Hatena::ブログ(Diary)

クロイデパートメント

2018-06-25

67

2018.06.24 SANABAGUN. TOUR OCTAVE @名古屋クラブクアトロ ライブ感想


受験生だからうちでお留守番ね&子供の面倒よろしく、と嫁と子供達を置いてライブ会場へ。もう僕も歳なんだから時間がないんだ(@キリンジ)行かせてくれよ、と思いつつ車を走らせる。

着いたのは午後5時前。開始時刻は7時だから全然早いんだけど物販で会場限定CD青盤の発売のアナウンスがあったので急いで店内へ。
すると階段に列が出来てて、目の前のお嬢さんに「この列サナバの物販ですか?」って聞いたら「そうです」とのことでその子の後ろに並ぶ。
しかし俺ヒップホップバンドのライブに来てるんだよな?となるくらいロングスカートのオシャレな女の子が待機列に居るっていうのが今のsanabagun.のファンの拡がりを感じさせてくれる。

昔ブラックなノリのライブといえばチャラいロン毛の姐さん達がキラキラした衣装で現れる感じでしたが、そんな人居ない。ま、どんだけ昔話してるんだよ、って話ですが。

あとメンバーにSuchmosにも所属する、というか9月でそっちに完全移行する泰平君が居るのでその流れで普通に音楽好きな人達がきているのもあるのかもしれません。
グッズは青盤以外ほぼ即完なので(青盤は2000枚限定のつもりだったけど既に余裕でそれを超えそうなので重版してるっぽい)欲しい人はお早めに。

さて時間になり中に入るとほぼ満杯。MCの岩間君によると最初は200くらいだったのが日に日に増え400超え当日でほぼ一杯にまで辿り着いてありがとうと言っていた。いい話である。
ただ客層がやはり一見さんが多いのかフロアーにはあんま集まってこないで、周りのカウンター席に密集してる感じで、会場の熱量は最初低め。
ライブが始まるまでのBGMはtokonaX(地元のラッパー)とか日本語ラップ多め。50centとかシャタファカの元ネタも流れたりと正にヒップホップ会場に来たな、てな選曲。客層見ると、明日学校だけど親の目盗んで来たみたいなスリムな高校生も居たりしたけど。

そうこうする間にライブ開始。

内容は素晴らしいけどツアー中なので書けません。
ただある時はJB’S、ある時はウータンクラン、ある時はドリフ(?)、またある時はボアダムズアイズレー・ブラザーズにリップ・スライム、そしてEW&Fと音楽性が目まぐるしく変わって楽しかった。全員エンターティナーだわ。

中でも二人のMCの存在感は凄まじく、特に高岩君のシャバーニ(東山動物園に居るゴリラ)感、そして岩間君の頭の回転の速さが白眉でした。この二人のボケとツッコミがこのバンドの売りであり、それをバンドメンバーがぐるり囲んで遊ばせるって感じ。いや高岩君は男前だわ。確かに日本のシナトラ。凄くいい声なので是非いつかジェットストリームの機長の座を大沢たかおさんから奪って欲しい。
その彼らに合わせバックは演奏がキレキレでブレイクの決めもバッチリ、そしてライティングが凄く美しかったです。

この二人にかつての米米クラブを重ねるおばさまも多いかも。ヒップホップショウとでもいうべき寸劇のような面白い演出(勿論音楽にぴったり合わせて)もあったりして、彼らの曲聴いたことない人もすんなり入れるのではないのでしょうか?つかおばさま達結構感づいてるっぽくて客層に多かった。

ライブ中は一平一平叫ぶおっさんが居て皆苦笑いだったけど、どうやら古参のファンの方らしい。入ってきた時は大人しかったけどね、酒回ったようにも見えた。
ネット見ると結構批判的な方も居て、以前こういうパターンで高岩君がキレたこともあったみたいだけど、今回はMCの岩間君がうまくいなして事なきを得ていた。この危機管理見習いたい。

で、最終的な感想は「若さって素晴らしい」。

僕は年齢が年齢なので、邦楽にしても洋楽にしても最近は同世代のライブに行くことが多いのですが、若い人のライブはやっぱ良いね。同世代みたく休憩が長くない(笑)畳み掛けるような迫力ある演出であっという間に濃厚な時間が過ぎていきました。

これが3780円で見られる今は幸せだと思います。
勿論Suchmosファンは泰平君が超間近で見られる最後のチャンス。
ライブで見る彼の演奏は凄くエレガントで、サナバの大衆性は彼に頼る部分も大きいと思うんですが、きっと他のメンバーもよく判っていると思うんで次のキーボード担当も素晴らしく腕利きの人が入るんでしょう。
その時sanabagun.もSuchmosもほぼ専業のメンバーで構成されるのでお互い動きやすくなって更に魅力を増していくのかもしれない。いつかこの二組でツーマンやらねーかな。

僕は体力温存であんま踊るつもりはなかったけど最後はやっぱ踊らされてしまったな。
最初大人しかったお客さんも最後は皆フロアーで跳ねてたし。
やっぱ岩間君の客回しは上手だわ。



そんな訳で家に帰ってきたらやっぱり足がつりました。

D
D