筒井康隆氏についての… このページをアンテナに追加

2035-01-01 今後の予定

2018年4月以降の予定

2018-06-12 日経夕刊にインタビュー

[]

筒井康隆が説く「存在と時間」」

 『誰にもわかるハイデガー』関連インタビュー。新作短篇の発想のひとつという子供の頃の想い出、「白笑疑」のあの子を思い出します。

2018-06-06 『誰にもわかるハイデガー』

[]

文学部唯野教授・最終講義 誰にもわかるハイデガー

f:id:flow2005:20180607204731j:image:w360

  • 初版/2018.5.30 河出書房新社
  • 上製本 小B6判 カバー 帯/黒
  • 装幀岩瀬聡 140頁
  • 定価/本体1200円+税 ISBN 978-4-308-24865-3 C0010
  • 惹句/唯野教授の「遺言」 死を忘れて生きつつも死について知りたい我々が死ぬまでに絶対読みたい名著『存在と時間』超入門
  • 第一講 1 なぜハイデガーか? 2 「現存在」ってどんな存在? 3 実存とは人間の可能性のこと 第二講 4 死を忘れるための空談(おしゃべり) 5 「時間」とは何か? 6 現代に生きるハイデガー ハイデガーの基本用語/解説「『誰にもわかるハイデガー』への、わかる人にだけわかる補遺大澤真幸
    • 【註】新潮社カセット『誰にもわかるハイデガー』1990.10.25を再構成

2018-05-19 連日更新!

[]更新!

「偽文士日碌」

 連日更新! 蓮實重彦氏との対談、「群像」での掲載が楽しみです。そして筒井康隆展も着々と…。

2018-05-16 「偽文士日碌」連日更新!

[]更新!

「偽文士日碌」

 『誰にもわかるハイデガー刊行に伴う取材産経日経読売朝日の四紙♪ 『漂流―本から本へ』が改題され『読書の極意と掟』として講談社文庫から♪ 嬉しい情報がいっぱいで足をバタバタさせています。