Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005-08-03

 君がゼロなら意味がない

「天は二物を与えず」って言うけど、あれ、嘘だよね。

 

例えば音楽の才能に恵まれたひとで、絵の才能もあるひとがいる。

 

バンプの藤くんは有名なところだけど、スムルースのジャケットのイラストもギター&ボーカルの徳田くんの画。

 

それと解散してしまったけど、『19』の歌詞を手がけていた326(ミツル)ことナカムラミツルくんもイラストを描いている。

 

うらやましいを通り越して、なんだか妬ましい(笑)

 

 

 

昔、元町の雑貨屋さんで、326の描いた1枚のイラストに一目ぼれして買って帰り、額縁(安モンだけど)に入れてうちの玄関に何年も飾っている。

 

君がゼロなら

 

 

 

“人生はかけ算だ。どんなにチャンスがあっても、君がゼロなら意味がない。”

 

(『326 ナカムラミツル作品集』マガジンハウス より)

 

 

 

“風が吹いていなくても、自分が走れば感じることが出来る。”

 

(『収穫には立ち会えないかもしれないが出来るだけ多くの種を蒔こう』幻冬舎 より)

 

 

 

“成長期にヒザが痛むように、もしも君の心が痛むのなら、それは心が成長してるっていうしるしなんだ。”

 

“悲しいときは泣けばいいんだよ。雨のあとにしか虹は出ないんだから。”

 

“あなたにしか出来ない事が、みんなにある。”

 

“水をあげすぎると花は枯れる、愛に似てる。”

 

(『雨のちレインボー』宝島社 より)

 

 

 

・・・・いっぱい書いちゃった。

 

最初の、“人生はかけ算だ。〜”は、『星の王子さま』(サン・テグジュベリ)に出てくる“かんじんなことは、目に見えないんだよ”というキツネのセリフと並んで、わたしの座右の銘。

 

 

誰かの心にキラッと光るものを残す言葉や絵を、自分の中から生み出してみたい・・・なんて思ったりして(笑)

 

 

せめて、チャンスを逃さぬように。

 

 

自分がゼロでないように。





コメント プレイバック

1.読んでびっくりしました!あまりにも納得のいく言葉が並びすぎてて。326さんの詩は友達が好きで、ちょっと興味があったんですけど、さらに興味を持ちました(^^)☆

ほんとに、自分がこんな名言を残せたら…(笑)

Posted by あさ at 2005年08月03日 23:40


2.あささん>お久しぶりです。そうなんですよ。326くんはわかりやすいやさしい(簡単な)表現で、素敵な言葉がいっぱいあります。

あ、あささん確か、セットストック2日目に行かれたんですよね☆楽しかったですねー。暑かったけど。

Posted by Rinko at 2005年08月04日 00:16


3.解散しちゃったけど19はかなり好きでした。特に326が作詞してた初期の頃。最初の二つの言葉は、「あの青をこえて 」と「すべてへ」の歌詞に出てきますよね。なんか今の自分は減ってくばかりの分数みたいだなと思ったり…(微鬱)

Posted by ks at 2005年08月04日 00:19


4.はい!セットストックはほんとに楽しかったし感動しました(;_;)確かに暑かったですよね…。熱中症にならなくてホッとしました。倒れた方々が心配です…ってもう一週間たってますけど^_^;

Posted by あさ at 2005年08月04日 00:31


5.Ksさん>微欝って・・・大丈夫ですか?減っていくように思えてもそれは錯覚です(断言!根拠ないけど・・・)

歌詞では“僕がゼロなら意味がない”でしたね、確か。「すべてへ」の“きみが生きてることがうれしい”という言葉も好きです。

Posted by Rinko at 2005年08月04日 00:39


6.生還です! Rinko嬢、その節はご心配おかけ致しまして(^^)

無事に生還できました。

タイトルに「おぉっ」って吸い込まれました。中学の時ハマってた19、この数日間の闘病生活でも聴いてたんですよ〜。そして密かに私も326君のポストカード、いっぱい持ってます。笑

Rinko嬢、テレパシーっすかね?笑

Posted by 南海 at 2005年08月04日 22:15


7.南海さん>生還おめでとう(笑)病気のときに聴きたい曲って何か特別なものがありそう・・・(心が弱っているときだもんね)それにしても中学のときに19かあ。やっぱ、若かったんだね南海さん(笑)

Posted by Rinko at 2005年08月05日 07:29