春木屋 このページをアンテナに追加 RSSフィード

03-03-12

[][][] MovableType

おなごもすなるMovableTypeを。

まず注意。

Xの入っていないサーバインストールするときには、あらかじめImageMagick-nox11-6.7.4.4_1 を入れておく!


インストール

下記からインストール

ただ、ImageMagick依存しているので、何も考えずにインストールするとX関連のportsをたくさん呼び寄せて大変なことになる。

あらかじめImageMagick-nox11をインストールしておくとよいでしょう。

(/etc/make.confにWITHOUT_X11=yes という手もあるが)

# cd /usr/ports/japanese/MT
# make config
# make install clean

make configでUSE_APACHEをチェックしておくと、apacheの設定ディレクトリに必要なファイルを入れてくれるので便利。

(/usr/local/etc/apache22/Includes)

また、デフォルトだとバックエンドDBsqliteを使ってくれるのは、個人用との場合には嬉しいですな。


MovableTypeの設定

apache22再起動

# /usr/local/etc/rc.d/apache22 restart

以下にアクセス。あとは画面手順に沿う。

http://<サーバのアドレス>/MTcgi/mt-wizard.cgi

スタティックウェブパス、スタティックファイルパスは、FreeBSDportsから入れた場合だとそれぞれ/MT、/usr/local/www/data/mt-static。

具体的にはapacheの以下の設定で指定した場所

<IfModule alias_module>
        Alias /MT "/usr/local/www/data/mt-static"
        ScriptAlias /MTcgi "/usr/local/www/cgi-bin/mt"
</IfModule>
スタティックウェブパス: /MT
スタティックファイルパス: /usr/local/www/data/mt-static

最初ウェブサイトを作る。movabletype専用ならサーバ直下でいいけど、そうでないなら適当ディレクトリを指定する。

それに合わせて、サーバ上にディレクトリを作る。忘れずに権限を変えておく。

# mkdir /usr/local/www/apache22/data/m
# chown www:www /usr/local/www/apache22/data/m

あとはまあ。movabletypeの指定に従う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flageo/20120303/p1