Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012-07-08

 セカイイチ「The Band」TOUR2012@大阪・BIGCAT(7/6)



f:id:firesign0916:20120708012716j:image f:id:firesign0916:20120708012715j:image




出演:セカイイチ  ゲスト:LUNKHEAD




行きたいライブがまたまたかぶってしまった。。。

迷った末、初めにチケットを取ったほうに行くことにした。

分身の術、覚えたい・・・



平日なのに17:00開場、18:00開演、って優しくない!

でも慧ちゃんが、ゲストはいるけどセカイイチはワンマン並みのボリュームのライブをするよって言われていたから、そのせいなのかな?


開場直後は客が少なくてハラハラしたけど、開演頃には増えてきてひと安心。



(以下、セットリストあり。MCはうろ覚えです)








◆LUNKHEAD



01.白い声

02.果てしなく白に近づきたい青

03.潮騒

04.プルケリマ

05.夏の匂い

06.月光少年

07.ぐるぐる

08.シンドローム

09.カナリアボックス




ものすごく久しぶりのランクヘッド・・・って、今はローマ字表記か。

前回ライブを観たのは、2009年10月の旧心斎橋クアトロ。そんなに開いてたか。

数年前にドラムの方が代ったんだっけな?



1曲目、白い声。

結構レアな気が・・・と思ったら、あとで小高くんもそう言われていた。「Wアンコールくらいでしかあまりやらない曲」と。


最近の曲をあまり聴いていないのでどうしようと思っていたが、少し前の、知っている曲をやってくれたので嬉しかった。



月光少年の前には、セカイイチとの出会いのエピソードを。

2005年秋のセカイランクツアーで初めて出会ったとか。

その頃慧ちゃんが、ランクの月光少年をとても気に入ってくれて、その後のイベントで共演したときも慧ちゃんがこの曲をやったそうだ。


そのツアー、ファイナルは沖縄だったけど、終わってからみんなで飲んでいると、小高くんと慧ちゃんが殴り合いのケンカになって・・・壮くんが仲裁に入ったそうだ。


壮「僕、よくそういう役になるんです。」(笑)


セカイランクツアーといえば、神戸でも11月にVARIT.でライブがあった。

その日初めてわたしはランクとセカイイチのライブを観たんだった。

またこうして対バンが観れるのは嬉しい。

当時からのメンバー3人、小高くん、壮くん、合田くん、あまり変わってないなあ。

合田くんの頭にはびっくりだけど(笑)




月光少年も楽しかったけど、ラストのカナリアボックスもよかった。盛り上がった!

このあとワンマン並みの尺のセカイイチのライブ、がんばれるかな?とちょっと不安になった。





◆セカイイチ



01.everybody goes on

02.ニューカマー

03.Clockwork

04.Beat goes on

05.風来坊

06.Night and Daylight

07.ソフトフォーカス

08.あたりまえの空

09.正しさを間違えた王様

10.Nothing has changed

11.あかり

12.石コロブ

13.虹

14.快楽主義者

15.グレース・ケリー

16.Oil Shock

17.井の中の世界

18.カプセル

19.バンドマン



En

01.New Pop Song Order




とにかくバンドマンが聴きたくて。

新しいアルバムは、やっと最近聴き始めたところで、バンドマンを初めて聴いたのは岩海苔のライブという。



慧ちゃんは真っ赤なシャツで、ちょっとどぎもを抜かれたが似合ってる(笑)




MCで妹・岩崎愛ちゃんの話を。

この日、愛ちゃんも別のライブハウスでライブをしているらしい。

慧「(同じ日にライブやるって)全然聞いてなかった・・・何も兄貴と同じ日にやらんでも」(笑)


そして、慧ちゃんがいかに妹LOVEかの話に。

ムジカジャポニカという、よく兄妹でライブをやらせてもらっているお店である年のお正月に、書初めをやったそうだ。

慧「何を書こうか考えて、“愛を愛してます”って書いたんだ。」

泉「10年来の付き合いのあるムジカジャポニカの店長さんも引いてた。」(笑)

慧「自分ではうまいこと書けたって思ったのに・・・」

泉「10年以上付き合いのある響ちゃんも引いてるよ?」(笑)




慧ちゃんもセカイランクツアーの話になった。

1か月で27ステージ。そういえば「僕らの27日間演奏」ってツアータイトルがついてたっけ。


慧「あのときのツアーは・・・大阪はなかったね。神戸?京都もあったっけ?・・神戸だけか。」


そう、神戸神戸!


慧「(うなずく客を見回して)・・・古参のファンの方もおられるようで・・・ありがとうございます!」


古参って言われちゃったよ?(笑)




それから、見放題とかミナホとかではBIGCATでライブしたことはあったけど、自分たちのライブでは初めて!と嬉しそうだった。





新しい曲に混ざって、あかり〜石コロブ〜虹、の流れがとてもよくて、特に虹では泣きそうになった。



 雨が降って 風が吹いて 私は走り続けました

 気を抜けば追い越されそう 私は臆病でしょうか




快楽主義者もほんといい曲!



 言ってみればみんなキヨシローの後輩



そこからはダンスナンバーが続いて、その中で井の中の世界が聴けて嬉しくて、カプセルでは前列のほうに飛んでいってしまった。

モッシュがないのがちと寂しいけど。



慧「この曲は、僕らとあなたたちの歌でもあり、ランクヘッドとあなたたちの歌でもある。

たくさんのバンド、すべてのために」


・・・だったかな?



バンドマン。



 バンドマン ざわざわするような胸の隙間に歌届けてよ

 お願い 見失わないように僕の道をまた照らしてよ

 バンドマン 涙が乾くようなやさしい歌を聴かせてよ

 お願い その歌声をいつまでも止めないで


 お願い 聴かせてよ僕のバンドマン



わたしたちに、というより、すべての音楽に関わっているひとたちに届けばいいな。

こんな曲を作って歌える慧ちゃんを、海北くんがうらやましがっていたの、わかる気がする。



アンコールは、New Pop Song Order。


踊り倒した・・・けど、正直膝ががくがく(笑)



手拍子が鳴りやまずみたびステージにメンバーが現れた。


慧「僕らもう、3時間以上やってるんだぜ?(笑)ありがとう!」




終演。


みんないい汗かいたね。

次の大阪でのライブは、9月らしい。


久しぶりの長いライブにへとへとになったわたしは、身体のメンテナンス(要はダイエット)の必要性を、ひしひしと感じたのでした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20120708/p1