Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-07-22

LOST IN TIME presents 「1:1」@名古屋HUCK FINN(7/21)


f:id:firesign0916:20100722235424j:image


f:id:firesign0916:20100722235423j:image f:id:firesign0916:20100722235422j:image



出演:LOST IN TIME / 明日、照らす



5月以来のロスト。

というより、バンドセットでは昨年11月のCLUB Que以来のロスト。



「1:1」のお相手(対バン)は、今年3月スタクラでライブを観て気になっていた「明日、照らす」。(あすてらす)


そして名古屋の初めてのライブハウス。


で、ワクワクが3倍!


早めにライブハウスに着いて、上↑の写真を撮っていたら、店長さんに微笑まれた(恥)

ハックフィン」と聞いて、思い浮かべるのは「ハックルベリー・フィン」(冒険の方)


何か関係があるのだろうか。


開場時間が近づいて、集まって来たひとたちの顔を見てほっとした。


地元名古屋、関西、福岡、そして初めてお会いした新潟の方も。

愛されてるねえ、ロストインタイム


そんなことを思いながらハックフィンの前にいたら、地下からの階段を上って社長さんが、続いて海北くんがわたしたちの目の前を通り過ぎて、隣のお店に入っていった。

思わず緊張しつつも、みんなで「こんにちは!」と。

海北くん満面の笑顔で、「今日、気合入ってるよ!2バンドとも。」と。


期待してますっ!





ハックフィンは小さいハコだけど、お客さんがいっぱいになって、場内の熱気がすごかった。


キャパは200らしいけど、そんなに入るのかな?150でもかなりギュウギュウになりそう。

ステージが高くて見やすい。

わたしは、このくらいのハコが一番好きだ。

ライブやるひとから後ろのほうの客の顔まで見えそうだし、こちらからもステージ上のひとの息づかいが聞こえそうだ。



今日わたしは日帰りなので、終演の時間が気になるところ。

最後まで観れるかな?早く始まって!


そんな気持ちがまったく伝わらず、15分遅れて開演。






◆明日、照らす


01.ショートチューン

02.ビタミン

03.西海岸マーチ

04.マリッジブルー

05.浮雲

06.バレンタインコーリング(新曲)

07.見た夢

08.ジュリエット

09.ワルツ

10.ワゴンタイガー

11.643(ロクシタン)

12.燃える夏



前回のスタクラではまったく初めてだったが、そのとき帰りに買ったCDを聴きこんでの今日。


素晴らしい日々

素晴らしい日々


このアルバム↑、かなりいいです。

やはりいくつかの曲を知っていると、ライブを観るのにも余裕ができる。

伝わり方もかなり違う。


●村上「先攻、明日、照らすです。よろしくお願いします!」



●村上「この前東京に行ってたんですが、東京って、電車が遅くまで走っているイメージがあったけど、思ったより早く電車がなくなって・・・

新高円寺から渋谷までビーサンで3時間かけて歩いたら、足がボロボロになっちゃって・・・」(笑)



あとは8月4日に『それから』というアルバムが出る話や、8/15に新栄clubROCK'N'ROLLでワンマンをやる話を。

お盆はムリだけどオフィシャルを見たら、9/18に神戸・太陽と虎で、11/7に十三ファンダンゴでライブがあるようなので、どちらかは行きたい。



ずっと彼らを観てきたひとからは、いつもより力が入っているように見えたそうだ。

それもそのはず。

村上くんのロストへの、海北くんへの思いはかなり熱い。



そのくせMCで、

「東京でいろんな人に海北さんの評判聞いたんですが、いい評判は聞かなかったです。

“あいつはいいやつなんだけど・・・・”って。」

とか言っちゃったり、


ベースの伴くんが

「平日のど真ん中に、ありがとうございます。

ロストインタイムは、大学生の頃ずっと聞いてて・・・恐れ多いです。」

と言われるのを受けて、

「それじゃあまるで、大学生の時だけしか聴いていないみたい。

僕なら“大学生の頃から”って言うけどな。」

とか言っちゃって、伴くんを困らせたりする。


(そのとき海北くんがステージしもてから顔を覗かせて、場を和ませてくれた)



でも、村上くんの思いは、彼のブログを読めばわかる。

(こちら→http://blog.asstellus.com/?eid=1599726


読みながらじーんとしてしまったよ。




◆LOST IN TIME


01.手紙 

02.約束 

03.はじまり 

04.一つだけ 

05.勲章と傷(新曲) 

06.青よりも蒼く(新曲) 

07.列車 

08.翼 

09.希望 

10.ハローイエロー 

11.ひとりごと(新曲)  


En

01.合い言葉  

02.昨日の事



●「後攻、ロストインタイムです、よろしくお願いします。」



“手紙”〜“約束”で始まった。

その演奏や歌のテンションの高さで、気合の入り方がわかる。

2曲終わったら海北くんはすでに汗びっしょりで、肩で息をされていた。




 いつものように夢を断ち切る音

 何気ない僕の今日がまた始まる


大好きな“はじまり”だ!

うわ〜っと胸が熱くなった。

ふと視野に入ったお客さん、男性と女性の方が(別々のお客さん)涙ぐんでおられるのが見えた。

その姿を見て、

ロストインタイムというバンドは、みんなの心に何か光のようなものを灯してくれて、

それをひとりひとりが大切に消さないで、次に彼らに会えるのを待っているのだなあ、と思った。



続く“一つだけ”に、さらに泣きそうになる。


“勲章と傷”

この曲の入った音源、早くほしいな。



●ハックフィンに来るのは5年ぶりくらい、「お待たせしました。やっと戻って来れました。」と。


だから“手紙”で、“約束”だったのかな?



“青よりも蒼く”は初めて聴く曲。あとで友人にタイトルを教えてもらった。


アップテンポなこの曲に続いて“列車”

イントロのアレンジが変わっている。

間奏での三井くんのギターにしびれた。



続いて源ちゃんのドラムソロから“翼”

おお!かっこいい!!


前回のシャングリラのワンマンのときに、「翼がほしいなんておこがましかった。」って言われていたけど、

みんなを羽ばたかせる翼をくれるじゃない、って思った。



●「この1:1を名古屋でやることが決まったとき、相手は、僕の独断で明日、照らすに決めました。

名古屋にはいいバンドがいっぱいあるけど、このタイミングでは彼らしか思い浮かばなかった。」


「実は源ちゃんもみっちゃんも、明日、照らす、聴いたことなかったんだよね?(笑)


さっき源ちゃん、(会場の後ろで)ギリギリまで彼らのライブを観ていたんだよ!」


源「すっ・・・・げえ、よかった!」(笑)


三井くんも小声で「すっ・・・げえ、よかった!」と。


うん、ほんとに!



●後半、息を切らしながらチューニングをして、

「飛ばしすぎたかな?・・・もっとしゃべればよかった。しゃべりたいことがあったのに・・・

いいや。今日のテーマは突っ走るだから。」(笑)


うん、すごい勢いのあるライブで、圧倒されているよ。



●“希望”〜“ハローイエロー”で終わりかと思ったら、


「初めましての方もおられて、久しぶりな方もおられると思いますが、

昔の曲も歌ったけど、昔の曲って思いながら歌ってるわけじゃない。今の自分の思いを詰め込んで歌ってて。


音楽って、その時その時の光景を思い出させてくれるから。

それは俺らだけじゃない、明日、照らすも、他のバンドも。


音楽やってる人間って、みんなの心の中にもぐりこみたいんだよ。


これからも、たくさん歌を聴いてください。

そうしてくれたら、僕は嬉しい。

その曲が僕らの曲だったら、僕はたまらなく嬉しいです。」



“ひとりごと”




 大丈夫だよ 

 聞こえてるかい


のところの海北くんの声に涙が。


「聞いてくれ」ではなく、「聞こえるかい」なんだなあ、海北くんの言葉は。





●アンコール。


「昔は『いろは』だったのが、今は『あい』から始まる。

それが素敵だなあと思って作った歌です。」


“合い言葉”


2フレーズめから?の三井くんのギターの音に、いつも泣いてしまう。

歌詞もすごく沁みた。



また名古屋に来ます。

レコーディングをして、それからツアーして、だったら冬の話になってしまうので、その前に僕だけで弾き語りをしながら旅して回ろうと思っています、と。


正式な発表はまだだけど、名古屋の日程は今日決まりました。

10/11の祝日、場所はこの上のハックフィンファクトリーです、と。



そしていつもなら、「また会いましょう」なのに、

「また会いたいです。」だった。


そんな些細なことにドキドキしてしまう。


“昨日の事”



昨年4月にスタクラで号泣しながら聴いた“昨日の事”を思い出した。

あのときは、オトナモードとの対バンだった。



変わるひと、変わらないひと。


きっと目の前のこのひとは、誰がなんと言っても変わらないんだろうな。

違う道を行けば舗装された道路があるのに、きっと泥んこの道を靴を汚しながら歩くんだ。


不器用な生き方だ、変わり者だって笑うひとは笑えばいい。

そんな生き方に憧れる人間だっているんだよ。




“昨日の事”を聴くと、たくさんの想い、たくさんの光景を思い出す。


でも、実は、一番覚えているのは、行けなかった2008年5月28日。

渋谷クラブクアトロで、海北くんが久しぶりにベースを持って、最後に歌った“昨日の事”


聴けなかったライブの聴けなかった歌を思い出すなんて、わたしも相当変わり者だね。





2バンドが共鳴しあった素晴らしいライブだった。

おかげで予定の新幹線に遅れてしまったけど、とっても幸せな1日だった。



また会いたいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20100722/p1
Connection: close