Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-05-07

 SET YOU FREE TOUR 2006 フラワーカンパニーズvs セカイイチ@十三ファンダンゴ



二夜続けてのファンダンゴ


めちゃ楽しかった〜無理して行ってよかった〜明日仕事やけど知ったこっちゃない!(オイ)


ごちゃごちゃ言ってないでライブレポ、いってみよ〜!(まだフラカンのテンションから抜けきれない模様)・・・・・※注・超長いです。



セカイイチ


わたしにとっては1月のワンマン以来のセカイイチ。

慧ちゃんアゴヒゲなくてすっきり。健ちゃん髪型かっこいいやん。中内くん相変わらず男前(うっとり)。響ちゃん、やっぱ一番若く見えるわー、車運転してたら“免許見せて”って言われへん?


と心の中でツッコミ入れながらの再会。



セットリスト


01.カプセル(新曲)

02.夕景

03.聞いてますか お月様?

04.ライトニングスタイル(新曲)

05.井の中の世界

06.忘れてた事

07.しるべ(新曲)

08.プール

09.ふりだしの歌

10.シルクハット


「夕景」の“どこまでも飛んでった”のところ、歌詞間違えて、“まちがえーたー”って唄った慧ちゃんでした(笑)


「井の中の世界」、しびれた。やっぱライブでなきゃ。


10曲かあ、もっと聴きたいよー、という余韻を残して終わってしまった。今日はすごく熱がこもってた。やっぱりフラカンとタイマンやから?(笑)





フラワーカンパニーズ


初めて見るバンド。未知との遭遇。でもこの未知はもの凄いパワフルな未知やった。


ライブの真髄を見たような。目からウロコです。



フロアはモッシュあり、踊りあり、拳あり、みんなの笑顔あり。

ステージは歌あり、熱い演奏あり、ティッシュあり。


そうかあ、ティッシュかあ・・・(わかる人にはわかる 笑)



4月で結成18年めに入ったベテランバンドさんだったのね。今まで知らなくてすみません。


ボーカルの圭介さんは関西系のTV『探偵ナイトスクープ』の大ファンだそうで、東京では映らないから関西の人にビデオを撮ってもらっているとか。

その番組のようなバンドになりたいと。えーっとなんだっけ、庶民的で笑いあり感動あり、時には涙ありで・・・・わくわくするような、だったかな。

そしてその番組とひとつ違っていたいのは、ずっとメンバーが代わらないこと。


大拍手!


18年めに入ってもなお、どんなバンドでありたいか、って思う圭介さん、素敵です。


初心者のわたしでもすぐに一緒にノレてしまうシンプルさがいいな。

セカイイチのメンバーさんたちも、楽屋へ上がる階段のところで楽しそうにノッておられた。(チラ見していた 笑)




最初わたしはモッシュの中には入らず、そのすぐ後ろにいて、みんなと同じように飛んだり踊ったりしていた。


で、「最後の曲です」と言われた途端、最後や、えーい、とモッシュの中に突っ込んでいった。



すると急に走ってきた人がわたしにどしん、とぶつかって、真横で飛び跳ね始めた。

「え?誰?」


ええええええーーー!慧ちゃん!!!


今さら言うまでもなく、セカイイチの岩崎慧くん!


「きゃー、あんたも来たの!!」という想いを込めて、思わずぐーで慧ちゃんの肩を殴ってしまった・・・・


このシアワセな異変に気づいたまわりの数人の女の子と目で笑い合って、慧ちゃんを中心に前列の人のカタマリに突っ込んで行った。


圭介さんの真正面だったから、多分気づいていたよね。そういえばどこかのライブでも慧ちゃんフロアで踊ってた、って書いてあったような。



最後の曲が終わると階段にダッシュして戻り、何事もなかったかのような顔をされていた。


慧ちゃん、最高っ!!


それまで一言もしゃべったことのない女の子たちとしばし盛り上がり、フラカンのWアンコールでライブは終わった。


セットリストは、またどこかからもらって来ます(笑)


 ↓もらってきた。(後半は怪しいらしい)


01.雨よ降れ

02.真冬の盆踊り

03.永遠の田舎者

04.はぐれもの賛歌

05.赤点ブギ

06.野暮天ブギ

07.パンクはうまく踊れない

08.初恋

09.はじまりのシーン

10.夢からさめないうちに

11.フェイクでいこう

12.空想無宿

13.捨鉢野郎のお通りだ

14.アイムオールライト

〈EN1〉

01.友達100万人

02.YES,FUTURE

〈EN2〉

01.馬鹿の最高



楽しすぎてめまいがした。勢いで6月のフラカンのワンマンのチケット、買ってしまった。ほんとに行けるんかな・・・・ベースのグレートマエカワさんに握手してもらったからまあいいわ。ガンバル。



バンドのメンバーさんもスタッフさんもファンのみんなもごちゃごちゃになってフロアにたむろする、ファンダンゴおなじみの光景。


例によっていくつかグッズを買った。唯一持っていなかったセカイイチの『ふりだしの歌』が買えてほくほく。


ドラムの響ちゃんをみつけてサインをしてもらった♪手元を見ながら「素敵なお名前ですね」って言ったら、「よく言われるんですよ、名前だけですけどね」と笑顔。

いえいえ、ドラムも笑顔も素敵ですよ、と言おうとしたけど、照れくさくてやめた。・・・お世辞でもなんでもなく本気だったから言えばよかった・・・・



ベースの健ちゃんは片付けに忙しそうで声がかけれず、中内くんは男前すぎて緊張して声がかけれず(笑 いや、みんな素敵だよ)


慧ちゃんはいつのまにか外に出てしまった模様。


あきらめて荷物を入れたロッカーがある隣の駐車場へ。

かわいい女の子に「4月のノーリグのときも来られてましたよね」と声をかけられてしばらく立ち話していたら、慧ちゃんがスタッフさんと一緒に戻って来られた。


みんなでサインしてもらいました♪(ええ、ミーハーですとも)役に立ちましたよ、マイペン。


「一緒にライブが楽しめて嬉しかったです。あの・・・殴ってすみませんでした」と言ったら、「いえいえ、殴られるのも商売ですから」


いや、ほんま、すみません、ごめんなさい。(平謝り)



まだ冷たい雨が降っていたけど、心の中はほかほかでした。


ライブってほんっとに素敵!