お気楽コーヒー稼業

top

有限会社 フレーバーコーヒー
愛知県西尾市永楽町4−21
(0563)57−1292
責任者 中川正志
営業時間 10時から20時まで
お休み 火曜日
cut58.gif
珈琲のある生活
(フレーバーな人々)
cut58.gif

ぼくの仕事はコーヒーを売ることです

だけどそれだけではありません
コーヒーの焙煎や抽出を教えることも仕事だし・・
コーヒーを研究することも仕事です
コーヒーを世間に広めることも仕事だし・・・
コーヒーに関するうそをただすのも仕事だと思っています
とにかく・・・コーヒーが好きなんです

そんなコーヒー屋の日記です

通販ページへいく
フレーバーコーヒー ホームページ

通販ページへいく
通販ページへいく

Ust240・番組予定表(facebook)

flavorchannelはコチラ

bara-chanはコチラ

依存症を学ぶつどい

すべての動画が格納されています(You Tube)
チャンネル登録すると更新情報がメールされます。


You Tube・マイチャンネル

2016-03-20 微圧計・・・

焙煎機のバーナーの掃除をしたときに何の気なしにエアーでノズルを掃除しました。

何の気なしに・・・

素直に針で掃除だけをしていりゃあ良かったんですが

本当に何の気なしになんです。

その一瞬で壊れました。

微圧計が壊れました。

ノズルに高圧の空気を送り込めば・・・・そりゃあだめでしょう。

0.5kg/cm2の微圧計に10kg/cm2近いエアーが流れたら・・・

ちなみに微圧計は金属でできたフーセンの膨らみを歯車を使って変化を拡大させるのです。

そのため極端に高い圧力がかかると針が振り切って戻しのバネがだめになるのです。

今回はその状態になりました・・・

ちなみに写真はいい状態の微圧計です



f:id:flavorcoffee:20160319000423j:image

2016-03-18 ホームページをどのように育てるか

もう何年もホームページをほったらかしてきた。

ブログだってほとんどほったらかしてきた。

ツイッターフェイスブックもほったらかし・・・

お店をやろうとする人たちにはこの辺のツールを活用せねばいけませんといいながら・・・

ぼくの方は全く活用できていない。

全くもって説得力のない感じです。

ただ・・・

この頃もう一度まじめに活用しようと思っています。

なぜ急にホームページにをやろうとおもったか・・・

実は、ユーチューブの動画がやたら多くなってきて整理したいと思ったのです。

本来ならばどんなことをやっている動画かを要約したり関連した動画ページに飛ばせたりと

観てくれる人に親切な状態を作らねばならんと思うのです。

そのような細かいことができるのは、自由にページが作れるホームページが一番なのです。

つまり・・・

その動画の概要を書いたり関連動画を紹介したり細かく作り込むことができる。

そこまでのことをなんとかやってみたいと思います。


・・・・・時間がとれるんだろうか・・・・

微圧計チェッカーを作る 14:05

バーナーのノズルのを掃除してついでに微圧計も交換しましv

微圧計を交換する予定ではなかったのですが、ノズルをちょっときれいにしようと

エアーを噴いた瞬間に微圧計がぶっ壊れました。

めちゃめちゃ弱い圧力を測定する計器に10キロ近い圧力がきちゃったら・・・

そりゃあ・・・だめでしょう・・・・

微圧計チェッカーで確認した結果・・・

全くおかしな値を示しました。

ちなみに・・・写真は新品の微圧計です。

f:id:flavorcoffee:20160318135444j:image

2016-03-17 穴を開けるということ

もうちょっとまじめにブログを書かねばと思いながら全くかけていません。

すごく忙しいわけではないのにかけていないということは単なる怠慢なだけです。

それでもこのドリップバックスタンドについてはいろいろと実験を繰り返しています。

特にこの白いインサートカップにいかに穴あけをするか・・・

これがおもいのほかおもしろいのです。

単に針で穴を開ける。

これでは時間がたつと戻ってしまう。

つまり、最初に設定した湯量が変化してしまうという命題をいかにクリアーするか

それもできる限り手間をかけずにするか・・・

ここがおもしろいのです。

実はこの装置を作って三パターン目のあなあけ方法を実験しています。

これで戻りが少なかったらこの方法であなあけをしようと思います。

まだ・・・内緒ですが・・・


f:id:flavorcoffee:20160309225416j:image

2016-03-16 アイデアは試さねば価値がない

ずっとほったらかしておいたものがありまして・・・

エアロプレスという道具・・・

「I」くんがエスプレッソの事でおもしろいことを教えてくれて・・・

浅煎りの豆はタンピングをしないということ・・・

深煎りではタンピングは必要なもので、それをしないと珈琲の層が抵抗にならずを一気に湯が抜けてしまう。

つまり、味が出ない。

ところが浅煎りではそれをしない。

そうなると浅煎りの場合は、タンピングをしなくでも珈琲の層が抵抗になるということになる。

そのためには浅煎りの豆の方が水を含んだときにふやけて膨らまねばならないということになる。

それを実験するために週刊フレーバーでエアロプレスを使って実験したわけである。


結果・・結構あっけなく結果がでて驚いた。

こんな事ならもっと早くやれば良かった・・・

これで「I」くんに自慢げに話ができそうです。






D

2016-03-13 アイデアを形にするということ

マイブームはドリップバック・・・・

それも現在はいかに素早くドリップバックを作るかに気持ちはいっています。

あたりまえですが、珈琲屋なんて珈琲豆の状態で販売するのが一番楽です。

お客さんにとっても粉と比べると豆の方が長持ちするわけですからそれを勧める訳です。

ただ・・・よく飲む場合粉で買った方が珈琲をたてるのが楽ちんです。

だからうちの店では粉で買う人が結構多いのです。

もっと楽ちんなやり方としてドリップバックというものがあるんです。

これはかっふに引っ掛けて

お湯を差すだけという手間いらずなものなんですが味的には微妙な感があります。

そんでもって大量に工場で作るか・・・

自店で詰めるとしても空いた時間に大量に作っておくみたいな感じになってしまうので

普通に注文を受けてから豆をひくのと比べると結構不利になってしまいます。

そこで完全受注生産ができないもんかと研究しているのです。

現在・・・10個のドリップバックを作るのに3分を切るとこまできました。

ドリップバックの受注生産・・・

これはちょっとやってみたいと思っています。

D