Hatena::ブログ(Diary)

特殊学級から養護学校、そして特別支援学校 このページをアンテナに追加 RSSフィード

“公務員の守秘義務”を逸脱しない範囲で…ね。
期間 タイトル 内容
本家サイト 五つの霞の“徒然草” 日記・特殊学級の資料・日本人学校への挑戦記録
2003年9月
〜2006年3月
特殊学級担任の“ここだけの話” 中学校特殊学級の授業・部活・日記…
2006年4月
〜2006年11月
特殊学級担任→
養護学校教諭の“ここだけの話”
養護学校小学部(低学年)の授業・思ったこと…
2007年4月〜 特別支援学校って…へぇ、そうなんだ 特別支援学校高等部の授業・思ったこと…
2008年5月〜 特殊学級から養護学校、そして特別支援学校 これまでのエントリを一部手直しして、再出発…
検索結果からこのブログへ来た方は、改めて右部の「日記の検索」でキーワードを検索して下さい。

2006-08-15 (Tue)

[][]靖国に参拝する総理、体罰をする教員

朝からテレビニュースはず〜〜〜っとこの話題でした。私自身は「教え子を戦場に送るな!!」なんて声高に叫ぶつもりもない、のほほんとしたノンポリ(うわ!あまりに久しぶりな言葉なんで、自分で書いてビックリした!)です。ただ、嫌がる人がいるのを承知で参拝してしまうってところに、ちょっと嫌悪感。“隣の住人がどう思おうと関係ない。俺が何をしようと俺の自由だ!”と言い切ってしまうところは、まさに今の日本を象徴している感じ。日本って本当に嫌な国になってしまったなぁ…と思うことしばし。

「あくまで個人として」と断ったところで、その行動が世間から肩書き越しに見られてしまうところは教員も同じ。わいせつ行為をしただの、飲酒運転事故を起こしただの、下半身露出しただの、いろいろとニュースで報じられていますが、結局はその個人の問題ではなく『教員は…』という論評になるんですね。

no title

もう15年以上前、霞は特学生徒の顔をひっぱたいて文書訓告を受けたことがあります。市教育委員会会議室校長ともども呼び出され*1訓告文書を渡されたとき、当時の教育長から言われたのが、

「君が体罰を行うことで、世間は『教員が体罰をした』と受け取る。今回の体罰報道されれば、日本中の教員が『体罰をする人間』と見られる。北海道で真面目にやっている教員が、九州一生懸命やっている教員が、『あいつも体罰するかもしれないぞ』という目で見られるということだ。君はそのことに気づいていたのか?君個人がそのことに責任を取りきれると思っているのか?」

というセリフ。今でもはっきり思い出せますし、あれから体罰はしていません。

総理。日本人全員が8月15日靖国神社にお参りしたいと思われるのは、ちょっと迷惑なんですけど。

*1:教諭が懲戒処分を受けるときは、校長監督責任者として処分されるんです。この時の校長は口頭注意という処分でした。