Hatena::ブログ(Diary)

たまに乗るバイク乗りの日常ブログ (現在の愛車はXJR400)

2016-11-17

JUNさんのゼファー用の新タンクを取り付け!

タンクの塗装が終わったことを聞いたJUNさんが、さっそく取り付けにやってきました。

f:id:flyman-hm:20161117221113j:image

すごくうれしそうなJUNさん(笑)

私もこのあと同じポーズをやらされました・・・

ピカピカのタンクにすごくご満悦でしたね〜







タンクキャップなどの付属品が取り付けられていました。

f:id:flyman-hm:20161117221438j:image

ヒューエルコックもすでにyoshi-wataさんによって取り付けられてましたね。

しかし、タンクに鍵が付いてないので、開閉が誰でも簡単に出来てしまいます。

ガソリンを抜き取られる可能性がありますね〜

まあ、今時そんなことする輩はあんまりいないとは思いますが。











古いタンクを取り外し、中のガソリンを抜き取り中。

f:id:flyman-hm:20161117221834j:image

これで、負圧不調のこのタンクは用済みになるみたい。

今までお疲れ様でした!w










ヒューエルゲージセンサーを加工して取り付け。

f:id:flyman-hm:20161117222135j:image


f:id:flyman-hm:20161117222136j:image

タンクの形が異なるので、それに合わせてセンサーを曲げないといけないみたいです。

これをきちんとしていないと、ガソリン残量メーターが正常に動かないのですね。











そして、新タンクをゼファーに取り付けし、ガソリン投入。

f:id:flyman-hm:20161117222412j:image

ただ、やはり社外品、車体への固定はすんなりとはいきませんでした。

かなり力を入れて押し込んで、なんとか固定位置にもっていけました。

また、ボルト穴も微妙にズレていて、ボルトを回すのにも苦労してましたね・・・

さらには、サイドカバーの差し込み穴の位置も合っていなくて、ステーを曲げたりしていました。

今後のメンテナンス時のタンク脱着が思いやられますな〜w












タンクの取り付け完了!

f:id:flyman-hm:20161117222900j:image


f:id:flyman-hm:20161117223131j:image

無事にエンジンが掛かり、ガソリンメーターも動きました。

よかった、よかった。


このあと、作業代代わりに晩ごはんをおごっていただきました。

大したことしてないのに、ありがとうございました!


そして、ウキウキで奥さんとタンデムして帰っていきました。

私のような素人が塗装して磨いたタンクですが、とても喜んでくれたのでひと安心です。

どうぞこれからもゼファーを大事に乗ってあげてくださいね!

しばらくはタンクを凹まさないでほしいところです(笑)

また暖かくなったらツーリング行きましょうね!










2016-11-15

JUNさんのゼファー用のタンクを、塗装し磨き倒しました!

この前、yoshi-wataさんと一緒に塗装したJUNさんのゼファー用の新しいタンク。

f:id:flyman-hm:20161113162823j:image

ウレタンクリアーで仕上げていましたが、ほぼ固まったみたいなので研磨作業へ移ります。




ってことで、yoshi-wataガレージからお持ち帰りしてきました。

f:id:flyman-hm:20161115224654j:image

ついでに研磨用の道具類も借りてきました。

うまくいくといいけど・・・








最初に、サンドペーパーで水研ぎしようと思うので、お風呂場に持っていきました。


さて、じゃあ磨きますかね!

f:id:flyman-hm:20161115224837j:image

1000番と1200番のペーパーで磨いてみました。

ここで垂れたところや、付着したゴミなどをキレイにしておきました。









ペーパーがけが終わりました。

f:id:flyman-hm:20161115225150j:image

あんなにツヤがあったのに、こんなにくすんだ色になってしまいました(笑)

ちょっと心配になってしまうかもしれませんが、これからコンパウンドで磨けば大丈夫ですよ。











キズ消し用のコンパウンド

f:id:flyman-hm:20161115225434j:image

「3Mダイナマイトカット」http://amzn.to/2eBtZP5


これを布に付けて全体を磨きました。

f:id:flyman-hm:20161115225727j:image

1200番程度のペーパーがけによるキズが消せれるようです。

ちょっとツヤが出てきましたね。











お次は、これ!

f:id:flyman-hm:20161115225941j:image

「3M コンパウンド 目消し肌調整 ハード・1-L 750ml 5982」http://amzn.to/2gccOom

それと、電動ポリッシャー

一回使ってみたかったんですよね、これ。




さっそく、ポリッシャーで磨いてみますが・・・

f:id:flyman-hm:20161115230430j:image

磨くはずが、なぜか傷だらけになっちゃった><

使い方が悪かったのかもしれませんね。


やっぱり手で磨くことにしました(笑)


傷が入っちゃったので、もう一度キズ消し用のコンパウンドをやりなおしましたよ・・・

その後、手で磨いていきました。


ひたすら、磨いて、磨いて、磨いて・・・







かなりきれいになりました!

f:id:flyman-hm:20161115230931j:image

もうこれで完成でいいんじゃないかってくらいキレイになりましたね。

もう手がしんどいっす(汗)











でも、もう一個仕上げ用のコンパウンドが残ってるんですよね〜

f:id:flyman-hm:20161115231341j:image

「3Mコンパウンド 仕上げ用 ハード・2-L 750ml 5985」 http://amzn.to/2fcGsF0

ふ〜、もうひと踏ん張り!











やっと終わった〜!

f:id:flyman-hm:20161115231625j:image


f:id:flyman-hm:20161115231953j:image


f:id:flyman-hm:20161115231954j:image


f:id:flyman-hm:20161115231955j:image

2ダボのときも同じことやりましたけど、やっぱり磨き作業はしんどいですね〜

しかし、いい感じにツヤが復活しました。

映り込みがすごいです・・・








しかし・・・

f:id:flyman-hm:20161115232503j:image

垂れたところをペーパーがけをやりすぎてしまって(汗)

ちょっとだけ下地がでてしまいました。

こういうのがあるから怖いんですよね〜




こっそり修正しました!

f:id:flyman-hm:20161115232749j:image


f:id:flyman-hm:20161115232750j:image

プラモ用の塗料と筆でタッチアップしておきました。

全然わからなくなったでしょう?

JUNさんには内緒です(笑)










レクサスでコーティング http://amzn.to/2fVy4LN

f:id:flyman-hm:20161115233103j:image

このあとは、タンクキャップやヒューエルコックなどの付属品を取り付けないといけません。

気休め程度ですけど、傷防止にプレクサスしておきましたよ。

ということで、残りの作業はyoshi-wataさんにお任せですね。



JUNさん、こんなもんでよろしいでしょうか?

(というか、これで勘弁してほしいです)










2016-11-13

XJR400Rの車検と、ゼファーのタンクの塗装。

今月はXJR400Rが車検切れの月。


ということなので、yoshi-wataさんに車検をお願いしました。

f:id:flyman-hm:20161113155524j:image

2年に1回とはいえ、お財布に厳しい・・・w

でも、せっかくいろいろメンテナンスして、最近ようやく乗りやすくなったところなので、もうしばらくは乗り続けないとね!







軽トラに積み込むyoshi-wata氏

f:id:flyman-hm:20161113155806j:image

慣れた手つきで、サクッとバイクを荷台に固定しておりました。

私だったら、バイクの重さに負けて途中で落としてしまいそうですね。




その後、夕方には車検を終えて戻ってきました。

ヘッドライトの光軸調整に引っかかったくらいで、あとはすんなりいけたそうです。

これで、あと2年は走れますな。









翌日・・・


「今ヒマ?」と、yoshi-wataさんにメールで呼び出されて、行ってみることに。



なんだ?このタンクは!?

f:id:flyman-hm:20161113160251j:image

という冗談はさておき、これはJUNさんが半年くらい前に注文していた新品のタンクだそうです。

ドレミというメーカーのZII用のタンクなんだとか。


今年九州にツーリングに行ったときに、JUNさんのゼファーが故障して大変だったのですが、その原因がどうもタンクにあるらしく、ツーリング帰宅直後に新品タンクを注文していたそうです。

それがようやく届いたみたいですねw


メーカーの方でサフまで処理してくれているので、残りの塗装作業を私とyoshi-wataさんとで進めることにしました。







シリコーンリムーバーと黒の塗料。

f:id:flyman-hm:20161113161252j:image

http://amzn.to/2fODOHg

「シリコーンリムーバー」は脱脂するためのものですね。

しかし、買い置きしていた使いかけの物が壊れて使えなかったので、yoshi-wataさんが急きょホームセンターに買い出しに行きましたw


ちなみに、タンクの色はJUNさんの希望で黒のソリッドカラーで塗る予定です。

塗り分けもしないし、ステッカーやエンブレムも貼らないそうです。

シンプルな色が好きみたいですね。









塗装開始!!

f:id:flyman-hm:20161113161723j:image

脱脂して、まずは色塗り。

裏側から塗っていきました。

まあ、裏は取り付けたら見えないし、適当に塗っても大丈夫でしょうw










ひっくり返して、さらに塗装。

f:id:flyman-hm:20161113162017j:image


f:id:flyman-hm:20161113162018j:image

一度に仕上げるのではなく、薄く全体を数回塗り重ねるような感じで塗っていきました。

このあとウレタンクリアを塗るので、ここで無理に艶を出さなくても大丈夫です。







でも、垂れた!(笑)

f:id:flyman-hm:20161113162437j:image

これくらいの垂れなら、このあとのウレタンクリアを厚めに塗れば、最後の研磨作業でなんとかなるはずです・・・よね??










仕上げ用のウレタンクリアー

f:id:flyman-hm:20161113162656j:image

http://amzn.to/2g25efP

これを2本使ってクリアー層を厚めにしますよ。










ウレタンクリアー塗装も完了です!

f:id:flyman-hm:20161113162823j:image


f:id:flyman-hm:20161113162824j:image

ものすごく、ツヤツヤ(笑)

ただ、塗るペースがちょっと早かったためか、あちこち垂れちゃいましたね〜

磨けばなんとかなるでしょう。


ウレタンクリアーのガスは毒性が強いので、マスクして作業しました。

近くにいたお客さんたちは遠くに移動して観察していましたねw











f:id:flyman-hm:20161113163328j:image



久しぶりにバイクのパーツを塗装しましたけど、やはり大変ですね。

今回は、色塗りからクリアー塗装まで一気に進めましたが、こういうやり方は初めてでしたので、うまくいくのかちょっと心配でした。



塗り分けしたり、ステッカーを貼ったりする場合は、色塗りしたあとにしっかり乾燥させてからマスキングして違う色を塗ったり、ステッカーを貼ったりしますので、作業時間がかかってかなり面倒になります。

そういうのがない分、今回の塗装はかなり簡単で楽でしたね。



あとは数日乾燥させてから、サンドペーパーやコンパウンドで磨くだけです。

JUNさん、もうしばらくお待ちくださいね!









2011-03-31

新しいタンクと交換する!

さび取り後、十分に乾燥しました。なので、ついに新しいタンクと交換します。

最初に、旧タンクからガソリンを携行缶へと移しました。重いのでw

そして、前後2か所のボルトを外し、タンクを少し浮かせる・・・

ん?持ち上がらない。

あ〜、コックについてる切り替えツマミ(プラスチック製)も外さないとだめでしたね〜^^;

外すと、上に少し持ち上げて、右方向にちょっとだけ回転させて固定。その状態でなんとかして、コックから2本のゴムホースをペンチとかで外します。

あ!その前にコックをOFFにしておきましょう。でないと、きっと大変なことに・・・

そんなこんなで、ようやくタンクの取り外しに成功!

f:id:flyman-hm:20110331101651j:image:left

f:id:flyman-hm:20110331101703j:image:left









旧タンクから、キャップと、コックを取り外して、新しいタンクに取り付けます。

キャップは3か所のネジを外すと、取り外せます。残りのネジはダミーですww

f:id:flyman-hm:20110331104427j:image:left

キャップのほうは、とくに何の問題もなく移設できました。

しかし、コックのほうは、かなり大きなナットで固定してあり、手持ちの工具では外せなかった><

ということで、急きょ友達を呼んで、大きめのモンキーを持ってきてもらい、外していただきましたwwwいや〜サンクスです!!












あとは、元通りにすれば、OK。

無事にタンクの乗せ換えができました〜〜

f:id:flyman-hm:20110331110809j:image:left
















f:id:flyman-hm:20110331122512j:image

f:id:flyman-hm:20110331144928j:image

f:id:flyman-hm:20110331144942j:image






前のタンク、買ってから今まで一回もさび取りなんてしてませんでした。

やはりというか、タンクの中はかなり錆びてますね・・・

タンクを振ると、ガシャガシャ、音が鳴ります><

ということで、今回使用した花咲Gを再利用して、錆び取りしてみることにします。

f:id:flyman-hm:20110331150144j:image:left

f:id:flyman-hm:20110331150132j:image:left

う〜ん、かなり錆びがひどいので、1週間くらい漬け置きしてみたいと思います。

きれいになるといいんですけど^^;

2011-03-29

タンクさび取り、続き・・・

花咲かGを入れてから、二日間ほど経ちました。

もうそろそろいいだろうと思いますので、作業を進めることにしました。

まずは、処理液の拭き取りですね。

f:id:flyman-hm:20110328141021j:image:left

現在使用中のタンクにも使用するつもりなので、捨てずにポリタンクに移します。

地味に時間がかかりましたねえ^^;



















処理液を抜き取ったら、水でよくすすぎます。

すすいだ水をよく切り、再び底に栓をして、あらかじめ取って置いたリンス用の液(1ℓ)を入れて、タンク内をまんべんなく濡らします。

f:id:flyman-hm:20110328143222j:image

タンクをよ〜くシェイクします。自分が納得いくまでやればいいかとww




リンスが終わったら、液を抜き出し、今回は水で洗わずにそのまま乾燥させます。

f:id:flyman-hm:20110328145157j:image:left

しかし、なかなか乾かないです・・・

ドライヤーを使ったり、はしでティッシュをつまんでタンク内の残った液を吸い取ったりしましたが^^;

完全に乾くまで、時間がかかりそうですね〜

こうすることで、タンク内がコーティングされるらしいです。














現在いまだ乾燥中です。

乾いたら、タンク交換に移る予定です^^