Hatena::ブログ(Diary)

縹渺舎 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006/02/17 (金)

硬派な感じだ

この角度では、スタイリッシュな「サウスダコダ」

f:id:fismajar:20060217232908j:image

後甲板のクレーンカタパルトエッチングではない。0.3*0.3のプラ棒などで作った物。でも案外作りにくいので、あんまりやりたくないディティールアップで、できればHングがよろしいですな。値段は高いようだが、時間がかかりすぎるし。カタパルトなんぞ、苦労した割に塗装したら目立たない。日本のカタパルトに比べて格子構造が小さいのでそうなってしまうのだ。

f:id:fismajar:20060217232928j:image

MK12両用砲は、キットのもの。形状が微妙に違うようだが、ピットの米軍艦艇装備品キットも全数用意したのだが、ものはデフォルメが強くて形状は更に違う気がしたので不採用。(++)同じく40ミリ機銃なども、さんざまよった挙げ句キットのものを使った。ピットのものは、大振りでハセガワのキットには合わせにくいのだ。煙突や艦橋などカナリ手を入れて改造しているので、それなりにお気に入りの作品である。

f:id:fismajar:20060217232939j:image

サウスダコダは日本の戦艦と撃ち合いをやった数少ない貴重な戦艦。

このアングルは、その雄姿を感じる。

f:id:fismajar:20060217232946j:image

艦首はかなり実艦より細身であるので、一応プラ棒0.5ミリを両舷に貼り付けパテ盛りして整形し直したが、その後モデルアートでここの大改造した作品が発表されて唸らされました。凄い人がいるモンだ。ここをいじるとほとんどの船体は作り直しに限りなく近いのだなぁ。(^^;

f:id:fismajar:20060217232957j:image

WW2時の米艦を造るとき一番よくわからないのが、デッキブルー

オイルステインのようなものらしいが、木デッキ材にそのような浸透性の塗装をしたのだとすれば、まるっきりペンキのような感じではなく部分的に元の木材の地色が透けてあるいは木材の樹脂で染みこまない状態の部分があるだろう。

民弥のアクリル:デッキタンとバフを木目調に塗ったあとエナメルXF17シーブルーを重ね塗りしてみた。結構、緑がかってお気に入りの塗装である。

ミズーリ」かぁ、やっぱり例のまだら迷彩にしょうかなぁ。。。

「ミシシッピ組曲」

ウルトラクイズの音楽だぞ!(なつかし)

アメリカの代表的作曲家映画音楽など素晴らしい作品を残しているグロフェ。はっきりいって頭の固い評論家連中はこういう作曲家に対し大衆音楽とかぬかして評価がベートーベンなみにも論じることはありえない。それ、おかしいと思うぞ。J.シュトラウスやラフマニノフハチャトゥリアンなんかと同等に扱うべき、大事な作曲家だ。

このミシシッピ組曲はその名の通りミシシッピー川を題材にした標題音楽で如何に詳しい。

http://ww2.ctt.ne.jp/~a-k/disc/grofe_etc.html

全4楽章で、比較的引き締まった作品。

1楽章水の神は、悠然と流れ出す

2楽章は例の「ハックルベリー・フィン」。腕白ボウズの風を切って歩くような雰囲気の景気の良い音楽。ウルトラクイズで勝利者が次のステージへ進むときの音楽(笑い)

3楽章は「いにしえのクリオールの日々」は、もう恍惚の子守歌。カントリーグッヅがいっぱい並んでいそうな「大草原の小さな家」的なゆりかご歌だ。

フィナーレは「マーディ・グラ」ニューオリンズパレードお祭りだ。

この尾部でコーダに入る手前にかけ上がりのブラスによる「タンタンタンタータタタタ、タタタタ」ってフレーズがあるけど、知る人ぞ知る往年の吹奏楽の名曲「ディスコキッド」に引用されているので「アレっ?」て言う人もいるかも。ウルトラクイズで勝利者が次のステージへ進むときの音楽#2!

とても元気がある演奏で最高!
大峡谷もあるよ、これもGJ!