Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-12-05

 空中ループ@京都KBSホール(みやこ音楽祭)

f:id:firesign0916:20091205154025j:image


京都で空中ループ観て、そのあと岡山に移動してsleepy.abのライブ。


「そんなに空中ループが好きなん?」


「そんなにsleepy.abが好きなん?」


「なんでそこまでして?」


と聞かれても、「好きやから」としか言いようがない。




「土曜日は雨」と誰かが言っていたが、朝起きると雨は上がって、雲の隙間から日が差していた。



夕べ眠る前までは、どちらか片方にしようか、と迷っていたが、明るくなってきた空を見て、


「ハシゴ決行!」


と(笑)



三ノ宮から新快速に乗って京都へ。


京都で地下鉄に乗り換え、丸太町駅で降り徒歩8分。

受付でチケットをリストバンドに引き換えるのに時間がかかり、フロアに入ったらすでに照明が落ち、いつもの空中ループのSEが流れていた。


真っ暗な中、人とぶつからないよう注意しながら、手探りでステージに向かって進む。





4人が順に登場。


何げに久しぶり・・・かも。



01.imago

02.Stand Alone

03.小さな光

04.その光



ギリギリだったけど、開演に間に合ってよかった!


と、すぐに思ったくらい1曲めの“imago”からよかった。


自然に身体が揺れる。顔がほころんでくる。


空中ループの音楽は、頑なな心をほぐしてくれる。


今朝の空の色みたいだ。



“Stand Alone”


森くんのベース、かっこいい!


さすがにホールだけあって、天井が高くて広いので、音が広がって気持ちいい。

和田くんも気持ちよさそうにギターを弾いておられて、カオリさんの笑顔も松井くんの後ろに見え隠れ。


松井くんが、

「2004年から始まったみやこ音楽祭、ずっと観て来ました。」

今日は演奏できて嬉しい、という意味のことを言われたとき、去年のみやこ音楽祭を思い出した。



sleepy.ab目当てに行った去年の会場は京都FANJ


sleepy.abのライブ後、中庭のエントランスで松井くんの弾き語りがあった。


時間がなくて4曲のところを3曲に縮小して演奏、今にも雨が落ちてきそうな寒空の下、震えながら聴いていた。


そのときの日記にわたしはこう書いていた。


「来年はぜひ、メインステージで空中ループのライブを。

そうなったら飛んでくるよ。ここまで。」



本当になっちゃったね。すごいね。


一歩一歩、前に進んでいるね。


空中ループを知ってまだ1年と少しなのに、その1年の彼らのがんばりを思い出して、“小さな光”を聴きながら泣いてしまった。


しかもラストは“その光”


最初から最後まで号泣(笑)


まぶしくてステージの彼らが見れなかったよ。




ライブが終わって、わたしを見つけてそばに走ってきてくれた友人に、泣き顔見られた(笑)



一旦外に出てドリンクを引き換えていたら、和田くんが出て来られたのでご挨拶した。



みやこ音楽祭は夜まで、そして明日も続き、すごいバンドがたくさん出演するのだけど、

わたしは空中ループのあと岡山へ。


もうひとつの進んでいるバンドに会ってきます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20091205/p1