Hatena::ブログ(Diary)

キリンが逆立ちしたピアス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-12-29

[]フィギュアスケーターから研究者への転身

昨晩、フィギュアスケート町田樹選手が引退を発表した。町田さんは、男子シングルの選手で、去年のソチ五輪では5位入賞を果たした。世界選手権では2位を獲得、今年も、国際大会であるグランプリシリーズ「スケート・アメリカ」で優勝した。日本選手権では4位。世界選手権への派遣が決まったところで、活躍が期待されていた。その発表の場で、突然の引退と世界選手権辞退のスピーチが行われたのである。

町田樹「引退のご挨拶」

http://www.kansai-u.ac.jp/sports/message/machida/2014/12/post_26.html

上記にもあるように、町田さんは研究者を志して早稲田大学大学院修士課程2年に進学することとなった。秋の受験ですでに合格が確定していた*1。在籍していた関西大学から、研究機関を移しているのは、はっきりと「マネジメントについて研究したい」という意思があるので、環境を整えるためにだろう。そのために、国際試合で戦績を残しながら、受験・進学の準備をしていたことになる。大変な努力だったはずだ。

関係者もほとんど知らなかったようで、その場で隣にいた小塚崇彦選手もマイクを渡されて「びっくりした」とコメントしている。そして、日本のスケート選手を束ねる「日本スケート連盟」も知らなかったとのこと。小林強化部長がコメントを出している。

「小林強化部長、町田の電撃引退に『気持ちよく送りたい』」(スポーツナビ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000100-spnavi-spo

小林さんによれば、町田さんは試合にも文献を持ち込んで、研究に励んでいたらしい。実は町田さんはグランプリシリーズ・ファイナルという重要な国際試合で、卒論に集中したいことを理由に辞退を表明していた。その際は、ケガなどの身体的な理由以外では辞退が認められず、調整が間に合わない中で出場していた。いま思えば、研究者を志している町田さんは、どうしても良い卒論を仕上げたかったのかもしれない。

大学進学するスケート選手は多いが、学業との両立は簡単なことではない。フィギュアスケート選手は、冬場は各国の試合で戦い、シーズンが終わるとアイスショーで公演してまわる。また、毎年変わるルールや採点基準に合わせてプログラムを組み、技術に磨きをかける。多くの選手は学位をとるまで、大変な苦労をすることになる。引退後や休養中に集中して大学に通う選手も多い。

しかし、町田さんの場合は、まったく意味が違う。研究者を志すために、現役を引退してしまった。フィギュアスケートでは異例のことでファンもぼうぜんとなってしまった。まだまだ、活躍が期待されていた。私自身、昨晩は「なぜ、このタイミングで?」とショックを受けてしまった。だが、一晩たって考えてみると、町田さんのとったコースは、ある意味では「当事者的」であり「実務から研究へ」という進路変更であったのかもしれないと思った。以下は私の憶測である。

フィギュアスケートは、日本でもすっかり人気スポーツとなっているが、選手の置かれている環境は厳しくなる一方である。スケートリンクの維持は金銭的に難しく、次々と閉鎖されていっている。また、通年営業しているリンクが少なく、冬場しか練習できない選手もいる。華やかに持ち上げられるが、実際には練習場所の確保に苦労する選手が多い。

また、人気があがるにつれ、テレビでの出演依頼がされたり、アイスショーが開催されたりすることも増えた。特に人気選手は露出が増え、マスコミ取材も多い。日本スケート連盟がこうしたショービジネスと選手の仲介になっているはずだが、その負担は大きくなってきている。

さらに、スケート連盟は、2006年に大規模な不正事件を起こしている。国際試合への派遣の選考や選手のマネジメントについては、内外からの不満も大きく、フィギュアスケートのファンから批判も多い。このように、現役選手の練習環境、ショービジネスとの連携、日本スケート連盟の組織運営のトラブル、そして町田さんもあげているセカンドキャリアの問題など、実は問題は山積している。

中にいる選手であれば、自分自身がこうした困難に直面し、「なんとかしなければならない」と思うのではないだろうか。特に町田さんは、戦績がふるわず苦しい時期も長かったためそうした選手の厳しさもよく知っているだろう。他方、トップレベルの選手の受けるプレッシャーも経験している。また、先輩選手の引退後の困難も「当事者の目で」よく見ていたはずだ。当事者としてその分野の問題点に気付いた人が、「誰もやらないなら、自分がやる」と研究者に転身することはよくある。町田さんも、そういう進路変更であったのかもしれないと、私は思った。

研究者であれば、状況のデータを集め、比較検討して問題解決方法を考案することができる。また、実験的なショーやスケート教室などを行い、評価することで効果が実証できる。その結果を現場にフィードバックすることもできるし、実証を基に政策提言を行うこともできる。以前から町田さんは「政治家」への関心を語っていたが、研究者になって行政機関に働きかける方法もある。今の町田さんの研究課題は、選手のセカンドキャリア問題に絞られているが、将来的には研究者の立場から、フィギュアスケート選手の置かれた環境を変えていけるかもしれない。町田さんの選択は、「仲間や後輩の置かれた環境をより良くする」という決意とも取れる。他方、研究者は「誰かのため」ではなく「自分のため」に研究を行う。そうでなければ続かない。国際試合でまで本を広げる町田さんは、研究にのめりこんで楽しいと思うから、進学することにしたのだろう*2

以上は、私の憶測である。本当はまったく関係なく、町田さんは研究者を志したのかもしれない。こういう誰かの内面を詮索するのはナンセンスな気もするが、思うところがあったので書いた。なんにせよ、町田さんの研究者としての活躍を期待しています。ぜひ、論文読みたいです。

*1大学院修士課程は年に2回の入試があるところが多い。9月ごろと、2月ごろの二回。

*2:これは私の話でもある。私はよく「××のために研究しているんでしょう?」とよく聞かれるが、頷いたことはない。私は自分のために研究している。それが還元できることはもちろん嬉しいことだが、誰かのためにやれることではないとも思っている。自分のために、自分の欲に忠実に、研究をしています

2014-08-29

[]「市営保育所の今後のあり方に関する基本方針」(改定版)案に関する意見募集」

 京都市が以下のように市営保育所の今後のあり方についてのパブリックコメント9月25日まで募集してます。

「市営保育所の今後のあり方に関する基本方針」(改定版)案に関する意見募集

http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/hokenfukushi/0000171816.html

 このパブコメ募集の裏側になるのは、市営保育所の民間移管です。すでに、乳児保育所は民間移管され、現場は厳しい状況になったことを詳しい人からは聞いています。

 現在の京都市の市営保育所では経験豊富な保育士の手厚いケアが子どもたちに行われています。それを、「より安い」という理由で廃止して民間に移すというのです。子どものケアにお金をかけて、手厚くすることは「贅沢」なのでしょうか?コストカットされるべきものなのでしょうか?

 実際に保育所子どもを通わせる知人からは以下の四点が問題であることを教えてもらいました。(文責は私にあります)特に私は四点目は非常に問題だと思います。

(1)京都市が「若い保育士を安く使おう」という発想で民間移管をしていること

 なぜ民間の方が安いかというと、働く保育士の勤続年数が短く、若いために給与が低いからです。つまり、若い保育士を使い潰してコストカットをするというのです。これは、子どものケアへの影響もありますが、若年労働者雇用の問題にもつながります。

(2)統合されている教育を分離する動きであること

 小学校・中学校では障害のある子どもたちに対して、長く分離教育が行われてきました。障害があることは「特別」で「一般」の子どもたちと切り離されてきたのです。しかし、保育所では障害がある子どもも、そうでない子どもも、当たり前にいっしょに育っていきます。本来は障害者差別是正の視点からも、民間保育所の障害のある子どもへのケアを手厚くするべきであり、分離を進めるべきではありません。

(3)保育の質を継続するための保証がないこと

 これまで民間移管をする先は「すでに認定保育園を運営している社会福祉法人など」だけでしたが、このたびは「私立幼稚園を運営している学校法人など」も含まれることになりました。これは私立幼稚園の「認定こども園」化を促進・支援するためです。そのため、「保育」の経験のない団体が移管先になる可能性も出てきました。そのため、これからの移管先の「保育内容」は不十分になる恐れもあります。

(4)移管後の評価・フォローアップがこれまでなかったこと

 京都市ではすでに乳児保育所が移管されましたが、その後の運営状況に付いては調査報告もなされなければ、フォローアップもありません。保護者の戸惑いや不安、困っていることを集約する努力は一切されていません。また、移管先の保育士が早々に*1辞めざるを得ない事態が起き、乳児が動揺しているという懸念を預けている保護者は持っていますが、京都市は改善案等を示すことはありません。

 以上のように、すでに行われた移管では、京都市側は現場で起きている事態に関心も持たず、フォローアップをしないという姿勢を続けています。その上で、今回の移管が行われることになりました。これでは、京都市側が保育を切り捨てて子どものケアに割く予算をカットしているとみなすしかないように思います。保護者の一部は京都市への抗議を考えている、と聞いています。

 京都市外からの、パブコメは送れます。少しでも関心をお持ちの方は、京都市にお送りいただければありがたいです。

 補足ですが、保育所運営に付いては以下のように書いてきました。

市場原理はいいことづくめ?」

http://d.hatena.ne.jp/font-da/20080501/1209657480

「『平均年収800万円が高い』という主張の根拠が主観では、単なるルサンチマンです。」

http://d.hatena.ne.jp/font-da/20080502/1209720248

保育園ガッポガッポ説 」

http://d.hatena.ne.jp/font-da/20091117/1258468200

「保育の現場の状況をどう考えるのか」

http://d.hatena.ne.jp/font-da/20091121/1258823393

*1:前の記述では「引き継ぎのさなかに保育士が」となっていたのですが、知人から間違っていることを指摘されたので修正しました。申し訳ありません

2013-11-14

[][]「子供のためを思えば」活動費を寄付金からねん出すべきなのか?

 寄付の問題がネットで話題になっています。日本からユニセフへ募金する場合には「日本ユニセフ」を通す場合と、黒柳徹子個人口座に振り込む場合とがあります。前者の場合は、募金の一部が日本ユニセフの事務や広報などの活動に使われるため、ユニセフ本部に送られるの募金額のは81パーセントです。黒柳さんは100パーセント全額を送ります。

 この件に関して、ひろゆき*1さんが、公開質問状を出しました。

「今一番大事なのは、子供達の為に私たちもできることを考える事です。」

と仰られていますが、アグネスさんが募金先にあげている日本ユニセフ協会は、2012年度、募金の81%しか、ユニセフ本部に送っていません。

一方、ユニセフ親善大使をされている黒柳徹子さんは、募金の100%をユニセフ本部に送っているそうです。

http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html


子供のためを思えば、100%をユニセフ本部に送っているユニセフ親善大使の黒柳徹子さんを薦めるべきではないでしょうか?


さて、私からの質問は、1点です。

・募金額の100%をユニセフ本部に送っている黒柳徹子さんの振込先口座を紹介しないのはなぜですか?

http://hiro.asks.jp/90907.html

最後の公開質問の答えに関しては「日本ユニセフは募金の一部を活動費にしているため、自分の口座を通してほしい」ということになるでしょう。「中抜きしたいから」とも言えるかもしれません。問題はその前の公開質問ではない部分です。

「子供のためを思えば、100%をユニセフ本部に送っているユニセフ親善大使の黒柳徹子さんを薦めるべきではないでしょうか?」

この仮定は「子供のためを思えば」という枕詞がついています。

 短期的なスパンで子供のことを思えば、100パーセントのお金を寄付する黒柳さんの活動のほうが額面上よいように見えるかもしれません。しかし、ユニセフは長期的に活動する団体であり、日本の事務局の継続的な広報活動により知名度をあげ、信頼を勝ち得てきました。黒柳さんの個人活動は、その長年の事務局の成果の上にあります。そして、黒柳さん個人が活動を何らかの理由で辞めた場合、ユニセフへの送金はできなくなります。

 長期的なスパンで子供のことを思えば、日本ユニセフに募金することで、事務局を維持する利点はあります。運営母体の施設が立派であることを批判する声もありますが、残念ながら団体の権威を維持する効果があります。街ビルの一室に事務所を持つ団体よりも、ピカピカのビルの団体のほうが信頼的出ると思い、寄付したい人と考える人はたくさんいます*2

 ただし、私は日本ユニセフに募金することはないです。理由は二点です。一点目は表現規制に対する政治的方針が私とは違うためです。二点目は、他の草の根団体に寄付することを優先するためです。

 子供のためを思って、寄付しようと思うとき、日本ユニセフしか選択肢がないわけではありません。4年前になりますが、寄付先を探す方法について記事を書きました。

「支援団体アクセスガイド」

http://d.hatena.ne.jp/font-da/20090515/1242364490

私もピカピカのビルや、芸能人で人を集めて募金を集める団体よりも、草の根で子供たちを支援している団体にぜひ寄付が集まって欲しいと思います。募金額の何割が活動費に使われるのかは団体によって違います。しかし、その割合よりも、どういった活動をしているのかに関心を持つほうが有意義だと私は思います。

 特に、一回限りの寄付ではなく、年間数千円で「賛助会員」になれる団体もあります。こうした団体であれば、年に一回〜数回の機関紙・レターが届いて、活動状況を教えてくれます。定期的にお金を払い続け、情報を得つづけることで、お知らせが届いたときの、数分でも数時間でも、困難な状況にある子どもたちのことを考えることに使えます。

 多くの人は日々の生活に追われ、「子供たちのことを考える」こともままなりません。継続した活動に、継続して寄付し続けることは、問題を考え続けることでもあります。寄付金の使われ方を考えるときに、併せて寄付の仕方も考えることも大事だと思います。

 ひろゆきさんの公開質問に関しては、ほかの批判記事も出ています。

「ひろゆきの日本ユニセフ&アグネス叩きについてそろそろ一言いっとくか」

http://anond.hatelabo.jp/20131114111136

*1:2ちゃんねるを立ち上げたことで有名

*2:私はいいことだとは思っていません。ビルの一室の事務局を維持する財力のない草の根の団体が、とても意義のある活動をやっていることはよくあるからです。

2013-09-13

[]匿名の契約社員による、建設コンサルタント会社に対する告発

 はてな匿名ダイアリーに、匿名での大阪の建設コンサルタント会社に対する告発記事があります。

「契約社員を使い捨て」

http://anond.hatelabo.jp/20130913044949

会社名を挙げての匿名の告発で、真偽はわかりません。

 2012年10月から2013年11月まで、契約社員として雇用契約を結んだ人が、2013年3月に上司2人に廊下に呼び出され「雇止めしたい」と言われ、泣く泣く同意したそうです。しかたなく、契約期間を書き換えた書類に署名しました。

 退職してすぐに労働基準監督署に相談し内容証明を送付。弁護士に相談して半年分の給与と慰謝料を請求しましたが、雇用者は「契約書は誤記であると説明し、書き換えの同意を得た」と回答。斡旋をかけ、証拠のデータの開示を求めましたが、拒否されました。

 その後、労働組合を通じて団体交渉を行いましたが、雇用側は同じ説明を繰り返しました。裁判に持ち込むには証拠が乏しく、もしお金がとれても弁護士費用として相殺され得られるものは少ないとの状況で、それ以上の交渉は諦めたそうです。

 告発の主な目的は、この会社が現在も求人を出しているため、自分と同じ目にあう人が出ないように訴えたいということです。

 匿名での告発で、交渉した労組の名前もあがっていないため、こちらの記事では会社名は伏せました。告発者の意図とは違いますが、特定の企業を批判するためではなく、実際に粘り強く交渉をされた方の手記として紹介します。

2013-01-08

[]出版労連「3.11の後、何を読み、誰に届けるか」(2013年1月1日)

 偶然、出版労連の機関誌を手に取る機会があったので、紹介します。一面では「2013編集者新春座談会」と称して、大山美佐子(編集者、岩波書店労働組合)・岩下結(編集者、大月書店勤務、出版情報関連ユニオン合同支部)・太田胤信(E-Lock.planning代表、出版ネッツ)が対談しています。聞き手は「出版労連」編集部の樋口聡です。

 三人とも、3.11以降に震災関連の本を作っているのですが、出版の「原発バブル」と呼ばれた出来事があったことに触れています。

――”原発バブル”と言われましたね。

大山:それは著者も編集者も、それぞれ自分に突き付けられた問題として皆考えましたからね。

岩下:点数が多いからバブルに見えるが、一点あたりの売上はそれほどでもないのでは。

太田:取次もとるのは、岩波は実績があるからですよね。悪い言い方をすると、先行投資が生きた。売れないときでも出し続けてたよね。

大山:まずい状況にならないように出してきた。それがこんな状況になって、「だから今ちゃんと考えよう」ということで読者をつかんだと思います。

岩下:ぼくのジレンマは、次々に本を出すこと自体が風化につながるんじゃないかということです。

 2008年前後は「貧困ブーム」といわれました。フリーターバッシングなどを経て、ようやく可視化され、社会問題化できた。と思ったら、派遣村と政権交代のあと一気にしぼんで売れなくなった。

 本を出せば出すほど問題をネタとして消費することに加担しているんじゃないかと。だからこの問題もそうなるだろうというのが、落ち込んだ一つの理由です。

 別の理由もあって、イラク戦争の頃に劣化ウラン弾の本を出しましたが、さっぱり売れなかった。そこで原発とか放射能ものは売れないと「学習」しちゃったんです。結果論ですが、その後そういうものに手を出さなかった自分もくやしい。こういった矛盾が自分の中で強まって、去年は本づくりにかなり後ろ向きになりました。

太田:ただ、こういうものは最初から買う層は決まっていて、その小さいユーザーにしか届いてないのでは?岩波だって決まった読者層があるでしょう、しかも高齢層で。

 パンクバンドや高円寺の市民運動の人たちなんか、本は買わない。本来、組合のなかの年配の人たちでなく、そういう層に買ってほしいと思ったけど、うまくいかなかった。

岩下:それらを見てると、原発もいずれは、と考えてしまいます。そうならないように本を出す、という考え方もあるけど、むしろ逆効果もあるかなと。

太田さんは、アダルト系の編集が主な仕事だそうですが、南相馬の取材をして半分自主制作のようなかたちで『風化する光と影』という本を作りました。見出しでは「商品としてのニーズと、『これは伝えなきゃ』という部分とで齟齬が。その折り合いが難しい」とコメントが出ています。また、太田さんの所属する出版ネッツのメンバーには、「女たちが動く」という宮城県の女性たちの本を作り、それを通じて運動をサポートするという二人三脚が行われたことも触れられています。太田さんは、デモに関して「オヤジさんが若者に擦り寄るのは気持ち悪い」とも述べており、全体としていわゆる「左翼」の層に入ってこなかった人の、掘り起こしを試みているのかなと思いました。

 一方、岩下さんは、原発後に急ごしらえで、次々に出版社が本を出しまくったことに対して反発を感じ、なかなか本作りに手が出なかったと言います。その後、『福島からあなたへ』という本を出し、ヒットしました。岩下さんは、震災後はネットに依存していたといいます。そこから本の良さを見直した経験を次のように述べています。

岩下:自分は、『福島からあなたへ』が成功しなかったら引きこもりっぱなしだったかもしれません。震災以降、自分自身本を読まなくなり、ひたすらネット情報に依存していました。今後はネット共存しながら紙の本を出す意味を考えていきたいと思います。

 今年はもう1冊『市民がつくった電力会社』(田口理穂著)という本もつくったのですが、これもネットの動画などで話題になっていたものを、現地在住のライターさんにまとめ直してもらったものです。

 ネット上にすでにある情報と安さを競っても勝てません。だからどう付加価値をつけられるかが肝になる。同時に紙の本の優位性もまだまだあります。一例ですが、『福島からあなたへ』のスピーチはもともとネット上で活字化されていましたが、明朝体の縦組みにした瞬間、言葉が詩のように見えてきた。本という形にする意味はあるんだとそのとき思いました。ネット上にあるタダの情報をどうしたら本という商品にできるかが一つの方法論になるかもと思います。

将来的には、本を、「手元に置いておきたい」と思うような一種の嗜好品として楽しむことになるのかな、などと思いました。これだけネットで名画が見れたとしても、やっぱり美術展に足を運ぶ人はなくなりません。「生」「本物」というものの価値付けがそこにあるからだと思います。では、わざわざ、ネットで読むのではなく、紙を読むことには、何の意味があるのか、というのは私もよくわかりません。印刷技術は、情報を拡散するために、コピーをたくさん作り出すわけですが、その内容ではなく、本という物体にも魅力があるのでしょうか。

 対談の最後は「明日への模索」という見出しがついています。

――出版の将来には、みな危機をもっています。2013年の展望はどうでしょう。

岩下:社会的意義がある本を出したいと編集者はみんな思っていると思いますが、結果として狭い読者層を奪い合って市場を飽和させるだけなら意味がない。出版で食っていくということと、本を出す意義とのうまいバランスを見いだしたいですね。原発問題についても、関心の低下のなかでも、厳しい闘いになると思います。総選挙で脱原発の新党や都知事選の統一候補を立ち上げさせたのは世論の力だと言う希望は感じています。

大山:1年前は組合で被災地を回りました。自分たちでなんとかしなければと、例えば阿武隈地域の女性たちのグループが「かーちゃんの力」という食のプロジェクトを立ち上げていました。生きのこるだけでなく、何かをしようと動いていく人たちに組合も引っぱられています。

――先行きは不透明だけど、動いていかなくちゃと。

太田:書き手のひとりの村上和巳さんは、「取材してもお金にならないなんて、ぜーんぶ持って行かれた人に比べれば何てことないよ」と。そういう多くの人たちにボクたちは生かされ、未来に進んで行くんだと思います

「総裁選・都知事選の結果があれでいいのか?」「やっぱり、『かーちゃん』なのか?」「お金にならないのは、やっぱりまずいんじゃないか?」などと思いますが、きっと紙面の関係でカットされた、もっと生々しくて丁寧な話があったんではないかと希望を込めて読みました。この機関誌で120円だそうです。

福島からあなたへ

福島からあなたへ