finalventの日記

2013-09-28

9月28日

 3日ほど日記が抜けた。

 昨日筋トレ

 ツイッターとかはしている。いろいろ本を読んだりとかしている。というか、本を読みながら、いろいろ考えたりしていて、けっこう長時間が過ぎていることがある。昔の自分のようでもある。

 体調はぼちぼちに戻る。

 筋トレを開始してから4か月が近づくが、風邪を引いてない。先日の小発作を除くと、この数年のような死ぬ騒ぎもなくすごせている。身体の形も40代ころに近いような気がする。夏の前に買った細めのジーンズが難なく着れる。すこしゆるいくらい。

 56歳。よく生きてたもんだと思うし、なんとなくこれからも生きているような気もしてくる、というか、なんか年齢のことを忘れていることが多くなってきた。

 筋トレのせいか、頭脳の回転も少し昔に戻ってきたような気もする。

 なにかと、気もする程度ではあるが。

 いろいろ考えている、のだから、その考えを書けばよさそうなものだが、なんとなくしてない。よくわからない。

 ブログを書く気がないということでもないが、書いても通じないし誤解されて嫌がらせ受けるのもいなもんだなあ感はある。とか、書くと否定的だが、そうでもない。うまく言えないが。

 国際情勢的に大きな注目事件が見当たらない。シリアイラクといった中東の問題では概ね、既に書いてきた以上はない。欧州や濠州も想定の範囲。米国は、オバマさんのレイムダック化と見るべきなのだろう。

 そういえば、あまちゃんが終わった。最終週はよくわからなかったというのが正直なところ。思うことはいろいろあり、今朝ツイートしたが、野暮でしょと言われてしまったな。

 そういえば、ネットは見ているし、それなりにネットの話題はよく拾うほうではあるが、はてな的な話題とか関心が失われている。

はてな的な話題と言えば

 昨日これ拾った⇒処女と結婚した

 増田なので、釣りというかフィクションかもしれないなとは思った。

 僕の文体に似ているという人もいてちょっと驚いた。そういえば、ブログのほうで、「いつも」こいつはうだうだ書くと批判していた人がいたが、僕の文章は「いつも」そうではないよ。というか、駄文ではない文章とかも読むとよいと思うけど。どれがというなら、cakesのほうはそうではない(たまに無料公開もあるし)。

 で、その増田。少し釣られてみると。

 「昭和が終わる頃の話だから、今とはいろいろ違うだろうが。」と始まるので、昭和63年とすると1988年。そのころの男の結婚年齢は28歳くらいなので、だいたい、1960年ころの生まれ。僕が1957年なので院にいたころの学部生くらいではないか。そのころの時代だと、結婚相手が処女というのはそうめずらしくもなかっただろうと思う(今でもめずらしくはないとも思うが)。自分もそんな時代圏内にいた。

 とはいえ、以上のプロファイリングにそれほど自信はない。

 気になったのは、僕なんかもそれ(プロファイリング)に似たような人生を進むはずだったのだが、そうもいかず、婚期を逸した。その先は自著のほうに書いたが。

 あのころ結婚してたら(昭和の終わり頃)、いろいろ面倒なことはあっただろうなという感じはする。もちろん、どう生きても面倒なものだが、たとえば、セックスを嫌がる妻とかであっても不思議でもないだろうと思う。

 増田の話でいえば、処女と結婚云々というが、普通に考えても、処女がどうたらということではなく、普通にある年代と時代と、個々人の問題ではあるだろう。ただ、その年代と時代ので、性の相手への洞察の基本みたいのは変わるだろう。曖昧な言い方を避けると、結婚に求めるもの(子どもを産んで家族志向)が、あのころは増田さんのようでもそれほど不思議ではなかっただろう。今はどうかというと、よくわからないが。

 その先の「セックスの相性」というのは、いわゆる「相性」というのは違うとも思う。増田さんの場合は、不倫経験がありそうなので、そこから言っているのかもしれないし、僕にはそこはわからない。

 

 

2013-09-24

9月24日

 長い夏を乗り切ったかと思ったら、早朝、体調を崩す。その後、小康。

2013-09-23

9月23日

 筋トレ後、まあ、普通かなと思ったが、数時間後、ぐったり疲労した。

 お彼岸だった。らしいことといえば、お萩をたべたくらい。

 

2013-09-22

9月22日

 あっという間に九月も下旬。その割に今日は暑い日だった。

 ブログ山田詠美の作品の書評をアップ。彼女も54歳かと思う。

 日曜日という感覚がない。明日も休日。一週間の感覚が鈍る。

2013-09-21

この日も、日記欠。

 

2013-09-20

この日、日記欠。

 調べ事などしていた。

2013-09-19

9月19日

 気がつくと、17、18と日記欠。

 ツイッターはやっているので、ネットから離れているわけでもないが、日記を書くデバイスへのアクセスが減りつつはありそう。

 

 仲秋の名月

2013-09-18

2013-09-17

2013-09-16

9月16日

 午前中は雨。京都大坂は大雨で大変なようすだった。

 午後からは晴れ。

 ブログ書評を書いた。

2013-09-15

9月15日

 台風が近づき、午前大雨。

2013-09-14

9月14日

 残暑が厳しい。

 SuperSlowのトレーニングに慣れてきた。当初から比べるとIRM40%かというくらいの弱い負荷だが、きちんと筋肉が動いている感がある。

 ほか、暑い中歩き回った。

 身体的な疲れはあるが精神的な疲労感とは違うので、身体的には安堵感もある。

2013-09-13

9月13日

 だいぶ涼しくなってきたのだけど、なんか身体にこもる暑さが気持ち悪い。

 気がつくと、9月も半ば。

腹筋運動でクランチもシットアップもあかん論の補足

 医学的にマギル博士の言っていることが正しいかというと、現状のスポーツ医学的にはグレー。

 こういう反論もある⇒To Crunch or Not to Crunch: An Evidence-Based Examination of... : Strength & Conditioning Journal

However, a cause-effect relationship between spinal flexion and injury in these athletes has not been established, and the ballistic nature of such sporting activities has little applicability to controlled dynamic abdominal exercises.

Based on current research, it is premature to conclude that the human spine has a limited number of bending cycles.

 基本的に、in vivoで、クランチとシットアップの危険性が明確になっているとは言えない、というのは言えるのだけど。

 この手のin vivo研究のスパンが問題になっているとも言える。このあたりは、30年くらい前のランニングから今頃膝をおかしくしているという傾向への疑問などもあり、どう評価していいか難しい。

 経験則的には、フルシットアップなどは軍のトレーニングにあったので、追跡調査をすればよさそうだが、母集団とトレーニングの監視の要員が規定できない。

 マギル博士の主張は、in vivoでは確定的ではないが、シミュレーションの示唆から、予防的に考慮したほうがよい。さらに言えば、代替トレーニングが提示されているのだから、それに切り替えたほうがよいとするのは、常識の部類だろう。(ただ、ボディビルの技術としてはあるかもしれないが、これはそもそも人間の健康とは関係ない。)

 先の論文で個人的に重要だと思ったのは、ここ。

For nonathletic populations, the risks of faster repetitions would appear to outweigh the potential rewards and thus a slightly slower tempo of approximately 2 seconds may be more appropriate with respect to maintaining spinal health.

After just 30 minutes of waking, discs lose 54% of the loss of daily disc height and water content and 90% within the first hour (95). For this reason, spinal flexion exercises should be avoided within at least 1 hour of rising.

 確定的なことはいえないが、シットアップはさておき、クランチでも少なくとも動きは2秒以上かけて、10分以内に抑えるべきだろうという印象はある。たぶん、いわゆるスロトレの4秒であれば、あまり問題はなさそう。ただし、回数より、持続時間と力の上手なかけ方が問われるだろう。

 SuperSlow的に10秒かけると、経験的にこれは、実質アイソメトリックスになるかと思う。であれば、他の体幹トレーニングでも同じだろう。

 いずれにせよ、こうした背景の知識が必要になるので、注意は必要だし、ざっくりいって、マギル博士の注意は社会示唆としては概ね正しいと思われる。




 

2013-09-12

9月12日

 暑かったなあ。

 なんか疲れた。

クランチを止めさせようとした人(The man who wants to kill crunches)

 ブログに、シットアップやクランチはやめとけの参考を書いたら、ひさびさに嫌な批判をいろいろもらった。まあ、そういうかたがたは、せいぜい背骨を痛めてくださいな。

 なので、ブログのほうには書かないけど、気になった、マギル先生の話はもう一つあるので、こっちに載せておきます。

 伝統的なヨガでも同じことが言えるというのが、自分では気になっていたので。

 以下、意図が通ればいいやくらいの粗い意訳なんで、関心ある人は適当に参考にして、くらい。批判は、俺に言うなよ、です。詳しく知りたい人は、ちゃんと元ネタ見といてね。

 

 元ネタ⇒The man who wants to kill crunches : The man who wants to kill crunches - Health - Macleans.ca

 

 スチュアート・マギルは背骨がどのように動くのかを30年間も研究してきた結果、シットアップのような腹筋運動はやめさたほうがいいと思うようになった。軍隊訓練のシットアップであろうが、スポーツジムで見かけるクラッチであろうが、同じことだ。彼はこう問いかける。「シットアップをしているとき、何が起きてるのか、わかっている? 背骨で最初に傷つく部分がぐいっと曲げられているんだ。」

 ワーテルロー大学で背骨の生物力学を教える教授である彼は、背骨の神経のトラブルのことは知っている。彼はヘルニアの仕組みを示す装置を世界中の誰よりも多く持っているのだ。「肉屋から豚の背骨をもらってきて、潰したり、切ったりした。それでシットアップやゴルフスイングの曲がる力がどうかかるかもシミュレーションしてきた。ケガが起きる独特のパターンを見てきたのだ。」

 背骨の一つ一つにリングあって、つなぎ目は粘液が入っている。そこでシットアップやクランチをすると何が起きるか。つなぎ目を潰すことになる。彼はコンピュータ上でシミュレーションを実行して見せた。骨の継ぎ目から粘液が出て来て、神経に障る。これがおなじみの背骨の痛みや腰痛を引き起こすのだ。「ジムでやっているトレーニングを見たら、これから起きる損傷が予想できる」と彼は言う。

 背骨の損傷原因はいろいろあるが、シットアップを止めれば簡単な予防になる。彼の研究によると、通常のクランチやシットアップで3,350ニュートンの力(340kgの力)が背骨にかかる。米国全米職業保安・健康協会は、3,300ニュートンを越えると危険であると言っているのにだ。

 マギルは、コアを鍛えるのに背骨を曲げない運動を提唱する。例えば、ブリッジ、プランク、レッグ・エクステンション、バードドッグや「ポットかき混ぜ」だ。バードドッグというのは、四つん這いになり、コアに力を入れてたまま、対角線上に手足を伸ばして交換させる運動だ。「ポットかき混ぜ」はもう少し複雑。運動用ボールにプランク姿勢でのしかかり、肘でボールを円を描くように動かす。

 マギルが何年もかけて進めた研究成果は、学界とアスリートの世界の外でゆっくりと浸透してきている。カルガリー消防局のイアン・クロスビーもそのひとり。彼は、体力テストの標準を決める国際消防士連合の委員会のメンバーとして数年前、クランチを含めた腹筋運動テストを見直した。

 みんな良かれと思ってやってきたが、運動テストにはシットアップも含まれていた。そこで昨年彼は、マギルや専門家と相談して、シットアップをやめてプランクに変えた。プランクは腕立て伏せのようにしてじっと付かれるまで耐える姿勢である。

 それでもシットアップが腹筋を鍛えるのにいいと思い込んでいる人もいる。クロスビーは新しい運動がコア強化によいことを示す研究を示した。スポーツ医学で、近年出版された研究によると、シットアップと、コアを安定させるバードドッグと二つのグループに分けて比べたところ、差は無かった。むしろ、コアの運動したほうがシットアップより少し改善を示していた。

 クランチの衰退はスポーツジムでも見られる。部ランプトンのYMCAでフィットネス担当のアンソニー・アイアルリは「クランチをやっていたのは過去のこと。現在では、腹筋強化にはピラティスやヨガをやっている」と言う。しかしアイアルリは、指導せずに運動を変えるだけで十分ではないから、新しい腹筋運動を指導できる指導者が求められていると強調した。

 マギルは自分の主張を広めている。最近、ワーテルローのヨガインストラクターである、アジアネルソンは専門家を招き、生徒に新しい考え方を聞かせた。ヨガなら背骨に安全だとは言い切れないと彼女は知っているからだ。

 ネルソンが上げた例には、太陽礼拝の前屈がある。これは基本的に立った状態のクランチになる。専門家の話を聞いたあと、彼女はこの運動を変更した。ヨガでも新旧技術のバランスをとるようにと勧めている。他方マギルのメッセージはというと、ぶっきらぼうだ。「ヘルニアになるまでの背骨の屈曲回数は限られている。」

2013-09-11

9月11日

 なんとなく夏バテ感。

2013-09-10

9月10日

 日記、欠続く。

 そのわりに、筋トレはきちんとやっている。ツイッターとかもべろべろと。

 Acimは停滞。

2013-09-09

9月9日

 この日も日記欠。

2013-09-08

9月8日

 日記、欠。

2013-09-07

9月7日

 続けて、欠。

 調べ事してて疲れてた。

2013-09-06

9月6日

 この日、日記欠。

 夕刻、筋トレをしていた。

2013-09-05

9月5日

 日記欠。

 見慣れぬ街でとまどったりした。

2013-09-04

9月4日

 雨が降ったり晴れたり不安定な天気だった。名古屋では水があふれて大変そうだった。

 あっという間に9月に食い込んできて、あわてふためている感じもあり。そのわりに、だらっとツイッターなどもしていた。

2013-09-03

9月3日

今日も暑かった。

2013-09-02

9月2日

この日、日記欠。

2013-09-01

9月1日

 9月になった。猛烈な暑さである。外出して、へとへとになり部屋に戻ったら、35度。死にそう。

 微妙に体調が崩れてきている。ああ、秋だぁと、掴んだら崖が崩れていくみたいな感じ。やだなあ。

 ブログシリア情勢を簡単に書いた。もうちょっと詳しく書いてもいいのだが、くたびれた。

 Acimもお休みになっている。

 筋トレは意図的にレスト日とした。明日はジムに行く予定。

最新コメント一覧