Hatena::ブログ(Diary)

Out To Lunch!

2010-05-03

[]再掲・受験の記録・番外5

司法試験直前。

この時期になると、知識を広げていくよりも、自分のペースで今持っている知識をしっかり固めていくことが大事なのだと思う。

とはいえ、試験直前ということに慌ててしまって自分のペースを崩してしまいがち。

ペースを崩してしまうと固めるべきところが固まらないまま本番を迎えることになってしまうおそれもあるので、いかに自分のペースを守っていくかというメンタル面が(特にこの時期)重要になると思う。

そこで、去年自分がこの時期に心がけていたメンタルに関する記事を再掲。

少しでも参考になれば幸いです。

受験生の皆さま、心から応援しています。

続きを読む

2010-04-18

[][]シンクロニシティーン

相対性理論 「シンクロニシティーン」

待望の相対性理論の新作アルバム。

前作のようなニューウェーブ路線から軌道修正されており、よりバラエティに富んだ作品に。

特にボーカルが縦横無尽に様々な歌声を聴かせてくれる。

また、今作の特色として、クレジットがこれまでの「全曲真部作詞作曲」でなくなった点が挙げられる。このことから、「真部=神」という神話が崩壊したともいわれているようだ(「シフォン」は真部が全曲作詞作曲した訳ではないようだが)。

ただ、今作を聴いて改めて思ったのは、「やっぱり真部最強!」ということ。

シンデレラ」「チャイナアドバイス」「小学館」といった真部の楽曲の即効性と中毒性は他の曲とは別格という気がする。

メロディーのキャッチーさや言葉のリズムの面白さが断然際立っているし、何度も聴き返してしまう魅力がある。

「ハイファイ」の先にあるテン年代邦楽の形を見せてくれた気がする。

永井の楽曲も普通に聴けるのだが、あまりフックを感じないというか、相対性理論でなくても普通に聴けるような曲と感じてしまった。

ムーンライト銀河」はかなり好きだが。

とにかく、総体としては、今年最も聴き返すアルバムとなりそうだし、今年のベスト候補の筆頭になりそうな傑作でした。

シンクロニシティーン

シンクロニシティーン

2010-04-06

[]新譜購入

相対性理論、ジムオルークの新譜を購入。これからじっくり聴きこもう。一聴した感じ、相対性理論は「シフォン」「ハイファイ」を通じた一つの集大成といった内容のようだ。

シンクロニシティーン

シンクロニシティーン