Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-08-22

秀吉「"夕の魔法 / 歩こう"リリースツアー」@大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE(8/21) 

f:id:firesign0916:20100822080650j:image f:id:firesign0916:20100822080649j:image


出演:秀吉 / wooderd chiarie / SOUTH BLOW / DOOKIE FESTA


1年ぶりのセカンドライン。

環状線の福島駅を降りて、近くの店で軽く食事をしたあとセカンドラインに向かおうとしたら、方向を間違えてしまって大回りするハメに。

自分が方向音痴だったことを思い出した。1年も間が開くと再発するね。


セカンドラインの前で開場を待っていたら、wooderd chiarieの久保寺くんと岡部くんが出てこられたのでご挨拶をした。

他のバンドのメンバーと思われる方もうろうろされていた。

やっぱりこのくらいのキャパのライブハウスが好きだな。バンドの方たちとの距離も近いし。


ウッチャリ(wooderd chiarie)とサウス(SOUTH BLOW)以外のバンドは初めて観るので、それも楽しみだ。


(以下、少々ネタバレあり)





DOOKIE FESTA


01.ダンシングクイーン

02.

03.

04.

05.安定スル

06.パブリック


(友人に教えてもらいました。2〜4曲はおそらく新曲?)


初見。

バンドの名前は友人の日記でよく見かけていたので、前から気になっていた。

大阪発?のバンドなのかな?


演奏はがっつりかっこいいのに、MCになったらボーカルの朝陽さんのテンションが素晴らしく、爆笑の連続だった。

早口で機関銃のように喋っていたかと思うと、いきなりオネエ言葉になったり、

「どういうキャラ?今日はどのキャラにする?」

と笑わせたり。


秀吉レコ発おめでとう、と言いながらも、

「秀吉とはあまり仲良くないので・・・」とか、

「初めて秀吉に会ったのは・・・覚えてない(笑)多分今くらいの時間、どうせライブだから。」とか。

毒舌のようでいて、愛情を感じられるので気持ちよく笑えた。うん。


曲もとても楽しめた。

9月の明日、照らす@太陽と虎のライブの対バンなので、今から楽しみ。



wooderd chiarie


01.アイのストーリー

02.マジック・アワー

03.アルター・エゴ

04.バー

05.心象風景画


ギターの小和瀬くんの頭が、高校球児みたいになっていてビックリ!

いつの間にメンバーが替わったのかとビビったよ〜


“アルター・エゴ”に“バー”、それに“心象風景画”。

イベントとは思えない、深く濃いセットリスト


ウエムラくんの美しい声に、心が震えた。

寂しい荒野に咲く花に射す光みたいだ、と思った。


“心象風景画”のときの岡部くんのドラムが凄かった。

CDのアレンジと違うので、毎回「この曲、何!?」と思ってしまう。


でもでも・・・正直言って、オルフォイスが聴きたかった。それだけが残念。

久保寺くんが「今のところ、次の大阪でのライブは決まっていません。でもまた必ず来ます!」と。

うん。待ってるよ。




SOUTH BLOW


01.

02.春風

03.6月の青空

04.

05.愛のうた

06.

07.ココロノコトバ


前にライブを観たのは2年前の5月。

ドラムとベースが交替してからは初めて観る。

セキシン、ちょっと大きくなった?いろんな意味で(笑)

味のあるMCは昔と同じ。


「秀吉とは、前に一度対バンしただけなのに、レコ発ツアーに呼んでもらえて嬉しいです!」と。

セキシンが言うと、「ああ本当に嬉しいんだな」とストレートに伝わってくる。


そして、

「CD作りたくてもがいたりしているけど、増えるのは体重ばかりです!」

あ、やっぱり?(笑)



“春風”以前の曲しか知らないので、最後に“ココロノコトバ”をやってくれてめっちゃ嬉しかった!

はじめさんのテンションが超高くて、最後はギターを置いてマイクを持って床に寝転がって、口でギターのメロディをやっていた。




秀吉


00.(即興の曲)

01.夕の魔法

02.信じなきゃ(新曲)

03.白い電車

04.あさなぎ

05.歩こう

06.ピノキオ

07.きたない世界


En

01.かっこつけの唄(新曲)

02.夜風


(セットリストはいただきものです)


ギター&ボーカルの方の名前が秀吉くんで、バンド名も秀吉だそうだ。

よく高崎のライブハウスで、ロストと対バンしているイメージがあるのだけど、それもそのはず、群馬のバンドだって。



初っぱな、その秀吉くんがアカペラ風に歌った短めの曲に、心をわしづかみされた。

「こんにちは代わりの即興」だそうだ。


秀吉くんの歌は、ただうまいだけではなく、想いがしっかり伝わってくる。

聴きながら、次の歌詞は?次の歌詞は?と待ってしまう。



「この曲を歌うためにツアーをまわっています。」と“歩こう”を。

“ピノキオ”は、「ありがとうを歌にした。」と。


 何度だって歌いに来るよ


初めて聴いた“ピノキオ”に、涙が出そうだった。



10月に初めてのフルアルバムがリリースされるとか。

「1年間このためにがんばってきました。」って。


リリースされたらツアーがあるよね?

そしたらまたライブに行こう。


ああ、そうだ。大阪にウッチャリ(wooderd chiarie)を連れてきてくれてありがとう。





終演後、物販のところにおられたウッチャリのメンバーさんと少しお話をしてから駅へ向かった。


秀吉のアルバムリリース、本当に楽しみ。

この秋リリースラッシュ、ライブラッシュ(?)になりそうで、嬉しいけど怖い(笑)

まぁ★まぁ★ 2010/08/23 00:37 ウッチャリ本当に良かったですね(^o^)/ ラッキーなセトリだったんですね!嬉しいです。
最後の曲 壮大で圧巻でした。 次のライブの発表を期待していたので残念だったのですが…
被ってるライブ多いので またいつかご挨拶できたら と思ってます☆

RinkoRinko 2010/08/25 00:28 まぁ★さん>お疲れさまでした。楽しかったですね!
最後の心象風景画は、前回の難波ロケッツのときに、初めてライブで聴きました。すごいかっこいいですよね☆
関西での次のライブを首を長くして待っていましょう。
いつかウッチャリのワンマンに行くのが、当面のわたしの夢です。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20100822/p1