Grand Vase このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016/09/20 Tuesday

[]続きと、、、


 3月の東北旅行の続き。待ってる人もいないと思うので自分の記録ということで。

 

 盛からBRTで一ノ関までのチケットを購入。距離があるので、途中下車可であることを駅員さんに確認。陸前高田で調べておいたカフェで昼食を食べようとしたら日曜定休であった。どこまでもツメがアマイワタクシ。コンビニ食で我慢し1時間後のバスに乗り込み、お次は奇跡の一本松へ。


f:id:fleurette:20150720210511j:image



 残念なことに一本松はサイボーグ化していて避雷針がうっすら確認できた。次のバスを待つ間、お土産屋さんの隣のフロアで催されていた震災時の写真展を見ることに。中では映像とともに当時の様子をボランティアの方が説明されていて、経験からなのだろう、「地震の後は津波の第二波がくるから絶対海に様子を見に行かないでください」と力説されているのが印象的だった。


f:id:fleurette:20160703225609j:image



 それから気仙沼行のバスに乗り込み、長閑な釜石線で夕刻一ノ関へ。ホテルへ直行し荷物を置いて、夜のベイシー参り。今回は残念ながらライブはなく(前回がものすごくラッキーだったのだ)、室内を蔽うように流れるジャズを堪能。

 翌日は市内を廻ろうかと思っていたが、どっと疲れてしまいお昼には新幹線に乗り込んで帰途に。自宅から最寄の駅に着くと、東北よりも寒いではないか。そしてバスを待っている間にその寒さにやられてしまい風邪をひく。で、激やせしてしまい、薄っぺらくなってしまった体を鏡に映して見ては「食べなきゃ!」という強迫観念にかられて、気がつけば激やせする前の体重より3キロ太っていた(←今だにココ)という有様ざんす。


 そして9月の頭にはすっかり恒例になった富山入りも果たし、おじいさんにしつこく絡まれたり、おばあさんを泣かせてしまったりしたのですが、それはまた今度。


 それよりも今の最大の懸念事項は、今通っているジムでクマ型北京原人みたいなオッサンの付き纏いにあっていることだ。声を掛けられるわけではなく、車で後をつけられること2回(恐ろしくてその後は毎回コースを変えて帰宅)、帰りにフロントで待ち伏せされること数回、気味悪すぎて帰りが一緒にならないようにトイレに籠ったりしていたら、フロントに姿が見えないのでホッとしていると、壁に隠れてこちらをジト目で見ている姿が下駄箱のガラスに写っているのが見えて総毛立つこと二回。気付かないだけでもっとあったのかもしれない。


 朝、カーテンを開ける度に日に日に増えていった窓にぴったり張り付いていた手形、郵便物荒らし、やがていやがらせの電話が入り、顔もわからないストーカーとの電話での対決、「お前のやっていることは犯罪だ」と説教し、のちに引っ越し。あれからウン十年経っているのに、もう初老なんだからいい加減こういうことは勘弁してほしい。ジムに3年通って、男性とはスタッフとしか話さないようにしてきたのに。ジムで出会いなんか求めてないっちゅうの!ストイックに筋トレさせてくれ。もおお。。。


 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証