Hatena::ブログ(Diary)

星と石ころ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-02-04

 成山剛(sleepy.ab) × 松井省悟(空中ループ)「SING A SONG JOURNEY」 京都編@レフェクトワール京都(1/24)




出演:成山剛(sleepy.ab)/松井省悟(空中ループ)



f:id:firesign0916:20160131221846j:image







久しぶりの京都、久しぶりのライブ。

前々日くらいから週末の大寒波襲来が報道され、なんでこんな時によりによって京都やねん!

もし朝から雪なら帰りの電車が危ういので、このライブは断念しようと思っていた。


でもありがたいことに、結局雪は降らなかった。寒かったけど。


天気予報とにらめっこしながら京都行きを迷っている私に、家人が珍しくいいことを言った。

「行ける時に行っとかないと、後悔するで」


ほんまやね。



ということで京都へ。








阪急烏丸駅を出てから少し迷いながら、無事にレフェクトワール京都へ。

ビルの1階にベーカリーがあり、ガラス越しにパンを焼くのが見えた。

販売もされているようで、何人かお客さんがパンを買って行かれた。



開場時間を少し過ぎて、2階のお店に案内された。


2階はサンドイッチレストランのようだが、まだオープン前らしい。

40人くらい入れるようで、窓側にマイクと椅子、そしてギターが用意されていた。




大きな窓を背にして歌う形になるようで、雪が降ってきたらとても美しい光景になりそう。

いや降ったら困るけど(笑)



席を確保したら、セルフでサンドイッチのプレートをもらいに行く。

カウンターの端にワインが用意され、グラスについでくれているのは・・・松井くんと成山くんだった!

なんと贅沢な(笑)



空中ループのドラムのかおりさんにもお会いできた。

今日は音響を担当、他にもいろいろとお手伝いをされているようだ。


かおりさんと言葉を交わしたのは本当に久しぶりで、ちょっと泣きそうになってしまった。






開演前にサンドイッチとワインをいただき腹ごしらえ。


写真を撮る前に食べ始めてしまったので、見知らぬ人のプレートに私の白ワインを乗せて撮らせてもらった。

ほんとすみません、図々しくて(汗)


f:id:firesign0916:20160131221847j:image





ライブは松井くんから。


最近は音楽と無縁の生活をしていたので、知らない曲あり、タイトルが思い出せない曲あり。

申し訳ないです。。。


(下にセットリストらしきものをあげているけど、間違っているかも)




関東に行っていた時にノロウィルスに感染した話や、今度アメリカに行かれる話を。


しばらく見ないうちに大きくなったなあ(←親戚のオバサンか? 笑)

でも変わらずまっすぐだなあ。





休憩をはさんで成山くんのライブ。

成山くん、ギリギリまでお客さんにワインを注いでくれていた。


成山くんの生のうたを聴くの、2年前の11月のSOLE CAFE以来。

ほんとに・・・なんでこんなに開いちゃったんだろ。



 それでも自分を守って

 君の合図が見えないふりをした




「メリーゴーランド」の、そんな歌詞に涙ぐんでしまった。なんで?

やっぱり成山くんの声は特別なんだな、私にとって。再認識した。



3月にソロアルバムを出すとのこと。予約しておこう。





帰りのことが気になってアンコールできなかったけど、二人で歌うところを観たかったな。

それだけが心残り。



帰りに空中ループの『梢』を買って、松井くんにサインをいただいた。ありがとう。


サンドイッチもワインも美味しかったし、素敵な時間だった。ありがとう。




次はバンドセットのライブを観たいな。


4月9日にある『空中ループ×sleepy.ab in 能楽堂』の対バン、なんとしても行けるように調整しなくちゃ。




f:id:firesign0916:20160204214033j:image







〈セットリスト〉(ウロ覚えです)

●松井省吾

1.

2.梢

3.ray

4.

5.

6.いつかどこかにたどりつく

7. 刻

8.

9.小さな光



●成山剛

1.さかなになって

2.メロディ

3.ladifone

4.(新曲)

5.ピエロ

6.エトピリカ

7.メリーゴーランド

8.ヒトキリギリス

9.

10.街路樹



D



D

2014-11-24

成山剛 ワンマンライブ「エトピリカ」@京都SOLE CAFE(11/4)


いつ以来だろう、成山くんのうたを聴くのは。


調べてみたら、2012年11月の梅田シャングリラのライブ以来だった。


翌年の春に転勤して何本かのライブに行けず、その中にsleepy.ab(スリーピー)のライブもあった。


秋頃やっと仕事が落ち着いて、さあこれから、という時に入院。

退院直後に京都・磔磔sleepy.ac(スリーピーのアコースティックVer.)のライブがあったが、さすがに京都まで行くのは無理で断念。



成山くんのうたを聴くまでは完全復活じゃない、なんて思いながら、やっと訪れたチャンス。SOLE CAFEは遠いけど。平日の夜だけど。

いろいろなハードルを乗り越えて、なんとか開演前にたどり着いた。



お客さんの中に懐かしい顔をたくさん見つけた。空中ループの松井くんも来ておられた。嬉しくてほこほこしながら開演を待った。







開演。



ライブのためにひとり旅するのは初めてらしく、緊張気味の成山くん。1曲目にもなかなか入れない。

でも1曲終わると落ち着いたみたいで、軽快な?MCを挟んでライブが進む。


京都の街をまわってみようと思ったけど、金閣寺には時間がなくてバス停に降りただけとか、祇園に行ってみたとか、結局バス路線が複雑すぎてタクシーに乗ったけど、ハコ入りに遅れてしまったとか。


いろいろと心配になるおひとやなあ(笑)



「いつもは山内をいじってればいいんだけど」(笑)


ひとりだと勝手が違う。山内くんの存在のありがたさを知った・・・かな?



カバーでやった「プール」はスピッツの曲の中でも大好きな曲のひとつとか。

一度だけスピッツと対バンする機会があって、「プール」がとても好きなことを草野さんに言ったら「ふーん」とさらっと流されたそうだ。

やっぱりその時の新曲が好きだと言えばよかった、と後悔したらしい(笑)





最後のほうで故郷の根室の話をされた。

早く根室を出たかったと。


でも、「いつか根室でライブをしてみたい。そのときには来てくれますか?」と。


ええ、ええ、行きますとも!めっちゃ遠いみたいですけど。わたしの足腰が丈夫なうちにお願いしますね(笑)





1曲目の「夢の花」から心地よく、うっとりと成山くんの声を聴いていたわたしだったけど、「メロディ」でじわっと泣けてきてしまった。


この曲は思い出が多すぎる。


初めて聴いたのは8年前(2006年)の大阪のセカンドライン。

当時のブログに「成山くんの声は、綺麗な泉から湧き出てきてあたりを浮遊して、光になってからだを包んでくれるような・・・」と書いていた。



翌年、新宿MARZで初めてスリーピーのライブを観た。


大阪での初ワンマンは2008年3月、梅田シャングリラ。


同じ年の4月には、とうとうライブのために札幌まで行ってしまった。忘れもしないペニーレーン24


そのあともいつもそばにいてくれた、スリーピーの「メロディ」




 新しい 僕達の道は 苦しいから 笑おうよ



苦し時も支えられてきた。

この曲のことだけで一晩語れるよ(笑)




久しぶりのライブなので、「around」を生で聴くのも初めてだった。

EAGLESのカバーや堀下さんのカバーも素敵だった。





たまたま読んだある方のブログに、この日のライブについてこう書かれていた。


「とても美しい雪晒し 花晒しの時間だった」




『「雪晒し」とは、雪が紫外線を反射することを利用して,晴れた日に雪の上に麻織物・竹細工などを並べて漂白すること』


成山くんの声にぴったりの表現だな。


わたしは成山くんのうたを聴いていると、空から何かが降り注いでくるのを感じる。雪とか花とか光とか。

そしてとても美しい時間が流れるんだ。




終演後、まだ買えていなかったCDを買ったら、「sleepy.ab」のロゴ入りの袋に入れてくださった。いつのまにこんなシャレたものを(笑)


f:id:firesign0916:20141124232348j:image:w360


次にスリーピーに会えるのはいつかな。また札幌に行ってみたいな。


そのためにも毎日頑張ろう。1日1日を大切にしよう。

そう心に誓って家路についた。






セットリスト

01. 夢の花

02. traveling fair

03. メロディ

04. プール(spitz カバー)

05. ドレミ

06. エトピリカ

07. ピエロ

08. palette

09. メトロノーム

10. (新曲)

11. around


〜休憩〜


12. white

13. DESPERADO(EAGLESカバー)

14. カゼノトオリミチ(堀下さゆりカバー)

15. (新曲)

16. かくれんぼ

17. PAIN


En

18. 賛歌

19. ねむろ

2013-10-13

「新しい 僕達の道は 苦しいから 笑おうよ」




行けなかった今年のミナホだけど、USTで少しだけ観れた。

sleepy.ab@BIG CAT、最後の2曲だけだけど。

「sonar」と「メロディ」


嬉しかった~!



「メロディ」聴いていたら、いろいろ思い出してしまって・・・



sleepy.abと出会った頃のこととか

ワンマンを観たくて東京まで飛んで行ってしまったこととか、

初の大阪ワンマンは2008年3月で、syrup16gのラストライブの6日後だったなとか、

ついに札幌ワンマンにまで飛んで行ってしまった日のこととか、

4年前のミナホのときも体調崩して入院して、明け方のsleepy.abのライブが観れなかったこととか。



なんだか感傷的になり、泣きそうになっちゃった(笑)


今回の病を乗り越えたら、また新しい道が始まる、と思う。


周りのひとたちのあたたかさを再認識して感謝して、

前よりもっと優しい人間にならなくちゃ嘘だと思う。


新しい道がどんなに苦しくても、きっと笑って歩いていくよ。

2012-12-01

sleepy.ab 新譜録音経過報告行脚ツアー@梅田シャングリラ(11/29)



f:id:firesign0916:20121201222240j:image



出演:sleepy.ab / きのこ帝国




7/6のセカイイチのライブ以来のライブハウス行。

久しぶりすぎて地味に緊張&シャングリラへの道順を頭の中で反芻しつつ新快速に乗った。

仕事が終わらず対バンのきのこ帝国には間に合いそうにない。


大阪駅の出口で迷いながら、シャングリラに着いたのは20時前。

ちょうどきのこのライブが終わった時だった。よかった、スリーピーの開演に間に合った・・・



フロアに入ってどのへんで観ようかと考えてキョロキョロ。何人か見慣れた顔が見えて嬉しくなった。

開演を待つ間も変な緊張が襲ってきた。やっと来れたという感慨もあった。

2月・3月に成山内のライブは観たけど、バンドセットのsleepy.abは去年の11月のBOROFESTA以来。

1年経っちゃったんだなあ。そして津波くんはもういないんだなあ。







セットリスト


01.メロディ

02.四季ウタカタ

03.inside

04.undo(新曲)

05.earth(新曲)

06.ハーメルン(新曲)

07.アンドロメダ

08.トラベラー

09.euphoria(新曲)

10.ねむろ

En

01.Scene



静かなSEが流れ、見慣れた3人がステージに登場。ドラムは・・・サポートの方かな?あれ?見たことあるような・・・



メロディ〜四季ウタカタ。


四季ウタカタがとても良かった。何度も何度も聴いた曲だけど、心に染みてくる。今日ここに来れて良かったな。音楽は生きものだ。



inasideのときはドラムを強く意識した。ドラムが変わると曲も変わるんだな。いい感じではあるけれど、ちょっと切なくなった。

いろいろ思い出していたら、大阪初ワンマンのときの四季ウタカタで、津波くんのシンバル落下事件を思い出してちょっと笑いそうになった。




そのあと新曲を3曲続けて。


タイトルを言わなかった真ん中の曲がめっちゃ良かった!(→「earth」らしい)

確か「月の裏側〜」みたいな歌詞があった?(違うかも)

早く新しいアルバム聴きたい!と強く思った。




サポートドラムは鈴木浩之さん。以前ART-SCHOOLで叩いていて、今はU&Designのメンバー?サポート?されているようだ。

成山くんが彼の紹介をして、「キングって呼ばれていて、スズキング・・」って言ったら、「いや、ヒロユキングです」って。

「知らなかったー!」成山くんのびっくり具合が面白かった(笑)





今回のツアーは2月6日にリリースされるアルバム『neuron』の経過報告ツアー。

これまでも「新譜録音経過報告行脚ツアー」を何度かやっていたけど、リリースの日をちゃんと言ってくれたのって初めてじゃなかろうか。

ジャケットもできているらしいし。つか、それならもうちょっと早く届けてよー!って、曲を聴いたあとだけに待ちきれない・・・



成山くんいわく、今回のアルバムはアンドロメダから始まって、「脳内宇宙」を表現したものだそうだ。


そして、「ひとりになれる曲に戻った・・・」みたいな意味のことを言われていたような気がする。




久しぶりにトラベラーを聴いてふわふわしていたら、その次の新曲がこれまた凄くて。

イントロから今までと違っていて。


euphoria


という曲らしい。思わず踊りたくなる・・・と思ったら、田中くんが「踊れるスリーピー」な曲と。

いやー、新境地開拓やん!(笑)


レコ発ツアーがさらに楽しみになった!雪が溶けたころ関西にも来てくれるって。






ラストはねむろ。アンコールでScene。


山内くんが立つのを見るのも久しぶり(笑)


曲の世界が拡がっても、彼らは変わらないね。嬉しい。




終演後物販でグッズを購入。

ライブ中でも紹介されていた山内画伯デザインの手ぬぐいを買った。

「涙拭い」って言ってたっけ?


名前はロマンチックでも、デザインがシュールすぎる気が・・・


f:id:firesign0916:20121202110602j:image


本当にアルバムリリース楽しみ!

わたしの中のライブの虫が再びざわざわ。


ありがとね。

2012-06-10

 指の隙間からこぼれ落ちる 想いそのままに

6月8日夜。


行きたいライブが重なってしまってどちらに行くか決めれずに、結局家でサッカー日本代表の試合を観ることを選んだわたし。


前半だけで4得点の一方的なゲームに浮かれて、ハーフタイムにメールをチェックしたらsleepy.abからのお知らせが届いていた。



sleepy.abからドラム津波秀樹が脱退することとなりました。




何・・・?


何が書いてあるの?




そのあともいろいろ書いてあるんだけど、

ほか3人からのメッセージも書いてあるんだけど、

何も頭に入ってこない。




津波(つは)さんが辞めちゃう?


って書いてあるの?




sleepy.abだけは4人が変わらずバンドを続けていくのだと、根拠もないのに勝手に思ってた。


最近彼らのライブに行けていないのを悔やんだ。



とにかく悲しかった・・・


でも・・・これからも音楽は続けて行かれるそうなので・・・またどこかでお会いできるかな。

sleepy.abも「これからも変わりなく札幌から音楽を届けていきます」ということなので・・・これまでどおりに応援しよう。



sleepy.abのライブを初めて観たのは2006年10月8日、大阪・福島のセカンドライン。

1曲目は『inside』

4人の織り成す音楽の虜になったよ。


あれから5年半。札幌は遠いけど、関西にもよくライブに来てくれたね。


ありがとう、津波さん。

どういう形で音楽に関わられるかはわからないけど、これからも応援していきます。



本当にありがとうございました!




『inside』聴いてたら、泣けてきた・・・






タイトル曲:inside/sleepy.ab