Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2011-01-23

PaperBagLunchbox「Ground Disco」インストアライブ@タワーレコード梅田NU茶屋町店


f:id:firesign0916:20110123215036j:image



PaperBagLunchbox(略してPBL)の、待ちに待った「Ground Disco」リリース ツアー2011のはじまり。


まずはタワレコインストア。

初日が大阪から、っていうのが嬉しい。

しかもPBL初のインストアライブ。・・・のはず。


(というわけで、以下ネタバレあります)







集合時間30分前にタワレコに着いてしまい、遠めでリハーサルを見る。

PBL繋がりの友人たちもそれぞれ到着。


昨年の2nd Albumリリースツアーのときには、友人たちとなかなか一緒に観れなかったから、久しぶりにみんなが集まった、という感じ。


しかも、え?いつの間にPBLを聴くようになったの?と思う方とも出会えて、とても嬉しかった。

こうやって少しずつファンが増えたらいいなあ。



イベントスペースには客席の真ん中にお立ち台みたいな台が置いてあった。

まさかあそこで中野くんが歌うんじゃあ?


整理券持って入場した人はさほど多くなかったけど、開演が近づいてくるとお客さんが増えてきた。いいぞいいぞ!


ほどなく開演。



ヨウちゃんのキーボードはいつもよりコンパクトなものだった。

もうひとつ、でかいピアニカみたいな鍵盤があって、それを肩からかけて演奏するようだった。あれ、なんていう楽器だろう。(鍵盤ハーモニカ?)


あとのドラムやベースは通常のライブと同じ。


会場の照明はいつもより落としてあって、途中でスタッフさんが大きなライトを頭の上に掲げて、ステージを照らしておられた。



01.アーバンソウル

02.watching you

03.オレンジ 2011 ver.

04.マイムを踊れ

05.ティコ



大好きな“アーバンソウル”からでアガる。


 生まれてきた意味を果たそう

 最高の君はどこへ行った



ヨウちゃんはピアニカの親分みたいなやつで演奏。




“watching you”

イントロのキーボードのメロディが泣きたくなるくらい大好き!

ハンドマイクで歌い踊る中野くんと一緒に踊りたくなる。


そして、フロントの二人に目を奪われそうになるけど、

伊藤さんのドラムと、クラチくんのベースがとっても素敵!大好きだなあ。



中野くんが、

「タワレコの試聴機の中からあなたの心を覗いてるのは、僕たちです!」

と言われたのはこの曲だっけ?次の曲?




“オレンジ 2011 ver.”


初期の頃のオレンジと、まったく別人になった曲。

こんなに変わった曲もそう無いだろう。

音源(シングルとアルバムで違うバージョン)で聴いたのは5年前。

初めてライブで聴いたのは、おそらく3年前。


孤独と閉塞感でいっぱいの曲という感じだった。

何度か聴きながら泣いたこともあった。


それが、少しずつ心が開いてきて、今は目の前にいるひとに向けられる曲になったように思う。

ら ら らら♪と一緒に歌ったり、ゆるーくハンドクラップしたり。


バンドの歴史を背負っている曲だなあ。




“マイムを踊れ”


中野くんがハンドマイクで客席に降りて、中央にあるあのお立ち台へ。

スタッフさんがマイクスタンドを運んで来られる。


「こういうのをやってみたかったんだよ〜♪」

軽く歌いながら。


中野くんを囲んでみんなで丸くなったという光景。

なかなかいいなあ。

中野くんのリードでいろんなハンドクラップして。

この曲のようなダンスミュージックも、PBLの曲はどこか切なくて胸の痛みが残る。

そういうところがきっと好きなんだ。




うろ覚えの中野くんのMC。


あなたたちが泣きたいとき泣くように、僕は歌いたいとき歌う。

小さい頃から歌ってきて、歌うことしかできない。



・・・言葉が少し違うかも。でもそういう意味のことを言われて胸が詰まった。


ずいぶん前、もう3年近く前、中野くんがブログに書いておられた言葉を思い出した。(そのブログは今は削除されている)



 まだうまくできないけど、いつか、誰も傷つけずに、

 誰も悲しませない、元気が出る、

 そして涙を流せる、歌になる。




最後は“ティコ”


2nd Albumに収録されている、恋の歌だ。

静かに静かに引き込まれている間に曲が終わった。


終演。



スタッフの方がすぐにサイン会の準備を始められた。


短い時間のインストアライブだったのに、ライブハウスで普通にライブを観終わった感覚だった。

1曲1曲がそれぞれの世界を持っていて、その内容が濃いからかもしれない。


ワンマンになると、心の体力が持たないかもしれないな。

・・・まだワンマンは観たことないけど。


今日、最終的に3月のツアーファイナルのワンマンライブ(@新宿MARZ)に行くことを決心した。(とりあえずチケットは取っておいた)


まずその前にツアーが始まるのだけどね。何回ライブに行けるかな。楽しみだな。



歌詞カードにサインをいただきながら、そんなことを思っていました。


 

 少ない言葉かき集めてさ 

 伝えようとしたんだ 何度も 何度も


   (5度 / PaperBagLunchbox)






初めて出会った頃のPBLは、自分の内なる世界を歌にして、それに共感できるひとには魅力的に映るバンドだった、と思う。


それがたくさんの苦しみを乗り越えて、わたしたちにしっかり何かを伝えてくれるようなバンドになった。


そんな気がしました。

PBLヨウPBLヨウ 2011/01/24 04:46 今日はありがとうございました!今東京に到着しました。「短い時間のインストアライブだったのに、ライブハウスで普通にライブを観終わった感覚」というのが嬉しいです。それは意識していた事なので。ツアーでもたくさん新しい事をやろうと思っているので期待してください!それではまた〜!

RinkoRinko 2011/01/24 07:53 PBLヨウさん>わわわ!コメントありがとうございます!
お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

本当にインストアとは思えない雰囲気で、1本のライブ後と同じ満足感と、疲労感(心地よい)がありました。
ツアーが楽しみです!
長いツアーなのでお身体に気をつけてくださいね。
次にお会いできる日を楽しみにしています。

アッコアッコ 2011/01/25 00:28 恒松くんのあとのコメントで恐縮ですが。。笑
「オレンジ」の“少しずつ心が開いてきて〜”っていうの
すごく納得しました。
りんこさんが最後に書かれてるような感覚に、
私もなっていたのかもしれません。
長いツアー、どこに行けるかなぁって悩めるほどに
たくさんあるって、ちょっとまだ信じられない気分です。
初めてワンマンを観れるっていうのも、もっともっと夢みたい(笑)

RinkoRinko 2011/01/25 07:37 アッコさん>お疲れさまでした!
PBLつながりのみんなと一緒に、また新しいファンの方も一緒に、初のインストアライブが観れて嬉しかったです。
同じ曲でも表情が変わっていく、それをみるのはおもしろいですね。(昔のバージョンのも聴いてみたいですけど)

長いツアー、最後にワンマン、アッコさんに何度もお会いしたいです。よろしくお願いしま〜す♪

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20110123/p1