Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-05-21

 POP CHOCOLAT「ライヴ バースデイ!」@十三ファンダンゴ(5/20)


POP CHOCOLAT 「リズム」レコ発のライブ。

ゲストにDOESとオトナモード



朝方は豪雨だったよね、確か。ファンダンゴに向かう頃にはすっかり晴れていて、“やっぱわたしって晴れ女?”と有頂天になる。もっとも雨でもちっとも気にならんから覚えてないだけやけどね。


今月3回目のファンダンゴ。駐車場のおっちゃんに顔を覚えられてしまった気がするが気にしない♪


開場前に着くと人がまばらで、「前売りチケットをお持ちの方からどうぞ」と言われて1番にファンダンゴのドアを開けてしまった。


まったりした雰囲気だったので、わたしにしては珍しく開演前からドリンクを引き換え、おまけにお代わりまでして早くもほろ酔い気分。


「こんにちは〜覚えておられますか?この前・・・・」と声をかけてくださったのはきょんさん。今日はお互いを認識しながらお話できた(笑)

ひとりでライブに行くと開演まで退屈だから嬉しかった。


それにしても男性の多いこと。開演前30分のときに数えたら、女性は8人だった。

それでも開演直前になるとずいぶん人が増えてきていい感じになった。



DOES(ドーズ)


初めて聴くバンド。福岡発で現在東京で活動されているらしい。シンプルだけど激しい演奏だった。5曲演奏。1曲目と最後の曲が印象に残った。

ボーカルさんは、ちょっと近寄りがたい男前さんだった(こればっか 笑)



オトナモード


このバンドも初めてだけど、最近ライブを観たひとたちが口を揃えて“オトナモード、いいよ〜”と言っているのを耳にした。わたしの尊敬するナナさん(ママさんにしてライブ歴がすごい方です)からもその言葉を聞き楽しみにしていた。


メンバー登場。あ、キーボードがある。・・・・若っ(笑)ギターの伊原くんなんて、うちの次男(高校生)と同じくらいに見えた。(ごめんなさいっ)


キーボードとアコギとボーカルの高橋くんの声が綺麗に響いて、歌詞もきちんと届いていいライブだった。たった5曲とは思えない存在感。


“この僕を君の居場所のひとつにしなよ”

という3曲目の歌詞にぐっときて、ライブ後ナナさんにタイトル教えて〜と尋ねて教えてもらった。帰ってからHP見たら、“今のところ一般に向けての配布、発売の予定はございません”と書いてあった・・・じゃあ、ライブで聴くしかないじゃん(泣)


セットリスト

01.

02.憧れ

03.満ちてゆく夜に

04.空への近道

05.新宿




POP CHOCOLAT


それまで控えめだった男性陣がずんずん前に。気づいたら目の前に壁ができていて、少しずれながら3人が見える場所をキープ。


POP CHOCOLATのライブは初めてだけど、去年の12月にここでbloom fieldのドラマーとしての夏子ちゃんを見た。あの細い腕でパワフルなドラムだった。

3人がメインボーカル&コーラスで、3人とも声質が違うけど絡むとおもしろい歌になる。ギターの実穂ちゃんの声はなんつーかメルヘンチックで忘れられない声。

アルバムタイトルでもある「リズム」が好きで、今日もやってくれたらいいな。


〈セットリスト〉

01.バースデイ!

02.サヨナラの日

03.Bye Bye Steady

04.Bird

05.

06.Run To You

07.リズム

08.スロウハイウェイ

En.飛行機


・・・真ん中へんの記憶があやしいので違っているかも。


アンコールで再登場したときに愛可ちゃんが泣きながらMCをして、その途切れ途切れの言葉を聞いて思わずもらい泣きしてしまった。彼女たちの想いが伝わってきたような気がした。



ライブのあとはいつものようにCDを買ったりサインしてもらったり。


もう何度も書いているけど、人と人との距離が近いのがファンダンゴの魅力。またまたお酒を飲みながら(何杯目やねん)ぼんやりしていたら、一度でいいからお話ししてみたかった方を発見。図々しくも挨拶しに行って少しお話しできたのも、ファンダンゴ&お酒のマジック(笑)


いい音楽とおいしいお酒と、素敵なひとたちとの出会い。


最高に贅沢な一日だった。あ〜幸せ(笑)