Hatena::ブログ(Diary)

たまに乗るバイク乗りの日常ブログ (現在の愛車はXJR400)

2017-11-07

タフネス中華スマホ購入。 「DOOGEE S60」

バイクで使うことを考えると、どうしても防水仕様スマホが前提となりますが、なかなか日本で売っているもので欲しいものが見つかりません。

iPhonexperiaの新しいのは高いですし(汗)


以前からTORQUEシリーズなどのタフネススマホが欲しかったのですが、simフリーのが売られてないんですよね。



YOUTUBEの動画を見てて、久々にコレほしい、と思った端末があったのですが、中国の「DOOGEE」というよくわからないメーカーの端末でした。



「DOOGEE S60」

f:id:flyman-hm:20171107115037j:image


f:id:flyman-hm:20171107115032j:image

TORQUEに似た防水・防塵・耐衝撃のタフネススマホですね。


amazonでも買えるけど高いので、「GearBest」という中国のショッピングサイトで購入しました。


3諭吉ちょっとの値段で、送料無料で注文。届くまでに3週間くらいかかったけど(笑)

支払いは、PayPal経由でクレジットカードを使いました。


会員登録やら注文の入力などに英語で入力しないといけなかったので、なかなか苦労しました・・・

英語苦手(汗)



では、さっそく使ってみたいと思います。










とりあえず充電。

f:id:flyman-hm:20171107121758j:image


f:id:flyman-hm:20171107121840j:image

本体下面に端子がありますね。

ここのゴムカバーがかなりきつめで外すのに苦労します・・・

ちなみに、最近の端末にはUSB-C端子が多いですけど、これはmicro-USB端子でした。



「DOOGEE S60」の主なスペック

OS Android 7.0

・IP68 防水 防塵 耐衝撃

ディスプレイサイズ 5.2インチ 1920x1080

・Helio P25 オクタコア 2.5GHz

・内蔵ストレージ:64GB

・RAM:6GB

・フロントカメラ 8.0MP、F2.2

・バックカメラ 21.0MP、F2.0

指紋認証機能

ワイヤレス充電対応

ネットワークタイプGSM / WCDMA / LTE

・対応バンド ・2G GSM:B2 / 3/5/8  ・3G WCDMA:B1 / 2/5/8  ・4G:B1 / 2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

・デュアルSIMカード、デュアルスタンバイ

SIMカードタイプ:マイクロSIM

・電池容量:5580mAh

・製品重量約337g





なかなかの高スペックで、機能もてんこ盛り!

そのぶんサイズが大きく、そして重いです(笑)













保護フィルムが貼付け済み。

f:id:flyman-hm:20171107125158j:image

貼ってくれているのはいいけど、少しだけ気泡が入ってたりしますね・・・

位置はぴったりでした。


もう1枚新品の保護フィルムが同梱されているので、気になる人はそっちで貼り替えてもいいと思います。














右側面のボタン類

f:id:flyman-hm:20171107125510j:image

「PTT」は、プッシュトゥトークボタン

よくわからないけど、トランシーバー的な使い方をするのに使うボタンらしいです。


あとは、電源ボタンと、カメラのボタン。

カメラアプリで写真を撮る時、カメラマークのボタンでシャッターが切れますね。

ただ、押し続けると連写されて、一気に40枚も撮れてしまい、削除するのがめんどくさかったです(笑)














左側面のボタン類

f:id:flyman-hm:20171107130018j:image

音量調整用の+−ボタンがありますね。

このボタンも、カメラアプリ使用時にシャッターの役割をするみたいで、押し間違えて誤爆してしまうことが多いです・・・



「SOS」というボタンがあるのが珍しいですよね。

このボタンを5秒くらい長押しすると、あらかじめ登録しておいたアドレスに、登録しておいたメッセージと位置情報が送信されるようです。

電波の届かない場所でも機能するのかどうかは不明です(笑)














上の側面にはイヤホン端子。

f:id:flyman-hm:20171107130752j:image

ここのカバーも硬めですね。

私はあまり使わないので問題ないです。
















無骨なデザイン。

f:id:flyman-hm:20171107131009j:image


f:id:flyman-hm:20171107131006j:image

見た目どおりのタフネススマホ

こういうのが欲しかったんですよ〜

まさか、中国のメーカーからこういうのが出てくるとは思わなかったです。

しかも値段も手頃だし。















背面カバーの取り外し。

f:id:flyman-hm:20171107131533j:image


f:id:flyman-hm:20171107131529j:image

付属のドライバーで2本のネジを外すと、カバーが取れました。

ここに、microSIMカードが2枚と、microSDカード1枚を取り付けできます。

アダプターを使えばnanoSIMでも使えそうですね。



日本の技適を通ってないので、SIMを入れての通信はできません。

なので、余っていたmicroSDカードを入れてみました。

固定金具を上にスライドさせるとロックが外れるので、カードをセットして金具で押さえて金具で固定。

最初どうやって取り付けするのかさっぱりわかりませんでしたよ(笑)















本体を起動。

f:id:flyman-hm:20171107132416j:image


f:id:flyman-hm:20171107132411j:image

初期設定で、日本語を選択できました。

一部のメニューは英語のままでしたが、かなりの部分は日本語化されました。

その後、普段使っているアプリを復元。

問題なく使えるようになりました。


自分の指紋を登録して、指紋認証を使えるようにもしてみました。

精度はそこそこ、でしょうかね??

指紋認証を初めて使うので良いのか悪いのか判断しにくいですけど、使ってみるとなかなか便利な機能だと思いました。

iPhone X では指紋認証が無い代わりに顔認証が搭載されているそうですね。

世の中、どんどん便利になっていきますね〜














あとは、耐久性が気になります・・・

f:id:flyman-hm:20171107132351j:image

中国製スマホもなかなか侮れないレベルになっているんじゃないでしょうか。

あっちには聞いたことのないメーカーがまだたくさんあり、いろんなスマホが発売されています。

Xiaomi、Huawei、UMIDIGI、Ulefone、などなど。

かなり競争が熾烈なんじゃないかな?

だからこそ、安くて良いものが作られてくるのだとも考えられますね。


今回私が購入した「DOOGEE S60」も、技適を通して普通に日本で売れば、それなりに売れるんじゃないかと思うんですけどね〜



この端末はワイヤレス充電」に対応しているので、Qi(チー)充電器を購入してみて、置くだけ充電を試してみようかと思います。

さっそくポチっておこう(笑)