flatlineの日記

カレンダー
2010 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 04 | 06 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 05 | 06 |
2016 | 07 |

2011-09-22

Scientific Linux リーダー引き抜かれ

CentOSの評判が下り坂になってきたところで,オルタナティブな存在のRHELクローンとして注目され始めたのが米フェルミ研究所と欧CERNが開発するScientific Linuxだ。... 3月にScientific Linux 6.0を,そして7月末にはアップデートバージョンであるScientific Linux 6.1を,ほぼスケジュール通りに公開している。...

このように非常に順調に開発を続け,ユーザ層も拡大しつつあるScientific Linuxだが,... 開発チームの中心人物であるTroy Dawson氏が9月2日をもってフェルミ研究所を離れ,なんとRed Hatに移籍することになったのである。当然,Scientific Linuxの開発からも離れることになる。

Linux Daily Topics:2011年8月31日 どうなるScientific Linux!? チーフアーキテクトがRed Hat移籍|gihyo.jp … 技術評論社

いい機会なのでRHELクローンとかいうゴミジャンルはどうかホビロンお願いします... 予見しうる将来に渡って1インスタンス(またはコア当たり)100万円〜とかのソフトウェアに金を払う予定が無い貧乏人*1にはRHELバイナリ互換であることから得る利益は無いと思うが... まぁCentOS 5とかは逆説的な意味でサーバ管理者養成ギプス的な価値はあるかも知れぬ(ちなみに養成過程はまず NetworkManager と yum-updatesd を止めるところから始まる.)そう言えばScientific Linuxは標準リポジトリ経由でelrepoのURLが追加できるそうで (yum install elrepo-release),その点とかは多少Centよりマシかなーという感じ.

RedhatがOreacle Unbreakable Linux 対策で RHEL 6.0 以後はソース開示手続きをよりめんどく*2変えたそうで,そのせいでCentOS 6.1が遅れてるとか?

*1Intel C++コンパイラやVTuneを試供品ライセンスで済ませてる層とかもな!

*2カーネルパッチが以前は意図を込めて1個ずつ開示されてたのが,今は全部適用した前後の巨大なパッチになったらしい.

2011-09-21

肌寒くなった 06:04

夜から朝方にかけてけっこう降ってた.

昨日は職場がやや寒かったので(エアコンのせいもあると思うが...)今日は長袖ワイシャツで出勤してみることにする.予報によれば今日の気温は26度程度らしい.

別に何事もなかった 22:06

台風とか言って大騒ぎしていたようだが,普通に大手町のオフィスで仕事をして,帰宅する頃には「ちょっと今日は湿気まじりの風が吹いてるな」程度だった.地面も乾いていたし.

山手線はけっこう混んでいた.ホーム反対側の京浜東北線は混んでるなんてもんじゃなくてホームにあふれた人が山手線側エリアに侵食していた.五反田池上線に乗り換えようとしたらホームが混み過ぎで改札で入場規制とか言ってて一瞬青ざめたが,しかし1,2分で普通に入れて,その後は「夜にしては混んでるが朝ラッシュは毎日こんなもんだろ」程度で最寄り駅まで普通に乗ってきた.

2011-09-19

MercurialのMQを覚え始めた(特に技術メモとかではない 09:58

めんどくせー... こういうものが「標準添付の拡張」という訳の分からん立ち位置で配られてるってことは,結局 素のMercurial標準のワークフローは不便ということが実証されたってことではないのか? 特に「最後のコミット1個だけ無かったことにできる (hg rollback)」って誰得の制限だよって感じなんだが...

それに引きかえ,Gitは分かり辛いコマンド書式の壁を乗り越えてしまえば他に移れなくなるくらい「あれもできる,これもできる」で奥の深い症候群を煮しめたようなツールであることを実感するよ.

Subversion... あれは... 営業の人がpptとかをコミットするにはいいんじゃないかな! TortoiseSVN便利だよね!

こないだMltermに realloc(3) の関わるバグ報告したんだが,似た危険が他にも散らばってるようなので継続していじっている.Mlterm本家はMercurialで管理されており,そのDebian版はGitなのだった... どうにかしてくれ.

Gitマニュアル 10:12

Kernel.org がまだ死んでてGitマニュアルが読めない! ので自分でビルドした.とりあえずHEAD版だけだが...

それはそうと,Github中の人が "Git Reference" と称して超浅いチュートリアルを配ってるのが気にくわないんだが... Googleのヒットが汚れるので.私の感覚だと "reference manual" って,それこそ↑のように全コマンドの引数が説明してあるようなものを指すんだけどな. gitref.org は, "quick reference" と称するならまぁ許せる,もしくは "for dummies" とか... そんな感じ.

NetBSDはじめました 10:36

「始めた」って,インストールしてちょっと触り始めただけで,カーネルハック始めた訳ではないんだが... とりあえず pkgsrc に関して出回ってるobsoletedな記述に終止符を打っておこう:

# ifconfig wm0 inet 192.168.1.201 netmask 255.255.255.0
# route add default 192.168.1.1
# cd /usr
# ftp ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/NetBSD/packages/pkgsrc.tar.gz
# tar -xzf pkgsrc.tar.gz
# cd pkgsrc
# cvs -d :pserver:anoncvs@anoncvs.jp.NetBSD.org:/cvs/cvsroot login
(パスワードは "anoncvs")
# cvs up -dP
# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/pkg_install
# make install
# cd /usr/pkgsrc/net/wget
# make install

まぁこの位ができれば動いてると言っていいだろ... 現状 wget(1)make install で,なぜかPerlビルドされていて(どういう依存関係なんだ?)それを待ってるところ.Atom上のVirtualBoxでやってるのでクソ遅い.Tarボールの解凍すらめちゃくちゃ遅かったよ.

後でIP設定をDHCPか,せめて /etc/local.rc 経由で自動化しないとな... しばらくはユーザランドで右往左往しそうだよ.本当はTCP/IPスタックの勉強をしようと思ってるんだが.

追記: BSD系の top(1) は,ブロックするsyscallでスリープ状態の時は,"STATE" 欄が "S" じゃなくて具体的なsyscallの名前が出るようになってる? どうなってんだこれは.Linuxでも可能なのかな? それともtask structが違うんだろうか? 新鮮な驚き.暇があったら調べてみよう.

2011-09-17

色付き grep(1) + lv(1) 01:49

lvの表示を正しくするパッチ | 192.jp

ふむ... 単に無視で住むエスケープ・シーケンスってのは何なんだ? これだと "ESC [ K" の仕様通りに文字が「削除」されないと困るようには見えないよね.

しかしよく見ると grep(1) の方にこの状況を回避するオプションがあるのだった:

ne
Boolean value that prevents clearing to the end of line using Erase in Line (EL) to Right (‘\33[K’) each time a colorized item ends. This is needed on terminals on which EL is not supported. It is otherwise useful on terminals for which the back_color_erase (bce) boolean terminfo capability does not apply, when the chosen highlight colors do not affect the background, or when EL is too slow or causes too much flicker. The default is false (i.e., the capability is omitted).
Environment Variables - GNU Grep 2.9

export GREP_COLORS=ne でいいみたい.ちなみに我が家では GREP_OPTIONS='--binary-files=without-match --exclude=.tags --exclude-dir=.git --exclude-dir=.svn --exclude=*~ --color=auto' となっている.このうち --exclude-dir は比較的最近 (2.5.3@Nov 2009) に入ったものだから可搬性が無くて困る.

2011-09-14

Gitバグ見つけたと思ったら既知だった 06:29

~/.gitconfig とかで ststatus にaliasしてるときに,リポジトリ.git ディレクトリ内に降りて git st すると全ファイルが消えたかのように表示される.せめて「ここは正しいリポジトリじゃないよ」になるべき.

これ以後スルーなのかしら... Windowsでの putenv(3) の扱いがどうのと書かれてるな.

追記:よく読んだら全く同じという訳ではなかった.(でも多分 根は一緒)

... It is also possible to have a working tree where .git is a plain ASCII file containing gitdir: <path>, i.e. the path to the real git repository).

gitrepository-layout(5) Manual Page

上記のメールではこの「自前実装のsymlink」とでも称する機能をaliasと組み合わせたときに全ファイルが消えるように見えると言ってる.

2011-09-13

kernel.org クラックした奴は☆ねよ 06:21

一時的にGithubに移ったとか聞いてるが,色々面倒過ぎる... GitLinuxも, git remote でそれぞれ変えていかないといけないのか? ちょっとググっても「何も考えずにこのコマンドを入力しろ」的tipsは見つからなかった.後で試したら書くかも.仕事行かないと...

これも人民解放軍クラッカーの仕業なんですかねぇ.中華帝国様マジ止めてほしい.しかしさすがに kernel.org に侵入となると(まさか単純なSQL injectionってこともあるまい)SONY 相手よりは凄腕なのかなと想像してしまう.

まぁそれでも最新版が取れないだけでローカルでは今まで通りに作業できるのがDVCSの良いところか.(履歴の改竄の心配はあるが... 後で検証すればいいだろ)

追記:うーん,汎用の方法は無いなぁ.そもそも元 kernel.org にいた場所とGithubに引っ越した場所に対応関係が無いからなぁ.例えばGit自身のGitリポジトリだと

$ git remote show origin
fatal: Unable to look up git.kernel.org (port 9418) (Name or service not known)
$ git remote show origin -n
* remote origin
  Fetch URL: git://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
  Push  URL: git://git.kernel.org/pub/scm/git/git.git
  HEAD branch: (not queried)
  Remote branches: (status not queried)
    html
    maint
    man
    master
    next
    pu
    todo
  Local branch configured for 'git pull':
    master merges with remote master
  Local ref configured for 'git push' (status not queried):
    (matching) pushes to (matching)

これに対し,単純に行きたければ

$ git remote set-url origin https://github.com/git/git.git

前のを残したければ

$ git remote rename origin origin0
$ git remote add origin https://github.com/git/git.git
$ git config branch.master.remote origin

どちらにせよ,これで,

$ git remote show origin
* remote origin
  Fetch URL: https://github.com/git/git.git
  Push  URL: https://github.com/git/git.git
  HEAD branch: master
  Remote branches:
    html   new (next fetch will store in remotes/origin)
    maint  new (next fetch will store in remotes/origin)
    man    new (next fetch will store in remotes/origin)
    master new (next fetch will store in remotes/origin)
    next   new (next fetch will store in remotes/origin)
    pu     new (next fetch will store in remotes/origin)
    todo   new (next fetch will store in remotes/origin)
  Local branch configured for 'git pull':
    master merges with remote master
  Local ref configured for 'git push':
    master pushes to master (local out of date)
$ git pull
remote: Counting objects: 1543, done.
remote: Compressing objects: 100% (472/472), done.
remote: Total 984 (delta 746), reused 713 (delta 512)
Receiving objects: 100% (984/984), 454.28 KiB | 153 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (746/746), completed with 149 local objects.
From https://github.com/git/git
 * [new branch]      html       -> origin/html
 * [new branch]      maint      -> origin/maint
 * [new branch]      man        -> origin/man
 * [new branch]      master     -> origin/master
 * [new branch]      next       -> origin/next
 * [new branch]      pu         -> origin/pu
 * [new branch]      todo       -> origin/todo
From https://github.com/git/git
 * [new tag]         v1.7.6.1   -> v1.7.6.1
 * [new tag]         v1.7.7-rc0 -> v1.7.7-rc0
Updating cee4268..4b5eac7
Fast-forward
 Documentation/RelNotes/1.7.6.1.txt                 |   11 +
(略

Gitプロトコルがお好みなら git://github.com/git/git.git で.)しかし,これを繰り返すのはめんどいで...

Cf.

ところで https://github.com/torvalds/linux は, http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux-2.6.git と同じと思っていいのかな? 他にも沢山のツリーがあったが...

2011-09-11

身の程 23:03

最近は多摩川ジョギングは丸子橋から下流の下丸子方面へ向かうようになった.先週は新しい靴で2週目ということで「体が軽い」「もう何も怖くない」「あたし今,最高に幸せだよ」てな具合に調子付いて,「後悔なんてあるわけない」とばかりに下流の天空橋近くまでずんずん進んだ.そして「あたしってほんとバカ」状態になった訳だ...


より大きな地図で 後悔なんてあるわけない を表示

G社マップによれば挫折した六郷ポンプ場までが15 km,そっから後さらに7.2 kmを歩いたり小走りしたりで己れのおろかさを呪いながら自転車まで戻った.4時間近くかかった... ちょうどハーフマラソンの距離だが私には無理だということが分かった.

今日は二の轍は踏まないということで第一京浜の辺りでUターンし,まったく同じ道を戻るのではつまらないので多摩川大橋(矢口渡の近くの橋)から川崎側に渡ってそっち岸を帰った.きちんと測ってないがこれで往復15 km程度なはずで,これでも最後はいくらか歩いてしまい,2時間近くかかった.これを涼しい顔でこなせるようになりたいな... もちろん関節や,そして何より心臓に負担をかけるような無茶はしたくないが,一応前回・今回と純粋に足の筋力と全身を駆動するスタミナがリミットしていたので,これは改善していけるはず.

どうにかして腿の裏のポニョぽーにょぽにょぽにょ怠惰の子)を絶滅に追いやりたい.しかしこの子をここまで育ててしまったのは他ならぬ私なのだった...

【緩募】EGLIBCのGitリポジトリ 23:12

お客様の中にEGLIBC (Embedded GLibC) 本家のSubversionリポジトリgit-svnGitリポジトリに変換してお餅の方はいらっしゃいませんか!?

(日本からつないでも途中で切れない方を募集.git clone は現状レジュームできないんで,Gitorious.org とか,でかいリポジトリが置いてあると日本人にはまるで使えんよね...)

rayfillrayfill 2011/09/12 16:05 git svn clone ... で止まってしまった後、cd でリポジトリディレクトリに移動してからgit svn fetch で続きからfetchされませんか?

rayfillrayfill 2011/09/12 22:46 試してみたら落ちたのでdropboxに置いときます。よろしければどうぞ

flalinflalin 2011/09/12 23:07 あなたが神か... ありがとうございます!
git svn fetch は私が試したときはなんか駄目でしたね... ADSLなのがいけないんだろうか(まさか
切れ方によるのでしょうか.

2011-09-10

Amazonの認証キーが記載されたEメールを紛失した場合はどうすればいいですか? 19:24

認証番号は注文番号の下7桁、お問い合わせ番号は商品のお問い合わせ伝票番号となります。詳細は「アカウントサービス」でご確認いただけますのでご安心ください。

Amazon.co.jp ヘルプ: よくある質問 > 認証キーが記載されたEメールを紛失した場合はどうすればいいですか?

下の写真で言う "...7852" の部分ね.

f:id:flalin:20110910203410p:image

Happy Amazon life to you!

2011-09-01

人生への希望 06:44

ここ2日間,定期を無くして毎回片道310円払って通勤しており人生への希望を失って氏ぬかと思った.3日前の夜の帰り道,改札を出た後どっかで無くしたのか? ベッド脇の着替えやら洗濯物の山の中には確実に無いし... とか一人悩んでいた.一昨日はおかげで初遅刻してしまったしな...

今朝になって発見した.まさかの机の上,不自然に水平からずれた本をどかすとその下に見覚えのある緑色 (Suica).あぁ日々の善行はいつか必ず酬われるんだ,と信仰を深めた一件だった.