Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-07-07

 peridots tour #1 "LIFEWORK"@梅田Shangri-La



またもや深夜明けで一睡もせずに大阪へ。

眠い。眠いけど記憶が薄れないうちにとがんばって書いています。

あんな素敵な時間が、やがて遠い記憶になるなんて耐えられない。(長いのでご注意)




七夕ライブ。毎年七夕の夜は雨が降る。(多分確立高いはず)

だから今日雨が降っても誰かさんをうらんだりしないからね、と自分に言い聞かせながら電車を降りた。曇り空ながらなんとか持ちそう。(実はわたしは腫れ女、じゃない晴れ女)



初めてのShangri-La。HPで調べて向かったものの、予想通りちょっと迷ってしまった。

新梅田シティ方面に向かう地下道の入り口がわからなくて、結局ヨドバシカメラを1周してもわからずガードマンさんに道を尋ねた。


地下道さえわかればあとは簡単。Shangri-Laは目立つからすぐわかるよ、と聞いていたけど、ほんとにすぐわかった。


ヤシの木。う〜ん・・・中に入ったら赤い壁にシャンデリア。う〜ん、微妙・・・

でもフロアは階段状になっていてステージも高いし、どの場所でも聴きやすそう見やすそう。


f:id:firesign0916:20060708010440j:image


今日はナナさんが4月に大阪城野音で手売りのチケットを買ってくださったため、整理券番号はひとけた!最前列ってやつですね♪


f:id:firesign0916:20060708010816j:image


開演を待っている間、ナナさんからこのツアーのドラムがあのフジファブリックのサポートをされてた城戸(キド)さんだって聞いて、さらにテンションが上がる。思わずkanaさんの顔が浮かんだ。(フジのライブでキドさんにめろめろだった)

開演を待っているとき、わたしの肩を叩くひとが。磔磔VOLAのライブで偶然一緒になったMちゃん。彼女とは親子ほど歳が離れているけど、どうやらツボが同じらしい。


そうこうしているうちにグリンさんともplaneライブ以来の再会。

砌さん、アッコさんの位置も確認できて、わくわくしてきた。




10分遅れの開演。


タカハシさんがギターのタカミさんと登場。1曲目は立ちボーカル(っていうんでしょうか)で。


2曲目の「急に石が飛んできて〜ラプソディー・フォールズ〜罪」ではキーボードのSunnyさんも加わり、3曲目からはベースのマキリンとドラムの城戸さん登場!


だんだん音に厚みが増してきて、気がつけば瞬きもせず息を止めて聴いている状態になっていて、ちょっと肩の力を抜いた。



とにかく5人ともかっこいいの!(陳腐な表現ですみません)


バンド形式のperidotsのライブは初めてだけど、ずーっと一緒にバンドをやっていたような一体感。タカハシさんの唄はもとより、ドラムの城戸さん、かっこいい!(こればっか)

タカミさんの包み込むようなまなざし&ギター、マキリンは相変わらずイカしたベース、Sunnyさんのコーラスもすごく綺麗で、特に「“shoulder”」ではぞくっと鳥肌が立った。


最前列ってこんなに見通し良かったんだー。後ろの人、デカいのが前に立っててごめんなさいよ。


タカハシさんはMCは得意そうでなく、できたらず〜っと唄っていたいんだろうな。でもperidotsは彼ひとりで、まわりはサポートメンバーなんだからがんばらなくちゃ。“え〜っと、え〜っと”と一生懸命話そうとするタカハシさんのことを、後ろの4人がとても優しい眼で見守っている感じだった。




<セットリスト>


01.歌は常に雄弁である

02.急に石が飛んできて〜ラプソディー・フォールズ〜罪

03.メトロ

04.エキスポ

05.ケーブル

06.愛を唄う

07.ヘッドホン

08.海と塵

09.話を一つ

10.夜のページ

11.“shoulder”

12.労働

13.オールライト

14.ライフワーク


En1.ラスト・ワン

En2.ユー・アー・ザ・ソング

En3.ナッシング・イズ・カミング



「ヘッドホン」で一旦ほかのメンバーは退場し、「海と塵」はタカハシさんの弾き語り

メンバーが引き上げるとき、タカハシさんの背中をポンと叩いていかれた。

タカハシさん、“背中を後押しされるのにはいろいろ深いイミがあって・・・”と笑わせてくれた。


次の「話を一つ」ではタカミさんが戻ってきてアコギを弾いて、タカハシさんはハンドマイク。

さらに唄のパワーが増した。



そしてまたバンドに戻ってと、曲によっていろんな姿を見せてくれた。


どんなカタチでもタカハシさんの声は心の隅っこまで届いてくる。


GSGPのときには唄の力に引き込まれていく、という感じだったけど今日は・・・

道に迷ったけど、タカハシさんの唄に戻って来れて良かった、と思いながら聴いていた。


途中“うわっ”とつぶやいて、前の柵にしがみついた。ナナさんに“?”って見られたけど、ごめんなさい、倒れそうだったの。タカハシさんの声と5人の音に、ゾクゾクしっぱなしだった。あー、最前列でよかった。



本編ラストの「ライフワーク」で、タカハシさん、タカミさん、城戸さん3人が、何度も顔を見合わせ微笑みながら演奏されていて、それを見てなぜだか泣きそうになってしまったよ。



アンコールが終わり客電が点いてからも、Wアンコールを求める手拍子が鳴り止まなかった。

“もうおしまいです”という場内アナウンスが流れてきてやっと、ため息とともに手拍子が止まった。

そしてすぐに今度は大きな拍手が起こった。

“素晴らしいライブをありがとう!”“素敵な音楽をありがとう”

そんな思いをこめて一生懸命に手を叩いた。





帰り道の長い地下道を、ナナさん、アッコさん、砌さん、グリンさんとわたしの5人で駅に向かった。

年齢も性別も住んでいるところもバラバラで、音楽がこの世になかったらきっと出会わなかったひとたち。



こんな素敵なオマケまでついて来るんだから、“音楽が嫌いになれる方法を教えて”なんて言ってごめんなさい。

きょんきょん 2006/07/08 06:00 ほんと良かったですね。私Rinkoさん見つけましたよ!笑
ただそのときライブ友達に偶然会い話していたのでRinkoさんに話しかけることができなかったんですけど・・・
また次はどのライブになるかわかりませんけど
お会いできたらいいなと思ってます。
私もずーっと息を止めてる状態でした。
すっごいです。オールライト、ライフワークあたり
倒れそうになってました。もう最高です。

ぷっちんぷっちん 2006/07/08 10:37 音楽からの恩恵は、自分次第でいくらでも倍増するし
ライブにはそこにしかない感情の激動がありますよね。
それは演奏の技術とか、重ねる音は遥かに
超越していて
自分の胸に引っかかっちゃう言葉にならない刹那。
生音にたくさんふれて
同志と語らう。自分のココロを見つめる限り
永遠に「青い時代」は続くのであります(笑)
躊躇なく、イマのRinkoさんをまっとうしてくださいな。
追申、歌詞バトン模索中です。膨大なCDと闘う日々!
ちょっと楽しいです、古い音とかね☆
完成したらば初めての「トラックバック」かな?(笑)

RinkoRinko 2006/07/08 11:11 きょんさん>ご一緒でしたか。お会いできなくて残念でしたが、まだまだこれからもチャンスはありそうですね☆
学校のほう大変みたいですが、負けないでね。(なんもアドバイスできなくてごめんなさい)

RinkoRinko 2006/07/08 11:13 ぷっちん>「青い時代」って素敵だなあ。ちょっと気恥ずかしいような(笑)行けるとこまで行ってみます!
初のトラックバック、待ってますね。楽しみです〜♪

アッコアッコ 2006/07/08 14:50 タカハシさんも言われていたように、忘れられない七夕になりましたね。言葉にならないステキな夜でした。
そういえば帰りのながーい地下道は一瞬で通りすぎましたね!楽しかったです。ありがとうございました☆
歌詞バトン、私も模索中でーす♪

P.S.写真…!ウケました!(笑)

RinkoRinko 2006/07/08 15:12 アッコさん>「七夕」ってのがタカハシさんにお似合いでしたね。根拠はないけど。
バトン楽しみにしています☆写真ウケてくれてありがと。ほんと、家に帰ってPCで見るまで気づかなかったよ〜

kanakana 2006/07/08 16:36 ギャーーーっ!!城戸さぁーん!!
もう1回あのドラム聴きたいよ〜。

グリングリン 2006/07/08 17:38 昨日はほんと素敵な七夕でしたね。
高橋サンの歌声はもちろんバンドの音に圧倒されっぱなしでした。。
帰り道みなさんとお話できて楽しかったですw
またどこかでお会いできるかなぁ〜
そのときはよろしくです^^

砌 朱依砌 朱依 2006/07/08 20:43 昨日はどうもでした。
・・・って写真ってこんなのだったのですね。
うわぁ・・・。
笑うしかない(え)

ナナナナ 2006/07/08 22:00 昨日はステキな七夕の夜でしたね。
シャングリラのあやしい雰囲気はタカハシさんにピッタリだと私は思います。
ご本人も気に入ってはったみたいですし。

RinkoRinko 2006/07/09 01:40 kanaさん>ほんと、城戸さんのおっかけをしたくなるくらいかっこよかったです。一緒に踊りたくなるようなドラム、でもそのアーティストの世界を壊すことなくほんとに素敵です。

RinkoRinko 2006/07/09 01:41 グリンさん>タカハシさんと同じく、わたしにとっても忘れられない七夕になりました。またすぐお会いできる予感。よろしくです☆

RinkoRinko 2006/07/09 01:43 砌さん>当ブログに出演ありがとうございます(笑)出演料は出ませんのであしからず。

RinkoRinko 2006/07/09 01:45 ナナさん>気に入っておられましたねえ。ステージからでもひとりひとりの顔が見えそうですもんね。ただちょっと最初とまどいましたよ、あの赤い壁(笑)また行きたいです、今度は迷わへんぞ〜。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20060707/p1