Hatena::ブログ(Diary)

flagburner’s blog(仮・別館) このページをアンテナに追加

2010-11-03 晴れ+風が強め

[][][]How did we learn the code of discrimination ? 18:37 How did we learn the code of discrimination ?を含むブックマーク

なんとも間の抜けた話だ。


一昨日のことになるが、れいな(田中 れいな)が自身の blog に書いた記事が「何らかの事情で」削除されたのだが・・・。

・モー娘。メンバーが韓国人を差別した画像をブログにアップ 【画像あり】(2010年11月2日 ニュース2ちゃんねる)

・ヤバイょ(笑)(2010年11月1日 モーニング娘。田中 れいなの おつかれいなー;Web魚拓)


記事の内容についてはコメントしようがないので、むしろ俺が気になったことを以下に記しておく。


問題の記事とそこへのコメント(まとめ blog の記事)を読んでて思ったのは、「人間ってのは、差別にあたる用語や表現とかをどのように学ぶのか」ってこと。


現状の日本では、義務教育課程で差別用語についてはある程度学ぶにしろ*1、その数については(授業時間などから)限界があるわけで。

となれば、日常生活の中で耳にしたり本で読んだり(あって欲しくないけど)差別する(される)ことの実体験などから学ぶのも十分考えられる手段だし。


そう考えると、差別にあたる用語とかを誰かが知っててもなんら不思議はないのよね。

無論、れいなもそうなるが・・・。


ただね。

そうした用語ってのは、基本的には(教育の場合は例外にしろ)使うべきじゃないのよね。

とりわけ、著名人の場合は知名度を踏まえればなおさらのこと・・・。

この辺は以下も参照(この件とレベルは全然違うが)

・信頼されている有名人が安易にブログを書く弊害(「池田香代子ブログ」論)(2010年11月2日 kojitaken の日記)


ま、問題の記事が割と早めに削除されたのは幸か不幸か・・・(苦笑)

いずれにしろ、れいな限らず blog を書いてるハロー!のメンバーにはには差別にあたる用語や表現について注意を払って欲しいものだ。


ただ、この件に限らず、周りのスタッフは差別にあたる用語や表現について無頓着な可能性はあるかもな(苦笑)

この辺は以下参照(手抜き)

・(2010年11月2日の tweet)(2010年11月3日 究極の大凡人)


だとすると、この問題はもっと深いレベルで議論する必要があるかもしれん・・・。


にしても。

この件を、重さん(道重 さゆみ)の blog のコメント欄で dis る輩はどういう神経をしてるんだか(怒)

確かに、例の記事は問題ありだけど、騒ぎすぎるのも別の意味で問題だと思う・・・。

この辺は以下参照(手抜き)

・例の件について(2010年11月2日 MOON BEAMS)


果たして、この件のような事態においてファンの取るべき態度ってなんだろうか?

*1:現状の義務教育でそれがどの程度行われてるかはよく知らないけど