筒井康隆氏についての… このページをアンテナに追加

2035-01-01 今後の予定

2018年7月以降の予定

2018-08-09 吾輩は童貞(まだ)である

[]

『吾輩は童貞(まだ)である 童貞について作家の語ること』

  • 2018.7.30 キノブックス/刊
  • <収録作品>「童貞」(『現代語裏辞典』より)

 「喪失の日」も入れて欲しかった気もします…。

2018-08-07 EXPO2000

[]更新!

「偽文士日碌」

 太陽の塔、あの中の生命の木のあたりで案の定、迷子になったことが思い出されます。

2018-08-01 更新遅れてすみません

[]更新!

「偽文士日碌」

 『文藝別冊』に筒井康隆展図録、シネマヴェーラ渋谷でのトークショー。楽しみがいっぱいです。秋は予定をあけておかなくては。

[]

「愛や犬や恐怖をバネにして、」

2018-07-22 『読書の極意と掟』

[]

読書の極意と掟』

f:id:flow2005:20180722163117j:image:w360f:id:flow2005:20180722163113j:image:w360

  • 初版/2018.7.13 講談社文庫 つ-1-9
  • 並製本 A6判 カバー 帯/青
  • カバー装画/浅野信二 カバーデザイン/柳川貴代 231頁
  • 定価/本体590円+税 ISBN 978-4-06-512661-7 C0195
  • 惹句/作家・筒井康隆、誕生の秘密 『漂流 本から本へ』を改題 小説界の巨人が惜しげもなく開陳した自伝的読書遍歴 帯背/作家は読書で出来ている
  • 収録作品「読書の極意と掟」「第一章 幼少年期 一九三四年〜」「第二章 演劇青年時代 一九五〇年〜」「第三章 デビュー前夜 一九五七年〜」「第四章 作家になる 一九六五年〜」「第五章 新たなる飛躍 一九七七年〜」/「解説 知性は読書でのみ磨かれる」今野敏
    • 『漂流 本から本へ』(2011.1.30 朝日新聞出版)改題(【初出】<朝日新聞>2009.4.5〜2010.7.5)
    • 帯袖に筒井康隆展 割引券付

 『創作の極意と掟』と呼応しての改題。帯背惹句も似通っています。「ハイデガー存在と時間』」には『誰にもわかるハイデガー』単行本化を受けて、加筆がありました。

 開催まで3ヶ月を切った筒井康隆展、帯袖の割引券に加えて、投げ込みミニチラシがありました。

*[アンソロジー]

『ああ、犬よ』

  • 編/キノブックス編集部 2018.6.26 キノブックス/刊
  • 収録作品/「あらった犬の体をはやくかわかす知恵」(『わかもとの知恵』より)