*七色黒色壁間日記

2016-03-11 心はまるで灰のようで(ポジティブな意味で

5年前の記録。 5年前の記録。を含むブックマーク

どこかでちゃんと書き留めておかなければ、と思い続けていたら5年が経った。久しぶりにこの日記見直してもやはり直接は書いていなかったので、忘れてしまう前に出力してしまおうと思う。とは言え大きな被害を受けたわけでもない、せいぜいが一帰宅困難者記憶

5年前も金曜日で、私は建築・建材展に行くため有休を取っていた。仕事的には関係あるものの業務で行くほどでもなかったので、じゃあ個人的に遊びに行ってみるかという程度のものであった。

東京駅についてから日本橋タカシマヤに寄り、シニフィアンシニフィエで昼食用パンを購入(この辺は当時日記に書いてたのね。)そしてシャトルバスか何かで東京ビッグサイトへ。正直展示に関してはそこまで記憶しておらず、まぁ十分に楽しんでその場でパンも食し、いい加減戻って呑んで帰るかなーと考えてバス乗り場で待っていた。

そして私は見た。

ビッグサイト三角形が揺れるのを。

流石にあれが落ちてくるとは思わなかったけれど、かなり衝撃的な大きさの揺れであったかと記憶している。バスも来れるのか分からない、というような話もちらりとあった気がしたが結局到着し、東京駅へ戻ることになった。車内ではひたすらケータイ情報収集テレコムセンターの辺りからの煙、という奴も車内から確認できた。

東京駅に着いたものの、総武線は当然止まっていた。しかしその時点では正直事態の大きさが分かっておらず、何時間かすれば復旧するだろうと考えて駅内で吞んで待つことにした。東京駅クラフトビールが呑めると言えばbarBAR東京である(ここのフィッシュアンドチップスは割とお気に入り。)何を吞んだかの記憶は定かでなく、また写真もない。この日私はケータイの充電器を持ってきておらず、いい加減バッテリー不安だと思い始めたころであった。そこで緊急的に使い始めたのがkindleである。まだ日本正規販売されていないころのモデルで、3G無料かつ見られるサイト制限がないという非常にありがたい仕様であった(タブ機能がないとかそもそも電子ペーパーではレスポンスが遅いとかで、常用には向いてないんだけども。)

ネットを見ているうちにどうもすぐには帰れそうにないと思ったか、遅くまでやってそうな店に行くことにした。なんとも能天気東京駅付近では、当時はバッカスに何度か行ったことがあったので、そっちへ移動。途中見かけたカラオケ店は早々に埋まっていた感じ。バッカスにはテレビがあり、津波映像はそこで見た。あと職場からの電話もここでようやく入った気がする。最早ディテール記憶はなく、店長に閉店だと起こされたのが午前1時過ぎだったか。本来は0時までのはずで、ありがたくも申し訳ない気分であった。行く当てもなく八重洲地下街へ下りればそこにも多くの人がいて、ここで一晩を過ごす感じであった。変な所で寝るのは慣れていたので、私も同じように丸まって過ごした。

この後六厘舎で初めての朝ラーを食し、復活した総武線で何とか帰ったあたりまでが私の2011/3/11.個人的に大変だったのはそこから先で、当日は実にマイペースな感じだったなぁと書き記して改めて思う。

ロゴ