flonee’s recollections

2006 06 25 Sunday

[]醤油(普通)@元祖一条流がんこラーメン雅

家族で永平寺を観光しに福井へ。

自分の中では、美味しいラーメン店をイメージしにくい福井ですが、goboさんのBlogを参考に、「元祖一条流がんこラーメン雅」へ行くことに。

野々市町の我が家から下道で2時間で到着。

開店前に到着したので車の中で待っていると、店内から女性がのぼり旗を持って登場。

「骨」のマーク(もしかして「一」?)が染め抜かれたのぼり旗は、ちょっと不思議なデザイン。

店に戻って次は、30センチくらいの長さの骨(犬が加えてそうなヤツです)を、外部看板に吊り下げ、ようやく開店。

うーん、なんだか不思議な光景。

戦国時代のお呪いを想像してしまいました。


店内はカウンターが15席くらいと、テーブルが4人×2つ。

メニューは醤油(あっさり、中間、こってり)と塩とつけ麺があります。

ぼくは醤油(普通)、家族は塩を注文。

もちろん全部煮卵のせ。

注文してから、ラーメンが出てくる間に、店内は満員に。

耳を澄ませて聞いていると、ほとんどの人が塩を注文しています。

もしや失敗か?と思っているとラーメンが運ばれてきました。


ラーメンは一つずつお盆にのってでて来るので。丁寧な感じがして好感度アップ。

(ドライブインとかだと、お盆にのって出てくると、逆に好感度ダウンするけど何でだろ??)

トッピングは、チャーシュウ3枚とシナチクと海苔とネギ、それから追加注文の煮卵。

写真ではわかりづらいけど、海苔に傘の形の彫り抜きがあって、かわいい。

スープは、チー油が結構大量に浮いてて、その上に背脂少々。

鶏ガラベースのスープは、結構しっかりとした味付け。

噂に聞いてた、あっさりとは印象が違うけど、結構好印象。

麺は、ちょっと不思議な感触。

弾力感というか、ある程度までの噛んだ力に耐えきれずにプチッとちぎれるよう感覚は無し。

モチモチととした感じはあるんだけど…。

ただし、全体的に丁寧に作られた感じがして、美味しいラーメンでした。

ちなみに塩は、モンゴル産の塩のトゲトゲした感じがしました。

f:id:flonee:20060625115440j:image:w300

ドリームドリーム 2006/06/27 08:27 ここの麺の食感って変わっていますよね。丁寧な感じがする一杯が好感が僕も持てました♪

floneeflonee 2006/06/27 19:42 スープもチャーシュウもシナチクも煮卵も、きちんと作ってある感じがするんですよね。

2006 05 16 Tuesday

[]野菜担々麺@8番らーめん入江店

今日は天気が良かったので、自転車通勤。

そしてお弁当もなかったので、お昼に「花の○」へ入ってみたが…お休み。

途方に暮れ、犀川の河川敷を南下しながらどこに行こうか考えながらサイクリング。

そういえば、昨日のサッカーワールドカップの代表FWに選ばれた柳沢選手の実家が、富山で「8番ラーメン」をされている。

普段はあんまり行かないが、こんな時こそ!ということで「8番ラーメン」へ。


数年前までは「味噌坦々麺」を必ず頼んでいたけど、メニューから消えてからは、何を頼もうか結構悩んでます。

今日も悩まなくてはいけないのかな〜とメニューを見ると、通常の「担々麺」の他に「野菜担々麺」の文字が!

野菜不足なので、これはイイ!!


出てきた「野菜担々麺」は、当然(?)山盛りのボリューム。

上に載ったそぼろ肉のみが、唯一担々麺の面影。

野菜を崩すと、そのそぼろ肉もほぼ埋もれて、ただのちょっと変わったスープの野菜ラーメンになってしまいました。

結局最後までこの野菜と格闘し、麺をすすった記憶がほとんどありませんでした。

お腹はふくれるし、野菜もとれるし、味も悪くないのですが、ラーメンと思って注文すると…。

ドリームドリーム 2006/05/20 06:18 花の○さんがお休みとは残念でしたね。昔から野菜がたくさん入ったラーメンと言えば8番ラーメンですものね(^_^)しかし野菜と格闘しただけに終わったようで・・・残念なようで・・・(^^ゞ

floneeflonee 2006/05/20 18:53 あんまり具沢山のラーメンが苦手なので、8番ではいつも野菜ラーメン以外を頼んでたのですが…。
魔が差したというか、久しぶりに食べてみようと思ったら、やっぱり苦手でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060516

2006 05 10 Wednesday

[]あばらそば@四宮軒(神戸

出張で、三宮駅前の東横インにチェックイン。

夕飯は、社長と一緒に隣の寿司屋ですませ、ひとり夜の神戸へ。

事前にチェックしていた「もっこす花隈店」へいくも見あたらず、第二候補の「四宮軒」へ。

ネットや雑誌で一番露出したのがこのお店。

その割には、夜の9時の繁華街の一角にあるこのお店は、お客さん0。

ちょっと警戒しつつ、名物の「あばらそば」を注文。

アジア系っぽいなまりのお母さんが調理し、美人な娘さんらしい方が運んできてくれました。

出てきたラーメンは、ちょっと茶色の濃い醤油系。

牛のあばら肉が4切れ載っています。

スープはちょっと甘めで、アバラ肉の八角なんかの香りがほんのり漂って、食欲をわかせます。

アバラ肉は軟らかく、ほろりと崩れるように骨からはずれます。

ただし、イメージよりタレが浸みていなくて、物足りない感じが…。


最初に出てきたときの盛りつけが、ネット上の写真とあまりにも違うのが残念でした。

f:id:flonee:20060510214845j:image:w300

gobogobo 2006/05/16 23:21 神戸ですか??良いですねェ!(^^
骨付きヨサゲですね。もうちょい味がしみていれば尚よろしってとこですか??

floneeflonee 2006/05/20 18:55 ラーメンと同時に、骨付き肉の骨用の小皿と手拭いが出てきました。
このお肉でビールは結構いけそうでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060510

2006 04 16 Sunday

[]トンチャンラーメン@ほらや

金沢市の山側環状線開通を記念して、朝一の空いてる時間に白山市乾から一気に森本まで抜けて能登半島へ。

恋路海岸→見附島と巡るとそろそろお昼時。

近くにラーメン店があるなんて考えもせず、なんかないっかな〜と珠洲市役所周辺を捜すも、適当なお店がありません。

あきらめて、昼から行こうと決めていた、「のと海洋ふれあいセンター」周辺で捜そうと移動中、突然目に付いたのが「愛情ラーメン」の看板。

焼肉の文字が目に入りつつも(←焼肉もやってるラーメン店で美味しい処って知らないんで…)、他の選択肢がなさそうなので、飛び込むことに決定!

入店するまで「愛情ラーメン」が店名だと思っていたら、「ほらや」が正解でした。


メニューには色々ありますが、醤油ラーメンが基本のよう。

店名になっている「愛情ラーメン」を頼もうと思ったら、麻里子に先に取られたので、「トンチャンラーメン」に(;д;)

出てきたラーメンはトンチャンと野菜の炒めものが乗った、一見「8番ラーメン」風。

(写真で見るとあんまりそんな風に見えませんね〜)

おそらく、その炒め物をスープで煮込んでいるため、スープに野菜の甘みが出ていて結構美味しい。

「愛情ラーメン」は、いうならば特大チャーシュウ麺。

スープは、「トンチャンラーメン」と同じはずだが、(意外に)節系の出汁が出ていて、良い感じ。

(1日限定20食分の特大チャーシュウは、分けてもらえませんでした…ケチッ)


いつのまにやら、うしろで焼肉宴会が始まってました…。

f:id:flonee:20060416122026j:image:w300

ドリームドリーム 2006/04/20 17:35 山環開通記念に何処へ行ったかと思ったら・・・
珠洲ですか??関係ないような・・・(^_^)
僕は先月だったかな?珠洲の「ひろし」という看板のない
ラーメン屋(正式には中華料理屋さんらしいですが)へ
行ってきましたよ〜♪探すのに大変苦労しましたが・・・。
一応TBしておきますので・・・。

floneeflonee 2006/04/21 09:24 七尾の加賀屋にできた、「le muse de h」に行きたかったんですけど、そこは行列がすごくて断念しました…。
それにしても、あの「ひろし」に行かれたことがあったんですね!!
噂はちらほら耳にしますが、怖くて行けてません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060416

2006 04 11 Tuesday

flonee2006-04-11

[]黒醤油ラーメン@百楽天

昼一番に外出の予定があったので、お昼御飯も外で食べることに。

方角から候補店を絞り込んで、らーめん百楽天に行くことに決定。

場所は普正寺の「銭五の館」跡地。


お店は、外観はほぼそのままで、内部のみ改修した感じです。

結構広めの店内は、最近ありがちなちょっとこったお洒落なインテリア風。

だけど色使いがあか抜けないのか、ちょっと…。


ここのラーメンの売りは、日本初(←だったと思う)「ダブルボイルスープ」だそうです。

他のダブルスープと何が違うのか解りませんが…。

ラーメンの種類としては、醤油、味噌、五目など色々ありましたが。

ノーマルの「醤油ラーメン」にしようか悩んだあげく、「黒醤油ラーメン」を注文。

待つこと数分で出てきたラーメンは、字のごとく真っ黒スープ。

背脂がタップリ浮かんだ、上にそぼろ肉が山盛りになって、結構インパクト系の佇まい。

真っ黒なスープをすすってみると、意外に醤油っぽくありません。

だけどもその割には結構しょっぱい。

おかげで食べ終わった後は、舌がヒリヒリして痛かった〜(T▽T)


そして、他のことは記憶が飛んじゃった〜m(_ _)m

ドリームドリーム 2006/04/14 06:35 まだ未食なんです、一度行かないといけませんなぁ・・・。
しかし見る限りでは味が濃そうな感じですね。

floneeflonee 2006/04/14 10:25 味の濃さというより、塩分の濃さが気になりました。
普通の醤油ラーメンとかは、どうなのかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060411

2006 03 19 Sunday

flonee2006-03-19

[]元祖ラーメン@宇宙太

お昼御飯に、宇宙太へ。

3月15日にオープンしたての新店です。

以前は、こうばしい香りが特徴のカレー屋さんでした。

(桜町に移転されたそうです。)

店内は、ほぼカレー屋さんのときのままのような感じ。

12時過ぎに入った店内は、カウンター2席を残して埋まっていました。

ラーメンのメニューは、3種類。

あっさりラーメン、元祖ラーメンそして特製ラーメンの3種類。

とりあえず一押しと書かれた、元祖ラーメン+玉子を注文。

出てきたラーメンは、背脂の浮いた豚骨系の醤油ラーメン。

表面の油の膜が結構厚くて熱く、ちょっとやけどしてしまいました。

トッピングは、煮卵半分(追加の玉子分は除く)、チャーシュウ2枚、刻んだ白ネギ、ワカメ。

チャーシュウは、バラ肉グルグル系で結構柔らかいが、かなりしょっぱい味付け。

ワカメは、スープの味が結構変わるので、余計な感じが…。

強い特徴は感じませんでしたが、他のラーメンも食べてみたくなりました。

ドリームドリーム 2006/03/19 14:51 ニアミスですね、僕はWBCを見るために11時半前に入って食べ終わって出たのが11時50分くらいでしょうか?現在もテレビの前でかぶりつきです(^_^)

kaedemamakaedemama 2006/03/19 18:10 初めまして。TBありがとうございます。
皆さん、やはり早いですね。
自分は逆に元祖ラーメンにチャレンジしてみたいと思います。
日本、勝ちましたね(^^)

floneeflonee 2006/03/20 09:59 >ドリームさん:お会い出来なくて残念!僕は店内で試合開始を見てました。ほんとに勝って良かったですね〜。
>kaedemamaさん:初めましてヽ(`○´)/以前からgorioさんのブログから飛んで、ROMらせて貰ってました。これから宜しくお願いします。ところでgorioさん、最近更新していませんね〜。

2006 03 13 Monday

flonee2006-03-13

[]黒武骨味玉らー麺@麺屋武蔵 武骨

出張で東京に行った時に、上野駅で乗り換えの時間に余裕があるので、麺屋武蔵武骨へ。

最寄り駅は御徒町駅となっているが、上野駅から歩いても5分くらいでした。

オープン10分前に到着するも、既に行列が出来ていて、僕は7番目。

11時半ちょうどに開店し、先頭から順に店内に入って券売機で食券を購入。

てっきり麺屋武蔵の本店と同じメニューと思っていたら、白黒赤の3種類。

普通が白で、こってりが黒、ピリ辛の赤らしい。

麺屋武蔵の本店で、ノーマルのラーメンは食べたことがあるので、こってりの黒を購入。

席に座ってカウンター内を見ていると、丼に白濁したスープを注いでいました。

???麺屋武蔵って豚骨だったっけ???

しばらくして出てきたラーメンは、ほんとに真っ黒。

マー油?と思ってすすったら、イカ墨も混ざっているもよう。

こってりとした、イカ墨独特の甘みが美味しいです。

スープはやっぱり豚骨で、麺屋武蔵の本店とはまるっきり別物。

どうやら、実験的な物を多くだすお店みたいです。

麺は、ちょっとゴリゴリするくらいの、太くて硬いもの。

チャーシュウも、厚さ3cmはあろうかというような塊肉。

(もちろん柔らかいし、味も染みて手美味しい。)

このあたりの演出?がいかにも武骨って名前のとおりっぽい。

上野駅から近いので、また寄ってみたいお店です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060313

2006 03 11 Saturday

[]どこへどうやっていこうか?

家族でちょっと遠いスキー場に行こうか〜と相談。

緩めのコースがいっぱいあって、広いところをいくつか候補に。

そんな中で、よくTVで宣伝している「弾丸バスツアー妙高杉の原」ってやつが気になって調べてみました。

いくつかの旅行会社で同様の企画がある中、MKツアーランドさんが一番お値打っぽく、内容は以下のとおり。

  • リフトゴンドラ一日券付で4900円。
  • ただし子供も同額。
  • 乗車時間は片道3時間30分。
  • 金沢駅西口発着=駐車料金別途

ということは、

リフト代+交通費+駐車料金

=4900×3+700=15700円

う〜ん、微妙。

他に安く行ける方法が無いかネットで調べてみると、妙高杉の原は一日券半額購入券が結構出回ってる模様。

送料等勘案しても、1000円でゲット出来そう。

ということは自分で運転していくなら、

リフト代+ガソリン代+高速代(ETC通勤割引)+半額券代

=5050+5500+6000+1000=17550円

差額は2000円弱。

時間も自由になるし、それにもう一つの目的も達成出来るし( ̄▽ ̄) ニヤ

こっちの案で決定。

[]なんげ〜@妙高杉の原

朝5時50分起床、6時出発!

朝食は、昨晩作ったお弁当をほおばりつつ運転。

途中トイレ休憩を挟みながら、8時過ぎに到着。

駐車位置は、大きな第1駐車場のど真ん中。

ゲレンデまで結構あります(≧д≦)

気を取り直して身支度。

今日は暑くなりそうなので、ウェアの下はロングTシャツのみ。

手袋はSPECIALAIZEDの自転車用に、頭はBRIKOのヘルメットを装着。

自分と麻里子の板を担いでゲレンデへ。

ところで辺りを見回してもリフト券売場が見あたらない。

おまけにリフト乗り場も解らない。

ゴンドラが頭の上を通過しているので、とりあえず板を履いて、ゴンドラ乗り場の方へ。

そしたらありました。

半額券を出して、リフト券購入。


リフト券売場すぐ横のゴンドラ乗り場から、ゴンドラに乗って上へ。

ところどころ止まりながら、とりあえず3人で一番下のリフト乗り場まで下りてきましたが、長い!!

長い長いとは聞いてたけど、ほんと〜に長い&適度に緩い!

こりゃ家族連れがいっぱいなのも、納得。

今度はリフトを3本乗り継いで頂上へ。

下のだだっ広いゲレンデと違って、ちょっと木々の間を滑る感じ、かつ適度な中斜面。

雪もしまっているので、ぐいぐいカービングで食い込ませながら、気持ちよーくクルージング。

三田原ゾーン側のゲレンデを何回か滑って、中間にある食堂で一休み。

金色の泡の出る飲物にて水分補給&クールダウン。

ちょっと早めの食糧補給で、お昼のピークに御飯を食べなくて良いように、フライドポテトとスジ煮込みも注文。


一息つけたので、再びゲレンデへ。

雲一つ無い快晴!で、雪もだいぶゆるんできたので、あんまり倒しまない滑り方に変更。

ジャバジャバな雪のうねりに逆らわず、タテに角付けしてロングターンメインでゆったりと。

そこで面白いリフト発見!

通称「カッポンリフト」!!

(正式名称不明)

お股の間に円盤の付いた棒を挟んで、滑りながら引っ張り上げてもらうリフトです。

これは乗らねば( `ー´)ノ

瑠華はなかなかお股に挟めず、4〜5回のチャレンジでなんとか、とりあえずOK。

途中バランスを崩してこけそうになりながらも、なんとか降り場に着くことが出来ました。

それにしても、このリフトって足が疲れます。

開業当時の中宮温泉スキー場にもあったのですが、不評のためか数年で普通のリフトになったのも納得。


2時をまわったので、名物(?)のカレーハウスへ。

三田原ゾーンのど真ん中のこのカレーハウスは、眺めがいいらしい。

小さめの店内は、眺めの良い側がカウンター席のため、団体客ばかりの店内は、テーブルが埋まってカウンターが空いています。

ラッキー\(^^\)(/^^)/

座ってみると、ホントに良い景色。

まさに眼前に広がる大パノラマ!

野尻湖や志賀高原スキー場まで見渡せます。

その状況で食べるカレーは…普通のカレーでした。

ちなみに麓にはなぜかゴーゴーカレーののぼりが立ってました??


その後1時間くらい滑って、本日のスキーは終了。

近くの温泉に入って、その後もう一つの目的地へ…

[]池ノ平セミナーハウス@妙高池ノ平スキー場

池ノ平セミナーハウスは、金沢工業大学のゲストハウスです。

そして僕の恩師、田中光先生の最後の作品です。

先生は、大変この建築を気に入っていました

だからどうしても見に来たかったのです。


詳しい場所は解りませんが、中森勉先生いわく「目の前がゲレンデ」だそうなので、適当に走ってみました。

杉の原スキー場からは近いのですが、目的のセミナーハウスらしき建物は、なかなか見あたりません。

道の両脇は2mを超える雪の壁で、敷地の奥にある建物なんかは全く見えないと言って良いくらいです。

そして重大なことに築きました。

僕はこの建築の外観写真を見た記憶がない!

けどここまで来た以上、見ずには帰れません。

しばらく走っていると、雪の壁の間から、屋根の上の雪割りの先端がちらっと見えました。

一瞬でしたが、解りました「間違いない!

入口は交差点を曲がった向こう側。

はやる気持ちを抑えて近づくと、ドリバー君の看板が付いた建物が。

目の前の建物は、どう見ても田中先生の形です。

なぜか妙に心が落ち着いて、じっと見入ってしまいました。

中には入ることが出来ませんでしたが、心が何か満たされた気持ちになりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060311

2006 03 10 Friday

[]デモンストレーターセミナー@高鷲スノーパーク

所属団体の会員更新のために必要な単位取得のために、岐阜県の高鷲スノーパークへ。

デモンストレーターの松居文智さんのセミナーを受講します。

内容は「GS&SL、ライン取り・インスペクション・タイムアップの秘策」。

う〜ん(ーー;)

ポールはほとんど未経験。

こんなヤツが受けて良いのだろうか。


朝5時50分に待ち合わせて高鷲へ。

セミナーまでまだ時間があるので、足慣らしにパノラマコースを2周。

ちょっと緩めですが、かなり長くて滑りごたえのあるコースです。

セミナー前なのに足がパンパンになってしまいました。


さていよいよセミナー開始です。

まずはみんなでGSのポールセットから。

なんだか、とっても急なところにセットしている感じ…

こわい〜(≧д≦)

まずはみんなでインスペクション。

そしていよいよ本番。

とりあえず未経験者は4旗下がったところからのスタート。

途中すっ飛びそうになりながら、何とか完走。

そして2回目。

時間がないので全員上からのスタート(* ̄□ ̄*;)

見るからにやばい!!

途中のターンで減速要素が多くなりながらも、何とか完走。


お昼休みはセンターハウスで、オムピラフ(トマト&デミソース)。

値段は高いけど、ボリュームあって美味しかったのでOK。

早々に休憩を切り上げて、まだ張ってあるポールをしにゲレンデへ。


怖いながらも一本滑って、昼からのセミナー

先程よりちょっと下りたところからSLのポールセット。

インスペクションで滑って見るも、どうやってこんなトコ行くのって?いうようなヘアピンがあります。

とりあえず1回目。

初めてのSLなので旗門をかすめるような滑りが出来ません。

当然、順手(×_×)

そしてやっぱりそのヘアピンで体が追いつかずに、ブレーキングして何とか通過。

短いけど息が上がります。

2回目。

何となくコツが解ってきたような…ちょっとだけ…

少し内側を滑ることが出来るようになったので、半分くらい逆手で行けます。

3回目は、板を回しこまずに、谷まわりをしっかり取る意識を持ったら、ほとんど逆手で行けました。

やれば出来るね〜( `ー´)ノ


ポールって楽しいね〜。

打撲だらけだけど…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060310

2006 03 05 Sunday

[]疲れたー!@一里野温泉

今日はなぜだか、昼からはスキーレッスンを受講されるかたがいませんでした。

ということで、フリー。

ボードでもしよっかな。

昨夏、オークションで板をゲット。

なんと1500円。

KEMPERという聞いたことあるけど、ほとんど見かけない怪しいメーカー?

そして昨日ビンディングを、またまたオークションでゲット。

こちらは8000円。

2年前のSALOMONのSPX5というトップモデル。

ちょっと小傷は多いけど、そのガッチリとした造りはさすがトップモデル。

ブーツは校長に借りて、S兄弟と一緒にゴンドラへ。

ちなみに僕は初ゴンドラ。

滑るコースはエキサイトゲレンデ。

とくにバックサイド。

腰が引けて、無理に板を回して、しりもちついちゃいます。

ビビリながらもなんとか感想。

そして2周目へ。

1周目より少しは慣れたけど、今度は太股の表側が限界に。

プルプルしてきたので、これにてボード終了。

終わってみると、倒れないように腕を突っ張っていたからか、だるくて肩が上がらなくなってました。


しばらく休んで次はスキー。

滑っていたら、校長から「ゴンドラで上がって来い」の連絡が(゜_゜i)タラー

上がっていったら「みんなで列になって小回り。しっかり付いてくること!」

エキサイトゲレンデを数回に分けて下りました。

そして再びゴンドラへ。

次はエキサイトゲレンデを2回に分けて小回り。

その次は一気に大回り。

その次も一気に大回り。

その次は一気に色々しながら。

その次も一気に色々しながら。

計6回も…

その後は延々と楽々コースを小回り…

疲れた〜


赤いウェアが集団で一気に下りてくる光景は、さぞかし不気味だったと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flonee/20060305