Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-02-27

黒猫チェルシー「All de Fashion」リリース全国ツアー&TOMOVSKY 夢のファンダンゴシリーズ「ラブ・ジューソー!!」vol.6@大阪・十三ファンダンゴ



f:id:firesign0916:20100228012154j:image

f:id:firesign0916:20100228012151j:image


出演:黒猫チェルシー/TOMOVSKY/OKAMOTO'S




どのバンドもすごくかっこいいパフォーマンスをしてくれて、めっちゃ楽しくて、だけど楽しくないライブだった。


楽しくないのは何か、っていうと、某所でも書いたけど、客層。

初めて観るバンド、または初めてライブハウスに来られた人が多かったのだろうか。



最前列から真ん中の柱までがほとんど女性。しかも未成年に見える若い人多し。

ファンダンゴで、前方の客があんなに静かなのを初めて見た。



ヤジ飛ばしたり危険なモッシュしたりする客も困るけど、反応が少ないのも・・・

今日の前方のお客さん、あまりにも受身すぎる。

お目当て以外のバンドのときに無理に乗れとは言わないけど、それならせめて後ろに下がってそのバンドのファンと交替するとか考えない?

言えばよかったのかな?


“廃人のロックンロール”で踊っていたら、前の女の子に何度も振り向かれてしまった(笑)え?踊っちゃだめですか?って感じだった。




ライブはお金払って観るだけじゃない、アーティストと客で作るもんだと思う。


そういう意味では今日は、家でDVDを観ているような客が多かった。

そうじゃないなら、ファンダンゴでお目当てが出てくるまでの場所取り?

ありえん・・・



めっちゃいいライブだったのに・・・もったいなかったな。


とまあ、愚痴はここまでにして。





清水音泉の田口さんが前説を。


「今日はソールドアウトです」と客を半歩ずつ前に来させて、

前には柵がありません。ビールの箱がガムテープでくっつけてあるだけなので、あまり押さないように。

気分が悪くなったら無理せず抜けてください。

近頃大流行のものがあります。それは痴漢です。

・・・男性のみなさんは家までガマンしてください(笑)

今日は3バンドでひとつのライブです。OKAMOTO'Sを観たからもういいわ、っていうのじゃなく、どのバンドのライブも楽しんでください。




杞憂だったり、予言だったり(笑)





◆黒猫チェルシー


01.のらりのらねこ

02.オンボロな紙のはさみ

03.毛にからまって

04.南京錠の件

05.

06.(新曲)

07.廃人のロックンロール

08.スピーカー

09.


(記憶があやふや。5曲めなしの全部で8曲だったかも)



初めて観る黒猫チェルシー。

地元神戸のバンドで、名前を聞いて、評判を聞いて、一度観たいと思っていたのに、東の空に飛び立って行ってしまった。



ボーカルの大知くんは、上半身は学ラン1枚。

雑誌やYou Tubeで見るよりずっとかっこよかった。


他のメンバー見ても、とにかく若い!

でも曲は、どことなく懐かしい匂いがする。

なんと言っても大知くんの声が好きだなー



ギターの澤くんが、「黒猫チェルシー、今日がツアー最終日です!」と言ったら、

大知くんが、「ラストツアーです!・・・・あ、ツアーのラストです!」と言いなおしたのにウケた。



澤「ここ(ファンダンゴ)は、前から憧れていた場所です。

(楽屋から降りてくる階段を指して)あの階段を降りてくるのが夢でした。」


関西のバンドマンにとっては、やっぱりファンダンゴは聖地だよね。



1曲目は音が大きすぎてうまく聞き取れなかったが、ライブが進むにつれてどんどん引き込まれていった。


“スピーカー”では、涙ぐみそうになった。理由もないのに。




◆OKAMOTO'S


RADIO CRAZYのときは大きなステージで遠かったので、顔も全然わからなかった。

今日はメンバーの顔もバッチリ見える。


ボーカルさんはイケメンやな。

ベースのハマちゃんはメガネかけてたのか〜、ってな具合に。


とにかくドラムが、容姿はまるで高校生なのに、めっちゃうまくて釘付けになった。


そしてベース!

左手の指がすごい速さで弦の上を動いていて、ベースからも目が離せない。

ギターもうまいし、とにかく演奏がすごい!


ボーカルさんがみんなを盛り上げようと煽ったり、コール&レスポンスをしたり。

演奏がうまいからとても気持ちよく踊れる。




何曲めだったか、遅れてきた友人Kさんが、踊っていたわたしの隣に来て、その近くでいい感じで踊っていた女の子たちを巻き込んで、ファンダンゴらしくなった(笑)


OKAMOTO'Sが終わったら、Kさんは一旦外に出て行った。

ひとりの女の子が、「さっきの方はどこに行かれたんですか?心強かったです。」と。

あー、もっと盛り上がりたかった子、実はいたんだ。


と、嬉しくなった。Kさんに感謝!(笑)





◆TOMOVSKY〜ハハキマスキー〜


今日は、京都のバンド、ははの気まぐれと一緒のバンドトモフ、ハハキマスキー。

もうひとり、ロビンズというバンドのドラムの方がキーボードで参加。




ははの気まぐれの方たちは、この日のために6回もリハをやってくれた、リハ代払うからね!と。


トモさんと合わせたのはこの日1日だと思われるけど、ばっちり決まってトモさんも大喜び。


「みんなは6回やってるけど、俺は今日だけ。

みんなと俺をつなぐのは・・・(客を見て)キミたちなんだ。俺をひとりにするな!」(笑)





前日神戸スタクラで、ひとりトモフとしてライブがあった。そのときにやった新曲はMDの演奏だったそうだ。

それが今日はバンドで。めっちゃいい感じにできて、


「俺だけにわかるこの凄さ!(笑)」と。



とにかくトモさんのMCはおもしろい。

自然に話しているようでも、ツボに入って大笑いすることがしばしばあった。



「緊張して、黒猫チェルシーとも、OKAMOTO'Sとも、まだ口きいてないんだよ。

だってキラキラしてるんだもの。」


と言うトモさんはかわいかった。



お客さんから「トモさんもキラキラしてるよ!」と言われて、

「ありがとう。キミの声もキラキラしてるよ(笑)

よく通る声だ、ボーカルやってくれないか?(笑)」




前の2バンドのことを、「25歳違い!時空を越えてる!」

とも言われていた。


25歳も違うのか〜〜

「若いけどやっていることはおとなっぽい。」って。


・歌う44歳

・ワルクナイヨワクナイ

・SKIP

・コインランドリーデート

・我に返るスキマを埋めろ

・スポンジマン


などなど。


新曲のタイトルも言われたが忘れた。




終演。



黒猫チェルシーの黒い猫のイラストがついたタオルが欲しかったが、残念なことに売り切れだった。


あきらめてTシャツだけ買って帰ろうとしたら、目の前に大知くんが!



「ライブめちゃよかったです!また神戸に帰ってきてください!」

と言って、握手をしてもらった。


そばで見ると、とても背が高くてかっこいい。




あーあ、ついに、自分の息子より年下のバンドを好きになる日が来ちゃったよ。

yukodokidokiyukodokidoki 2010/02/28 07:43 超お久しぶりですがコメントさせてください。このライブとても行きたかったんですけど、気が付いた時はもうソールドアウトだったんです。あらー、そーゆー客層のライブだったんですね。まだ若い子が多かったと言うし、対バンライブの楽しみ方を知らないだけ?なんでしょーか・・・。ライブが客とオーディエンスで作る物だってのはホントそうだと思いますが、まだそれを知らないならそーゆーの教えてあげたいよね。(って上から目線?)

RinkoRinko 2010/02/28 09:53 yukodokidokiさん>お久しぶりです!コメントありがとうございます。
勢いのあるバンドですからねえ、それに大阪で人気のあるトモさんとの対バンなので、
早くにソールドアウトだったですね。
バンドもお客さんも若いから、しかたがないのかもしれませんが、
ファンダンゴに来慣れているトモさんのファンも、場所取りふうでした
(ご本人たちはそんなつもりはなくて整理番号順に入っただけでしょうけど)
対バンライブほどお客さんによって楽しさが変わるものはありません。
最初の前説で言われていたことが、理解できてなかったのかな。
本当にいいライブだっただけに、残念です。

にゃんにゃん 2010/02/28 11:43 前説のなかに
携帯などで撮影はしないように・・・
なんてのもありましたよね
「え?あんな当たり前のこと言ってるよ?」
「あんなことも(今日は)言わなきゃいけないの?」って
近くにいた子が言ってました
彼女もこの日の客層に、え?な感じで・・・
いやー
未成年率、高かったですね〜
ここ、まじ、ファンダンゴですか?くらいな雰囲気で

ライブ自体はほんまによかった!
黒猫もOKAMOTO'Sも見るたびによくなる!
トモさんはさすが!だしね〜


ライブハウスの整理番号、
入場のための番号なんだけど
会場内で番号順に並ぶと勘違いしてる人が多いですね。。。
少しでも触れるとキッと睨まれるとか
なんかヘンですよねぇ。。。

ライブがむっちゃよかっただけに
ほんまに残念・・・
次からは空気読まずに楽しみます!(笑)

KEIKOKEIKO 2010/02/28 18:28 整理番号て何それ?おいしーの?
のKEIKOさんですよー、とwwww

なるほど、整理番号順に入って整理番号順に立つとああなるのかwwww
我がライブ史上最悪の客層でしたわ。
顔ファンが前に壁作るのもうっとーしいけど、ああゆう自分は間違ってない的な勘違い系も困ったもんですね。
ま、あたし空気読めませんから、次回以降もクラッシャーでwwww

RinkoRinko 2010/02/28 23:08 にゃんさん>拳を上げるたびに、身体を揺らすたびににらまないでくださいっ。ここはライブハウスだぞー!なんで肩身の狭い思いをしなくちゃいけないんだっ。

・・って思ってました(笑)

今後わたしも、空気を読むのはステージの上のだけにします。

RinkoRinko 2010/02/28 23:12 KEIKOさん>おおっ、懐かしい!(笑)
わたしもステージと自分の間に、厚い壁を感じましたね。
アーティストは「おいでおいで」って言ってくれてるのに飛び越えられない。
やっぱりクラッシャーが必要だぜ。ついて行きますわー(笑)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20100227/p1