪選手13人が署名した。

 ⇒スピルバーグ監督、北京五輪の芸術顧問を辞退 国際ニュース : AFPBB News

 ⇒五輪=ノーベル平和賞受賞者ら、ダルフール問題で中国政府に書簡 | スポーツ | Reuters

ちょっと違うけど

 ⇒どこまでも続く道 - jkondoの日記

 僕は見知らぬバスが来るとふと乗りたくなる。とくに、ある夕暮れの時間は堪えがたく、ほいっと乗ってしまって見知らぬ夜の街を眺める。

blogを続ける些細な3つのコツ

  1. 無名の人が時代の記録をしているんだと思うこと
  2. 他のブログの影響から独立していること
  3. 自分なりのブログの理念を持つこと

それは増田

 ⇒

なぜ日本の教科書は安くて薄いのが多く、

アメリカの教科書は高くて厚いのが多いのだろう。

安い教科書ほしいなぁ。ぶ厚いと学校にもっていくのも重いし、

いきなり目の前に大量料理を出されたときのようにげんなりする。

 これは使ってみるとというかそういう環境に置かれるとわかるけど、毎日毎日練習問題が出るのですよ。で、それを解くための参考書でもあるんですよ。

 この歳になっても、"Assignments!"の悪夢を見ますよ。

今日の大手紙社説

 沖縄少女暴行事件を読売以外が扱っていたが、まずは事件性と法的な枠組みを踏まえつつ、それを取り巻く国家の大きな問題を見つめないといけない。そしてその国家の部分についていえば、事件の有無にかかわらずに問題なのだから、当面は事件性と法的な枠組みに注視していけばよいのだろうと思う。

日経春秋 春秋(2/13)

放火犯の動機は「腹いせ」だという。その心の闇に、芥川龍之介の『羅生門』を思い出す。

 韓国人の心性はわかるところとわからない部分がある。日本人も多元的な民族史をもつが、その多元性の次元と、韓国の民族の多元性とは時間のずれがかなり違う。そこの微妙さが、非常に難しい。

産経社説 【主張】ギョーザ中毒事件 「食品テロ」の視点も必要 - MSN産経ニュース

 ごく簡単に。

 かつて、地下鉄サリン事件が新たな都市型テロとして、世界の警察関係者らの関心を集めたが、今回は「食品テロ」という観点を持つべきではないのだろうか。「食品テロ」は爆弾や化学兵器を使わずとも無差別に人を殺傷し、社会を混乱に陥れることができる。今回の事態でそのことは図らずも証明された形だ。類似事件がいつどこで起きても不思議ではない。

 今回の事件は中毒として見るなら対処の解毒の処置ではサリン事件と同じプロセスが踏まれるべきだった。医療制度にその歴史が活かされていない。

毎日社説 社説:アフガン NATOの不協和音が心配だ - 毎日jp(毎日新聞)

 アフガン国際治安支援部隊(ISAF)には40近い国から総勢4万3000人が参加している。活動内容はさまざまだ。たとえば2500人を派遣したカナダは、治安の悪い南部を拠点とし、既に80人近い犠牲者を出した。国内では撤退論が勢いづいている。

 一方、フランスのISAF派遣は約1500人と規模が小さく、しかも部隊は比較的治安のいい首都カブール周辺にいる。これでは不公平だ、フランスなどは南部へもっと人員を送るべきだというのが、カナダなど危険地域を担当する国々の本音だろう。

 毎日の社説はちょっと誘導的な筆法だが、カナダにはNATOへの不満がある。

カルザイ政権を支える米国としては、同盟国を説得して戦線立て直しを図るしかない。そのためには明確な出口戦略が必要だ。

 出口戦略の前に「同盟国を説得」が先立つ。その意味はNATOの意味が問われることでもあり、EUが問われる。このあたりで、コソボ問題も微妙にからむ。

 毎日社説はこうした状況下における日本の立ち位置に触れていない。でも、本当はそこが問われるのが日本の新聞の社説であるべきなのだけど。

朝日社説 兵少女暴行―沖縄の我慢も限界だ : asahi.com:朝日新聞社説

 これ社説で扱ったか。今回の事件だが、やはり現地にいないせいか、どうもディテールがわからない。広義に基地被害としてもいいのだが、犯罪が確定していないふうにも見える現状、この個別の問題への言及は控えたい。

 思い出されるのは、95年に起きた米海兵隊員3人による少女暴行事件である。この事件をきっかけに米兵による犯罪や事故に対する県民の怒りが大きなうねりとなり、抗議の県民集会には8万5千人が結集した。

 このとき私は沖縄に暮らしていて、事件後数日でこの事件を知った。タイムスも新報も報道したがそれほど大きな扱いではなかったかと思う。ただ、連日報道し続けたので経緯を見ていた。その間、私は本土大手紙の情報もワッチしていたのだが、当初時事に流れただけで、その後、二週間くらい空白があった。その空白があまりに奇妙だったので、こういう事件があるというのをパソコン通信に書いたり、知人とも話をしたりした。沖縄の知人とも話した。憤りは当然あるのだが、あの時代、そして私は比較的年長の沖縄の人の感覚が知りたいのでよく聞いていたのだが、まずベースにある感覚は、こうしたことは日常茶飯事であるということだった。そして今回もそれほど問題にならなく消えていくという印象を持つ人がいることだった。

 本土で問題になる少し前だが、米国でこの事件が問題となりつつあることを知った(ちなみにあのとき本土大手紙はどちらかというと米国で問題化したのを受けて問題としていた)。いくつか関連のニューズグループを登録してワッチした。彼らが一様に関心を持っていることは犯人は黒人だろうということだった。そんなことが話題なのか、沖縄はどうなのかと思った。その違和感は痛烈だった。そして、米国での報道から犯罪の実態を知った。暴行ではない、凶悪なレイプ事件だった。というか、私もぼんやりレイプであることはわかっていたが、詳細な米報道で明確に認識した。しかもそのやりかたなのだが、最初に袋詰めであった。非人道的極まるもので今思い出しても怒りがこみ上げてくる。

 その後北朝鮮による拉致でも袋詰めという話を聞き、さらに調べてみるといろいろわかることもあった。おぞましい歴史というのもそれなりに歴史というものをもっている。

 米軍当局は毎回、「綱紀粛正」や「二度と事件を起こさぬ」と約束するが、事件は後を絶たない。効果のあがらない米軍の対応に、県民の怒りと不信感は頂点といっても過言ではない。

 現地の感覚で思ったことは、それもだが日常生活で怖いのはYナンバーだった。このあたりの感覚はナイチャーには通じないなと思う。もちろん説明してわからないわけではないのだが、なにかがああ伝わらないものだと思った。悲惨というのは一時の事件ではなく、他者にとっては悲惨とは忘れ去れる些末なエピソードなのだ、そして当事者は悲惨それ自体の風景として生きなくてはならない。

 もう一つは、米兵側の日本への恐れだった。これも日本人にはなかなか通じないものがある。

 日本にある米軍専用施設の75%が沖縄に集中する。なかでも負担になっているのは海兵隊である。海兵隊員による事件が際立っており、海兵隊の駐留に対する県民の反発は強まるばかりだ。

 海兵隊の兵士ともそれなりに話したが、彼らは基本的に沖縄という認識を持っていない。持っていないわけではないのだが、一種のリゾート地のように思っているし、彼らの大半は若く月給も10万円程度で(今でもそうではないか)、そしてぱらぱらと死地に送られる現状があった。そのあたりの、ある種の圧倒的な生活の意識感覚、もっと言うと、彼ら一人一人が無感覚にならないとやっていけないような米国での不幸のようなものを背負っていた。

 海兵隊は過ぎ去る人なのだが、わずかに沖縄にシビリアンとして残る。恋愛も多い。沖縄に恋しているようなシビリアンも何人もいて、滑稽なほどの親日性や沖縄への愛情を注いでいる。それもまた泣けるような悲劇と言っていいものがあった。

 海兵隊もまた沖縄を過ぎていく。そしてナイチャーたちも沖縄を過ぎていく。うちなーんちゅはある意味で多様だが、自分は島だ、そしてナイチャーは去っていくでしょという普通のなんというか途切れた視線を随分受けた。そして私はそれを自然に受けいれつつ、こっそりと自分はこの島で死ぬつもりでいるのですよと思いつづけたし、そうなるものだと思っていた。そしてその思いが沈殿しつつあるとき、日本人(ナイチャー)というものが見えてきた。愛情と嗚咽のような入り交じったなにかで、それは自分の存在で受け止められるような規模の問題ではないと思った。私はある意味でその矛盾にこっそりむしばまれ蹉跌した。と、いつもの述懐をしていてふと思ったのだが、もしかすると神が存在して、私がすがりつこうとした死の勝利のようなものを打ち砕かれたのかもしれない。私は生きたいと思うようになったのだから。

晴天

 少し霞んでいるけど、雨上がりで、富士山がきれいだ。

 夢は、私がなんとかという新しい種類のワニを買っている。近所に暮らしている祖父の家に数匹持っていく。祖父は30年以上も前に死んだはずだが、ずいぶんと性格が違っていて若々しい。祖父とワニをかまっていると、私が噛まれる。おや、こいつら性格穏和なのにと思っている他のワニも暴走。これはやばいな殺されちゃうかもと思うのだが祖父は笑っている。そのうち、西原理恵子がやってくる。え? 知り合い? そうらしい。人脈というのはわからないものだ。彼女は風船ガムを膨らまして笑っている。私もなんかおかしくなって、いつのまにかワニもおとなしくなった。膨らんでいく風船ガム。どうも鰐皮が柔らかくなったのが凶暴化の原因かなと私は考えている。ところで、サイバラさん、その風船ガム、よくふくらみますねと聞くと、これ液体風船ガム、という。液体タイプの風船ガムなんてあるの?と聞くと、あげる、という。小瓶をもらう。青い液体が入っている。口に含むと少しかたまるかんじもあり、ふーっとふくと口から青いシャボン玉みたいに風船ガムが球体になって飛び出す。これは面白いやと思っていると、たぶんサイバラさんがつれてきた子どもたちが、僕にもちょうだいとか騒ぎ出す。

geselgesel 2008/02/13 09:20 沖縄の基地と 自分の住んでいる若狭の原発が いつもダブります。
違う面もあるだろうけど、どうしていくといいか 現地なのでいろいろ考えることがあります。

finalventfinalvent 2008/02/13 09:45 geselさん、ども。非常に微妙なことで誤解されるかもしれないのだけど、自分の故地というか特定の地域に対する愛情みたいなものは、偽装されたアイデンティティになりやすいんですよ。ところが人の個別性というのはそういうものと強い緊張感にあっても、個性化が優先するんです。特定の土地を出てみてその外側や自分の人生にある意味与えられたものから、アイデンティティを再構築することで見えてくるものはあるかと思います。当然それは当面の問題への迂回と非難されるのですが。

satohhidesatohhide 2008/02/13 10:14 素朴な疑問。米兵の少女暴行犯罪率って、そのほかの沖縄住民の少女暴行犯罪率とでは有意に高いんですかね?

uyabinuyabin 2008/02/13 11:54 沖縄県民による米軍人(軍属、シビリアン含む)への犯罪率も見てみたいものです。地位協定の問題に収束していくのでしょうか。

himorogihimorogi 2008/02/13 14:09 iPod touch を iTunes に接続したときに最初に出てくる有償ソフトウェアアップグレードの告知、あとで通知(だったっけ?)を押し続けてたら、昨日から強制的に iTMS に飛ばされるようになり、同期設定の画面にゆけなくなりました。同期そのものは左側のデバイスリストから右クリックで実行できますが、同期するフォルダ、ファイルを編集できない状態です。ま、フォルダ指定なので、今のところ特に困らないですが。

finalventfinalvent 2008/02/13 15:54 satohhideさん、uyabinさん、ども。その問題は自分の関心外ということで考えたことがありませんでした。どうなのでしょうか。暴行の程度や犯罪の範囲などを含めないとあまり示唆的な意味合いはないようには思います。

finalventfinalvent 2008/02/13 15:55 himorogiさん、ども。touchは使ってないのでなんともなんですが、iTMSについては対応はいいですよ。

hori412hori412 2008/02/13 18:07 沖縄の件、報道されている内容をさらっと聞いている分には、以前に問題となっていた点は対処され、キチンと対応がされていると思うのですが、今回は何が問題視されているのか分かりません。
東京では察することが出来ない沖縄の人と米軍とのビミョーな関係でも影響されているのでしょうか?
また政府/米国の動きもかなりアクティブなので、いったい何が発生しているの?って感じています。

finalventfinalvent 2008/02/13 18:20 hori412さん、ども。今回の事件については、単純に事実回りを私が理解できていないので臆断はできるだけ避けようと思っています。ただこの事件、欧米報道を見てもすでにかなり話題になっています。一つには95年の再発かという視点があるのでしょう。

curefucurefu 2008/02/13 18:22 沖縄側が感じている問題というのがあるとすれば、それはおそらく「軍人を基地外(キチガイという意味じゃないよ、そのままの意味で)に住ませるな」という点かなと思います。そこを問題点に挙げている人が多い。Yナンバーもそうですが、軍人が基地の外に住居を構えている場合が多くて、彼らは地元とは交流せず、何をやっているのかも分からず、そんな彼らの存在が地域社会の中の空白地みたいになっていて結構畏怖の対象となっている。特に地縁を重視する中部地域の人々は、いつの間にか住み着いていつの間にかいなくなっている彼らが怖い。そこで犯罪行為が行われていても気付くことのできない状況が、真理的な不安となって広がっています。退役した、もしくは沖縄で結婚して家庭を築き根を下ろした等で住み着いた米国人とは明らかに異質なんですよ。

finalventfinalvent 2008/02/13 18:47 curefuさん、ども。米軍側もある程度意識して交流とかボランティアとかやっているのですが、言葉の壁以前に生活様式の差は大きいですね。あと、冗談で言うと、沖縄に来るナイチャーは結局固まっているのでよろしいのかも。いやヤエマとかだとマジ問題化しているみたいですが。

ziomziom 2008/02/13 19:31 バリバリに便利な環境を構築するのが素人、どんなお客さんの端末で作業しても、即座に対応できるやうに汎用的な環境にしておくのが玄人、といふのはどうですか?

yura-o-3711yura-o-3711 2008/02/13 19:45 初めておじゃまします。
finalventさんの文章力に驚いてしまいました。
話題も広く、深く、でもまとまりがあって、この文章量、
文筆活動をライフワークにと考えている私は、興味津々です。
どうして、こんなにすごい文章が書けるんですか?

himorogihimorogi 2008/02/14 00:43 iPod touch のソフトウェアアップデートって、無線LAN 使わないと意味ないものばかりの上に日本ではあんまり使い道ないツールだったりするのでシカトしてたんですが、Apple ったらしびれ切らして押し売りモードになっちゃったのかな?と。

iTMS は懐メロ洋楽入手するのに重宝してますが(アルバム全部は要らんとか)、実はいまだ手に入らないものも多いですね。もちろんレーベルが対応してないのは駄目なんだろうけど、それ以前に、日本でしか流行らなかった洋楽なんかは出てこない。例えば Manchester Et Liverpool とか Dans le même wagon とか。A Walk in the Black Forest もオリジナルの Horst Jankowski のはないとか。まぁ、森を歩こうは CD でもオリジナル演奏あるのかどうか。

しょうがないんで、最近アマゾン使って日本で出たコンピレーションとかオリジナル取り寄せるようになりました。やっと私もアマゾンの使い道見つけた。

saihousaihou 2008/02/14 02:55 >滑稽なほどの親日性
米国で今住んでいる地域には米軍基地があり、その関係で、知り合いに「夫が基地関係者(軍人であったりベンダー勤務であったり。軍人の場合はアーミー)」という人が多いです。(ちなみにそのほとんどが基地外に住んでおり、理由を尋ねると「基地の住宅は設備が30〜40年前そのままで住みにくいから」とのことでした。)
私が日頃付き合っている軍人の奥さんたちは他州・他国出身者で、「子どもが1歳にも満たないのに中東のどこそこに1年間駐留」とか「2人目が生まれるのにだんなさんが韓国へ駐留(1人目は先日やっと1歳を迎えた)」という話を聞くと、決して便利とはいえないこの土地で、一から関係を築きながらやっていくのは大変だろうなあ、と思います(しかも見た目の生活レベルのわりに家計のやりくりに苦労している人が多い)。もちろん出産の際に一時的に自分、夫双方の実家に助力を求める、というのは別に珍しいことではありませんが、これも米国ではよくある話で頼ろうにも頼れない、ということも珍しくありません。(よほど困った場合は教会を頼ることになるのでしょう。そういった場合でなくても教会は地元とのつながりといった意味で、基地関係者−他所からきた人が多い−にとっても地元の人にとっても重要な役割を果たしているようです。)
もちろん、こういった状況で夫・妻双方の浮気、不倫などはざらにある話(「誰それのだんなさんはね、日本にいる間に彼女つくちゃってさ、だから彼女、日本人が大嫌いなの。でも彼女もだんなの部下と浮気してんのよ。子ども2人ベビーシッターに預けてさ」)のようですし、離婚率も非常に高いのは事実のようですが、それでも身近な人たちが何とかやっていっているのを見て圧倒される思い(「この人らにはかなわんな」)がします。
そういう奥さんたちと話をしていて、「ああ、アジア−特に東アジア(もちろん日本も含む)−ってこの人たちにとっては理解できない辺境なのだろうなあ」と思うことがよくあります。
それだけに知り合いのだんなさんが「僕は40年くらい前に日本に駐留しててね。今でもすごく日本が好きだよ。東京にも行ってね。あの頃は・・・・・・」と屈託のない様子で言った時、ちょっとびっくりしたのでした。(もちろん、日本人である私に向かって日本のことをどう思っているか話しているわけですから、リップサービスという可能性も多分にあるわけですが。)(例えば私にしたって自分が2年間暮らしたバングラデシュに対して、愛憎混じったような複雑な感情があるわけですが、他の人に話す時に「憎」の側の感情を言うことはまずありませんし。)

finalventfinalvent 2008/02/14 09:17 yura-o-3711さん、ども。お褒めの言葉ありがとう。yura-o-3711さんと逆のご感想の方も多いみたいですよ。

finalventfinalvent 2008/02/14 09:17 himorogiさん、ども。ええ、米国アマゾン、けっこう使えますよ。

finalventfinalvent 2008/02/14 09:20 saihouさん、ども。なんかよくわかる感じがして微笑んでしまいました。デスパレートな妻たちとか、けっこうフツーに見られるのだろうなというか。米人って意外と異文化に弱い感じがします。英国人とかドイツ人とかはどこにいっても大丈夫な感じがするけど、米人はなんかいつもたむろっている感じがしました。

finalventfinalvent 2008/02/14 09:41 ziomさん、ども。ええ、玄人というのはマニアではないわけですよね。

rice_showerrice_shower 2008/02/14 12:12 >スピルバーグ
中国ではマイナーっぽい新聞が事実関係だけ報じているようですね。 『ミュンヘン』でやっと大人になったと思ったら、何で北京オリンピック?と感じていただけに、彼のために良かったと思う。

2008-02-12

NHK「日本美ナンダコリャこれくしょん」、見たよ

 この手のものをけっこう知っている自分に萎え。

 生き人形は歴史的にもっと知りたい。たぶん、ダッ○ワ○フなんかもその手の系統なんだろう。

 面白かったけど、ちょっとストーリーと啓蒙性が強すぎ。

 美保純がよかった。美保純ってそんな好きでもなかったし、彼女、俺より歳いっているのに老けない……ちがった、3つ若いや。最近また出るようになったのだろうか。その間、どうしていたのだろう。出産・育児? それはさておき、彼女の父親が指物師?だったのは意外。へぇと思った。

 ご本人?⇒なんだコリャは〜い保持 美保純Blog☆Wロックな夜だから♪/ウェブリブログ

 歳の記憶が曖昧だったのはこれかな⇒何がなんでも カミングアウト 美保純Blog☆Wロックな夜だから♪/ウェブリブログ

新聞休刊日

 ま、そういうこと。

曇り

 雨になるらしい。

 夢は、長くもつれていた。そして、つまらない。踊りだか活け花だか教えている40歳くらいのふっくらとした女がいて、一種の知的なサロンのようなものを作っているのだが、そのメンバーに須原一秀らしい哲学者がいて自殺したとのことだが、なにか秘密の遺言を残した。私はなぜかその女性と話しているのだが、それがわかるかと手渡される。何かの劇場に至る秘密の通路があるらしい。近いので取りあえず行ってみるとかと奇妙な通路があり、劇場に至るドアがあるのだがそこが開かない。たいしてこうした事態には関心がないので引き下がるのだが、そこで小学校時代のM君と会う。いやM君のわけはないと子供に聞くとMですという。どうやらMの子供らしい。Mは勉強ができず運動音痴でいじめられっ子だった。Mのことをふと思いだし、その子に腹減っているか、ラーメンでも食うかと聞くと、頷く。軽井沢と呼ばれる台北のような中華街に出る。ラーメンが1000円台で高い。まあいいかとMを誘うとあっちが安いと言う。この町に詳しいのだろうか。

 とくに事件も展開もない。

2008-02-11

江畑先生いわく

 ⇒日本の〈防衛力〉って大丈夫? [月刊チャージャー] - Yahoo! JAPAN PR企画

政治的な問題であれば先延ばしができますが、経済問題となると背に腹はかえられない。北京五輪が終わったらすぐにでも、中国台湾問題にケリをつけようとするかもしれません。2010年に上海万博があるので、それまでは無茶はしないだろうという意見もありますが、はたしてそこまで待てるかどうかという点が懸念されます。

中国の人民解放軍は、そもそも〈国〉の軍隊ではありません。中国共産党が一党独裁を維持するための〈武力〉です。しかし今の胡錦濤中国政権が、はたしてどの程度、人民解放軍を掌握できているのかというのが疑問なのです。昨年11月に『キティホーク』が香港への寄港を中国に拒否されたのも、軍部の判断や圧力によってなされたとする説もあります。中国軍の行動が大胆になってきているのは事実ですし、軍が外交の主導権を握るという懸念もないとはいえません。

 ⇒日本の〈防衛力〉って大丈夫? [月刊チャージャー] - Yahoo! JAPAN PR企画

武器が単純に〈悪〉だなどという意見は世界では非常識です。現実に、日本が武器輸出をしないことを評価している国なんてどこにもありません。ただ、武器輸出のライバルが少なくなって喜んでいるだけです。そういう意味では、日本の武器輸出(三)原則=自制政策は独りよがりの思いこみで、税金を無駄遣いしているとも言えるのです。

 ⇒日本の〈防衛力〉って大丈夫? [月刊チャージャー] - Yahoo! JAPAN PR企画

ミサイル防衛は100%じゃないから費用対効果が悪い」などとする一部マスコミの論調がありますが、そもそも人間の造るものに100%なんてあり得ません。軍備というのは抑止力が基本です。弾道ミサイル防衛の費用対効果を論じるなら、パトリオットイージス・システムに代わる別の防衛方法や、あるいは逆に日本も核武装するといった手法でどちらが安く済むという比較対象を挙げて論じなければ意味はありません。

ちょっとだけ

 ⇒奇襲戦法の背後には理論の緻密化がある - アンカテ(Uncategorizable Blog)

 id:amachangという人は、本当に不思議な勉強の仕方をしている。彼がプログラミングについてブログで書いている内容は高度すぎて、私にはついていけない所もあるのだけど、単なる特異な才能として片付けられないことは何となくわかる。

 単純に言えば、短期間ですごく高度なレベルに到達したということだけど、そこに至る順番が滅茶苦茶というかなんというか。

 私はちょっと違う考えを持っていて、amachangさんはけっこう順当にドキュメントにあたってああなったのだろうと思う。彼の実行コンテキストの考えはべたな解説に依存しているので、なるほどねと思ったことがあったから。その点では狂気を感じさせるような独創性みたいのはない(そういうとけなしているみたいだけどそういうことではないです)。ただ、異才だなと思うのは、どうしてそうなんだろと、それを彼なりの解明をしていく過程からいろいろバリエーションを想定してそしてそこから別の発想が出てくる。そのあたりの、一端原理を仮説的に了解したあと、処理系の内部に侵入的に発想する(new演算子の解明とか)、べたにポランニ的な暗黙知のはたらかせかたがある。そこは、すごいもんだねと思う。

 たぶん、普通のプログラマというのは、かなり優秀な人でも、タスクオリエンティッドで、そして次に言語の枠組みの理解というプロセスになる。そして言語というのはタスクオリエンティッドなのでやはりタスクオリエンティッドに収斂してしまう。

 余談だけど、かく言うessaさんも、タスクオリエンティッドな世界から抜け出てCOBOLやりながらSmalltalkに夢見た人なので、近いタイプの人なのではないかな。

ダルフール危機、現状 またスーダン政府による空爆

 VOA⇒VOA News - UNHCR: 12,000 Flee Darfur to Chad after Gov't Air Strike

The United Nations refugee agency says at least 12,000 people from Sudan's Darfur region have fled to neighboring Chad after Sudanese air strikes in West Darfur.

Spokeswoman for the U.N. High Commissioner for Refugees Helene Caux said Sunday the refugees crossed the border after the Sudanese army attacked three towns Friday and Saturday. The agency says it is sending a team to investigate the situation.

 BBC⇒BBC NEWS | Africa | Refugees flee from Darfur to Chad

About 12,000 people have fled western Sudan into neighbouring Chad, with more expected to follow after deadly attacks on Darfur villages, the UN has said.

 AP⇒The Associated Press: UN: 12,000 Flee Darfur for Chad

U.N. officials say the worsening situation in Darfur has been exacerbated by a recent rebel attack on the capital of neighboring Chad. Chad has accused Sudan's President Omar al-Bashir of backing those rebels in a bid to prevent deployment of a European peacekeeping force in the Chad-Sudan border region where some 400,000 refugees are living.

 AFPはスーダン政府空爆を強調。

 AFP⇒AFP: 12,000 refugees flee Darfur for Chad after attacks: UNHCR

GENEVA (AFP) — Heavy bombardment and armed attacks in Darfur by the Sudanese army and the Janjaweed militia on Friday and Saturday have forced 12,000 refugees to flee into eastern Chad, the UN refugee agency said.

The refugees have fled to the Birak region, UN High Commissioner for Refugees spokeswoman Helene Caux told AFP on Sunday.

 なぜかAFPの日本語報道はトーンが弱い(スーダン政府の名指しがない)。

 ⇒ダルフールから1万2000人チャドに避難、UNHCR報告 国際ニュース : AFPBB News

残念ながらそのとおりだよ増田

 ⇒沖縄料理はまずい!

無理矢理食わされたけど、吐きそうになった。

 沖縄で暮らしていて思った。美味しい沖縄料理はとても稀だ。

 沖縄料理に関心あるならこれを読むといいよ⇒「 料理沖縄物語: 本: 古波蔵 保好」

増田

 ⇒微分

英語の発音がなかなか上手くできないが、最初はカタカナ発音にしてだんだんなめらかな発音に微分していけば大丈夫だろう

 どうでしょね。

仮面ライダーキバの秘密

ジェリー・ヤンのこと

 ⇒ヤフー創設者ジェリー・ヤンは土俵際で――フィナンシャル・タイムズ(フィナンシャル・タイムズ) - goo ニュース

 39歳のヤン氏は10歳のとき、母親と一緒に台湾から米国に移住した。父はすでに亡くなっていた。今では結婚して娘がおり、ゴルフ好き。2005年には近くのペブル・ビーチでホール・イン・ワンを決めたことがあって、サンフランシスコバレエ団の後援者だ。

 ヤフーは14年前、スタンフォード大学キャンパスで、「ジェリーのワールドワイドウェブ・ガイド」として始まった。共同創設者のデビッド・ファイロ氏はヤン氏以上に目立つことが嫌いで、「デビッドとジェリーのガイド」という名前を嫌がった。なのでしばらくして思いついた名前が「Yahoo」。「Yet Another Hierarchical Officious Oracle (またもや登場した階層的でお節介な神託)」の略だ。誕生まもないWWWでスタートしたYahooは間もなく、ウエブサイトのディレクトリとして圧倒的な存在となる。そして2人の理工学専攻の院生は、ウエブという新メディアを一般に伝えるガイドとして賞賛された。

 私はごく初期のYahoo!を知っている。今にしてみるとちっぽけなリンクリストだった。確か大学のサーバーだったと思う。そしてヤンのページも覗いていた。というのは、ヤンはHDLというか半導体機能設計の院生で私もあのころまだその関連の仕事の余波があって、へぇと思っていた。

 ヤン、ファイロ両氏を助けて1994年のヤフー誕生を手伝った、シリコンバレーの新興企業「アトリビューター」のジム・ブロックCEOは、2人はほかの起業家とは違っていたと話す。起業家というのは往々にして、自分は富と名声を手にする資格があると自負しているものだが、2人は違ったのだという。

 「自分たちは成功するはずだなんて2人は思っていなかったし、成功してもあんなに変わらなかった起業家を、ほかに知らない」

 学生続けたかったのではないか(学者になりたいのでは)と思っていた。

 余談だが、沖縄にいたころ、アンドリーセンの同級生にあったので、どんな子?と聞いたら、フツーとか言っていた。よく食っている子でもあったらしい。

これは昔から

 ⇒食の安全学再び:食品テロはどうやって防ぐ?:イザ!

中国では、私儲ける人、あなた働く人、という感じで管理職と労働者の間には、壁がある。もちろん、給料の壁も高い。ざっと数百倍からときに1000倍?工場で働く出稼ぎ農民が出世して、工場幹部になるということは聞いたことがないし、工場幹部がラインにでてきて一緒に汗を流す、ということも、あまり聞かない。だから、中国でおきる労働争議は、けっこう激しい。幹部室を占拠して立てこもる、とか、親企業から派遣された社員を人質にとって、賃上げ交渉なんて武闘派の事件もおきている。中国に投資をし、中国をよく知る日系企業の多くは、中国の最大のカントリーリスクが、潜在的な反日感情であることを知っている。この場合の反日感情は、もちろん江沢民政権時代の反日教育も影響あるが、金持ち、リッチマンの象徴としての日本製品、日本人への反感だ。そのため、中国を知る日系企業の中は、希望工程で中国の地方に小学校を建てたり、いろいろ慈善事業もやったりして、一生懸命親日感情を育てようとしているところも多い。

 ただ親日感情だけでもそううまくいくものでもない。

 華人には日本人には正義感のようなものもある。ただ、それもシステマティックに機能するわけでもない。

今日の大手紙社説

 岩国市長選が話題だが、私は自分の意見がうまくまとまらない。

日経社説 迷惑メール規制は実効性を

 総務省は法改正で外国政府とも業者情報を交換できる規定を設ける。子供を犯罪や性被害から守るためにも、取り締まりは強化してほしい。各省庁が自分の持ち場だけを監視しても実効は上がらない。規制の効果を高めるには、関連省庁間はもちろん、外国政府とも一致協力して、悪質な業者を取り締まれる枠組みを早急に作る必要がある。

 それでも実効性はないと思うよ。

読売社説 源氏物語 千年紀を迎えた世界文学の傑作

 執筆子、源氏を読んだことがないのではないか。あれは天皇家を巡る近親相姦の話だよ。紫の死の描写とかネクロフェリアっぽい。森鷗外がこんなもの国民に読ませてはいけないとしたのも頷けるような文学

晴れ

 富士山は霞んで見える。太平洋側に低気圧があり、明日は雨になりそう。

 そういえば今日は月曜日。

 これか⇒極東ブログ: 建国記念の日というのは春節、つまり旧正月なのだ

 夢は、どこかのJRの駅で道に迷って、トイレのようなところに入り込んだら、各種の機材が置いてあり、ここに入るのは有料ですと言われた。お金を取るのですかと聞くと、スイカで支払いができます。一万円ですとのこと。罠にはまったようだし揉めるのもやばそうなのでスイカで支払いする。相手はそれで解放してくれそうだ。が、「ところでこれ領収書は出ますよね」と聞いてみる。相手は少しだけ戸惑い、もちろんですよと答えて、小さなレシートを手渡してくれた。名前も聞いてないのに「私は、はやまようたろうです」と彼は言う。変な名前だな。葉山葉太郎のわけはないだろうにと夢の中の私は考えている。

xenorunxenorun 2008/02/11 10:08 こんにちは。Finalventさんが管理されている「スーダン・ダルフール危機情報wiki」なのですが、
左のバーのリンクがすべて「http://www.netbenrit.com/8598647/」になっています。
検索するとアカウントハック?のページのようなのですが、よくわかりません。
もしかしたら自分だけかもしれないです。

xenorunxenorun 2008/02/11 10:18 あ。触れるっぽいので、直しておきました。

finalventfinalvent 2008/02/11 11:02 xenorunさん、ども。昨日見たときはそうでもなかったので、どうなんでしょ。修正ありがとうございました。あのwikiは脆弱なので、ダメなときはダメだろうなとは思っています。

geselgesel 2008/02/11 11:20 岩国市長選のご意見を期待しています。

finalventfinalvent 2008/02/11 11:37 geselさん、ども。難しいので時をおいて考えたいです。ただ、産経の言っている安全保障というのは嘘ですね。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/11 12:32 有史以来、エログロナンセンスこそ文学の王道。といってみるテスト
>岩国市長選
基地反対派の話題は、期待通りにいかなかった岩国市長選から沖縄の事件へシフトな予感…
http://www.47news.jp/CN/200802/CN2008021101000074.html

finalventfinalvent 2008/02/11 12:53 kinginsunagoさん、ども。困りましたね、沖縄のこれ。

ziomziom 2008/02/11 21:50 > ちょっとだけ
化石プログラマからの突っ込み。インターネットの深遠にプログラミング議論・アルゴリズム議論があるのは知ってゐるのですが、そのどれだけが、ソースコードからアセンブラをイメージできてゐるのか、ちょっと心もとなくなるといふか、その辺の考慮がなされてゐないと、そのページからは興味を失ったりしますね。例へば、新人君なんかは、Java のインターフェースを綺麗に設計して、綺麗にクラスを多数書いてくれちゃったりして、設計上がりの管理職には受けが良かったりするのですが、双方とも、Java のおけるクラスローダーのオーバーヘッドをどれだけ知っているのかしらん。CPUは速くなり、メモリは大容量化するのに、OSの起動時間は、Windows95とVistaが同じといふシュールな状況が続いてゐます。

kaqazkaqaz 2008/02/11 23:32 >沖縄料理
うまいとかまずいとかともかく、私の家では毎食どこかにスパムが入っているのがうざかったです。うまかっちゃんとか。

curefucurefu 2008/02/12 06:25 缶詰ポークの味は、チューリップ>赤いときめき♪ミッドランド>SPAM。異論は認める。それにしてもCMでお婆さんが「ぬちぐすいやさ」と言ってたのには違和感がありました。年寄りがあんなに塩分強いの食べてたら危ない気が。

finalventfinalvent 2008/02/12 08:41 ziomさん、ども。私は古い人なんでよくわかります。でも、たぶんそういう時代ではないのかもという諦め感というか、この産業を取り巻くコストのフレームワークの問題かな、とも。

finalventfinalvent 2008/02/12 08:41 kaqazさん、ども。そう、アーサ汁にも入れるし。

finalventfinalvent 2008/02/12 08:43 curefuさん、ども。個人的にはSPAM(沖縄ホーメル)がけっこう好きです。わしたが一番かな、わったーないちゃーやし、ですね。なんか沖縄のAMラジオ番組が懐かしい。

h-diaryh-diary 2008/02/12 14:34 >岩国市長選
国の札束ビンタで現実主義をなめざるをえなかった、というのが有権者心理で、苦渋だったでしょうね。しかし以前9割が移転反対派なので、この場合は新市長の統率力についての試金石と思います。ぼくに出来るのは、注視くらいですが。この場を借りて、エールも送っときます(念力集中どかーん)。

2008-02-10

増田精神医学対処

 ⇒精神科医の精神分析

結論からかくと、精神科へは行くな!

 で。

で、結局、薬なわけよ。良い精神安定剤は90年代に多く開発されたからね。科学者薬剤師のおかげ。そう、薬剤師さえ居れば、精神科のお医者いらねんじゃねー。

 適切な薬に意味があるんだけど、つうか薬剤師だけじゃなくて。

 というか。

 あれ、精神科というのと、いわゆる一般人が考えているカウンセリングの延長というか分析家みたいのと、本当は違うのな。本当はというのは、なにが本当が微妙なことが多いし、たいていはお薬に収斂しちゃうというのはあるんだけど。

増田的話題

 ⇒変な癖

 あと、あれ、おセックスのときかに以下略。

今日の猫猫先生の疑問

 ⇒小林秀雄を褒めないといけないのか - 猫を償うに猫をもってせよ

名前にこだわったのは、川端康成賞を辞退して谷崎賞を受けた深澤七郎が思いつくくらいだが、小林賞だけは、茂木と橋本のせいか、小林の礼讃者でなければいけないような雰囲気になっている。

 あと、山本七平賞というしょうもないもあるけど。

 茂木と橋本についてはそれほど小林秀雄を読み込んでいないというか、小林の奥義というべき無私の手法がない。茂木と橋本も自分のフレームワークを先にして小林をダシにしているだけなので、小林秀雄読みの人はそれほど気にしてないと思いますよ。

今日の大手紙社説

 特になし。金融危機にG7になんとかせいという論調が多いけど、そういう問題でもないでしょ。

 どうでもいいけど、どこもコソボ問題を扱わないね。

日経春秋 春秋(2/10)

 ちょこっとだけ。

消費が振るわない。そんな声をよそにこの週末、百貨店に女性たちが殺到している。目当ては特設チョコ売り場。バレンタインデー直前の休日には恒例の風景だ。高級ブランドの出店を前に本命、感謝、義理、義務、自分へのご褒美など品定めに余念がない。

 まいどながら「女性たちが殺到している」という視線がちょっとな。

 あと執筆子、チョコの流通とか技術とかあまり知らないっぽい。かく言うわたしもそれほど詳しくないけど、識者に聞いてみてから書けばいいのに。

 あと、ハーシーって慈善団体だったりする。

毎日社説 社説:G7声明 不安解消には迫力不足だ - 毎日jp(毎日新聞)

 スルーでもいんだけど、そもそもG7に期待できることではないというか、すでにG7なんか歴史的に終了していてもおかしくないのに、迫力不足と言われても。

読売社説 一村一品 アフリカに広がる日本発の運動 : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 この社説が悪いとは言わないけど、アフリカの現状を背景にここまで暢気でいられるシュールさ加減になんか狂気を感じるよ。

朝日社説 ハンドボール 対話のパスで対立ほぐせ : asahi.com:朝日新聞社説

 この問題、仔細が重要だし、自分に関心のない領域なんだけど、この問題は広義には対話だけど、基本的にはクエートと欧州の問題。というか、他の競技がどうしているかを考えたらこの朝日みたいなヘンテコな社説にはならない。

朝日社説 東京G7 ドルのメタボに処方なし : asahi.com:朝日新聞社説

 これはこう言っても悪口にはならないでしょう、表題がおバカなので内容もそうかなと思った。まあ、それほどめちゃくちゃでもない。

 一連の世界経済の不調は、突き詰めれば、米国が世界へばらまいてきたバブルがはじけた結果だ。ドルのだぶつき、いわばドルのメタボリックシンドロームを治さないことには、ドルが急落したり、石油や他の資源が高騰したりして、不況とインフレの同時発生という最悪のシナリオに陥る恐れもある。

 この難問を解くことこそG7に与えられた課題だが、今回も先送りされた。世界経済はこれからも綱渡りが続く。

 これはしかしちょっと違うし、締めはそうはいっても朝日さんにも解決策ないでしょ。

 というか、それ以前に。

 「ドル不安」が語られ、中国産油国などの政府系ファンドが欧米の金融機関へ出資する――。米国の低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)から広がった動揺で、国際金融を取り巻く情勢は様変わりした。

 これなんだけど、中国や産油国などの政府系ファンドの動きというのは、本来ならと言っていいか、元の切り上げという動向になるのが自然なのにそれを阻止していることだし、産油国はすでに米国資産と一体化しているというか、ちょっと踏み出すとオイルというのは米軍の世界秩序で成立している。

 別の切り方すると、朝日は中国様の鼻息ふんっのために元の切り上げが言えないわけだ。

 で。

 そんな中で日本は、内需主導の景気底上げに一層の知恵を絞ることが大切だ。円高ドル安は輸出産業を圧迫するが、他方では、上昇してきた輸入物価を押し下げる効果がある。「円」の購買力が高まるのを生かして、内需の盛り上がりにつなぎたい。そのために、企業は春闘で従業員の待遇を改善し、政府も必要な改革を進めなければならない。

 で、これ虻蜂取らず。

 とはいうものの、欧米はインフレ基調、日本はデフレ基調ということで、外貨差は見かけの部分がかなりある。このままだと100円割り込んでも、とくに取ってこなく日本はのんびりとデフレをエンジョイするのだろう、いやこれは悪い冗談なんだけど。

晴れ

 陽の当たるところの雪は今日で粗方解けてしまうのだろう。昨晩の銀世界は美しかった。写真に撮ろうとしたがうまく撮れなかった。

 夢は覚えていたのだが、朝ぼんやり考え事をしているうちに忘れた。

godmothergodmother 2008/02/10 08:46 今日は面白いネタ、沢山お願いしますね。雪で家にこもることになりそうなので。

satohhidesatohhide 2008/02/10 08:55 >結論からかくと、精神科へは行くな!

そう言われても診察受けないと薬もらえないでしょ。薬剤師には診察権ないでしょ。

finalventfinalvent 2008/02/10 09:55 godmotherさん、ども。今日はちょっとやることがあったり、あとで暇作って温泉行こうかなとか。そんな感じ。

finalventfinalvent 2008/02/10 09:56 satohhideさん、ども。ええ、そういう意図のコメントでした。

rice_showerrice_shower 2008/02/10 13:13 精神科医の斉藤環によれば、治療の確か八割は生理学的、即ちは薬の処方。 医者の役目は先ず症状取り除くことで(例えば鬱の患者に坑鬱剤を処方)、外因性、内因性の病はこれで事足りる。
フロイトを起源とする精神分析については、その効果が疑問視(というより概ね否定)されていて、カウンセリングが適応な患者(心因性疾患)は、臨床心理士の所へ行く方が良いとのことでした。

finalventfinalvent 2008/02/10 13:51 rice_showerさん、ども。ええ、それはそうなんですが、実際、自分の精神の危機といったものに向き合ったときの問題としてみると、外的な枠組みとはまた違うものがありそうですよ。

mb101boldmb101bold 2008/02/10 15:05 雪がとけてきましたね。学生の頃からわりと趣味で実存分析学派の人が書く教養書を読んできたのですが、ある時期から、その本から統合失調症関連の記述が少なくなり、純粋に哲学の話になっていったような感じがありました。先の引用されているエントリにもありましたが、それは脳科学とか薬の開発が進んだことがあるのかもな、と思いました。
ただ、おっしゃるように、なんか生活j感覚的には、外因性・内因性と、心因性が明確に分かれるものなのかな、という感じもあり、自分ではよくわからないところでもあります。なんとなく、そのへんは複雑にからみあっている感じもしないではないです。精神医療の最前線を追っているわけではありませんので、あいまいな感じになってしまいますが。
身体性と精神の関係についてのよもやま話、いつも興味深く読ませていただいています。でも、いつもなんか身体性の話は、自分の思考の中ではひるんでしまうところがあるんですよね。なんでだろう。

finalventfinalvent 2008/02/10 20:12 mb101boldさん、ども。ええ、ロナルド・D・レインとかよく読んだものでした。いわゆる米国的なカウンセリングはベトナム戦争後の問題が大きいのではないかなとも思います。現状はどうなっているか難しいですね。ちょっと曖昧になりますが。

2008-02-09

これが問題だと思うのですけどね

 これ⇒asahi.com:インフレが経済成長を鈍化させる可能性=米アトランタ地区連銀総裁 - ロイターニュース - ビジネス

 米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は8日、インフレが経済成長を鈍化させる可能性があるとし、連邦準備理事会(FRB)はインフレに焦点を当てる必要があると強調した。

 当地で講演した同総裁は質疑応答の際、「インフレが好ましいと言うつもりは一切ない」と言明。インフレ期待はしっかりと抑制されており、景気の緩みとともにインフレも緩和する公算が大きいとの見方を示した。

ま、場の問題

 ゲイツとかシュミットとかまあ、50歳くらいの米ビジネスマンの偉いオッサンみるとわかるけど、あれ、ビジネス・カジュアルというのですよ。で、ビジネス・カジュアルをさもカジュアルに着こなすのがポイントだったりします。(露骨にいうと、ホワイトカラーとかに見られない。あるいは、制服に見られないというか、スーツはほぼ制服。)

 ま、場の問題とかでもあるんですけど。

今日の猫猫先生

 ⇒児童ポルノ規正法改悪に反対する - 猫を償うに猫をもってせよ

清岡の場合、当初ははっきりと藝術的目的で撮影していたのが、次第にロリコン向けになっていったという不幸な歴史を持っているが、それにしても、ただ裸であるというだけで「ポルノ」扱いするのが既におかしい。西洋では、「ポルノグラフィー」といえば、男女の交接をあからさまに写したもの、あるいは陰部を広げてみせる女の写真などをさす。西洋諸国から圧力がかかっているというが、日本ではそれらのものは大人でも依然として非合法である。

 デヴィッド・ハミルトンとかはまあ、そう。

 で、先生のご示唆なんだが、ちょっと話が違っていそう。つまり、あれは「ポルノグラフィー」の範疇ではなくて、禁忌になっている。

 むしろ、「ポルノグラフィー」はOKというか愚行権で正当。

 幼児の場合、innocenceというか関連するのでは。というか、大人はsinでもおkみたいな。

 なので。

まったく、これではピューリタン社会だ。

 は、そうかも。

 現実的にはこういう問題の文脈⇒Japan.internet.com Webビジネス - 児童をポルノ被害から守れ、ICMEC が新キャンペーン

ありがちな増田

 ⇒浮気をされた

そういうわけで、次浮気されたときのために復讐の手段を日夜考える毎日。完全にベクトル間違ってんな。

 間違ってますね。

意外と簡単増田

 ⇒カミングアウト

世間的にはこういう場合どうなるんでしょうね。

 性の問題には無理はきかないので、ノンケはノンケ、という前提での展開しかないので、あとは友愛というかそういう方向がどうなるかということ。ま、人生なんで、ノンケがゎぁ〜という展開もゼロとはいわなけぢ、幸い、こういう部分は30代にけっこう心が成長しますってば。

増田的よくある述懐

 ⇒死にたくて仕方ない

 で⇒http://anond.hatelabo.jp/20080209063533

年をとるとだんだん死にたいと思わなくなる

 これは微妙なんだよね。

 「死にたい」いう気分の変動に慣れるというのと、結果的に、「あれぇ、俺、ずるずる生きているよ」という他律感というか、命は授かったものみたいな実感がある。このあたりは、ずるずる生きてみたいとわかんないことっていうか。

 あと、35歳過ぎるとき春樹のプールサイダー的な思いはあるのと、さらに50歳になると、ああ、まじ人生オワタ!感があるのだけど、これは開放感もあるのな。

 過ぎ去ってしまった人生は過ぎ去ってしまって、別に成功もモテもカネも、みんな終わるわけね。

 というか、成功もモテもカネも若い人にとってみると未来だし、そしてそれを杖にしてさらに未来を見たいと思うのだろうけど、そういう根底にあるのは未来の不安。で、そうした未来の不安の余計なところが、50年も生きるとガベージコレクションなわけ。

 ただ、歳を取ると、奇妙にやけくそになる衝動みたいのはあって、そのあたりが、すでに私の上の世代は開花させちゃっていることもあって、まずい。

 ちんこも勃たないオヤジとか、鏡見ろよババアとかが、ある種のピュアな情熱みたいのを抱きかねない。これって、外側から見ると、歳って醜いなんだけど、どうも内側から見るとちょっと違うというかけっこう違う。

 たいていの場合、このヘンテコ情熱はピュアとはいってもイカレているわけだけど、そうとばかりも言えない部分もあるというか、そこはとても難しいよ。

 人がこの世に残せるものは、愛だけ、たぶん、きっと。っていうか、残して死んだ人のことを思う。

まそんなかんじ

 香織丹⇒食の安全学再び:そろそろはじけるのか?:イザ!

かりに動きがあっても、おそらく一報は新華社だろうし。いずれにしろ、予定稿、予定稿っと。

 この問題なんだけど、また香織丹の予想方向とは違って、私はお蔵行きに昼飯分、と。

今日の大手紙社説

 特になし。教育における君が代とか日の丸とかけっこうどうでもいい(教育は私的なセクター)問題に熱くなれるこの平和ボケ感がよろしいようなという感じはする。というか、問題のための問題っていうのはもうどうでもいいよ。

日経社説 企業は収益の鈍化を改革への危機感に

 そりゃねと思って読むと。

 進むべき方向性ははっきりしている。まず、比較的高い成長力を維持しているアジアなど新興市場テコ入れである。トヨタ自動車の10―12月期の業績を見れば、その重要性は明白だ。国内や米国での販売低迷をアジアや中東での大幅な販売増で克服して全体の利益を伸ばす収益構造が一段と鮮明になった。

 うーむ、それは違うのでは。

 日本の工業製品ハイクオリティなんでアジア向けはちょっと違う。そのあたり、インド自動車産業とかよく見渡したほうがよいよ。

産経社説 【主張】君が代訴訟 徹底指導を妨げる判決だ - MSN産経ニュース

 これはこれで朝日とは逆の方向向いているだけで、法理の無理解は同じ。

読売社説 空港外資規制 安全保障上の歯止めが必要だ

 今頃? のわりによくわからない話。

 要員不足で搭乗手続きに長い行列ができ、清掃も行き届かなくなるなど、サービス低下が問題になっている。防疫やテロ対策までおざなりにされかねない、と懸念する声も出てきた。空港への外資参入を無制限に認めれば、日本でもこんな事態が起きかねない。

 レトリックが過ぎるような。

 この問題はただ原則論だと思うけど。

朝日社説 君が代判決―都教委は目を覚ませ : asahi.com:朝日新聞社説

 地裁なんでというのが一点。すでに控訴では。あと、今回の判決は朝日が喜ぶような種類のものではなかったように思うが。

 私たちはこれまで社説で、「処分をしてまで国歌国旗を強制するのは行き過ぎだ」と主張してきた。様々な歴史を背負っている日の丸君が代を国旗・国歌として定着させるには、自然なかたちで進めるのが望ましいと考えるからだ。

 今回の判決は都教委の強制ぶりを戒めたもので、評価したい。

 でも⇒asahi.com:「君が代で起立せず」不採用の元教諭勝訴 「裁量逸脱」 - 社会

 一方で中西裁判長は、君が代斉唱時に起立を命じた職務命令は、憲法が保障する「思想及び良心の自由」に反せず合憲だと指摘。起立しなかった教師の処分を含め、都教委が国歌・国旗の取り扱いを定めた03年の通達についても、「教育は不当な支配に服しない」とした旧教育基本法に違反しないとの判断を示した。

 その上で判決は、職務命令違反を理由に不採用とした都教委の判断について「元教諭らは積極的に式典の進行を妨害したのではなく、起立しなかったこと自体がただちに採用を否定するほどの行為というのは疑問だ」と述べた。

 ということで今回の裁判の論点は、「採用を否定するほどの行為」ではないということ。

 なので、社説の論旨はちょっと話が違うように思う。

 ま、私は君が代とか日の丸の問題には関心ないので、ただ、法理としてということだけ。

朝日社説 道路と自治体―分権の視点はどこに : asahi.com:朝日新聞社説

 そう考えれば、自治体側が訴えるべきことは明らかだろう。中央が握っているいまの道路財源を大胆に地方へ移す。そして、道路にしか使えないという特定財源の仕組みを廃止し、何にでも使える一般財源にすることだ。

 10年で59兆円もの巨費を道路に投入する政府の計画が妥当なのかどうか、地域住民の視点から問い直すのだ。

 道路財源だけの問題ではないというか、この発想はあまり道路の財源の議論としては適切ではないような気はする。特に反論というわけではないが、朝日のこれがソリューションとも思えない。

 鉄は国家なりではないが、自動車は国家だったし。

ログイン、曇り

 午後からは雪らしい。夢は忘れた。ぼんやりといろいろ思う。

rice_showerrice_shower 2008/02/09 10:05 >お蔵行きに昼飯分
なら私は香織丹にギョーザ一皿。
お蔵行きにするつもりなら、警察が入ったこと自体を隠すでしょうから。 但し、為される警察発表が真実か、と言えばそれはもう闇の中。 あ、これをお蔵行きと言うのかな?

finalventfinalvent 2008/02/09 10:23 rice_showerさん、ども。ええ、そんあ意味合い。ま、春節後ヲチなんだけど、日本はあまり中国バッシングにならなそう。すると、あとは日本への貿易の問題。一番困っているのは日本の商社とか製造業者、なのでそのあたりのかけひき中なのでは。いずれにせよ、国家レベルには登らない感じっていうか、すでに対米国ではそうだし。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/09 10:55 君が代の件は不採用が問題になったということですかね。すると過去の不服従を理由とするパージが認められるかの問題になるのかな。純粋に法理の面から言うと、公的機関の場合、採用前の思想信条による差別は基本的には裁量逸脱ということになるところでしょうね。普通、面接項目をポイント化したりして情報開示に備えたりするものなんですが、タカをくくってたのかな。かなりお粗末というか。

himorogihimorogi 2008/02/09 11:39 >清岡の場合、当初ははっきりと藝術的目的で撮影していたのが

えー? 同性愛者で有名だったような。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/09 11:39 >君が代問題
こんな法廷闘争をやればやるほど法による縛りが強化される訳で…というかネタ元が定年後の再雇用問題というのに時代を(苦笑

himorogihimorogi 2008/02/09 11:41 >日本はあまり中国バッシングにならなそう。

長年日中友好やってた小企業から、経済原理優先の大企業、汎アジアな右翼、レッドシフトな左翼と日中間の紐帯は片側4車線くらいありますから。

mtfyfmtfyf 2008/02/09 12:00 そういえば昔オークションに文部省推薦の教育映画のビデオを、小学校の先生に落札してもらって生徒に見せてくれればいいなとか思って、出品したことがあるんですが、何故か入札者の評価履歴を見ると危ない人ばかりなんですよ(笑)。結局高額落札されたんですが、落札者に何故あなたみたいな人が落札するのかとたずねたところ(笑)、男の子が裸で遊んでいるシーンがあるからとのこと。うーん、教育映画も迂闊に出品できないなと考えさせられたことがあります。

rice_showerrice_shower 2008/02/09 12:38 >finalventさん、
アメリカのCHINA FREE!って、まだ続いているんですかね。 アメリカの場合、日本の中国バッシングのような“ここぞとばかりの情緒的な感じ”が無くて、プラグマティックで、どこか笑える、ライトな印象を受けたのは、私だけでしょうか。

>himorogiさん、
最初は友好商社で、その次は半導体ヴェンチャー中企業だったが、経済原理優先の大手企業と中国をつなぐ仕事が多かった。 そして今は大川周明にご執心で、三車線を蛇行して来た私ですが、中国に本来的な意味でレッドな連中ってもう居ませんけど。
中国が経済において、はっきりと社会主義をかなぐり捨てた90年代後半、中国の友人に「今の中国を見て、天国でマルクスが嘆いているぞ」と私が言うと、「その代わり今の日本を見て喜んでるよ」と返され、大受けしたのを想い出した。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:24 nomurayamansukeさん、ども。仔細がわからないのですが、これ(雇用関係)は都がまずいでしょうね。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:25 kinginsunagoさん、ども。この分野よくわからないです。熱気はあるのでしょうね。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:26 himorogiさん、ども。構図がよくわかんないけど、日中、現場ではどっちも引くに引けないでしょうね。引いちゃったほうが後のためっぽいけど。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:26 mtfyfさん、ども。そのあたりいろいろありそうなんですよね。いやその。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:27 rice_showerさん、ども。米国ではとりあえず諦めですね。クリスマスのときの玩具まわりが酷かったですが。それとあっちに書いたけど、薬品。

kinghuradancekinghuradance 2008/02/09 21:36 一時期増田で「どうして浮気をしてはいけないのか。二股をかけてはいけないのか」という議論が流行っていたように記憶しているのですが、要するに浮気をされた方は今回終風先生が引用した増田の人のエントリーに書いてあるように激しく傷つくことになるからだ、と思うのです。
そこら辺が実際に自分自身が浮気される立場にならないと理解できないというのは、想像力の欠如というか、前頭連合野の機能の低下とか、そういうことを思ってしまいます。

>人がこの世に残せるものは、愛だけ、たぶん、きっと。っていうか、残して死んだ人のことを思う。

生き残ってしまっている人間にできることは死んだ人間のことをきちんと弔うこと、その人のことを忘れないことだということを切実に思います。。。

finalventfinalvent 2008/02/10 08:10 kinghuradanceさん、ども。kinghuradanceさんなので、この問題、ちょっと踏み込んで言ってみます。浮気というのはある種結果論のラベリングなんだろと思うのです。そして、8割方は浮気に慣れた人あるいはそういう素質を持った人たちの自然的な行為であって、それは人類種に組み込まれた一定のなんというか経済学的なバランスととる行動なんだろうと思います。で、あと2割というか1割というか、そこには、必然みたいなのもあるように思います。つまりそれはそうあるべきプロセスだったというか。浮気を肯定しているということではなく、それは結果的にはそう見られてもしかたないというか。この問題はだから最初に倫理はないというか、あるいはあってもそれとはちょっと違うなにかがあると思います。それと死者の弔いは、ええそうだと思います。ただ、これも個と共同性のなかで分けて考えるべきこともあるかと。というのは、弔いは恐らく共同性の問題が大きいのでしょう。

2008-02-08

ブログサバト

 ああ、金曜日。

 平安あれ。

 

 余談だが、世の中、わかりやすさというのが求められているように思う。ま、今に限ったことではないけど。そしてそれがいい悪いということでもない。

 ただ、ある種の問題は本質的に難しい。

 そして、そうした問題は、ある種の簡単さにリダクトしてはいけない部分がある。

 およそ、出版なんてものは、人口の5%で維持されると思っている(古典はさらに細く維持される)。統計的にということではないが。昔村上春樹は読者は10万人くらいと想定していた。ノルウェーの森で膨れた。そのことが彼にかなりダメージを与えた。そこを乗り切るかどうかが作家の本質に関わる事態になり、というか、日本を飛び出した。云々。

 ブログもちょっと似たことが言える。

 どう言えるかは少し難しい。これは、本質的な難しさというのではなく、表現しづらい。

 本質的な困難さというか悪魔とでもいうか、そういうものに魅了されている存在というか、ま、比喩を弄するのもなんだが、そういう部分の本性的な力と文章というのは、文章自体がその力との本源的な親和性があり、さらに話を難しくする。

 ま、よくわからんが。

 ブログの難しさの荒野が見えるとき、その先があるということだ。

鹿が食を求め、欲する処に赴くよう、

聡明な人は、自立自由を目指している。

修行者たるもの、犀の角の如く独り歩め。

ある意味、事件でもあるんだろうけど

 ⇒404 Blog Not Found:Yahooニュースにも配信開始

 ま、どっかでビジネス展開にしたほうがいいと思う。

ちと先のこと

 ⇒BBC NEWS | Technology | BBC iPlayer to hit Macs in 2008

The BBC will launch a download version of its iPlayer online video service for Apple Mac users by the end of 2008.

べたなギャグのようなニュース

 ⇒Oddly Enough | Africa - Reuters.com

JERUSALEM (Reuters) - A drug used to treat impotence could help Israeli fighter pilots operate at high altitude, the Israeli military's official magazine reported in its latest issue.

増田に釣られる

 この話題はなんというかだけど⇒なんだ、hashigotanがただの人になっちゃったよ。

 彼女の最新のエントリ、「働く事…」で、彼女が死んだ事を悟った。

 それは違うよ。

今日の増田

 ⇒欧米でで暮らすと気づくこと

自分は黄色人種

 ま、そうかな。

 米国リベラルな人やヨーロッパ知識人とかはまあ、そのあたりのこなしは上手。

 あ、そうでもないのは。

 途上国官僚

 ま、この手の話はいろいろあるんですけど。

 ついでに⇒

アメリカ日系人って何にも文化を生み出さないね

日本の将来の姿だから目を逸らさず見ておこう

 それは違うのだけど、なかなかうまく言えない。しいていうと、日本人への敬意を生み出したと言いたい、いわゆるマナー以上に。

冗談なんかブログで通じませんよ

 香織丹⇒食の安全学再び:日本政府調査団の説明きいてみる??:イザ!

ただ、警察も政治的理由に左右されてしまう国なので、ひょっとしたら、真犯人はすでにヤミに葬られているかもしれません。この最後の2行は、冗談ですからね。え、冗談に聞こえない?冗談ですよ。最近は、いちいち冗談だといわないと、真に受けてクレームつけてくる人もいるので、記者ブロガーはつらいよ。

 あー、通じているブロガーもいます(ここに)。

今日の大手紙社説

 気分のせいかまるで関心なし。相撲の話や餃子の話も特に関心を引かない。と書いてみて、相撲の話だが、いじめの体質というかこういう陰湿性から暴力に至るのは戦中の軍隊もだし、日本社会のあちこちにある。日本人特有かというとそうでもない、human natureというものではないかな。

晴れ

 春節のころの冬らしい日。少し霞んでいるものの富士山が美しい。雪の陰影がもたらすあの偉容は珍しい山なのではないかなとあらためて思う。

 夢は、私が高校の受験をしているというもの。会場までなぜか自転車で行く。自分が何歳かわからない。他の生徒のリアクションだと今の年齢ではないのだろう。学校は木造で古く、いろいろ古い時代のものが置いてあり、懐かしい感じがしている。

 目覚めてからぼんやりしていると、ある階段のビジョンが浮かぶ。明るい博物館の簡易な階段。それがどこなのかよくわからない。大学とも違う。ホテルだろうか。

kinginsunagokinginsunago 2008/02/08 08:40 >最近は、いちいち冗談だといわないと、真に受けてクレームつけてくる人
今やジョークや皮肉も一々注釈付きで解説しないといけない世知辛い世の中(苦笑

TheIneleganceTheInelegance 2008/02/08 10:21 かといって俺達だけにはわかるギルドや階層差を明確にする社会もゴニョゴニョ

part_of_gorgonapart_of_gorgona 2008/02/08 14:36 同じ日本語でも世代や性別や社会階層や住所によって違う意味に解釈するようわれわれはマスコミに思考をコントロールされているという事実を認めるべきではないでしょうか。同じ日本語でも、16歳の大学受験生と22歳の女子大生と50歳の評論家では全然違う意味に解釈しておりますし、文章になったらなおさらです。特にこのブログのようにあいまいな書き方をしている記事は若い人には趣旨がつかめず、「よく分からないが何か高尚なことを示唆している」という程度にしか受け取っていません。それと某chのようなものでも、大人からすればただのブラックネタの集まりにしか見えないでしょうが、学校を出たばかりの若者には悪の巣のようにしかみえません。まあ、とにかく、国民全員が一意に解釈できる文を書くのは難しいというか不可能になっていると言うことです。

castlecastle 2008/02/09 05:49 2月5日で書かれている、ユダヤ・タルムードの記事がまずいことを言ってるというのは、あれって何だったのですか? よくわからなかったのですがなんとなく気になったもので。

finalventfinalvent 2008/02/09 09:19 kinginsunagoさん、ども。なんとかならないものかと思うけど、どうにもならないのでしょうね。

finalventfinalvent 2008/02/09 09:20 TheIneleganceさん、ども。まあ、それはそうかな。ちなみにこの日記は過去ログが膨大になっているけど、それなりに過程があるので、そこを見るとわかることは多いのだろうけど、過去ログは読まれないの法則。

finalventfinalvent 2008/02/09 09:22 part_of_gorgonaさん、ども。私は曖昧に書いているつもりはないんですよ。またここは基本的に雑メモですし、不要な誤解は避けるほうがいいかなというと、めんどくさい話は省略という感じだけです。ただ、どう受け止められてもいいけど、みなさんの受け止め方を私が是認しているわけではないです。

finalventfinalvent 2008/02/09 09:23 castleさん、ども。特定宗教の優位性みたいな議論は公的な言説空間では普通しないのと、民族概念と結びついた宗教はそのあたり控えるべきです。さらにそれがユダヤ人となるとその「選民思想」的な誤解を広めるような言説は普通は慎まれています、と思います。

2008-02-07

これね、比喩であってテレパシーっつうわけではないというか

 ⇒'Telepathic' Genes Recognize Similarities In Each Other

ScienceDaily (Jan. 26, 2008) — Genes have the ability to recognise similarities in each other from a distance, without any proteins or other biological molecules aiding the process, according to new research. This discovery could explain how similar genes find each other and group together in order to perform key processes involved in the evolution of species.

 AbstractDNA Double Helices Recognize Mutual Sequence Homology in a Protein Free Environment

 ⇒DNA Double Helices Recognize Mutual Sequence Homology in a Protein Free Environment

Much work remains to be done before we know the mechanism of the recognition observed in the present study and whether this recognition plays any role within the complex cellular environment, but the possibilities are intriguing. Here, our primary goal was to demonstrate homology recognition in a concentrated mixture of two fragments with the same base pair composition and length but different sequences by using physical experiments in a pure electrolytic solution. We hope that this report will catalyze more detailed studies with DNA sequences of different length and nucleotide composition in different environments.

ソフトウェアの欠陥はなぜ無くならないのか

 仕様を一般のかたに理解してもらうためのコミュニケーション技術が足りないから。

ごくあたりまえ過ぎてBBCくらいしか報道しないかもしれないニュース

 ⇒BBC NEWS | Health | Obesity 'may be largely genetic'

Becoming overweight as a child is more likely to be the result of your genes than your lifestyle, claims a study.

University College London researchers examined more than 5,000 pairs of identical and non-identical twins.

 

Their American Journal of Clinical Nutrition study found that differences in body mass index and waist size were 77% governed by genes.

今日の大手紙社説

 特になし。スーパーチューズデーとか、昔は話題にもならなかったのに。そしてこの時点でそれほど日本が話題にすることでもないのに。

日経春秋 春秋(2/7)

伊勢神宮の参拝客に合わせ、内宮前の本店を開いたのは日の出前の午前5時。その時点で寒空に300人以上が列を作り、開店すると拍手も起きたそうだ。石屋製菓も昨年11月22日の販売再開以来、1日50万枚のフル生産をしてなお追いつかぬ売れ行きという。げに神様ならぬお客様とはありがたいものだ。

 というか、メディアの馬鹿騒ぎに対する現地の不信感がありそうな感じがするけど。

日経社説 食品再編も止めた中毒事件

 今回の事件では殺虫剤の混入経路がまだ解明されていないが、食品調達が国際化した時代の安全管理という新たな課題は浮き彫りになった。日本冷凍食品協会によれば、2006年の冷凍食品消費量に占める輸入の割合は約43%に及ぶ。輸入の5割強が中国からである。

 食品調達の国際的なネットワークは今後も広がるだろう。問題は安全や品質を確保することだ。国内外の農家と契約して食材を調達する食品会社もある。生産、加工、流通の各段階で安全性を監視し、管理する体制の構築が求められている。

 それもだけど、中国固有の問題も大きい。

 今回の問題、地方の勢力と北京側の問題の構図もある。

日経社説 これは米国の政治が変わる前兆なのか

 表題に、え?とか思いましたよ。

 中道路線のマケイン氏の勢いが続くとすれば、従来の赤い州の内部で何らかの変化が起きているのかもしれない。それを見極めるには、もう少し時間がかかる。

 参考⇒極東ブログ: ブッシュ2・0

 ブッシュは意外というか、リザルトで見るとバランス感覚があるんですよ。なにもブッシュ贔屓したいわけじゃなくて、リザルトで見ると、移民問題とか貿易問題とかシリア問題とか。あと意外とイラン問題とかイスラエル問題とかも結果的に抑制的。

産経社説 【主張】空港外資規制 安全保障の議論が重要だ - MSN産経ニュース

 あれ昔の産経らしいご意見が。

 最近産経のトーンが変わってどうしたのかと思ったが、昔のメロディーも奏でますみたいな。というか、ふと思ったが、この問題、朝日は扱ってないような。

朝日社説 米大統領選―元気な民主、混迷の共和 : asahi.com:朝日新聞社説

 天王山を過ぎても、なかなか決着がつかない。

 ラジオを聞いても「天王山」がよく出てくる。

 それはさておき、けっこうどうでもいいというかまだどうでもいいのだけど、あれだな、民主党はヒラリーだと土壇場で負けるという感じはあるんだろうな。ケリーのときもあれだけ工作やってこけたし。

 マケインがまたかという感じもあるが、これ、ブッシュの対イラク政策の好感が背景にある。そのあたりを朝日はどうしても書けないよね。

 ヒラリーが出ると共和党に目が出る。でも、たぶん、米国民のことだから、救世主オバマになりかね。ざっくりとオバマを見ているとけっこう優秀な人なんだが、大統領というのは組織というかコネを使わないといけないし、ユナイテッド・ステーツ・オブ・テキサスみたいなものをどうするかなのだが、演説見ていると口調にそのあたりはちょっと滲んでいるっぽい。

朝日社説 消費者行政―霞が関を再編する覚悟で : asahi.com:朝日新聞社説

 それもだけど今回の事件で、中国と付き合うのはむずかしいもんだよというのが庶民レベルでわかったほうがいいかもしれない。文春・新潮など週刊誌を見たら、呆れた気違い騒ぎの様相だった。少しずつ慣れるのと、べたな科学知識を持つべきなのだろうが、べたな科学知識というのは普通に中学生レベルの科学でいいようにも思うが。

晴れ

 朝の喧噪で目覚め、しばらくぼっと音楽など聴き、夢を忘れる。ついでに外に出てぼうっとしてるとメジロがいた。メジロ、何やってんのと聞くとうるさいと言ってあちっちに行く、わりにこちらをちらちら見ている。山茶花の花蜜を吸っているようだ。スィーツってやつですかねと聞くと黙って消えてしまった。というか、恋人がいるようだというか、奥さんかね。春だな。

 週末かと思った低気圧が抜けていた。このころ低気圧の動きが予想より一日くらい早い。今年はよく冷えたので、桜の開花も早いだろう。そういうえば沖縄の桜ももう旬はすぎたか。今年はなんとなくタンカン食いたいな。

himorogihimorogi 2008/02/07 12:27 >ソフトウェアの欠陥はなぜ無くならないのか

人間のやることに過誤は付き物、という視点が欠落してる昨今の風潮の方がむしろ問題のような。ゼロディフェクトカルト主義。

rice_showerrice_shower 2008/02/07 12:30 >ブッシュは意外というか、リザルトで見るとバランス感覚があるんですよ
チェイニーのリアリズム、プラグマティズムの結果、と感じます。
さて、オバマが勝った場合ですが、副大統領候補次第で本選の地滑り的勝利も有るような予感。  本来なら(イラク政策の対立が無ければですが)、マケインさんあたり、理想的だったかも。(前回ケリーさんは同氏を閣僚候補に、と画策したとか、しなかったとか) 

私は四年後、共和党がライス女史でリベンジってのを楽しみにしています。

himorogihimorogi 2008/02/07 14:24 >【原因と対策】マクロのミスで売上集計がデタラメに、経営陣の指摘で発覚
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080205/293017/

組み込み分野でも同じだけど、プログラム組む(に十分な能力という意味での)資格持たない人間が、いいかげんな環境で、行き当たりばったりに作らされてるという状況も問題のような。

finalventfinalvent 2008/02/07 16:03 himorogiさん、ども。ある意味、ソフトの敷居が昔より低いような気がしますね。Excelかよとか思うけど、Excelって強力だし。

finalventfinalvent 2008/02/07 16:05 rice_showerさん、ども。オバマがlandslide victory (overというのはありえるかもですが、なんだかカーター時代の悪夢のようでもあり、こういうこと思うとき、ありゃ俺は年取ったなとか思います。っていうか、オバマ、私より若いし。

himorogihimorogi 2008/02/07 16:23 Excel ってワークシート関数だけでも結構強力なのに、その振る舞いをちゃんと理解して使われているのかどうか。結構いやんな前提(制約)条件があったりするのに、そこ知らずに使われてたりするのをよく見ます。で、それがつまり、

>仕様を一般のかたに理解してもらうためのコミュニケーション技術が足りないから。

プログラミングの敷居を下げちゃうことと相まって、より一層悲惨な結果に。

2008-02-06

本気で間食するならコレ。生産性をあげる20の食べ物

  1. 豆大福
  2. 草大福
  3. 塩大福
  4. 栗大福
  5. 梅大福
  6. 苺大福
  7. 巨峰大福
  8. ブルーベリー大福
  9. メロン大福
  10. オレンジ大福
  11. ピーチ大福
  12. 月見大福
  13. 雪見だいふく
  14. 三角大福
  15. モンブラン大福
  16. チョコ大福
  17. カフェオレ大福
  18. プリン大福
  19. ティラミス大福
  20. しあわせだいふく

 inspired by らばQ : 間食するならコレ。生産性をあげる20の食べ物

 余談ですが、「アマの種」って、亜麻仁っていうんですよ。

これはひどい

 これはひどい⇒Tainted Drugs Tied to Maker of Abortion Pill - New York Times

A huge state-owned Chinese pharmaceutical company that exports to dozens of countries, including the United States, is at the center of a nationwide drug scandal after nearly 200 Chinese cancer patients were paralyzed or otherwise harmed last summer by contaminated leukemia drugs.

 

Chinese drug regulators have accused the manufacturer of the tainted drugs of a cover-up and have closed the factory that produced them. In December, China’s Food and Drug Administration said that the Shanghai police had begun a criminal investigation and that two officials, including the head of the plant, had been detained.

 

The drug maker, Shanghai Hualian, is the sole supplier to the United States of the abortion pill, mifepristone, known as RU-486. It is made at a factory different from the one that produced the tainted cancer drugs, about an hour’s drive away.

 ⇒Maker of Abortion Drug Made Tainted Leukemia Pills Causing Paralysis

 備忘とNYTの孫引き記事なので全文引用します。

 ⇒中国製の薬品にも懸念 米紙報道 - MSN産経ニュース

 31日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、中国上海の国営薬品会社のがん治療薬が原因で中国国内で薬害被害が深刻になっていることを伝え、同じ会社から米国が経口中絶薬を輸入しているとして懸念を指摘した。

 同紙によると、米食品医薬品局(FDA)と中国の衛生行政当局は、中国での薬害と輸入経口中絶薬とは無関係としているが、米国の消費者保護団体の専門家は「同じ企業の工場はすべて検査されるべきだ」としており、米国で中国製品に対する不信が再燃しそうだ。

 同紙によると、薬害は白血病患者に投与された抗がん剤が原因。2種類の薬を飲んだ患者計200人近くが相次いで下半身のまひなどを訴え、両方の薬に製造過程で別のがん治療薬が混入した結果の副作用と判明した。

 米国が輸入している中絶薬は別の工場で生産されたというが、同紙は中国製薬品で死者が出た例があることや米薬品会社の中国製の薬品成分に対する不信感を紹介している。(共同)

NHKクローズアップ現代 ソフトウエア危機〜誤作動相次ぐハイテク製品〜見たよ

 ⇒ソフトウエア危機〜誤作動相次ぐハイテク製品〜 : クローズアップ現代 放送記録

 扉が開いたまま上昇し始めたエレベーター。突然2万トンの水を放流したダム。メールの作成中に電源が切れる携帯電話。今、組み込まれているコンピューター・ソフトの欠陥で機械がトラブルを起こすケースが相次いでいる。経済産業省の調査では今や製品の不具合の最大の原因がソフトの欠陥であることが判明。トラブル多発の背景には、電子機器の高機能化によってソフトの分量が急増したこと、そして開発を担う技術者の不足があるといわれる。

 電子化が急速に進む自動車業界では、高性能で競争力のあるソフトを作り上げるため、競合メーカーがソフトの一部を共同で開発し始めた。"ソフトウエア危機"をどう乗り越えるのか。浮き彫りになった課題を検証する。

 つうわけで、「ソフトの分量が急増したこと、そして開発を担う技術者の不足」という結論でした。

 ほんまいかな、とか思った。まあ、間違いではないんでしょうけど。違うと言えば違うのだけど、NHKわかってないんでしょうか。

 ちなみに、これ見た人から、ソフトって「何十万行って、行(ぎょう)で数えるもん?」とか聞かれた。素人はこれだから、困る。

 

あたりまえだろ、

ソフトは行数で見積もりするんだよ!!!

酒は百薬の長

 ⇒「酒は百薬の長」ってホント? | エキサイトニュース

 「お酒はほどほどにね」なんてことを、30歳もすぎたというのに、いまだ親に注意されている私。そんなときは「大丈夫だよ。酒は百薬の長っていうし」なんて軽く返しているのだが、実は言っている自分も半信半疑。本当にお酒って百薬の長なの??

 もともと「酒は百薬の長」とは、中国の『漢書』に出てきた言葉。今から約2000年も前に書かれたものに、なにか科学的根拠があるとは想像しづらい……。

 ま、どうでもいいんだが。

 漢書は。

夫鹽食肴之將、酒百薬之長、嘉會之好。鐵田農之本、名山大澤、饒衍之臧。

 

夫れ鹽は食肴の将、酒は百薬の長、嘉會の好なり。鐵は田農の本、名山大澤は饒衍の臧なり。

 で。

 塩は將、酒は長、ということで、そして、嘉會の好となる。

 ので、これは、宴会料理なら、塩味を上手に効かせ、酒をそれに合わせるリーダー(長)とするが、好、という意味。

 あまりそういうふうに素直に解釈する人はいないみたいなんですがね。

これよい - オーガズムと男女生み分けの関係へのオヤジ的言及

 いやごくネタで⇒404 Blog Not Found:これひど - オーガズムと男女生み分けの関係

助産士が教えてくれた「男女の産み分け方」 - Attribute=51

  姉御「セックスの時に女がイクと男の子が生まれて、女がイかないと女の子

  が生まれるのよ」

はっきり言おう。迷惑な迷信だ、と。

 最初にべたに言うとそんなバカほっとけとか思うけど、それが弾さんのよいところなのでしょう。

 そしてこれも弾さんのよいところではあるのだけど。

あまりに黒い話題なので皆大声で言いませんが、中国韓国の男女比率が狂っている原因がこれであることはよく知られています。日本では逆に、出生における男子比率がわずかに下がっていますが、「逆中韓」を指摘する方もいらっしゃいます。

 これは韓国では歴史的な経緯もあり政策的な是正がありました。という意味で本質的に過去の問題。

 中国での問題は国際的に注視されています。こちらはけっこう現在の問題。

 混ぜないほうがいい。

 ま、そのあたりをきちんと誰かフォローするといいんだけど、真面目なネタはあまりPVは取れない? でも、きっちりべたな啓蒙系はぶくまは稼げる傾向にある。

 オレ、書く? うーむ。

 ちと関連⇒胎児性鑑別禁止医療法、改善すべきか | Japanese JoongAngIlbo | 中央日報

 おやこんな資料が⇒医療法

今日の大手紙社説

 公務員改革のネタが毎日や日経にあったが、よくわからない。できっこないでしょくらいにしか思わない。日本人のかなりが右派左派ともに官僚組織の利権の末端にある。

日経春秋 春秋(2/6)

 「昭和はるかなり」という表現がちょっと日本語っぽくない感じはする。ここは明治は遠くなりにけりの三鬼草田男的な感じでよいのか。<

 個人的には大正生まれのかたが少なくなり、昭和の総体を相対化できる人がすくなくなった感じがする。

 余談だが。

 こういう話はsvnseedsさんが書かれるとよいものだと思った。私が書くと変なとばっちりがくる。

 ⇒■[本]最近読んだ本 その1 昭和天皇編(2) : 2008-02-01 - svnseeds’ ghoti!

 よいリストですよ。

 ただ、歴史学的する感じはしないでもない。

 参考⇒極東ブログ: [書評]「昭和東京ものがたり2」(山本七平)

 昭和史を生きた庶民の感覚みたいのから学ぶことは大きい。ただ、また、山本七平というだけで、変なリアクションがありそうだけど。

 

追記

 ついでに⇒「 遥かなり昭和―父子二代の天皇理髪師: 本: 大場 栄一」

日経社説 AUは紛争解決へ意志示せ

 この問題を取り上げただけよしとしたいのだが、内容が微妙すぎ。

 まず、中国様とアフリカの問題に触れないのはお作法というところでしょうか。ただ、そこに触れないと欧米の議論は伝わらない。

 会議に出席したリビアの最高指導者カダフィ大佐はAUの紛争解決機能を強化すべきだと強調した。大佐には独特の政治的思惑があるのかもしれないが、その主張は正論だ。

 それが前回見事に予想通りに、NHKのはずしも含めて滑ったのをご存じなければちょっと論外。わかっていてなお言うなら、もうちょっと丁寧に、と言いたいのだが。

 だが、会議はアナン前国連事務総長による調停を見守るとの傍観者のような姿勢を示すにとどまった。ケニアではいまも虐殺が広がる恐れがあると懸念されている。国際社会の介入も重要だが、AUは自ら解決に乗り出すという対応を示すべきではなかったか。

 執筆子、ダルフール危機の経緯をよく知らないもよう。AUがどれほど無理だったか、原理的に無理な限界すら見えてきた。

 とま、日経の無知を責めるわけではないが、この問題はAUは重要だけど、そこにソリューションはない。そして、中国のアフリカ関与はでかいのだからそこをネグリまくっても議論にならない。

 ただ、ケニヤ問題などに中国が深く関わっているわけでもないし、歴史的な経緯からすれば米国の関わりも深い。そして、これはかなり部分、19世紀列強帝国主義の歴史的精算の側面もある。

毎日社説 社説:バイオバンク 試料の有効利用に戦略を - 毎日jp(毎日新聞)

 なんか変な話題。裏がありそうだけど、めんどくさいのでメモ程度。

読売社説 インフルエンザ 「新型」流行への備えは大丈夫か

 読売も台湾に触れなくなりましたね。ネットウヨとかどうでもいいけど、広範囲が歴史を含めて見渡せるナショナルな視点といういうのがいよいよなくなってきた感じがする。ナショナリズムは行きすぎるといけないけど、これは囚人のジレンマみたいなもので、日本だけが解除するふうにもいかないし、日本人は知識人を中心として表面的にはきれい事を言っているけど、その反面の実態行動に闇の部分がでてしまう。だから実態の闇を薄めるバランス感覚みたいのも、ある程度必要だがそういう感性もだんだんなくなってきている。

朝日社説 MSとヤフー ネットの活力を弱めぬか : asahi.com:朝日新聞社説

 ネットでもいろいろ見解を見るのだが、私はこの問題がよくわからない。以前から噂されておりそしてそれが表面化したのはそうだが、それほど意外な展開もないように思う。

 もし、この買収が成功したらどうなるか。市販のパソコンの大半にはウィンドウズが入っている。これには、ネット閲覧ソフトのインターネット・エクスプローラー(IE)が抱き合わせで付いている。IEでネットを開くとヤフーのページが自動的に現れる――といった新たな抱き合わせになるのだろうか。

 よくわからないのでと留保するが、で? みたいな感じがする。今でもFirefoxデフォの検索がYahoo!のはず。

 検索エンジンでは、漢字文に強い中国の「百度(バイドゥ)」が海外進出したり、日本でも経済産業省の音頭取りで次世代検索の研究開発に力を入れたりしている。検索の未来は動画の識別や文章の脈絡理解などそれこそ無限に広がっている。

 こういう硬い表現を見るとたぶん執筆子はこの分野の人ではないでしょう。

 ヤフーの買収で、こうしたMSのやり方が復活するのだとしたら、ネットの発展にとってマイナスだ。

 21世紀の基幹技術であるネットは、開放性と多様性こそ命である。

 HTML5撲滅!

朝日社説 アフガン支援 仕切り直しを考える時だ : asahi.com:朝日新聞社説

 さすがにアフガン問題で米国叩きのネタにはできなかったもよう。

 だが、治安面での効果は乏しく、逆にタリバーンとの戦闘は南部などで激しくなる一方だ。派遣国の部隊にも犠牲者が相次いでいる。米国はNATO諸国に増派を求めたものの、応じる国はない。結局、ブッシュ大統領は米兵3200人の増派に踏み切らざるを得なかった。

 この背景に問題があり、朝日の執筆子もうっすら知っている印象がある。

 福田首相の掲げる「平和貢献国家」の発信としては、なんとも物足りない。

 それはそうなんだけど、平和的台頭の中国様がどういうポジションになるかについて、こういう社説では出てこない。NATOと中国を出すといろいろ構図がはっきりしてくるのだろうけど。

曇り

 夢はごちゃごちゃしていたが朝ちょっとドタバタしたことがあって忘れた。昨日の水泳の疲れは特になし。

 夕食に白ワインを2杯飲んだ。2杯飲めることはないので自分が不思議に思えた。でも、そこを限界にしよう。

mori-tahyouemori-tahyoue 2008/02/06 08:36 >草田男でしょうか。「降る雪や 明治は遠くなりにけり」

kinginsunagokinginsunago 2008/02/06 08:39 >ヤフー買収
個人的には、この話が聞けただけでもうどうでもいいや(苦笑
http://furukawablog.spaces.live.com/Blog/cns!156823E649BD3714!8943.entry
中国での男女比バランス問題は、表向き理由の影に統計上あがってこない未戸籍女子が沢山存在するとか某少数民族の民族浄化が密かに行われて(以下略

finalventfinalvent 2008/02/06 10:18 mori-tahyoueさん、ご指摘ありがとうございます。恥ずかしい間違いをしてしまいました。

finalventfinalvent 2008/02/06 10:19 kinginsunagoさん、ども。中国の問題はそーとーにやばいんですよ。経済と同じで。苦笑で済まないほど。

synonymoussynonymous 2008/02/06 13:03 最近は、女の子が産まれた方がうれしい夫婦も多いんじゃないでしょうか。極東のミンデル書評に触れて思うのですが、例の迷惑な迷信も、そういう表れかな。

finalventfinalvent 2008/02/06 13:18 synonymousさん、ども。これはちょっと調べると分かるのですが、中流階級というか中流階級下の居住区を調べると女の子の率がえ゛というくらい高いはず。ただ、統計調査はされてないんで一応ごく観察レベルですが。「例の迷信」?いやちょっとわかんないです。

iori3iori3 2008/02/06 13:58 ここ数年中国で見た物乞いは全員女の子で、二人は足を折られたかなんかの15歳前後の子、一人は10歳くらいで花売りさせられてましたが、児童買春の相手にさせられてそうな感じでした。前者は西安、後者は洛陽の街のど真ん中で見ました。この子達はたぶん、戸籍のない子じゃないかと思いますね。近くで親方が目を光らせてました。

finalventfinalvent 2008/02/06 15:17 iori3さん、ども。たぶん、そういうことなんだろうと思います。哀れみも正義もなんかどうしようもないような現実が中国にはあるんだろうと思います。

curefucurefu 2008/02/06 16:19 生み分けの話は、実は昨今の女児人気ブームに乗っかって、奥方を満足させきれないダンナの言い訳(略
精進します。

nomurayamansukenomurayamansuke 2008/02/06 17:00 三角大福が総理大臣だってわかる人はもう若くない、と。

ziomziom 2008/02/06 17:21 NHKのソフトウェア危機>日本人がコードを書いてゐると思ったら大間違ひ。

synonymoussynonymous 2008/02/06 18:01 巨峰大福ってのも追加。

godmothergodmother 2008/02/06 18:11 亜麻の実が入ったアイピローは程よい重さで、寝るーっていう気持ちに導いてくれます。愛用していますが、実を食さないと健康効果もないようなので、間抜けな話ですね。寝る時に身体が何かに触れていたり、挟んでいたり、錘のような何かは落ち着くと思います。寝付かれないというような悩み解消にどうかな?
何らかのことはやっているとは思いますけど。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:43 curefuさん、ども。あはは。精進はそれだけなくいろいろとね。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:44 nomurayamansukeさん、ども。隔世の感ってやつですね。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:44 BUNTENさん、ども。ええ、そうなんですよ。ソフトウエア以前に設計思想はどうなんだ的なものが多いように思えました。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:45 ziomさん、ども。仕様がしっかりドキュメント化されたら日本で作る必要ないんですよね。そのあたりもまるでNHKは触れてませんでした。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:46 synonymousさん、ども。あ、それあった。あれうまいですよね。一個書き換えておこう。

finalventfinalvent 2008/02/06 19:50 godmotherさん、ども。それ私は3つくらい持っていますというか、のべで。ヨガやっているから。ただ、最近ちょっと使ってなくて、沖縄でカビにしちゃって。あれいいですよね。っていうか、なぜそんなものをご存じ? 寝付かれないときは、いろいろありますよ。一番は、無理して寝ないこと。ただ、身体はレストしないとこたえます。亜麻仁のサプリメントは米国にはいろいろあります。コールドプレスで。カプセルも。美味しくないので、なので、荏胡麻油というわけです。

ziomziom 2008/02/07 01:37 finalvent さん、返答どうも。現状では仕様とか工程とかの次元で済みますけど、今後は、さういふ下働きを中国やインドに任せてゐることで、日本の若手が育たないといふのが問題になるのかと。趣味でコードを書いてプログラミング技法に優れた人はゐますけど、血反吐を吐くような現場の経験が少ないと、どうもぬるいことをします。さういふのが古い世代の悩みで、私が警告しても、彼らにクリティカルな開発現場が回ってこないので、それ実証することもできず、単なる年寄りの妄言扱ひです。

saihousaihou 2008/02/07 01:55 今、私の周囲(日本人のお母さんたちの間)で「これは当たってる!」(?)と評判なのが、
「排卵日どんぴしゃなら男の子。排卵日前2日間なら女の子。(それ以外の日はそれに応じてどちらかが生まれやすい。例えば排卵日の3日前なら女の子が排卵日後5日間なら男の子が)」
という産み分け法です。これも結局、リンク先の記事の「根拠」(ただしリンク先の記事ではガセかもしれない、もしくはおそらくガセではないかとされているもの)に基づいたもののようです。その産み分け法について書いた本があって、その中ではリンク先の記事では「ガセかもしれない、もしくはおそらくガセではないか」として扱われている根拠が、ちゃんとした根拠として扱われている、ということのようです。
驚いたのはアメリカ人のお母さんたちと話している時にも、
「「排卵日どんぴしゃなら男の子。排卵日前2日間なら女の子」
の話が出て、「次は絶対男の子がいいの」という若いお母さん(一女あり)に対して、別のお母さん(一男一女あり)が、
「私、普通『中国の迷信』なんて信じないけどあれは当たるわよ」
と言っていました。(また別の人はまた別の説を唱えていましたが。確か「排卵日前2日間は男の子」だったような。)
どうやら米国では「産み分け法」を積極的に推進している産婦人科医がいないようで、巷で評判の産み分け法も「よく当たる迷信」として信じる分には大して実害がないようです。

uiui_hermitageuiui_hermitage 2008/02/07 05:09 自分も素人なんですが、行数で見積もりとなると、やっぱスパゲティみたいなコードを、最適化しまう輩は、かえって嫌われてしまうのでしょうか?A^_^;)
http://s03.2log.net/home/programmer/archives/blog38.html

godmothergodmother 2008/02/07 06:47 ヨガもメディテーションも、他にもいろいろたまたまですけど、finalventさんと似通った事をしますので話は早いです。その度に一々言うと馬鹿みたいと思われそうなほどしていることや、興味の方向が似ているので黙っていました。私の場合は、裏づけできるような深い部分まで勉強していないのでここでは参考になる事が多いです。そうか、亜麻仁って美味しくないんですか。代わるものとして荏胡麻油は確かにいいですね。長野県では胡麻の代わりに荏胡麻で和え物をする方が多いくらいです。

finalventfinalvent 2008/02/07 09:30 svnseedsさん、ども。基本的に学問インタフェースのあるのはそこから入るのが王道ですよ。ただ歴史とかだと多様性があるというか。svnseedsさんの祖父母もいろいろと歴史に関連していてファミリーのヒストリーはあるかと思います。その話はさておき、ビックスとかきちんと評価していてさすがと思いました。私がビックスに言及すると誤解されるのでその分もちとうらやましいような。あと、山形さんがポルポト関連の訳書を出していましたが、毛沢東(これも山形評があったけど)とか、そのあたりとかも広がってくると思いますが、ぼちぼちと。別に保守になれとかいうのではなく、歴史はまたーり見ていってもいいかと。

finalventfinalvent 2008/02/07 09:36 ziomさん、ども。2つ思い浮かんだのは、ぶくまでみたけど18歳の天才プログラマーさんとかの話のように米国のレベルがゲロ高いというのと、あと現場の問題はもうどうしようもないと思います。と思ったのだけど、日本の産業構造は韓国化していきそうですね。

finalventfinalvent 2008/02/07 09:38 saihouさん、ども。米国でのその手の話題は知らなかったので、面白かったです。米国は科学的な啓蒙性と民間医療が日本とは違ったかたちでパッチワークになっているので、いろいろあるのでしょうね。

finalventfinalvent 2008/02/07 09:42 uiui_hermitageさん、ども。エントリの話は、すいません、悪い冗談ってやつです。ただ、今でもそういう風潮はあると思いますというか、受注の構造が変わっているとは思えないので。だいたい10万行とかいうけど、Javaならパッケージ入れるんかい?みたいな。NHKの番組のコードはCみたいでした。Cかよとか思いました。開発環境も、ブラックスクリーンのMIFESみたいな(でもMIFESなら背景はブルーか)。emacsぽくもなかったし。組み込み系はCなんだろうなというのと、リアルタイムOSなに使ってんじゃいみたいな思いと。ま、なんかけっこうトホホな感じでした。

finalventfinalvent 2008/02/07 09:43 godmotherさん、ども。ああ、同時代! それはさておき、亜麻仁油はあれです、油絵の油ですよ。あの臭い(もっとも食用はあそこまでひどくないというかフレッシュなら香ばしいですが)。

godmothergodmother 2008/02/07 18:59 あら!油絵って聞いたらとんでもなく、距離が遠くなりますね。そうだっだんですか。確かにあの匂いのする油が身体にいいとかまず思えないですけど、亜麻の種から抽出する油だったなんて知りませんでした。これこそ、何でこんなこと知っているんですか?

finalventfinalvent 2008/02/07 19:57 godmotherさん、ども。油絵の場合、テレビン油とかも使うのでちょっとよくない表現でした。最近は描いてないけど油絵からアクリル画を以前やってました。

godmothergodmother 2008/02/07 20:48 ひーはー(かなりスクロールダウンしてきました!)、コメントを入れるのに随分と今日は長い道のりですっ!。私ね、建築を目指して東京の大学にいたのですが、途中志向を変えてCambridgeに進んだので、あっちでいろいろやっていました。油の話とは違いますけど、アクリル画を以前やっていたというのであれば、今はいったい何を?と、つっこみたくなりますけど・・。はいくの画像は、ちぃーときついっすね(^^)v
いろいろ話しができたら楽しいだろうなぁー!!

finalventfinalvent 2008/02/08 07:31 godmotherさん、ども。へー、いや失礼。絵はシャガールのような感じの絵で写実じゃないんですよ。ま、それはそれ。そして、今、話しているじゃないですか。

godmothergodmother 2008/02/08 16:04 Oh! まだ話が生きていた・・・今の実態からはとても「へー」な話になるので、このこともここでの内緒話です。シャーガールといえば抽象画ですよね。人がとやかく評価できるものではないという思いがあって、シャガールのようなということは自己表現を楽しむのが好きということですか?推測ですけど、弁当さんは自分のことをカッコよく見せないような気がしますので。あの、抽象画なんて、カッコイイ!ですよ。

finalventfinalvent 2008/02/09 10:06 godmotherさん、ども。じゃ、ここだけの話、好きな画家はクレー。でも一番好きなのはモディアーニ。シャガール風というのは抽象画ということではないです。色彩と神話性みたいな。いつかまた絵を描き始めるかも。

godmothergodmother 2008/02/09 11:50 クレーの持っている色は特別だと思います。モディリアーニですね。小学校の時の担任がモディリアーニが好きで、3年間この担任と一緒だったため脳裏に焼きついている画家ですよ。そうか、弁当さん始めるかもですかー。私はpotteryをずっとあっちでやっていたのでまた、始めたいのですけど、何となくよっこらっしょって感があるので、まだ熟していないかもです。パンを焼くのも内面的には同じ事のような気がしていますし・・。そう言えば、軽井沢の玉村さんのようになる感じ。畑をやって自給自足して、皿を作る。昔仕事で関係があった人ですけど、何となく同じ道にはいきたくないしで・・・しのごの。

finalventfinalvent 2008/02/09 13:35 godmotherさん、ども。知人というか、お世話になったかたが陶芸家で、いろいろ間近で見せてもらいました。私自身は陶芸には関心ないんですが。あれは、「土」と「火」との長い付き合いみたいのがありそうだなとは思いました。人生にはなにか機運のようなものがあるのでしょう、こういう芸術っぽいというか。

2008-02-05

42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のことを50歳の自分が思うこと

 inspired by らばQ : 42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと

 

1. 学校を絶対にやめないで継続する

 状況によるのでなんとも言えない。

2. お金は腐らずに残るもの ─ 投資は早く始める

 これ翻訳ネタでしょ。日本の場合は場合によっては腐るよ。若いときの投資はまず自分へ(もっともそれを過剰にするのもどうかと思うけど)。

3. 第一印象で家を買わずに、近隣の住宅環境に恵まれた安い家を買う

 これもケースがいろいろあるのでなんとも言えない。一人暮らしと子どものある家庭は違うし、地域が歴史を持っているとまた違う

4. 予算内で生活をする癖をつ