Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-11-27

 PaperBagLunchbox 「一から出直しツアー2010」改め「LOST & FOUNDリリースツアー」@大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE(11/25)

f:id:firesign0916:20101127075352j:image:h300


PBLの久しぶりのツアーもあと2本。

ファイナルは東京なので、このセカンドラインのライブには絶対行きたかった。

ツアー初日もここだった。


今回のツアー17本のうち、9本が関西。

彼らの気持ちが伝わってくるような気がするよ。


------------------


仕事が終わってダッシュで三宮へ。

電車を乗り継ぎ福島駅で降り、セカンドラインへ。


着いたら、PBLのメンバーさんがステージで機材のセッティングをされているのが見えた。


大セーフ!よかった。

お客さんは少なめだったけど、いつもPBLのライブのときに見かける男の子やお兄さんがおられた。

その男の子とは、ずーっと同じ場所で同じ音楽を聴いているような気がする。

(勝手に)親近感を覚えた。



物販には、もうライブが終わったと思われるプロフの堀江くんの姿があった。

近づいて声をかけたかったが、ライブを観ていない後ろめたさがあってできなかった。


ほどなく開演。






<セットリスト>


01.Ground Disco

02.watching you

03.オレンジ(2010 ver.)

04.ティコ

05.おやすみ



“Ground Disco”も“watching you”も、来年1月リリース予定の3rd Album『Ground Disco』に収録されるようだ。


今回の2nd Albumもとてもいいが、この2曲を聴いていると3rdはいったいどんなアルバムに仕上がっているんだろう、と恐ろしくなる。



豊橋−京都−名古屋−大阪。

この日は連続4日目のライブ。


東京から神戸までの間を細かくライブしてまわって疲労もピークだろうに、この日聴いた“Ground Disco”は本当に素晴らしかった。


1曲目から早くも涙目に(笑)



MCでナカノくんが、今までのことやこれからのことを話されて、出来上がった3rd Albumを自分で聴いて、もう音楽から逃げられない、みたいなことを言われたあと、


「(自分の足元を指して)ここから、武道館まで行きます。」


と。

え、いきなり?って笑うひともいるかもしれないけど、わたしは「ああ、ついに前に進み始めたんだな。」と思ったよ。


そして、本来アーティストにとっての「武道館」は、そういうものだと思う。




“ティコ”の前には、


「恋する気持ちが強すぎると、かえって話しかけたり近づいたりできないものだけど、この曲を聴いて気持ちを薄めてからいってください。」

と言われたけど・・・いや、この曲じゃあ薄まりませんって(笑)かえって濃くなりそう。




ラストの“おやすみ”


静かな世界から轟音の激しい世界へ。

気持ちは高まるけど、あくまで穏やかに心のそばに。





これで今年のPBLのライブは見納めだな。

でも、5本もライブが観れてよかった。ここ数年の、鬱積した気持ちが晴れた。





ナカノくんがオフィシャルの日記に書かれていた言葉が印象的だったので、すみませんが引用させてください。



tobaccojuiceは、ほんとに大好き。片思いだったけど、昨日は本当にのんびり、おいしいお酒が飲めた。松本さんは、ファンタジーがある。それがあふれてる。俺が本当につらいときを知ってくれてるので、楽しそうに歌ってる俺を見て、「よかったねー」ってかわいく笑いました。昔もらった「いい音楽やってれば大丈夫だよ」って言葉、ホント忘れられない。俺もそういう言葉一言で、誰かの中に残っていたい。




大丈夫だよ。

心をこめて話した言葉、きっと誰かの中に残っているよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20101127/p1