筒井康隆氏についての… このページをアンテナに追加

2035-01-01 今後の予定

2016年4月以降の予定

すみませんすみません 2006/05/17 18:42 菊池成孔のキクチは「菊地」です。

flow2005flow2005 2006/05/17 21:47 大変申し訳ありませんでした。教えていただきありがとうございました。修正いたします。

官能ぼさつ官能ぼさつ 2006/09/16 15:02 100歳までいけるのかな。ぼくだったら無理だよ。

だって仏様だもの

デンデラ連デンデラ連 2006/11/11 12:33 「芋たこなんきん」の、筒井さん(司馬遼太郎的作家さん)はもう出ないんですかね。NHKさんもギャラあげなきゃいけない!ですね。

flow2005flow2005 2006/11/12 16:51 その後の情報がないので、何とも言えませんね。楽しいキャラだったのでもう出番がないとしたら残念ですが。

デンデラ連デンデラ連 2007/03/04 20:17 週刊朝日の対談で、伸輔さんを初めて見ましたが、筒井さんによく似ていらっしゃいますね。山藤章二さんお得意の、ノッペラボー似顔絵は、今後伸輔さんにも通用できますねえ。

デンデラ連デンデラ連 2007/06/20 23:29 本屋さんで「2007新潮文庫の100冊」の小冊子を見つけてもらってきました。今年は筒井康隆さん作品は、「愛のひだりがわ」が選出されてます。なるほど、です。因みに、星新一さん作品は、「ボッコちゃん」「ブランコのむこうで」が選ばれてますね。タレント本では、ビートたけしさんの「菊次郎とさき」ですか。
さあ、角川文庫の<ちょっくらぶ>は、どう出ますかね。楽しみにしておきます。

デンデラ連デンデラ連 2007/06/24 20:02 角川文庫の「夏の100冊」の小冊子も入手できました。筒井康隆さん作品は、「時をかける少女」と「日本以外全部沈没」が選ばれています。いいですねえ。なお星新一さん作品は「きまぐれロボット」と「宇宙の声」です。

flow2005flow2005 2007/06/24 21:49 情報ありがとうございます。私も小冊子は入手しましたが、フェア帯のかかった現物は確認できていません。夏の100冊選出作品、また多くの(若い)ひとの手にわたってほしいです。

デンデラ連デンデラ連 2007/09/23 23:39 昨日、池袋のタワーレコードに行ったら、「ウルトラヴァイブ」という会社のCDの1枚、「天地総子大全」というのを見つけました。その収録曲の最後が、なんと筒井さんの処女戯曲『スタア』のテーマ音楽「銀色の真昼」ではありませんか。早速購入しました。すると、解説書に、筒井さんが文章「CMソングの女王様」を寄せていました。このCD会社は、以前「タイムトラベラ−」のサウンドトラック集を発掘して出してくれた所でもあります。今後も注目する価値ありそうです。

flow2005flow2005 2007/09/24 00:03 をを!、貴重な情報ありがとうございます!! 早速買ってこなくては。

駆三駆三 2007/09/26 21:51 英語訳本『HELL』(イギリスALMA BOOKS)が届きました。原典で読んでいるので、わざわざ英語で読まなくともいいのですが。

flow2005flow2005 2007/09/26 23:41 をを、着きましたか! わたしのところはまだです。七五調のところが楽しみです。

kotonohakotonoha 2007/10/24 23:38 ことのは出版より 「時をかける少女」が
OnGenおよびLitsnMusicStore、Napstar、TimeBookTownで配信されたことをお知らせします。(http://www.kotonoha.co.jp)
 なお、日本以外全部沈没がiTuneStoreに密かにアップされました。正式配信日は来週の水曜日ですが、視聴および購入も可能です。

flow2005flow2005 2007/10/25 22:10 貴重な情報ありがとうございます。個人的には『緑魔の町』が気になっています(「アチャカバー」が楽しみ…)。

あとみっくあとみっく 2007/11/04 09:07 もう既出の情報かもしれませんが。
「大阪古書月報」290号(2007.10.5)に青空書房の
坂本健一さんが「大阪焼跡闇市の古本屋」という
終戦直後の闇市の想い出話を書いておられまして
当時中学生の筒井さんがお父さんの書庫から持ち出した
本を売りにきた話も書かれてます。
坂本さん自筆の挿絵もついていて、学生服に白いかばん
を肩からかけた筒井さんの姿も描かれてます。
『男前に描かんと筒井先生に怒られるから…』と坂本
さんは言っておられました。

flow2005flow2005 2007/11/04 22:29 貴重な情報をありがとうございます。坂本さんの絵は味があって大好きです。年賀状をいつもいただいていて、妻と一緒に楽しみにしています。久しくうかがっていないのですが、年末に帰省した折りにでも訪ねてみようと思います。
「大阪古書月報」も参考文献に入れておきます。ありがとうございました。

ハーディング42ハーディング42 2007/11/04 23:15 ブログ形式の多彩な検索エンジン「エンタメ雑記&ガイド(リンク編)」にて、公式サイトをリンクさせて頂きましたことをご報告します。

http://blog.goo.ne.jp/1388sendai_2007

駆三駆三 2007/12/14 21:54 初来日の中国語版『文学部唯野教授』を確保しました。訳者による解説には「筒井分子(TSUTSUISUTO)」などという言葉も出てきます。なぜか榎本奈美子嬢は「夏」本奈美子として登場してます。

flow2005flow2005 2007/12/14 22:00 をを、着きましたか。私のところはまだですが、楽しみですね。筒井分子ですか。名付け親である平石滋さんだったら、何とおっしゃるでしょうか。

デンデラ連デンデラ連 2007/12/15 20:30 最相葉月さんの「星新一 1001話をつくったひと」は、とうとう日本SF大賞まで取りましたね。おめでたいお話です。いよいよ筒井康隆さんの電話に、「星ですが」と冥界から元気な電話が来そうな気がします。

flow2005flow2005 2007/12/16 21:37 をを、日本SF大賞ですか。素晴らしい。『星新一 1001話をつくったひと』は時間をかけて、聞くべきひとのほとんどに話を聞いて書かれた力作だと思います(実を言うと「つねならぬ話」など1001篇達成後の作品についてもう少し頁を割いてもらえると嬉しかったんですが…)。取るべくして取ったと言えそうですね。これを機にもっと多くのひとに星さんの作品を読んで欲しいです(読まなくなったひとを含めて)。

デンデラ連デンデラ連 2007/12/19 00:28 「THE BEE」を上演したNODAMAPが、紀伊国屋演劇賞団体賞を受賞しました。こりゃ、この先もっと色々取りそうです。野田秀樹さんも次の筒井劇の構想を得ていないでしょうか。今上演中の「キル」、また感動できそうです。

九十九瀬九十九瀬 2007/12/23 14:48 HEROESって、アメリカのドラマを見ましたか?あらすじが七瀬ふたたびにソックリです。VFXが素晴らしくて、個人的には嬉しいのですが、筒井さんの、見解を聞きたいと思います(ξ^∇^ξ)

駆三駆三 2007/12/24 18:11 「パプリカ」はWOWOWで12月30日(日)午前5:25から放送されるそうです。日曜日の早朝の起きられるでしょうか?と不安。あっ、その前にWOWOWには加入していなかったのだ。

flow2005flow2005 2007/12/24 23:35 九十九瀬さん、コメントありがとうございます。「HEROES」見たことがないです。「七瀬ふたたび」ということは超能力者の戦い?なんでしょうか。いつか機会があったら見てみたいです。
駆三さん、「パプリカ」TV放映情報ありがとうございます。WOWWOWでは何度かやるようですが、私もWOWOWには加入していないので、見られないのだった。

Iceman CottesIceman Cottes 2008/01/30 01:07 http://www.squidoo.com/yasutaka-tsutsui
上記ページの下のほうにAndrew Driver氏の書き込み(2008年1月22日付)があり、目下「パプリカ」を英訳中、来年発売予定とあります。既出・既報でしたらすいません。

flow2005flow2005 2008/01/30 23:06 情報ありがとうございます!! 知りませんでした。来年と言うことは2009年なんでしょうか? 楽しみに待ちたいと思います。

nobunobu 2008/02/15 02:02 はじめまして。筒井さんのホームページでの内藤監督との対談で「スタア」での峰岸さんと岡田さんの話読みましたが、私はあの日あの場所(確か深夜の新宿の映画館ですよね)で岡田さん本人を目撃しました。その後あの事件があり、当時私が岡田さんを見た事を周囲に話しても誰も信じてくれなかったので、あの一文を見てほれ見ろ!!と思いました。あの時の気持ちを思い出してしまいました。

デンデラ連デンデラ連 2008/03/20 00:34 今、筒井さんの公式サイト見たんですが、NHKがまたしても「七瀬ふたたび」をドラマにするんですってね。秋から放送とのこと。あの多岐川裕美さん主演の時みたいに話題になるでしょうね。結構出演者も多いですから、かなりエピソードが増えそうです。勿論見たいです。

flow2005flow2005 2008/03/30 00:06 nobuさん、コメントありがとうございます。お返事が遅れてすみません。あの現場におられましたか。すごいことでございます(私はその当時は関西で行けずじまいでした)。貴重なお話、感謝です。
デンデラ連さん、『七瀬ふたたび』、主演の蓮佛さんは若い女優さんですが、どのような七瀬を演じられるのか、そして結末はどうなるのか、本当に楽しみですね。

デンデラ連デンデラ連 2008/05/17 22:43 どうしましょう。最相葉月さんの「星新一 1001話をつくったひと」は、推理作家協会賞までとってしまいましたね。こりゃますます、星作品を再読しまくらねばいけません。次は何賞だろう、って言いたくなります。

flow2005flow2005 2008/05/21 23:29 日本推理作家協会賞ですか。素晴らしいですね。双葉文庫の全集で出るのはずっと後でしょうが、『妄想銀行』の隣に置きたいような気がします(背表紙デザイン違ってるけど)。

デンデラ連デンデラ連 2008/08/02 22:47 筒井さんの小説やエッセイにも影響を与えた、赤塚不二夫さんが、闘病数年の末に亡くなられましたね。72でしたか。合掌。

デンデラ連デンデラ連 2008/08/04 23:17 読売新聞の今日、8月4日の朝刊の、赤塚さん追悼頁に、筒井康隆さんと山下洋輔さんの談話が載っていました。両方いい話で、改めてすごい才能だったと思います。

蟹侍蟹侍 2008/08/25 23:46 白水社から出た「別役実コント検定!」なる新刊に、
「犬の沈黙」と「鬼仏交替」を原作にしたコント2編が収録されていました。
帯などにも「筒井康隆原作のコント」・・・というようなことが書かれていたような。
ご報告まで。

flow2005flow2005 2008/08/26 23:01 情報ありがとうございます。早速チェックしてきました。今後ともよろしくお願いします。

蟹侍蟹侍 2008/09/25 01:53 9月23日の読売新聞朝刊の文化欄に、「ビアンカ・オーバースタディ」記者会見時の記事が載っていました。
以上、ご報告まで。

デンデラ連デンデラ連 2008/10/10 00:33 ノーベル文学賞は、村上春樹さんではありませんでしたが、ル・クレジオさんでしたね。筒井康隆さんが傑作だと再三語っている「巨人たち」の作者ではありませんか。あれに触発されて筒井さんは「虚人たち」を書いたとかいう話を聞きましたが。あ、そうそう「七瀬ふたたび」は、いきなり主要人物をあざやかに邂逅させましたね。次回以降期待です。

flow2005flow2005 2008/10/10 22:41 『七瀬ふたたび』始まりましたね。私は今晩にでも録画を見ます。すみません。
クレジオの受賞はとても嬉しかったです。学生の頃、京都の善書堂で『悪魔祓い』を頑張って買ったことを思い出しました(3週間、昼は冷や奴か焼きそば)。

☆Luna瀬☆Luna瀬 2008/10/11 01:39 こんばんは。
『七瀬ふたたび』NHK公式サイトより 直筆のお手紙
http://www.nhk.or.jp/drama8/nanase/html_nana_spmess_01.html
蓮ちゃんカワユス

駆三駆三 2008/10/31 21:47 新潮文庫・おとなの時間ですが、こんどは『懲戒の部屋』が取り上げられています。先月の『旅のラゴス』に続いて2ヶ月連続。オビには「「七瀬ふたたび」ドラマ化で注目 筒井康隆ワールドを堪能せよ! ……」あります。10月20日発行の5刷です。

蟹侍蟹侍 2008/11/11 01:58 実業之日本社から出た手塚治虫の『上を下へのジレッタ・完全版』に、
文春文庫ビジュアル版の同作品に掲載された筒井氏のインタビュー、
『「映画ではやれないこと」の跳躍台』が再録されていました。

ちなみに『完全版』の巻頭文は小松左京氏。
こちらは本書のオリジナルと思われます。

以上、ご報告まで。

蟹侍蟹侍 2008/11/11 01:58 実業之日本社から出た手塚治虫の『上を下へのジレッタ・完全版』に、
文春文庫ビジュアル版の同作品に掲載された筒井氏のインタビュー、
『「映画ではやれないこと」の跳躍台』が再録されていました。

ちなみに『完全版』の巻頭文は小松左京氏。
こちらは本書のオリジナルと思われます。

以上、ご報告まで。

flow2005flow2005 2008/11/11 23:00 情報ありがとうございます。『ジレッタ』はシュリンクされているやつの帯で見て買わなきゃなあ
と思っているところでした。近々、詳細UPしておきます。

蟹侍さんはいつも未収録の作品について気にかけておられるようなので、最近の未収録エッセイ発掘をひとつ。
「非科学的SF作家の弁」<数学セミナー>1970.2
とあるところで得た情報を先日平石さんが国会図書館にて確認して下さいました。
平石さん、いつもありがとうございます。

蟹侍蟹侍 2008/11/13 00:12 未収録作品情報、ありがとうございます。
みなさんの発掘の成果がまとめられる日が来ることを、
心待ちにしています。
他力本願ではございますが。

☆Luna☆Luna 2008/11/22 00:35
こんばんは。
たった今一瞬、日本テレビで、しょこたんが
「人生で大切な本」に『筒井康隆・邪眼鳥』を
重要さがうかがえる、一番手前の
目立つ場所にあげて映っていました。

flow2005flow2005 2008/11/22 17:19 コメントありがとうございます。この番組、なぜか録画されていて、先ほど見てみました。
残念ながら本は主に空の写真集のことが紹介されていましたが、『邪眼鳥』しっかり確認
しました。しょこたんをえらいと思うのは握手会に向けて1000冊も写真集にイラスト&サ
インしながらもシレンもやって本もいっぱい読んでるところです。見習わないと…。

デンデラ連デンデラ連 2008/11/23 20:13 中公文庫の新刊、竹内薫さん竹内さなみさんの『シュレディンガーの哲学する猫』の帯に、筒井さんが推薦文をかいていらっしゃいますね。あの、『たけしのコマ大数学科』の先生と、こんな繋がりがあったなんて。あの番組も好きですから、嬉しいですね。

flow2005flow2005 2008/11/24 21:23 情報ありがとうございます。これは以前の徳間書店版の際の再録なんでしょうか。明日にでも確認
してきます。

まんじまんじ 2008/12/03 20:30 情報です。とり・みき「ロボ道楽の逆襲」(イースト・プレス)に「万延元年のラグビー」が収録されています。「漫画涜本」に載った分ですね。「日本ふるさと沈没」掲載の「日本沈没orz」も収録されていてお得です(^^)

駆三駆三 2008/12/04 21:04 「NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック」CD(NAYUTAWAVE RECORDS)が発売されていました。25曲入って2500円です。

flow2005flow2005 2008/12/05 22:48 私も買ってきました〜。蓮佛さんは横顔も綺麗ですね。

まんじまんじ 2008/12/07 00:34 「七瀬ふたたび」主題歌が「扉 GReeeeN」に収録されて発売されています。特別版を注文したのですが、まだ届きません。何でだ。

flow2005flow2005 2008/12/08 21:16 情報ありがとうございます。とり・みき、まだ入手できてません。「扉 GReeeeN」は多分買わないかも…。

まんじまんじ 2008/12/09 20:45 連日の情報です。「SFジャパン」で前回に引き続きドラマ「七瀬ふたたび」の特集がありま。第一回のシナリオ掲載、
「第7回までのあらすじ」、「作品解題」と30ページ以上。1785円です。「扉 GReeeeN」は届きました。

まんじまんじ 2008/12/12 01:11 情報2連発。明日(もう今日か)12日16時から「日本以外全部沈没」が日本映画専門チャンネルにて
放映されます。(特撮ニュータイプ09/1月号より)
もうひとつ。光文社のPR誌「本が好き」09/1月号の「読書の目利き 書店員さんのお勧め本」
BOOKSアイ茗荷谷店河合靖さんが「懲戒の部屋」(新潮文庫)所収の「走る取的」「乗越駅の刑罰」
をお勧めしております。

あとみっくあとみっく 2009/03/14 20:57 3月17日発売予定のCDつきマガジン「日本の歌 こころの歌」5号で
筒井さんが懐かしい歌への想いを語られるようです。
この号だけはかわなくては。

flow2005flow2005 2009/03/16 00:40 情報ありがとうございます。「春の小川は」(《日本のうた こころの歌》4号 2004.3.16)の再録のような気もしますが、チェックしてみます。

kokada_jnetkokada_jnet 2009/03/17 11:10 はじめまして。既にご存知かもしれませんが。
小谷野敦氏の小説集『美人作家は二度死ぬ』に死ぬに収録の短編「純文学の祭り」は、未来の芥川賞選考会が舞台で・・。。
筒井さんをモデルにした作家が亡くなったあと「祟り神」になり、あわてて新井素子を選考委員に入れた、というようなエピソードもあるパロディ小説です。ご参考までに。

flow2005flow2005 2009/03/17 21:40 kokada_jnetさん、はじめまして。よろしくお願いします。
小谷野敦氏の『美人作家は二度死ぬ』、知りませんでした。明日にでも買ってきます。
論創社からなんですね。

kokada_jnetkokada_jnet 2009/03/18 13:11 お返事ありがとうございます。すみません、言葉足らずでしたが。この作品自身が短編で、上記内容は「ごく短いエピソード」として挿入されるだけですので、ご購入されるまでもないかとも思います・・(立ち読みで十分かとも・・思います)。

ただ、この本自体が面白い本で。
表題作の中編は「樋口一葉が長生きして無名作家として死んだ」パラレルワールドのお話。私が言及しました短編「純文学の祭り」は、現在の純文学の有名作家たちが、十数年後に仮名で総出演の、毒まみれのパロディ作品で。そういう方面にご興味がおありなら、購入されてもと、思います。
なお、「純文学の祭り」には、あきらかに筒井さんの「大いなる助走」の選考会場面の影響があると思います。(小谷野さん自身、筒井さんをリスペクトしている人なので)

flow2005flow2005 2009/03/18 22:52 買ってきました。とりあえず先に「純文学の祭り」を読了。ホント数行でしたが、小説自体、面白いので満足しています。
貴重な情報ありがとうございました。しかしこういうのは関連文献に入れるか迷いますね(「かもめチャンス」とか)。

Iceman CottesIceman Cottes 2009/05/08 18:22 すでにご存じかもしれませんが、英国の書店Foylesのサイトに、Paprika刊行にちなんだ独占インタビューが掲載されていました。
http://www.foyles.co.uk/addfeature05.asp#ytsutsui

flow2005flow2005 2009/05/08 22:42 おお、情報ありがとうございます。早速読んできました。後で詳細も記録しておきます。
感謝感謝です。今後ともよろしくお願いします。

なまえなまえ 2009/08/04 17:02 http://mainichi.jp/kansai/news/20090803ddn013040041000c.html
筒井氏インタビュー

flow2005flow2005 2009/08/04 22:04 情報ありがとうございます! おかげで読むことが出来ました。今後ともよろしくお願いします。

Miss Kazu MiharaMiss Kazu Mihara 2009/09/14 04:38 筒井康隆&小松左京全集を交互に読む日々.【腹立ち半分】【浮かれ半分】の日々不穏.

蟹侍蟹侍 2009/10/05 12:04 少々古い話なので、すでにチェックされていることかとは思いますが、キネマ旬報社から出た「細田守」という本に、「時かけ」から「サマーウォーズ」までの経緯に関する証言がいろいろ載っていますね。

蟹侍蟹侍 2009/10/05 12:04 少々古い話なので、すでにチェックされていることかとは思いますが、キネマ旬報社から出た「細田守」という本に、「時かけ」から「サマーウォーズ」までの経緯に関する証言がいろいろ載っていますね。

flow2005flow2005 2009/10/05 22:36 情報ありがとうございます。プラスマッドハウスのシリーズですね。
最近、関連情報サボリ気味ですみません。近いうちにまとめておき
ます。

デンデラ連デンデラ連 2009/10/28 20:43 今日購入した「TVスター名鑑2010」を読んだところ、筒井康隆さんは、今年も筒井道隆さんと堤真一さんの間に、きっちり掲載されていらっしゃいました。まずは一安心です。ちなみに趣味特技の欄には、漫画、とありました。なるほどですね。

flow2005flow2005 2009/11/02 22:22 情報ありがとうございます。趣味はホリプロのプロフィールに
「クラリネット、漫画、ソシアルダンス、大阪弁」とあります
から、そこからなんでしょうね。

デンデラ連デンデラ連 2009/11/24 08:41 朝刊を読み、日高敏隆さんの訃報を知りました。もっと動物を科学して欲しかったですが残念です。筒井さんが、どこかで追悼文を書いていらっしゃるといいですけど。これから書いてくれますか。合掌

通りすがり通りすがり 2010/01/07 16:19 >「アニメ的リアリズム」<yom yom>14号 2010.2.27発売

「楠瀬君には短篇「アニメ的リアリズム」を渡す。あまりいい出来ではないことをことわり、これがわが最後の短篇となるであろうことを通告する。」
http://shokenro.jp/00000297 (笑犬楼通り 09/11/13)

さみしいですね。

デンデラ連デンデラ連 2010/01/29 08:59 筒井さんもライ麦畑でつかまった、サリンジャーがとうとう亡くなりましたね。沈黙はいよいよ永遠になりました。今度、筒井さんの『漂流』か『100人の日本人』で、サリンジャー作品をとりあげて欲しいです。『笑犬楼大通り』でも触れてくれそうですね。

Ms.Kazuaki.MiharaMs.Kazuaki.Mihara 2010/02/28 11:06 【アホの壁】が【バカの壁】と同じ新潮新書から発売される.地元の図書館でrequested.天下の新潮社がよく出版したものだ.【大いなる助走】が直木賞の勧進元の文芸春秋社から出た事も驚いたが今回も凄い.

デンデラ連デンデラ連 2010/04/11 09:54 今朝のニュースで、井上ひさしさんの訃報を知りました。筒井康隆さんの盟友であり、戦友でもあった方です。僕も大好きで、筒井さん同様に尊敬していました。残念ですが、合掌。

まついとしおまついとしお 2010/08/02 22:08 郵性省が大好きです。

駆三駆三 2010/08/08 17:26 iPhoneだと、「七瀬ふたたび」に続いて、「家族八景」「パプリカ」「富豪刑事」が読めるようになったそうです。iPhone持ってないので、本で読むしかないけど。

蟹侍蟹侍 2010/09/09 10:36 今までに何度かコメントさせて頂いた蟹侍こと山名宏和と申します。
実はflow2005さんに直接お伺いしたいことがありまして、
連絡先を教えてもらうことは可能でしょうか。
ここに書き込むしか連絡の手立てを思いつかず、
このような不躾な書き込みになって申し訳ありません。
けっしておかしなことをお尋ねするわけではないので、
よろしくお願いいたします。
(不適切な書き込みをご判断された場合は、
 削除してください)

flow2005flow2005 2010/09/09 22:27 書き込みありがとうございます。
Fプロジェクトのほうにメール
しておきました。お役に立てる
かどうか不明ですが。
よろしくお願いします。

デンデラ連デンデラ連 2010/10/07 21:59 かつて、筒井さんが恩人、塙嘉彦さんに教わったところのペルーの文学者、バルガスリョサ氏が遂にノーベル文学賞を取りましたね。
おめでたいです。

宮城雅子宮城雅子 2010/12/08 18:33 アホの壁は発売されて直ぐ購入したが読了後,紛失した為,もう一冊購入致しました.暫くして発見した為,新しく購入したアホの壁は地元の図書館に寄付致しました.

デンデラ連デンデラ連 2012/10/13 21:11 今しがた、丸谷才一さんが亡くなったと聞きました。筒井康隆さんも驚きでしょう。合掌

お願いします。お願いします。 2013/01/03 16:11 これ、筒井康隆さんは読まれるのでしょうか。そうでなければ伝えて欲しいのですが・・・。有名な方に、知っておいて頂きたいと思ってるのですが、前回の選挙は、不正選挙でした。http://saisai25.blog.fc2.com/この記事に関係ないですし、唐突だとは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

keijikeiji 2013/03/24 09:21 先生の「時をかける少女」のおかげで俳優中尾さんと仲里依紗が結婚!

エンジュエンジュ 2013/09/28 18:38 管理人様、場違いだったらごめんなさい。わけあって所蔵の虚航船団の限定版豪華本を手放すことにしました。もし管理人様およびお仲間の方の中で、譲り受けたいという方がいらっしゃいましたら、お声がけをいただけないでしょうか?お会いしたことの無い人間のいきなりの申し出で大変申し訳無いし、信用できないと思われて当然ですが、できれば筒井さんをお好きな方、ファンの方にお譲りできればと思っております。よろしくお願い致します。

flow2005flow2005 2013/10/01 22:19 エンジュさん、コメントありがとうございます。せっかくのお申し出ですが、ここは開かれた場所で、書籍の売買は厳しいかと思います。予告されてネットオークションに出品されるか、SF関連が強い古書店にお任せになることをおすすめします(なお先ほど調べたところ「日本の古本屋」に一点出ていました)。

エンジュエンジュ 2013/10/02 23:42 管理人様、わざわざコメントいただきましてありがとうございました。また失礼なコメントを上げてしまい反省しております。たいへん申し訳ありませんでした。お詫びします。

flow2005flow2005 2013/10/03 22:22 いえ、限定版は発行部数が少ないですし(確か65部)、手に入れたいと思ってらっしゃる方も多いでしょうから、申し出は有り難いのですが、こういう場所ですのですみません。今後ともよろしくお願いします。

パプリカBot管理人パプリカBot管理人 2013/11/06 21:40 こちらのブログにはいつもお世話になっております。
私も偽文士日録や新刊情報はチェックしているのですが、雑誌の掲載情報まではとても追いきれません。
不躾な質問で申し訳ないのですが、flow2005さんは筒井康隆さんの最新情報をどのようにチェックなさっているのでしょうか。
よろしければお教えください。

これからもパプリカBotをよろしくお願いします。

flow2005flow2005 2013/11/07 23:00 コメント有り難うございます。
基本は公式サイト+偽文士日碌です。小説/エッセイ/インタビューはそれで凡そはカバーできると思います。
関連記事は見つけられる範囲でと自分に言い聞かしています。現物確認が鉄則なので、検索も利用しますが、なるべく書店を覗くようにしています。
平石さんのまとめられている資料、リストが、原点であり永遠の目標です。

パプリカBot管理人パプリカBot管理人 2013/11/08 15:51 返信ありがとうございます.やはり基本は書店へ行くことですね.
平石さんの本はまだ未読でした.今度探してみたいと思います.

エンジュエンジュ 2013/11/16 00:42 管理人様、以前「虚航船団」特製限定本についてコメントをいただいたエンジュと言います。お言葉に甘えてこの場をお借りしてご報告させて下さい。ヤフオクに出品してみました。興味のある方は是非ご覧下さい。オークションIDは d149070751 です。ありがとうございました。

エンジュエンジュ 2013/11/26 16:49 管理人様、たびたび失礼致します。お陰様で「虚航船団」豪華本、ファンの方の手に無事渡りました。ありがとうございました。こういう目的での投稿は二度と致しません。

panterpanter 2013/12/11 12:52 昨日の毎日新聞の関西夕刊に載ってました。紹介がおもしろい。
http://mainichi.jp/area/news/m20131210ddf041040014000c.html

flow2005flow2005 2013/12/12 00:02 ありがとうございました。確認しました。今度図書館で現物押さえてきます。

prioprio 2015/02/05 14:39 今年は筒井先生にとって記念すべき年ですね
2010年のようなイベントが沢山行われること期待しています

flow2005flow2005 2015/02/14 23:36 『NULL』から55年、『東海道戦争』刊行からは50年ですね。
イベントがいっぱいあるといいのですが。

すーしー守田すーしー守田 2015/03/10 22:04 いつも情報ありがとうございます。
コレクション2の解説にもあって、flow2005さんがtwiiterでも、
>>「(『NULL』掲載「傍観者」は)どこにも再録されていない」とありますが、実は角川文庫『出世の首』に収録されています…。

と書かれていますが、ふたつの作品は同タイトルの別物ではないでしょうか?
あちらに書けばいいのかもしれませんが、twiiterの使い方がいまだによくわからないもんで(笑)

flow2005flow2005 2015/03/13 23:27 コメントありがとうございます。
「傍観者」という作品は二種有り、
「NULL」版 「NULL」3号→「出世の首」→「コレクション1」
「毎日新聞」大阪版 「毎日新聞」大阪版夕刊 1961.5.17→日本筒井党「デマ」2号→「如菩薩団」
です。

減二減二 2015/04/05 07:40 最初は、原田知世さんのご出演だったと!!
歌声はなつかしいですな。

講談社が出版したいと動いた講談社が出版したいと動いた 2015/05/17 01:23 滅多にお目に掛からないことが連続して起きた。私が講談社に自分の物を出版したいと話た経緯はない。勝手に活動し出して、大変な目に遭った。編集者が離婚したり同棲したりを短時間でやるわ三角関係になるわ。そしてベテランが精神病院に入院してしまった。ベテランはどうも会社に借金をしていたらしいんだ。一年半年の間に脳血栓の手術を1回ガン治療を3回していて、ガンの治療はアメリカでした。その後女性経営者に付きまとわれて、猥褻行為に晒されている。大先生は講談社から本を出して、体を触られませんでしたか。

ファンの一人ファンの一人 2015/08/05 17:12 モナドの領域発売の際に、サイン会などを行う予定はあるでしょうか?
教えていただけたら嬉しいです!

びわのすけびわのすけ 2015/10/16 11:43 紀伊国屋書店出版部のPR誌「scripta」2015年秋号に、下記が掲載されておりました。なかなか興味深い考察でした。

中年の本棚 11――『家族八景』と『中年の未来学』(荻原魚雷)
https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20151006121400.html

flow2005flow2005 2015/10/18 01:25 情報ありがとうございます。今度紀伊国屋書店へ行った際に探してみます。
今後ともよろしくお願いします。

ライオンライオン 2015/12/21 23:18 本日の毎日新聞夕刊にモナドの書評がちょこっと出てました。

ライオンライオン 2015/12/21 23:18 本日の毎日新聞夕刊にモナドの書評がちょこっと出てました。

flow2005flow2005 2015/12/21 23:33 ありがとうございます。メモしておきます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証