Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-05-06

 SET YOU FREE TOUR 2006 テルスターvs No Regret Life@十三ファンダンゴ



この日のために早々と実家から引き上げてきた親不孝なわたし。


次男にとっても初めてのライブハウス。ファンダンゴまでの道すがら、珍しそうにキョロキョロ。

「すげえ、ホステスさん募集って書いてある!」「親子で行くなんてオレらだけちゃうん?」


イヤならお姉さんと呼んで、と言ったら、「おばちゃん、って呼ぶわ」・・・・まあいいけど。


開場してすぐはまだお客さんも少なく、ノーリグのメンバーさんもフロアにおられて顔見知りの人と挨拶されたりサインに答えたりされていた。


ライブ直前に秋田のFさんからメールをもらい、ベースの松村くんへの伝言があったので彼のところに行って挨拶をして、そのメールを読んでもらった。「わかりました、ありがとうございます!」と。なんとか伝わったかしら。


そのあとドラムの橋口くんとすれちがったので、「この前サインいただきました、ありがとう」と声をかけると、「覚えてますよー、こんにちは!」と笑顔。ほんまにいいひとたちや〜。息子もそんな光景を見ていて、「えらいなー」となにやら感心していた様子。もちろんわたしにじゃなくメンバーさんたちに。


開演5分前に隣にいた女の子に時間を聞かれ、そのあと短い会話を交わした。

彼女はテルスターのファンで岡山からいらしたとか。大阪までの高速バスの回数券の期限が切れそうなので、ちょうどいい機会だと思って、と。ナイスチョイス!(笑)テルスターのライブは初めてとのことで、「噂どおり暑苦しいライブかどうか確かめに来ました」と。

熱い、じゃなくて暑苦しいんですか〜?と笑いあっているうちに客電が消えた。



No Regret Life


セットリスト

01.メロディー

02.西向き

03.夏の午後

04.扉

05.その瞬間に

06.(ひとつだけ 願い事・・・みたいな歌詞)

07.オレンジ

08.失くした言葉

09.さよならが始まる

10.Secret sign

11.


『sign』から彼らを知ったわたしは、その収録曲以外はわかりません。ごめんなさい。


1曲目が始まった途端、息子の存在を忘れてどんどんステージに近づいて行ってしまった。まああの狭さやからはぐれようもないけど。


前のほうはツアーTシャツを着た熱心なファンが多く、ノリがよくて楽しかった。ノーリグの3人も、すごく楽しそうに演奏されていて、思わず身体が弾んだ。


“久しぶりのSET YOU FREEで、今日はvsテルスターってことで、僕と横チンの殴り合いです ”(笑)と和奏さん。


MCは少なめだったけど、お風呂上りのように汗びっしょりになって、熱のこもった演奏だった。



テルスター


初めて聴くバンド。ボーカルの横チンこと横山さん、HPの写真とずいぶん顔が違う(笑)髪とヒゲが伸び放題だから?ドラムの山田さん、迫力や〜。



ノッケからテンション高っ!最後までこのテンション?と思ったら、最後までそのテンションやった。


前のほうのノリはノーリグのときよりさらに激しく、男の子もいつのまにか結構な人数乱入してきていて、一緒に飛んでいたおばさんは途中でくらあ〜っとして少し後退(笑)


触るとヤケドしそうな暑苦しい、じゃなかった熱いライブだった。


〈セットリスト〉(わかる分だけ)←人様のブログから拝借しました

01.孤独が匂うのだ

02.話しかけてもムダだって

03.ホントのところ

04.決意はあるのか?

05.見えぬ方向性

06.呼んで呼んで

07.判断を仰ぎたい

08.どうしても損してる気分なんだよ

09.街に残る

10.ブラスバンド

En

01.そのまま進むのだ

02.夕日は昇る



「すごく久しぶりにやる曲」と言って演奏された数字のタイトルの曲もあった。(調べたけどわからなかった)


キーボードも入っていておもしろい音。じっくりアルバム聴いてみたい。


アンコール1曲目が気に入って、ライブ後その曲の入ったアルバムを買った。

物販されていたギターの千葉さんにサインもいただいた。(画像)

下半分なのは、名前まで書いてもらっちゃったから。「○○さんへ」てヤツ。

ありがとうでした。

f:id:firesign0916:20060507003526j:image



他のメンバーさんともお話してみたかったけど、未成年者同伴だったのでさっさと引き上げた。ファンダンゴを出たら雨が降っていた。


「あーんな近くで聴けるなんてビックリや。でも耳が・・・・」

慣れない大音響に左耳をやられた息子。



帰り際、いっぱいもらったチラシを見ながら、次のライブ予定を立てるヘンな親子でした。




明日はひとりでフラカンセカイイチ

冷たい雨にも、家族の冷たい目にも負けずがんばるぞ!