finalventの日記

2010-08-16

英語の発音だけど

 ぶくま⇒はてなブックマーク - リスニング、あと何が足りないか? 読書猿Classic: between / beyond readers

 元⇒リスニング、あと何が足りないか? 読書猿Classic: between / beyond readers

 これね。

 発音って発声自体は多少訓練するとできるようになるけど、聞き取りのほうが難しい。子音をどこで聞いているかについて、サウンド・スペクトログラフを多様にカットした実験があるけど、ネイティブの弁別キーは外国語学習とは違うのな。たとえば、stopとstockだけど、これは、oの音の長さが心理的な弁別キーになっている。pとckはそれに包含されてしまう。

 ネイティブの音声の聞き取り、つまり、speech perceptionは、おそらく発声の神経回路を使っているというハスキンス研究所のmoter仮説があるけど、先にも述べたように実際の弁別キーの学習にはならない。

 それと、ぶくまの人が書いているけど。

wbbrz 英語 こんな程度の記事に170もブクマが付くことに驚き。はてなーは英語コンプ多いのかな。LRみたいな子音の区別よりイントネーションとリズムの方がよほど大事。 2010/08/15

 で、このイントネーション、それとリズムというのが、文単位で出来ていて、ネイティブはそのキーを使って事実上構文解析している。

 で、そのため、修飾語が増えても、基本的なイントネーションとリズムの枠組みは変わらない。これは

 the girl of my dreams would never find me.

 the girl of my dreams on the subway last night would never find me.

 は同じ枠組みになる。

 "would"のところの前に、軽くポンと小さいレストが入って、もう一つポンと感じで”ドゥッ”となって全体が枠組みに戻り、neverがやや強くなって速度が戻る。

 このあたりの学習書というか学習メソッドは見たことない。

 

追記

 Speech perceptionについてはWikipediaに項目があった⇒Speech perception - Wikipedia, the free encyclopedia

egpehcbdegpehcbd 2010/08/16 10:50 発音に関しては半ば諦めているというか、米人だって怪しい人は怪しいから、私が使う範囲なら適当でいいじゃないとか投げやりに思ってます。
いえ、勿論ビジネスでどうとか、公的な場でそれじゃいかんと思いますけど。

finalventfinalvent 2010/08/16 11:32 egpehcbdさんへ。発声の発音はそれでいいと思いますね。世界はいろいろですし。

vdnavdna 2010/08/16 13:02 インドネシア、バングラデシュなどの人たちだったか、marketが「まるけ」に聞こえるような発音で、それも含めてスピードがとても速く感じられて苦労しました。べたべたべたーっと摺り足で走るような感じ。wouldの前などの休止もなかったと思います。英米人にとって日本語が早口に聞こえる(らしい)のも、母音が多くてレストが少ないからでしょうか。

finalventfinalvent 2010/08/16 14:37 vdnaさんへ。日本語は日本人がローマ字表記のイメージを持っているより、かなり母音は欠落しているというか、無性母音やglottal stops、nasalization、各種assimilationなどがあり、そのあたりを英米語ネイティブは聞き取れません。

ziomziom 2010/08/17 08:58 日本人の発音は、日本語をしゃべっても英語をしゃべっても、子音が弱くて曖昧なんです。そこが英米人に聞き取りづらい。英米人はまづ子音で音を弁別しますから。

finalventfinalvent 2010/08/17 09:26 ziomさんへ。そうです。極端な話、子音だけで略せますし。

hungerkunstlerhungerkunstler 2015/10/14 12:10 ベントさんは発音どうやって身につけたのー?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20100816/1281921397
最新コメント一覧