Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-02-04

 成山剛(sleepy.ab) × 松井省悟(空中ループ)「SING A SONG JOURNEY」 京都編@レフェクトワール京都(1/24)




出演:成山剛(sleepy.ab)/松井省悟(空中ループ)



f:id:firesign0916:20160131221846j:image







久しぶりの京都、久しぶりのライブ。

前々日くらいから週末の大寒波襲来が報道され、なんでこんな時によりによって京都やねん!

もし朝から雪なら帰りの電車が危ういので、このライブは断念しようと思っていた。


でもありがたいことに、結局雪は降らなかった。寒かったけど。


天気予報とにらめっこしながら京都行きを迷っている私に、家人が珍しくいいことを言った。

「行ける時に行っとかないと、後悔するで」


ほんまやね。



ということで京都へ。








阪急烏丸駅を出てから少し迷いながら、無事にレフェクトワール京都へ。

ビルの1階にベーカリーがあり、ガラス越しにパンを焼くのが見えた。

販売もされているようで、何人かお客さんがパンを買って行かれた。



開場時間を少し過ぎて、2階のお店に案内された。


2階はサンドイッチレストランのようだが、まだオープン前らしい。

40人くらい入れるようで、窓側にマイクと椅子、そしてギターが用意されていた。




大きな窓を背にして歌う形になるようで、雪が降ってきたらとても美しい光景になりそう。

いや降ったら困るけど(笑)



席を確保したら、セルフでサンドイッチのプレートをもらいに行く。

カウンターの端にワインが用意され、グラスについでくれているのは・・・松井くんと成山くんだった!

なんと贅沢な(笑)



空中ループのドラムのかおりさんにもお会いできた。

今日は音響を担当、他にもいろいろとお手伝いをされているようだ。


かおりさんと言葉を交わしたのは本当に久しぶりで、ちょっと泣きそうになってしまった。






開演前にサンドイッチとワインをいただき腹ごしらえ。


写真を撮る前に食べ始めてしまったので、見知らぬ人のプレートに私の白ワインを乗せて撮らせてもらった。

ほんとすみません、図々しくて(汗)


f:id:firesign0916:20160131221847j:image





ライブは松井くんから。


最近は音楽と無縁の生活をしていたので、知らない曲あり、タイトルが思い出せない曲あり。

申し訳ないです。。。


(下にセットリストらしきものをあげているけど、間違っているかも)




関東に行っていた時にノロウィルスに感染した話や、今度アメリカに行かれる話を。


しばらく見ないうちに大きくなったなあ(←親戚のオバサンか? 笑)

でも変わらずまっすぐだなあ。





休憩をはさんで成山くんのライブ。

成山くん、ギリギリまでお客さんにワインを注いでくれていた。


成山くんの生のうたを聴くの、2年前の11月のSOLE CAFE以来。

ほんとに・・・なんでこんなに開いちゃったんだろ。



 それでも自分を守って

 君の合図が見えないふりをした




「メリーゴーランド」の、そんな歌詞に涙ぐんでしまった。なんで?

やっぱり成山くんの声は特別なんだな、私にとって。再認識した。



3月にソロアルバムを出すとのこと。予約しておこう。





帰りのことが気になってアンコールできなかったけど、二人で歌うところを観たかったな。

それだけが心残り。



帰りに空中ループの『梢』を買って、松井くんにサインをいただいた。ありがとう。


サンドイッチもワインも美味しかったし、素敵な時間だった。ありがとう。




次はバンドセットのライブを観たいな。


4月9日にある『空中ループ×sleepy.ab in 能楽堂』の対バン、なんとしても行けるように調整しなくちゃ。




f:id:firesign0916:20160204214033j:image







〈セットリスト〉(ウロ覚えです)

●松井省吾

1.

2.梢

3.ray

4.

5.

6.いつかどこかにたどりつく

7. 刻

8.

9.小さな光



●成山剛

1.さかなになって

2.メロディ

3.ladifone

4.(新曲)

5.ピエロ

6.エトピリカ

7.メリーゴーランド

8.ヒトキリギリス

9.

10.街路樹



D



D

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/firesign0916/20160204/p1
Connection: close