Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-05-31

 C-999 解散ライブ@下北沢CLUB Que(5/30)


f:id:firesign0916:20090531122415j:image


f:id:firesign0916:20090531122407j:image


C-999:

2001年結成。結成当初はundercover(アンダーカバー)という名前だったが2004年に改名。

2006年2月binyl recordsよりメジャーデビュー。

2009年5月30日の下北沢CLUB Queでのライブをもって解散する事を公式サイトで発表した。

  (Wikipediaより)


メジャーデビュー作『三千世界に鳴り響け』で彼らを知って、それからライブ会場やハイラインインディーズ時代のCDを買い集めた。


メジャーデビューしてしばらくしてからドラムの増子さんが脱退され、それからもサポートドラムを入れてがんばっておられたけど、ライブの本数が減り始めてどうしたのかな?関西では全然ライブがないな、と思っていたら、今年の3月に解散が発表された。


そこに至るまでの1年くらいはライブが観れず、何の情報もなかったので、それは衝撃的だった。


正直言って油断していた。


いつでもライブが観れると思っていた。



最近の曲はあまり聴いていないし、解散ライブは東京だし、迷っているうちにチケットが売り切れてしまった。

けれど幸運にも譲ってくださる方が見つかり、この日CLUB Queに行くことができた。



整理番号を呼ばれてライブハウスに向かう階段を、「普通のワンマンだったら幸せだったのにな」と思いながら降りた。


f:id:firesign0916:20090531122632j:image




続きを読む

2009-05-30

 C-999 解散ライブ@下北沢CLUB Que とりあえずプチレポ


f:id:firesign0916:20090530223005j:image


セットリストは画像参照。

そしてアンコールは…


En1

01.one

02.銀の砂 時の窓

03.4次元方程式



En2

04.リセット

05.咲かない花



合ってるかな?


mixiにも同じようなことを書いていますが、とりあえずご報告。


やはり日帰りは無理でした。


Wアンコールのあと、駅までダッシュすれば最終の新幹線に間に合ったかもしれないけど…

夜行バスなら間に合うのだろうけど…



立ち去りがたい。



みんなも同じだったようで、アンコールの手拍子じゃなく感謝の拍手をもう一度。


そしたらみたび出てきてくれて、オノデンの音頭でみんなで一本じめ。




夜光虫で泣き、リリィで泣き、世界で泣いて、


Wアンコールの初めに

「とうとうCDにならなかった曲、リセット」

と慎平くんが言うから涙が止まらなくなった。



それでも、


「笑って終わりたい」


と言うので咲かない花で笑おうとしたら変な顔になった。




いつでもまた会えると油断していた。


どんなものにも終わりが来るのだなあ。


だから今、この時を大切に。



下北沢の某所で、ひとりでひっそりC-999に乾杯してきます。


詳しいレポは神戸に帰ってから。

2009-05-28

望みはすべて叶えてあげる


と言ってくれる壼が、どこかにないでしょうか?



1.このままインフルエンザ騒ぎが終息する(切望!)


2.長男の就職が決まる(もういくつ落ちたやら)


3.6/15の、梅田シャングリラでの空中ループのライブに行ける(時間的に苦しい)


4.7月のtacica/LOST IN TIME@帯広〜札幌のライブに行ける(経済的に苦しい)



5.the pillows916@武道館のライブに次男と行ける(大学が始まっているから無理かも)




とりあえずこのくらい(笑)





あさってのC-999のラストライブのときは、結局新宿に泊まることにしました。


そのかわり、翌日は始発の新幹線で帰ってきます。



なあんだ、人騒がせな。


って、思ったらごめんなさい。


コメント、ありがとうございました!




ここに至るまでには、紆余曲折あったわけですよ。

長くなるので書きませんけど。



もう二度と解散ライブには行きたくない、と思っていました。


でも、あきらめたはずのチケットが、わたしの手元に舞い込んで来たからには、

これはもう、向かい合うしかない。


しっかり見届けてきます。

2009-05-27

この期に及んで



悩んでいます。



↓このチケットを譲っていただくことができました。



f:id:firesign0916:20090527004304j:image



5/30(土)、C-999の解散ライブ。

ハコ売りチケットだそうです。


手元に届いたときは嬉しかった。

もちろん今でも嬉しい。嬉しいのだけど・・・



日帰り。



・・・18:30開演。


大阪までの最終の新幹線は、品川発21:27。

(大阪まで帰ってくればなんとかなる)


これに乗るためには下北沢発20:57発の電車に乗らなくちゃいけない。


間に合うだろうか。


夜行バスも考えたが、このご時世それってどうなんだ。


う〜〜〜〜ん・・・

2009-05-25

浪速 DE トーク DE 怒髪天@心斎橋 digmeout(5/24)



f:id:firesign0916:20090525232011j:image



出演:増子直純



「ライブ」というカテゴリーに入れるのはどうなんだという疑問は置いておいて。


休息日のはずだった昨日、怒髪天の増子直純さん、人呼んで「兄ぃ」のトークショーに行ってきました。


お友達がラジオ番組に応募して、見事「ペアご招待」ハガキを射止められ、お声をかけていただいたわけです。



疲労はピークでしたが、兄ぃの名前と「無料」に負けました(笑)



会場はBIG CATやDROPでのライブの前後に立ち寄ったことのあるお洒落なカフェ、digmeout。



しんどくても座っていられるだろうしな、と思い、実際会場の真ん中へんの椅子に座れましたが、遅く来られた方は立ち見でした。


100名様ご招待らしいのですが、店内はさほど広くないのです。


トークショーで1時間というのは短いのか長いのか。微妙なところだけど、兄ぃのトークに笑いっぱなしでした。



続きを読む

2009-05-24

 空中ループ presents ウタ イン ザ ライフ@京都CLUB METRO(5/23)

出演:空中ループ/wooderd chiarie/トレモロイド/sister tail




前日、仕事が終わらなくて気づいたら日付が変わっていて、

「馬車がかぼちゃになっちゃうよ」とは思わなかったけど終電が出たあとで、

仕方なしにタクシーで帰宅。



ああ、ライブ2回分(そこ?)



そんなだから朝起きたときフラフラで、4バンド出演するこのイベントに耐えられるか不安だったけど、

空中ループとウッチャリ(wooderd chiarie)の対バンが観たかったのと、メトロに一度行ってみたかったので、かなり無理して出発。


長男に、「無理すると身体壊すで?」と心配された。

確かに。


でも、今の状況で好きなものから切り離されると、心が病んでしまいそうだよ。


さらに心配かけるので、口には出さなかったけど。





京都クラブメトロはその名の通り、京阪電車の改札を出て出口に向かう階段の途中にあった。

「へ〜」と感心し、一度地上まで上がってまた降りて来たのが下の写真。


f:id:firesign0916:20090524114700j:image




入り口はこんな感じ。

f:id:firesign0916:20090524114658j:image



中はこじんまりした造りで、ステージと客席が近いのでアットホームな感じ。

壁際や後ろに数個イスがおかれていたので、これ幸いとそのうちのひとつをキープした。

ま、シルバーシートということで(笑)


地元京都の友人や、最近知り合った大阪の方も到着されて開演を待った。


会場にはいろんな美しい曲が流されていたが、開演間際にはsleepy.abの“四季ウタカタ”と“ねむろ”が流れてきて、先日のワンマンを思い出してちょっとうるっとしてしまった。



続きを読む

2009-05-23 ピロウズ@武道館まであと116日

 このやまない雨に 濡れながら行こう



the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 04 “SYNCHRONIZED TOUR”のFC先行、無事当選しました!!




07月04日(土) 名古屋 Zepp Nagoya vs ストレイテナー

07月17日(金) 大阪 Zepp Osaka vs 髭(HiGE)

08月07日(金) 広島 CLUB QUATTRO vs THE COLLECTORS




そして20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 “LOSTMAN GO TO BUDOKAN” も。


09月16日(水) 日本武道館



一安心。




あとは今の苦境(?)を乗り越えるだけ。

かーさんは負けないぞ!!




ただ・・・BLUE SONGのDVD、買いに行くヒマないっ(涙)




タイトル曲:RUSH/the pillows

2009-05-20

sleepy.ab “新譜録音経過報告行脚”@大阪・福島 LIVE SQUARE 2nd LINE(5/19)



f:id:firesign0916:20090520234648j:image f:id:firesign0916:20090520234639j:image




生まれて初めて「今日のライブ、行くのをやめちゃおうか」と思った。


大好きなsleepy.abのライブなのに。そう思った自分が悲しくなった。




インフルエンザ騒動でますますハードになる仕事、夜勤での仮眠もほとんど取れず、体力的にも精神的にもかつてないくらい最悪で。



 新しい僕たちの道は

 苦しいから笑おうよ



sleepy.abの曲の中でも、特に大好きな“メロディ”の歌詞にも、「苦しいときに笑うなんて、無理だよ成山くん」と思ってしまった。


いつもは支えてくれる曲なのに。ごめんね。



それでもなんとか気を取り直してライブハウスに向かったのは、前のライブから1ヶ月以上開いていたのと、7月の札幌のワンマンには行けそうもないので、今彼らに会っておかなくちゃ、と思ったから。



セカンドラインに着いたら高架下にある建物の壁に、


営業停止の指示が出ていないので通常通り営業しております。体調の悪い方の入場はご遠慮ください。マスクや手洗いを十分行なってください。


という意味のことが書かれた貼紙があって、現実に引き戻された。


職場からは「不要不急な外出は控えるように」というお達しが出ているけれど、「不要じゃないから!」と気持ちを奮い立たせて入場。弱気になるとウィルスに取り付かれるような気がするし(笑)



久しぶりのsleepy.abのライブ、顔見知りになった女の子たちの顔が見えてなんとなく落ち着いた。



続きを読む

2009-05-18

 SWEET LOVE SHOWER 2009 SPRING@大阪城野外音楽堂(5/17)


f:id:firesign0916:20090518005031j:image



出演:UNCHAIN/榎本くるみ/OGRE YOU ASSHOLE/サカナクション/DOPING PANDA/怒髪天/THE BACK HORN/ステレオポニー(Opening Act)

MC=ちわきまゆみ/中島ヒロト




こんなときだけ当たる天気予報なんて大キライだ!

と叫びたくなるような悪天候の中、ほぼ満員の城野音はロック好きな若者であふれて、とても楽しいイベントだった。


久しぶりなひとやそうでないひとや、たくさんの友人・知人に会えて、本当に楽しかった。

合羽を着ていたけど最後に降った豪雨のためほとんどずぶぬれ状態で、帰りの電車の中で知らんオバチャンに怪訝な顔で見られました(笑)




オープニングアクトのステレオポニーが始まったのは13時40分くらい。

終演は19時30分すぎ。


途中雨がやんで空が明るくなったけど、最後はまたどしゃ降り。

6時間近く雨の中(笑)

みんなよくがんばったな!(と、自分を褒める)



続きを読む

2009-05-15 ピロウズ@武道館まであと124日

  会えない夜も キミにうたうよ

「月」がタイトルにある曲、はひとまず置いといて・・・



発表されましたね!the pillowsの、SYNCHRONIZED TOURの対バン



06月13日(土) 東京 Zepp Tokyo vs GLAY

06月24日(水) 東京 下北沢 CLUB Que vs The ピーズ

07月04日(土) 名古屋 Zepp Nagoya vs ストレイテナー

07月17日(金) 大阪 Zepp Osaka vs 髭(HiGE)

08月01日(土) 仙台 Zepp Sendai vs The Birthday

08月07日(金) 広島 CLUB QUATTRO vs THE COLLECTORS

08月09日(日) 福岡 Zepp Fukuoka vs チャットモンチー

08月28日(金) 札幌 Zepp Sapporo vs 怒髪天

09月07日(月) 渋谷 CLUB QUATTRO デリシャス・バンプ・ショウ!! w/ noodles / monokuro / POP CHOCOLAT




下北沢CLUB Que以外はFC先行抽選受付がありました。


このツアーと916武道館の抽選結果発表は来週の金曜日。


今からドキドキしてます。




チケット取れたら名古屋・大阪・広島のライブに行く予定。


次男は広島だけでいいと言っていましたが、対バンが髭ちゃんと聞いて「行く」と。

チケット当たればですけど。



ホントは札幌にも行きたい。


さわおさん、Peeちゃん、増子さんの故郷、北海道でのライブ。


いいなあ。




最近、怒髪天が静かなブームです。


そしてピロウズは、永遠にブームです。







タイトル曲:この世の果てまで/the pillows

2009-05-14

 月のウサギにラブレターを



今日の月は雲に隠れていびつな形に見えます。

f:id:firesign0916:20090515001904j:image


引き続き「月」という言葉がタイトルに入っている曲の話。


コメントでも曲を紹介していただき、ありがとうございました!

「ムーンマーガレット」が思い浮かばない自分がショックでした(笑)




↓いただいた曲たち


氷のムーン/スパルタローカルズ

ムーンマーガレット/the pillows

ペーパームーンにこしかけて/the pillows

ムーンパレス/カスタネッツ

月の花/アナログフィッシュ

犬と月/ボニーピンク

ムーン/レベッカ

月のワーグナー/ユニコーン

moonlight/椿屋四重奏

ムーンライト伝説/DALI(「美少女戦士セーラームーン」 オープニング)

月明かりに照らされて/山崎まさよし

夢見月に何想ふ/RADWIMPS

月光浴/柴田淳

月光陽光/ハイロウズ

月夜にムーンウォーク/東京60WATTS

月夜の散歩/エレファントカシマシ


たくさんありますね〜



他にも思い出したので、しつこく続きを。




ムーディー・ムーン・ダンス/スムルース

月下美人/スムルース

ロマン月/スムルース

SHOOT THE MOON/THE PREDATORS

ブリキの月/セカイイチ

真昼の月/音速ライン

青い月/つばき

月の夜にいつもの川/つばき

やわらかい月/山崎まさよし

あなたへの月/Cocco



今度こそ限界か・・・





タイトル曲:SHOOT THE MOON/THE PREDATORS

2009-05-12

今宵 上弦の月が彼に何か言う



帰り道、まだ月は低い位置にあって赤みがさしていたので、

一瞬街灯と見間違えた。


f:id:firesign0916:20090512003140j:image



でも、あっという間に高いところへ。


f:id:firesign0916:20090512003258j:image



月を見ていると、物悲しいような、寂しいような、それでいて優しい気持ちになれる。


そして好きなひとを思い出したりして(笑)



そんなことを思って月を見ていたら、以前「月」がタイトルにつく曲を友人が日記に書いていて、おもしろがってわたしも真似したのを思い出した。


今ならもっと集まるかな?



月/ELLEGARDEN

月になって/syrup16g

同じ月を見てた/GOING UNDER GROUND

月影/斉藤和義

三日月ロックその3/スピッツ

月に帰る/スピッツ

ルナルナ/スピッツ

ムーンライト/スピッツ

黄金の月/スガシカオ


ここまでが友人が書いていたもの。(覚えてるかな?)




赤い月に吠える夜/GO!GO!7188

花鳥風月/ケツメイシ

花鳥風月ワニナル/スムルース

月光/鬼束ちひろ

月光花/Janne Da Arc

今宵の月のように/エレファントカシマシ

今夜月の見える丘に/B'z

夜王子と月の姫/GOING STEADY


これがわたしがそのとき(4年前)集めたやつ。


そしてみなさんがコメントに書いてくれたのが↓


月光少年/ランクヘッド

月と手のひら/ランクヘッド

月飼い/ポルノグラフィティ

キミと僕とお月様/the pillows

月のしずく/RUI

妄想満月/Mr.Children

月に祈る/GLAY


よし!追加しよ。「三月」とか「8月7日〜」とかはなしで。



聞いてますか お月様?/セカイイチ

三日月/セカイイチ

三日月/絢香

三日月/くるり

オオカミと月と深い霧/tacica

三日月サンセット/サカナクション

夢見月/C-999

月とピエロと青い星/C-999

海月/ランクヘッド

MOONLIGHT/wooderd chiarie

月光/THE YOUTH

月が誘う/谷山浩子



う〜ん、そろそろ限界です。





タイトル曲:月とピエロと青い星/C-999

2009-05-10

DEAR SWEET NIGHT SPECIAL 2009 “10th Anniversary”@八王子RIPS(5/9)



出演:DOLCE/LOST IN TIME


f:id:firesign0916:20090510002022j:image



今回のこのイベントはDOLCEの企画で、5/1〜の10日間、八王子RIPSに毎日違った対バンを迎えて連続ライブをするというものらしい。


対バン相手は、locofrank・HOTSQUALLやHAWAIIAN6the band apartTHE BACK HORNなどであり、最終日はなぜか田代まさしさん。そして9日目の今日はLOST IN TIME。


なぜ急に思い立って八王子までロストを観に行こうと思ったのかはさだかではない(え)


tacicaのツアーに同行するロストのライブの中で、一番観たかった十三ファンダンゴに行けないかもしれないとなった時点で、その穴埋めのように八王子のチケットを取った気がする。


とにかく祝春一番に続いてロストのライブが観れるのは嬉しい。

去年は2回しかロストのライブを観ていないのに(インストアライブ含む)、今年は今日で7回目。そりゃあ、わたしのライブの本数も増えるはずだ。


忙しいし、いつも金欠だけど幸せだ。



八王子駅から徒歩5分のRIPSはビルの5階にある。

周りには十三ほどではないけれどそれ系(?)の店が点在し、なんとも不思議な町。



ビルの3階に開場待ちスペースがあり、5日前の祝春一番で会ったばかりの友人や、去年の新宿のインストアで初めてお会いした方に出会えて、みんなでわいわい言いながら開場を待った。


そして開場。スタッフの方が、客を数名ずつエレベーターに誘導し、5階の入り口まで連れて行ってくれる。



ステージは横幅は意外と広いが、フロアは狭くキャパ200くらい?ステージ低めで最前柵なし。


後ろのドリンクカウンターの前が1段高くなっていて、観やすそうだった。



建物が古いせいか、あちこちに『ジャンプ禁止』の張り紙があり、『床が抜けたら命にかかわります』のような意味のことも書かれていた。


ロストのライブは激しくないから大丈夫だろうけど、前日のバクホンのときは大変だったんじゃないかと思った。床は抜けなかったようだけど(笑)


長〜〜い1時間を待って、8分遅れで開演。



続きを読む

2009-05-06

 後悔



これから参加予定のライブを考えたら、これ以上遠征は増やせない。


そう思って一度はあきらめたC-999の解散ライブ。



5/30(土)@下北沢CLUB Que



ドラムの増子さんが脱退された頃から、なんとなく疎遠になってしまった。

最近は全然曲を聴いていなくて、そんな自分が解散ライブに行ってはいけない気がして。誰かのときと同じだ。



でも、その日が近づくにつれて行きたくなってしまった。

今頃チケットが残っているわけないのに。





ある時期彼らの曲ばかり聴いていて、どれだけ励まされたことか。




 映画みたいには うまくいかないけど

 何度だって 走るんです

 かなり無理をして やめたくなっても

 生きるんです 生きるんです


 雨が止めば夜空に星が瞬くように

 いつかは晴れる

 明日を告げる合図が待ち遠しくなるように

 生きるんです 歌うんです





大好きな彼らの曲、『ムービースター』


涙が止まらないよ。




この素敵な歌詞を、そのまま彼らに贈りたい。

2009-05-05

祝春一番@大阪・服部緑地野外音楽堂(5/4)



f:id:firesign0916:20090505001949j:image



「祝春一番」がどんなイベントかは、HPをどうぞ→http://haruichiban.sakura.ne.jp/haruichiban08/top-page-all/top-page-all.html


長年続いているこのイベント、関西に住みながら参加したのは今回が初めて。

それはとりもなおさず大好きなロストが出演するから。

そんな不純な(?)動機で参加したのですが、とにかく楽しかった!



なんと言ってもお客さんの年齢層が幅広い。

60代(もっと上とお見受けする方も)から3歳くらいの子供まで。

みんながそれぞれ好きなスタイルで音楽を楽しむ、という感じ。



それからなんと、写メ・デジカメ・動画撮り放題!

(わたしもたくさん撮らせていただきましたが、ここにアップするのは自粛します)



そして、自分たちの出番を待っている間や終わったあとのアーティストさんが、客席で他のバンドのライブを楽しんでおられる姿が見られて楽しさ倍増(笑)


これほどゆるくてまったりして楽しいイベントは初体験でした。





続きを読む

2009-05-03

 ブルースは終わらない



5月2日。


忌野清志郎さんが亡くなられました。


http://www.asahi.com/obituaries/update/0502/TKY200905020195.html



2006年に喉頭ガン治療のため活動休止されるときには、


『何事も人生経験と考え、この新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念できればと思います。』



そして去年の7月に転移が見つかったときは、


『心配はしないでくれ、

このくらいのことは覚悟してたんで

ぜんぜんヘコんでないから。

ブルースはまだまだ続いているというわけだ。


〜中略〜


もう一度言おう、

夢を忘れずに!』


と、ご自身のHPに書かれていました。


http://waga.nikkei.co.jp/enjoy/music.aspx?i=MMWAe3000015072008





心よりご冥福をお祈りします。



D

(2008年2月、治療のあと復活された頃の映像)

2009-05-01

 THE NOVEMBERS “paraphilia”release tour “樹海はチル”@大阪・十三ファンダンゴ(4/29)


f:id:firesign0916:20090501233952j:image



最初にTHE NOVEMBERSのライブを観たのは2007年12月。

が、彼らとの出会いがどうしても思い出せない。

なぜTHE NOVEMBERSを知ったんだっけ?そういうの、大抵覚えているのに。



だいたい絶叫系(と呼んでいいのかどうか)は好きじゃない。

だけど不思議と小林くんの絶叫には抵抗がなく、むしろ心地よい。



それとCDジャケットのイラストが素敵。

THE NOVEMBERS

THE NOVEMBERS

picnic

picnic

paraphilia パラフィリア

paraphilia パラフィリア



廃盤になってしまったdemo CDもほしい。(探している)


f:id:firesign0916:20090502000924j:imagef:id:firesign0916:20090502000922j:imagef:id:firesign0916:20090502000921j:image



この日は大阪での初ワンマン。

GOING KOBEからのハシゴで、身体は疲れていたけどウキウキしながらファンダンゴへ向かった。



(↓にセトリあり)



続きを読む