Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-05-27

uchuu, Presentz.『CosmiCspaCe2-two-』@大阪・umeda AKASO



f:id:firesign0916:20110528011002j:image



出演:uchuu, / hare-brained unity / Hekate / AKARI in the TV / (opning act) NOKIES!


10日ほど前に神戸のART HOUSEでライブがあったのに、仕事が終わらなくて行けなかった。

なのでどうしても行きたかったこの日のイベント。

前売りチケットを買って、前から楽しみにしていた。

(帰りが遅くなるので、トリのuchuu,は観れませんでした)






NOKIES! (opning act)


初見。

演奏うまい。


1曲目が終わったら突然ギターの方が楽屋に引っ込んだけど、どうやら弦が切れて次の出番のバンドにギターを借りに行ったようだ。


彼が戻ってくるまで、即興で1曲やっていた。



最後の曲が凄いよかった。あとで物販に行って音源見ようと思ったいたのに忘れた・・・



AKARI in the TV


岡山発のバンドらしい。


こちらもギターの弦が切れて(さっきNOKIES!に貸したギター)、弦を張り直したNOKIES!を借りて、それをまた切ってしまい・・・


「あ、でもこのあとの曲はギター弾かないんだった。セーフ!」(笑)


そんなこんなで最初はぐだぐだだったけど、後半は持ち直していた。

固定ファンも結構いたみたい。




Hekate


01.Thousand sound land

02.スリープライダー

03.illumination&imagination

04.think into SPASE

05.Space ship

06.Star light



それほどたくさんライブを観ているわけじゃないけど、観るたびに曲が増えてる!

“Space ship”、かっこよかった!


大矢くんのギターが新しくなっていい音出してて、MCも絶好調やった(笑)


ドラムの高山くんが、告知などのまさかのMC!

聞いてるこっちが緊張した(笑)でもよく通る声でわかりやすかった。


ベースのタケチさんの笑顔は相変わらずキラキラしてる。

ライブが増えてきてるのは嬉しいけど、小柄な身体でベース弾くの、体力いるだろうな。がんばって!



高木くんの声はやっぱり素敵だ。

前髪が長くて顔が隠れてしまうところは好みじゃないけど、時折大矢くんのMCにくすっと笑っているのが見ていておもしろい。


最近の曲も好きだけど、最後に高木くんが

「最後にとっておきの曲を。」と“Star light”をやってくれたのがめっちゃ嬉しかった!






終わってから物販で、限定200枚の新しいCD『音の無い流れ星のように/think into SPACE』を購入。


ジャケットも素敵!


f:id:firesign0916:20110529190325j:image


ひとりの男性が物販に来られて、

「最後にやった曲のCD無いの?廃盤?えーっ!?」

と残念そうに言われた。


持っているわたしは、ひそかに心の中でVサイン(笑)




hare-brained unity



Hekateを観たら帰るつもりだったけど、久しぶりに(3年ぶりくらい?)ヘアブレが観たかったので残る。


フロアでみんな楽しそうに踊っていた。

(わたしもすみっこで一緒に)


でもって、またまた右膝を・・・(おい)


・・・大丈夫!





7月にHekateがまた神戸に来てくれるみたいだし、7月24日にはDROPで自主企画!

そのときuchuu,やpechicaも出演するそうなので、なんとかして観に行きたいと思います。



それにしてもHekateのメンバーさんたち、AKASOのような広めの会場で演奏するの、気持ち良さそうだったな。うん。

2011-03-08

Children's Toy 第3話@ 心斎橋CLUB DROP(3/7)

f:id:firesign0916:20110308233236j:image f:id:firesign0916:20110308233235j:image



前日の3月6日、楽しみにしていたライブに行けなくなってしまい、だいぶ凹んでいた。

その夜、インテルの試合観戦。そこで目にしたものは、長友の初ゴール!!


これで相当テンションが上がった。最近mixiのほうにはサッカーのことしか書いていないような。。



そしてこの日、1月以来のHekateのライブを観るために心斎橋へ。

神戸の自宅を出るときは激しい雨が降っていたのに、大阪に着いたらあがっていた。

ライブハウスに向かうのは、やっぱりウキウキするなあ。

こういう気持ちが持続するうちは、自分は大丈夫、な気がする。なんとなく。





DROPに着いてフロアに入ったら、すでにDJの方が曲をかけておられて、曲に合わせて踊っている人の踊りがとっても楽しそうで、思わず見入ってしまった。

わたしがもうちょっと若かったら、一緒に踊りたい・・かも(←無理!)


今日は時間がないのでHekateのライブだけ観て帰るつもり。

ドリンクカウンターのフロアにいた人たちが、開演近くなってわらわらとステージ前に集まってきた。


こういう複数のバンドが出演するライブって、最前付近にぽっかり変なスペースができてしまうものだけど、みんなさっさと前に集まってきたのでほっとした。

あのなんとも言えないスペース、気まずいもの。

Hekate目当てのお客さんも、増えてる感じがする。



開演。


<セットリスト>

01.illumination & imagination

02.此方から彼方まで

03.Think into SPACE

04.Spica

05.Star light




メンバーの立ち位置が変わっている。


しもてからドラムの高山くん、ギターの大矢くん、少し後ろに下がった位置にベースのタケチさん、そしてかみてにギター&ボーカルの高木くん。


この位置だと間奏のときに弦の3人がトライアングルになって視線を合わせられる。うん、いい感じ!


1曲めと3曲めは新曲?とりあえず初めて聴く曲は新曲ということにしておこう。

3曲めのギターがかっこよかった。


他の曲は1st minialbum『Magical Scope』に収録されている。





ライブハウスのみで売っているこのミニアルバムがとても好きで、特に3曲めの“Spica”では


 誰も信じられないし 生きるのとか飽きてきた


そして


 おもちゃのテレスコープじゃ

 スピカさえも捉えられない



と歌っているんだけど、4曲めの“Star light”では


 スターライトサーチライト

 僕だけの光で探しだしたいな



 出来そこないのプラネトイド

 君だけを精一杯探してる



と変わってきている流れが好き。


・・・うまく表現できないけど。




そして嬉しい告知が。


5月27日、umeda AKASOでuchuu.というバンドの企画のイベントに出演するって。


AKASOで!


絶対Hekateの音は、AKASOに似合うと思うわ。




ライブ後、先行販売しているチケットを買った。

家に帰ってそのチケットをよく見ると・・・



uchuu, Presentz.『CosmiCspaCe2-two-』

 出演:uchuu, / hare-brained unity / Hekate / and more…



わーー!ヘアブレ!!久しぶりだ!

他にはどんなバンドが来るのかな?


5月は遠すぎて本当に行けるかわからないけど(え)、なんとかスケジュール調整しなくちゃ。

がんばろう。

2011-01-22

Half-Life 2nd full Album “table” Release Tour 2010-2011@心斎橋 CLUB DROP


f:id:firesign0916:20110123091337j:image



出演:Half-Life / the storefront / スムージチークス / Hekate / marue / Mary Mary Mary


前回のHekateのライブのときに今日のイベントを知り、土曜日だったこともありチケットを取った。


Half-Lifeのレコ発ツアー、6バンドの対バン。

Hekate以外は初めて観るバンドなので、体力と気力が持つかな?とやや不安を抱きながら、DROPへ。

ここはフロアの両側の壁にベンチが造りつけてあるので、転換のときにはそこに座って省エネすることにした。





Mary Mary Mary


01.B-step

02.powder

03.confusion

04.perry

05.ママツカ


(いただいたアンケートより)


ボーカルの声、というか雰囲気が、大木さんに似ていた。

ライブの雰囲気が好きなタイプ。“perry”という曲が特によかった。


ベースの方のMCが、まったりとしてツボ。あとで聞いたら京都の方らしい(やっぱり? 笑)


初めて作ったデモ音源を持ってきています、と言われたので、ライブ後買いに行って、無理やりサインをしていただいた。ありがとうございます!



Hekate


01.Run around run

02.此方から彼方まで

03.Star light

04.音のない流れ星のように

05.Spica



他のバンドのライブに行って知り合った男の子が、Hekateのメンバーさんだった。

それで去年12月に初めてライブを観て、音源を買って帰ってiPodに入れて、聴く回数が増えている。


特に“Star light”

イントロが聴こえてきただけで、ドキドキして泣きそうになる。


そしてライブで聴くと確信するのは、ボーカルの高木くんの声がとても好きだということ。

4人が奏でる音も・・・うまく表現できないけど、自分の気持ちにしっくりくる・・・全然違和感なく、心の中に入りこんでくる感じ(もっとうまく言いたいけど言えない)


たまたま知り合って、興味を持ってライブに行って彼らを知ったけど、きっとそういうことがなかったら出会えなかった・・・出会えたとしてもずっとあとだっただろうな。


そう思うと、出会えたことが奇跡みたいで、感謝したいです。



前回聴けなかった“此方から彼方まで”と“Spica”が聴けた。

音源にまだ入っていない曲も少しずつ増えている?ようなので、またCD出たら嬉しいなあ。


ギターの大矢くんのMCもおもしろかった。占いに行った話とか、九州のおじいちゃんや親戚の話とか。


もっとライブが観たいなあと思った。




marue


ボーカルの方の歌い方が時々巻き舌になっていて、ちょっと気になった。

MCで新年のご挨拶をされ、「日本人だからちゃんとしないと」と言われていておもしろかった。


5曲演奏。“オレンジック”など



スムージチークス


12月の勇人さんのバースデイライブのときには時間がなくて、ライブを観ずに帰ったしまったので、今日はがっつり観ようと。


大阪のバンドで、ドラムの方が女性。

HPによると、ギターの方が3月で脱退されるらしい。


6バンドの対バンということで、お客さんは多いがいろんなテンションの人がいる。

フロア後方のお客さんがおとなしかったので、勇人さんがあの手この手で煽っていたのがおもしろかった。

一緒に歌って!と言ってもいまいちだったとき、

「俺がEXILEだったら一緒に歌うやろ?嵐やったら歌うやろ?

好きな人が言ったときだけ盛り上がるのはな・・・・


それは差別やで〜〜!!」(爆)


そ、そうか(笑)

その表現に、しばらく笑いが止まらなかった。


勇人さんの歌っているときの表情が素敵だった。




the storefront


演奏も歌もうまい、かっこいいバンド。(←なんつー表現)

ガンガン飛ばしているようで、実は歌詞を大切にしているバンドのように思った。チャンスがあればちゃんと聴いてみたい。



実はこのへんで体力が落ちてきて、集中力が切れてしまった。もったいない。

がっつり観るのは4バンドが限界やなー




Half-Life


最近時々音楽雑誌に記事が載っているのを目にする。

3ピースのバンドで、ボーカルさんは金髪だった。


3人とは思えない音圧とボーカルのテンションの高さに、6バンドめでフラフラしていたら、吹っ飛ばされそうになった。

しばらく頭がぼーっとしていた・・・が、負けないようにしっかり向き合ったら、ちゃんと聴こえてきた。


リリースしたばかりのアルバム『table』からの曲をやりますって言われて、

“discord”を。

この曲と、それ以降の曲がすごくよかった。“J-POP”も聴けた。


アンコールは“色彩”

かっこいい曲だった。




終演後、Hekateのメンバーさんと少し話をした。

Mary Mary MaryさんもがんばってCDを売っておられた。


バンドを続けていくのはそれはそれは大変で、いろんな苦労があるのだろうけど、今日のDROPには希望が漲っていたなあ。


若い人たちからたくさんパワーをもらって幸せでした。ありがとう。

2010-12-16

スムージチークス 勇人BIRTHDAY BASH SPECIAL & Hekate FIRST TOUR FINAL!!!@心斎橋CLUB DROP


f:id:firesign0916:20101217011025j:image

f:id:firesign0916:20101217011024j:image



(6バンドの対バンでしたが、時間の都合上Hekateだけ観て帰りました)



仕事が終わってからダッシュして三宮へ。

電車を乗り継ぎ心斎橋へ。

BIG STEPを横目で見ながら三角公園を斜めに突っ切って、DROPへ。


心斎橋DROPへは数回しか来たことがないけど、大好きなライブハウスだ。


数年前にはここでsleepy.abを観てTHE NOVEMBERSを観て、ミナホのときには9mm Parabellum Bulletを観た。


そのDROPに、Hekateというバンドを観に行った。


このHekate(ヘカテ)は、たまたま他のバンドのライブで知り合った男の子のバンドで、

教えてもらったバンド名で検索してオフィシャルに行き、それからMy Spaceで曲の一部を聴いた。


多分・・・好きなタイプのバンドだと感じて、一度ライブを観てみたいと思っていた。


が、12月に入ってから彼らは東京にライブしに行ってしまいなかなかチャンスがなかった。


オフィシャルからブログを盗み見ると、いろいろトラブル続きながらたくましくライブをやっているようだった。


いい人たちとの出会いもあったようで、たくさんのものを吸収している様子を垣間見ることができて、

ますますライブが観たくなった。



それで今日。

東京・横浜で4日連続ライブをやってきて、大阪に戻って少し休んで今日がツアーファイナル。


もとより「ツアーファイナル」という言葉に弱いわたし。それにこの機会を逃したら当分観れないかもしれない。

でも仕事が終わるだろうか。6バンドの対バン。

イベントタイトルに名前があるので後ろのほうの出演だろうけど、それはそれで帰りが遅くなるからHekateしか観れないだろう。

翌日も仕事だから、体力的にもどうなん?

ちゃんと音源を聴いてもいないのに、無理して行く必要があるのか?


と散々迷ったが、迷ったときには「行く!」がポリシー(いつから?)


それに何より、わたしはこの数回しか会ったことのない男の子の、ライブの楽しみ方がとても好きで、

音楽を愛しちゃってるオーラがにじみ出ていて、

そんな彼が打ち込んでいるバンドだから、きっといいバンドに違いない、ライブが観たいと思ったのだった。




--------------


DROPに着いたら、前のバンドのライブ中だった。


2曲しか聴けなかったが、ボーカルさんがめっちゃ歌がうまくて、しかも男前だった。



最後の曲の途中で、スムージチークスのボーカルの方が出て来られて(彼は今日誕生日らしい)、客とコール&レスポンスをしていい感じに盛り上げて去って行かれた。


楽しかった!もっと聴きたかったな。




そしてステージには幕が閉まって、どうやら次がHekateらしい。


あー、間に合ってよかった!

と思ったら・・・あれ?

幕の向こうで準備をしていると思っていたあの男の子が、お客さんと話している。


???と彼を見ていたら、わたしに気づいてくれて「えー!来てくれたんですか!?」と笑顔。


いやあ、そんなにキラキラした目で言われたら、照れますやん!(笑)


ふたことみこと言葉を交して、彼は幕の向こうへ。

間に合うんかいな(笑)



しばらく待って開演。



〈セットリスト〉


01.ムーンスライダー

02.Star light

03.惑星

04.音のない流れ星のように

05.in my girl



(ライブ後配られたアンケートより)



4人編成で、ギター&ボーカル(高木くん)、ギター(大矢くん)、ベース(タケチさん)、ドラム(高山くん)。


ベースの方は女性。


センターに立っているギター&ボーカルの高木くんは、時々PCを駆使してエレクトリックな音を出す。


そしてその高木くんの声が・・・どストライク!

ちょっと藤くんの声に似ているが、もう少し繊細な感じ。


2曲めのときに知らず知らず泣きそうになっている自分に「え!?」と驚く。



MCは高木くんと大矢くんが担当。


大矢くんのMCは、大阪愛がにじみ出ていておもしろい。

東京にツアーに行ったとき、途中のパーキングエリアで川柳を募集していたので自分も書いて出してきた。そのときたまたま前に書かれたのを読んでしまっておもしろかった話とか、

東京に負けたらあかんと思い、演奏後に「ありがとう!」じゃなくて、「おおきにっ」と言った話とか。(ほんとかは不明 笑)


そう言いながら標準語っぽい喋り方になって、「東京に毒されてるやん・・・」(笑)


大矢「では最後の曲です・・・“タコヤキ”!

・・・そんな曲、ホントにやったら凄い!凄いファイナル!」(笑)

高木「(笑)ほんとに作っておいたらよかったね!」(笑)



あと、もし自分が結婚式を挙げるとしたら、母親にこう言う。

大矢「お母さんにもらった誕生日プレゼントで、忘れられない素敵なプレゼントがあります。それは・・・・


ヒロキという名前です!」


おおっ!


お客さんがいっぱい来てくれて嬉しい、みたいな話をして、

大矢「心のマイドキュメントに保存しました!」


おおっ、メモメモ!(笑)


そんな話をしながら、最後には「みんな、好きやねん!」と言って、ちょっとしんみりしたり。



曲のタイトルは星にまつわるものが多いみたいで、星が好きだからバンド名もそういう意味でつけたのかな?と思った。(ヘカテ=小惑星)




演奏中の4人はとても楽しそうで、月並みな言い方をすれば「グルーヴを感じる」とでも言うのだろうか、でもそれだけでは言い表わせない、何かがあった。


こういう感覚、なんていうんだろうと考えていたら、最後の曲が始まった。


高木「今日はスムージチークスの勇人くんの誕生日です。

だからHAPPYな気分で繋げるよう、明るい曲をやります。」


“in my girl”


テンポの速い明るい曲で、手拍子をしながら聴いたんだけど、

なぜか涙ぐんでしまった。なぜだろう?


彼らが音楽で何かを伝えようとする気持ちが伝わってきて、ちょっと切ない気持ちになったみたい。




終演。


CDを買おうとして物販で待っていたら、タケチさんと高山くんが出て来られたので、ライブがとてもよかったことを伝えた。


そのあと大矢くん、高木くんも来られたので、CDにサインをしてもらった。


f:id:firesign0916:20101217014614j:image



マジックやサインペンがなくてボールペンで。

とても丁寧に書いてくださった。


高山くんは、「今考えたサインです!」って。



バンドの解散や活動休止、脱退などの悲しいニュースが続く中で、前に一歩進もうとしているバンドもあるんだなあ。



最後まで観れなくてごめんなさい、と思いながら、Hekateのメンバーさんにご挨拶して外に出たら彼が見送りに出てきてくれたので、一生懸命今日のライブで感動したことを伝えようとしたけど、うまく言葉にならなかった。


「ありがとう」っていう気持ちが伝わっていたらいいな。




帰り道、寒くてキンと冷えた空気の中で見上げた空には、オリオンの星が光っていたよ。


仕事に疲れて大阪まで行くのをやめにしようかと思ったけど、がんばって行ってよかった。


でかしたぞ、わたし(笑)