Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-03-24

 sleepy.ab “新譜録音経過報告行脚”@名古屋CLUB ROCK 'N' ROLL(3/22)

f:id:firesign0916:20090323235401j:image



sleepy.abは前日広島でMUSIC CUBEに出演し、その夜には名古屋へ。


わたしも・・・・と言いたいところだけどその日は広島泊まり、翌朝早くに大阪に着いて仕事関係の研修を受け、一度神戸に戻って荷物を置き、お昼過ぎに名古屋に向かったという段取りの悪さ。


名古屋に着いた頃には小雨になっていたのに、開場直前にはまた強く降り始めた。



CLUB ROCK 'N' ROLLに来るのは2回目。

前回は、sleepy.abが対バンライブをするということで、ダイアモンドホールでの他のバンドのライブが終わってからCLUB ROCK 'N' ROLLにダッシュしたけど、すでに彼らの出番は終わっていた。

だから、ライブハウスに入っただけ、という(笑)


それでもCLUB ROCK 'N' ROLLの場所が不安だったので、先に確認しに行った。意外と覚えているもので、迷わずに行けた。



f:id:firesign0916:20090324010313j:image


f:id:firesign0916:20090324010312j:imagef:id:firesign0916:20090324084630j:image





(↓下にセトリあり)








CLUB ROCK 'N' ROLLのキャパは200くらいということだけど、そんなに入るのかな?


ステージが低いので後ろでは見にくいかも。

ただ、ステージに面したフロアの左側のドリンクカウンター前にちょっとしたスペース(物販がある)があり、高くなっているので、そこで観たほうが観やすいかな?と思った。斜めからステージを覗く形になるけど。


ステージも狭いので、前列に並ぶ弦の3人は窮屈そうで、山内くんは身体を右斜め45°?に傾けて演奏された。


反面、ステージとお客さんがめっちゃ近いので、アットホームで雰囲気はいい。




お客さんも多くて、ドリンクカウンター前や、入り口ドア付近から窮屈そうにステージを見ている人もおられた。


途中で田中くんが、「後ろの人、見えますか?せっかくの名古屋なので、よく見てもらいたいからできるだけ前に詰めてください。さっきから気になっていました」と言われた。


みんな少しずつ前に。おかげで山内くん前2列目に行けた。


近すぎてやや抵抗がある(笑)


山内くんの靴下には、黒地に白ウサギがはねていた・・・多分。いつもかわいい!



田中「名古屋での初ワンマンです!」


大きな拍手。


田中「今日は北海道で、オアシスのライブをやっています。

実はオープニングアクトをやってくれと言われたんだけど・・・」


ええっ!?


田中「名古屋でライブがあるから」と断ったそうだ。


田中「名古屋の皆さんのために!」


成山「押し付けがましい!」(笑)


オファーが来たのもすごいけど、断ったのもすごい!




とにかくドラムの津波くんが凄かった。


いつもよりステージが近いため、叩いている表情までよく見えた。


前半のどの曲だったか忘れたけど、斜めに座っているギターの山内くんが後ろを向いたときに目が合った津波くんが、とってもいい笑顔を浮かべたのが見えて、わたしまで幸せな気分になった。




“なんとなく”の「自由のせいにして」の部分で、成山くんのマイクにエコーがかかって、声が遠くまで広がっていくところが大好きなんだけど、会場が狭いせいかいつものような広がりがなくて残念だった。



成山「札幌はまだ雪が降っています・・」


うんうん。


成山「“雪中花”」


そ、それだけ?もっと話が続くと思ったのでみんなでちょっとずっこける。





成山「よくみなさんに、いつアルバムできるんですか?と聞かれるんですが・・」


田中「がんばってるんですが・・まだ3曲しか・・」(笑)



成山「“新譜録音経過報告行脚”というより“おわび行脚”。謝ってまわるという・・・」(笑)


急がなくていいからじっくり曲を作ってください。







sonar”のあと続けて始まった曲。

田中くんのベースから静かに始まった。あれ?新曲?


思わず息を止めた。


なんて表現したらいいかわからないけど、スケールの大きい曲で聴いていてゾクゾクした。


あっという間にsleepy.abの世界に連れていかれた感じ。


もう一度聴きたい。早くアルバム出してください!(さっきと言うことが違う 笑)





“PAIN”大好きだ。

バンドを組んだ当初はこの曲しかオリジナルがなくて、3年間これを練習していた、と前に言われていた。

一番初めにこの曲?つくづく凄いバンドだと思う。




田中「さっき・・・6曲目にやった曲は新曲で・・・気づきました?」


気づくよ、あったりまえ〜〜(笑)


最前の女の子とわたしが同時に「タイトルは?」と尋ねてしまって、


成山「タイトル?“ナハトムジィク” 山内がつけました。


(山内くんを見て)どういう意味?」



山内「(ふいに振られて)・・・今忙しいんだけど」(爆)


次の曲の準備に余念がない山内くん(笑)


成山「今忙しいそうなんで、じゃあ、あとで」(笑)


結局「あとで」もなかった。隣にいた友人と「モーツアルトのあれ?」とささやきあった。


ちなみにモーツアルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』は小夜曲、セレナーデの意味。



次の曲は“四季ウタカタ”だった。

うん、そりゃ忙しい(笑)

山内くんのギターを凝視した。






そして新曲3曲中の2曲を続けて。“ドレミ”“アクアリウム”


シャングリラのライブのあと、タイトルを尋ねたら“ドレミ(仮)”と言われていた。(仮)は取れたのかな?



“アクアリウム”のギターの音を聴いていると、自分が深海魚になったような気分になる。

アクアリウムは水槽という意味だけど、もっと深い真っ暗な海を泳いでいて、心細くなったときに一筋の光が射しこんできたような。


誰かがsleepy.abの音楽を、「音で目覚め、声に癒される」と言っていたのを思い出した。




“メロディ”はいつ聴いても泣きそうになってしまう。何度かつばを飲み込んだ。


“遊泳スローモーション”を聴くのは久しぶり。後半成山くんの声にふわっとして倒れそうになった。


“ねむろ”は、今日は温かい気持ちで聴いた。癒される。





MCは相変わらずぐだぐだで、田中くんが何か喋ろうとしたら成山くんが遮る形になったり、逆に譲り合って見つめあったり(笑)



最後に(アンコールのときだったかな?)田中くんが話し始めたときも成山くんが違う話をしそうになって、

成山「ごめん。黙ってる」(笑)


そのとき田中くんは、「名古屋でワンマンができてよかったです」と、お客さんとCLUB ROCK 'N' ROLLに感謝を述べられて、

田中「今日のことを胸に、明日から生きていけます。」


そんなセリフも田中くんが言うとまっすぐ伝わってくる。真摯な人だから。



成山「・・ごめん、そんないいこと言いたかったんだね。これからは邪魔しないようにするよ。」(笑)


田中「そしたら全然喋らなくなっちゃうし。極端なんだよ。」(笑)


成山「中間がないね。」(笑)



でも、そんな二人の微妙な間が好きだったりします(笑)




アンコールで“24”


ワンマンではこの曲を聴かないと。


後半はただ数字をカウントしているだけなのに、どうしてこんなにドキドキするんだろう。


「17!」で立ち上がった山内くん。



曲が終わっていつものように成山くん、


「今日はありがとうございました。おやすみなさい」と。







Wアンコール。


田中「今日は本当にありがとうございます」

「ロックバンドだから応えなきゃ」(笑)



“scene”


隣の友人と「やったね!」と顔を見合わせて微笑みあった。


山内くんのかっこいいギターから。sleepy.abの世界の扉が開・・・・・く?

ワンフレーズ弾いて音を止めて、「ちょっと待った!」と立ち上がる山内くん。


「さっき最後にがーっと弾いたから・・」とチューニングが狂っていたことをしどろもどろに説明する山内くん。


挙動不審(笑)


「いいから早くしてよ。」と成山くんがひどく冷静に(笑)


あわてて椅子に座り、チューニングし直す山内くんに、


「みんなが注目して見てるよ〜」と冷やかす成山くん。


はい、見てますよ〜〜(笑)


成山くんの山内くんいじり、1回は見ないとね(笑)





仕切りなおして“scene”


ほんとだ。全然音が違う!(笑)


後半。立ち上がる山内くんを見ると毎回感動してしまう。

なんでだ?立ち上がっただけなのに。






曲が終わって成山くん、


「今度こそおやすみなさい」(笑)




物販におられたメンバーさんにご挨拶して、新曲がとてもよかったことも伝えることができて、満足して小雨の中駅へ急いだ。


それでも2日続けてsleepy.abのライブを観て、イライラしたことがあって、帰ってからそれをmixiの日記に吐き出して今に至る(笑)



なので、ここではサクッと簡単に記録として残すだけのつもりだったのに、1曲ずつ思い出すと書きたいことがたくさんあって、どんだけsleepy.abのことが好きやねん、と。

それを実感したライブだった。




25日の東京ワンマンはSOLD OUTだってね。

行きたかったな。


4月10日の素敵な対バン(APOGEE/slepy.ab/トクマルシューゴ@大阪MUSE)に、行けるかどうかわからないのにチケットを取った。


行けないチケットはムダにしたくないので、いつもは誰かに引き取ってもらうのに、この日ばかりは最後まで未練たらしく手放せないと思う。


誰か、分身の術を教えてください。(って、前にも書いたような 笑)





セットリスト


01.メリーゴーランド 

02.なんとなく

03.inside

04.雪中花

05.sonar

06.ナハトムジィク(新曲)

07.PAIN

08.四季ウタカタ

09.ドレミ(新曲)

10.アクアリウム(新曲)

11.メロディ

12.遊泳スローモーション

13.ねむろ


En1

01.24


En2

02.scene

いなざわいなざわ 2009/03/24 13:11 ナハトムジィク、”夜の音楽”ですかねぇ。
色々思いはありつつも、好きなままでいられるなら、それはそれで良い事かも・・・と思います。大阪のライブ行こうか迷い中(ほぼ行く!に傾き中)です。

RinkoRinko 2009/03/26 22:11 いなざわさん>夜の音楽、ですね。
好きなままでいたいです。
ぜひ一度、ライブを観てください。ワンマンも5月にありますし。ぜひ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20090324/p1