Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-06-22

Shinsaibashi CLUB QUATTRO Special Live Toward 20th“TSR Vol.1”@心斎橋クラブクアトロ(6/21)


f:id:firesign0916:20100622233118j:image


セカイイチ / SPANK PAGE / 空中ループ


心斎橋クアトロの20周年記念プレイベント。

そのイベントで、空中ループがセカイイチと対バンすると聞いたのは、4月の京都VOX holl屋上でのライブのとき。


そのあと日程がクアトロさんの都合で変更になり月曜日になってしまったので、行けるかどうかギリギリまでわからなかった。

それでもどうしても観たかった。セカイイチと対バンする空中ループを。

京都でのライブが多いのでいつも観れるとは限らないが、音楽と真摯に向き合い一歩ずつ進んでいる彼らの、節目節目のライブは見届けたい。そう思っている。


偶然、次の土曜日に仕事が入ったので、これ幸いと代休を取った。これも運命だね、きっと。


入場。やはり月曜日でお客さんは少なめなのか、フロアにいくつか丸いテーブルが出ていた。

それでも何人かの友人に会えて、いろんな話をしながら開演を待った。





◆SPANK PAGE


初見。


横浜発の4ピースのバンド。

ボーカル&ギター(キーボード)の方は細身で金髪。

中性的な雰囲気。仲手川くんといわれるらしい。


1曲目、いきなり彼のアカペラから始まり、その声の美しさに息を呑んだ。

美しく澄んでいて、心に染み渡る声。でも弱さは感じない。

歌詞は内省的な曲が多い感じ。歌詞をちゃんと見ながら聴いてみたい。


ギターの山下くんは、曲によってキーボードを弾いたり太鼓を叩いたりしておもしろかった。



仲手川くんは、「今レコーディング中だけど、それよりもライブが好き」、とか、「このまま終わりたくない」みたいなことを言われた。

そういう言葉に弱いわたしは、まんまと罠にはまったような気分。


9/24にPLEASURE PLEASUREというところでワンマンやります。東京はあまり好きではないけど、その空間は素敵なところです。


↑こういう表現にも弱いわたし(笑)


5曲目くらいだったか、仲手川くんがギターを置いてキーボードの前に座り、静かな曲をピアノ弾き語り始める。

後半で、そのピアノを無視したようなベースとドラムの音が激しく入り、でも仲手川くんは静かに歌い続けるという印象的な曲だった。


「静かなキミの心の中の、激しい嵐」みたいなイメージ?(チンケな表現でごめんなさい)

その曲や、他にも気になった曲があったので、あとで物販で尋ねたら、今日やった曲はほとんど新曲だそうだ。

最後の曲がシングルになっている“不器用な情景”


新譜が出たらチェックしよう。何かと気になるバンドだった。



◆空中ループ


01.Stand Alone

02.チェックアウト(新曲)

03.goodbye,moon

04.海鳥

05.ハローグッバイ

06.小さな光

07.光年ループ



“海鳥”のアレンジ、かっこいい!アコースティックVer.もよかったけど。



“Stand Alone”を聴くと神戸でのライブを思い出す。

そして、“海鳥”を聴くと、sleepy.abと対バンしたライブを思い出す。


空中ループの曲は、それぞれの曲が心できらっと光ったときのことを覚えていて、その曲を聴くたびそのときのことを思い出す。変かな?



“光年ループ”のときの照明がとてもきれいで、松井くんの声を聴きながら泣きそうになってしまった。


10月に初の東京ワンマンがあるらしい。活動範囲もどんどんひろがってきている。すごいな。

変わらずにいてほしい気持ちと、もっと大きくなってほしい気持ちが入り混じる。


変わっていくことと変わらずにいること、どちらが難しいのだろう。


ひととの繋がりを大切にする彼らだから、変わったと感じるのは彼らとの距離感だけで、実は変わらないのかもしれないなあ。


なぜだかいろんなことを考えてしまった。

彼らの音楽がわたしにとって、光であればそれでいい、と思った。



◆セカイイチ


01.勇気の花

02.Jaipur Town

03.モナカ

04.あかり

05.ハローグッバイ(新曲)

06.New Pop Song Order

07.井の中の世界

08.カプセル


En

01.あたりまえの空



1曲目、“勇気の花”!

それから久しぶりに聴く“モナカ”!

この2曲が聴けただけでも来た甲斐があった。


セカイイチの前回のライブはアコースティックライブだったので、久しぶりに轟音が出せる、とメンバーも楽しそうだった。



一時、セカイイチの音楽に違和感を覚えて少し離れた時期があった。

1年近くライブを観なかった。


それが、今年の3月の『光春動風』で、ぐーんとまた近づけた気がする。

それが何かを表現するのは難しいけど。

ここ数年メンバーが個別で、いろんなバンドやアーティストのサポートをされているみたいで、それがまた演奏に幅を持たせているような。

芸の幅が広がる、っていうやつ?(笑)


特に吉澤響ちゃんのドラムが好きなので、とてもいいポジションでバッチリ観れてシアワセだった。


“井の中の世界”は毎回身震いするくらい感動する。

やっぱりセカイイチはライブを観なくちゃ。



久々のライブ2daysで足がぱんぱんだったけど、いっぱい元気をもらった。




 越えてゆけ どうせ君が作った限界なんでしょ


   (井の中の世界/セカイイチ)


そう口ずさみながら、明日もがんばろう。


そしてこのイベント↓も楽しみ!

f:id:firesign0916:20100623010318j:image

usausa 2010/06/25 22:01 ごぶさたしてます。
私もセカイイチと対バンする空中ループを見たくて
七月は神戸に行くことにしました。
久しぶりの神戸。
そして彼らに会えるのが楽しみです!

RinkoRinko 2010/06/26 01:48 usaさん>お久しぶりです☆
チキンジョージに来られるんですね!
わたしもチケット取りました。楽しみましょうね♪

ゆきえゆきえ 2010/06/27 20:30 Rinkoさん、すごくご無沙汰してます〜。この間はセカイイチの時に久しぶりにお会いできて嬉しかったです!いきなり声かけてすいませんでした(汗)去年の11月ごろから義母の自宅介護のためにずっとライブ断ち状態だったのですが、義母は1月に虹の橋を渡って天に昇ってしまったので、4月からまたライブ復活しています。なんか、生きているうちに悔いのないように生きないとあかんなってつくづく思いました。
またどこかのライブ会場でお会いできるの楽しみにしてます!
私もスパンクページのボーカルさんが気になってしかたないんです(笑)なんででしょう?

RinkoRinko 2010/06/28 02:05 ゆきえさん>ものすごくお久しぶりでしたね。お会いできて嬉しかったです!
お義母様の介護、お疲れさまでした。がんばられましたね。時々日記を読ませていただいていました。
「生きているうちに悔いのないように」本当にそう思います。
仕事柄、たくさんの亡くなる方をみてきたので・・・
これからまたあちこちでお会いしましょうね。
仲手川くん、とても印象に残る方ですよね。またライブを観たいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20100622/p1