Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-09-11

the pillows Wake up!Tour 追加公演@なんばHatch (9/10)



ブログを書き始めて2年半。今までで一番難しいレポになりそう。

書きたいことが溢れているのに書けない…

だって書いちゃうとこれからライブに行く人、つまんないよ。

推理小説を読もうとページをめくったら、1ページめに犯人の名前が書いてあるようなもんだよ?

それでもなんとかうまく書けたらいいな。書きたいんだ。


派手なセットでピロウズらしくない、今回限りと聞いてほっとした、という声が多くてそれは同感なんだけど……


わたしは今日とても楽しかった!


何よりさわおさんの声が絶好調だった!


Peeちゃんのギターに今までで一番感動した!


内緒にしてごめんやけど、あのセットの仕掛けを見たときわたしは、「ぎゃー!」と叫んでから「きゃはは!」とばか笑いして、そのあとじんわり泣けてきた。


こんなの見せて驚かせたかったんだ。


平均年齢41歳のバンドが本気で遊んでくれたんだ。


そして、ピロウズのメンバーの、バスターズへの愛を感じたよ。


こんなこと思うわたしって変?まー、ピロウズに惚れちゃってるから勘弁してください。



昨日帰りの電車の中で、携帯から某所(ぶっちゃけmixi)にアップした日記。

ライブの余韻さめやらぬ状態で書くとろくなこと書かんな。

でもネタバレしないように収めようと思ったら、これで十分かもしれない。


以上!




・・・では収まらないのがわたしの性分。

名古屋ライブやらよそ様のレポやらで既出のことや、ご当地MCだけでも書いておくことにしよう。

それにセットリスト。後半戦はセットリストにはあまりこだわらなくていいような気がするよ。

名古屋と同じセットリストでした。見たくない人はこの辺で「サヨナラ バイバイ〜♪」しちゃってください。



<セットリスト>


01.Wake up! dodo

02.Skinny Blues

03.I know you

04.ターミナル ヘヴンズ ロック

05.プロポーズ

06.空中レジスター

07.Ladybird Girl

08.シリアス プラン

09.プライベートキングダム

10.つよがり

11.Like A Lovesong(Back To Back)

12.MY FOOT

13.Black Sheep

14.BOAT HOUSE

15.GIRLS DON'T CRY

16.Midnight Down

17.サードアイ

18.Century Creepers

19.プレジャーソング

20.LITTLE BUSTERS

21.YOUNGSTER(Kent Arrow)

22.ROCK'N ROLL SINNERS


En.01

01.Ride on shooting star

02.スケアクロウ

03.Sweet Baggy Days


SE:YOUNGSTER(Kent Arrow)


En.02

01.Advice



後半戦の特徴はステージセットとライティング。

噂はAXのライブあたりから聞いていて、どんなんやろと楽しみな反面、妙にきらびやかな歌謡ショーみたいなんだったらいややな、と思っていた。

でもそれは杞憂だった。


出てくるセット、出てくる演出が楽しくておもしろくて、ずーっとニヤニヤしていた。



●ベースの淳くんの後ろにあるアンプの上に、今話題の(?)400%バスターくんを発見。

途中のMCでシンちゃんは彼(♂?)のことを「オレンジのひと」って呼んでいた。


●『Ladybird Girl』のことを「恋するテントウムシ!」と。

後半戦から追加で販売されているレディバTシャツがかわいい!

 f:id:firesign0916:20070912003411j:image



●後ろのセットを指差し、「こんなセット、今回限りだから。・・・でも20周年のときまたやったりして・・・使い回しで」(爆)



●18年のピロウズの歴史始まって以来のその華やかなセットにさわおさん、思わず撮った写メをMr.ChildrenのJENさんに送ったそうだ。

でもよく考えるとMr.Childrenはその頃、日産スタジアムの豪華なステージで2日間のライブを行い、何万人ものお客さんを集めていたことを思い出した。

ちょっと後悔していたら返信が来て、「すごいねえ」と書いてあったメールに自分のへ○ヌードの画像が添付されていたんだ、って。

「ほんとだぞ!ねえ、真鍋くん?」ってふられたPeeちゃん、大きくうなづく。

そのとき会場から「見せてー!!」と叫ぶ女の子が。

思わずさわおさん絶句して、「話すのもどうかと迷ったのに・・・おまえら・・」とあきれ顔だった。



●「ここハッチも・・・ゼップも・・・俺たちには大きすぎるんだ!」と。

“そんなことないよー”と声が飛ぶ。


「つよがりを言ってもいいかな?」

大歓声!


この『つよがり』が・・・さわおさんの声がよく伸びて聴き惚れていたら、間奏のPeeちゃんのギターが・・・・・


凄い?

やばい?

なんて表現したらいいんだ?

前にラジオでPeeちゃんが、「ギター1本で泣かせるようになりたいです」って言われてたのを思い出した。

音を聴いて鳥肌が立ち、弾いている手を見てぶわっと髪の毛が逆立ちそうになった。

昨日でまたPeeちゃんファンが増えたに違いない。



●「ピロウズが好きだなんていう変わり者のおまえらに3曲送ります」と『Black Sheep』〜『GIRLS DON'T CRY』を。

サマソニシンディ・ローパーを見たとき1曲だけアレンジを変えてて、それが好きな曲だったからがっかりした、「今日はそれを俺たちがやります」(笑)と言いながらも、「この前これやったとき古い曲過ぎて、変わってるのわからなくて大丈夫だったみたい」と。

いえ、全然違う曲になってますよ。死にそうなほど欝な曲なのに踊りそうになったりして(笑)



●時々曲の間に“さわおさーん”、“シンちゃーん”と声が飛んでいたんだけど、一度“さわお〜〜〜”と調子のはずれた声が。

「ん?おふくろか?」(笑)

「仕送りが足りないって?」(爆)


●その話のあと紹介されたベースの淳くん、「僕はおふくろじゃなくて親父の話で」(笑)

「うちの親父、ピロウズが大好きなんですよ(笑)

家に帰ったら“○日はどこでライブだ?”と聞かれるので、“う〜ん、どこだったかな?”と答えると、親父、A4の紙2枚貼ったスケジュール表出してきて・・

“○日はおまえら泊まりだな”、“ここは連続だけど山中くん大丈夫か?”だって」(爆)


淳くんのお父さん、素敵です!


●Peeちゃんはこの前のサマソニの話。

「会場近くに着いてびっくりしたんだけど、あのごみ焼却場!すごいねえ!!さすが大阪だ!」

と。舞洲に行かれた際にはぜひご覧ください(笑)


●シンちゃん、この日は高いところでよく見える。(主役はシンちゃん 笑)

「チケットがSOLD OUTとか聞くとライブに来たくてもチケット取れなかった人もいるんだろうな、と。

今日はSOLD OUTじゃありません!だからここにいるお客さんはみんなピロウズが大好きなひとばかりだと」


ちょっとわかりにくい表現でしたが気持ちは伝わりました(笑)



●『Midnight Down』のとききれいなスポットライトが当たり、声がよく伸びて気持ちよさそうに歌うさわおさん。声が出なくて歌えなかった神戸のライブでのこの曲を思い出して、ちょっと泣きそうになった。

さわおさん、やっぱり素敵だよー



●・・・・おっとー、このあとのことは自粛です。

このツアーが終わったらここに追記します。自分であとで読み返して思い出に浸るためにね。

   ↓ ↓ ↓ 







●最後のほうで2階から女の子が、“さわおさん、2階にも合図してー!”と。

さわおさんにははっきり聞こえなかったようで、「え?」という顔して1階のお客さんを見られた。

わたしとすぐ前の男の子ふたりで、2階のお客さんを必死で指差した。

さわおさんはじめメンバー全員2階を見上げたときの表情が、とっても優しかった。

2階にもたくさんバスターズが立って手を振っていて、“こっちもー”と。

「おまえら、○△×○・・・」

なんて言われたか聞き取れなかったけど、ちょっとさわおさんの素の顔を見たような気がした。


f:id:firesign0916:20070912011100j:image

この空は開場を待ちながら見上げた空。

まわりには、ピロウズ大好きオーラをまとった変わり者がたくさんいて、とっても幸せな気分だった。



ライブ後わたしのすぐ前にいた女の子が振り向いて、「何回も足を踏んじゃってごめんなさい・・」と。

いえいえ、わたしの足があなたの足の下に入っただけなんだよ。


何度ライブに行ってもこんな幸せな気分にさせてくれる、素敵なバスターズと素敵なバンドにありがとう。

ケイコケイコ 2007/09/12 01:55 いやいや、お疲れ様でした☆
言葉に言い表わすのが難しい‥わかるような気がします。何かさわおさんがとても生き生き楽しそうで一人ニヤニヤしてました(笑)
Rinkoさんのレポもあったかくて好きです。一度直にお会いしたいもんです(笑)
Zeppも楽しみましょうね!

いなざわいなざわ 2007/09/12 12:33 お疲れ様でした(^-^)/
やっぱり2回目のアンコールあったんですね・・・あるかなー、と思いつつ1回目で帰ってしまいました。「友達いるの?」etc.のMCは宇都宮辺りでも話されていたそうなので、余計可笑しかったです。各地で言ってるのね。(因みにマイミクさんのご子息がピロウズと同い年で「話合う友達いるの?」と言われたそうです。)

BunnyBunny 2007/09/12 13:44 Hatch、楽しかったですねぇ。今回はちっこいお連れが一緒だったので、初めて2Fで弾けてました。あの曲になった途端、会場の温度が一気に上がり、2Fまで熱気が上がってきてビックリしました。すごかったです!24日のZeppが楽しみですね〜♪

よしまさよしまさ 2007/09/12 16:20 お疲れさまでしたー。
今回はアレとかコレとかすごかったですねー^^
僕も筋肉痛になるくらいはじけてしまいました。
次のzeppも一緒に楽しみましょう!!

アッコアッコ 2007/09/12 21:47 お疲れさまでした!相変わらずRinkoさんのレポステキですねー。
最後の足を踏まれた女の子の話、それに対するRinkoさんの思いが
女神のようですよ!こんなにやさしくなれちゃうのもあの空間にいたから
ですよねー、きっと。
初ライブがよそいきなピロウズである意味メモリアル?嬉しかったです!
レディバTシャツめちゃかわいいー。買えばよかった!
あ、セトリいただいていいですかー?

RinkoRinko 2007/09/13 01:15 ケイコさん>実はあっちやこっちですれ違っているかもですね。
わたしもこの日のライブを思い出してはにやにやしています。(きもい?)さらに大きいZEPP、今回ばかりは楽しみです♪

RinkoRinko 2007/09/13 01:17 いなざわさん>いつも2回目のアンコールのときは、さわおさんは迷惑そうな顔して出てらっしゃいます(笑)「まだ遊び足りないのか?」って言ったりして。
うちの次男がピロウズの誕生日と同じ誕生日です。友達いるみたいです(笑)

RinkoRinko 2007/09/13 01:20 Bunnyさん>2階からみるとそんな風景だったのですね!今回ばかりは全体が見渡せる後方か2階でもおもしろかったかもしれませんね。
あの曲のときライトがまぶしくて目を細めて、やっとしっかり開けれたと思ったら目の前にアレがいました。前のほうにいて見上げるわたしには襲いかかられるかと錯覚するぐらいに近かったです(敵?)

RinkoRinko 2007/09/13 01:22 よしまささん>行っておられたのですね!そしてアレとかコレとか・・すごかったです!
20周年のときにはさらにパワーアップしたアレが見たいですね。小金を貯めてがんばってもらいましょう(笑)

RinkoRinko 2007/09/13 01:25 アッコさん>ライブ始まる前からわたしは女神でした!(え)・・・なんて錯覚するくらい嬉しくて優しい気分で開演を待ってましたよー。
Tシャツかわいいでしょ、買ってないけど。もうひとつの3人バスターくんのTシャツとトーとバックを買いました、バスターくんファンなので。セトリ、どうぞお持ち帰りくださいね。次はもっと小さいハコの地味めなピロウズに会いに行きましょう!

レムレム 2007/09/13 01:48 あー、Rinkoさんのレポ読んでたら、又ライブに行きたくなってきました。あの距離でさわおさんが真正面だと、自分に向かって唄ってくれてるように錯覚しちゃいますよねー笑
セットリストが同じでもひとつとして同じライブはないから、ライブはやめられない、、
あの夜ご一緒できてホントによかったです!

ksks 2007/09/13 07:58 今晩は。行ってました。
いやー、楽しかったですね。12月が今から楽しみです。チケット取れるか不安ですけど(笑)

RinkoRinko 2007/09/13 22:36 レムさん>ええ、ええ、もう錯覚と妄想のカタマリですもん、わたし。
いいじゃないか幸せならば。(ふるっ)
終わったらすぐ次のライブに行きたくなりますね。なんたって変わり者ですから、アタシタチ。

RinkoRinko 2007/09/13 22:38 ksさん>行かれてましたか!めっちゃおもしろかったでしょ?アレやコレ。
12月もがんばりましょう!次はいつもの地味・・・じゃないシンプルなライブですよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20070911/p1