finalventの日記

2012-12-31

今年を振り返って

 ブログのほうにもちょっくら書いたし、率直に言うと、振り返って何かを書く気がしないというのもあるかな。

 一つには、今年はいわゆるリベラルの廃頽感が強烈だった。その手の頽廃した意見を見たくもないという感じがすることが多かった。吉本隆明の死がじんわり来ている部分もある。本当に思想的に無の地平に消えていくなんて偉大すぎる。

 リベラル批判をすると、じゃあ、ネット右翼はどうなのとか言われそうだけど、ああいうのはどこの国もいるもなんで、国家があるかぎり、あんなもののまま。中国とか韓国とかもっとひどい。アメリカの銃大好きなんていうのもそれに似たようなもの。

 この手は、普通に政治をして抑制するしかないもので、その意味ではそれほど政治思想としては難しい問題でもない。それにくらべて、リベラルの頽廃は人々の希望を腐らせていくので、ぞっとして耐えられなくなる。が、それを許容するのもリベラルだと思うし、許容を世界観とのバランスで見ていこうという感じはしている。

 あと、これを言うとどうかなと思うのだけど、いわゆる知識人さんの経済学の無知さかげんがどうしようもなく露見した年だなと思った。自民党とか安倍首相というだけでバッシングして済む輩が多すぎて、不勉強極まりないものだ。まあ、それを言うなら、お前だってとか、いわゆる経済通とか経済学者でも、なんだあ?みたないな意見は見かける。私としては、普通に、フィナンシャルタイムズあたりの見識が国際的な経済観だと思うし、WPでもNYTでもそれほどずれない。つまり、普通にグローバルな知識としての経済学というのが、日本はここまで劣化したのだろう。

 とま、なんとなくだらっと書く。

 これを書くと反発されるよねという内容は、ブログを10年もやってきたので、わかる。し、おいおい、あまりに想定内のブコメ書くなよとほほというのもあるが、そういう人に、少し説明してあげたら話を聞くだろうかといえば、無理だろうなという疲労感もいろいろ貯まってきた。そのあたり、どうせわからない人にわかるように書くのは、たるくて死にそう、というのあるが。が、というのは、そいうのもいかんかなとも思っている。

 今年は夏の初めにcakesの企画を聞き、面白いと思い、けっこう注力した。文学書評のあるスタイル感もなんとなくあるし、そのあたり、小林秀雄や吉本隆明的なものを結果的に継承している感もあるが、できるだけ、裏にまわって書誌考証もした。これが、さらっと書いた書評の裏でけっこうな時間を取ることになったが、自分でも勉強になることも多かった。

 あと、もう一つ、なかなかきっつい個人的なプロジェクトに関わっていて、これが来年日の目を見るか、見てもとほほかというのはあるが、自分としてはこれもけっこう注力というか、きっつい作業だった。

 コンテンツとは何かというもの考えさせられた。cakesの書評とか、ネット的にはビューが取れるものでもないだろうし、cakesにとってもさほど魅力的なコンテンツではないかもしれない。自分がどこまでできるか判らないが、自分が若い日に小林秀雄や吉本隆明を読んで得たものがあればそれを、少しは返却する人生の時期に来ている感はある。

 来年は56歳になる。40代の速さを思うと、生きているなら、あっという間に60歳になるだろう。うあああという感じだし、それにはどうすることもできない。まじで老人となっていくなあ。

 昨年くらいまでは、脳というのはあまり衰えないものだなという感じがしていたが、今年は暑さもあったし、疲労を結果的にためているか、あるいは、それなりにけっこう無理な精神力を使っているのか、ぐったりすると、なかなか思考がうまく行かないと思うことがあった。体調の問題も大きいのかとは思う。

 このところ、安倍政権以降か、新聞社説はさすがに読むのもぐったり感があって、このところコメントも書いていない。

 来年は、自分にとっては、だらだらと坂を転げるような年になりかねないし、死ぬかと思ったが、またやっていくのだろうなとも思う。自分の人生から発したものが少しずつ自分を越えて成長していくのを、見ることができるかもしれない。

acimのこと

 この日記的には、異物感のようではあるが、Acimのレッスンは這うように進めている。レッスンというよりはもう祈りの部分に入ってきているのだが、思うことはそれでもある。執拗に説かれている"the son of God"という感覚がわからないでもないと思うようになったし、「罪」ということについても、赦しとは"undo"ということで、"undo"というのは、最初から罪はなかった、傷つけられはしなかった、という認識なのだろう。この部分は、しかし素直に受け入れられるわけにもいかない。

 赦しの安堵感があれば、その深層にまた、吐き気を催すような嫌悪感が埋まっているのをなんども見た。ヘレン自身の地獄というのは、わからないでもないし、Acimというのはそうした精神の罠なのではないかとも思えることもあったが、こういうとなんだがKrishnamuriなんかもそうだし、トールなんかもそうなのかもしれないが、自分が語る・認識するというより、自己の神聖との対話という部分はあるのだろう。ヘレンのような女性なければ、そこまで神聖は明示的には語られなかったとも言えるのかもしれない。ま、そんな評論にしてもしかたないが。

 Acimをスピリチュアルと見る人もいるし、率直なところ、ワプニクがいなければカルトにもなりえただろう。ウルテキスト派は実際、カルトっぽい。

 まあ、そのあたりは、ワプニクの理性に信頼を見るという感じかな。

 こういう感じ⇒【質問】No.58 (org.#213) | J ACIM

あの内なる愛の現存へと向かうこと (このコースの象徴を使うなら、イエスまたは聖霊へと向かうこと) により、必ずあなたの自己譴責の取り消しのプロセスが始まります。

 ワプニクの啓示のなかで、イエスも聖霊も象徴として無化されている。

大晦日

 風邪中。峠を越えたか、これからか。高熱は出ず。頭痛。マスクをしていると、鼻水はなし。とほほ。

238 : Lesson

On my decision all salvation rests.

2012-12-30

かくして晦日。

 風邪引いてます。

 鼻水、ぐちゅぐちゅ。

 みなさん、お風邪をめしませぬように。

237 : Lesson

Now would I be as God created me.

2012-12-29

ブログサバト続く

 土曜日。

 12/29日。

 今年はいろいろ終わり。

2012-12-28

ブログサバト

 純正、金曜日。

 このところ、日記がおろそか。

 ツイッターもさらにという状況。

 まあ、年末です。

 あと、しばらくしてまた、報告というのか、するかもしれません。

236 : Lesson

I rule my mind, which I alone must rule.

2012-12-27

12月27日、おやおや

 という日々。

235 : Lesson

God in His mercy wills that I be saved.

2012-12-26

たしか、boxing dayというのだったな。

 あれこれして一日が過ぎる。

2012-12-25

メリークリスマス

 ということで、ああ、年末。

 昨日は、結局、パーティに。

2012-12-24

クリスマスイブへ

 24日となりました。

 あとでブログのほうに吉例のお話を。

2012-12-23

日曜日

 曇り。のち晴れ。

 ああ、明日はクリスマスイブ。

2012-12-22

雨のち晴れ。ログイン

 なんともきつい一日だった。

 世の中は連休。

2012-12-21

ブログサバト

 実感としては忙しいとも思わないのだけど、あっという間に時間が過ぎる。

 ああ、金曜日。

234 : Lesson

Father, today I am Your Son again.

2012-12-20

木曜日

なんか時の流れが早い。

のわりにドミニオンとかしてます。

2012-12-19

水曜日

 韓国で朴槿恵大統領誕生。

 なんとなく過ぎてしまった一日だった。

2012-12-18

Fire HD届く

なにかとトラブル。

2012-12-17

今日もお休み

選挙とかに付き合ってちょっとつかれた。

2012-12-16

日曜日

そして選挙だった。

2012-12-15

ユーミンの歌にじんわりと

 一時期といってもけっこう長いことユーミンの歌を聞いてない時期があって、そのあたりを埋めるようにぼそぼそと聞いている。

 率直にいうと、あまり心惹かれる曲はないなという印象だが、ふっと、朝、目覚めたとき、「VIVA! 6×7」の「灯りをさがして」が頭の中で響いた。

 どってことのない歌詞のどってことのないメロディーで、しかも、日本テレビ系「あの日にかえりたい 東京キャンティ物語」のイメージソングなので、それに合わせた歌詞だろうと思っていた。

 サビからわかるように

もう一度出会ってもう一度恋して

もう一度見つめ合いたい

とあり、よくあるユーミンの別れた後の物語なのだが。

Look at me

なぜおこらないの、前みたいに

さっき私が誰かと交わした熱い視線

ただ静かに車のドアは閉まり

冷えた通りの霧の中のランプになってく

幸せだった日々

いたらなかったことばかり心残りだけれど

あなたの気持ちはもう戻らないとわかってるかもしれない

それでも私は強がりを捨てずに灯りを探すの

 この歌詞の男女の関係は、それまでのユーミンにありがちな別れる関係とは微妙に違う。

 むしろ完全に別れていない。なのに、愛も冷えているという関係である。

 どちらかという夫婦関係にありがち。これは、ユーミンの内面なのではないか。

Without you

ひとりで歩いていた。

いつのまにかきっとあなたは先で待ってると

分岐点も見ず

人は耐えきれない痛みを与えられはしないの

あなたの笑顔が向けられないならつらすぎるかもしれない

それでも私は思い出をたよりに灯りを探すの

 これは端的に、生きるのが苦しいと言っている。

 そしてこれは、今の冷えた夫婦関係で夫との愛の再生を願っているということではないのか。

 えええ?と思った。

 自分としては、そういう男女関係というのは、よくわからない。

 悲恋とか未練というのはわからないでもない。

 まあ、これも未練といえばそうだけど、もうちょっと、痛々しい何かだな。

 自分は女性に残酷なところがあって、女性が自分に未練のような感情を持つなんてことは、ねーよ、と思っている。

 普通、ねーよ、で終わりではあるけど、この曲の、微妙な歪んだそれでいて痛い感じっていうのは、どうも、年食ってみてわかる情感なのかもしれない。

233 : Lesson

I give my life to God to guide today.

曇り・ログイン

 土曜日。

 日記をあまり書かなくなってしまった。ツイッターでいいやという気分とちょっとまとまった思いが、世間選挙騒ぎでどんびいている面がある。

2012-12-14

ブログサバト

 金曜日。

 なんかお休みばかり。

2012-12-13

事実上のブログサバト

 どうしちゃったんだというのもあるかもしれませんが。

 体調はぼちぼちです。

 ツイッターとかいます、ブログのほうがちょぼっと書いていたりします。

2012-12-12

不定期ブログサバト

 なんとなく。

 寒いね。

2012-12-11

選挙にどうも関心が向かない

 ということで社説も読んだが関心ない。

232 : Lesson

Be in my mind, my Father, through the day.

晴れ

 昼飯、なんとなく、また松屋カレー。カレーのマイブームは終わっているのだが。

2012-12-10

新聞休刊日

 テレビの選挙公報をなんとなく聞いてみようかと思って、ひととおり聞いてみた。なんかこれはいったいどこの国なんだろうという感じがした。

231 : Lesson

Father, I will but to remember You.

快晴

 月曜日。

 予報では天気大荒れ。見上げるとその様子はなし。

2012-12-09

不定期ブログサバト

 そう忙しいというわけでもないけど。

 本を読んだり考えごとしたり、ツイッターしたり、書いたりと時は過ぎる。

晴れ

 日曜日。

 冬至近く日は短し。

2012-12-08

社説動向

 特になし。

230 : Lesson

Now will I seek and find the peace of God.

晴れ

 土曜日。

 cakes関連で向田邦子関連の本を読む。

2012-12-07

晴れ

 地震にびっくり。

2012-12-06

社説動向

 特になし。まあ、ないだろうなあ。

 エジプト情勢は悪化の一途。SCAFが黒幕ということはないが、SCAFの利権が保持されたままなので、事実上の黒幕は軍部と見てもよいし、実際の軍は地方基盤もありモルシと親和的なんだろう。これでエジプトは壊滅かというとそうでもなく、どっかで安定する可能性もあるが、経済の目はないし、軍事の火遊びは続くだろうから、じわじわと失墜していくのだろう。

朝日 パレスチナ―決議を和平への一歩に : 朝日新聞デジタル:社説

 決議を主導したファタハイスラエルとの交渉経験がある。アッバス議長はエジプトなどと連携しながら、交渉を再開する道を探るべきだ。ハマスも、和平実現には政治解決しかないことを知るべきだ。

 というのをかえってこじらせただけだと思うけどな。

229 : Lesson

Love, which created me, is what I am.

晴れ

 先日頼んだ"Sikkim Temi Estate FTGFOP1 Ch. First Flush"を開封。この季節にFFというんもなんだが、日本だとFFはあまり飲めないので。で、これ、かなり上品な感じ。香りもOolongよりは控えめ。ダージリンらしさとダージリンとは少し違う中国種っぽい面もある。まあ、飲みやすいかな。これで1000円くらいなんで、お値うち。

 湯たんぽのカバーだが、現在のカシミヤ袋の外装的に百均の保熱銀紙でくるんだらけっこう保熱性あり。

2012-12-05

社説動向

 特になし。

229 : Lesson

Love, which created me, is what I am.

晴れ

 きれいな一日。

 中村勘三郎さんが亡くなった。57歳。私が55歳。二歳年上。ということで、若い頃から見てきた人だった。

 ⇒中村勘三郎さん“壮絶死”57歳 大竹しのぶも看取り… - 芸能 - ZAKZAK

 勘三郎さんは今年6月に初期の食道がんを公表。7月27日、都内の病院で約12時間に及ぶがんの摘出手術を行ったが、抗がん剤治療などで免疫力が低下して肺炎となり、9月ごろには急性呼吸窮迫症候群を発症。肺の血管外から水分が漏れて呼吸困難に陥る肺水腫を患り、肺に酸素を送り込む人工呼吸器、人工肺を装着する事態になった。専門的治療を行うため2度の転院をしたものの、11月半ばには重篤状態だと伝えられていた。

2012-12-04

社説動向

 特になし。

228 : Lesson

God has condemned me not. No more do I.

雨のち晴れ

 寒い雨の朝だった。

 資料調べをかねて森田芳光の『阿修羅のごとく』を見た。2003年の作品だが、情景がNHKで放映された1979年を描いていて興味深かった。森田の映画の造りが向田とどう絡まっているかは考えさせられる。意外と仲代の演技が成功とは言いがたいのではないか。あるいはわざとその齟齬を狙ったか。

2012-12-03

社説動向

 特になし。というか関心が向かない。

日経 「国家」承認を中東和平に導け  :日本経済新聞

 交渉再開を後押しするのは国際社会の役目だ。今の交渉の枠組みは機能していない。重要なのはここに加わっていないイスラム原理主義組織ハマスをどう関与させるかだ。ハマスは国家としてのイスラエルの存在を認めず、自治政府とも対立するが、ガザ地区実効支配する。ハマス抜きで和平は実現しない。

 米国は決議案に反対した。欧州連合(EU)はフランスが賛成し、英国ドイツが棄権に回るなど対応が分かれた。その中で日本が賛成票を投じ、交渉の早期再開を求めたことを評価したい

 今回の決定がしかしハマスとの対立を深めたことになりかねないのだが。

 日本は今後、当事者への働きかけはもちろん、パレスチナの生活環境の改善や教育の充実などの支援を続け、イスラエルとパレスチナの2つの国家共存の実現へ存在感を高めてほしい。

 ゴラン高原をお忘れなく。

227 : Lesson

This is my holy instant of release.

曇り

 寒いなあ。

 喉の痛みがぶりかえす。おやおや。

 湯たんぽ愛用。手製の保熱バックを作り入れてみる。まあ、よし。だんだん、自分がおじいさんになっていくなあ。

2012-12-02

東京 東京新聞:週のはじめに考える 「日銀引き受け」論争の真実:社説・コラム(TOKYO Web)

 金融政策のあり方が衆院選の焦点に浮上しています。それはメディアの「誤報」が発端でした。政権を選ぶ選挙で、あってはならない事態です。

 金融政策に大きな注目が集まったのは、自民党の安倍晋三総裁が先月十七日、熊本市内の講演で語った次の発言がきっかけでした。「建設国債をできれば日銀に全部買ってもらうという買いオペをしてもらうことによって、新しいマネーが強制的に市場に出ていく」

 この発言について、多くのメディアは「買いオペ」の部分を省いて「安倍総裁が建設国債の全額日銀引き受けを検討する考えを示した」といった調子で報じました。

◆買いオペは普通の手段

 一見、どこがどう違うのかと思われるかもしれません。ところが、実は大違いなのです。

 買いオペとは、政府が発行した国債を日銀が金融市場で買う操作をいいます。日銀にとっては、市中に流通するお金の量を調節する重要な手段になっていて、毎月のように実施しています。

 これに対して「日銀引き受け」は政府が市場を通さずに直接、日銀に国債を買わせてしまう取引をいいます。安倍総裁が言ったのは「買いオペを通じて」ですから、引き受けには当たりません。

 ところが、報道が独り歩きしてしまう。日銀の白川方明総裁は二十日、一般論と断りながらも「中央銀行による財政ファイナンスあるいは国債引き受けはIMF(国際通貨基金)の途上国への助言で、やってはならない項目リストの最上位」「通貨の発行に歯止めが利かなくなる」と強く批判しました。

 さらに経団連の米倉弘昌会長も「世界各国で禁じ手となっている政策は無謀にすぎる」と日銀に加勢しました。こうなると大物同士のけんかですから、メディアはますます派手に報じます。

◆根拠のない空中バトル

 しかしもとはといえば、安倍総裁の発言から「買いオペ」の言葉を削除し、記者が勝手に「日銀引き受け」と解釈を付け加えたのが始まりでした。いわば根拠のない空中戦のようなバトルなのです。

 本紙は二十二日付で安倍総裁が「日銀が直接買うとは言っていない。市場から買うということだ」と発言を修正したと報じました。しかし本当は、全体として報道の側が正確さを欠いていました。

 いまは衆院選を控えて、国民がそれぞれの政党や政治家が何を訴えているのか、目を凝らし耳を澄ませて見極めようとしている時期です。野党総裁の発言を誤って報じては国民の目を曇らせてしまう。政策の是非や賛否は別にして、こうした事態はあってはならないと思います。メディアの一員として深刻に受け止めます。

 そのとおり。

毎日 社説:視点・英国中銀の人事 政治の対応に学びたい− 毎日jp(毎日新聞)

 これはカナダの元首が英国女王だから。日本がこれを学ぶとなると大東亜共栄圏でも作るというのだろうか。

朝日 沖縄と安全保障―普天間をなぜ語らない : 朝日新聞デジタル:社説

 地域の平和と安定を保つための大きな構想を示し、沖縄基地問題解決のために米政府と向き合う。それこそ、本来の政治の責務ではないか。

 普天間問題の混迷から抜け出すべき時である。この総選挙を打開への契機としたい。

 具体的にいかに?

226 : Lesson

My home awaits me. I will hasten there.

If I so choose, I can depart this world entirely. It is not death which makes this possible, but it is change of mind about the purpose of the world.

私が選びさえすれば、跡形なくこの世を去ることができる。死にそれを頼むのではなく、この世の目的について心を入れ替えることによってだ。

晴れ

 だいぶ寒い。

 Kindleアカウントを統合した。すげー大変だった。まだ不測の事態があるかも。

2012-12-01

225 : Lesson

God is my Father, and His Son loves Him.

しあわせの「あいうえお」by ジャンヌ・ボッセ

「しあわせは微笑が連れてくるの」より(表記は変えてあります)。

cover
しあわせは微笑が連れてくるの

 調布のコングラシオン・ド・ノートルダム修道会に御年96歳のカナダ人シスターがいます。彼女はいまでも週3回勉強会を開き、カトリック信者ではない人々にも門戸を開き、これまで多くの人たちの悩みを聞き、勇気付けており、幅広い人々に敬愛されています。

 本書は、やさしい柔和な笑顔の底に流れる、彼女のゆるぎない信念、謙虚な姿勢からにじむ彼女の言葉を拾い出し、日常の中で、幸福感や豊かさを感じるためのヒントが散りばめられた一冊です。 多くの悩みに耳を傾けてきた彼女ならではの日本人に対する答とは? 65年以上日本で暮らす彼女から見た日本人の美点とは? 読めば心が軽くなる生き方の指南書です。

 

あ 愛はすべての始まりです。

い 命は何より尊いもの。

う 上を向いて生きましょう。

え 笑顔はいつでも気持ちいい。

お 老いを淡々と受け止めましょう。

 

か 体をいたわることは心をいたわること。

き きれいにする努力を惜しまない。

く 苦しみの先には希望がある。

け 健康はありがたい頂き物。

こ 子どもの素直さを身につけましょう。

 

さ 寂しいときも一人ではない。

し 静かな時間を持ちましょう。

す 好きと思う気持ちが大切です。

せ 世界について考えましょう。

そ 外に出ることから出会いが始まる。

 

た 楽しい気分で周りを見る。

ち 近くにいても近づきすぎない。

つ つまらない日などの一日もありません。

て 手をつないでみましょう。

と 隣の人に温かい気持ちで接する。

 

な 涙で悲しみを流しましょう。

に 虹は神様との安心契約のしるし。

ぬ ぬくもりを感じさせる人でいましょう。

ね 眠っている心からは何も生まれない。

の 野の花はいつもそのままで美しい。

 

は 話し好きは長生きする。

ひ 必要なものはすべて与えられる。

ふ 不思議を見つけて若返る。

へ 返事をしたらすぐ行動。

ほ 微笑みは誰にでもできる贈り物。

 

ま 待つことは信じることです。

み 身近な人に感謝する。

む 無理をするのはやめましょう。

め 目覚めていれば気づきも多い。

も 物に執着するのをやめましょう。

 

や 休むことも大事です。

ゆ 許すことで自分が楽になります。

よ 弱い者に目を向けましょう。

 

ら 楽天的になりましょう。

り リズムを付けて暮らしましょう。

る ルールに振り回されないようにしましょう。

れ 歴史から学ぶことがある。

ろ 労働の喜びを味わう。

 

わ わかり合えば幸せ。

わ わかちあえばもっと幸せ。

曇り雨のち晴れ・ログイン

 12月。

最新コメント一覧