Hatena::ブログ(Diary)

たまに乗るバイク乗りの日常ブログ (現在の愛車はXJR400)

2018-06-10

XJR400Rの、リアブレーキキャリパーをOH。

XJR400R、どうもリアブレーキの調子がイマイチ。

というのも、低速時にリアブレーキをかけると、キーキー音がうるさいんです。


これは思い切ってオーバーホールするしかないか…

f:id:flyman-hm:20180609171927j:image

これまでに、キャリパー清掃、パッドグリス塗布、パッド交換、ガタガタになってたディスクローターの交換、などをやってきましたが、原因は他にあるのかもしれませんね。


今回は、ピストンピストンシールを新品に交換してみようと思います。















純正部品「ピストンアセンブリ

f:id:flyman-hm:20180609170623j:image

f:id:flyman-hm:20180609171109j:image

ピストン2個と、ピストンシールのセット。

ピンク色のは、ラバーグリス。

地味に高いですね…(5千円超え)













今回、新たに購入したもの。

f:id:flyman-hm:20180609171219j:image

左から、「クラッシュワッシャー」、「ブレーキプロテクター」、「ブレーキフルード」、「ピックアップツール


クラッシュワッシャーは、キャリパーとブレーキホース接続部分にあるバンジョーボルトに使うワッシャー。

ブレーキプロテクターは、バッドグリスですね。

ブレーキフルードは、最後にエア抜きする時に必要。

ピックアップツールは、古いピストンシールを取り出すために使います。


しかし、ブレーキプロテクター、高いよ(汗)












これは、yoshi-wataさんが貸してくれたツール

f:id:flyman-hm:20180609171326j:image

ピストンシールを外したあとの溝を、きれいに清掃するのに役立つそうです。

サンクス!!


あと必要なものとしては、ピストンプライヤーくらいですかね〜

これは、すでに持ってます。




ということで、作業開始です。












キャリパーを外して、分解清掃。

f:id:flyman-hm:20180609172608j:image


f:id:flyman-hm:20180609174336j:image

バンジョーボルトを外したので、作業がやりやすいです。

中性洗剤で洗ったり、パーツクリーナーで洗浄したりしました。

パッドグリスが、しつこくてなかなか落ちないですね。











外したピストン

f:id:flyman-hm:20180609175215j:image

全然きれいだった(笑)

新品に交換する必要ないじゃん…


ということは、キーキー音の原因はピストンじゃないですね。

なんか嫌な予感しかしないなあ。

今回買ってない、「あのパーツ」が原因なのかもしれないね〜













パッドピン…

f:id:flyman-hm:20180609175838j:image

今回買ってないのは、この「パッドピン」です。

一応、ペーパーがけしてみましたが、少し段付きが出来てるんですよね〜

ブレーキ時のキーキー音の原因は、もしかしたらここなのかもしれない…


今回の作業で改善されない場合は、パッドピンも交換してみるしかないですね。













シールを取り出して、溝清掃。

f:id:flyman-hm:20180609180205j:image


f:id:flyman-hm:20180609180226j:image


f:id:flyman-hm:20180609180751j:image

ピストンのシール、ピッタリときっちりハマっているので、取り出すのにピックアップツールがすごく役立ちました。

とりあえず買っておいてよかったですね。


そして、溝にはグリスの塊のようなものがこびりついていたので、yoshi-wataさんが貸してくれたツールで清掃しました。

なんて言う名前の工具なのかわかりませんが、これも役立ちました。
















ピストンシール、取り付け。

f:id:flyman-hm:20180609180854j:image


f:id:flyman-hm:20180609181302j:image

付属のラバーグリスを塗ってから、キャリパーの溝にはめ込みました。


はめるさい、シールがねじれそうになるので、そこだけ注意。














キャリパーを組み立て。

f:id:flyman-hm:20180609181439j:image


f:id:flyman-hm:20180609181823j:image


f:id:flyman-hm:20180609182342j:image

新品ピストンを取り付けて、パッドの裏にはブレーキプロテクターを塗ってから組んでいきました。


パッドピンには、アンチシーズを塗って取り付けしましたが、やっぱりこれも交換したいですね。

あとで部品注文しとこ!













キャリパーを車体に固定。

f:id:flyman-hm:20180609183024j:image


f:id:flyman-hm:20180609183323j:image

ホースとの接続部分のバンジョーボルトには、新しいクラッシュワッシャーを入れておきました。

たぶん、ボルトを締め込んだ際にワッシャーがつぶれることで、隙間を埋めてくれるのだと思います。


あとは、フルードを入れつつ、エア抜き作業ですね。















エア抜きは、大変。

f:id:flyman-hm:20180609184750j:image


f:id:flyman-hm:20180609184810j:image

リザーブタンク内のフルードが底をついて空気を吸い込まないように注意しながら、フルードをブレーキシステム内に満たしていきます。


エアを抜くためのブリードスクリューボルトが2箇所あるのですが、奥側を先にエア抜きしたほうがいいとyoshi-wataさんに言われたので、そのとおりに作業しました。

ただ、奥側は工具がタイヤに干渉してしまうので、作業しにくかったですね。

ショートタイプの工具があればやりやすいのかな?

買っとくかな(笑)




エア抜きも無事に終わり、キャリパーOH完了。










夕方、テスト走行へ。

f:id:flyman-hm:20180609192514j:image

今回のメンテで、かなりキーキー音は改善されたようですが、それでもまだ少しキーキー鳴りますね。

やはり、パッドピンも新調したほうがいいのかもしれません。

近いうちに交換しようと思います。

それでダメなら、あきらめます(笑)



しかし、夕焼け空とXJR、絵になるなあ〜












スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/flyman-hm/20180610/1528601226