Hatena::ブログ(Diary)

釣られない魚 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-01

王佐の才

2か月に1回のペースでしか更新しないブログ意味あるの?と我ながら思うが、跋文を思い付くまでは終わらない。

江戸時代儒者伊藤仁斎孔明論について。

古学先生文集』巻6「読諸葛孔明伝」


或問曰,宋諸儒以諸葛孔明爲王佐之才,然乎。

曰,非也。孔明覇者之臣耳。

何以知之。

曰,以其言與學而知之。孔明嘗在隆中,自比管仲樂毅而勸後主讀韓非之書。

其學出於申韓刑名法術之流。此豈非覇者之臣耶。

(中略)

然則子能爲孔明之事乎。

曰,人各其才學,各有其所得

我不能爲孔明孔明亦不能爲我。

然則子之術可得而聞乎。

曰,可也。古之宰相有曰,以半部論語治天下者。我亦以孟子梁惠王一篇治天下乎。

孔明が王佐の才を有しているかについての問答。

孔明の言動に法家の影響がみられるから孔明覇者の臣であって王佐の才を有しない、という趣旨である。

江戸期には朱子学が官学とされ、孔明が忠義を尽くす王佐の才であったとする朱熹見解日本での通説になった。一方、伊藤仁斎は古義学に立脚して朱子学孔明観を批判した。

このことについてはすでにいくつかの先行研究がある。以下は私見。

続きを読む

2010-06-01

魏延を除去せよ

久々に更新する気になった。

魏延ファン涙目の本を発見した。書名が凄い。

魏延の反骨を除去せよ』…

続きを読む

2010-03-08

眠気覚ましの方法

●首にロープを掛ける

http://d.hatena.ne.jp/chincho/20100203/1265208317

チョークスリーパーが極まると永久に寝てしまう諸刃の剣


項羽本紀を読む

明・王世貞 『読書後』 巻1 書項羽傳後


吾少時閲書至夜分而困欲寐,輒取項羽傳誦之,即灑然醒。以為非羽不能發太史公筆,非太史公無以寫羽生氣。…

人を眠らせない文章、人の筆を走らせる人生っていいよな


兄貴の嫁さん達と同宿する

三国演義』 第25回 屯土山公約三事 救白馬曹操解重圍


(曹)操欲亂其君臣之禮,使關公與二嫂共處一室。關公乃秉燭立於戸外,自夜達旦,毫無倦色。操見公如此,愈加敬服。…

モラルと理性のある人向け

2009-12-21

ゲームレビュー

今年最後のエントリ(予定)。久々にゲームを買った。

すでにネット上ではクソゲーと断じる手厳しい意見もある。また、「マップが一本道」とか「戦闘が単調」とか「グラフィック進歩に頼り過ぎ」とか批判する余地もあるかもしれない。

しかし、僕がプレイした限りでは十分に楽しめた。

続きを読む

2009-11-30

カラスコ

少し前にNHKでやってた話題を敷衍してみる。

伊達政宗師匠の虎哉宗乙から後唐の李克用の故事を学んだとされる。よく知られた話だがおおもとの原拠を確認しておくと

『旧五代史』唐書一 武皇本紀上


是時,武皇既收長安,軍勢甚雄,諸侯之師皆畏之.武皇一目微眇,故其時號為「獨眼龍」.

とある。

政宗の軍勢の黒備えも李克用に倣ったものである。黒は五行説で北方の神・玄武を指し、李克用も政宗も北の覇者たらんとする気概を示したものである。

そして、李克用の黒備えの様子は

『旧五代史』武皇本紀上


及武皇將至,賊帥相謂曰:「鴉兒軍至,當避其鋒.」

というものである。

その番組にも出演されていた東北大の山田勝芳先生にはこういう論文がある。いつか読んでみたい。