Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-08-08 ピロウズ@武道館まであと39日

 the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 04 “SYNCHRONIZED TOUR”@広島クラブクアトロ(8/7)


f:id:firesign0916:20090808192819j:image


ゲスト:THE COLLECTORS


f:id:firesign0916:20090808192914j:image



広島駅を降りたら熱風に襲われ、地下道を通ってホテルへ。


f:id:firesign0916:20090808212345j:image f:id:firesign0916:20090808212332j:image


ホテルにチェックインしてからは外に出る気になれず、このまま涼しい部屋でお昼寝したいと思ってしまった。


なんとか気合を入れなおして路面電車に乗ってクアトロへ。


出発前にクアトロに電話で尋ねたら、ロッカールームは開場の1時間前に開けるということだったので、17時前にクアトロに到着。


すでに物販が始まっていて長蛇の列ができている。

次男とふたりでロッカーが開くのを待っていたら、狭い廊下の向こうからなにやら人影が。


f:id:firesign0916:20090808212932j:image


きゃわ〜ん!

スタッフさんに誘導されながらバスター君がよちよちやって来た!


f:id:firesign0916:20090808213253j:image f:id:firesign0916:20090808213251j:image

こんなに近くで見るのは初めて!

興奮して写メを撮っていたら、すぐ隣にさくら☆さんが!

挨拶を交わしつつ写メを取りまくるふたり(笑)


そしてさくら☆さんに、わたしと次男とバスター君の3ショット写真を撮ってもらった。ありがとうございます!

(見苦しいのでその写真アップは自粛)



「バスター君ありがとう!」とバスター君をさわさわ。か、かわいいですっ。

瞳を覗いてみたけど自分が写っただけで、中の人はどこから見えているのか不思議だった。


その場にはたくさん若者がいたけど、バスター君に乱暴は働かず、「かわいい〜♪」と口々に言いながら静かに写真を撮ったり、順番にバスター君との2ショット写真を撮ったりしていたので、結構長い時間居てくれた。



f:id:firesign0916:20090808214040j:image

↑クアトロ入り口のこの壁の前に移動するときも、マネージャーの三浦さんに誘導されてなんとか場所が決まった。

やっぱりあんまり周りが見えてないみたい。

大阪のステージでよくあんなに踊れたよなあ。

ほんまにありがとう!やね。



そしてまたスタッフさんに連れられてバスター君は去っていった。


またね。(札幌にも行くよね?)



そうこうしているうちに開場。


整理番号が50番台だったので、迷った末に前のほうへ。


ステージにはコレクターズのセットがあり、ボーカルマイクが高い。

コレクターズは初見なので写真でしか見たことないけど、加藤さんって背が高いのかな?


さわおさんがリスペクトするコレクターズとの対バンなので、めっちゃ楽しみ。わくわくしながら待った。



(以下、MCはニュアンスで。正確な記録ではありません)





◆THE COLLECTORS


01.東京虫BUGS

02.TOUGH

03.Stay Cool! Stay Hip! Stay Young!

04.たよれる男

05.明るい未来を(新曲)

06.マイアミビーチ

07.未来のカタチ

08.TOO MUCH ROMANTIC!

09.百億のキッスと千億の誓い

10.NICK! NICK! NICK!

11.MAYBE TOMORROW

12.世界を止めて


セットリストはいただきものです)



加藤さん、でかっ!(笑)


みなさん、男前!特にギターのコータローさん、かっこいい!SEXY!・・・惚れました(笑)


時間がなくてあまり予習できなかったけど、さわおさんセレクションのベスト盤は聴いてきたので、覚えた曲も何曲かあり楽しかった。


後方の様子はわからなかったけど、バスターズもいい感じでノッていたのではないかと。




●「ピロウズは20周年、俺達はこっそり22年」(拍手〜)

「普通にデビューして、普通にメジャーになって、普通に22年」


さわおくんが俺たちのこと好きだって言ってくれて・・・対バンできて嬉しい、とも言われていた。




●「ピロウズは素晴らしいバンド、素晴らしいお客さんだ」


「クアトロでこんなにたくさんのお客さんを見るのは初めて!」と。



「前にサンボマスターと対バンで来たときは、この3分の2だったよ。」




「今日コレクターズを見に来たって人!」

パラパラと上がる手を見て、


「1割弱ってとこかな〜」とコータローさんに同意を求める加藤さん。


初めてコレクターズのライブに来たお客さんに向かって、いいライブだから今夜うなされるよ!という意味のことを。


「初めて聴いたお客さんも持っていくから。トロール漁船に乗って(大きく右手でものをかき集める動作をして)ごっそり持っていく。」(笑)



ビークルファンはホンモノ(の顔?)を見たことないからごっそり持っていく(笑)


サンボファンは男前の顔を見たことないからごっそり持っていく(笑)


でもピロウズは・・・ドラム以外男前だから・・難しいかな?」(爆)



シンちゃん。。。(笑)←(涙)の間違い




●「ピロウズの武道館、即SOLD OUTしたんでしょ?


甥っ子がいい大学に入ったみたいに嬉しかったよ。じ〜んと・・・」


胸に手を当てる加藤さん。

愛されてるね、ピロウズ。



「他のバンドのライブで武道館に行ったことが何度かあるけど、悲惨なときもあるから」(コータローさんに同意を求める)


コータロー「そうそう。空席が・・・」


「300席空席!みたいに白チョークで。“ギョーカイ現場検証”!」(笑)




●どの曲か忘れたけど、「ピロウズになんとか〜♪」と、歌詞を替えて唄った曲があった。

「おおっ!」と思ったけど何せ詳しくないもので・・・

わかる方、教えてくださいな。




他にも時事ネタのMCがあったけど自粛。



演奏かっこいい!MC、おもしろい!

あやうく持っていかれそうになった(笑)







コレクターズのライブが終わって次はピロウズ。

いい気持ちでコレクターズを楽しめたのに、雲行きが怪しくなってきた。


前方ぎっしり詰まっていて、わたしと隣の男の子のくっついている肩の間に不自然に手を置いている後ろの女の子にイライラし始める。肩を動かし払いのけようとしても降ろさない。魂胆見え見え。


しかも「暑い〜」「さっきの女の子腹立つ」と文句ばっかり言い続けている。

後ろに下がろうかと一瞬迷う。





◆the pillows


01.ノンフィクション

02.Wake up! dodo

03.Tokyo Bambi

04.I Know You

05.バビロン 天使の詩

06.1.2.3.4.5.6.7 DAYS A WEEK (THE COLLECTORSカバー)

07.Ladybird Girl

08.Funny Bunny

09.雨上がりに見た幻

10.サリバンになりたい

11.MY FOOT

12.ストレンジ カメレオン

13.その未来は今



En

01.ハイブリッド レインボウ

02.Blues Drive Monster





押しが・・・意図的?

モッシュじゃなくてただ押してる感じ。耐える!



『ノンフィクション』のブレイク。(ウロ覚えながら)



「コレクターズのあとだと・・・小さくてすみません」(爆)


パンクロックばかり聴いていた頃コレクターズを聴いて、こんなに自分にフィットするロックがあったのかと思った。

コレクターズのこと本当に好きなんだ。

好きすぎて加藤さんのことを神様みたいに思ってて。

物販に20万のツボがあったら買ってしまうかもしれない。



嘘じゃないよ!


この話はノンフィクションです!




●さわおさんの今日のTシャツは「NICK!」Tシャツ。

ほんとにコレクターズ好きなんだね。まだ新品らしい。




●「今日は語りたいんですがいいですか?

(Peeちゃんを見て)なんか不機嫌そうなのは気のせいですか?

(Peeちゃん首を横に振り、“どうぞ”と手をさわおさんに差し向ける)

あ、大丈夫ですか」(笑)




「俺が1989年5月に夜行列車で東京に来て、上田ケンジさん(最初のベーシスト)から浅草ロック座に来いと言われて。

上京して初めての待ち合わせ場所が浅草って・・・まあそんなことはどうでもいいんだけど(笑)


ラジオのDJをケンジさんがやってて、そのゲストがなんとコレクターズだったんだよ!

最初にコレクターズ見た感想は・・・“でかっ!”」(笑)


「そのあとこれも浅草でコレクターズと対バンすることになって、初めて楽屋に行ったんだ。

その頃の『パチパチロックス』という雑誌に、加藤さんがかっこよく口をぐわーとあけて唄ってる写真が載ってて、それにサインしてもらおうと思って(笑)


今もですが(自分は)空気読めないやつで、黙ってずーっと楽屋に居座って(笑)

それでも可愛がってもらえて。」



●3曲目あたりであまりにも強い押しと、長い髪を束ねもせずに前にいる女性(複数)に辟易してきて後ろに下がった。


モッシュ=「お互い曲にのって、身体をぶつけあう行為のこと」とは程遠い、ただの押し。


そして前の女性の長い髪が、汗ばんだ肌にくっつき離れず気持ち悪い。後ろにいると口に髪の毛が入りそう。ていうか入って「ぺっ」と吐いたらイヤな顔された。誰のせいだよ!


他にもいろいろあって斜め後ろに下がったら、そこには合唱隊が(笑)←笑えん。。


しかたなくもっと下がっていくと一緒に前にいた(はずの)次男がいた。


気分が悪くなったのかな?テンション低そう。


それでも身体を揺らして曲を聴いているので、まあ大丈夫だろうと再びライブに集中する努力をした。



●『I Know You』『バビロン 天使の詩』

大好きな曲が続いているのに、なかなか集中力が取り戻せない。


それにしてもステージに向かって声をかける人(特に男)多し。野次に近いものも。



●「今からコレクターズのトリビュートでやった『7DAYS A WEEK』やるよ。

知っている通り、指のフリあるだろ?よろしくな。

初めてコレクターズの擬似体験するんだから」


おもしろい曲だった。楽しい!

こんなレアな曲、楽しまなきゃ損。加藤さんにもいいお客さん、って褒めてもらったのに。



●『Funny Bunny』のサビの合唱は賛否両論。

でもさわおさんが唄えっていうなら唄うよ。




●いつもなら何曲か、さわおさんがジャンプしながらギターを弾く曲があるんだけど・・・なかったような。(多分)

この前のDJバンプショウでダイブして暴れて「肋骨を軽くいわした」って言われてたからかな?

無理しないでね。さわおさんひとりの身体じゃないんだから(笑)




●相変わらずステージに話しかける客が多い。いいタイミングでの声かけは楽しいけど。



“カバコンどうなった〜”と男性の声。



「俺が(客席からの声を)拾わない時は、真剣な曲をやるってことだから。」


静かになってチューニングを見守る客席。なのに・・・



“カバコンどうなった〜”とまたさっきの男が。


「(キレ気味に)おまえ全然人の話聞いてないだろっ」


「(トーンを抑えた低い声で)あまりしつこいと俺、機嫌悪くなるよ?」


(キレるよ?だったかも・・)



さわお、キレろ!!と心の中で叫んだわたし。(なぜか呼び捨て)


キレたらライブになんないかも。だけど・・・・だんだん悲しくなってきた。




●そしてついに『雨上がりに見た幻』



聴きたかった。


聴きたかった。



聴きたかったんだよ。


 

 踏み外した崖っぷちでも 手をつかんでくれた

 雨上がりに見た幻を 今も覚えてる




究極のバンドソング。



20年一緒に歩いてきた仲間。

支えてくれたスタッフ。

応援し続けてくれたファン。


どれひとつ欠けても20年続けられなかった。


自分を理解してくれるひとたちへ。





 足跡のない道を選んで ずいぶん歩いたな

 荒野の果てどこかにきっと 足跡残ってる

 それだけがそれだけが それだけが生きた証し

 それだけがそれだけが それだけが僕らの誇り



なんか・・・いろんな意味で涙が出た。



●『サリバンになりたい』


ちょっとやけになって飛んだ(笑)



●メンバー順番に短いMC。


さわお「淳はカープファンだよね?広島出身でもないのに」


淳「はい!縁もゆかりもございませんが、カープ大好きです!」(大きな拍手)



さわお「こないだ淳、赤いTシャツ着てて、カープのかと思ったら、The ピーズのだった!赤いからカープと思って気づかなかった」


淳「赤はカープの色ですから」(笑)




Pee「コータローさんとさっき“何飲む?”と話していたら、“ファンタグレープ飲みたい年頃でしょ?”と言われました(笑)

そしてたくさん飲んだら気持ち悪くなりました」(笑)




シン「Peeちゃんはファンタグレープとか言ってるけど、今日の出演者全員の年齢合わせたら300歳超えてるからね」(笑)


さわお「・・・珍しく今日は俺、一番若手なんだよね!」(笑)


シン「淳を除いても300歳超えるわ!」(爆)


男の客が“でも好きだよ〜”みたいなことを言うと、


さわお「中年マニアか!?」(笑)


●さわおさん、『NICK! NICK! NICK!』聴いてたらライドン(リトバスだっけ?)のイントロと似てるなあって思った、と、影響を受けたことが嬉しそう。


コレクターズとの対バンが本当に嬉しいようで、

「(客に向かって)君たちの中で、バンドやってるやついるか?」


結構たくさん手が上がるのを見て、


「一応俺たちのこと好きだろ?」


客“当たり前ー”(笑)


「そうか(笑)

そんな俺たちと(君のバンドが)対バンしてるみたいなことなんだ!だから凄いんだ!!」



それは凄い。本当に凄いことで、本当に嬉しいんだね。




●『ストレンジ カメレオン』


今まで聴いた中でも今日のこの曲は凄かった。それまでの嫌なこと忘れて聴き入った。



そして『その未来は今』で盛り上がって本編終了。



●アンコール。


「アンコール、サンキュ!

・・さくさくっとやって、早く飲みに行こ」


客“えーーー!!”


「もう加藤さんと飲むことしか考えてないからねー(笑)

抱かれちゃうかも(爆)


まるで望まれているみたいだな!」(笑)



そして、「ピロウズといえばこの曲だろ?」


『ハイブリッド レインボウ』


このサビの大合唱は気持ちいい!



●淳くんの赤い、胸にCarpの文字と熊のイラストが描いてあるTシャツを見て、


さわお「淳、なんだそれ?そんなクマ、カープにいたか?」


淳「カープて描いてあればいいかなって」(笑)


と言いつつ『Blues Drive Monster』



この曲、高校生くらいのときに聴いたら絶対ピロウズ好きになるわ。


って、あとで息子に言ったら笑われた。




終演。いつものようにひとり残ったさわおさん。


「100や200バンドがあるけど、20年以上続けられるのはほんとにわずかだけ。


今日この2バンドとも20年超えてる」(拍手〜)


「コレクターズみたいなかっこいいアニキがいるから、これからもがんばるんでよろしく!」



「まだシングルも出てないんだけど、(笑顔で)昨日アルバムができたんだ!」

おおっ!!アルバムが!?


「ハードルあげても余裕にカッコいいのができました。

また遊ぼうな!!」





終わってから次男と合流して早く下がった理由を聞いた。


「女の客にドン引きして萎えた」とか。


ぎっしり密集しているのに間にてのひらを入れて、押しがきて身体が傾いたときにわき腹を肘打ちされて前に行かれたそうだ。


負けるあんたもどうかと思うけど(笑)


「まだわき腹が痛い」


どんだけ。。。


「ピロウズの客にあんなんがいるなんてショックだ。

俺でもそう思うんだから、昔からのファンの人だったらもっとショックだろうな。

今まで観たピロウズのライブの中で、雰囲気一番悪かった」



同感。



「あんなことがあるとライブ行きたくなくなるな」


でもそう言ってライブから離れていくと、ますますライブがひどくならん?

冷静に考えるとひどく上から目線な気がするが、そのときは心底そう思った。


でも、人のせいばかりではないかも。





「人気が出た証拠かな?お客さん増えて・・・

これでさわおさんが変わってしまったら・・・」


ピ、ピロウズは大丈夫。



「人気が出てファンが増えて、バンドの雰囲気が変わって昔からのファンが離れて・・・」


だからピロウズは大丈夫だって!




さわおさんはとっくに気づいてる。

2年前のウェイクアップツアーのあと、FC会報に書いてたよ。

この2・3年でライブの動員数が増えて、嬉しいけど違和感を感じることがあったみたいで。


『誤解のないように言っておくけど、全員で振り付けのようなお約束ばかり望んでる訳じゃないぞ?当たり前だが。

でも気分が合うのは大切だ。オレにとっては。あぁ〜難しいな。難しい!

聴いてほしいのに騒いでる、逆にノッてほしいのにボンヤリしてる、歌ってほしいのに歌わない、黙っててほしいのに歌ってる、泣きそうになってるのに笑われてる・・・。

気分が合わないライブは孤独だ。』


(さわおさんのコメントより一部抜粋)



『聴いてほしいのに・・・』のくだりは、暗記するくらい繰り返し読んだ。


で、そのくだりを次男に熱弁(笑)



「そうか〜。さすがやな、さわおさん。

ま、今日はいい経験して、ある意味おもしろかったとも言える」



武道館では立ち位置を考えて楽しもう!

と気を取り直してふたりで合意。






・・・親子の会話とは思えないでしょうが、


この話はノンフィクションです(笑)




でも正直、このライブの間、わたしも孤独を感じた時間があった。


それで悲しくなったんだ。



そんな孤独なんてもうコリゴリ。


さっきの会報の続き。


『初対面の人間が何千人も集まる訳だから当然簡単に"お友達"になれる訳がない。そんなのある意味気持ち悪いし、オレ自身そんなの無理だ。でもそこをピロウズマジックで、瞬間でも良いから気持ちを一つにしたいんだよね。その魔法がバッチリかかった夜は幸せだった!すぐ魔法が解けた夜は悔しかった。こっちが未熟なせいもあるしな。』



未熟なのはわたしたち。

周り見てイライラするのも未熟な証拠。


大いに反省して、次の札幌では魔法にかかるよ。バッチリかけてね。

KEIKOKEIKO 2009/08/09 02:19 ライブ中に孤独を感じるのは、客もいやなんだけど、そうか、やってる方もイヤなんだ。。。と初めて思い至りました。
エルレがモンスター化していく過程でしばしばライブ中に感じた違和感の正体が「孤独」であったと、今更ながらに確認し、そして「ああ、細美さんもそれを感じてたのか」と、今、わかりました。
エルレの一時期の迷走(としかあたしには思えなかった)は、そういうことだったのかな、と。

しかし、それをそんな言葉に(しかもそのまま歌詞にできそうな美しい言葉に)できるから、さわおさんはピロウズは大丈夫なんだと信じられるように思います。

いいレポをありがとうございました。

RinkoRinko 2009/08/09 14:24 KEIKOさん>何を言いたいのかよくわからないような文章から、読み取っていただきありがとうございました。
今回はなんだかいろいろと考えてしまいました。
古くからのファンと新しいファンが、共感しあわないとそのバンドの未来はないと思います。ピロウズは今までそうやって来たと思うし。(本人たちが意図したわけではないかもですが)

わたしたちは、好きな音楽で繋がる楽しさも知っているはずなので、これからも大切にしたい。そして音楽の送り手側にも悩みがあり孤独があるのを理解したい。
受け手側のわたしたちが理解したところで、彼らの孤独が癒されるものではないでしょうけど。でもさわおさんのように表現してくれたら、お互い理解しあえて末永いお付き合い(ミュージシャンとファンとしての)ができるかも、と思ったのでした。

いさな。いさな。 2009/08/09 14:41 はじめまして。
いつもステキなライブレポありがとうございます。
おとといの興奮を、感激を、そしてちょっぴりの淋しさともどかしさを、
あらためてかみしめることができました。


『言霊と音霊』も拝読しました。
スッと心に染み込みました。
Rinkoさんの文章、大好きです。

またお邪魔します。

BunnyBunny 2009/08/09 22:04 ライヴレポ、ありがとうございます。
広島でもお会いできて嬉しかったです。
写メを見せていただき ありがとうございました。
いいなぁ〜いいなぁ〜。

広島のクワトロ、初めてだったんですが、Rinkoさんがおっしゃってた通り、すごくいいハコですね。
音も凄くよかったし、見やすかったです。
私はPA横の段差最前列で楽しんでました。
コレクターズのライブが始まると、さわおさんと、淳くんと、三浦さんがPAの所に来られ、さわおさんはすっごく嬉しそうで、ノリノリで見ておられましたよ。
そんなさわおさんが 無邪気な子供みたいで かわいかったです。(笑)

「雨上がりに見た幻」前の、雰囲気は私も残念に思いました。

札幌ではバッチリ魔法にかかってくださいね。
札幌〜〜、羨ましいです。
キャピタルを思い出してしまいます。
ライヴレポ、楽しみにしていま〜す♪♪

つぼつぼ 2009/08/09 22:18 レポいつもありがとうございます。
僕も広島行きました。
僕の中で一番好きなバンドと二番目に好きなバンドの競演だったので最高に楽しかったです。
コレクターズかっこよかったでしょ?曲も演奏も最高なんですが、MCが面白いんですよねー、加藤さん。翌日の神戸でのワンマンも行きましたが対バンのネタと例の時事ネタを楽しくMCしてましたよ。
最前から2列目付近にいたので肘打ちとか押しとかあまりよくわからなかったですが、雰囲気悪かったんですかー。残念です。合唱隊はいい加減にしてほしいです。バビロン、フルコーラスしてるやついたし。。。
「雨上がり」前のしつこい客は確かにうざかったですね。でも、バンドバージョン初めて聞いたがかっこよかったです。
次は僕は武道館です。札幌行かれるんですね。またレポ楽しみにしております。

RinkoRinko 2009/08/09 22:35 いさな。さん>初めまして。コメントありがとうございます。
ライブ直後はもやもやしていたのですが、レポ書いていろいろ思い返してみると感動が蘇ってきてすっきりしました(腹立たしいことがあるにはありますが 笑)
対バン相手によってセトリを変えてカバーまでやっちゃうピロウズはやっぱり凄いです。

他の日記も読んでくださったんですね。ありがとうございます!また遊びにいらしてくださいね。

ピロTピロT 2009/08/09 22:38 いつもはライブレポにやけっぱなしで読ませて頂いてるんですが・・・
私も初ライブの時は、周りの状況なんてわからなくて、
Rinkoさんのライブレポを読んで、おっ!そういう事だったのか!?と気づく次第でした。
Rinkoさんほど色んな事を感じ取れる人は少ないと思うんですが、良いライブはみんなで作るって事をRinkoさんから学んで欲しいですね。私みたいに(笑)
でもね、Rinkoさんのブログに出会ってライブは自分だけが楽しめれば良いんじゃないってよくわかりホントに感謝してるんですよ。
一度、我を忘れてライブに集中したい! なんかみょ〜な緊張感が・・・
Tシャツ届いたけど思ったより緑!バンビて言うよりカエルだ〜

RinkoRinko 2009/08/09 22:45 Bunnyさん>まさか広島でお会いできるとは思いませんでした(笑)お見苦しい写メまで見ていただきありがとうございました。
やっぱりさわおさんたち、PAに来ておられたんですね!
ライブ前にまわりを見回して、2階もないし、さわおさんがライブ観るのはPAしかないよね、と息子と話してました。対バン相手のライブを毎回観ておられるので。
ノリノリのさわおさんを見たかったです。が、私の場合、さわおさんが気になってコレクターズのライブに集中できないかもしれないので、知らなくてよかったかも(笑)

キャピタルの楽しさは忘れられませんね。
本当に行きたかった札幌、最初はあきらめていたのですが、なんとか行けることになり幸せです♪

RinkoRinko 2009/08/09 22:55 つぼさん>お疲れさまでした。
コレクターズ、初めてでしたが本当にかっこよかったです!!
MCもいいですねぇ〜。ピロウズへの愛が感じられて楽しかったです。
翌日というのはスタクラのワンマンですよね?わたしも行きたくなり当日券がまだ少し残っているところまで調べたのですが、どうしても都合がつきませんでした。地元ですのに(涙)
次の機会にはぜひ行きたいと思います。

肝心のライブは、本当にいいライブでした。
「ちょっとそれどやねん!」って思ったお客さんはごく一部だったのですけど、たまたまわたしが近くにいたのですね。運が悪かったとあきらめます。一番嫌いなのは合唱隊ですけど。武道館ではやめていただきたい。曲によってはサビを一緒に歌うとか、さわおさんに煽られたときはいいと思うのですが。
札幌、楽しんできますね。レポ、がんばります!

RinkoRinko 2009/08/09 23:12 ピロTさん>いつも読んでいただいてありがとうございます!
そういうふうに言っていただけると励みになります。
ライブはただ観て聴いて楽しむだけじゃなく、みんなで作り上げるものだと思っています。それは、拳を上げたりモッシュしたりがない静かなライブでも同じです。ただそれを合唱するものと間違えている人も最近は多いですけどね。
さわおさんがコメントされているように、聴いてほしいとき、一緒に歌ってほしいときなど、その時々の空気を読まないといけないと思います。そんなこといちいちウザい、と言う人もいるでしょうけど、アーティストとお客さんたちとの気分がバッチリ合ったときの一体感と言ったら・・・病み付きになりますね。
そんな一体感のあるライブを、ライブハウスに行かれるすべての人に、ぜひ体験してほしい。それにはお互いのことを思いやって動くと言うことが必要になると思います・・・説教しているみたいになってきたのでこのへんでやめときます(笑)

望 2009/08/10 01:57 おつかれさまです。
広島は金曜日でしたか…ううん、土日の試験さえなければ私も行きたかったです。

ライブマナーがひどかったみたいですね。セットストックの時も、さわおさんが喋る度にいちいちヤジ飛ばす女性がいて「ちょっと…」と思いました。
夏は髪を結ばずに前方にいる女性ほどイライラしますね(苦笑)。
私も押してばっかりのモッシュに嫌気がさして、ここ一年くらいは後方参戦です。広島クアトロはステージが高いので、後ろでも見やすいですからね。

最後のさわおさんのライブマナーについて(?)のお言葉、私も暗記するくらい読んで、マナーのなってない若者に伝えたいです…まぁ、言えないんでしょうが(笑)

air_free99air_free99 2009/08/10 12:58 師匠!お疲れ様です。
コメントもありがとうございます。

なんか・・マナーがあまりよくなかったんですね。私は後ろの方で見ていたので良くわからなかったんですが、なんか最前列より少し後ろのあたりで、人が右へ左へ動いてるのは気づいて「あんなことして大丈夫なんか・・?」とは思っていました。

ライブの楽しみ方の一つなのかもしれませんが、僕の中のピロウズのイメージとはちょっと違うような・・。ようするにあれは「やりすぎ」だったんでしょうね。

前回はすぐ後ろで熱唱する方がおられて、集中できない場面もあったのですが、今回はちょっとイラッとすることはありましたが、概ねストレスを感じることなく楽しめてよかったです。

今度は10月のアルバム発売の後、いつツアーがあるかなと楽しみにしています。

おやじダイバーおやじダイバー 2009/08/10 17:46 親子遠征、お疲れ様でした。ライヴレポ読ませていただきました。
私がブログを読ませていただいている方で東京⇒広島で遠征された方がいるのですが、その方も
チューニング中の声かけ。これは東京のときよりもイラってくるものが多かったです。なんかやたらと「カバーコンテストはどうなったの?」って聞いてた人。あまりにしつこいので・・・と。
押しのことも書かれていました。最近皆さんのライヴレポにマナーのことについて書かれていることが多いのはすごく残念です。先日、妻一人遠征で広島クアトロ行ったのですが、とても見易くて、雰囲気も良くて、すごくいいハコだったよと言っていました。そんなハコで、マナーのことで嫌な思いをするってのはすごくモッタイナイ気がします。
916武道館はみんなが心から楽しかったと思えるような空間に、時間にしましょう。(北海道は頼んます!!!)

ピロTピロT 2009/08/10 22:24 いえいえ、お説教だなんて・・・
私のように言われて分かる、気がつく人間もいるので、
場数を踏んで、数多くのバンドのライブを経験されてる
Rinkoさんには、ブログを通してみんなに伝えてほしいです。
マナーの悪さ共感されてる方、たくさんいらっしゃるじゃないですか。
ん、これが宗教の始まりか!?
8月の北海道、楽しんできて下さいね♪

RinkoRinko 2009/08/11 01:22 望さん>試験だったんですね。お疲れさまでした。
そうですか。セットストックでもそんな人がいたんですね。
フェスのほうがなおひどいのではないかと思われます。
おそらくヤジというよりも、さわおさんに構ってもらいたい、ということだと思うのですけどね。いい加減にしてくれ!って思うことが最近よくあります。
マナーマナーって言って不自由、ウザい、と書いている人をたびたび見かけますが、マナーを守ることと=不自由ではありませんね、絶対。
「雨上がりに〜」の前にしつこく話しかけていた人、さわおさんは怒っていましたが、本人は相手をしてもらって喜んでいるかもそれません。それだけ人の気持ちの読めない感じの人でした。近くにいたらグーで殴っていたかもしれません。

広島のクアトロはいいハコですね。観やすいし音もいいです。大好きになったのでまた行きたいと思います。

RinkoRinko 2009/08/11 01:27 air_free99さん>いつから師匠に!?(笑)

いつもならモッシュのすぐ後ろくらいで観るのですが、なまじ番号がよかったので色気を出して前に行ったのが失敗でした。逆に最前なら痛いだけで、気にならなかったと思います。
それでも一番嫌なのは、フルコーラス熱唱する人ですね。
「1989」や「雨上がりに見た幻」を合唱されたら、殺意を覚えるかもしれません(笑)

アルバムリリースツアー、やってくれるでしょうね。今度は地味目に。これからもますます楽しみです♪

RinkoRinko 2009/08/11 01:34 おやじダイバーさん>やっぱり他の方も、同じように感じられたんですね。自分のブログを読み返しても、2年前くらいまでは、客のマナーのことなんてほとんど書いていませんでした。やっぱり動員数が増えているせいでしょうかね。
奥様のおっしゃるとおり、広島のクアトロは観やすくて聴きやすい、ホントにいいハコでした。それだけに残念です。

気を取り直して、心は札幌に向けます。そして武道館。
みんなで楽しみたいですね。祈るような気持ちです。

RinkoRinko 2009/08/11 01:37 ピロTさん>「これが宗教のはじまり」
ストーさんの名言ですね!(笑)
宗教でもなんでもないです。「他人に迷惑かけない」それだけです。3歳児に諭すように言わないとダメなのでしょうか・・・
それを屁理屈こねて、自由とわがままをはき違えている輩のなんと多いことか・・・あ。今度は愚痴になってきた!(笑)
それでもピロTさんのように言っていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

air_free99air_free99 2009/08/12 12:41 すみません。ピロウズのセットリスト拝借します。
自分の記憶があいまいだったので整理したいと思います。

RinkoRinko 2009/08/14 01:47 air_free99さん>どうぞどうぞ。お断りされなくてもいいですよ。持ちつ持たれつです(笑)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20090808/p1